5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シン・アスカと白河ことりが交流するスレ8

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 18:45:40 ID:tLXBzNNR
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1128870105/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ2
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1129994856/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ3
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1132568812/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ4
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1135148540/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ 5
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1139059550/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ 6
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1144486122/
シン・アスカと白河ことりが交流するスレ 7
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1150110014/

まとめサイト
ttp://abogadootoko.hp.infoseek.co.jp/DCSD.html
保管庫
ttp://abogadootoko.hp.infoseek.co.jp/hokan/hokanko.html
初代さんまとめページ
ttp://www.geocities.jp/yumiduka01/kotori.html
D.C. SEED DESTINY (バトル編) 仮設保管庫
ttp://yadoou11.hp.infoseek.co.jp/DCSD/hokan-index.html

・ここはシンとことりが交流するスレです。基本的にはアニメで扱いの悪すぎた2人を中心に
 種死キャラやD.C.キャラが交流する話を書きましょう。
・恋愛、シリアス、ネタバトル、ギャグなんでもOK!作家の自主性を尊重しましょう。
・気に入った作品には賞賛を、仮にそうでない作品があったとしても内容批判はせずに
 スルーしましょう、スレが荒れる原因です。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 18:49:49 ID:Zsqhd1Mj
2げと

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 18:58:31 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l わかってるよ
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ 今から占うからね
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 18:59:17 ID:Ui/BJeDA

            / /  ,/ /  ,  /  ,イ /     l     ヽ...__ ',!   !   / 、)ー'    ヽ
              / , '/ /  / ァ!‐ァ'-!、'!_ ,    ,イ         `i ',   ! ,/‐ 、_,.)     ー―、
               / ' ,' ,'!  i /_,!/==l/、! i'´ 、 / l ,i,  i       !'`゙゙´7''´ ̄`゙つ        ノ
             '   / ' ,! イ/l ヾ' /-':i !,'!  /゙'ー!-!,,!  |      ',   /    <      /
               ' /,l /'リ !  {;;;シ リ !  ,' ニl ,',, |ヽ,l !   |'、 ',_ !,      )
              , -'‐‐'/ ,イ  ゙'=' ..  l ,' ,イ_)', ヾ ,'ト、!  ,! l ヽ'!`´',',      ',      |
        , --―‐ァ'´    ,' / ! ...    ィ ::::!! i  { :::゚:ノ  !' ! ,'  ,' /l   i、',  ',ヽ   /        ̄|7,--、
        !    '   ..::.:  ! l ,.:', :::  !ー 、_  ヾ、、 ゙'''゙  '" !' , ' ,イ,'  ノ i !   i ヽ  ー、     /|´  ノ
        ,' ,, -‐''''"´ .:::   ! !゙  ',  i´( `` `'! .:.:``゙''"   // // /     l  ヽ   |
       ,‐''´          くl l   ,', `丶、 -ノ: .:: ..    /'//`イ''´      l     !    _|_
     _,,.i         /´ ソ  ,i´ 丶   `´    _,. -、/ /' ! _ノ        l     ,.)      __|_/_
-―'''''" , ヽ  _,..     ゝ、 ヽ'、 ヽ ` 、―‐ '''"´  / ,''''ブ i__        !     '´`ヽ   (__メ )
     /  ヽ''、     /ヽ  /ヽ、ヽ ヽ   ヽ       i !ヾ     `ヽ......_      !,      ヽ
     / _,,. -(     /`、_'-く  `ヽヽ、   ,.._     l l ヽ 、_ァ''´ ,. ヽ    !',        ,!   ー‐、
    '/    `丶、--、コワt''''ゝ'-,  `ヽ`丶、  `゙゙゙゙''',、,:!l i   ,--!  ''´   ',   l `     ,.ノ'´`!     -'
 ,. ''´`         ( // !`´ /ヽ_,,   `丶`丶、/  i'l !   i /       !   !    /   ノ'´`),、,_
'´              !ー  / / ノ、r‐-    `゙''<    l !'゙'´/ /      !   ',          '´ /,.,、,.、 _


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:00:04 ID:Ui/BJeDA
...:..:::.:. ..:.::.:. :. . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.. :.:.: :.:.:.:. . :\:.\
:..:::::.::.:.:.::.:.: .:: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : ..:.:. :.:.:. .:.:. :.ヽ:::.ヽ
::::::::.:..::::..:..:.:..::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. .:.:.:.:. . : :.:.:. ::.:ヽ、:ヽ
::::::::::::::::::::.:..::::.:.:.:.:.::::.:.:./:.ヽ.:.::..:.:.:::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヾ:ヽ
::::::::::::::::::::..:ハ::.:.:.:./::..:/ |::.:.l:..l:::..:ト::..:.:.:.:.:.:.:::..:..|:..:.:.l ヽ:!
::::::::::::::::::::.::l_|::.:./!/:.:.! |::.:ハ:|ヽ:.レ|::.:.:.:.::..:.:::.:.:|::..:.:.!   | どうした!?
:::/|:::::::::::::トトl::/、lハ:: !  |: |_リィ|:|‐j: :j: .::: :::: : ハ:: : | 
::ヽ|:.:::::::::::lY1辷YT::lー |::トィ辷Tシ!.:l..:::|::.:::../  l:..: ! 
ヽ:::::::::::::::ト! `  ̄ !:| ィ !リ  ̄u/::/:::イ:: |: |、  !:l   
 ̄\::::::::ヽヽ u ヽ | |′  /´/:::/j::/|/:.:ヽ |′   
:..ヽ:::::\:::::ヽ‐ 、   _'__     //イ!::/:.:.:.:.:.:.:i  
:::::....:::::::::`丶ヽヽ\´ - `, イ::: /´/ !:::::. :.:.:.:.:.|
::::::::::::::::::::::::\`jゝi ト- ´ノ ヽ: / /:::::::::/!:.:.|
::::::::::::::::| ̄lヽ::\{.| ト く´   | / /:: i ´i:: ノ:.:/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:01:52 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l 大丈夫、今のは呪文さ
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ キミの将来が見えたよ
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:03:20 ID:Ui/BJeDA
  !:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::, i::: //:::::::: !:::/ .!::::::::::::|:::::|l、:::.!:::::::::::::::::| :::::_ ::ヽ
  .!::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::_‐:::::_ィ_// /::::::/゙|::/ .!:::::::::::||::::.!.!:::::::|::::::::::.!:j:::|::::::.! ヽ \
  |::::::::::::::::::::/:::::::::::::::./:::/ 〃 `゙|:::::/、 |,/  .!:::::::::/│.! .!::::::.!:::::::::.!::!:::|:::::::.!  `'
 /::::::::::::::::::::.!:::::::::::::〃/  .i'´  l,/  !/`‐ .|:::::::/  !|--l--|| :::::::|:::|::::|::: 、:ヽ
 |::::::::::::::::::::::|:::::::::://./  _,ィ‐/ ̄ヽヽ /   |::::/   ´  !:::/ |:::::/:::.!:::.|:::| ヽヽ
 !::::,,r'´ ̄\|::::::/ .〃   /ー'' ::::::::|      .|/  -r‐''j|、l  !:::/:::|i 、:::::.!  ''ヽ
: |::/| /`ヽ  !::/|     | :、:::i::::::l      ´  '/-/:::::|/ヽ/|:/l::.|! \:.!   .
. !/ .!    ` | :|     ヽ二__::,l         ! :::::、:/  /|:´/.!/   '
.   ヽ   .!、 .ヽ:|                      ヽニ/_  | .!:.! .   もったいぶってたわりには早かったな
    ト、‐--!  !|                       /  l.!   で、何が見えたんだ?
    .!::\                     |      !
    .|:::::::`''i'´\                    /     /
    .|:l::::::::|   ヽ                     /
    l l::::::/    ヽ            ̄ ̄      /
     l::::/     \                 ' 
     .l::.!        \              /
   r‐--/l_          `ヽ、        /
  /      `` ー-、        `丶、_ __,/
. /           `丶、,       /
/                `ヽ    /`丶、
                 /|   /    `丶、
 ̄'ゝ、             / : |   /        `'- 、

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:06:07 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l 彼はこのままいけば過去に戻ることになるだろう
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ そして世界的に有名なアニメに出演することになる
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:07:34 ID:Ui/BJeDA
:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::;イ::::::::::::ハ::l;:::::::::::::',ヽ:::::::::l-ヘ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/ l:::::::::::::l !:l ';::::::::::::∨';:::::::l __ ヽ:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::;イ:/ j::::::::::::::l l:l ヽ:: :: :',二';::::l==ミ;::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::///、 !:: :::: .::八 ll  ∧: .:. ::l,-rミ:::!   ';::::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::;:::::::::::i::::::::///ニ;ミl:: .:: .::/, 、iヽ二ヘ::.::::::lヒ_ノ!:!  ,,,  ';::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::::;:::::::::l;::::::l l/,,,,,_`i::::::::://   `゙  _';::::::::!―‐リ" ̄  }:::l、:::::::::::  
:::::::::::::::::::::;:::::::ハ:::::{ (ノ:::)l:::::::/        ';::::::!       l:/ }:::::::::::な、なんだってーーー!!!
::::::::ヽ:::::::::}:::::/ ';:::l  ,.ゞ'"7::::/    '      }::::l       ノ /:::::::::::
::::::::::::ヽ::::::;::/  ヘl"´  /:::/      i!    |:l        /::::::::::::::  
::::::::::::::::ヽ//\       /::/      __    l::l          /:::::::::::::::::
:i::::::::::::::::〃::::::::\    j:/    ,. -‐'''''''二ユl/        /::::::::::::::::::
ハ:::::::::::::/:::ヽ:::::::::::\ /′   ,/_,.-'''"´    ヽ       /:::/::::::::::::
 ';::::::::::::::::::::::`、ー 、:゙ヽ、    j`    _, --、  ヽ    /イ}:::::::::::::::::
  }::::::::::::::::::::::::::\ ``''''−  {  / ̄    `'''r、!    ,イ~:::::::::::::::::/
 /イ::;l::::::::::::::::::::::l丶     { _/           } l     /|:::::l:::::::::/
  /:ハ::::::::::::::::::::lーヽ、   丶ヽ        j j   , ' |; イ:::/
  /´ ス:;l::;l::::::::::八:::::::i::ヽ、  ヽヽ      _ ノ_ノ  , '   l' j/
.  / / l/ ';::::::/ l:;i:::/lハ ヽ、 ` 二二二 - '´  /    ',
,.-'´     l:::/  '´j/  ',   丶、  -‐''" ̄ /       ',


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:09:47 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ そのアニメはガンダムに勝るとも劣らない不朽の少年格闘漫画が原作だよ
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:10:37 ID:Ui/BJeDA
     .:|         ヽ ヽ    ',
    : :| ////i   `、 !    !
    :: l‐./// / / / ',. !    !
    .. l` 、`、/  / / / ,, ',!    !
    .: |_,'    ,メ_/ // /! i     !
     :.|    ,.' 、ヽ / // /   /
    :: l  '   '、:::ノ/// /   /
    . :| `    ` 'ノ i ,/ /ー‐'´ありえねー
    :: |' ‐ァ ‐.' ´i  / /l     
    :. h.'ゝ, l .l/ /,l !
    .: h!  ヽi∠_/ l l l
    _::h.!    ヽl | l l l
    .. l. l    ヽ,l l l. !
     ::l lニニニ二_ゝ.l l. !
    ゚゚゚! l‐ ‐ ''"´ /. l l. l
     .:| ̄`ヽ  _/! l l  l
     ::|===l  _/ l  ! !  l

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:12:02 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',  彼みたいな野生児っぽい外見にぴったりの役柄があるんだよ
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:12:48 ID:Ui/BJeDA
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::l、::::::::::::::::::::::::.!:::::::::::::::: ! ヽ
  /::::_、:::::::::::/::::::::::::::::::、:、:::/ .!:: :::::::::::::_::::::!ヽ:::::'ト、:::::::::::.!:::::::::::::::::ヽ
/ , ‐' .!::!::::::::.!::::::i:::::_:::::|::::|:::|  !::ヽ::::::::::'ト、:| \:::.!ヽ::::::::::::.!:::::::::::::l、:ヽ
l‐'´  l:: !::::::::|::::::|:::::i|:::::|-:L_!  .!:: ヽ::::::::.!ヽ:| \」- ヽ、:::::::.!:::::::::::| ヽヽ
    |: |:::::,:::.!:::::|::::l |::: .!: ヽ! `'''ヽ、ヽ ::::| . ll‐'"´ 'ー ヽヽ::::.!::::::,!::|  `
    | !::/|::::ル::| :| .|: ンl丁 ̄ト`  \:l  '77: ̄|-、ーヽ:::ト、:l !
     .!'゛│ !l ヽ ||   ' | ヽノ::|     `  | :‐-!:.!   ,lヽ! !
       !l゙ !  (.!      ̄'゙        ` ̄´   .!) ゛.| 風呂入ってないだけだがな
         ヽ\ .!                    | /./
          \  !         〈         /_ /
            ゙'‐l、         /        /:/
             'ト、      , ---、      ,/:/
              ヽヽ     ヽ---'     ,ィ´:/ 
              ヽ.! \         , ' l::、l 
               , イ   \     ,/  l,イ

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:14:55 ID:Ui/BJeDA
       ,. :-=´‐_‐_-;- 、.ヽ
     /"´   _`ニ=-、`丶)ノ'",.ニ=-
       _,.-''"::::::::::::::::::::::::´:::::::::::`ヽ、
      ッ''"   .::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::::\
     ,.-'´:::::::: .:::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::;::::  ::: :、ヽ
  -=´-ァ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::: ::::. ::::ヽ.
    /::::::::::::: :::::::::::: ::::;/   |::|,,!:::iヶ;::::::::::::ヽ    
   ,.':::;:::::::::: .::::::::.:::;∠''''''"  l:ノフ仁メ、!::::::::::、:ヽ   
.  /:::;ィ::::::::::: :::::::::,、イー'゙i`   ,'/ "iーケ`i::::::::::;:`iヾ  待てよ・・・世界的少年格闘漫画で
  '/ノ;:::::::::::::::::::::| "´ ̄  .::::/ヽ` ̄ ノ:::::;ノ:::ト、!    野生児・・・まさかこいつじゃ・・・
  ィ-イ:::::::::::::::::;、l    u      '  /,:イ´::ノ:! '|   ttp://www.i-paradise6.jp/~vip/imgup/src/vip0011.jpg
    !::::ハ::::i´!| ヾ     _,:.‐.‐ュ、  ノ;:::/`' 
    V ヽ:ヽソ、   u      クイ/
       ノ,ィ;::::::::ヽ、       /ィ_' ´
        _,.`=',  ` ` 'ー-‐''l/"7'
      く{"   '´!       /'〉 }
       ヾ.、    l     ,. /" ,.'-------- 、..___
        ヾ、  r'ゝ、,,./ /'/            ̄`ヽ、
       ,.-''"`|} /{  -'  ,.-'"|     /ヽ ─- 、     /`i

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:15:51 ID:Ui/BJeDA
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::l、::::::::::::::::::::::::.!:::::::::::::::: ! ヽ
  /::::_、:::::::::::/::::::::::::::::::、:、:::/ .!:: :::::::::::::_::::::!ヽ:::::'ト、:::::::::::.!:::::::::::::::::ヽ
/ , ‐' .!::!::::::::.!::::::i:::::_:::::|::::|:::|  !::ヽ::::::::::'ト、:| \:::.!ヽ::::::::::::.!:::::::::::::l、:ヽ
l‐'´  l:: !::::::::|::::::|:::::i|:::::|-:L_!  .!:: ヽ::::::::.!ヽ:| \」- ヽ、:::::::.!:::::::::::| ヽヽ
    |: |:::::,:::.!:::::|::::l |::: .!: ヽ! `'''ヽ、ヽ ::::| . ll‐'"´ 'ー ヽヽ::::.!::::::,!::|  `
    | !::/|::::ル::| :| .|: ンl丁 ̄ト`  \:l  '77: ̄|-、ーヽ:::ト、:l !
     .!'゛│ !l ヽ ||   ' | ヽノ::|     `  | :‐-!:.!   ,lヽ! !
       !l゙ !  (.!      ̄'゙        ` ̄´   .!) ゛.| そういえばそいつも風呂に入らなかったな
         ヽ\ .!                    | /./ 元々は黒髪だし
          \  !         〈         /_ /
            ゙'‐l、         /        /:/
             'ト、      , ---、      ,/:/
              ヽヽ     ヽ---'     ,ィ´:/ 
              ヽ.! \         , ' l::、l 
               , イ   \     ,/  l,イ


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:17:27 ID:Ui/BJeDA
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/::: .: .::/;l::::::: : :: :::::: :: ::::: :::.  .  ::. :::: :::::::::
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/:::::::::::;イ::..:: .::/'´!::::::: .: :...:::::::..: ::::::...:::. ::. .  . . ::::::
     ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::://::::: .::/ |:::::::: .::l::::::::::::::::::::::::::: .:::.::::... ::::. ::::
   /:::::::::::::::;ィ::::::::::::::::::::::/-!::::/-、/:::::::::/  l:::::::::::::::l;:::::::::::::l:::::::::::.::::::::::::::::::::::..::::
.   /:::::::::::://:::::::::::::::::i:::/ _」::/  /::::::::/    |:::::::::::::八::::::::::l:::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::: 
  /::::::::/ /:::::::::::::::::::ハ/r'"l/ニ;ミ/:::::::/    |:::::::::::;'=l:::::::::l:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::  やったのか、俺やったのか!?
 /::::/  ,:':::::::::::::::::::::::l ヘ {-‐'´:l::::::::;'    |:::::::::::l__|:::::;イ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::   
 ::, '   /:::::;ィ::::::::::::::::::|  、_'ー-'l::::::/    |::::::::l,-‐;;!:://イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::   
 '′  ,:':://:::::::::::::::::::{    ̄`l::::/       !::::::::l-‐'´l/ ミ/:;イ:::::::::::::::::::::::/::::::::   
   // /::::::::::::::::::::::',       l::/ .::::/    |:::::::lゞ-‐'_  /'´//::::::::::::::::∧:::::::/   
 /'"´ . ,'::::::::::::::::::::::ト;:',      l/   ,     l::::/  ̄    /´::::::::::::::::::::/ ノ:::::   
      ,':::::::;::::::::::::::::',`ヽ        '       !:/     /:::::::::::::::::::::::/, '::l::/
     ,'::::::/j:::::::::::::::::ヽ    r'フ''' ー- 、   l′   /;;;イ::::::::::::::::::::/'::::/l/
     l::::/ /;ィ:::::::::/::::::ヽ   Y       ゙ヽ     '''"´/:::::::::::::::::::::::;:::://
      l::/ /''_j::::::;イ::::::::;;:::ヽ  ヽ     /      /:::::::::::::::::::::::::::::ハ::!
      l/ r'´_!:::/ l::::/!::::/ ヽ  `ー―''´     r‐'7:::::::::::::;:イ::::::;イ/ l{
       ヽ {l:/ l:/ ノ/  ト、 `−     ,. イ r7::::::::::/ /;イ::/〃  ヽ
        ', ''  ´  '´   | ヽ、 __,,..-‐'''´ / //:::::;ィ",ィ '7//
         '、 ',       , 'l         / //ィ''´ レ/ ,イ''´
       , -‐ヘ ',      / l           / / く_   7/ ヽ


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:18:45 ID:Ui/BJeDA

    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_    _,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! !   i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l その人気アニメの主人公が出場する最初の大会で
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ 鼻のない少年に屁をこかれて負けるだろう
!  ヽ、ヾ! ゙!          ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ     
'、   `ー! lヘ       , ‐ァ    ,. '! l |´|  '´!l     
     ', ',ヾ! 、     ー'  , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 19:20:13 ID:Ui/BJeDA
、:::::::::`:::::: . ::::. ::::::::::/::::/,./:::/ 、 ,.-;:=弌:::::::|:::::::::::::ヽ 
..ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/l/"//:::: ヾ´   ';::::ハ::::::::::::::',  
  \::::::::::::::::::::::/‐'´_;:ニ'"   _,.= ―、 ∨  ヽ::::::::::::'、   
_,.-‐'´::::::l::::::::::;イ rr'"      /,.‐'" ̄ヾ',    '、::::、:r、!   こいつのことじゃねーかよ!!
:::::::::::::::::::!::::::::::::::', ll     //    ヽ',    ト、::ヾ',`     ttp://www.i-paradise6.jp/~vip/imgup/src/vip0012.jpg
 ̄ ̄ 7::::!::::::/ヽ::::',ll     l/      `、   f、',::::!`         __,,..      
  /::::::';:::/::::::::ヽヾ'、   ヽ _,.-''"´`ヽ、',   ',ノ}::::|  ,,,,,,,,.......-‐''"  /  
 /;:イ:::::::'´:::::::::::::::lヾ'、' 、   ヾ      ヾ!   Y:::l:l/ ∠__,,..‐''"7 /
-=´_::::::::::::::::::::\::ヽ、 `ヾ'、  '、   _,,.-シ   /:::ハ!  /      / /   
    ` 7::::::::::::::::{T‐r`、 ヾ',  `ー=‐''",.-  /!::l:} l  !     / /
     /:;:::ヘ::::::::ヽ', `,,.._  ヾ',     ''´   / ';:ハ ||     / /
     {/  . ヽ::::::::ヽニノヾーtヽ,,,,,,,,,....... -‐''´  ',  ヽ ヽ   ノ  /     
     ′    7::::::;:-‐;:ィ:::\          :::'、  ヽヽr''´,. -'´
          {/ __,.-ヘ::r、:ヽ         :::::::ヽ  l Y、` −―――r、 ‐-、,.-― 、
          /ニ ヽ ` `゙ヽ     .........::::::::::::: \l  ! \     ,,.._,,..\ `ヽ、 ヽ
        //  ヽ ヽ    ヽ    ::::::::::::::_;::-‐'"ヾ ト、 ヽ__r''´   `ヾ'、  ヽ ヽ
         / /    ',  '、    }    _,.-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ| ',  ヽ `ヽ     `,  ヽ 'ヽ
       / /     _ゝ  ヽ   ト-―''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ  `ヽ、      '、   ',  '、
        / /   , -",. -ゞ、  \ {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ    ` −―...,,,,_j    ヽ |
     / /  , ' , - ´   / `r、 ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  \            ヽ ',
     / レ' ,.‐'´    /ヽ  ヽヽ `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `−-...,,,,,__       ', ',
     / ,.-''"    .  /   ヽ  ヽ`−、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       ` −―― 、 ! l、
    '"´        /    ヽ  `ヽ ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、           ヽ! ヽ
             /      ヽ  !  ` !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;−ュ          }ノ|
             /         ス '、  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、      ',  `



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 20:03:21 ID:spG+Ze4u
本当にうざいな、前スレ容量切れで潰しやがって

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 20:19:41 ID:y2zHujL5
どんなネタであれ、スレ終わり際の容量潰しはかなり痛い

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 20:23:11 ID:fQ/PK6SN
>>3-18
GJ!!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:06:58 ID:4ezEecsS
ウゼエ・・・・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:18:54 ID:088shlav
俺は好きだぜ、このカオス

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:24:35 ID:OMuZmzPi
うおおー!ことりとステラの話でGJレスしてくださった方。
見てくださった方Sageる様忠告してくださった方有難う御座いますー!
自分の作品なんかにレスしてくださる事が何より嬉しいです。
うおおー!


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:26:23 ID:OMuZmzPi
ことり「シン君シン君、私、最萌えトーナメントで順調に勝ってるよ。」
シン「すごいじゃん!ことり」
ことり「えへへー、白河ことりに清き一票をよろしくー」
シン「うん!ことりならもっともっと行けるさ。」
ことり「男さいもえで優勝したシン君にそう言ってもらえると嬉しいな。」
キラ「ふ・ふん。やめてよね・・そんなトーナメントで得た人気で僕に勝てるわけ無いだろう。」
ことり「あ、キラ君」
シン「そういやお前・・男さいもえトーナメントの時・・」
キラ「う!や・・やめてよね・・僕は・・僕は・・そんなこと全然気にしてなんか・・気にしてなんか・・・う・・うう・・うわぁぁぁぁああぁぁあああん!!!!!」
ことり「キラ君?!あー、行っちゃった」
シン「色々あるんだよ・・あいつも・・」


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:31:51 ID:cxNLT7pa
>>3-18
AAキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
バクテリアンGJ!!!www

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:40:38 ID:OMuZmzPi
続けてもういっちょ!
シン「劇場版種か・・今度こそ活躍してやる・・そして、俺のアンチを全てなぎ払う!」
杉並「ほう・・ならば話は早い。この紙に書いてある賭けに参加してみないか?」
シン「杉並?!賭けってなんだ?」
杉並「うむ、劇場版種で何割が使いまわしの映像になるか、だ。ちなみに俺は
手堅く四割に賭けた」
シン「あんたって人はー!気持ちは分かるけどなんで劇場版にその程度の感想しか
持ってないんだー!」
キラ「九割に賭けても良いかな、杉並君」
シン「ってなんであんたがいるんだー!!!しかもそんな大穴に!!」
キラ「いくら負債にひいきされてるからって・・僕だって・・僕だって辛いんだ・・
僕だってちびっ子のヒーローになりたかったのに・・僕は・・僕は・・腐女子になんか好かれたくなかったのにー!!!(血涙)」
シン・杉並「あー・・」


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:41:47 ID:spG+Ze4u
男最萌で優勝したんだ、シンって
さすがはシンきゅんだぜ(*'д`)ハァハァ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 21:43:10 ID:pXA54U3c
ウホッきんもー☆

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/07(月) 22:35:02 ID:k7w+tgTL
ことりの性格の悪そうなツッコミにワラタ

31 :あの人:2006/08/08(火) 01:37:24 ID:1d3+yged
前スレ732、>>25 >>27 GJです!
ステラも、あっちのでアウル達と仲良くやってる様ですね。
あー…キラもいろいろあるんだなぁ。

では自分も投下しますね。

32 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:38:58 ID:1d3+yged
鳥のさえずりで、目が覚めた。
目に映るのは、古びた板張りの天井。
自分がいるのは、布団の中。

上半身を起こし、部屋を見渡す。
狭くはないが、お世辞にも綺麗とはいえない。
古い、木造建築の建物独特の匂い。畳の匂い。
意外と落ち着く匂いだ……まあ悪くはないだろう。

イザーク「……しばらく世話になるぞ。」

誰に言うわけでもなく……強いていえば部屋に対してだろうか。
そうつぶやいた後、俺はいまだ夢の中にいる相棒を起こしにかかった。



ディアッカ「ふぁぁぁぁ〜〜ねみぃ……なあ、何でこんなに早く家出るんだ?
      俺たち、別に部活動にも委員会にも入ってないのによ。」
イザーク「バルトフェルドのとこの開店準備を手伝うためだ。
     アルバイトすることになっただろうが、忘れたのか?」
ディアッカ「でも、朝は時間があるときだけでいい、って言ってたろ?
      昨日は遅かったからよ、もうちょっと寝てたかったんだけどなぁ」
イザーク「深夜アニメなんかを見てるからだ、バカもん。」
ディアッカ「でも結構面白かったぜ。なんか第二期らしいいんだけどよ、
      犬のぬいぐるみと7体の人形が繰り広げる、涙あり、笑いあり、
      感動ありの探偵アニメ。おまえも見ろよ、絶対ハマるぜ?」
イザーク「ハマるかどうかは別として、翌日に支障が出るようなことはするな。」

まあ確かに、この地域で作られるアニメの評判は高い。プラントでも放送することがあり、
俺も小さいころはロボットアニメとかを見ていた記憶があるが……今更見る気はしない。
横でディアッカが、『翠ちゃん』やら『つんでれ』やら謎の言葉を吐いているが……
気にしないことにした。幸い、人通りは少ない。

……そうこうしているうちにバス停が見えてきた。
バルトフェルドが経営しているカフェ・アイシャという喫茶店は
学園の近くにあり、昼休みや放課後にはよく学園の生徒がやってくるらしい。
俺たちが住んでいるアパートは島の東側にあり、風見学園からは遠い。
そのため、通学にはバスを使うのだが……バスという狭い空間の中で、俺たちはかなり目立つ。
実は、早い時間に家を出たのはそこらへんの理由もあるのだが……ディアッカには秘密だ。
何を言われるかわかったものじゃないからな。それにしても……

ディアッカ「でさ、双子の妹で蒼ちゃんってのが……」

……まだ続くのか、この話は?

33 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:40:13 ID:1d3+yged
「おはよう!ディアッカ兄ちゃん!」

ディアッカの話をうんざりしながら聞いていたら、後ろから急に声をかけられた。
振り返ると、そこには風見学園の制服を着た小柄な二人の男女が立っていた。

ディアッカ「あっ、おまえたしか……昨日隣に引っ越してきた……」
「フレアです。で、こっちが姉の…」
「はじめまして、わたしカナ、よろしくね♪」
ディアッカ「おう、カナちゃんは初めてだな、俺はディアッカ、でこっちがイザーク。
      ところで……風見学園の制服、ってことは、編入するのか?」
フレア「はい、僕は2年に。」
カナ「わたしは3年に編入しま〜〜す!」
イザーク「ちょっとまてぇ!」

人の成長には個人差がある。話によれば、地上より宇宙の方が
身長の伸びはいいらしいから、俺の知っている年齢に相応した背の高さは
地上では当てはまらないのかもしれない。
だから、このどうみても小学生ぐらいにしか見えない兄妹が
中学2、3年生だとしても、まあ許容範囲だろう。だが!

イザーク「カナ、といったな。キサマ、その制服……
     俺の記憶が正しければ本校の制服だと思うのだが?」
カナ「そうですよー、同じクラスになれるといいですね。」
イザーク「……すまん、どうしても高校三年には見えん。がんばって中学三年だ。」
カナ「えーっ、そんなことないですよ、わたしの事前調査だと
   3年2組には私よりも背が低い娘いるはずですし。」
イザーク「そ、そうなのか……?」

3年2組といえばシンのいるクラスのはずだが……
そういえば、昨日カフェ・アイシャで見かけた少女……アイシアといったか。
見た感じ俺たちより低学年のようだったが、バルトフェルドが言うには
本校の3年生らしい……そういえばシンに”また学校で!”とか言っていたな。
……まああれだ、所変われば、ということか。

ディアッカ「でもフレアと背の高さ、あんまり変わんないな。
      4つ離れてる用には見えないぜ。」
カナ「えっ?フレアとわたしは一つ違いですよ。」
イザーク「なっ?!」
ディアッカ「つーことは……」
フレア「うん、僕も本校生、本校二年。」
ディアッカ「……マジかよ。」

34 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:41:35 ID:1d3+yged
「おはようっす、工藤君、杉並君♪」
工藤「おはよう、ことり。」
杉並「うむ、グッドなモーニングだ、白河。鍛えてるか?」

杉並君がことりの真似をして、指を頭に持っていき、シュッと離す。

ことり「私、歌は好きですけど太鼓はやりませんよ。
    あと、私のとは角度が違います。指の角度は、もうちょっと、こう……」
杉並「うむ……こうか?」
ことり「違います、こう、です。」
杉並「ぬぬぬ……これで、どうだ?」
ことり「う〜ん……まだまだ修行が足りないっすね。」
杉並「くっ、この俺が真似できないポーズがあったとは……
   これでは大佐に顔向けできないではないか……」

膝と手を床に着き、こうべを下げてうな垂れる杉並君。
……まあ、実際はそう堪えてるとは思えないけど。

工藤「ことりも杉並も、バスん中で何やってるんだよ……
   あれ、そういえばシンは?一緒じゃないの?」
ことり「ええ、昨日いろいろあって疲れちゃったみたいで、
    いくら呼んでも起きてこないから、置いてきちゃいました♪」
工藤「置いてきた、って……じゃあ今日もギリギリだな。」
ことり「そうですね、また窓からでしょうか?」

あはは、と笑うことり。なんだか今日のことりはいつもに増してテンションが高い。

工藤「やけに機嫌がいいけど、何かいいことでもあったの?」
ことり「えっ?ああ、うん。まあいいこと、といいますか、
    いろいろと新しい発見をすることができて。」
杉並「むむむどんな発見だ?」
ことり「うーん……秘密です。喋りたくなったらシン君から話すと思いますし。」
杉並「やはりシン関係か。できれば早くデスティニーを……ぬっ!」
工藤「?どうした」

杉並君が視線を窓の外に向ける。次の停留所が見えてきて、バスが止まる。
バスに乗ってきたのは4人……かなり目立つけど、見覚えはない。
杉並君はその人たちの方へと歩み寄っていき、なにやら話し出した。

工藤「(……ことり、あの人たちは?)」
ことり「(あっ、叶ちゃんは知らなかったんだ。今、杉並君と話している
    銀髪のオカッパの人と色黒の金髪の人は、昨日3年に編入してきた人たちで、
    シン君の前いたところの先輩さんなんです。
    イザーク・ジュールさんとディアッカ・エルスマンさん。」
工藤「(へえ……じゃあその奥にいるのは?)」
ことり「(あの二人は……はて、誰でしょうか?)」

35 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:43:42 ID:1d3+yged
イザーク「何度言ったらわかるんだ?教えられることはすべて教えた、
     教えることなど、もう何もないぞ。」
杉並「ふっ、残念だが俺はそんなことで、はいそうですか、と敗走などしない。
   ちなみに今のは、『敗走』と『はいそうですか』をかけたギャグだ。」
ディアッカ「あー、今のはイマイチだったな。」

イザークさんと杉並君は何か言い争っているようだ。
ディアッカさんは、時々合いの手をいれ、その状況を楽しんでいるように見える。
そして、あとの二人はお互い顔を見合わせ、どうしたものかと首をかしげていた。

工藤「こんなところで漫才なんかするなよ。そっちの二人が困ってるじゃないか?」
イザーク「俺は漫才などしていないっ!」
ディアッカ「って、始めてみる顔だな。おまえだれだ?」
工藤「ああ、俺は工藤叶。そこの杉並のクラスメイトやってるんだ。」
ディアッカ「ってことはシンとも同じクラスか……っと、
      そっちにいるのはことりちゃんか?」
ことり「あっ、はい、おはようございます。」
イザーク「ん?シンは一緒じゃないのか。」
ことり「ええ、まあ……ところで、そこの二人は?」
杉並「謎の転校生だ。そっちのアルビノの少年がフレア、銀色の瞳の少女がカナ。」
工藤「えっ、二日続けて転校生?」
カナ「よろしくお願いしまーす。」
フレア「よろしく、ことり姉ちゃん!叶……?」
工藤「ん、どうしたんだ?」

フレア君は私の顔をまじまじと見て、首を傾げている。

フレア「あっううん……よろしく、その……叶さん。」


イザーク「ん?……そういえば、キサマなんでフレア達の事を知ってるんだ。
     この2人は昨日引っ越してきたばかりなんだぞ?」
杉並「な〜に、お前達の事を調べようと色々と網を張ってたら、偶然引っかかってな。
   だが網を張ってなかったら気がつかないところだった。流石に2日続けて
   転校生のデータがないのでは、我が非公式新聞部の信用問題に関わるからな。」
ディアッカ「どこの信用だよ、それ?」
杉並「企業秘密だ。非公式新聞部に入部するのならば、教えてやらんことも…」
イザーク「遠慮しておく。」





36 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:45:14 ID:1d3+yged
「いやぁ、やっぱり暑い時は冷凍チョコバナナが一番ですよねぇ〜」

緑の葉が生い茂る桜並木の下、私達は冷凍チョコバナナを食べながら歩いていた。
もちろん、用意したのは天枷さん。保冷バックの中に入れてきたらしい。
……でも

アリス「食べ物食べながら登校って、いいのかな?」
美春「問題ないですよ。ほら、朝時間が無くて
   食パンくわえて登校するのと同じことです。」
アリス「でも、チョコバナナっておやつだよ?」
美春「バナナはおやつに入らないんです。美春は三食、欠かさず食べてます!
   ちなみに今朝の食事は、ご飯、納豆、みそ汁、焼き魚、バナナでした、
   アリスは何食べてきましたか?」
アリス「私はクロワッサンとスクランブルエッグとベーコン、簡単なサラダと
    ビシソワーズ、飲み物にジンジャーミルクティとトマトジュース、
    デザートにヨーグルトを食べてきました。」
美春「うわっ流石に豪華……いいなぁ、私もそういう朝食たべてみたーい」

そうかな?天枷さんの朝食も、いいと思うけど。
天枷さんのお母さんが娘の為に作る、お母さんの料理……

美春「ねえねえ、アリス。今度アリスの家に泊まりに行ってもいいですか?」
アリス「私の家に?」
美春「はい!お泊まりです!」
アリス「……うん、たぶんいいと思うよ。あっ……そうだ、
    そのかわり、私も、天枷さんの家に、泊まりに行っていいかな?」
美春「はい、全然OKですよ♪あっ、
   でももう自爆スイッチは押さないでくださいね?」


美春「じゃあね〜アリス!また休み時間に〜〜!」
アリス「うん、またね。」

猛スピードで走り去っていく天枷さんを見送って、私は自分の教室に入った。
天枷さんは風紀委員という委員会に所属していて、結構忙しいらしい。
音夢先輩が帰ってきてからは、更にがんばっているみたいで
ホームルーム前のこの時間は、校内のパトロールをしている。
……でも、風紀委員が廊下走っていいのかな?

教室の中は、いつもより少し騒がしかった。
なんでも、日直の男子が職員室に行ったとき、
担任の先生が見知らぬ男の子と話していたとかで、
どうやらこのクラスに転校生がやってくるらしい。
クラスの女子が日直の男子から、転校生の情報を聞き出そうと
しているようだけど、男子は教えようとしないらしい。
……やきもち?

37 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:46:40 ID:1d3+yged
「初めまして。日比野フレアです。
 初音島には来たばかりで、わからないことだらけですけど
 よろしくおねがいします。」

そう言うと、転校生……ヒビノ君はぺこり、とお辞儀をした。
クラス中の女子からあがる歓声。ちっ、という男子の舌打ち。

転校生の男子は……私も人の事は言えないけど、小柄な男の子だった。
白銀の髪と、赤い瞳をしていて、名前からすると外国から来たのかもしれない。

「えっと、ヒビノの席は……ああ、月城の隣があいてるな。」

先生が私の隣を指し……えっ?私の隣……?
いきなりの展開に戸惑っている私をよそに、
ヒビノ君はスタスタと歩み寄って、よろしくね、と言って席についた。



美春「それにしても、こうやって並ぶとよく似てますよねぇ〜」

二時間目が終わった休み時間、私とヒビノ君を見比べた天枷さんは
しみじみと呟いた。確かに、背の高さも同じぐらいだし髪の色も似ている。
瞳の色の事も考えると……むしろアイシアの方がよく似てるかも。

アリス「ヒビノ君は、ハーフなの?」
フレア「フレアでいいよ、アリスちゃん。名字でよばれるのなれてないから。
    ……うん、パパがこっちの方出身で、ママが大陸の方の出身なんだ。
    アリスちゃんも……ハーフみたいだね、北欧の方?」
アリス「うん、そうだけど……どうしてわかったの?」
フレア「う〜ん……なんとなく。観察力にはちょっと自信があるんだ……あっ、そういえば。」

ヒビ……フレア君は口元に手を持っていって、何か考える様なポーズをとった。

アリス「……どうしたの?」
フレア「うん……この学校って、制服決まってるよね?」
美春「まあ色々とバリエーションはありますけど、制服は指定のものになってますよ。」
フレア「……女性が、男性の制服きるのって、ありなのかな?」
美春「女性が男性の制服をですか?
   球技大会とかで応援の時に着てる人はたまにいますけど、
   基本的にはダメですね、校則違反です。
   ……ちなみに、男性が女性の制服着るのはもっとダメですよ。」
フレア「うん……やっぱりそうだよね……」

38 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:48:29 ID:1d3+yged
平凡な高校生活。毎朝同じ時間にバスに乗り、学校に行き、
勉強して、またバスに乗って、家に帰る。その繰り返し。
そんな毎日で、社交性が薄い私に出会いなんてものはなく、
ただただ、平凡な毎日を送る日々。

そんなある日、バスの中で声をかけてくる人が!
彼は隣のクラスの転校生だった!
接点を持てるのは登校のバスの中のみ!
全編バスの中のみでおくる新感覚のドタバタ恋愛コメディ
『登校バスストーリー』!

……ネーミングとか、いろいろといまいちだぁ〜!!
う〜ん、単発ぐらいなら描けそうだけど、連載には使えないか。
貴重な体験だったんだけどなぁ、ナンパされるなんて…

「彩珠さん?」

やっぱり前々からの予定通り、純一君と音夢さんをモデルにした危険な兄妹愛の話……
いや、でも新しいジャンルを開拓する為にも、スポコン物にも挑戦してみたいし……

「彩珠……ななこさん?」

探偵物とかも……ううんダメ、いま探偵物だしても、二番煎じになっちゃう。
あっちはアニメの第2期が絶好調放映中で、この調子だと第3期もいくだろうし……

「……ななこさん。」

いっそのことバトル物……剣と魔法のファンタジー路線なら書けない事もないけど、
それだとマジカルシフォンと被りかねないから……超能力バトルか、ロボット物……

「……彩珠ななこぉぉぉぉっ!!」
ななこ「ぅわひゃぁ?!こ、こまくがっ、こまくがぁぁ?!」

考え事してたらいきなり耳元で大声を上げられましたぁっ!
ぅぅう……頭の中がぐわーんぐわーん。

ななこ「みみがー、みみがー……もう、いきなり何するんですかっ。」
「だって、ぜんぜん反応しないから……」

少し怒った顔している少女。銀色の瞳と紺色の髪をした……
この娘は……たしか転校生の……

39 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:49:33 ID:1d3+yged
ななこ「えっと、日比野かなさん、でしたっけ?」
カナ「カナでいいよー、名字でよばれるの好きじゃないから。」
ななこ「あっ、じゃあ私もななこって呼んでください。
    で……私に何か用事ですか?」
カナ「うーん、用事っていうほどじゃないんだけどー
   昼休みになったのに食堂にも行かず何やってるのかしらー、って思って。」
ななこ「えっ、あー、まあ、いろいろと内職みたいなことを……」

間違っても、マンガのネタ出ししていたとは言えません。
私がマンガを描いている事は、絶対的な秘密なのです。

カナ「ふーん、内職ってこの、イラストに文字が描き込んである紙のこと?」

カナさんがピラピラとマンガの原稿を……って!

ななこ「ぅえええええ?!な、なんでカナさんがそれ持ってるんですかっ!!」
カナ「手提げカバンの中におちてたから、ひろったの。」
ななこ「それ落ちてない&拾ってない!勝手に人のカバンを探らないでくださいよっ!!」
カナ「で、これなんです?」
ななこ「うっ、え、えっと……しゅ、趣味で………
    そ、そう!趣味で、描いてるマンガです!」

うん、嘘は言ってない。あれは純一君を主役に書いたやつで、
出版するつもりはさらさら無い。というか、そんなコトしたら恥ずかしくて死ねますよ。

カナ「いや、趣味かどうかは別にどーでもいいんだけど、マンガってなんです?」

…………………………………えっ?

ななこ「えっ、ええええっ!カナさん、マンガ知らないんですかっ?!」
カナ「ええ……図と文の組みあわせっていうのは何度か見たことあるけど、
   こう絵の中に乱雑に文がはいっているっていうのは初めて見るなー
   これ、効率悪くない?『ガガガガッ』とかよくわかんない文字はいってるし。」
ななこ「それは効果音です……ほ、ほんとのほんとにマンガ知らないんですか?」
カナ「ええ、もうさっぱり。」
ななこ「そ、そんな……そんなのって……そんなのって……」


私の中で、何かがはじけた。


ななこ「……もったいなあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああいっっ!!」
カナ「えっ、あ、あの……ななこ?」
ななこ「マンガを知らないなんて、そんなの人生の11分の2ぐらい損してますよ!」
カナ「多いのか少ないのか微妙な数値ねー……」
ななこ「シャラップ!こうなったら、私がマンガのなんたるかを
    骨の髄まで教え込んであげますっ!」
カナ「は、はあ……」

40 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:51:03 ID:1d3+yged
カナ「ただいまあー」
フレア「あっ、おかえりカナ。遅かったね……ってなに、それ?」

フレアがわたしの持つ紙袋を不思議そうに指さす。

カナ「ああ……ななこに借りたの、絵と文の集合体がはいってるわ。
   よかったらフレアも読む?読むのに少しコツがいるけど。
   まあ、結構おもしろいわよ。」
フレア「うん……ななこ、って彩珠ななこのこと?うまく接触できたんだ。」
カナ「まーね、家にもあがってきたわよ。で、そっちはどう?」
フレア「僕のほうはまだそれほど……でも
    アリスちゃんと美春ちゃんとはコンタクトとれたよ。」
カナ「そっ、まあ初日だし、こんなものじゃないかしら?
   白河ことりとか、クラスメイトにも出会えたことだし、上々ね。」
フレア「でも、やっぱり僕たちが本校生ってのは無理があるきがするよ?
    アリスちゃんがいるからあまり目立たないけどさ。」
カナ「そりゃわたしもそう思うけど……今回の任務の内容、おぼえてるでしょ?」

任務……そう、任務だ。

カナ「まあ流石に同じクラスに編入するのはあやしまれるからダメだけど、
   なるべく近いほうがいいでしょ、調べるには。」
フレア「アリスちゃん達に近づくのも、そのためなんだよね。」
カナ「まあ外堀から埋めていこうってねー。
   彼女たち、ターゲットの同級生の朝倉純一っていう男子と
   まあそれなりに親しい仲なわけ。」
フレア「そこらへんで交友関係つくっておけば、
    そのうち朝倉純一ともコンタクトをとるようになる。」
カナ「そっ、そしたらわたし達は、朝倉純一の知り合いとして
   怪しまれずにターゲット……シン・アスカと接触できるわけ。」


シン・アスカの通っている高校に潜入して、情報収集すること。
そしてデスティニーがなぜオーブ軍を攻撃したのかを調べること。
それが今回の、ブルーコスモスがわたし達に命じた任務。

わたしたちはエクステンデット……その完成型。
並のコーディネーター以上の能力を有し、メンタル面の高い安定性をもち、
最低限の薬物投与で長期の可動が可能である。
……それが、わたしたちが今回の任務に選ばれた理由。
そして、それがわたし達が此処にいる、ただ一つの理由のはずだった。


つづく

41 :P.S.ASTRAY 初音島へ〜あの2人〜:2006/08/08(火) 01:52:17 ID:1d3+yged
オマケ1

ことり「私、歌は好きですけど音撃はまだできませんよ。
    あと、白河流忍術とは角度が違います。小太刀の角度は、もうちょっと、こう……」
杉並「うむ……こうか?」
ことり「違います、こう、です。」
杉並「ぬぬぬ……これで、どうだ?」
ことり「う〜ん……まだまだ修行が足りないっすね。」
杉並「くっ、白河流忍術、恐るべし……」
工藤「ツッコミ入れていいか?」


オマケ2

フレア「そういえば、なんで名字が”日比野”なの?カナは『日比野かな』でいいけど、
    僕の場合『日比野フレア』なんて、あやしさが爆発してるよ。」
カナ「バトル保管庫28『アナザーストーリー』の作者曰く、カナは『カナード・パルス』に、
   フレアは『プレア・レヴェリー』に因んで付けた名前らしいの。で、、
   だから名字は『ユーレン・ヒビキ』に因んでヒビキ→ヒビノ→日比野、にしてみたんだって。」
フレア「せめてカタカナのままの方がよかった……」


オマケ3

シン「何で出番ないんだよっ!ことりはあったのにっ!」
杉並「諦めろ、仕様だ。」

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 02:03:56 ID:naDyGa9I
AA厨ウゼエ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 04:55:04 ID:TRZzFtFw
前スレで新掲示板の話を振った者だけど、必要ないかね?
イメージとしてはここの掲示板みたくしてほしんだけど……
ttp://seed-revival.hp.infoseek.co.jp/

>>25>>27
シンってさいもえで優勝したんだ、そういや
新シャア版で「もしシンがツンデレヒロインだったら」みたいなスレをみたことがある

>>32-41
てっきり艦長&副長が出るかと思いきや…
>ことり「私、歌は好きですけど音撃はまだできませんよ。
エロパロ版『DCFS(ダ・カーポ Fighting Sprits):朝倉純一争奪武闘大会』の音撃戦士を
なんとなく思い出した。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 09:36:39 ID:oBiZh2+o
>>32-41 あの人さんGJです!うおー!やっぱりうまいー!う・うらやましい・・
それに引き換え私は・・orzカナと・・フレアか、
しかしディアッカとイザークが例の第2期を話してましたが・・
以前ここで紹介されたネタサイトのイザークを思い出します・・・
「ベリーベルゥーーーー!!!」
関「ぶぇりぃいぶぇるううううう!!!!」
関「雛ちゃぁああああん!
ひっ!なっ!いっ!ちっ!ごっ!ちゃん!
好き!好きぃいい!雛ちゃん大好きぃいいい!!!」
キラ「雛苺だけで何が萌えられるっていうんだぁああああ!!!!」
キラ「どう?ボクのほうが萌えるでしょ?」
・・失礼しました。

私の中で、何かがはじけた。・・・種が割れた?!
あの人さんやまとめの人さん等他の職人さんの書いた作品は
素人の私にとって非常に参考や励みなります。
これからも頑張って下さい。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 10:19:43 ID:XrokHVlX
ここってオリキャラは駄目じゃなかったか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 16:54:35 ID:oBiZh2+o
便乗ネタ、いきます

ディアッカ「やっぱりあの深夜アニメは最高だぜグゥレイト」
?「じゃあ誰が一番好きなの?」
ディアッカ「へ?」
工藤「当然!あの紅いのだよね!あの探偵コスはたまらないよね!
紅茶を飲む気品が最高だよね!」

ラクス「なぁーに言ってますの!一番は銀ちゃんですわよ!
ストフリのドラグーンの如し羽根を飛ばし、デスティニーっぽいと話題になったあの動き!
腰が未完成という設定も一部ではインパルスガンダムネタ(コアスプレンダー)で大活躍!
話題の種ネタをしっかり完備!まさに最高のドールですわ!
ふざけた事言ってると股間踏み潰しますわよ!」

音夢「駄作ネタ完備してどうすんですか!一番は雛ちゃんですよ!
ロリーでうにゅー好きで(苺大福の事)頭に上ってすべてが可愛さMAX!
もう完璧じゃないですか!」

紫「頭に上ってって・・アスランさんだったらズラがずり落ちて大惨事ですよ!
一番は翠ちゃんです!ツンデレ!ですぅ弁!そして双子キャラ!
人気も一番です!もう彼女以外好きなんてありえません!
世迷い事は言わないでくださいまし!ですよねディアッカさん!」

ディアッカ「え・・?あ・・?」

レイ「一番はばらすぃ・・」

「「「「HGは黙ってなさい!!!!」」」」

レイ「ぐはっ!」

「紅いのが一番だよ!」「銀ちゃんがbPですわ!」「雛ちゃんが一番!」「翠ちゃんが一番です!」
「紅いの!」「銀ちゃん!」「雛ちゃん!」「翠ちゃん!」
「紅いの!!」「銀ちゃん!!」「雛ちゃん!!」「翠ちゃん!!」
「紅いの!!!」「銀ちゃん!!!」「雛ちゃん!!!」「翠ちゃん!!!」

ディアッカ「あー・・もうすぐ授業始まるから俺もう行くぜ?」

「「「「あ!待ちなさい!はっきり答えなさい!!!!」」」」

ディアッカ「否グゥレイト・・」


レイ「一番は・・一番は・・ばらすぃーだ・・」

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 16:58:32 ID:oBiZh2+o
続けていきます。

平凡な高校生活。毎朝同じ時間にバスに乗り、学校に行き、
勉強して、またバスに乗って、家に帰る。その繰り返し。
そんな毎日で、社交性が薄い私に出会いなんてものはなく、
ただただ、平凡な毎日を送る日々。
カナさんに漫画のなんたるかを教えた翌日も私は漫画の構想を練っていた。

ななこ「うーん・・どうしよう・・でも二番煎じとかは一応便乗で話題とかは
あるからやっぱりそっちでやったほうがいいのかなぁ・・」

キラ「やめてよね。パクったネタで話題あったって後で悲惨な叩きに逢うだけじゃないか・・」

ななこ「ひゃうぅぅぅ!!キ・キラさん・・?い・いつの間にとなりの席に、しかも体育座りで・・」

キラ「パクリ過ぎた作品は便乗でしかネタや人気が取れないんだよ・・。僕にいたっては顔までパクリだし・・僕だって・・僕だって・・」

ななこ「キ・キラさん?」

キラ「僕だってもっとちゃんとしたストーリーで活躍したかったのにぃぃぃ!
お願いぃぃぃぃ!!もっと脚本をちゃんとした人にかえてぇぇぇ!!
もっと独創的なガンダムに乗せてえぇぇぇ!!
801っぽい絡みは勘弁してぇぇぇ!!!
頼むから矛盾した事ばっかさせないでえぇぇぇぇぇぇ!!!
男のシャワーシーンばっかうつさないでえぇぇぇぇ!!!
安直に裸ばっかうつさないでえぇぇぇぇぇ!!!」
バス急停車。ききぃぃぃぃ。

キラ「んぶう!!!」勢いあまって前の座席の金具に鼻直撃

ななこ「キ・キラさあぁぁぁぁぁぁん!!!!体育座りなんかしているからあぁぁぁぁ!!!」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 16:59:43 ID:oBiZh2+o
あの人さんの作品読んでて思いつきました。
あの人さんスイマセン勝手に便乗してしまって・・、
声優ネタ(レイ以外)とキラネタです。
声優ネタ分からない人ごめんなさいorz
ってこれ前にゲーセンネタとかで
あったじゃないかぁぁぁ!orz
キラのキャラは以前海水浴編で言った
「脚本(嫁)に付き合わされる辛さが君に解かるのかあぁぁっ!!」
というセリフからこんな自分がメインでも自分の作品すべて諦めてる
キャラになってしまいました。
また錯乱キャラかよ自分・・てかオチが前とたいして変わらん・・orz
しかもリアクションななこだし・・

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 20:46:05 ID:h1gFB+Qr
ぶっちゃけAAよりオリキャラがウザい

50 :夏の桜(前編)1/4 ◆hA/Opjl6aY :2006/08/09(水) 00:13:58 ID:kvgemTZ9
 風が吹いた。強い北風。
 初音島は海に囲まれているから、時折強い海風が吹き抜ける。
 けれど、その風によって桜の花びらが舞い上がることはもうない。全てが散ってしまった後だから、
花びらが散り積もり地面を覆うことも、もはやない。島の清掃業者などは、これで花びらの
清掃に費用をかける必要もなくなり楽をできるから願ったり叶ったりなのだろうけれど。
 しかし、ことりとしては何処か哀愁を感じざるを得なかった。
 小さい頃この島に引っ越してきてからずっと、桜を見ながら育ってきた。
 枯れない桜。
 一年中咲いている桜で、当時は雑誌やテレビでもそれなりに有名でこの島も観光客で
賑わいを見せていた。それも昔の話で、桜が枯れてからは、さして目ぼしい物もない
この島からは徐々に観光客の姿も見えなくなっていった。
 失ってから初めて気づくこと。大切な物というのはなくなってしまってからようやく、
その有り難味に気づくものであった。
 ことりも枯れてしまってから、自分も本当は桜が好きだったことに気がついた。
 ただ、それだけの理由でこの悲しみを感じ取っているのだろうか。
 感慨に浸る理由なら幾らでも作れる。しかし今胸に巣食う感情はただ桜が枯れてしまったから
寂しいというだけではないような気がした。
 枯れてしまっている木々を見つめながら、ことりはぼんやりとそんなことを思っていた。
「・・・・ん?どうしたの、ことり」
 立ち止まっていることりに気がついて、シンもその足を止めた。
 ことりは顔を木の方に向けたままで口を開いた。
「・・・・木を見てるの」
「木?」
 シンは首を傾げて、ことりの見ている方へと眼を向けた。
「ここいらの木って、全部桜の木だよね」
 シンの問いにも、ことりは顔も向けずに頷いた。

51 :夏の桜(前編)2/4 ◆hA/Opjl6aY :2006/08/09(水) 00:15:00 ID:kvgemTZ9
 この寂しいと思う気持ちは何なのだろう。
 ただ昔から慣れ親しんできた桜が枯れてしまったことからくる寂しさなのか。
 ここの並木道、まだ桜が咲いていた頃のこの道を純一とは一緒によく歩いた。でも、
シンとは未だに一緒に歩いたことはなかった。シンがこの島に来た時には、既に桜は
枯れてしまった後だったし。それにまだその頃は桜が開花する季節も迎えていなかったから、
仕方がないと言えばそれまでであるが。
 だけど。
「・・・・ことり?」
「・・・・シン君」
 シンの方を振り向くと、ことりはふと笑みを溢した。
「これから、桜公園に行きませんか」
 そう言うと、シンは戸惑ったような表情をした。
「えっ?でも、学校は・・・・」
 既に周りには登校する生徒の姿はなく、今から走って行っても遅刻は免れないだろう。
「たまには、学校サボっちゃうのも悪くないですよ」
「・・・・はぁ、とんだ不良だな・・・・ことりも」
「私、ゆーとー生さんですよぉ」
 ことりは舌を出して苦笑した。
 結局学校の方向へと向かわずに桜公園へと行ったシンとことり。公園に着くと、
そのまま直行であの巨大な桜の木の前へとやってきた。
 魔法の木。
 以前、芳乃さくらはそう呼んだらしい。小さい頃、純一はここをヒミツ基地にしていたようだが、
決して秘密などと呼べるものでもなく、ことりだってこの場所のことは小さい頃から知っていた。
ことりにとっても、この場所は馴染みの深い場所であった。
 しかしその見事な桜も枯れ果てて、今では葉もつけておらず、一本の大木だけが
ただ虚しく聳え立っていた。
 シンと言葉を交わすことも無く、暫くその木をぼんやりと眺めていた。

52 :夏の桜(前編)3/4 ◆hA/Opjl6aY :2006/08/09(水) 00:16:19 ID:kvgemTZ9
 どうしてこの桜が枯れてしまったかということについても、以前シンに全て話してあった。
あまり口外すべきことではないのだろうけれど、シンにはぜひ知っておいて欲しいこと
だったから、話した。
 桜が枯れるとともに、自分の力も失ってしまったこと。あの力がどれだけことりにとって
大切なものであったか。失ってしまい、どれだけ不安に陥ってしまったか、なども。
 シンは真剣にことりの話に耳を傾けてくれた。話している間も、何も言わずに
ただことりの話に集中していた。話が全て終わっても、シンは暫くは何かを考えているかのように
黙ったままだった。やがて口を開いたと思ったら、シンは小さく大丈夫だよと呟いた。
あまりに小さな声で、物音でも立てていたら聞こえなかったかもしれないぐらい小さくて、
ことりもまた小さく聞き返した。たとえ、もしまた不安に悩むことがあろうとも、
今度は俺がいるから、と。
 シンの何気無いその一言が、その時のことりにとって嬉しかったのと同時に、何よりも
頼もしかった。
 だが、ふと考えてしまう。もし、二年前のあの時に、既にシンがこの島にいたら。
もっと早くから知り合っていたら、どうなっていたのだろうかと。
 今とさほど変わらない関係だったのか。それとも、もっと別の展開が待ち受けていたのだろうか。
もしかしたら、二人は出会ってさえいなかったのかもしれない。
 昔のことを色々思索しようとも、過去に対して”もしも”なんて言葉は存在しない。
 様々な偶然が重なり合って”今”という時間が存在する。それでも、人は過去というものを
考えてしまう、考えざるを得ない生き物なのだろう。
 もっと早くからシンと出会っていれば。まだ桜が咲いていた頃、この木の下を一緒に
歩いていけてたら、それはどんなに素敵なことだったのだろうか。
 そんな儚い羨望も一陣の風の中へと消えていくだけ。
 ことりは、ただ桜の木を恨めしく見上げることしか出来なかった。
「この場所にことりと来たことは、そういえばなかったよな」
「・・・・ここに来れば、桜が咲いているかな、と思ったんですが」
 ことりはシンに対して寂しげに微笑んで見せた。
「そんな魔法みたいなこと、やっぱ起きませんよね」

53 :夏の桜(前編)4/4 ◆hA/Opjl6aY :2006/08/09(水) 00:17:24 ID:kvgemTZ9
 シンはじっとことりの横顔を見つめてくる。ことりは、極力シンの方を見ないようにした。
 辺りの蝉の声だけが、一層大きく聞こえるような気がする。こんなくだらないことを
考えている自分をまるで皮肉っているかのように、ことりにはそんな風に聞こえてならなかった。
「素直に春まで待つしかないですか・・・・」
 もう、過去を思索することは止めていた。過ぎてしまったことを思っても、ただ虚しい
気持ちになるだけだった。そんなことりの呟きにも、何かを考えている感じでシンは
黙ったままだった。
「行きましょうかシン君。今なら二限目には間に合うかも」
「・・・・ことり」
 シンの声で、ことりは歩み始めようとした足を止める。
 一瞬、全ての時が停止したかのような、そんな錯覚に陥りそうになる。そんなまやかしを、
ことりは頭を振って振り払う。だが、シンはそんな夢から覚めることを許そうとしない。
「ことりは、今桜を見たいの?」
 そう尋ねてくるシン。
 何の変哲もない質問。でもそれがとても魅力的に思えてしまう。
 何を期待しているのだろう。昔に戻ることなんてできるはずはないのに、それでも
シンとあるべき過去を見てみたい、という衝動に駆られてしまう。
「・・・・見たいですねぇ」
 ことりも何気無く答えてしまう。
 あまり私に無意味な期待を抱かせないで。ことりは心の中でシンに呼びかける。
 けれど、ことりの願いも虚しく、シンは自信満々でにやりと笑った。
「できるかもしれないよ。夏に桜を咲かせることが」

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:35:25 ID:oBvGbtAs
>>50-53
しつこい氏ね



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:41:07 ID:jT16BL//
あの前書き後書きコメントレスが無いんだから良いじゃん。
>>50-53
一応GJ。
なぜ一応かというと

>感慨に浸る理由なら幾らでも作れる。しかし今胸に巣食う感情はただ桜が枯れてしまったから
>寂しいというだけではないような気がした。

>ただ昔から慣れ親しんできた桜が枯れてしまったことからくる寂しさなのか。

どっち?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:42:08 ID:+dK4V8/J
また荒れそうな予感・・・
◆hA/Opjl6aY空気嫁

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:54:00 ID:5VvrpPjs
確かに不用意かもしれないが、
空気読むのはしつこいアンチ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 00:54:57 ID:tvVY25v3
しつこいのはどっちもだろ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 04:13:35 ID:Ix1zVag/
オリキャラは既存キャラと違い書き手と読み手の間に
イメージの摩擦が生じやすい。ネタスレが荒れる要因の一つになりやすいから
あの人氏は今後の展開に気をつけて欲しい

けどスレに余裕のない今、優先すべきは作者の自主性だと思われ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 09:41:26 ID:3ME3SrwR
このスレほどテンプレが機能しないスレも珍しいな

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 12:03:43 ID:Ix1zVag/
ごめん、でも一番言いたかったのは
>スレに余裕のない今、優先すべきは作者の自主性

62 :陽炎:2006/08/09(水) 15:59:53 ID:u4kgPf+J
八月十三日 迎えお盆の日
ピシャーン!!!
夕立の稲光が一瞬周囲を圧倒的な光で覆った。
シン「うわぁっ!!」
ことり「ひゃっ!!」
バシャバシャと靴が濡れるのもお構いなしに二人は走っていた。夕食の買い物の帰りにこんな土砂降りに会うとはついてない・・
シン「どこか雨宿りできるところ無いか・・」
そう思った直後別の道から見知った顔が出てきた。
環「あ、シンさんに白河さん。」
シン「あ、こんにちは環」
ことり「こんにちは胡ノ宮さん」
環「こんにちは二人とも、ひょっとして雨宿りの出来るところをお探しですか?」
シン「うん。まぁね」
環「でしたら私の神社に来てください。そこが一番近いですから。」
ことり「いいの?胡ノ宮さん。」
環「ええ。行きましょう。」
シン「ありがとう!環!」
三人は走り、神社の石段の前まで差し掛かった。
環「もう少しです!」
ことり「うん!・・?・・!!し・シン君!あれ!」
シン「ん?どうしたの?ことり?・・!!」
その時、再び雷が光り、周囲を光と轟音に包んだ。
ことりがゆびを指した方を見て、シンは絶句した。石段の前に人が倒れているのだ。
ことり「シン君・・」
シン「ことり!分かってる。ここは・・」
シン「関わりにならないようにそーっと横を通り抜けよう!」
ことり・環「シン君!(さん!)」
シン「じょ・冗談だよ・・分かってるよ。環、神社に運んでも大丈夫?」
環「ええ。大丈夫です。」
シン「じゃあことり、これもってて」
ことり「うん。」
買い物袋をことりに渡しシンは倒れていた人物を抱えあげた。
少年だ。
ずいぶん華奢な体をしていた。髪は緑で少し癖ッ毛、
黒いシャツ、黒いズボンを着ており
顔は中性的な顔をしている、
場合によっては女の子と間違いかねない美形顔だった。
なんか工藤に似てるな・・性別逆だけど・・
少年を抱え、石段を登りながらシンはそんな事を考えていた。


63 :陽炎:2006/08/09(水) 16:01:13 ID:u4kgPf+J


神社についた後ことりはシャワーを貸してもらい、タオルで体を拭いていた。
シンはタオルで拭いただけでその後は環の支持で倒れていた少年を布団に寝かせていた。
そして環もタオルで体を拭いた後少年を看病していた。
?「う・・うう・・」
シン「どうなの?環。」
環「ええ、特に熱とかはありません。このまま寝てれば大丈夫だと思います・・」
だが環は少年になにか違和感を感じていた・・
環には人の未来を見る力がある・・それがあるおかげで
人を何人も救ってきた。当然、良いことばかりではなく
その力の所為で何度も嫌な思いをしたものだが・・
だがその少年に対しては何も感じ取ることが出来ない・・
未来が見えないというのは過去に純一に対してもあったことなのだが
彼のそれは明らかに違う、まるで未来が見えないのではなく・・・

未来が 無い 様な・・・

「う・・ううん」
シン「あ、気がついた」
「・・こ・・こは・・?」
少年は目を開けあたりを見回した。
シン「神社だよ・・君が倒れていたから運んだんだ。
この人に感謝しろよ。君が目覚めるまでずっと看病してくれたんだから。」
環「どこか体が痛みますか?」
「・・いいえ」
環「よかった・・ケガはないみたいですね。」
ことり「あ、気がついたんだ。よかった。」
シン「それで君はどうしてあんな所にいたの?」
「それは・・・?・・・・?・・・!・・・あ・・」
シン「どうした?」
「お・・おもい・・・だせない・・・・?」
「「「え・・!」」」


64 :陽炎:2006/08/09(水) 16:02:08 ID:u4kgPf+J


三人は廊下にでて会話していた。
シン「どうする?まさか記憶喪失だなんて」
ことり「うん・・これじゃ家に帰すことも出来ないよ。」
シン「眞子か昭島先生に相談してみるか・・それか預けるか・・」
ことり「今の状況だとそれがいいかもね・・」
環「待って・・いただけますか?」
シン「環?」
環「彼は・・私に預からせていただけませんか?」
「「え!」」
環は自分でも何を言っているのだろう、と思っていた。しかし
彼は困っている。彼からはなにも感じないけれど・・それがかえって環にとって
彼に対する不安や心配を増大させていた。
シン「だ・・大丈夫なのか?家の人とかは?」
環「今ちょうど仕事の都合で島の外に行ってます。大丈夫です。」
シン「なおさら危険だろ!異性をあずかるんだぞ!」
環「分かってます!でも私は・・彼をほうって置けない!彼は私が面倒をみます!」
ことり「胡ノ宮さん・・・」
シンは環の目を見た、強い決意に満ちた目だ。以前自分もこんな目をしたから分かる、
環はもうテコでも動かない。食いつくだけ無駄だ。
シン「分かったよ、彼のことは君にまかせる」
環「ありがとうございます!シンさん!」
シン「ただし、俺もちょくちょく様子を見に来るから、」
ことり「当然私も協力するッス」
環「皆さん・・ありがとうございます!」
少しして雨はやんだ。空は茜色に染まり雲から顔を覗かせていた。
シン「じゃあ俺達はいったん帰るけど・・何かあったらすぐ呼んで」
環「はい。ありがとうございます。」
シン「うん、それじゃあ」
そう言ってシン達は神社を後にした。
環が倒れていた少年のところに行くと少年は布団から上半身を起こし、
開けた縁側から夕焼けを眺めていた。


65 :陽炎:2006/08/09(水) 16:02:54 ID:u4kgPf+J
環「体の方は大丈夫ですか?」
「あ・・ええ・・先ほどはありがとうございます。僕を看病してくださったそうですね」
環「何か・・思い出せましたか?」
「いいえ・・。」
環「そうですか・・あの」
「はい?」
環「記憶を取り戻すの、協力させていただきませんか?」
「え?」
環「あなたを・・救いたいんです。・・迷惑ですか?」
「いえそんな!・・ありがとうございます!」
環「何か・・断片的にでも思い出す手がかりはないんでしょうか?」
「いえ・・ただ・・なにか・・そう、なにかとても大切な事を・・その為に・・ここにきたような・・そんな気がするんです・・」
環「そうですか・・あ、私としたことがまだ自己紹介をしていませんでしたね。」
環「私の名前は胡ノ宮 環ともうします。」
「たまき・・さん?」
環「はい。よろしくお願いします。」
「なまえ・・僕の・・なまえ・・・・・・・・・あ!」
環「どうかなさいましたか?」
「今・・少しだけ・・思い出しました!僕の・・僕の名前は・・・」

彼は・・とても大きなワラの山をひっぱり一本のワラを掴みました。
けれどそのワラはとても綺麗に輝いていて、彼にとっては宝物の様でした

その年にあったお盆を・・私は・・けっして忘れる事はないでしょう・・
まだ私は知りませんでした・・私にとって・・最も輝いて・・最も悲しい・・四日間となる事を・・

      − 僕の名前は・・ニコル、ニコル・アマルフィです −


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 16:08:05 ID:IL8Mx/VW
その時は今ほど荒れてなかったから言わなかったけど、話が出たから言わせてもらいますけど

オリキャラ許容しちゃったらそれが理由で叩かれて追い出された人たちはどうなんの?
白河アスカとかさあ、もろオリキャラじゃん?
今ほど荒れてなかったのに許容されてたのはなぜ?
一度決めたルールを好き嫌いだけで捻じ曲げてるようにしか見えないんですけど

67 :陽炎:2006/08/09(水) 16:08:59 ID:u4kgPf+J
お盆ネタ環メインです。多少設定でちぐはぐになってしまったり
環のキャラが違ったりとだめだめですが・・
こんなタイミングで御免なさい・・
私なんぞでは力になれないかもしれませんが、
少しでもスレがやわらかくなってくれたら幸いです・・


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 16:09:53 ID:IL8Mx/VW
って、うわ、ごめんなさい
書き込もうか迷ってる間に投下されてたorz

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 17:41:33 ID:n5r28R6H
あの人の二人はバトルスレの方のサルベージだからなぁ。一応モデルもいるし
でも確かに多用は避けるべきかもね。今のが終わったら自粛してもらうべきかも
ところで白河アスカって女装したシンじゃないのか

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 17:52:53 ID:rgWEcBIx
音夢タンのSSキボン

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 17:53:50 ID:5fHfmXdh
自粛とかあれはやめろとかここの名無しかなりナマイキじゃね?
もう何も言わずに黙っとけよ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 19:40:47 ID:oUt7bgg0
>>66
馴れ合いすぎかなんかで言われなかっただけで許容というより
単純に無視(スルー)されただけと思ったんだけど。
それとは別に、白河アスカは後書きでオリキャラを認めた上で
2回程度の使用で戻すって言ったはず。
元々乱用する気皆無。理由は白河アスカが認められたら、ヒナ
16歳が不憫でならんから。

Q.なぜ居る?
A.スレ(7)からはキッチリ立ち去ってたよ。
  スレ(8)になったので来た。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:06:42 ID:n5r28R6H
>>72
・・・オリ云々は置いといて

>Q.なぜ居る?
>A.スレ(7)からはキッチリ立ち去ってたよ。
>  スレ(8)になったので来た。

じゃあ逆に聞くけど、なんでいなくなったのさ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:09:14 ID:oUt7bgg0
今回が特殊なだけ。某所で一週間で(ry を知って見に来た程度。
SS書く気はないよ。それとアレはもう、計画完遂、アスカちゃんEDで
終了。
読み返してたら、何気にキリが良いなって思えてヤル気が消えた。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:15:17 ID:oUt7bgg0
……微妙に答えになってないか。とにかく戻ってきたんじゃなくて、通りがかりのようなもん。
今、居るのが変なだけ。いなくなることには変わりないよ。
というわけで住処に帰るよ。じゃ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:20:52 ID:n5r28R6H
そうか。帰ってきたのならよかったんだが
と言うかなんなら最初から
Q.なぜ居る?
A.通りかかっただけ
とか書いとけば良かったと思う

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:22:32 ID:Jusfq1hv
>>72
失せろゴミ虫

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:36:29 ID:dnBuwLk8
もうなんでもいいから◆hA/Opjl6aYだけは来るな

こいつがいなければそれでいい

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:50:13 ID:5fHfmXdh
だからお前らナマイキだって言ってるんだよ
SS書くこともできない力の無い名無しどもはSSがきたら敬意を払ってGJと賛美しろ
そして職人はここで書かせてもらっているということを常にありがたいと思え
互いに敬う気持ちを忘れるな


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 20:52:34 ID:wCWD/Hiz
◆hA/Opjl6aY乙

81 :あの人:2006/08/09(水) 21:20:59 ID:jwQ8H1Ks
>>43
どうなんでしょうね……確かに
『内容自体は好きだけど2chには書き込みたくない』
という意見もありますからね。
>>44
ことりやネタさくら達のはっちゃけぶりと、
問答無用にカッコいいシンがツボにはまっています。
あと、やたらと嫁補正で復活する凸とか。
>>45
西川とかがいるので、完全にダメというわけではないと思うのですが…
確かに、あの二人は名前の元になってるキャラや、エクステンデットだという
設定はありますが、明確な元キャラがいないですからね。
西川たちと同じ扱い、というわけにはいかないですか。
>>48
薔薇乙女は声優がいろいろ被ってますからね。自分も何度か使ってます。
ちなみに、ネタがネタだけに見向きもされませんでしたが、
主人公の声が幼いころの純一、ライバルが杉並、純一、キラ、シホ
というアニメのネタを使ったこともありました。シリーズ構成がD.C.S.S.と同じ人。
ななこのリアクション、好きですよ。アニメだと抑制されてて物足りない……
>>50-53
サクライロノキセツを思い出しました。
……あの歌って、捉え方によっては
ことり視点の失恋ソングのような気もします。
>>59
バトルスレからのサルベージで結構受けがよかったので
こっちでもいけるかなと、思ったのですが……イメージ摩擦かあ。
実際のところ、自分自身もキャラ掴みきれていませんからね……
まあ顔出しはしましたし、なんかいる、程度に思ってもらえれば。
>>66
えっと……ヒナ編の作者さんことでしょうか?
ごめんなさい、自分来たのが4スレの最後あたりなので
そこらへんのことよく知らないんです……
自分でルールを捻じ曲げるのは嫌なので、
できるだけ気をつけていたつもりだったんですけどね……
>>67
初の環メインのストーリー、そして……
ニ、ニコォォォォォル?!いったい何が……イザークたちが来たら大変だっ。
>>69
そうですね……これからは、もし出番があっても、名無しのモブか
刑事コ○ンボのかみさん(もしくはスレイ○ーズの郷のねーちゃん)的な使用法にします。
構想中の話も……まあ視点を変えればなんとかなりそうです。登場は極力避けます。
>>72
ヒナ話は、シンとことりがちゃんと交流してますし、幸せになってますから
そこまで邪見にされる理由はなかったような気がするんですけどね……
当時のことを知らない自分が言っても、仕方のないことなのかもしれませんが。
SSは……完遂ですか。まあ無理強いはできませんからね。

今回荒れてしまったのは自分のせいですね……
申し訳ありませんでした。以後、気を付けます。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 21:26:41 ID:Ix1zVag/
白河アスカはシンに女装させたらどうなるか、なネタであって
オリキャラとはまたちがうんでないかと思うね

>>67
GJ! 二コル・・・・・チーン
>>75
俺はアンタが以前言ってた最終回ってやつを読みたかったぜ……
>>81
いやいや、こちらこそ作家叩きしかけてしまいスマンかった

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 00:34:29 ID:bhEf1H76
過剰反応し過ぎだろ。今はヒナ編やってた時と違って
職人別平行世界なのほぼ確定だしリレー乱立で大混乱
とか不幸な事故も起こらんて。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 10:08:17 ID:v7nxzaXm
オリキャラは作者のオナニーにしか見えない

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 12:50:36 ID:L/p6iKMn
ここまで内部抗争ばっかやってるスレッドも珍しいな

ROM専連中も職人にSS書いて欲しくないんならここに来るなよ

他人の揚げ足取って叩くのが趣味の糞虫共には何言っても無駄だろうけどな

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 12:59:28 ID:8q8cxS6I
お前のそういう発言も荒れるもとなのがわかんねーのか

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 13:18:51 ID:xniC7GnD
>>85より>>86みたいな奴の方が自重すべき
わがまま過ぎるから荒れるんだよ
不満を耐えることもできないガキはこのスレから出て行け

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 13:25:54 ID:JJzMRADh
誰それが気に入らないだのオリキャラがどうだのって因縁つけて
スレ潰したい夏厨だろ
放置しる

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 15:52:36 ID:Eijg6EWf
こういった事になるからオリキャラは使わない方がいいんだよな

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 19:39:11 ID:yq9MvD+A
我ROM専ハ職人ヲ待ツノミ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 20:16:21 ID:LqUBpKsR
>>88
文句も出ないでGJだけのスレも酷いけどな

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 21:05:39 ID:SDr8qtXQ
GJ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 21:14:50 ID:2nR9knIi
しかし文句を言えば荒れる
職人のオナニースレで何が悪い
それだけでスレが安泰して作品が見れるなら十分だろ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 22:03:37 ID:PXUc7L+N
オリキャラなのに全然文句言われないバードの溶け込み方はスゲェ

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 23:21:28 ID:SDr8qtXQ
音夢タンのSSキボン

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 01:14:47 ID:+Q9W/Ca8
保管庫に一杯あるぞ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 02:58:45 ID:NbpUe1PW
>>94
言われて初めてオリキャラだと知ったよ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 04:08:24 ID:epYDOe6C
バードや白河アスカはそれぞれことりやシンがベースだしね。
白河アスカに至ってはただの女装だし。

>>91
確かに。でもここの現状ってさ批評というより
ただの罵倒じゃね?

全ては>>88の言うとおりだと思うんだが…。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 09:31:39 ID:WL0k0I/U
ベースがあるからオリキャラじゃないというのはおかしいとおも

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 09:56:42 ID:T7cUJb5Z
西川やロボことりはオリキャラというか一発ネタキャラ


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:07:56 ID:OEXcd0HT
ちんちん

102 :陽炎:2006/08/11(金) 15:04:15 ID:zNbhjq+A
八月十四日
夏の日差しの中・・僕は目が覚めた・・
木で出来た天井が上に広がっている・・。見慣れた・・という感じがしない・・
これをどうやら僕はこれをあまり見たことがないらしい・・。
なら僕は・・外国の人なのだろうか・・

環「おはよう御座います。」
考え事をしていると綺麗な声が耳に入る。
胡ノ宮 環さん、たしかそういう名前だったはず・・綺麗な人だな・・
環「昨日はよくお眠りになられましたか?」
ニコル「あ・はい。」
環「よかった。」
ニコル「え?」
環「いえ。不安で眠れなかったらどうしようと思っていたんです。」
ニコル「あ・ありがとうございます。」
環「朝ご飯にしますけど・・食欲はありますか?」
ニコル「は・はい」
環「では顔を洗ってきてください。一緒に食べましょう。」
ニコル「え・あ・ありがとうございます!」
ホント綺麗な人だな。それにすごくいい人だ・・
僕は顔を洗いに洗面所に向かった。

「う・うぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」
僕は目の前に広がる色とりどりの和食を前に箸と格闘していた。
う・うまく持てない・・
環「あ、それはこう持つんですよ。」
そう言って環さんは僕の手にあった箸を正しい形に組みかえる。
その瞬間環さんの手が僕の手に触れた。
う・嬉しいけど恥ずかしい、恥ずかしいけど嬉しい・・
でもやはりすぐに形が崩れてしまってうまく持てない・・な・情けない・・
環「フフ、スプーン持ってきますね。」
いらない負担をかけてしまった。うう・・は・恥ずかしい・・
・・それにしても綺麗だな・・和食って
たしか・・シンセンとかいう神様のお供え物なんだとか、
清楚な雰囲気があってまるで環さんのよう・・って何を考えてるんだ僕は!
でも・・こういうのを見て新鮮に写るということは・・
やはり外国の人間なんだろうか
僕は・・

その後、一通りの仕事を終えた環さんは街で僕を知ってる人を
探すのを手伝ってくれるといった。本当にやさしい人だ。
環「じゃあ神社の方はおまかせしますね。
白河さん。この紙に内容はかいてますから。」
ことり「了解っす」
シン「ああああ、ことりの巫女装束姿・・生きててよかったぁぁぁ」
昨日会ったシンさんとことりさんも協力してくれるらしい。
こんな見ず知らずの僕のためなんかに・・
シン「よし、じゃあ二手に分かれよう。
二時間後にカフェ・アイシャで合流だ。」
環「はい。それじゃあニコルさん、行きましょう。」
ニコル「は・はい。」
どうして・・僕なんかのために・・

環「すいません。この子に見覚えはありませんか?」
「いや、ないな」
環「すいません。アマルフィという名字の方をご存知ですか・」
「いや、知らない」

二時間後


103 :陽炎:2006/08/11(金) 15:05:28 ID:zNbhjq+A

環「全然見つからない・・」
げんなりした表情で環さんはアイシャに足を運んでいった。
虎「おお環ちゃん、いらっしゃい」
環「こんにちはバルトフェルドさん、あら?
今日はイザークさんたちはいらっしゃらないんですか?」
虎「ああ夏休み中だからね。休暇取らせて少し前からプラントに
里帰りしているよ。ん?見ない顔がいるね。」
環「ええ。ちょっと記憶がないらしくて、この子を
知ってる方を探しているんです。」
ニコル「こんにちは。ニコル・アマルフィといいます。」
虎「こんにちは。記憶喪失とは難儀だな、よし!サービスだ。
二人とも無料でいいよ。」
環「そんな。いいんですか?」
虎「気にしない。気にしない。記憶見つかるといいな。」
ニコル「はい!ありがとうございます!」
虎(アマルフィ?・・たしかそんな名字の人間がプラントにいたが・・まさかな・・)
シン「ああ、もう来てたんだ」
環「あ、シンさん。そちらはどうでした。」
シン「いやこっちも収穫なし。」
環「そうですか・・・」
シン「でも心強い助っ人を呼んできたよ。」
環「え?」
杉並「ふっ。噂の記憶喪失少年の記憶を探ることになろうとはな」
環「杉並さん!」
シン「こいつ俺達が聞く前からニコルのことしってたんだよ。」
杉並「非公式新聞部の情報網を甘く見ないでもらおうか。」
シン「まぁそれなら話は早い、コイツのこと調べてくれないか。」
杉並「名前しか手がかりがないのだろう。ずいぶん無責任なことを言うのだな。」
シン「あんただから頼んでるんだ」
環「私からもお願いします!杉並さん!」
杉並「ほう、胡ノ宮嬢までもがこうも積極的になるとは珍しい。
仕方がないな、こうまで頼まれたら断わることなどできんな」
シン「じゃあ!」
杉並「ああ、任せておけ」
環「ありがとうございます!杉並さん!」
シン「やったな!ニコル!」
ニコル「はい!ありがとうございます!」
杉並「ふ・・礼なら胡ノ宮嬢に言うんだな。少年」
ニコル「え・・はい!」
喉を潤した後大きな期待を胸に
僕たちはカフェ・アイシャを後にした。



104 :陽炎:2006/08/11(金) 15:07:21 ID:zNbhjq+A
帰り道、大きな学校の前を通る、風見学園、そう校門には書いてあった。
学校・・僕も・・通っていたんだろうか・・
お盆休みの為、部活をやってる人もいないが
なんだか生徒達の声が聞こえるような気がした・・
ぼうっと校舎を眺めていると
環「学校に興味があるんですか?」
ニコル「え?ええ。」
シン「じゃあ入ってみるか?」
ニコル「え?でも・・」
シン「大丈夫。ここのセキュリティはいい加減だから、
塀を登るんだったらここが楽だよ。ほらここの非常扉がいつも開いてる。」
環「じゃあ失礼します。」
ニコル「え?ええ?!」
結局僕たちは校舎内に入ってしまった。いいのかなぁ。
それにしても環さんがこうも積極的になるとは・・
人間見かけによらない・・
そして僕たちは巫女部と、看板がかけられた教室の中に入った。
ニコル「いいんですか?部室みたいですけど・・」

環「大丈夫です。この巫女部の部長は私なんですよ。」
ニコル「え?!部長なんですか?すごい!やっぱり・・
巫女ってお経とか唱えるんですか?」
シン「え?!」
環「え?い・いえそれはお寺の尼という人がすることです。
巫女とは全然違うんですよ。」
ニコル「そ・そうなんですか・・じゃあサザエやアワビを
海にもぐって取る・・」
シン「ちょwwwwおまwww」
環「そ・それは海女です・・」
シン「こんなボケをされたらさすがの環も同様するよな・・
というか全国の巫女好きを敵に回しているような気がする」
ニコル「え・・す・・すいません・・」

その後、僕は環さんとシンさんの案内で学校を回っていた。
二人が説明するのを聞くのがとても楽しい・・
そしてある教室に入った時、僕の目にある物が飛び込んできた。
・・グランドピアノだ。それを見た途端、僕は心が躍った。
弾いてみたい。そう思ったのだ。
僕は・・ピアノが好きだったのだろうか・・
環「あ、ニコルさん」
すぐさまピアノに走り、恐る恐る椅子に座りカバーを開く。
白黒の鍵盤が並んでいる。だが僕はそれがどれを弾けばどんな音が
でるか分かっていた。
僕の心は早く弾きたくてうずうずしていた。本当に、
僕はピアノが好きなようだ。
ふいに・・頭にひとつの曲が浮かんだ。これを弾こう。そう決めた。
指が鍵盤にふれた途端、指は軽やかに鍵盤を踊っていた。
流麗なメロディが学校に響くのが分かる。


105 :陽炎:2006/08/11(金) 15:09:24 ID:zNbhjq+A
環「ニコルさん!」
シン「ニコル!」
環さん達が慌てて叫んだ。ふいに曲を弾く手を止めてしまった。
環「ニコルさん・・それ・・」
ニコル「ええ・・記憶はまだですが僕はピアノが好きだったみたいです。」
そう言って僕はピアノを再び弾き始めた
ピアノを弾きながら記憶を思い出そうと僕は必死だった、そのせいかピアノを弾く手は
ペースが落ちてしまっているが構わなかった。
記憶・・何かないか・・僕はとにかく必死に思い出そうとしていた。
だが思い出せない・・駄目か・・そう思いかけたとき、ある言葉が浮かんだ。
「母さん・・僕の・・ピアノ・・」
記憶と関連があるのかさえ分からない言葉だが自分が喋った
言葉というのは分かっていた。
母さん?僕には母さんがいたのか・・どんな人なんだろう・・
だが肝心の母さんの顔が思い出せない。
大切な目的とは母さんにピアノを弾いてあげることなんだろうか・・
思い出せないか・・そう思い僕は再び思い出そうとしていた。
母さんの顔を、大切な目的を・・・。
浮かんだ言葉という鎖をひけば繋がった記憶をひっぱりだすのは簡単だった・・だが・・・
いきなり僕の視界は強い光に包まれた。
「?!!」
目の前が開けたとき僕は無機質な機械に囲まれており、
やはり機械的な椅子に座っていた。鍵盤を弾いていた手は
操縦桿を握っていた。
「なんだ・・これ・・」
そう思った次の瞬間目前の機械を突き破り、
正面に巨大なビームが突っ込んできた。
「う・うわああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
まわりの機械が一斉に爆発し・・
そして分かった・・僕の体が・・焼かれ・・蒸発してゆくのを・
「あ・あぁぁああああぁああぁぁああああ!!!!!!!!」
僕は椅子から転げ落ち、頭を抱えのたうちまわった。なんだよ・・これ・・
なんで・・なんで・・こんなものが・・なんで自分が死ぬ光景が見えたんだ!
環「に・ニコルさん!!」
ニコル「あああああ!!!!あああああぁぁあああああああ!!!!!!」
環「ニコルさん!!!ニコルさん!!!」
痛い!頭が痛い!痛い!痛い!痛いぃぃ!!
環「ニコルさぁぁぁぁん!!!!」
ばっ!!
ニコル「!た・環さん?」
気付いたとき、僕は環さんに抱きしめられていた。
環「大丈夫です!大丈夫!ニコルさんに降りかかる苦しみや不幸は全部私が
守って上げます!!!救ってあげます!!!だから・・だから大丈夫です。」


106 :陽炎:2006/08/11(金) 15:10:09 ID:zNbhjq+A
ニコル「環さん・・」
僕は、環さんに抱きしめられると気持ちが落ち着いていた・・
何故か心は安心して不思議と頭痛は消えていた
もう少しこうしていたい・・僕はこう思っていた。
肩に触れる腕、髪に当たる頬、顔に当たる胸・・・ん?胸・・・あぁぁぁ!!!
ニコル「た・環さん・・あの・・その・・む・胸・・」
環「え?あ!きゃあ!」
ニコル「うわ!」
僕は環さんに突き飛ばされ、しりもちをついた。
環「あ!ご・ごめんなさい・・」
ニコル「い・いえ・・あの・・環さん・・」
環「はい?」
ニコル「ありがとう・・」
環「!ニコルさん!」
結局今日は記憶に関することはほとんど得られなかった。
環さんは・・僕が見たものについては何も聞かないでいてくれた。
でもあれは・・あの映像はなんだったんだろう・・
学校を出て神社に帰り、シンさん達と別れたあと、僕は環さんと境内を歩いていた。
ニコル「綺麗な夕焼けですね。」
環「そうですね・・あ、そうだ、夕焼けのよく見える素敵な場所、教えましょうか?」
ニコル「素敵な場所・・ですか?」
環「はい!」
そして僕は環さんに連れられて境内でもひときわ大きい槇の木にやってきました。
環「よいしょっと。」
ニコル「え?登るんですか?」
環「ええ、ニコルさんも早く」
ニコル「は、はい」
ご神木というんでしょうか・・これだけ大きいと登ることに苦労はしませんでした。
ニコル「よっと・・!・・すごい・・夕焼けが・・目の前いっぱいに・・」
環「気に入ってくれましたか?私のお気に入りの場所なんです。」
ニコル「すごいです!環さん!こんな綺麗な場所を知っているなんて!」
環「よかった。ニコルさんには特別ですよ。」
ニコル「・・あの・・聞いても・・いいですか?」
環「?はい」
ニコル「・・どうして・・こんなに・・僕に良くしてくれるんですか・・?」
環「それは・・私も、あなたと同じ事がありましたから・・」


107 :陽炎:2006/08/11(金) 15:12:00 ID:zNbhjq+A
ニコル「え?!」
環「私も幼い時の記憶がないんです・・」
ニコル「え・・あ!御免なさい!僕そんなことしらずに!」
環「いえ、私の場合断片的なものですし記憶がなくても心の支えに
なってくれた方がいましたから。この場所もその方に教えてもらった場所なんです。」
ニコル「心の支えになってくれた方・・」
僕は環さんの表情を見た、おそらく環さんはその人の事が・・好きなんだろう。
環「でもニコルさんはそういう方がいらっしゃらない・・、
すべての記憶を忘れてしまっている、だから私で心を支えることが
出来たらいいなと思ったんです。フフッ。だからでしょうか・・
私自分でも信じられないくらい積極的になってるんですよ。」
・・心の・・支え・・
ニコル「・・・環さん・・僕、記憶が戻ったら・・巫女部のマネージャー、
やらせていただけませんか?」
環「え?マネージャー・・ですか?」
ニコル「はい!僕は男ですから巫女はできませんけど・・忍者にならなれます!」
環「は?に・忍者?ですか?」
ニコル「はい!環さんは巫女ですから!だから記憶が戻ったら今度は
僕が忍者になって環さんを守ります!」
環「そう・・忍者ですか・・フフッ」
ニコル「え・・何かおかしい事言いましたか?」
環「いえ。ニコルさんらしいなって」
ニコル「はぁ・・あ!見てください!雲がトビウオの群れみたいになってますよ!」

僕は、記憶が戻らなくても・・環さんと・・こうして一緒にいられるなら・・
それもいいな。そう思っていました。でも・・無常に進む時間は・・
僕を後悔という名の底なし沼に引きずり込むのでした・・・

     ― その原因が僕だということを僕はまだ・・知らなかった ―



108 :陽炎:2006/08/11(金) 15:31:14 ID:zNbhjq+A
環をアグレッシブにしすぎたぁぁぁぁ
一応理由は書いたとおりなんですけどね・・やりすぎだ・・間違いなくorz
ゲームの環シナリオを組み込みたいとは思うんですけど
アニメ版はどこまですすんでるのか分からないのが痛いです。巫女部あっても
環が巫女力が暴走し、倒れるまで進んだんだろうか・・うーん・・
ちなみにニコルの忍者発言はブリッツからです。ニコルもキャラ崩しすぎた・・orz
ってまたしてもことり分が・・orz
次からはもっとゆっくりねってから書くとします。反省

>>43
うーん、どうなんでしょう。
本心いいますと人がふえたりするならそうしたほうがいいかなと
・・すいません、自分勝手な意見。
皆さんはどう思います?


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 18:15:36 ID:OEXcd0HT
ちんちん

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 19:31:44 ID:XPscawxf
音夢タンのSSキボン

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 21:43:18 ID:SH2V7Ze/
>>シン「ああああ、ことりの巫女装束姿・・生きててよかったぁぁぁ」
シンの壊れっぷりも尋常じゃない、ブラボー。
よくよく考えたら種に於ける総受け天然弟キャラの草分けって
彼じゃんスか!!

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 22:03:43 ID:L4HzE/gB
>>88
オリキャラがNGなのは別にこのスレに限ったことじゃないけどね

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 22:12:45 ID:Bb3APrcd
鬼の首でも取ったがごとくそれを叩いて職人を率先して追い出すのは最近のこのスレぐらいだけどな

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:01:20 ID:OEXcd0HT
ちんちん

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:03:49 ID:QH93v2E1
   |::::::::::::::::::::  :::::::  ::::::::: :: :::  ... :::::: . :::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ;:ヽ 
   !::::::::::::::::::: .:.  .. :::::::::: ::: .::...:::: ::::: : :: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ:i
.  |:::::::::::;:::::::::::::: ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::.:::::::::::;:::lヽ;:::::::::::l:::::::::::::l:::::::::::i,ヽl
   !:::::::::::!::::::::!:::::::::::::::::::::::;!::;i::::::::::::;ィ::;:::::::::::::::::/|:l=''ヘ::::::::::|:::::::::::::l;::::::::::l, ':|
   '!::::::::::|::::::::|::::::::::::::::::::::ハ::!|::::::///|::::::::::::::/ク;;!;=ニ、!:::::::!:;::::::::::::i、:::::::::|  >>113
   ヽ:::::::::l:::::::::l:i::::::::::::::::::!ニl!'l::::/''''ナー!::::::::::ノ〃' l;;;;:ソヘ::::::l::ト、::::::::| ヽ;:;::::!そうだよね。
.   ヽ:::l:::!i::i;::::l:ト;:::::::::::::|;:=イハ/'`i.ヽ. i:::::::; '   ー'"´  }:::;::::l l:::::::::!  'l',l::!僕はこのスレの主人公。おまいらアンチ厨房が僕に敵うはずないだろ。
    ヽ'、::l' !ヽ::'!ヽ:::::::::::|, ゝ;;;;::ィ'' /:::/ ;      i:::l l::! `!:::::|    ゛'! 
     ヾヽ:ヽ、ヽ::::'i、:::::::i´ ̄´   //   ヽ     ハ:! !l  !::::!     
       ヽ:::i、ヾ、::ヽヽ::!     '"    ::::/    / !  '  l::::l     
         ヾ、'、:`ヾ、、゛            _,:. ィ  /!       |:/      
             ヽi、r'ヽ、      `"´-‐'  /  l      '       
              ,i '、 ` ‐ 、_      /   |
           ,. -‐''|  /〉,.r┐"´`゛.  ‐‐'"     ト 、_
       -‐'"    |  !l .| .| l           /'  `ヽ 、
                  ◆hA/Opjl6aY

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:14:54 ID:fRkqcHy6
D.C.S.Gの三巻読んだ。
事故で意識不明になった純一をアイシアは魔法で助ける。
代償に皆の心からアイシアが消えてしまうという話だった。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:18:05 ID:Jtzqwf5O
>>115
死ね、糞AA貼り厨

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:23:20 ID:OEXcd0HT
ちんちん

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 00:03:45 ID:RMwUxted
>>108
ニコルとはまた珍しいキャラですね
まぁもう死亡キャラだし、出し辛いのかな

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 17:23:30 ID:tbA2lqig
>>108
ンニコルゥゥゥゥーーー!!種で散々死亡シーンを使いまわされた彼が救済されるのかな。
ニコルと環の組み合わせもいい味を出してると思う

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 19:31:44 ID:ARax06tb
ちんちん

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 21:42:30 ID:Ce5LkDzt
>>116
助けなくて良かったのに

123 :あの人:2006/08/14(月) 21:06:19 ID:KXaVunZv
>>108
GJです!そして、このあとの展開を想像すると……(涙
巫女部ですが、アイシアがするまでは勝利祈願してなかったみたいです。
予知能力も周りにバレていないようですし、
意外とイベント、進んでいないのかもしれませんね。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 21:07:50 ID:6a+OAPHL
>>108
GJ!
ニコル・・・

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 21:16:58 ID:D2jT72Bw
ちんちん

126 :さいもえ舞台裏:2006/08/14(月) 22:48:26 ID:tVjFq175
ことり「シン君・・私最萌えトーナメントで負けちゃった・・」

シン「うん・・残念だったね・・でもここまでこれただけでもすごいよ。
某東○2のいいんちょと同じところまでいけたんだからさ。」

ことり「そうかな・・そうかもね。」

シン「じゃあ俺ここまでこれたお祝いにアイシャでなにかおごるよ。好きなものたのんでいいから。」

ことり「えー。じゃあねーなにがいいかなー」

アイシア「待ってください!シン!」

さくら「ボク達だって本戦いった身なんだよ!おごるならボク達もおごれー!」

シン「ああもう、分かったよ。おごってやるよ」

さくら「やった-。さすが男さいもえ優勝者―。」

シン「調子いいときだけそういう事ゆうなよ・・」

こ・ア・さ「「「アハハハハハハ」」」

音夢「・・・・・・・」(予選落ち)

キラ「君のす〜がたは〜♪僕に〜似〜ている〜♪」

音夢「ギロ・・」

キラ「御免なさい・・・」


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 22:54:53 ID:1iC8o0wO
>>126
おんむワロス

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 22:59:51 ID:Wvw8TpEL
>>126
眼科に行った方がいいのかもしれない

129 :さいもえ舞台裏:2006/08/14(月) 23:23:56 ID:tVjFq175
GJレスありがとうございます・・ってぇ!
これ書いた後にトーナメント見にいったら
ものすごい間違いしてましたorz
ごめんなさい・・

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/14(月) 23:38:29 ID:XsT4j5GA
最萌厨ウザス

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 00:14:59 ID:mrV3OAUx
ちんちん

132 :陽炎:2006/08/15(火) 23:52:10 ID:K2QKDFfV
八月十五日
「君はこんなところでなにをしているの?」
なんだ・・
「もう時間は半分しか残されていないんだよ?」
時間?何のことだ。
「君のその控えめな願いが仇になるとはね・・」
願い?僕が何を願ったっていうんだ?
「こんな事になるなんてボクだって予想はつかなかったけど」
こんな事?なんなんだ?一体何が言いたいんだ?
「急いだ方がいい・・君の記憶はじきに戻る・・彼らに会えば・・」
なんだ!記憶のことを知ってるのか!彼らって何だ!
「それから・・環ちゃんにはもう関わらないで」
え?
「君が環ちゃんを蝕んでるんだ」
僕が・・?何を・・何を言って・・
「肝に命じておくんだね」
待て!待って・・

・・・さん、ニコルさん、
・・あ・・

環「大丈夫ですか?うなされていたみたいですけれど」
ニコル「あ・環さん・・。だ・大丈夫です・・」
環「そうですか。よかった。」
ニコル(なんだったんだ・・さっきの夢・・夢にしてはなんだか妙に現実味が・・)
環「ニコルさん?」
環はニコルの顔を覗き込んだ、お互いの顔が真近になりニコルはドキッとした。
ニコル「は・はい?」
環「本当に大丈夫ですか?」
ニコル「いや!元気ハツラツですよ!ご心配なく!」
環「そうですか?無理しないで下さいね。朝ご飯にしますけど・・食べれますか?」
ニコル「あ、食べます食べます。今顔洗ってきますから!」
ニコルは慌てて洗面所に向かっていった。

洗面所で顔を洗いながら網膜に焼きついた環の顔をニコルは思い出していた。
思い出すとなぜか胸が苦しくなる・・
どうしたんだろう・・昨日となんだか環さんを見えかたが・・なんだか違う・・
考え事をしていると
環「ニコルさん。早くしないと冷めてしまいますよ。」
ニコル「あ、ごめんなさい。今行きます。」

朝食を食べ終わった後、しばらくしてニコルは町にでて昨日と同じ様に記憶に関する聞き込みをしていた。昨日と違い今日は一人だ。


133 :陽炎:2006/08/15(火) 23:53:49 ID:K2QKDFfV
ニコル「ふー。全然だめだぁ。今日もなんにも手がかりないのかなぁ」
昼に近くなった時間、神社の石段に座り、ニコルはため息をついていた。
環「それじゃあこれから私と一緒にどこか遊びに参りせんか」
ニコル「え?」
ニコルが振り返った先には環が少し上の石段に立っていた。
環「昨日は、少し無理をしたと思いますから、
今日はこれくらいで後は気分転換でもどうかなとおもったんですけど・・
疲れているなら無理は・・」
ニコル(こ・これってまさかデ・デデデデート?!)「いやいやいや!行きます行きます!」
環「それじゃあ、どこへ行きたいですか?」
ニコル「え?えっと・・あ・・環さんはリクエストとかありますか?」
環「私・・ですか?えっと・・あ、活動写真を。」
ニコル「か・かつどうしゃしん?」
環「はい。あ・・映画のことです。」
ニコル「ああ、映画ですか。ええ。是非行きたいです。すぐに行きましょう。」
環さんと映画。ニコルは心が躍った。
環「あ、でも上映時間はまだちょっと早いみたいです。」
ニコル「え?・・そ・そうなんですか・・」
環「あ、そうです!それじゃあですね。」
環は思いついた様に手をたたきニコルの手を引いていった。
ニコル「た・環さん?!手!手!手ぇぇぇぇ!!!」

環が向かった先は風見学園の生徒ご用達喫茶店、「花より団子」に来ていた。
実はカフェ・アイシャとはライバル店だったりする。
ニコル「喫茶店・・ですか?アイシャとは随分
雰囲気が違うみたいですけど・・」
店の雰囲気は和風で統一されており、
喫茶店というよりは茶店といった感じだった。
環「たまにはここもいいかな。と思いまして。」
程なくして注文したコーヒーが出てきた。
ニコル「コ・コーヒーが湯飲みに入ってる・・」
屋外の座席で意外な組み合わせに戸惑いつつもコーヒーをのんでいると


134 :陽炎:2006/08/15(火) 23:55:42 ID:K2QKDFfV
純一「お、環じゃないか。」
環「あら、朝倉様」
ニコル(朝倉・・様?)
店の外から純一が声をかけてきた。
純一「珍しいな。こんなところにいるなんて。」
環「はい。今日は気分転換に。」
純一「へぇ。ああ、その子がシンの言っていた・・」
ニコル「こんにちは・・ニコル・アマルフィといいます・・」
環さんが彼を見る雰囲気がなんだか分かる・・昨日言っていた人ってこの人か・・
ニコルはそんなことを考えていた
純一「こんにちは。記憶早く見つかるといいな。」
ニコル「ええ・・」
ニコルは微妙に純一に嫉妬していた。自分でもこうすることが
みっともないとはわかっていながらだが。
純一「でも今の環ってなんかびっくりするくらいイメージ違うよなぁ」
環「はい?そうですか?」
純一「ああ、なんだかいつもより楽しそうに見えるよ。
実はそっくりな双子ってオチじゃない?」
環「いえ。そんなことは。」
純一「いやそんな真顔で返さないでくれ・・っとそうだニコル」
ニコル「はい?」
純一「環とは仲良くしてやってくれ。」
ニコル「え?」
環「大丈夫です朝倉様。ニコルさんとはとても仲がいいんですよ。」
純一「そうか。良かった。じゃあ俺は音夢から買い物
頼まれてるからもう行くわ。じゃ」
環「はい朝倉様。では」
環が純一を見送る中ニコルは考えていた。
(環さんの答え方・・友達として・・だよな・・だとしたら・・僕は・・)
環「ニコルさん?」
ニコル「あ!はい。」
環「上映時間はもうすぐですよ。そろそろ参りましょう。」
ニコル「は・はい。」



ことり「あ、杉並君いらっしゃい。」
杉並「うむ、シン、白河嬢、ちょっといいか」
シン「あ、杉並、どうしたんだ。いつになく真面目な顔して」
杉並「うむ・・実はあの記憶喪失少年についてだが・・」
ことり「ニコル君についてなにか分かったんですか?」
杉並「ああ、さすがの俺もこのミステリーには少々驚いたぞ」
シン「?どういうことだ?」
杉並「うむ、あの少年・・実はな・・」


135 :陽炎:2006/08/15(火) 23:58:34 ID:K2QKDFfV


ニコル「環さん、大丈夫ですか?顔色があまりよくないですよ。」
映画を見終わった後、環とニコルはカフェ・アイシャで
休憩をかねて次はどこにいくか話をしていた。が、
映画の終わってからどうも環の顔色が良くない・・
環「ああ、大丈夫です。少し頭痛がするくらいですから。」
ニコル「え!そんな!早く神社に帰って休んだほうがいいですよ!」
環「いえ大丈夫です。少し休めばよくなります。」
ニコル「いえ!神社に帰りましょう!」
環「でも・・」
ニコル「環さんには無理してほしく無いんです!」
環「ニコルさん・・」
虎「いいねぇ。若いって」

そして店に若者三人が入ってきた。
アスラン「たまにはプラントに帰るのもいいな。」
ディアッカ「そうだな。家族にこっちの生活をネタに
話したりするのも結構楽しかったな」
イザーク「うむ、母上も喜んでくれたぞ。」
ディアッカ「おーい、店ちょー、今もど・・・」

その瞬間・・三人の時間は凍りついた。なぜなら・・目の前に・・・

アスラン「お・・お前・・」
ディアッカ「嘘・・だろ・・?」
イザーク「なんで・・・・ここに・・?」
ニコル「な・なんですか?・・あなたたちは・・」
アスラン「お前・・ニコル・・なのか・・?」
ニコル「え。確かに僕はニコルですけど・・あなたたちは?」
なんだか・・以前会ったようなきがする・・そう思った瞬間。
ビキッ
うあ!また!痛い!頭が痛い!
ニコルは昨日と比較にならない程の頭痛に襲われその場にうずくまった。
なんだ?!この人たちに会った途端に!
虎「おい!どうした!大丈夫か!」
環「ニコルさん!」
ニコル「うあああ!ああぁぁぁぁぁぁああぁ!!!!!」
ニコルは頭を抱え、脱兎の様にカフェ・アイシャを飛び出していった。
環「なんなんです一体?!ニコルさんの何を知ってるんですか!」
環は珍しく口調を荒くし、三人を睨んだ。
普通では絶対こんな環は見られないだろう。
イザーク「落ち着け・・俺たちだって・・今までにない位混乱している」
環「どういう事なんですか?ニコルさんを知ってるという事ですよね。
説明してください。」
ディアッカ「落ち着けよ!環!俺たちだって・・
俺たちだってわけが分からないんだ!」
イザーク「本当に・・ニコルだと言うのか・・」
環「ですから!説明して下さい!」
アスラン「あいつは・・ニコルは・・」




136 :陽炎:2006/08/16(水) 00:00:50 ID:fu+uzHRw
シン「う・・嘘だろ」
杉並「俺も何度そのフレーズを思い浮かべたか・・」
ことり「何かの・・間違いだよ・・ね・・!」
杉並「非公式新聞部の情報網を甘く見るな、と、言いたいところだが実際俺もお前と同じセリフを吐きながら何度も調べなおした・・。だが全てが同じ結論にたどり着いた。」
シン「いやでもアイツは!実際に俺たちの目の前に現れたんだぞ!しかも日の下でも平気だった!香澄の時とはあれはあきらかに違う!ホントは生きていたって事じゃないのか?!」
香澄「あれ。その写真ニコル先輩じゃない。先輩がどうかしたの?」
シン「香澄?ニコル・・先輩って・・どういうことだ・・?」
香澄「?先輩は先輩よ。あたしが死んだ後の、もともとおとなしくてあまり目立たなかったけど、あ、そういえばここ2・3日姿見てないわね。どうしたんだろ。」
シン「じゃあ・・本当に・・杉並、環には・・話すのか・・?」
杉並「いや、その前にアスラン達に話したほうがいいだろう。胡ノ宮嬢にはそのあとに慎重に話したほうがいい・・胡ノ宮嬢はニコルに随分入れ込んでたみたいだからな。」
ことり「そうだよね・・三人とも今日プラントから帰ってくるはずだから、探してニコル君のことを話そう。」
シン「ああ。」
香澄「なになに?先輩が何よ?アタシを置いてくなー!」



環「・・・う・・嘘・・です・・・。嘘です・・。嘘ですよ・・!」
虎「なるほど・・だとしたら彼はユーリ・アマルフィの息子か・・」


環は心の中でニコルが正体が認められないと同時に
どこか納得していた。
これであの事を説明できる。彼の・・ニコルの未来を感じる事が出来なかった事が・・
簡単な事だ。だって彼はそうなった・・そうなった人間は未来なんてない。
でもおかしい。環は巫女だ。そうなった人間なら存在を感じる事ができるはずなのに・・
ニコルからはそんな物感じなかった。
だが環はそんな風に分析している自分が許せなかった。

環「わ・私は・・巫女なんです・・彼が・・彼が・・だったら・・私には・・私には分かるはずです!」
イザーク「俺たちには巫女の力は分からない・・だが・・これは疑いようの無い事実だ・・・
アイツが・・ニコルが・・・」

          − モウ、シンデイルトイウコトハ −


137 :陽炎:2006/08/16(水) 00:02:59 ID:fu+uzHRw


環「ニコルさんを・・探さなきゃ」
環はカフェ・アイシャを出ようとした、しかし・・
ガクッ
イザーク「おい!大丈夫か?!」
環は力なくその場にへたり込んだ。
環「だ・大丈夫です。」
イザーク「本当か?顔色が明らかに悪いぞ」
環「平気です。ニコルさんを探さなければ・・」
ディアッカ「おいおい。ムリするなよ、ここは俺達に任せてお前は・・」
環「平気です!」
ディアッカ「環・・お前・・」
イザーク「ふん!行くぞ。時間が惜しい。」
環「イザークさん・・」
イザーク「万が一倒れでもしたら無理にでも休んでもらうからな。」
環「はい!」

ニコル=アマルフィ
生年月日:コズミック・イラ56年3月1日、
星座:魚座、
血液型:B型 
没年月日:コズミック・イラ71年4月15日、
享年:15歳・・・


138 :陽炎:2006/08/16(水) 00:04:27 ID:fu+uzHRw
あの人さん、アドバイス及び、GJレスありがとうございます。
そして皆さんコメント及びGJレスありがとうございます。
環の勢いはこのまま続きます。少しは前より抑えているつもり・・
なんですけど・・むしろ勢い増してる・・・orz

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 00:08:25 ID:O4q9wnjO
ちんちん

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 04:21:11 ID:ZxNf2X23
音夢タンのSSキボン

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 06:26:59 ID:wMc3AJe3
夏の桜の後編マダー?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 07:16:00 ID:9S0kUXUA
>>141
常駐するコテが寄生してるスレは全部自演スレだよ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 08:00:32 ID:EDMyXgJI
>>138
GJ!
遂にニコルの正体が判明したか・・・

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 09:39:36 ID:eq5hE8gK
うんめいのなく頃にやシン主人公編の続きが見たい

>>138
GJ!ね。現世に表れたのが二コルだったのがまだマシだったかも。
もしこの世に現れたのがトダカとかオクレ兄さんで、
一同と仲良くなりかけたところで実はシンにヌッコロされていたことがバレたら
そうとうキナ臭い展開になっただろうし

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 12:12:41 ID:AQcyxPwC
ちんちん

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 19:32:03 ID:n4AhGnoR
>>142
スレッドを潰す為のネタを必死で探している
ゴミ共が床下に終始寄生してる糞スレだしな


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 20:19:07 ID:pu9DTghT
>>142>>146も両方糞だろうが、荒れるような書き込みしかしないで
ttp://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20060816201740.jpg


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 20:24:14 ID:aqfc06Ca
ちんちん

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 22:09:55 ID:K7IzvwbN
ちんちん

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 22:54:59 ID:aqfc06Ca
まねすんな  ちんちん

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 10:03:10 ID:Z+6xz1mw
>>148->>150
叩くネタの無くなった楓スレ住人達が遂に壊れたか

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 10:21:49 ID:IRLOjUB/
ちんちん

153 :あの人:2006/08/17(木) 16:49:32 ID:5OEyZOmq
どうやら、さくらが一枚噛んでいるようですね……
記憶が戻りそうなニコル、衰弱していく環……どうなる、次回?!
期待しつつGJ!


154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 23:01:59 ID:ar/m0aA5
ちんちん?

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 01:43:05 ID:qzTuUJmg
ちんちん

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 09:11:28 ID:WVvs1Oue
DC第二期を作るように指示した会社が出した指定は
1.音夢と純一の結婚ENDにしろ
2.終盤はさくらとアイシアの話にしろ
とのこと。後は好きにして構わん。だっけ?つまり
ことりが物語に絡む余地など最初から無かったのだがそれでもことりの時
だけ作画を綺麗にしたりと出来る限り出番を増やしまくった結果があの変
なストーリーだということだったそうな。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 16:10:29 ID:nWJFQ8G/
それでもスタッフの能力次第でもっとマシな出来になったはず

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 17:45:20 ID:XVdMiGTd
すれ違い

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:48:11 ID:7LSbucOA
すれ違い 交錯する運命



は加速する!

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 21:48:48 ID:622A9Qta
ちんちん

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 17:36:25 ID:hFkpUfn5
SSキボン

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 18:00:15 ID:UxW/Wq9P
音夢タンのSSキボン

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 14:29:19 ID:QVsEVaYC
>>144
トダカやスティングがシンに殺されたでシンの家族が
キラではなく戦争に殺されたというのも変な話だな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 21:17:23 ID:ZUVgCJjk
ちんちん

165 :痔エッジ#:2006/08/21(月) 02:44:03 ID:E4WN8k3g
すごい久しぶりに痔エッジです。>>162さん、ごめんなさい

「ハァー」
眞子は大きな溜め息をつき、ビタンとテーブルに突っ伏した。
「眞子どうしたんですか?」
アイシアがいつも通りのウェイトレス姿で声をかける、昼下がりのカフェ・アイシャ、
差し込む日差しは斜め上から二人を照らし、落ち着いた店内のゆったりとした時間を演出していた。
「眞子さん、それより部活じゃないんですか」
カウンターの中から、大人っぽい女性(アイシアのような、女の子、ではない)が眞子に聞いた。
「あぁ、シホさん、ディアッカが言ってなかった?お盆が大会だったせいで、今の時期から休みなの」
「そういえば今日も、ディアッカいませんね」
アイシアが無邪気なことを言った。
「ハァー」
眞子の溜め息は一向に止まない。いつまでも続きそうな溜め息に、二人は思わず顔を見合わせた。

「俺さ、夏は暇がないから、多分。でもお前は折角の夏休みだ、朝倉とシンたちにでも加わってどっかいけよな。」
そう言われたのは七月の終わりごろである。いきなりの電話で、やけに歯切れ悪くそう告げたディアッカは、
それだけ言うと「おやすみ」と電話を切った。
「あぁ、何なのかしらね。せめてもう少し何かあっても良いんじゃない?私はあの馬鹿のなんなわけ」
そのまま夏休みの三分の二が過ぎたわけだ。あぁ、と髪をかきむしる様はなかなかに様になっている。
まるで締め切りに苦しむ小説家か何かだ。

カラン、とドアが開き。いつもの5人が入ってきた。眞子を見つけた音夢が近づいていく。
「あぁー!もうやってらんない!」
あまりにも周囲に気が行ってない眞子を見て、音夢も一瞬たじろいだ。
「ちょっと眞子、何してるのよ?」
声をかけられてから気がついたのか、5人のほうを向き気まずそうに口を開いた。
「見てた?」
「眞子、実家が医者なら楽なもんだろ?治療くらい」
「水越、お前まで頭が」
「後輩の、女の子、から人気なくすぞ」
三者三様の返答に、すかさず拳が飛ぶ。
「グハ!」「ドゥハ!」「グァ!」
コーディネーターですら逃れられない一撃で、三人ともあっけなく黙らされる。
「シン君、まだ病気だと決まったわけじゃ、違う、失礼でしょ。私そんな教育した覚えないんだけどな」
「兄さん、デリカシーがなさ過ぎます」


166 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 02:50:39 ID:E4WN8k3g
とり付け間違った、はずかしー


テーブルに着いた6人はそれぞれに注文を継げた。
「で、眞子、何があったの?」
親友の代表として音夢が訊いた。眞子は仕方なさそうに口を開く。
「ディアッカの馬鹿がね、夏休みまったく連絡してこないの。何なのよ!」
やや、いや、かなりとげのある口調で一息に答えた。思わず全員の口が開いたままで固まった。
ディアッカと眞子の二人は、なんだかんだ言っても校内ではそれなりに認められたカップルだ。
音夢と純一の次くらいには有名と言ってもいいだろう。なにせ、片や高校生ではそれなり以上の
レベルにあるフルート奏者、片やMSパイロットなのだ。そんな二人が…。
「「倦怠期!」」声をそろえるシンとことり
「どうみたって倦怠期なんじゃない」とやんわりとさとす音夢
「あいつの周りにはシホ嬢はじめ、素晴らしい女性が多いからな、気をつけろ水越」
頭の悪い煽りを吐く杉並は、眞子手ずから粛清された。

「しかし、だ」杉並は懲りずに続けた。
「よく考えてみろ。朝倉を始め、ギャルゲー主人公には、へたれ、ここぞに強い、
変に優しい、周りには女性が多い、良き男友達に恵まれる、という条件が必要だ。
よい例が朝倉、へたれだが、Uでは自ら犠牲になっているし、女性には優しい、俺という良き親友までいる」
杉並はアイスコーヒーで一休みして先を続けた。
「で、だ。ディアッカはどうだ。まず、へたれ」
「文句なし、っすねさすがシン君の先輩っす」うれしそうにことりが答えた。
「そして、ここぞに強い」
「そりゃあ、一応あれでも元赤服だもんなぁ」シンがことりに促され、しぶしぶと答えた。
「変にやさしく、周りに女性が多い」
「ディアッカは意外とやさしいです!イザークもやさしいです!」アイシアがニコニコと答えた。
「後輩には人気みたいですね」音夢が心底意外そうにつぶやいた。
「そして、良き男友達だが」そういうと、カウンターで仕事をこなしているイザークを指差した。
「あの馬鹿め!人に仕事を任せて!いったいどこに行っている!」
「そうだ、イザークだ」



167 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 02:52:26 ID:E4WN8k3g
「ということで、あいつはフラグを立たせる性質の持ち主なのだ」
杉並は、キッと眞子に向き直った。
「そこで水越!お前、数々のヒロインからメインになる魅力があると思うか!」
「えぇ!な、なによ急に!」
「たとえばだ!エロ萌えの白河!妹属性の朝倉妹!おっとり巨乳の水越姉!
元気な後輩の天枷!お嬢様の鷺澤や月島!巫女の胡ノ宮!男装の工藤!さぁどうだ!水越!」
杉並はテンションに任せて眞子を指差した。眞子ははっと気がついて、うつむいている。
「むぅ、何ですか!エロ萌えって!まぁ、水越さん、気にすることないよ」
「眞子、眞子には眞子の良さがあるって、ディアッカもわかってるから」
ことりと音夢がフォローするものの、眞子はうつむいたままだ。
そのとき、またカランとドアベルがなり、金髪の少女が入ってきた。
「こんにちわー!あっ!みんな集まってたんだ!」
さくらがうれしそうに6人のテーブルに近寄ってくる。そして、うつむいた眞子を見つけ近寄った。
「あれ、眞子ちゃんどうしたの?ひょっとして、ディアッカのこと、かな」
「えぇ!いや、まぁ…」
驚く眞子を尻目に、さくらは続けた。
「ボクは魔法使いだからわかっちゃうんだ。心配なんだね、でも昨日泊まりに来たときは元気そうだったよ?
寝かせてくれなかったくらいだし、なんちゃって、にゃはは」
一瞬の沈黙の後、杉並以外の全員が口に含んでいたものを吹く勢いで驚いた。
「えぇ!さくら!あなた、まさかディアッカと?」
「さくら、お前ディアッカと」
「兄さん、それ以上言わないで、想像したくないです」
「ひどいな音夢ちゃん、お兄ちゃん、そんなんじゃないよ。ディアッカが補修に出られなかったから
一晩ですべて終わらせたい本人から頼まれたんだよ。急いでるみたいで、朝早くに出かけていったよ?」
「そうですよね、まさか芳乃先生となんてねぇ」
「おどろかすなよ、さくら!」
「お前たち、甘い、甘いぞ!夜!ロリっこ!教師!補修!これらのキーワードから浮かんでくるものはなんdぐはぁ!」
音夢、ことりからの殺意のこもった視線と、眞子のゴッドフィンガーで杉並はまたも黙らされた。

「で、眞子ちゃんはディアッカ君にかまってほしいんだ」
「芳乃先生、もっと言い方が」
「な、別にそんなわけじゃないです!ただ、連絡がないと心配で」
うろたえつつも、認めようとしない眞子を全員がニヤニヤと見つめた。
「眞子、もう少し素直になってもいいんじゃないの」
「お前がそれを言うか音夢!」
「何かおっしゃいました?兄さん?おほほ、私ったら、どうして暑いのに、辞書なんか持ち歩いているのかしら」
「眞子、別にバレバレなんだからはっきりしたほうが、かえっていいんじゃないのか?」
「シン君!それでも、男の子から気がついてほしいものなんです!そうだというのにきみはぁ!」
「ことり、どうして例の変態さんのマネなんか…」
「気分っす!シン君も修行が足りないね」
眞子はまた、うつむいた。
「そういえば、あいつも私も、まだはっきり言ってないんだ…」
「そこでだ、水越、今度の初音島花火大会でミス初音島コンテストがある。それに参加しないか?」
「はぁ?どうして、そうなるわけ?納得のいく説明を」
「あぁ、コンテストでステージから告白!ですね!」
「よくわかったな、白河嬢!そうだ!コンテストの自己PRの時にそれをやればいい!」
「あんたねぇ、私がそんなことできるわけないでしょ!」
「そうか、残念だったな水越、D.C.S.V.でお前にルートがないことの理由、よくわかったぞ」
「うぅ、わ、わかったわ!やってやろうじゃない!でも、水着は着ないわよ」
「簡単だ!もっといい考えがある!」

168 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 02:54:44 ID:E4WN8k3g
コンテストを明日に控えた金曜の夜、眞子は部屋で明日の支度をしていると、携帯が鳴った。
表示を見ると、ディアッカからだ。
「もしもし、ディアッカ?」
「あぁ、眞子、久しぶりだな。連絡できなくて悪かったな、えぇ、っと、その時間あるか?少し話したいことが」
「私も、あんたに言わなきゃいけないことがあるのよ」
「そうか、じゃあ、お前から」
「だめ!あっ、あんたから言って」
「そうか、じゃあ…。明日、なんだけどよ、花火見に行かないか?」
「え、ええぇ、うん!」
「そっか、じゃあ、お前の言いたい事って?」
「明日、なんだけどさ、その、待ち合わせの前にミスコンの会場に来てほしいんだけど…」
「あぁ?マジか?」
「そうなの、知り合いが出るんで応援に」
「わかった、それぐらい良いけどよ。でも、良いのか?お前、俺がほかの女見てると怒るじゃねぇか」
「あ、明日は特別!とにかく、来てね!時間は、5時くらいだから!あ、あたし少し遅れるかもしれない
けど!その場で待ってて!じゃね!」
「あ、おい!」
ディアッカが何か言う前に眞子は黙って電話を切った。

そう、あいつはいつもほかの女の子を見てる。
いつも、私だけは見てない。
いつも、私以外のかわいい子を見てる。
キスはした。でも、それだけ。
自分でもわかってる。かわいくないって。
でも、こんなに想ってるのに、誰かとあいつが結ばれるなんていやだ。
だから、きちんと伝えないと。

「明日かぁ、ふぅ、寝よ!」
眞子は目を閉じた。


169 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 02:56:35 ID:E4WN8k3g
「では、エントリーした皆さんをご紹介します!」
「2番!白河ことりさん!」「4番!朝倉音夢さん!」「5番!アイシアちゃん!」
「そして、6番!水越眞子さん!」
眞子たちがステージに上がると、大きな歓声が響いた。ことりは白基調のセパレートの水着にパレオ、
音夢は胸が少し開いたウェディングドレス、アイシアはカフェの制服のメイド服、
そして眞子は夏らしいさくら色の浴衣である。
「うわ、ことり、あんな水着を!」
「音夢のやつ、いくらドレスが着たいからって、ウェディングドレス着なくてもいいだろう」
そんな二人の呟きに、付近の男性から視線が刺さる。
「な、なんですか?」「いや、親族だからその」
「まったく二人とも、周りの期待に答えるのは、義務というものだろう」
杉並は飄々としている。
「しかし、水越、あれほどあの浴衣が似合うとはな」
「あぁ、眞子って意外と女っぽいな」
「朝倉、妹にだけは聞かれるなよ」
「純一、殺されるぞ」
「水越姉妹があんなに完璧な着付けをできるとは、さすがは名家だ」
そんな三人に、後ろから近づいていく金髪の男が一人、ディアッカである。
「おい!どういうことだよ!眞子に、知り合いが出るって聞いて来てみりゃ、ありゃ本人じゃねぇか!」
「ようディアッカ」「遅いぞディアッカ」「ああ、ディアッカさん」
「そんなんじゃなく!俺は聞いてないっての」
「だがしかしな、お前の彼女でもないのに、なんでそこまで」
「眞子のやつ、お前が連絡しないから気にしてたぞ」
「ディアッカさん!あんたって人は!少しは気を使ってくださいよ!」
三人からの攻勢に、思わずたじろいだ。
「いや、そりゃあそうだがよ」
「おっ、自己PRが始まるぞ!」


170 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 02:58:01 ID:E4WN8k3g
その時、初音島上空から進入してくる気体があった。
「フッ!ことりタンの水着か、音夢タンのドレスか、いずれにしても不足はない!」
仮面の男、ラウであった。機体を高速で飛行させつつ、的確に花火大会の会場に近づけていく。
テロ対策で配備されていた天枷研究所の機体には、バードとミハルが搭乗していた。
「バード、あの機体って!」
「この感じ!間違いない!変態仮面、ラウ・ル・クルーゼ!」
「君たち二人の漫才は好きだったがね!だが!世界はともかく、私は脱がない18禁ゲーキャラにやさしくはない!」
一撃で二機を無力化させ、何事もなかったかのようにコンテスト会場に着陸した。

「なんだ!」
「あの機体は!確か!」
シンとディアッカはいきなり現れたモビルスーツを判別しようと特徴を探った。
「手はずどおりか、朝倉、ここは下がったほうがいい!」気になる一言を残し、杉並は軽やかに非難した。
「シン、急げ!ディアッカも!」純一もその後に続いた。
降り立ったモビルスーツは、コンテスト出場者をその手に捕らえて、飛び上がろうとしていた。
その時、背後の山から飛来したザクが、プロビデンスを羽交い絞めにした。
「ディアッカ、シン!貴様たち、それでも軍人か!とっとと機体に乗れ!」
見ると、海岸にトレーラーが止まっている。
「イザークだけじゃやばい!行くぞ!シン!」
「はい!」


171 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:02:05 ID:E4WN8k3g
デスティニーとガナーザクの出現に、さすがのクルーゼもたじろいだ。
「まだ邪魔するかぁ!」
両腕に抱えた人質たちがいるため、どちらも有効な手が打てないが、時間はクルーゼの味方ではなかった。
しかし、東の空から、もう一機のモビルスーツが飛来してくるのを、レーダーが捉えた。
「これは、ストライクフリーダム、フッ!これで私の勝ちだな!」
「こちらストライクフリーダムのパイロット、キラ・ヤマト、ザフトのモビルスーツに告ぐ、そこから離れてください」
「あんたって人はぁぁっぁぁ!」
「あのパイロット、また貴様かぁ」
シンとイザークは、ストライクフリーダムの出現に冷静さを欠いていた。
「僕は、僕は今萌えてるんだ!女王様気取りのラクスがいやで、今萌えてるんだ!そんなのより、
ことりタンや音夢タンやアイシアのが良いんだよ!
なのに、君たちがそれを邪魔するというなら!僕は君たちを撃つ!」
「キラ・ヤマト!まさか貴様と共闘する日が来ようとはな!」
「クルーゼさん!援護します!早く下がって!」
シンとイザークは、攻撃目標をストライクフリーダムに変更した。
「また大事な人を奪うのか!あんたって人はぁ!」
「ここまで来て人攫いとは!語るに落ちたな!ストライクゥゥゥ!」
「それでも!ラクスだけが!僕の運命の人じゃないはずだ!」
悲壮な叫びを上げながら、キラはバックパックを展開した。
「当たれぇぇぇぇ!」

乱戦を避け、ディアッカはクルーゼを追った。クルーゼの乗るプロビデンスは、早くも戦域から離脱を試みている。
「ここまで撤退すれば、いくら彼らでも追ってこれまい。キラ君には感謝しないとな」
「ふざけんなよ、クルーゼ隊長!」
「ディアッカ、久しぶりだな!そうか君も追手の一人か、ならばここで倒させてもらう!」
クルーゼはドラグーンを発射し、ディアッカを迎撃した。いかに元赤服といえども、この一撃は回避できない。
瞬く間にディアッカは進退窮まった。
「ふははは!最高だな、初音島は!」
「な、何!」
「この島の住人たちとD.C.の世界のことさ!」
「何が言いてぇ!」
「人よりかわいく、人よりきれいに、人より萌える!」
「はぁ?」
「FDをつくり、コンシューマー化し、アニメを作って、オタを食い尽くす!
すでに遅いさ!ディアッカ!私は曲芸信者さ!だから知る!
D.C.Uも結局D.C.の焼き直しに過ぎない、元祖キャラで事足りるとなぁぁ!」
「それでも!眞子だけは渡さねぇ!」
ガナーパックに残った最後のエネルギーを、チャージする。
ドラグーンの隙を突き、人質を殺さないように、頭部の制御系だけを狙い、照準する。


172 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:04:29 ID:E4WN8k3g
落下していくプロビデンスから眞子たちを引き上げ、初音島に引き返していくと、もうひとつの戦闘が見えた。
イザークはこちらに近づいてきて一言、「あいつら、私怨で戦っているだけだ、付き合いきれん。
人質は回収したんだし、戻るぞ!」と天枷研究所に通信を入れた。

「あんたが奪ったんだ!俺の主役の座を!」
「僕だって!嫌だったさ!僕はまだ普通のお姫様のラクスとオーブでのんびりしてたかったのに!
しかもホモ疑惑まで!そんなのより、どうせならかわいくて胸がある女の子とにゃんにゃんしたいんだぁ!」
「あんたって人はぁぁ!だからって、他人の大切な人を渡せるもんかぁ!」
「やめてよね!性欲をもてあました僕に君が敵う訳ないだろ!」
二機は戦いながらも初音島から離れていく。


研究所に着陸し眞子たちを降ろすと、ディアッカはコックピットから出て、眞子に近づいた。
「おい、大丈夫か」
「う、うん。まぁね」
さすがに少し疲れたのか、それとも安心したのか、普段には珍しく眞子はディアッカに少しだけ体を預けていた。
「おい、しっかりしろ」
「それより、花火、見られなかったわね。あ、あんたと見たかったのに」
ディアッカは少しだけ考えた。実行に移すなら今だろう。
「オーケー、今から見に行くか」
「え、ちょ、ちょっと、そんなこと」
「いいから、見たいか見たくないか」
「み、見たいわ」
「じゃあ行くぞ」
そういうと、整備員に何か話しかけ、頭を下げて頼み込んでいた。
3分ほどで許可が出たのだろう、眞子の手をとりコックピットに上がった。

173 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:06:38 ID:E4WN8k3g
初音島の突端の岬にザクを着陸させ、ディアッカはレーダーを確認した。
「花火の仕掛けの付近に人はいないな。まぁ、艀においてあるだけの無線点火式だろうな。
よし、ライフルの出力は最低値、照準オーケー、オートモードにセットして、と。眞子、降りるぞ」
「ど、どこ行くのよ」
「今から花火見せてやるから。ここじゃつまらないだろ、浜まで降りるんだよ」
「えぇ、でも、私浴衣で草履だし」
ディアッカはハッと気がついた。
職業軍人である彼は、集中力はそれなりにある。
だから今までは意識の外においていた。
だが、今改めて文字盤の灯りで浮かんでいる眞子は、ものすごくきれいだった。
もとより、浴衣、などというものになじみはない。
純和風の彼女は、いつもの勝気なイメージなど吹き飛ばすほどに魅力的だった。
それに気がつくと、もう意識の外に出すなど無理だった。
はだけた胸元や、かわいらしく塗られた足の爪が余計に視線に入ってくる。
ディアッカは、何とかそれでも平静を保とうと努力した。

「う、そ、そんときゃ俺が負ぶってやる。それか、裸足になればいい」
そんなディアッカの様子に、眞子も自分がどんな状態に居るか気がついてしまう。
初めて入ったコックピットは狭く、肩が触れ合うどころかディアッカのひざに座るような状態だ。
モビルスーツのGで鍛えられているのか、意外と胸板が厚いのがわかる。
そして、自分の胸元が相手に見下ろされる位置に居ることも…。
眞子は何も言わずに襟を合わせると、少し小さな声で「う、うん」と答えた。
「行くぞ」
二人は手をつなぎ、浜までの道を歩いた。眞子は何も言わず、黙って手を引かれている。あたりに虫の声が少しして、月が出ている。
「大丈夫か」
「うん、平気」
それだけ呟き、また少しだけ歩いた。程なく、誰も居ない浜に降りることができた


174 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:10:11 ID:E4WN8k3g
転がっている大きな流木に並んで腰掛、静かに空を見上げた。
ディアッカは時計をみて、「後少しかかるかな」と呟いた。
沈黙に耐え切れなくなったディアッカが口を開いた。
「そういや、お前、なんでまたミスコンなんかに」
「うん、その、見せたい相手が居たから」
「そうかよ、まぁ、かわいかったけど」
「えっ!何言った?今」
眞子は驚いてディアッカを見た。その視線から逃れるように、ディアッカは視線を泳がせた。
「えぇ、っとなぁ、そうだ!そのよ、なんでミスコンの会場に呼んだんだ?」
「えぇっ!ああ、うん、そうだわ、それがあったんだ」
眞子は息を大きく吸い込み、前を見据えた。
「私とあんた、結構前からこんな感じよね、こうやって一緒に出かけたり、遊んだり。でも、まだ恋人じゃない」
「おい、まさか」
「まさかって何よ!大体あんた!おかしいじゃない!連絡ひとつよこさない!
芳乃先生の家には泊まる!後輩には人気あるみたいだし!…不安に、なるよ」
「眞子、ちょっと待て。俺が言いたかったのは…その、…俺から、言わせろってことだ」
「はっ?」
「俺、夏の初めに国に帰って、もう一年くらい、延長してきたんだ、この島に居ることを」
「ディアッカ」
ディアッカは立ち上がり、眞子に向き直った。
「俺はさ、こんなダメ男だし、かなりチャラいと思われるかもしれねぇ。けどな、お前が好きってことだけは真剣なんだよ!」
その時、岬に停止したザクから、一発だけビームが放たれた。閃光は正確に花火の点火装置を貫き、花火に火が移った。

とっさに目を閉じた眞子が次に見たのは、夜空一面に広がった何千発もの花火だった。
何回にも分けて打ち上げられる花火が、一度に点火され、次々と夜空に花開いた。
「ははっ!うまくいくもんだな!」
ディアッカはうれしそうに眞子に向き直る。その笑顔に眞子は心から実感した。
「私もディアッカが好き」
抱きしめたディアッカの耳元で、花火に負けないように叫んだ。
ようやく言えた、その一言が、二人をやっと恋人にしてくれた。
眞子はそう思い、ディアッカを見つめ、ゆっくりと目を閉じた。
花火が照らす下で、二人はようやく唇を重ねた。


175 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:12:30 ID:E4WN8k3g
二人は温かく、満たされた気持ちで夜道を歩いていた。
眞子は安心しきって、ディアッカに体を預けている。そのままずっと歩いていたいと、
そう思えるほどに満たされていた。その時、ディアッカの携帯がなった。
「あぁ、もうしょうがねぇな。はい、もしもし」
「ディアッカか?すまんが」
「あぁ、杉並か!なんだ」
「頼んでおいたフルアニのデータと、キミキスのデータと、D.C.UのCDパッチは準備できたか?」
「あぁ、休みっていいな!いつでも渡せるぜ!」
「では、明日にでも口座に振り込んでおこう」
「あぁ、じゃな」
電話を切ったディアッカは、眞子から不思議なオーラが立ち上っているのに気がついた。
「ふーん、あんた、国に帰った後は何してたわけ?」
「あぁ、キミキスのシステムが厄介でよぉ」
「へぇ、そうなんだぁ。ふーん」
「だから、予想以上に時間がかかってな。って眞子、お前」
「受話音量が大きすぎたみたいね!そこに直れぇぇぇ!」
ディアッカは自分の迂闊さに、またも後悔する羽目になったとか…。


176 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/21(月) 03:14:15 ID:E4WN8k3g
以上です。無茶苦茶久しぶりに書いたんで、痔エッジ忘れられてたら悲しいです。
これからも職人さんを応援してます。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 06:07:21 ID:uY4jeuUe
>>176
GJ!
ディアッカ・・・乙

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 09:03:54 ID:7v5OfDNy
グゥレイト×眞子いいな(´∀`)

GJだぜ!

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 09:11:08 ID:G1WdNF1F
>>176
GJ!
この過程、このオチ、まさしくディアッカだw
つーかいろんな意味で壊れたなぁキラ

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 10:17:36 ID:dhlubqXU
ちんちん

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 14:40:56 ID:uMQBb25X
GJ!
SEEDの男勢は全員ギャルゲオタなのかw

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 15:27:48 ID:wu2n0osO
パッチというのは神パッチをCD用に変更したやつか?
何はともあれGJ!

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 17:57:08 ID:zM/5NZ73
それほどおもしろくはなかったがこの状況じゃこれしか言えない
GJ!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 18:20:00 ID:VmtEIt6m
戦闘がカオスw

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 19:26:29 ID:uZhEAfSc
スターゲイザーの三代目連合三馬鹿VSジュール隊三人衆の話キボン
パート2でアズラエルやスティングがちょっと出てたぞ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 20:10:17 ID:0raJCpwk
ちんちん

187 :あの人:2006/08/22(火) 01:00:18 ID:UAbDrlIp
>>176
GJです!こういうネタな混沌バトルも結構好きです。

バード『今回の戦闘で学んだこと……それは
    「脱がない18禁ゲーキャラ」では
    変態仮面には勝てないということっ!
    変態仮面に勝つ為にも、今宵こそ私の全てをシン君にささg』
ミハル『ここは(一応)18禁はNGです。
    ついでに、脱いだからといって勝てるとも思えません。
    あと、ボディメンテナンス中なので夜這いはかけれません。』

188 :あの夏:2006/08/22(火) 01:05:57 ID:UAbDrlIp
資料集めに手間取って時期を逃していますが……投下。

香澄「シン、ちょっと話があるんだけどさ。」
シン「ん、なんだ改まって?」
香澄「うん……えっとね……」




香澄「実家に帰らせてもらいます。」




シン「って、香澄が正座して三つ指突いて深々とお辞儀してきたんだよっ!
   俺、いったいどうすればいいんだ……」
ことり「えーっと……シン君と霧羽さんは別に結婚してないし、
    元々、霧羽さんって、ふっ、といなくなりますし、
    そもそもそんなこと言うの霧羽さんの性格じゃないですし、
    それ……たぶん、担がれたんだと思うよ?」


香澄「ちっ、ばれたか。」
シン「は、謀ったなっ!」
ことり「騙されるシン君もどうかと思うよ、で、どうしたんですか?」
香澄「ほら、明日からお盆じゃない、せっかくだから実家に帰ろうかな、って。」
シン「お盆?」
ことり「祖先の霊を祀る、日本特有の行事なんですよ。」
暦「ご先祖様のお墓参りとかするんだ、一般には8月13日から16日までの期間だね。」
香澄「お盆の期間は普段は降りてこられないヒトでも降りてこれるからね〜
   堂々と両親の前にでれる、ってわけ。」
シン「そういうものなのか?」
ことり「う〜ん、どうだろう……まあ普段よりはマシなのかな?
    ところで、霧羽さんはどのくらい向こうに滞在するんですか?」
香澄「そうね〜〜、明日は家族水入らずで楽しんで、
   明後日はお墓参りに初音島に来るみたいだから、
   そのとき一緒に帰ってくるつもりよ。」
シン「参る必要ないだろ、それ。」
香澄「そんなことないわよ、アタシ以外にもお墓入ってるヒトいるんだし、
   それに自分自身のお墓をお参りするなんて、早々ない機会よ。」
シン「早々あってたまるかよ……」
暦「うむ……そうか。いや、実は私も明日ぐらいにでも
  本家の方の墓参りに行こうと思っていてね。」
シン「本家?」
ことり「初音島の白河家は分家なんですよ、本家は別にあるんです。
    私はあまり詳しくないけど……確か、結構古くからあるんだよね。」
暦「ああ、まあ途中で断絶しちゃってるけどね。」
シン「ふ〜ん……えっ、じゃあ俺、一人で留守番なのか?」
ことり「あっ、大丈夫だよ、私もこっちに残るから。」
シン「えっ……墓参り、しなくていいの?」
ことり「うん、まあ、私はね。」
暦「二人っきりにはしたくなかったんだけどねえ……まあ、仕方ないか。」

189 :あの夏:2006/08/22(火) 01:08:05 ID:UAbDrlIp
シン「ところでさ、さっきから気になってるんだけど。」
香澄「ん?」
シン「その、黄色くて甘い匂いを放っている、粒々したもの、なんだ?」
香澄「えっ、シン、焼きもろこし知らないの?!」
シン「いや知ってるけどさ、その、なんだ、なんで風呂敷いっぱいに詰まってるんだ?
   お盆の風習で『焼きもろこしを死ぬほど食べる』とか、そういうのがあるのか?」
香澄「そんなのないわよ。これ、死神さんへのお土産。
   家族のところへは天国経由で行くからね〜〜
   ついでに死神さんにお土産もって行こうと思って。
   先輩達にも会ってこようと思うし。」
シン「……そうか、安心した……ところでおまえ、
   そのやたらとかさばって重い荷物、一人で持っていけれるのか?」
香澄「あ」



香澄「………………………」

シン「………………………」



香澄「………………………任せた!」
シン「おいっ!」




夜道……

シン「いいか、その天国とつながっているゲート、っていう所までだ、
   それより先へは死んでも行かないぞ。」
ことり「むしろ死ななきゃ逝けないような……」
香澄「う〜ん、別にゲート通ってなら普通に行くことできるような気もするけどね〜」
シン「……そういえばさ、天国ってどういうところなんだ?
   やっぱり、雲の上にあったりお花畑が広がってるような世界なのか?」
香澄「いや、そんなんじゃないわよ。まあ天界とかはどうか知らないけど、
   天国は地上とあんまり変わんないのよ、むしろ地上そのまま。」
ことり「そのまま?」
香澄「天国ってのは、天界に作られた一種の仮想空間でね、
   死んだヒト達は次の転生までの間そこで生活するわけ。
   地上を元に創られた世界だからね、ほとんどのヒトは
   自分が死んでるっていう自覚はないのよ。
   ちなみに、よく臨死体験とかで出てくるお花畑とか
   幻想的な風景とかは天国行く前に立ち寄るアストラル界の風景ね。
   ここ、守護霊試験に出るからよく覚えておくように。」
シン「そんな試験、受けない。」
ことり「杉並君とか、飛びついてきそうな話だね……
    あれ、じゃあ天使や神さまは天国にはいないんだ。」
香澄「う〜ん……いるにはいるみたいだけど、まあ大抵は天界にいるわね。
   この時期は、なんか色々イレギュラーなことが起こって大変らしいけど。」

190 :あの夏:2006/08/22(火) 01:13:13 ID:UAbDrlIp
シン「……俺たちは、天国につながっているゲート、に向かってるんだよな?」
香澄「ええ、そうよ。」
シン「じゃあなんで……なんで風見学園の中に忍び込んでるんだよっ?!」
香澄「なんでって……だって、ゲート、風見学園の中にあるんだもん。」
シン「…………本気で?」
香澄「本気と書いて、マジ。」
ことり「流石、ミステリーは風見学園のお家芸ですね。」
シン「ことり、それ台詞は俺の……いや、でも、そんなゲートなんて見たことないぞ?」
香澄「シン、ゲートってどんなのか知ってるの?」
シン「えっ……いや、やっぱこう、光の柱とかが降りてきたりとか……」
香澄「そんな目立つコトしないわよ。色々偽装してあってね、
   ぶっちゃけると、二つの地点を結ぶものなら何でもいいのよ。
   場所によってはエレベーターとかトンネルとかもあるし。」
シン「そ、そうなのか……」
ことり「そういえば……天国があるなら、地獄もあるんですか?」
香澄「ええ、あっちは冥界に創られた仮想空間なんだけどね。」
ことり「……ということは、地獄へつながっているゲートもあるわけですか?」
香澄「ええ。トンネルを抜けると、そこは地獄だった……ってこともあるわけね。」
シン「なんだよ、そのホラーは……」



香澄「とーちゃーくっ!」
シン「ここ……なのか?」
ことり「あっ、これ、開かずの扉。」
シン「ことり、知ってるのか?」
ことり「うん、以前叶ちゃんに聞いたんだけど……風見学園にはどうしても開かない扉
    っていうのがあって、学校側も扱いに困ってる、って。」
シン「その正体は天国につながってる扉……更に扱いに困るな、こりゃ。」
香澄「じゃ、開けるわね。」





暦「お帰り、ことり、シン。どうだ、霧羽はちゃんといったか?」
シン「ああ……」
ことり「うん、まあ……」
暦「ん?なんだ、歯切れの悪い返事だねぇ」
シン「扉の向こうは……駅、だったな。あれ、本当に天国なのか?」
ことり「さあ……霧羽さんがそういうんだから、そうだと思うんですけど……でも」
シン「?」
ことり「あの駅、何処かで見たことある様な気がするんですけどね……?」



小ネタをムダ撃ちして、終わっとく。
D.C.と水夏が同じ世界での話ならば、
水夏より以前の話と銘打ったあのゲームの設定も
サルベージしたくなるのがリンク魂。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 01:37:04 ID:hrlA2y1M
天国へのゲートって常盤村へ通じるあの扉だったか、GJ!
前スレで水夏の全年齢版を紹介したの俺だけど、プレイしたの?

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 03:39:26 ID:C5k5yZzw
芳野さくらよりCCさくらの方が好きだ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 22:56:47 ID:bi1UKvBn
ちんちん

194 :陽炎:2006/08/22(火) 23:11:20 ID:1j3rqpo4
八月十五日 午後二時
ニコル「はあ、はあ、はあ、くそっ、はあ、はあ」
無我夢中で走りつかれたニコルは息を荒くしながら
自分がどうしてあんな行動をしたのか分からなかった。
どうしたんだ一体。あの三人を見たことが・・僕はある・・
見ただけなのか?違う気がする・・
そもそもあの三人とは僕とどんな繋がりがあるっていうんだ・・
でも・・・なんなんだ・・一体・・
夏の日差しが僕を汗まみれにしながら、僕は混乱していた。


「まだ・・記憶を取り戻せないんだね・・」
「うにゃー」
ニコル「?誰!」
ニコルが顔を向けた先には金髪の少女が立っていた。
頭には白い猫を乗せている。
見た感じ十歳位に見えるがどうも雰囲気が違う気がした。
が、それ以前にニコルは彼女の声に聞き覚えがあった・・
ニコル「あなたは・・一体・・」
さくら「君の素性を知っている人って名乗ればいいのかな。」
ニコル「え?!僕の記憶を?!」
さくら「ここで話をするのもなんだからボクの家においでよ」
ニコル「僕の記憶について何を知ってるんですか。」
さくら「ボクの家についたら教えてあげるよ。」

さくら「どうぞ、お茶ですが。」
ニコル「結構です。僕の記憶について知っていると言いましたね。どういうことなんです?」
さくら「ふぅ・・」
ニコル「どうして答えてくれないんですか?!」
さくら「・・僕に出来ることは君にアドバイスを送るだけさ。」
ニコル「は?僕の記憶を教えてくれるんじゃないんですか?!」
さくら「そうは言ってないよ・・君の記憶喪失は君にとって試練
の様な意味も持っているんだ。ボクに出来るのは少し君の背中を押すだけ」
ニコル「意味が全く分かりませんよ。現に僕は何も思い出すことが出来ていないんですよ。」
さくら「そうかな?本当だったら君、もうとっくに記憶を取り戻しているはずだよ」
ニコル「え?」


195 :陽炎:2006/08/22(火) 23:13:09 ID:1j3rqpo4
さくら「君・・本当は思い出せないんじゃなくて、思い出したくないんじゃない?」
ニコル「?!!!」
彼女の顔は真剣だった。とても冗談を言っているとは思えない・・。
でもなんなんだ・・この人は・・

さくら「もう一度よく思い出してみなよ・・」
ニコル「でも・・思い出そうとするたびに・・頭痛が・・」
さくら「それはあくまで自分の為に思い出そうとしていたからだよ・・」
君が記憶を取り戻すのを誰よりも望んでいる人・・いるでしょ?」

僕が記憶を取り戻すのを・・
誰か考えるまでもない・・

さくら「その人の為に思い出してごらん・・」

僕が記憶を取り戻すことを望んでいる人・・
その人のために・・
以前ピアノを弾いてて浮かんだ言葉・・そしてさっき会った三人・・
それらを元に思い出してみる。深く、深く深く
不思議だ・・あんなに思い出すだけで痛んだ頭が、なんともない・・
あの人の・・環さんの為に思い出すだけでこんなに違うなんて・・

ふと、意識が飛んだような・・そんな気がした。

飛んだ一瞬だと思う・・その間に僕は僕と話をした。
一瞬にもかかわらず・・随分長い時間に感じたのだが・・

僕の中に僕がいた。
環さんの為に記憶を取り戻すの?
「うん」
僕は君を少々強引だと思うよ
「?」
君の記憶が戻らないのも環さんが原因なんだよ。
「・・どういう事・・」
それは思い出せば分かるよ・・でも・・本当に思い出すのかな?
「僕は・・確かめたい・・」
本当に・・後悔しないんだね・・
「分かっているよ。」
うん、いいよ。君に返すよ。君の記憶を・・。



196 :陽炎:2006/08/22(火) 23:14:37 ID:1j3rqpo4
意識がすごくクリアになったような気がした。
頭の中にある鉄格子の扉の鍵は開かれ、今まで欲しかった情報が
すごい勢いで戻ってくる・・・
そう・・
僕の名前はニコル・アマルフィ・・
父の名はユーリ・アマルフィ
プラントで生まれた僕はプラントで育ち、
連合とプラントが戦争になってしまい。
アカデミーに入り。赤服として卒業。
その後、クルーゼ隊に入隊・・さっき会った三人とヘリオポリスにて新兵器Gを奪取、
その後地球に降りアスラン・ザラ・・そう・・やはりさっき会った三人の一人、
彼の部隊に入隊、ストライク撃破の任務を受け・・・オーブ近海で・・・
バッ!
僕は頭を抱え込んだ・・・
そうだ・・あの時・・あの時あの言葉「母さん・・僕の・・ピアノ・・」
あれが出たんだ・・でもなぜ僕はここにいるんだ・・?
密かに生き延びていた・・?
思い出してみよう・・

そう・・あの後・・・!・・うん・・僕は・・死んだ・・んだ・・
アスランへの攻撃を庇って・・
でもああしなければアスランが死んでいたかもしれない・・
あの後・・気がついた時・・僕は魂だけとなり
虚空を彷徨っていた・・いわゆる幽霊というやつなんだろうか・・

彷徨いながら・・闇の中で僕は仲間たちを案じ続けた。様子を見に行ったりもした。
・・仲間たちは僕や戦争で死んだ人たちのことで苦悩していた・・
その苦悩は何年たっても消えることは無かった・・
僕はそんな仲間たちを見るのが嫌だった・・
仲間たちが苦悩すると同時に僕の心もアスラン達に対する哀しみであふれてしまった。
どんどんどんどんそれは日を追うごとに増大していく。
もうその気持ちで押しつぶされてしまいそうだった・・
伝えたかったんだ・・そんなに悩まないで、と・・
悩んでいた時・・
そんな時だった・・声が・・おばあさんの声が聞こえたんだ。


197 :陽炎:2006/08/22(火) 23:15:46 ID:1j3rqpo4
「初音島へ行きなさい。そこにアスラン達がいる。
そしてあなたの願いを叶える手がかりがある」と・・
姿は見えない・・幽霊なら僕だって見えるのに・・
あなたは誰なんですか?どうして僕に助言してくれるんですか?
声は「おせっかいな魔法使いとでもいっておこうかね」としか答えなかった・・

疑問はあった、でもすぐさま僕は初音島へ向かった・・
まるで何かに導かれるかの様に真っ直ぐに・・

島に着き僕はアスラン達を探した。でもこんな魂しかない状態じゃどうにもならなかった。
贅沢な話だが
僕の中にあった哀しみは願いとなった。彼らに・・
今を生きる彼らが僕の事を吹っ切れるというのなら今更死んだ僕が
魂ごと消えてしまってもかまわない。
ただ・・アスラン達と・・仲間達と会う時間があればそれだけでいい。
救いたいんだ!みんなを!

少しして僕は自分の感覚がなんだかおかしくなってる事に気がついた。
僕の周りには、何故か夏だというのにこの国の花・・
桜の花びらが落ちていることに気がついた。たしか春の花なのに・・
気になった僕は花びらを辿り、一本の大きな桜の木にたどり着いた・・
そして桜の木は満開の花を咲かせ、光を放ち僕を飲み込んでいった・・

気がついた時・・僕は体を持ち・・現世の土の上に立っていた・・

そう・・君は戻ってこれた・・でも・・
さくら「君は、生き返ったんじゃない・・死んでいることをうまく
誤魔化しているに過ぎないんだ・・」
ニコル「・・・知っているんですか?」
さくら「君には悪いと思ったけど・・少し様子を見せてもらったよ。
死んだ人が現世に戻ってくるなんて今まであったためしがないんだ。
本当は話すべきじゃないけど・・話すよ・・
君が見た桜の木はすごい力を持っている・・
それこそ魔法としか言い様がない力が備わっているんだ・・
僕も最初は驚いたよ。死んだ人間が現世に戻ってくるなんて・・
そしてああも強い願いを持った人間がいるなんて思わなかったからね
でも・・こうなってしまうとはボクも予想できなかった。
そして・・そのままじゃ君はずっと戻った目的を達成できないと思ったから、
だからこうやってボクは君の前に現れたんだ。」


198 :陽炎:2006/08/22(火) 23:17:50 ID:1j3rqpo4
ニコル「あなたは・・一体・・」
さくら「そのおせっかいな魔法使いの孫とでも言うのかな・・」
ニコル「!あなたが・・」

僕は・・そう・・あの時・・死んだ身なんだ・・
そうだ・・僕は祈った・・それこそ・・この数年思っていたことすべてを
吐き出す勢いで・・
生き返りたい・・じゃない・・少しだけ・・時間が欲しかった・・
アスランたちに謝り、僕は何も後悔していない・・そう伝えるために・・

作り物とはいえ自分の体を手に入れた僕はすぐさま島にいるという
アスラン達を探そうとした・・でも・・足が動かせなかった
そうだ・・今更になって三人に会うのがすごく不安になったんだ・・
今までそんなこと無かったのに
その時僕は初めて気づいた、アスラン達に対してもう一つの
感情が芽生えていたことを・・
それはすぐさま僕の心を覆い尽くす程大きくなって、
僕の心を飲み込んでいった・・
その感情は・・忘れたくなるほどの恐怖・・僕は現世に戻れた・・
戻れた代わりに・・僕は死んだ現実を
再び突きつけられていた。それでもなんとも無かったのは
すでに僕が魂だけの存在、死んでいることを理解していたから・・
でも・・体を持った僕は死んだときの恐怖を再び感じることになった・・
周りは・・数年足ったのに・・僕の姿は数年前のまま・・
芽生えた・・もしくは
日を追うごとにその感情は蓄積されていたのかもしれない・・
それが現世に戻った瞬間僕を襲ったのかも・・
僕は逃げたくて必死になって走った・・無駄だと分かっているのに・・
そして僕の心はその恐怖から逃げ出す回答を出した。
それは・・

すべてを忘れること・・神社の前で僕は気を失い全てを忘れてしまった。

さくら「君は・・生き返りたいじゃなくて・・・時間が欲しいと願った・・
でもだから現世に戻ることが出来た。でもその時間は限られている・・
おそらく君に与えられた時間は・・
そう・・君に与えられた時間は、たった四日間・・霊が現世に帰ってくるという
この国のお盆という期間の間だけ・・許された時間・・」

そう・・自分が時間を定められ消えることはなんだか自覚はあった・・
結局、僕の記憶喪失は僕の軟弱な心が生み出した自作自演だったんだ。

さくら「君が思い出したくない原因・・環ちゃんもふくまれているんじゃない・・?」
ニコル「・・・ええ。自分自身と向き合って分かりました。
あとあと二日で僕は消えてしまう・・それが分かっていたら・・
誰とも関わろうとしなかったと思います。
でも僕は・・自分勝手ですけど・・
環さんといっしょにいたかったんです。だからだと思います・・
自分が思い出そうとすると・・自分のどこかが
思い出すのを無理にでもとめようとするんです・・
だから頭痛がおきて思い出すことが出来なかった・・
でも環さんの為に思い出そうとしたら拍子抜けするくらい
あっさり思い出すことが出来たんです・・」


199 :陽炎:2006/08/22(火) 23:19:30 ID:1j3rqpo4
さくら「まだ怖いのかい?この世に戻ったこと、アスラン達に会うのが・・」
ニコル「はい・・でももう逃げようとは思いません。
僕のために助けてくれた人がいます。
僕は僕の目的を果たすことがその人への・・環さんへの恩返しになると思うんです・・」

ニコル「環さんがいなかったら・・記憶が消えなかったとしてもずっと怖いまま消えるまで
立ち往生していたかもしれません・・
でも環さんがいてくれるから・・こうやって向き合おうって気になれたんです。
それだけで・・随分楽になりましたよ。」

さくら「環ちゃんのため・・か・・随分お熱なんだね。
環ちゃんのこと・・好きなのかな?」
ニコル「・・・はい・・大好きです」
さくら「そう・・もう行った方がいいと思うよ・・
アスラン達に早く会ったほうが良い。」
ニコル「?・・そう・・ですね・・もう行きます。
(どうしたんだ?雰囲気が変わった?)さくらさん・・」
さくら「なに?」
ニコル「ありがとうございます。」
さくら「気にしないで、元々お婆ちゃんがやったおせっかいだから。」
ニコル「そのおせっかいに感謝しているんです。
お婆さんにお会いしたらありがとうと伝えてください・・」
さくら「うん、分かった。」

そしてニコルはさくらの家を後にした・・

さくら「お茶くらい飲んでいけばいいのに・・もう冷めちゃった・・
でもねニコル君、言ったよね、環ちゃんにはもう関わらないでって。
・・おそらく・・手遅れだよ・・・。」


環「はあ、はあ、はあ、」
ディアッカ「アスラン、神社に戻ろうぜ。環がもう限界だ。」
アスラン「ああ、そうだな」
環「大丈夫・・です!・・」
アスラン「駄目だ。後は俺達に任せろ。」
環「でも!」
アスラン「いい加減にしろ!」
環「!」
アスラン「君がニコルを大切に思ってくれてるのは分かるよ。
でもここで君が倒れたらニコルが悲しむ、アイツは優しいから。」
環「・・申し訳ございません・・」
アスラン「いいよ。イザーク、ディアッカ、神社に戻ろう。」
「ああ。」「分かった。」
三人は環を連れ神社に戻った
ディアッカ「もう少しだぜ。」
イザーク「?誰か賽銭箱のところに立ってるぞ?」
アスラン「?誰だ・・・あ!」
賽銭箱の前には吹っ切れたような印象を放つニコルが立っていた・・


200 :陽炎:2006/08/22(火) 23:29:26 ID:1j3rqpo4
記憶を取り戻す話ですが我ながらもっさりしてあっけなさ過ぎる気が・・orz
まあ話はまだまだ続くんですけどね・・
記憶喪失の理由も分かりづらいですな・・もっと分かりやすくするべきだったとorz
ってバトルスレの話のひとつとかぶったあぁあぁあああ!!

>>176GJです!戦闘の話をこうもコミカルに描くとは・・
ド本格でヘボな私には到底出来ない・・orz
うらやますぃ・・
ディアッカ輝いてるぜ!

>>188GJです!同じ曲芸作品を使うとは・・
死んだ種キャラによろしく!
フレイ「脱いでも負けるキャラもいるのよ。私は十八禁じゃないけど・・」


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 01:36:23 ID:f843mstN
ちんちん

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 01:45:50 ID:b/qJJ4tD
やっぱりさくらと桜が関わっていたか…、次は見せ場になりそうで。
記憶喪失の理由としては十分だと思うよ。
それにどうせ記憶を取り戻すのが予想できるから、
下手に先延ばししなくてもいいと思うし。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 06:57:15 ID:NgMU5WPI
>>200
GJ!


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 08:44:55 ID:4X9wcYuV
GJ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 12:59:48 ID:Y3QZGrRx
ちんちぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:58:04 ID:nO5PrIy7
久々になのはA,sを観た
…なんつーかこのスレって

なのは=ことり
フェイト=シン

だよな…。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:06:50 ID:jW6V7THP
 ◆hA/Opjl6aY 。
 それは『本編の続きを住人が望むなら、コレ以上一目にさらしたくない自分なんかの作
品を投下したい』といった男である。
 もっとも交流スレは職人の自主性を尊重する所。住人の望みなんぞあってないようなも
の。故に彼の主張『コレ以上人目にさらしたくない』が尊重され、“今まで、
ご愛読ありがとうございました”で終了するはずであった。
 しかし、現在彼は『誰も頼んでも望んでもいない本編とは無関係の、コレ以上一目にさらしたくないという自
分なんかの短編SSを投下している』のである。

これは、そんな◆hA/Opjl6aYの日常の一端を描いた物語である。

◆hA/Opjl6aY 「さてと、SSでもやるか。しっかし、なんだね。どいつもこいつもオレの才能に
          嫉妬してんじゃないの? 皆して無視しやがって。リアルもアバターも全員オ
          レに大注目ってヤツ?」
 ぴんぽーん
◆hA/Opjl6aY 「はい」
宗教勧誘の人「お忙しい所、すみませんけれど」
◆hA/Opjl6aY 「ああ、全くもって忙しいね。あんたさぁ、今この時間を使うことにより人類史上
          存在しなかったほどの名作が完成される所を妨げているって分かってる?」
宗教勧誘の人「え? え?」
◆hA/Opjl6aY 「話にならないな。巣へ帰りな」
 バタン
◆hA/Opjl6aY「ん?メールが来てる。……って、スパムかよ。期待して損したぜ。そういや
          皆に携帯番号教えてるのに、誰もかけてきやがらねぇ。いつまでも恥ずか
          しがってんじゃねぇぞ。ったく。まぁいい。飯でも食うか」
 白いご飯に焼き魚。
近所のノラ猫「にゃぁ〜」
◆hA/Opjl6aY 「おう。来たな。キラ・ヤマト」
近所のノラ猫「にゃあ」
◆hA/Opjl6aY 「今日こそオレはお前に勝つ」
近所のノラ猫「にゃぁん」
◆hA/Opjl6aY「勝って焼き魚を食べる」
……数分後。
◆hA/Opjl6aY「勝負は負けたつもりはないが、焼き魚を取られちまったから引き分けだな。
          いつも、こんなことしてるけど、オレはお前のことが好きなんだぜ。お前だけ
          なんだよ。オレの相手をしてくれる者はお前しかいないしな」
 猫、焼き魚食い終わった。
近所のノラ猫「にゃん」
◆hA/Opjl6aY「あっ待ってくれ、キラ。もっと話をしようよ」
 去っていく近所のノラ猫。
◆hA/Opjl6aY「行ってしまった。SSでも書くか。やり続けることに意義があるっていうしな」
 カタカタカタカタカタカタカタ
◆hA/Opjl6aY「いづれ電車男みたいに誰かが注目して、オレのSSを製本かするときが来るの。
         そのときまで書き続けるだけだ」



208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:07:32 ID:6rXjEgVA
ここに張るなよクズ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:09:51 ID:c/1TmlZE
>>208
基地外氏ね

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:10:37 ID:c/1TmlZE
安価ミスだった
>>207氏ね

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:46:54 ID:sg83j7rr
>>207
こいつらってOVA死ねからかって遊んでたやつらだよな。
奴が居なくなったから今度はこのスレの職人を基地外扱いして
遊ぶ事にしたらしい。

お前らのがよっぽど基地外だっての。


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:48:52 ID:PJrDjVDJ
>>211
OVA氏ね乙
どっちもどっちだ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 00:58:35 ID:XsxFJ7gD
荒らしを叩くために一方の荒らしを擁護するようになったら終わりだな。

おんむさま本人か?それとも奴と仲良しの自演君か?

214 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:34:55 ID:hVvHx9z8
今日もディアッカはアイシャにいた。というより、働いていた。
本国に帰って、用事を済ませて、しかる後ゲームの解析なんぞやっていたのが
眞子にばれた結果、当然烈火の如く怒られた。で、夏休み中にさくらパークに連れて行く
約束まで取り付けられてしまった。
「ディアッカ!早くそこのグラスを洗っておけ!俺は豆の仕込だ!」
「はいよ〜」
もちろん、パイロットだった彼にはさくらパークで遊ぶくらいに蓄えはあったが、
ここ初音島で、普通の高校生ができる範囲で努力して眞子を喜ばせたかったのだ。
「そうじゃなきゃ、フェアじゃないよな、やっぱ」
「ディアッカ、さっきから何にやにやしてるんですか?」
気持ち悪いですよ、とシホとアイシアがとがめるような視線を送ってきた。
勝手にバイトを休み、(シフトを入れなかっただけだが)
花火の会場を誤射し、花火を発火させた(そういうことになっている)
夏休みがあけたら、学校で彼の評判はストップ安だろう、と簡単に想像がついた。
「どっかにいいバイトねぇかな」
「そんな暇があったら、朝もシフトインしてください。ジュール先輩と私じゃ回りません」
「邪魔かと、思ってよ」
「なっ!何言ってるんですか!もう、知りません」
テレ怒りながら、シホはフロアーを片付けに行ってしまった。カウンターの虎が笑いをこらえながら
そんなシホを見ている。
「若いねぇ、いや実に結構、イザークとシフトが被っている彼女は、すごく人気があるからね
普段は冷静そのもので客をさばく彼女も、彼と一緒だと、年齢相応の女の子になるとはね」
「そうかよ。まぁ、俺には関係ねぇさ。にしても、あんな堅物、どこがいいんだが」
「それは、まぁわからんでもないがね。お、と、そろそろ上がっていいぞ」
4時になってバイトが終わり、イザークに頼まれた日用品の買出しがてら、商店街を歩く
店からいただいて来たアイスコーヒーを飲みながら、ぼんやりと歩く。
「どっかに良いバイトねぇかなぁ」
やはり考えるのはそのことである。意外というか、イザークはカフェのバイトが気に入っているようだ
凝り性というか、学者らしく研究するのは得意なのだろう。だが、ディアッカにとっては
仕事は楽しいものの、それだけだった。
「あぁ、また天枷ん所でデータでも」
「良い仕事なら、あるぞ」
いきなり、杉並が角から顔を出した。
「まずはそうだな、ちょっとこっちへ来い」
商店街のベンチに腰掛けると、黙ってノーパソを開いた。
「これを知っているか」
画面ではかわいらしい少女が、鉈を片手に飛び回っている。あまつさえ、片手の鉈を
少年に投げつけたりしている。
「こりゃお前、ひぐらしデイブレイクじゃねぇか」
「そうだな、ひぐらし版連ザとの呼び声も高い、あのひでぶだ」
「これがどう儲け話とつながるんだよ」
「簡単だ、ディアッカ、本家としてどう思う。これを」
「ま、連ザのが好きだな。同人でこれはすごいけどよ」
「そうか、それよりもな。これを作ってみる気はないか?」
「これって、連ザかよ」
「非公式新聞部も、資金不足でな。そこで、ネット配布のゲーム
D.C.デイブレイクを開発する運びになった」
なぜそうなるか、というのはもはや訊いても意味はない。だが、儲けはなかなか見込めそうである。
「しょがねぇな。俺は3割で良い」
「ふむ、では明日から風見学園のPCルームで製作に取りかかるぞ」
こうして、D.C.デイブレイクの製作が始まった。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 01:35:49 ID:FtfJP2sG

   /       |  ,' i l i       i _,,!,..!.',.!',,_ ,' i   !  l | !  ト
  ,'      ,' ;! i__,',,,!、 !       ! !l i ',! ',`,'ヽ!_ /  !l l   !
  !      ,!,.ィ'''´!  ',! ',',',     l /_,!!.....l!__i,'  l `,'!  ,リ !  ,'
  !l    | /', l ', !_,,..、 ヽヽ    l,' ,ァィ===、、 ! ,' l  / ! ;! ,' l
  !l,    ! ! ヽ!,;=ゞ、=    ヽ  /'  l! : : : : iヾ'ソ l /、,l / ! ,' !  DQNの巣窟だ・・・・
 l ',',   i, ! ,イ : : : ヽ     ', /   {: : : : : :} '゙ ,' ,'、 /' ,',イ l  もうこのスレダメだよ
  ', |ヽ  l ', !'´{: : : : : :}     '゙    ゝ_ー',,ノ   /イ ヽ !| '゙ ! ,'
  lヽ !y'ヽ ', ヾ ヽ: 、_ノ :l_         ´: `゙゙゙゙´:  ',' i' _'ノノ   l i
、 ', ヾi ´ iヽヽ   ゝ:='"´:    .:i      :   .:  ,'! !',. '"    l !
 、 ', 丶 `_! |ヽ  :   .:           :  .:  ,'"! !      l'
  `゙'  丶、! !‐ヽ :.  :      -- ‐''    :   : ,. '  ! !      !
        ! !` ´ヽ、:  :             : ,: '´   !,'        !
         ', !    `'' 、          .; イ     リ         !


216 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:35:55 ID:hVvHx9z8
「まずキャラクターだが、基本は」
「朝倉音夢、さくらちゃん、眞子、萌さん」
「白河嬢に、サギー、胡乃宮」
「ななこ、天枷、月城、ほかには?」
「隠しキャラに白河姉と霧生といったところか。これでよかろう」
一日かけ、全員の立ちや写真からグラフィックを作り、アニメーションを動かしてみる。
「おっ、良い感じだな」
「さすがは、元赤服だ。プログラムもお手の物か」
「それより、全員分の写真、これほど大量にどこから」
「非公式新聞部をなめてもらっては困る。貴様があの花火事件の時に」
「わかった!わかった!先に進むぞ。決め技とか、セリフとか仕事は山ほどあるんだろ」

次の日は主要キャラの決め技を考え始めた。
「朝倉は」
「間違いなく、辞書投げだな」「しかもチャージショットだろ」
「当然だ」
ということで、簡単に決まった。早速、漢和辞典を左手に古語辞典を右手に持たせる。
そして、チャージショットのグラフィックを完成させた。
「これすごいな、俺も予想以上だ」
画面では、音夢がハイジャンプしながら両手の辞書を仮想敵に投げつけていた。

「次に芳乃先生か」
「これも簡単だ、ディンバスター」
ということで、杖を片手にチャージショットをさせてみる。
「これ予想以上だな」
「うむ、このグラフィックは売れるな、何より重要なサービスカットと流行の魔法少女、
これは、俺たちは非公式新聞以上のものを作ってしまったのかもしれんな」

「次に水越姉妹だが」
「萌さんは、木琴による音波、眞子は」
「しかしなディアッカ、もう水越を呼び捨てとは、もう少し早くくっつくべきだったと…」
「うるせぇ、眞子は間違いなく」
「ゴッドフィンガー、か」
眞子の右手を真っ赤に燃やし、仮想敵に当ててみる。
「どうせなら、お前も出して、石破ラブラブというのもありだな」
「ねーよ」

「ことりちゃんは、音波攻撃か」
「うむ、何時だったかの歌声をサンプリングしてあるし、使いやすいというのもある」
「でも、本人聞いたら怒るだろうな」
「バレなければ犯罪ではあるまい、ディアッカ」

「天枷は、バナナミサイルでいいか」
「うむ、そんなところだろう」
「月城は軟体とアクロバット系の技」
「胡乃宮嬢は弓矢だな」

二日ほどかかり、全てのグラフィックを完成させた。普通ならここで半年一年かかっても
おかしくないのだが、そこはコーディネーターの腕の見せ所である。
もちろん、持ち込んだノーパソがザフト脅威の技術力を誇るものであったことも、効果的だった。

217 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:37:05 ID:hVvHx9z8
「次にセリフだが。これは、今までサンプリングした会話から使うことにしよう」
「お前がどうしてそんなものを持っているのか、訊かないほうがいいんだよな」
とりあえず、全てのセリフを聴いてみる。

「にいさん!不潔です!」「にゃはは!お兄ちゃんッ!」「ここで果てろ!女の敵!」
「あらあら」「おはようっす!」

「お前、これがみっかったら今度こそ捕まるぞ」
「大丈夫だ、強固な暗号を仕込んである」
所々切り出して、様々な言葉を作り出す。
「兄さん!不潔です!これでも食らってください!」
「お兄ちゃん、にゃはは!間違えて撃っちゃった!」
「私のこの手が真っ赤に燃える!お前を倒せととどろき叫ぶ!
爆熱!ゴッドフィンガー!ヒィィィィト、エンド!」
「そこを動かないで!今すぐぶっ潰すッス!」

「これ、マジでナチュラルにできたな!最高にいいぞ!」
「よくやった、ディアッカ!これでほぼ出来上がったも同然だ!あとはコンポーネントして
デバッグして、ダウンロードに適した形式に変換すれば良い!」
「で、それも俺がやればいいのか?」
「いや、それには及ばん、後は俺がやっておこう。金は、二週間後には用意しよう」
杉並はそう言って、全てのデータをHDDに移動させ、どこかに去っていった。

翌日から、またカフェアイシャに褐色の店員が帰ってきた。
「三日も休んで、何してたんですか!大変だったんですよ!」
「まぁそういうなって、アイシア、そう言えばお前を出すの忘れたな」
「忘れたって、ひどいですよ!ディアッカ」
「大丈夫だ、そういう意味じゃねぇ、今回に限っちゃ、忘れられた方が身のためだ」
「もういいです!ディアッカには三日間の分まで働いてもらいます!」
プンプンと肩を怒らせながら、アイシアはフロアーに出て行った。


218 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:38:21 ID:hVvHx9z8
二週間が過ぎ、そろそろ眞子に連絡を取ろうとしたところ、いきなり電話が鳴った。
「今すぐ、さくら公園に来てほしいの」
軽く涙声の眞子は、何時になく頼りなさげにそう言った。電話口の向こうからは、風の音が聞こえてくる。
ディアッカは、すぐに行くと電話を切り、家を飛び出した。
公園の入り口まで来ると、杉並が向こうから近寄ってきた。
「いきなり水越から呼ばれて驚いたぞ。っと、そうだ。
何かあってからでは遅い、今のうちに小切手を渡しておこう」
「おい、この¥200000-って何だよ!お前、何やった!」
「うむ、デモムービーとボイスを頒布してたら、どんどん注文が来てな。結局、DVDメディアで
出荷した。プロテクトもかけたら注文殺到でな。これは一時金ということで」
そこまで、言い終えたとき、二人ともさくら公園から並々ならぬ殺気を感じた。
「おい、これってやばいんじゃねぇか?」
「うむ、だが、これを調べるのも非公式新聞部の仕事でな」
そこまで言い終えたとき、不意に背後の斜め上方から高速で辞書が飛んできた。
「ぬお!」「これは!」
「「朝倉妹!音夢!」」
「二人とも!不潔以下です!これでも食らいなさい!」
怒号とともに投げつけられる辞書をよけ、二人が別々の方向に飛び下がった。
ディアッカはここで間違いを犯した。間違って、さくら公園内に逃げ込んでしまったのだ。
「やべぇ!おい、杉並!」
「許せディアッカ!さすがにこれは援護できん!さすが!朝倉妹」
公園内に逃げ込んですぐに、ヒュン!という音と共に矢が飛んできた。
「邪を払うのが巫女です。エルスマン様、少し痛いかもしれませんが、我慢してくださいね!」
にこやかに微笑みながら、もう一度弓を引いた。環の笑顔が、心なしか堅い、そして、怖い。
引きつっている笑顔には、いつもの優しさなぞ欠片も残っていなかった。
「胡乃宮!さすがにそれは死ぬ!」
「大丈夫です!払うだけです!存在そのものが邪なら、消えるだけです!」
矢を避け、辞書をかわし、高台への階段手前で今度は体が動かなくなった。
「なんだ!この音楽は!」
「ディアッカ君!さすがに今回はお痛が過ぎましたね!」
「はぁ!助けてくれって!」
怒っていることりもかわいいといったのは、誰だったか。
「もちろん、心当たりはありますよね?ディアッカ君、だから歌ってあげます!
あなたのレクイエムをね!」
「助けてくれ!」
「知りません〜ッ!」
体が言うことを利かないまま、生存本能だけで階段を駆け上がった。後ろからは、
人間離れした速度で、三人が追ってくる。

何とか頂上につくその少し前、どこからか呪文が聞こえた。
「―体は魔法でできていた」
「おいおい、まさか!例のディンバス遣いも来てんのかよ!」
「ディンバスター!」
「やめろ!それは!」
「先生は生徒を指導するものだよ!ディアッカ!」
いつもの天真爛漫なまま、奔放に魔法を仕掛けてくる。
足を進めるたびにことりの音波に体力を吸われ、辞書が肩をかすり、
矢がわき腹をかすめ、ディンバスターが一歩後ろで炸裂している。


219 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:39:27 ID:hVvHx9z8
「まずい、このままじゃ!」
一番上にたどり着き、そこで夕日の逆光に佇む少女が待っていた。
「ま、眞、子」
「遅かったわねディアッカ、まず、申し開きがあるなら」
「これはなんなんだよ!」
「これが何かわかる?」
そう言って差し出されたのは、一枚のDVDケースだった。
「こ、こりゃ、D.C.デイブレイク!って、何で!」
「エンドロールにのってる、製作総指揮 元・赤服のうっかりさん 誰かに似てない?」
怒っているのだろう、しかも相当、声の震え尋常ではなかった。
「おいおい、それが俺」
「じゃあ、どうしてあなたの口座に振込みが指定されてるの?」
「ま、まさか杉並!」
「最近仕事休んでたみたいだし!やっぱあんたって馬鹿だわ!どうしようもない!
ほんっっっっとに今回はちょっと許せない!食らえ!」
「待て、こっちにも言い訳が!」
「誰が聞くかぁ!ゴッド!フィンガー!」


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 01:39:28 ID:480hePFy
>>212
>>213
OVA死ねと同列扱いされて逆切れする暗躍者ちゃん乙www

221 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/08/24(木) 01:40:47 ID:hVvHx9z8
ポケットの小切手を奪われ、矢と辞書とディンバスのお仕置きをうけて、ようやく開放された。
眞子はそれでも怒っているらしく、花より団子まで歩く間もずっと黙ったままだった。
「おい、まだ怒って、るよな。悪かった」
「まったく、何であんたってそう馬鹿なの?」
「反省してます」
「なんで、普通にバイトできないわけ?」
「お前と、さくらパークに行きたかったんだよ」
「あんたね!パイロットならあるでしょ!貯金ぐらい!」
「それじゃフェアじゃねぇだろ!」
「っえ」
眞子はまじまじとディアッカの顔を見つめた。
「なんかさ、俺はまだ一応軍人で」
「うん」
「でも、ここに居る間は、普通の高校生で居たいんだよ」
「えぇ…」
「普通の高校生みたいに、バイト代で彼女と遊んだり、出かけたりさ」
「彼女って、そうだけど」
面と向かって言われると、眞子も照れが顔に出てしまう。
気まずそうに、視線をそらした。
「だから、あの金に頼りたくねぇんだ。それが理由だ」
眞子はそれを聞いて、不覚にもディアッカを許そうと思ってしまった。
「そ、それはそうなのかも知れないけど」
「悪かった、と思ってるよ」

言いよどみ、ふと気がついたら、顔が近づいていた。
あわてて二人とも後ずさり、そのあと、どちらからともなく笑い出した。
「もう二度としないって、約束できる?」
「あぁ、しない」
「それから、今後はいつでも花より団子でおごる」
「約束する」
「それから、お詫びにここでキスする」
「わかった…、ってぇぇ!」
「は、早くして!恥ずかしい、んだから…」
商店街の隅で、二人は向かい合い、唇を重ねた。
「ムードとかねぇな」
「あんたが言わないの!」
また二人は手をつなぎ、歩き出した。

「で、あんた、あの写真どこから持ってきたの」
「杉並のだよ!」
「そう、白河さんのとか音夢にとか消したわよね?」
「い、いやまぁその、消した」
「今度チェックね、それに私のなんか、言ってくれれば、いくらでも…」
「はぁ?」
「う、うるさい!ただし、愛がないのはダメね!」

Fin


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 01:41:46 ID:XsxFJ7gD
>>215
まったくだ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 01:49:33 ID:wSz/bdyT
>>213
自演君に一票

224 :あの人:2006/08/24(木) 02:01:19 ID:j42/LH0p
>>194-199
GJです!そうですか、桜の魔法で……
って、手遅れって……いったいどうなる?!続きが気になりますね……
>>221
発売したら買うな(笑)ただ、一つだけ注文を付けるなら
和泉子と叶もプレーヤーで使いたいですね。

>>191
あれ、最初はどこで○ドアみたいなものだと思ってたんですけど、
ARの説明読んでると、あの扉の向こうの常盤(常磐?)村って、
天国に複製された方の常盤村(旧天之村)だと思えてきてしまって…
ちなみに水夏はまだやってないんですよ。売ってない…
>>200
同じ曲芸作品、といいますか、同じ世界のようです。
D.C.と水夏は同じキャラ(白河さやか等)が出てきますし、
ARは『水夏より前の物語』だとHPに書いてありますから。
死んだ種キャラ……えーと、まだ全く出てきてないのは…
トール、エルちゃん、ナタル、アズラエル、アストレイ3人娘
ウズミ、トダカ、パトリック、シーゲル、アフメド、
って、あげるとキリないですね……キラか萌にでも降臨?

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 02:35:06 ID:nSQypQkT
おああああああああああああああああおおおちんちぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 06:30:01 ID:ahuAl44j
放置できないのか。

>>221
GJ!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 12:28:13 ID:iPfDHCgK
眞子×ディアッカシリーズGJ
そういえばエスペディの原作のジエッジ完結したな
和泉子だとキャストオフ&クロックアップか瞬脱装甲弾

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:20:34 ID:1eGs0yDk
正直、痔×眞子には疑問を感じていたが
そのゲームはやってみたい。

それで、ネット配布はいつからですかw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 21:07:59 ID:lZzXhzuM
GJでした



隠しキャラのうたまる、メイリン、シホパッチはまだでつか?

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 21:53:09 ID:YMbOGXqr
  /;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:ヽ                   /:.'`::::\/:::::\
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;i                  /::            \
  i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;'''"'"'"ヾ;:;:;:;:;!                  /::.  .---‐'  """\ ヽ
  !;:;:;:;:;:| ,,,,,,,, -‐‐- ヾ;/                  |::〉 ,_;:;:;ノ、   ●" |
   ヾ、;:;:| =・= =・=  !"___            (⌒ヽ             |)
      \ :::L::   i       ̄`''ヽ、     、 ( __     ( ∩∩ )    |
     __ゝ'""""'' ,/       ,,.....、_ ヽ   ,,・   |           /  
    /  \ヽ,,,,,-''"       /    `ヽ! , ’,∴. ・ ¨ ヽ    / ̄  ̄7 / オヤジ話がちゃうで
   /"    (ノ    i      |     ’,∴、∵. ’    \  (──-┘ /  この人マジやんか!
   |      |     i     |        i        /\____/ヽ
   |  r'""/     ヽ    ヾ ,.--    |       /       /\ 〉 
   !  '/        ヽ    `ー‐''"ヾン      /        /


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 00:06:47 ID:mj2v6uB0
おちんちんおちんちんおちんちんヒギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 10:53:07 ID:Mw7suiOA
なんでナブカ様を無視してんだよ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 17:00:46 ID:SfH4XYxv
音夢タンのSSキボン

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 20:16:04 ID:yuPN/05f


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 21:35:58 ID:TwwiFIv5
age

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 23:49:25 ID:OYYe3XRr
おちんちんおちんちんおちんちんキィイイイイイイイイアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

237 :陽炎:2006/08/27(日) 01:45:36 ID:TIQJ6Kt/
八月十五日 午後四時
西に傾きかけた夏の日差しを受けた少年の瞳は、
凛とした決意を秘めただ一点、戦友を見つめていた。
先程会った華奢な印象は微塵も無い・・

アスラン「ニコル・・・」
ニコル「・・・お久しぶりです。アスラン・・・」
ディアッカ「!ニコル!やっぱりお前・・ニコルなんだな!」
ニコル「ええ・・あなた達の知る。ニコル・アマルフィです。」
アスラン「ニコル!」
イザーク「ニコル!」
ディアッカ「ニコルゥ!」
環「ニコルさん!」
三人は環を支え、少年に走った。
アスラン「やっぱりお前・・生きていたのか・・?」
ニコル「・・いえ。残念ですが、僕は・・もうこの世にはいない人間
なんです・・」
アスラン「な・なんだって・・!でも!こうして俺達の前に・・!」
ニコル「はい・・こうしてあなた達の前に僕は現れました・・。
アスラン、イザーク、ディアッカ・・そして、環さん・・聞いてください
・・僕は・・ある人から少しだけ時間をもらったんです。」
アスラン「え・・?」
ニコル「ここにいられる時間は・・限られています・・」
ディアッカ「ニコル・・お前は・・一体・・」
ニコル「信じられ・・ないでしょうね・・でも・・真実なんです。
そして僕は本物です。
・・僕がここに来たことには、ある理由があります。それは・・」
ニコル「アスラン、僕はあなたにあやま・・」
アスラン「ニコル!すまない!」
ニコル「あ・アスラン?!」
アスランは必死の表情で地に頭を付けていた


238 :陽炎:2006/08/27(日) 01:47:41 ID:TIQJ6Kt/
アスランは必死の表情で地に頭を付けていた
アスラン「俺が、俺がしっかりしていればこんな事には!」
イザーク「いや、謝るなら俺もだ!」
ディアッカ「俺だって!」
ニコル「み・みんな!」
神社の境内では三人の若者が土下座をするという光景があった。
その光景はシュールといえるかもしれない、だが笑える雰囲気など微塵もない。
アスラン「悔しかった・・お前をこんな目に合わせて・・
俺はお前を失い初めて自分の無力さをくやんだんだ!」
イザーク「それをいうなら俺のほうが悪い。
あろうことか俺はそのときアスランに八つ当たりをしたんだ!」
ディアッカ「それなら俺だって、お前が死んだのはあの時全くアスランと
合わせようとしなかった俺の所為だ!」
ニコル「アスラン・・イザーク・・ディアッカ・・顔を上げてください・・」
アスラン「ニコル・・お前・・」
ニコル「僕はあの時自分がアスランを庇った事を後悔なんてしていません。
むしろこうまでして三人の心を傷付けてしまった僕にも責任があります。」
アスラン「ニコル・・恨んでいないのか・・俺達を・・」
ニコル「アスラン・・僕はそのことをはっきりさせる為にこの世に戻ってきたんです。」
環「ニコルさん・・」
ニコル「環さん・・ありがとう・・あなたがいなかったら・・」
環「え・・?」
ニコル「いえ・・アスラン、イザーク、ディアッカ、僕があの時死んだ時
・・周りはギスギスしていましたよね・・」
アスラン「ああ・・俺は周りとうまく合わせることができなかった・・」
イザーク「俺もだ・・プライドばかり優先させて・・」


239 :陽炎:2006/08/27(日) 01:49:14 ID:TIQJ6Kt/
ディアッカ「俺も・・そんときゃどうって事無いと
思っていたけどよ・・お前が死ぬまでは・・」

ニコル「でも・・僕が死んだ後、しっかり三人は結束してくれました。」
アスラン「ニコル!でもあれは・・」
ニコル「そう、僕が死んだから、でも僕にはそれが十分な
手向けだったんです。」
アスラン「ニコル・・」
ニコル「いつか三人がザフトの理想を実現させてくれる・・
そう信じていました。そしてみんながナチュラルとコーディネーターの
垣根を壊そうと戦っているのを見て、僕はそれが嬉しかった。」
ニコル「でも・・辛かったんです!僕の事でみんなが悔やんでいるのを
黙ってみてるなんて・・僕には出来なかった・・!」
アスラン「ニコル・・ずっと俺達を見守ってくれていたんだな・・!」
ニコル「当然ですよ。みんな仲間ですから。」
イザーク「今でも・・俺達を仲間として見てくれているのか・・」
ニコル「同じことを言わせないでくださいよ。イザーク。」
イザーク「お前・・ふん。相変わらず臆病者かと思えば少しは
成長したみたいだな。」
ディアッカ「あー。お前照れてんな。土下座なんてガラにもないこと
しちゃって。」
イザーク「なっ!き、貴様もしていたろうが!」
ニコル「クスクス。相変わらずのノリですね。・・・アスラン」
アスランに話しかけはしたがニコルの視線は少し離れた場所に立っている
環に向いていた、おそらく環は気を使って離れたのだろう。
アスラン「ん?」
ニコル「初音島・・でしたっけ・・不思議な島ですね・・
僕もザフトにいたときは・・あまりナチュラルにいい感情を・・持ってなかったんです・・」


240 :陽炎:2006/08/27(日) 01:50:48 ID:TIQJ6Kt/
アスラン「・・・」
ニコル「でも・・この島に来て・・いえ・・
環さんにあってからでしょうか・・そんな気がどんどん薄れてきて・・
他にも色々僕に親切にしてくれた人もいるんです・・そういった人たちからにじみ出る暖かさ、
それを感じているうちにそんな僕が持っていた偏見がどれだけ馬鹿馬鹿しぃか分かったんです。
イザーク!ディアッカ!」
ニコルはまだ漫才をしている二人を呼んだ
「「ん?」」

ニコル「だから。これだけはみんなに言わせて下さい。僕にはもう過去しか
ないんです・・でもみんなには・・この世界に住むみんなには未来がある・・
だから・・僕の事で責任を今でも感じるというのなら・・いつか・・
ナチュラルとコーディネーター・・いえ・・全ての人々が笑いあって、
一緒に涙を流して、そして恋が出来る世界を造ってください・・それが・・
僕たち戦争で犠牲となった人たちへの最高の供養になりますから・・」

アスラン「ニコル・・分かった」
イザーク「ふん。いいだろう。俺達に任せてお前はゆっくり休め」
ディアッカ「グゥレイト!任せとけ!」

僕は仲間達とようやく和解することが出来た・・長かった・・
数年前・・死んでから数十年たったような感覚さえする。
確かにあの時死んで失ったものは多い・・でもここに来て得た物も多い。
死んだ後にというのが皮肉かもしれないが・・

ディアッカ「しっかし俺達プラントでお前の墓参りしてきたんだぜ。
なのに初音島にいたとはなぁ」
ニコル「すれ違いでしたか」
ディアッカ「あ、そうそうお前時間限られてるって言ったよな。あ

241 :陽炎:2006/08/27(日) 01:51:58 ID:TIQJ6Kt/
と何時間なんだ?」
ニコル「え?まだ一日あります。多分明日の夜十二時です。」
イザーク「そうか。まだ時間はあるな。」
ニコル「イザーク?」
ディアッカ「明日俺達がおごってやるよ。せっかく環に世話になったんだ。
明日二人でどこか遊びにでも行ってこい。」
ニコル「え?でも・・」
アスラン「どの道明日別れるんだろう・・彼女とも・・彼女には言ったのか?」
ニコル「・・いえ・・」
アスラン「なおさらだ。お前が彼女に言わなきゃ意味が無い・・」
ディアッカ「ま・・それもあるけど明日はパーッと遊んでこい。」
イザーク「うむ。楽しんで来い。」
ニコル「みんな・・」
嬉しくて涙が出る・・こうもいい仲間に恵まれていたと思うと・・
でも・・みんなの言うとおりだ・・僕から・・つたえなきゃ・・
僕は振り向き環さんの方へ歩もうと・・
ニコル「環さ・・」


シン「後は神社だけだな。」
ことり「アイシャで待っていれば会えると思っていたけど・・」
杉並「ふむ。とんだタイムロスになってしまったな。
もっと早くアイシャに行くべきだった」

石段の前に差し掛かるとアスランがすごい勢いで石段を駆け下りてきた。
アスラン「あ!シン!」
シン「アスラン?!ちょっと話・・」
アスラン「今はどうだっていい!そんな事は!
救急車を呼んでくれ!神社の事務所は鍵がかかってて開かないんだ!!」
シン「きゅ・救急車って・・・」
ことり「何かあったんですか?」
アスラン「環が・・倒れた!」
「「「ええええええええええ!!!!!!!」」」

僕は彼女のことをなにひとつわかっていなかった・・・
ひょっとしたら分かろうともしていなかったのかも・・
引き金を引いたのは僕、種をまいたのは僕、

― 環さん!しっかりして!環さぁぁぁぁぁん!!! ―


242 :陽炎:2006/08/27(日) 01:53:56 ID:TIQJ6Kt/
三日目終わりです。四日目は環のあのイベントの話です。
し・しかし・・これすでにアニメでやってたらどうしよう・・・orz

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 01:55:08 ID:ebcCUDt0
特別な力を持たないのに黒魔術で他人を不幸にする魔女や
やテレパシー使うような卑怯者と正々堂々と勝負して完全勝利した音夢様最強!!
他のヒロインなど引き立て役の背景にすぎん。

244 :陽炎:2006/08/27(日) 01:55:47 ID:TIQJ6Kt/
>>221 遅レス申し訳ありません。GJです。
男キャラは・・いませんよね・・

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 06:28:45 ID:EeznFNwJ
>>242
GJ!

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 06:30:21 ID:9/9EtkNk
遺伝子的欠陥を持っているのに、虚偽で他人を不幸にする魔女や
や生まれながらに最強君と正々堂々と勝負出来るクルーゼ様最強!!
他の種キャラなど引き立て役の背景にすぎん。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 12:49:53 ID:rRrulwZR
ギグィギギギアガアAaaaAAaアaaアアアア…GaaaaaaaギアrグウウggggggggっがげわgAAAがgxzccccccああがAGGGGGギギギ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 17:57:54 ID:DtlMMqBC


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/27(日) 22:00:28 ID:TK5qBJbB
音夢様は特別な力を持たないけど黒魔術で他人を不幸にする魔女や
テレパシー使うような卑怯者を軽くあしらう超々卑怯者なんでつよ
そんな彼女が大好きだ!!!


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 01:36:28 ID:rK0Ifi4R
クルーゼ様は特別な力を持ち、黒魔術並みの出生を理由に他人を不幸にしたり
空間認識能力を使うノリのいい性格をした変態を軽くあしらったりする超々変態なんでつよ
そんな彼が大好きだ!!

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 00:08:46 ID:LEEVH/q8
保守

252 :あの人:2006/08/29(火) 09:49:55 ID:PpYYAk2D
>>242
GJです!なるほど、あのイベントに繋がるわけですか……
アニメだと……資料が少ないですからねぇ
アニメじゃ、編入した時期すらわからないですから。
……PS組、せめてドラマCDかなんかで補完してほしかった、
無印の時のドラマシアターみたいなやつで。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 11:50:39 ID:8faYswcO
ぢんちん…ギッガガギギギgッギGaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaぢぃいいいいいいんぽおおおびぼォオオオオオオオオオオooAaaaGFa

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 13:07:31 ID:vz/+n6Eb
うがぁ・・・

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 03:51:08 ID:oMR9oPiY
ことり分が足りないのだよ!ことり分が!!

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 10:47:28 ID:DqsR/1/7
そんなもんイラネ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 11:37:16 ID:fcupozlR
ちょ、おま、スレタイ

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 11:54:29 ID:obysaXHV
ヒギイイイイイイイイイエッガアアアアアアアアアアアギギgがああAGFああaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaGGASgGaaa

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 20:15:35 ID:gKlf1Imf
保守age

260 :陽炎:2006/08/30(水) 22:44:38 ID:zloX1yLc
>>255
申し訳ありませんorz
というわけで環話終わったら載せるつもりだったやつを、んしょっと

261 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 22:46:13 ID:zloX1yLc
ことり「掲げた、それぞれの灯を、命と咲かせて・・」

さくら公園の中心、枯れた桜の木の下、私は歌を歌う・・

私は歌を歌う事が好き・・
歌っていると、全てを忘れられる・・・
だから・・歌が好き・・

私は自分にとって大切な人に歌を捧げられる・・
そのことがすごく嬉しい。
私のお姉ちゃん・・
信じあえる友達・・
朝倉君・・
そして・・シン君・・

私の前で目を瞑り、歌を聞き入っている彼、シン君を見る・・
朝倉君の事があってから・・色んな事がありすぎて、自分がどうしていいのか分からなかった・・。
必死になって立ち直ろうともした。
でも、答えは見つけられなかった・・

そんな時だったかな・・シン君に会えたのは・・
最初に会った時、まるで自分の鏡を見ているような気がした・・
私と同じで、周りが大きな流れになって、自分の見つけたい答えがその流れの反対にあって・・
必死になって答えを見つけようと流れに逆らって・・

シン君と会って・・シン君と暮らすようになって・・
シン君と触れ合って私はようやく立ち直れた様な気がした・・


262 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 22:47:02 ID:zloX1yLc
色々なことがあった・・
そのひとつひとつが宝石の様に輝いて、
私にとって大切な思い出になる。

シン君と過ごした記憶・・シン君に抱いた感情・・
それは私にとってどちらも特別なもの・・。

・・でも時々シン君に対しての自分の気持ちが
よく分からなくなる時がある・・。
普通の友達とは違う感情・・それは分かってる・・
でも・・以前朝倉君に抱いていた感情に近づいてしまったら・・
今の関係が変わってしまうんじゃないかって・・
そう思うことがある・・

でも・・そう思うということは・・やっぱり・・
私・・シン君のこと・・

シン「・・とり・・ことり・・?」
ことり「えっ?!」
シン「大丈夫?歌が途中で止まったから気になって・・」
ことり「あ。うん、大丈夫・・」
あんな事を考えていたから
おもわずシン君から目を逸らしてしまう・・

ことり「それにしても珍しいよね。シン君がこの曲を自分からリクエストするなんて。
ハイネ君とかが歌ったら即効で暴れていたのに。」
シン「うん。なんか前は整理的に
受け付けなかったんだけど、一度聞いたらなんだか気に入っちゃって」

(トリビア、ヴェスティージは本来シンのイメージソング)

ことり「それじゃあハイネ君とか殴られ損だね。フフ」
シン「う!ま、まぁそうなんだけどさ・・それに・・」
ことり「それに?」
シン「ことりが歌うと・・その・・なんだかすごく気持ちがいいんだ・・」
ことり「え?!」
シン「・・・」
ことり「シン君・・ありがとう・・」


263 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 22:49:42 ID:zloX1yLc
シン君といられて本当に良かった・・
これまでも・・できればこれからも一緒にいたい・・
この気持ちは・・もう少し答えを出さないで置こうと思う・・
私のわがままかもしれない・・けど・・
今はまだ・・お姉ちゃんと弟で・・

シン「帰ろうか・・もう遅いし、」
ことり「うん。」

大切な人がいる・・これからも、
たくさんの思い出を実らせながら歌い続けたい・・

だから私は歌を歌いつづけます・・。この大地で・・この世界で・・
私の大切な人のために・・。





トリビア補足、
西川さん曰く
「福田監督からSEEDのイメソン作ってって言われたんですけど、
俺あんま見てないんですよねーあのアニメ(苦笑)。
一応、役として出たんだけどーぶっちゃけあんま見てなくて(苦笑)。」

西川「それでキャラ設定見て、作詞家さんと相談したんですよ。で、
ガンダムSEEDDESTINYの主人公にシン・アスカっていうのがいるんですけどー。
シン・アスカが主人公だから、
主人公をイメージして作れば
SEED全体のイメージになるだろうなーって思って作りました。」


264 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 22:53:05 ID:zloX1yLc
原点としてシン×ことりです。
腕を磨いていずれシンとことりのカップリング長編を・・
でもってにトリビアの情報ソースです。
ttp://southernlight.jugem.jp/?eid=260#sequel


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 22:59:33 ID:XkxFWw2Z
リアルタイムでみましたよ、GJ!
俺の聞いた話だと、西川はVestigeをCE全体をイメージして作ったけど、
福田が「キラの歌だ」とか勝手に設定したって聞いたけど。
無論、こっちにはソースはありません。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 22:59:35 ID:ABKSYn1o
音夢タンのSSキボン

267 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 23:01:41 ID:zloX1yLc
>>266
ごめんなさいorz
まだ考えてる段階ですけど・・


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:05:58 ID:iU7WTm3l
ことりイラネ

269 :Vestige―ヴェスティージ―:2006/08/30(水) 23:07:56 ID:zloX1yLc
>>265
おお!ありがとうございます!
自分のような未熟者にもかかわらずgjやコメントしてくださることがなにより
嬉しいです!
今後もシンとことり以外で色々なキャラ同士を組ませて話を作ってみたい
ですね。

って>>267の人の分と一緒に帰すんだったorz


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:08:20 ID:ShSIIWKR
>>267 GJ!ことり分補給した


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:10:46 ID:iU7WTm3l
ことりイラネ

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:12:59 ID:ZwfymEQ0
しつけえよタコ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 23:55:28 ID:YMEbmm7y
>福田が「キラの歌だ」とか勝手に設定したって聞いたけど。
種死のアルバムにあったインタビューで福田が言っておりました。
ことりとシンが主役だと思ってないのはスタッフの中で監督だけということか。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 00:57:40 ID:iS2ugMxu
主役だとおもってるのがこのスレのキモオタだけだろ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 01:53:13 ID:hKEiqeIt
甘いな

シンとことりが主役だと思っていたら
このスレは存在してないのだよ

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 02:24:43 ID:AAzvqBJL
負け犬スレだしな

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 08:47:06 ID:y2VpVevW
とっくに気付いてたがもう駄目だなここ
さっさと避難所でも立てて亡命したら?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 11:34:23 ID:AGjVc/O1
ギッガギイgGaaaa…Ccc…ギャアアアアアアアアアアアアアアアアaaaaaaアアアaaアアアアアアアアアアアアアaaAaaaaaaaCcccccccアア

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 16:17:34 ID:S8hN/AmJ
>>264
GJ!やはりシン×ことりはいいな。
この調子でがんばって下さい。応援しとるよ。
しかしVestigeにこんな裏話があったとは。
西川はホントいい仕事をなさる。


280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 16:39:26 ID:AGjVc/O1
ギアガアアアアアеアアアアアアアアлллллллллллアアアアアアアアアアアЩЯЩЯアアアアЁアアアアアアアア
ぎいghsdっがあががGgggеAaaaaaaaaЙЁФaaaaaaaaaCcccccagGAAaaaaлеaaaaぎぎガッッGccccccガアアアAaagガアア
木trッヒイидイイイイイイハイイイイgバjハアアлеアアアЯЙアアアgじゃbGaaaaaaaaaaaッガaaaaaaaaaaaaaaCcccagaGaaギア
キヒガイハイハハュハアアアアアアアアアアアアはあああsdfhhhHaaЯЯЯЯЯЯGHyyyyyyyccCAaaaaaaaagaヒッhガイキЙЁФッヒィクウウゲrckjガ
―леидЩЯЙЁФлллллллллллллллллллллллллллллллллллллллл―
ギアガアアアアアеアアアアアアアアлллллллллллアアアアアアアアアアアЩЯЩЯアアアアЁアアアアアアアア
ぎいghsdっがあががGgggеAaaaaaaaaЙЁФaaaaaaaaaCcccccagGAAaaaaлеaaaaぎぎガッッGccccccガアアアAaagガアア
木trッヒイидイイイイイイハイイイイgバjハアアлеアアアЯЙアアアgじゃbGaaaaaaaaaaaッガaaaaaaaaaaaaaaCcccagaGaaギア
キヒガイハイハハュハアアアアアアアアアアアアはあああsdfhhhHaaЯЯЯЯЯЯGHyyyyyyyccCAaaaaaaaagaヒッhガイキЙЁФッヒィクウウゲrckjガ
―леидЩЯЙЁФлллллллллллллллллллллллллллллллллллллллл―
ギアガアアアアアеアアアアアアアアлллллллллллアアアアアアアアアアアЩЯЩЯアアアアЁアアアアアアアア
ぎいghsdっがあががGgggеAaaaaaaaaЙЁФaaaaaaaaaCcccccagGAAaaaaлеaaaaぎぎガッッGccccccガアアアAaagガアア
木trッヒイидイイイイイイハイイイイgバjハアアлеアアアЯЙアアアgじゃbGaaaaaaaaaaaッガaaaaaaaaaaaaaaCcccagaGaaギア
ギアガアアアアアеアアアアアアアアлллллллллллアアアアアアアアアアアЩЯЩЯアアアアЁアアアアアアアア

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 17:20:37 ID:It8pKMKD
び〜むさ〜べる

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 21:33:54 ID:mPEQzqVH


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 01:58:40 ID:m83uJoCj
ああ、今日で夏休み終わりだからなんかしたいが
何すればいいか分からずとりあえず叫んでみたって奴か?

>>264
GJ

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 03:28:14 ID:52NreoMj
住人の皆さ〜ん
9月ですよ〜

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 09:33:22 ID:gDnYArKy
>>207
死ぬほどワロタ
GJ

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:07:41 ID:oP4Si4np
↑ぶり返すな!クズ!

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 18:27:30 ID:FXdugvaq
本人乙。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:28:38 ID:1H+fzr66
シンの誕生日SSが完成したので、投下します。突貫工事で推敲して
無いから変かも…。

あれ?此処って、あの時の海…。
「シン!!」
この声、間違いない。この声の主は…
「…ステラ?」
「うん。あのね、これずっと返せなかったから返す。あの時は助けて
くれて有難う。」
あの時のハンカチ、ずっと持っていてくれていたんだ。
「後、プレゼント。今日はシンの大切な日だから。」
そう言って、ステラは俺に一輪の花をくれた。そうか、今日は俺の…
「誕生日!!」
目が覚めた。此処は初音島での俺の部屋。俺は少し混乱した。手の中を
覗いてみたが、夢だったのだからステラがくれた花も、ハンカチも勿論
無い。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:30:29 ID:1H+fzr66
>>288続き
そうだった、今日から2学期なのに疲れて帰宅したらシャワーを浴びて
眠ってしまったのだ。2学期初日だと言うのに眞子にはどつかれるわ、
音夢は逆に風紀を乱すわ、杉並とキラさんが共謀して始業式中俺の事を
笑わせようとするわ、純一とアスランはヘタレて止められないわ、
萌先輩はニコニコと笑って見ているだけだわ、レイはずっと俺の後を
真顔でついて来るわ、ルナは同情の眼差しを向けて来るわと散々な1日
だったのだ。え、ことり?…勿論今日も、可愛かったよ。
「…夢にステラが出て来なかったら、誕生日忘れたままだったよ。」
でも思い出したからって誰かに祝って貰える訳では無い。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:32:10 ID:1H+fzr66
>>289続き
ノックの音がした。もしかして、ことり?
「シン君、起きてる?」
「うん、今起きた。」
「入っても良い?渡したい物が有るの。」
「どうぞ」
ドアが開いてことりが何やら可愛らしいラッピングの手の中に納まる
位の小さな包みを俺に渡してくれた。これって、もしかして…
「シン君、お誕生日おめでとう♪」
「あ、ことり、覚えててくれてたの?有難う。開けても良いかな?」
「うん。…喜んで貰えると良いな。」
プレゼントは、可愛らしいレッサーパンダのキーホルダーだった。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:33:57 ID:1H+fzr66
>>290続き
そうだ、夏休み中のある日、一緒に宿題をして休憩している時にテレビ
でレッサーパンダの子供が映っていて、俺が何気無く「可愛い」と
言ったのだ。ことり、そんな事まで覚えていたなんて…。
「有難う、大事にする。でも、何でキーホルダーなの?」
「シン君、家の鍵いつも剥き出しでしょ?それじゃあ玄関に置いてある
時に寂しいから。鍵を無くしたら帰る場所まで無くなっちゃうよ?」
嗚呼、本当にことりったら…。
「うん、本当に有難う。」
「シン君、私だけじゃ無いよ?お姉ちゃんだって同じ事を思ってるよ。
お姉ちゃん大きなデコレーションケーキ買って来てくれたんだから。」

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:36:16 ID:1H+fzr66
>>291続き
「え、本当に?」
あの暦さんも、俺を家族だと思っていてくれてる事実に涙が出そうだ。
「紅茶淹れるから食べよう。お姉ちゃん待ってるよ?」
「うん」
その後、2人がささやかながら誕生日パーティーをしてくれた。
暦さんに1番大きなケーキを奪われたが久々に幸せな誕生日だからまあ
良しとした。これも1つ歳を重ねた事により生まれた余裕だろうか?
これからも、俺とことりの物語は続いて行く。<終>


済みません、完全自己満足です。ROM専に戻ります。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 22:42:08 ID:s0W00cX9
うーん

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 22:45:56 ID:xbpvuaN6
gjです!シン誕生日ネタ、いいですね。
完全自己満足とおっしゃいましたが、私も読んで和みました。
いい作品をありがとう!

295 :あの人:2006/09/02(土) 00:51:31 ID:fd6KhGZf
>>264
GJです!久々のシンとことり〜〜原点回帰も重要ですねっ。
ヴェスティージ……二番の歌詞がD.C.S.D.の
イメージソングのように思えてしまう、今日この頃。
環話も楽しみにしてますよ〜〜

>>292
GJです。なんか、なごみました。
こういう自然な感じも好きですね。
自分、パーティの話とか書くと
やたらと人数増えたり、色々とわざとらしくなちゃたりで、
無駄に長くなりますからね……
短くまとめれるのが羨ましいです。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:24:19 ID:AlRB9ek6
>>286
ぶり返すのは風邪
蒸し返すが正解

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:31:15 ID:ydR1o9z5
>>292
うん、もう書かない方がいいと思うよ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 03:28:22 ID:wBbs1zLE
新エンディングテーマ
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000149840.zip
パス:COSMOS

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 05:22:46 ID:4jv02+i/
>>292
GJ!
よかったと思います。
こういうのは嫌いじゃないです。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 06:41:57 ID:wjTuDjxr
>>292 GJだね。ただ一言言うなれば、
>2学期初日だと言うのに眞子にはどつかれるわ、
>音夢は逆に風紀を乱すわ、杉並とキラさんが共謀して始業式中俺の事を
>笑わせようとするわ、純一とアスランはヘタレて止められないわ、
>萌先輩はニコニコと笑って見ているだけだわ、レイはずっと俺の後を
>真顔でついて来るわ、ルナは同情の眼差しを向けて来るわと
何があったんだというのはさておき、いつの間にかみんな同級生に……

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 13:55:13 ID:dl5pLjPT
>>298
つまんねーwしかも映像はパクリ(苦笑)

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 16:14:25 ID:y/h4s7Uc
今見たらなんか編集ミスが・・・・すみません。>>298はスルーお願いします。
すぐに編集し直してみました。保管庫に公開する場合こちらの方をお願いします。
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000149975.zip
パス:COSMOS

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 20:28:01 ID:dl5pLjPT
…保管して欲しいなら全部自分で作れよ…アホか

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 21:29:18 ID:IdZ+80SE
>>302gj!
ed曲が違うとこうもイメージ変わるのか・・・
さわやかさんです。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 21:55:10 ID:pqRbv4DK
>>304
ありがとうございます。劇場版ZVのEDでも作ってみました。
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000149970.zip
パス:ZETA

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:03:41 ID:dl5pLjPT
まーた自演かよwID変わってるしよォwwここは自演スレか?wwwwwwwwwwwww死ねwwwwwwwwww

307 :陽炎:2006/09/02(土) 23:50:03 ID:IdZ+80SE
>>305
gjです!いや正直絵的にガクトは合わないかなーとか
思ったんですけど(御免なさい・・)なかなかどうして・・
シンとことりのイメージに合っているような・・

でもって四日目いきます。
し、しかしお盆ネタなのにもう九月・・orz
ノロマが!私のノロマが!!orz


308 :陽炎:2006/09/02(土) 23:51:35 ID:IdZ+80SE
八月十六日 送りお盆の日

ニコル「・・・・」
目が覚め、僕は身を起こした。
あたりの景色が昨日と違ってた事に気がつく、
そうか・・昨日環さんが病院が病院に運ばれた後
イザークたちのアパートに泊めてもらったんだっけ・・

環さんが倒れた後・・
救急車が呼ばれ、環さんは病院に運ばれた・・・
僕やアスラン・ディアッカ・イザークら四人も
救急車に乗った。
環さんは酸素マスクを付けたまま、何も反応を示さなかった。
なんで・・なんで環さんがこんな目に・・
僕は環さんの手を握り必死になって祈っていた。
病院に運ばれてから、僕達は廊下で環さんの回復を
待っていた・・
僕は環さんのことで怯えていた・・

夜遅くになり、僕達は病院を後にした・・
僕は難色をしめしたがアスラン達に説得され
やむなくアパートに戻った・・
布団に入っても環さんの安否ばかり考えてしまって
全然寝付けなかった・・
多分明け方近くになってやっと寝たんだと思う・・
時計を見た時ため息が出た。
もう午後二時にまわっていたのだから。
イザーク達は朝からカフェ・アイシャに
バイトに行っており姿はすでに無かった・・
ニコル「確か今、面会時間・・」


309 :陽炎:2006/09/02(土) 23:52:26 ID:IdZ+80SE
環さんの事を考えると
いてもたってもいられなくなってきた・・
僕はすぐに病院に向かうことにした。

商店街で花を買い、僕は環さんの病室の前に立っていた・・
昨日は運ばれてからずっと環さんは目を覚まさなかった・・
扉を開けて環さんが笑顔で迎えてくれたら・・
どんなに嬉しいことだろう・・。
でも仮に目を覚ましていたとしても・・・
僕が今日で消え去ることを伝えたら、
どんな反応を示すのだろうか・・

僕はほんの少しの期待と大きな不安を抱え、病室に
入った・・・。
ことり「あ、ニコル君」
ニコル「シンさん・・ことりさん・・アスランもいたんですか。」
病室の中では二人がお見舞いに来ていた。

ニコル「三人・・だけですか?」
シン「いや、ついさっきまでもっといたん
だけどすれ違いでほとんど帰ったよ。」
ニコル「そうですか。・・あの・・」
シン「ん?」
ニコル「朝倉純一は・・きたんですか?」
シン「うん。来たよ。今帰ったけど」
僕は自分自身に対し情けない気持ちでいっぱいになった。
こんなときにまで嫉妬している場合じゃないのに・・
ことり「ニコル君・・記憶・・戻ったんだよね・・」
ニコル「ええ・・」
シン「アスランから話は聞いた・・大変だったんだな・・」
ニコル「ええ、でもやっと・・自分にとってのモヤモヤを
払うことが出来ました・・皆さんのおかげです。
ありがとうございます。でも・・環さんが・・」
ニコル「・・環さんの具合はどうなんですか?」
朝倉純一への嫉妬という自分の醜悪な気持ちを踏みつけ
僕は環さんの状態を聞いた。
アスラン「ニコル・・心して聞いてくれ。」
ニコル「アスラン?!心してって・・どういうことです!」
アスラン「環は・・昨日からずっと目が覚めないんだ・・」
ニコル「え?!原因は!原因は分からないんですか!」
アスラン「それは・・」
ニコル「アスラン!」
アスラン「・・体に疲労とかも無いし・・倒れる要因が全く無いんだ・・」
ニコル「!じゃあ・・ずっとこのままだってことですか?!こんな・・」
ことり「ニコル君・・」
僕はその場に崩れた・・


310 :陽炎:2006/09/02(土) 23:53:14 ID:IdZ+80SE
ニコル「僕の所為です・・。環さんが衰弱してるのに・・
環さんのこと何一つ分かってないで・・
自分の事ばかり・・」
アスラン「ニコル・・お前の所為じゃない・・」
ニコル「何を言ってるんです?!僕が一番近くにいたのに
この状況を回避出来なかったんです!僕の!僕の所為で!」
その瞬間、自分が抑えていた感情が爆発した。
アスラン「ニコル!」
病院に似つかわしくない大声の会話が響く。
アスラン「ニコル・・落ち着くんだ・・」
ニコル「落ち着けですって?!よくもそんな事が言えますね!
僕の所為ですよ!こうなったのは!僕がいたから・・
環さんはこうなったんだ!」
言ってる事は支離滅裂。
完全に周りへの八つ当たりだった。
とことん自分が嫌になった。自分が何も出来なかったから・・
そのはけ口としてみんなを・・
自分が最低だと分かっているのに自分を止められない
ことがさらに腹ただしかった・・
シン「ニコル!違う!」
ニコル「最初から・・僕なんかこの島に来るべきじゃなかったんだ!
死んだとき・・あのまま消えてしまえば良かったんだ!」
その瞬間、アスランの堪忍袋の尾が切れた
アスラン「この・・馬鹿野郎!!」
アスランは拳を振り上げた、そして・・
パシィッ!
病室に音が響く・・だが・・
僕は何が起こったのか分からなかった・・
アスランは上げた拳をニコルに下ろしていなかったのだから・・
「先輩・・何やってるんですか・・。」
目の前には僕を平手打ちした少女が立っていた・・
僕を見下ろすその子を、僕は知っていた。
ニコル「君は・・香澄ちゃん?!」


311 :陽炎:2006/09/02(土) 23:56:35 ID:IdZ+80SE
四日目一回目です。
なんか暗い展開になりました・・
ニコルはすでに少し錯乱している。状態です。
元とキャラはなれすぎだよなぁorzうーん


312 :動画作者:2006/09/03(日) 02:48:11 ID:VeFbQPyt
>>305
勝手に人の作品の映像使わないでもらいますか?作ってみましたって曲変えただけでしょうwwww
曲変えただけで自分が作ったみたいな言い方しないでくださいね^^コスモスとかわけわかんねぇんだよ糞が^^

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 06:43:19 ID:dMUimbfm
夏は終わった。

>>311
GJ!!


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 09:51:20 ID:u478q6Bg
        .,i´.,/` /`/`.,i´ ,/`  ../::;;;;;;;;;::::::::::::::::゙'i、゙l, `i、 ,!: 丶
        │,i´  : `"..,i´ .,i´   ,l゙`゙゙゙゙゙゙゙゙''''―-、│ |  │ ゙l  ゙l
        ," |     .l゙  |:    /:        `''| l゙  .| .|  `),
       .l゙ | | : : : : .l゙: : :|: : : : l゙          l  |  .l゙ : l゙ |゙l
       |  | | : : : : │: ::|: : : |     /ニニ ,,l゙: ::,!: ../ │ :|: ゙l
       │ .l゙ | : : : : ": _,,―‐'゙\__/     l゙: :/: :/,i ..,l゙: ,/: :゙l
       .|  .| | : : _,,-'"`              ゙̄:i/: .,/: ./:: : l゙
      │: : |: 丶  '゙l、               : `i、/ : : :/:::: :l゙
      '|``'-|: : 丶  ゙i、''゙,,ニニニミ'    /  ,ニニニ、、  |: : :_,,/.:: :│
      │、: : \、:ゝ ゙l゙(、 ◎ ,)  | (  ◎  )'  ̄i'‐ : : : : :l゙
      l゙  │: : \、: :/   ̄ ̄"   : 、 ' ̄ ̄"   /: : : : : :l゙
     .| .":|: : : |゙l::` ̄'         l       ./: : ::: : : : :,
     .|  l゙  │゙l::: : :       .、,,_ _,,i、     \::::::::::::: : :,| 呼んだ?
     l゙: . |  : |;;│:         `"        : ::,l゙;:,、: : : |
     |: │ :: |;;;;;゙l,: :       ニニニニ=‐      : ./::::l゙: : : : |
     |、:" | : |;;;;::::丶、:      .,,,,,,,,,,,、     : ,,'":: |:  : : |
     |: : : ,! : |;;;;;::::;;;`-、:             ..,,i´;;;;;: |:  : : :|
     | : : :|` : |;;;;;;;;;;;;;;;;,/'-,_:        : ._,,/;;;;;;;;;;; |:   : : l
     |:: : : |: │;;;;;;;;;;;;/  : `''-,,_: .__,,,,,,,-‐'゙);;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  : : :

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 15:20:26 ID:LP3IKyY+
>>314
呼んでねーよ
つーか誰だよw

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 01:08:36 ID:stTlBMI2
邪神モッコスを知らんとは・・・

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 10:51:51 ID:1RH8iiVI
バカが偉そうに

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:15:33 ID:kwTAb4Zb
どうでもいいな

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 22:32:49 ID:L3M7T8zv
このスレ、これ以上gdgdになる前に終わらせた方がいいんじゃないか?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 23:42:15 ID:gupEfHqz
このスレで終わり終われ終わってる

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 00:04:19 ID:mLBq5DU7
種派、D.C.派で荒れていた頃が懐かしい。
もう残っていないんだろうな。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 03:01:42 ID:z/x4jV6a
それでも!
シン×ことりが好きなんだ!!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 04:07:22 ID:8KkWosfm
俺も!

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 05:56:15 ID:WOx+Qr0y
まあ昔からいた職人もどんどんいなくなったしな。
終えるとしたら納得できるSSが読みたい。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 11:03:39 ID:FmFyJ1Tl
既に住民同士で話し合うべきこともなく、職人の投下待ち状態か。
なら暇で物好きな人はどうぞ↓

ttp://www.youtube.com/watch?v=0A_0VuDluUQ

鈴村健一と堀江由衣が主人公と敵役で競演したアニメ。
ちなみにヒロインの声は浅野真澄。
石田彰や三石琴乃も出演してる。

俺的感想:声ばかりか髪型や言動まで似てる感じがする
      ヒロインにななこを意識してしまう。
      それと最近のアニメは特定の声優を使いまわし過ぎじゃね?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 12:06:21 ID:KWVqPFon
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1150244780/
こっちの方がおもしろいよ^^

327 :陽炎:2006/09/06(水) 18:20:01 ID:plR9OGqG
少女は少年を見下ろしていた。
見損なったとでも言わんばかりに
香澄「最低だって思わないんですか?先輩」
ニコル「・・・」
香澄「そうやって暴れれば環さんが喜ぶとでも思ったんですか?」
ニコル「・・・く・・」
香澄「本当は私達だってあなたと同じ気持ちなんですよ。
それを自分だけが被害者みたいな顔して・・」
香澄の言葉はニコルの心を容赦なくえぐった・・
ニコル「分かっているよ・・僕だって・・でも・・
環さんは起きない・・」
香澄「環さんが起きていたら先輩がやったこと許すと思うんですか?」
ニコル「!」
香澄「環さん、きっと悲しみますよ・・」
ニコルはよろよろと立ち上がった
ニコル「ごめんなさい・・みなさん・・こんなことをしてしまって・・」
アスラン「いや・・お前の気持ちも分かるよ・・もう・・時間が・・」
そう、ニコルは今日の夜、消えなければならない・・
それにたいする不安も先程の癇癪につながる一因に
なってしまったのだろう・・
ニコルは、いや、ここにいる全員考えていた
どうすれば環を救うことが出来る、と
ふとそのときだった・・
病室に合わない声が入ってきた
「うにゃー」
そこにいる全員が声のした方を見た
シン「うたまる?!」
そう、さくらのつれていた猫だ。
その時、ニコルは閃いた。
!さくらさん・・そうだあの人なら


328 :陽炎:2006/09/06(水) 18:20:54 ID:plR9OGqG
何か知っているかも・・
ことり「うたまる君、ニコル君を誘ってるみたいだよ」
ニコル「え?!」
見るとうたまるはニコルに対して
こっちに来いという様に首を促していた。
ニコル「僕を向かえに来たんですか?」
うたまる「うにゃー」
そうだといわんばかりにうたまるはうなずいた。
考えてみれば猫が病院にいる事自体
不自然なのだ。
シン「ニコル!」
ニコル「僕、行きます。なにかすごく重要な事のような
気がするんです。」
ここにいる全員がニコルと同じ様にうたまるが
何か重要なことを知っているような気がした。
アスラン「ニコル・・分かった。行け。」
ニコル「はい!」
ニコルとうたまるはそのまま病院を
飛び出していった。

シン「それにしてもお前がニコルをはたくとはなぁ」
香澄「私も以外って思ってるわよ、
でもニコル先輩がああも暴走する方が以外だけど
・・先輩・・好きなんだろうな、やっぱり環さんのこと・・」

うたまるにつれられニコルはさくら公園の中心、
枯れた一本の桜の木のところにやってきた。
さくら「来たね・・」
ニコル「さくらさん・・」
さくらは桜の木を見上げていた。
ニコルが来たのを察知したのか後ろを向いたまま
さくらはニコルに声をかけていた
ニコル「環さんの治療法・・知っているんですか・・」
さくら「・・うん」
ニコル「!教えてください!環さんを助けたいんです!」
さくら「でも・・君に助ける資格があるの?」
ニコル「え?」
さくら「前に、君に警告したはずだよ。もう環ちゃんに
関わるなって」
ニコル「警告・・?あ・・」
その時ニコルの脳裏によぎったのは
さくらの声だった、最初さくらの声に
聞き覚えがあるとニコルは思った、それは
けっして勘違いではなくさくらの声そのものだった。
二人は確かに会話をしていた。昨日の夢の中で・・


329 :陽炎:2006/09/06(水) 18:21:53 ID:plR9OGqG
ニコル「やはり・・僕の所為なんですか・・こうなったのは・・」
さくら「・・うん・・」
ニコル「・・今更ですけど・・どうして・・」
さくら「巫女は常に純白のように綺麗でなくてはならない・・」
ニコル「は?」
さくら「環ちゃんは神に仕える巫女・・
その心は誰にも捧げてはいけないんだ・・環ちゃんは巫女の中でも特別な
存在なんだ・・神様意外・・誰にも心を捧げてはいけないのに・・
君を環ちゃんは本気で守ろうとしたから」
ニコル「・・だから・・その罰だって言うんですか・・。」
さくら「うん・・それでも、君は環ちゃんを助けたい?」
ニコル「・・はい。罰だというのなら、僕が受けます。」
さくら「でも・・君が助けたところで・・君は今日消えてしまう・・
それに環ちゃんには他に好きな人がいるんだ・・」
朝倉純一・・ニコルの頭にその名が浮かんだ・・
ニコル「関係ありません。環さんが僕をどう思っていても・・
僕は環さんを助けたいんです・・」

さくら「・・本気で助けたいんだね。」
ニコル「はい・・」
さくらはニコルを見た・・その表情から伝わる熱意は本物・・
何を言っても聞かないだろう・・
さくら「今の君なら助ける資格があるかもしれない・・」
ニコル「!じゃあ」
さくら「でもね・・この方法はものすごく危険なんだ。失敗すれば
君の魂は永久に消滅してしまうかもしれない・・」
ニコル「かまいません!必ず成功させてみせます!」
さくら「本気なんだ・・わかった、いいよ。
環ちゃんをここに連れておいで・・」

数十分後・・車椅子に環を乗せ、ニコルはやってきた。
ニコル「さくらさん。連れてきました。」
さくら「待っていたよ」
純一「ニコル・・」
ニコル「朝倉・・純一・・」
公園にはさくらといっしょに純一が桜の木に立っていた。
ニコル「さくらさん・・これは・・」
さくら「環ちゃんを救うにはお兄ちゃんの力が
必要なんだ。でも・・君が拒否するなら・・」
ニコル「拒否なんかしませんよ・・」
さくら「え?」
ニコル「朝倉さん・・」
ニコルは純一にふかぶかと頭を下げた


330 :陽炎:2006/09/06(水) 18:25:18 ID:plR9OGqG
純一「ニコル?!」
ニコル「お願いです!環さんを!環さんを
助けてあげてください!」
純一「ニコル!分かった!分かったから!頭を上げてくれ」
ニコル「純一さん・・」
純一「でも助けてあげてくださいってのは違うと思うぞ。」
ニコル「?」
純一「二人で助けるんだからな。」
ニコル「あ・・」
純一「絶対に、環を助けような・・」
ニコル「はい!ありがとうございます!」
今までニコルが抱いていた嫉妬はもうどこかに
消えてしまった・・
これなら二人が協力するのに問題はないとさくらは思った。
さくら「始めるよ。そこに環ちゃんを寝かせて・・」
さくらが指定した場所にニコルは環を寝かせた。
さくら「今からお兄ちゃんの能力を通して環ちゃんの見ている
夢の中に君を落とす。」
ニコル「二人で夢の中に入るというわけではないんですか?」
さくら「お兄ちゃんの能力というのは人の夢をのぞけるという
ものなんだ。それを通して君の魂を体から一旦外して
環ちゃんの夢に送り込む。
魂だけなら何とかなるはずだから」
さくらの雰囲気は先程以上にキリッとしたオーラに
包まれていた・・
魔法使いの孫と発言したことに信憑性
がものすごく感じられる・・
ニコル「・・お願いします・・」
さくら「いくよ」
純一「ニコル、頼んだ。」
ニコル「はい」
二人は強く念じた。強く、強く、
枯れた桜の木はそれに呼応するかのように花を付け始める
ニコルは思った。
三日前、ここで僕は願いを叶えた
そして再びここで願いを叶える・・
僕の責任でもあるから・・
巡り巡ってここに戻ってきた・・
僕は僕の・・いや・・環さんを心配してくれる人たち
全ての人たちの願いを叶えるべく、
魂に戻る。

環さんを救うという願いを

始めはただただ彼女に見とれるだけだった・・
でもたった一日一緒にいるだけで彼女にいつの間にか
彼女の虜になっていた
環さんの見せてくれた優しさ、僕は忘れない・・
だから今度は・・だから今度は・・

−僕があなたを助ける番だ−


331 :陽炎:2006/09/06(水) 18:27:16 ID:plR9OGqG
四日目、二話です・・
色々突っ込みどころ満載だと思いますが・・orz
この話が終了しても書き続けたいです。
スレがこんな状況になってしまっても書く気持ちは忘れたくないです・・。



332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:36:14 ID:cvERDHpA
全ての住人はこんな気持ちさ…

……GJ!!!!!

これが答えだよ。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 19:37:34 ID:djLCE/lq
風前の灯火

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 20:03:37 ID:kvJrpEMM
GJ、気にせずがんがってくれ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 21:36:27 ID:WOx+Qr0y
GJ!
頑張ってください

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:27:16 ID:ZE0637qo
(^v^)<クヒュヒュ

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 02:31:11 ID:Tb3yiG81
ことり「また背景になっちゃったね」
シン「……うん」

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 13:00:06 ID:2ZKDJScT
「勇者で勝者、そんなのは理想だ。敗れた者達の中にも勇者はいたはずだ」


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 16:07:25 ID:1FfJjV+T
シン「所詮俺たちはどんなにあがこうと背景なのか・・・・」
ことり「・・・・・」
シン「何、ことり?」
ことり「私、シン君と一緒だったら背景でもいいっすよ♪」
シン「・・・・ことり」


                             Fin

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 16:17:37 ID:rVkioU9W
つーかいつまで糞アニメに夢見てんの?
ダカーポはよくしらんが種は救いようがないだろ
ガンダムの面汚し種は氏ね

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 17:18:37 ID:iqr+Sc5g
>>陽炎氏
GJ!

最後までガンバってください!

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:02:16 ID:P9gauDaI
なんか、どこでどう褒めれば良いのか分からないって感じだな

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 20:32:52 ID:S0cDlShr
もうお終いだよ諦めろアホども

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 21:07:42 ID:q6gVUaMJ
気に入らない職人を片っ端から追い出しまくった結果だしなぁ

>>339
GJ。
もうこれで〆でいいや・・・。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 21:56:14 ID:/dKH2ON3
>>344
寂しいぜ・・・ホントそうだな。
容赦を知らない輩もいたからなぁ・・・

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 22:30:28 ID:j7vkpYLB
単発IDで自演かい?

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 01:30:07 ID:L2piPY8c
自演スレ最悪 終了

348 :345:2006/09/08(金) 05:53:01 ID:HZWMs5HE
ちょっと待て、俺は違うぞ。
勘違いされちゃ困る。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 06:49:59 ID:WYk8D/6L
ここまで俺の自演

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 10:07:08 ID:dXX1zfQj
                             |
                             |
      ∩___∩             |
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)   J  ))
    彡、   |∪|  ノ
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

   ↑この精神を忘れないようにしましょう

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 13:10:32 ID:KbpSgXZi
  そんな釣りで俺様がクマーー!!      ,,_
\                          r'o p。`、
  \                        l  ,.- 、ヾ       r' `ー- 、
   \                       l '-‐‐-' ,'       ' ,   .;;.`l
     \                     ',    j         ,i' ,,  '' l
      \                     〉    k       , '     ,ノ
        \                   ,'     ',      , '     ,'
         \                7      l     , '      ,'
           \              ,'      ,'    , '      ,'
            \   ,, ,.-‐--.,,__ ,'     , , ' 、  ,'         ,'
              \r''"´      ,  `   '"    `'、       ,'
              (´⌒qヽ    , '                   ,'
                ,、n_ノ    , '  _r-‐- 、             l'
               ' 、    _, ' ., r-' _,-‐q i             ,'
            ,.‐-、_,,ソー'´  , ; 、_γ  l       ,      ,'
          r‐'´g ri ::     ,'  '、  r_,  'l     :´ `ヾ   ,.'
          `、 r, i | :     ' ,   ` 、   j     '       , '
           t、o_ tj ::       ' ,  、`ー--,'.:        _,ノ
            `ー-‐'´ `ー----‐'"`ー、`____;'-、     ,-'


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 14:44:00 ID:yVWLsQAS
潔く終わっちまえよ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 14:52:03 ID:4khkJiAc
なんでそこまで終わらせたがるんだ?

見たくなきゃのぞかなければいいだろうに。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:03:02 ID:7VXtq2kZ
暗躍スレ住民もなりふり構わなくなってきたな

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:51:17 ID:HZWMs5HE
>>353
同意。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 15:59:57 ID:yVWLsQAS
この状況でまだ続けようとしてる奴らってwwww

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:18:38 ID:vBML0I8+
よく考えよう。

見なきゃ良いのに見ているやつらは、なんだかんだでSSが気になるんだよww

素直じゃ無いだけさw
優しく見てあげようぜ。
俺らの 大 き な 心 で さ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:20:01 ID:4khkJiAc
>>356
別に俺は職人さんがいて作品を投下してくれているから
見に来ているだけで続けようとも思ってないし、終わらせようとも思ってない。

職人さんがいなくなれば自然と終わるだろ。そんだけの話じゃないか。


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 17:43:13 ID:JSXaGILy
終わるとかはどうでもいい
とりあえず自演はやめれ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 18:27:50 ID:WYk8D/6L
ここまで俺の自演

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 19:06:13 ID:JPy79LSz
この状況でいったい何を期待しているんだか、オマイラは
自分たちで職人追い出したくせに

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 20:42:28 ID:yVWLsQAS
一緒にするなとか言うやつが出るぞ

363 :陽炎:2006/09/09(土) 00:38:49 ID:eX/yHGYc
意識が落ちる中、ニコルはさくらの声を聞いた・・
ニコル君・・聞こえる?
「さくらさん?」
環ちゃんに会う前に、君に話しておきたいことがある・・
どうしてボクが警告したのか・・
どうして環ちゃんがこうなることが分かっていたのか・・
本来はね、おにいちゃんがこの病気を引き起こす
はずだったんだ
「純一さんに・・心を捧げようとしたから・・ですか・・?」
うん・・恋をしていたから・・それこそずっと昔からね・・
「そんな前から・・」
うん、二人が小さい頃に環ちゃんは発病しそうになった。
その対処としてお婆ちゃんが環ちゃんの記憶を部分的に
切り取ったんだ・・
「あ!環さんが言っていた、幼い時の記憶がないって・・!」
うん・・そして月日が流れ、この島を一度去った環ちゃん
が戻ってきた。そしてお兄ちゃんにまた恋をした・・
でも発病することはなかった・・
「・・」
お兄ちゃんには両想いの人がいた・・
それが環ちゃんの心にブレーキをかけたんだ・・
「それが・・僕がこの症状を・・」
うん・・酷な言い方だけれど・・
君を本気で守ろうとしたから・・
環ちゃんが君をどう思っているかは分からない・・
でもその所為で巫女の力が暴走してこうなったんだ・・。
「・・・」
ニコル君?
「でも僕にはこうしか出来ません・・僕は環さんを助けたい!」
ニコル君・・分かった。環ちゃんを・・頼むよ。
「はい!」

視界が開けた時、ニコルはまるで漂うような感覚だった・・
「これが夢の中・・」
ふいに頭の中にビジョンが流れ込んできた。
「これは・・なんだ・・環さんの・・記憶?」

小さな子供たちが遊んでいたその中で一人女の子が鞠をついて
遊んでいた・・一人だけ子供たちの輪から離れて一人鞠をつく姿はなんだか寂しい・・
ニコル「この子・・環さん?」
ふいに数人の少年が環さんと思しき女の子を囲んだ
だが一緒に遊ぼうと誘いそうな雰囲気は微塵も無い・・
少年たちは鞠を持った女の子をジッと威圧していた・・
女の子はただただ怯えるばかりだった・・。


364 :陽炎:2006/09/09(土) 00:39:57 ID:eX/yHGYc
「お前が変なこと言うから本当になったじゃねえか。」
「お前の所為でコイツは犬に噛まれたんだぞ」
少年が指を指した先には足に包帯を巻いた少年が立っていた・・
「でも私、神様の声、聞いたんだもん。」
怯えながら、少女は少年たちに反論した。
が、それは逆に少年たちの怒りに火を注ぐ結果となってしまった。
「またその話かよ。いい加減でたらめいってんじゃねえ」
「本当だもん!聞こえたんだもん!」
「いい加減嘘つくのやめろよ」
「だって・・聞こえたんだもん・・」
「聞こえるわけないだろ。聞こえたら魔女だ」
「聞こえたんだもん・・・」
少女の声は小さくなっていく・・
涙をためながら少女は必死にこたえようとする・・だが・・
「やっぱり魔女だコイツ」
「魔女だ魔女だ魔女だ」
「魔女魔女魔女―」
少年たちは一斉に女の子に魔女コールをする。
女の子は鞠を抱きしめ今にも泣き出しそうだった。
ニコルはすぐにでも止めに入りたかった。
だがこれは映像、手の出しようなんてなかった。
少女は涙をぐっとこらえていた・・
この人たちの前では泣きたくない・・
その気持ちがニコルにじかに伝わった
その様子はものすごく痛々しかった・・
(・・どうして・・?)
(私は魔女なのかな・・?)
少年たちが去った後、少女は鞠を抱きしめ・・
ただただ涙をこらえていた・・

カッ!!
ニコル「わっ!」
画面がフラッシュバックし、一気に風景が切り替わった
ニコル「ここは・・環さんの神社・・?」
少女は以前(?)ニコルと環が上ったご神木に走っていった
そしてたどり着くと、もう涙を抑えることはなかった・・
「うっ・・くぅ・・ああああああああああああああああ!!!!!」
おそらくさっきの記憶の続きなのだろう。
少女はこらえ切れなくなった感情を声にし、
思い切り泣いていた。
その泣き声は・・境内に虚しくひびいていた・・
ニコルはただ見つめることしかできなかった・・
そして手の出せないことに腹を立てた
「どうして泣いているの?」
ふいに上から声が聞こえた。


365 :陽炎:2006/09/09(土) 00:41:00 ID:eX/yHGYc
「「え?」」
少女と同時にニコルも同じ反応をしていた。
そして上を見上げた・・
上には少年が枝に座っていた・・
「だぁれ?」
「上ってくれば分かるよ」
「え?でも私スカートなんだよ。上れないよ」
「そんなの気にするなよ」
少女はあたりを見回し誰もいないことを
確認すると(ニコルは見えてない)
木に登っていった。
「んしょっと」
「ほら、つかまれよ」
「あ、ありがとう・・」
少女は次に目に飛び込んできた風景に圧倒された
「うわぁ、高いね」
「泣いていないで、元気だせよ」
「うん、ありがとう」
「やっと笑ったな」
「え?」
少女は自然と笑ってる自分に気がついた。
「あなたは私のこといじめないの?」
「なんで?」
「だって私、魔女だもん」
「?魔女なのか」
「ううん」
少女は首を横にふる
「魔女っていうのは人を幸せにするもんだぜ
本当はすごいんだからな」
「そうなの?」
「そうさ」

その瞬間、少女の気持ちがニコルに伝わってきた。
少女には分からないのかもしれない・・
だがニコルにはおおよそこの少女の
抱いた気持ちが分かっていた・・
ニコルは確信した・・
あの子は環さんだ・・そしてあの少年は・・おそらく純一さん・・
ニコル「純一さん・・あなたはずっと・・
守っていてくれたんですね・・環さんの心を・・」
心の中で感謝していると・・



366 :陽炎:2006/09/09(土) 00:43:26 ID:eX/yHGYc
カッ!!
再び場面が切り替わる
今度の映像はさっきとは違い、環の周りを
女の子たちが去っていく
「何よ。未来を見てもらったら事故に遭うですって。
失礼しちゃう」
「もうアイツとの友達やめよーよ」
「そうね。よく考えたら不気味だし」
場面は違ってもニュアンスはさっきの映像と同じだった。
女の子たちは環の巫女の力を興味本位でひっかきまわし
気に入らなかったらさっさと捨てる。
ニコルはさっきの少年たちともども彼女達を許せなかった。
「私だって・・こんな力・・いらないのに・・」
「どうして・・みんな勝手すぎる・・」
「せめて・・コントロールできるようになりたい・・」
「巫女の修行に耐えれば・・コントロールできるはず・・」
その少女の目には並々ならぬ決意があった。

カッ!!
また画面が切り替わる。
今度はシンやことり達と一緒にいる環が見えた。
環はとても幸せそうな笑顔を浮かべている。だが聞こえる心の声
は違っていた・・
(普通の女の子になりたい・・)
その思いは強くニコルに伝わってきた。
「普通の女の子になりたい?」
カッ!!
さっきまでとは比較にならない程の強い光が
ニコルを覆っていった。

ニコル「普通の女の子になりたい・・か」
考えてるうちにニコルは夢の中に降り立った。
さっきの広場と風景、そしてあたりは夜になっている。
感じる・・さっきまでとは違う感覚・・
多分ここに環さんはいる。ニコルはそう思った・・
環さんはどこだ。
あたりを見回し・・
いた・・!
少年の見た先には巫女装束でたたずむ環の姿があった・・
ニコル「環さん・・」
環「ニコルさん・・」
環は振り返った・・しかし・・そこに笑顔はない・・
これが・・今の環さんの心の姿・・
環「どうして・・来たんですか。」
ニコル「あなたを・・連れ戻すためです・・」
ニコルは環を見つめる
だが環はニコルと向き合おうとはしなかった・・
ニコル「帰りましょう・・環さん・・」


367 :陽炎:2006/09/09(土) 00:44:45 ID:eX/yHGYc
環「桜が満開ですよ・・」
ニコル「環さん」
環「ここはいつまでたっても・・何も変わることが無いんです・・」
ニコル「・・・」
環「だからずっと・・ここの桜は満開なんですよ・・」
ニコル「こんなずっと変化のない世界にいたって・・
なんにもならないじゃないですか!帰りましょう!」

環「・・私・・帰らない・・」
ニコル「環さん!」
環「帰る資格なんてない!」
ニコル「?!」
環「私・・帰る資格なんてないんです・・!」
ニコル「資格って・・・」
環「私・・ずっとニコルさんを利用していたんです・・」
ニコル「利用?」
環「ずっと・・私は巫女でいようとしたんです・・
でも・・この島で・・朝倉様や皆さんと過ごすうちに・・
普通の女の子になれたらっておもうようになっていたんです・・、
でも・・巫女をやめたら・・私が私でいられるかどうか
わからないんです・・・」
ニコル「・・」
環「それでもせめて私を知る人には普通の女の子として
接したかった!でも一人ではどうすればいいかわからなかったんです・・」
環はただただ自分を責めた。
環「あなたと出会った時、ピアノの時、
私は本当にあなたを救おうとした。同じように記憶を失い。
同じようにひとりぼっちのあなたを・・」
環「あなたを守りたい。救いたい。そう誓ったのに・・
一緒にすごしていく内にいつもと違う自分になっていることに
気がついたんです!分かっているのに!これがあなたを傷つけて
しまうと分かっているのに!違う自分に酔って
あなたを利用してしまった!」
悲痛な叫びは夜桜の広場に響く・・
環「こんな事を隠していた私が帰る資格なんて!」
ニコル「・・隠していたのは僕だって同じなんです・・」
環「え?」
花びらが舞い散る・・
ニコル「僕は・・僕の魂は今日で消えなければいけないんです・・」
環「!」
ニコル「僕は・・もう死んだ人間なんです・・かつての仲間達に僕は
謝りたかった・・それで僕はお盆の間だけ時間を与えられ、
帰ってきたんです・・」
環「だったら・・だったらなおさら私は帰ることなんて
出来ません!」


368 :陽炎:2006/09/09(土) 00:45:46 ID:eX/yHGYc
ニコル「環さん!最後まで話を聞いて!」
環「帰っても・・元の世界に帰っても!辛いことばかり
じゃないですか!あなたと別れるなんて・・耐えられない!
私には帰る必要も!帰る資格も!」
ニコル「違う!!」
ニコル「確かに・・確かにあなたが目覚めても・・僕が今日消える事実は
変わりません・・でも僕が消えるのは僕にはもう
未来がないから・・でもあなたは生きている!だからこんな
場所に閉じこもらないで!」
環「でも・・こんなことをしてしまった私を好きになってくれる
人達なんて・・」
ニコル「ここにいます!」
その時の真剣なニコルに環は一瞬たじろいた。
ニコル「僕はこの世にずっと戻りたかった・・。
でも願いがかなってこの世に戻ってきたとき、
ただ怖がることしか出来なかった・・」
ニコルはうつむき、自分の手を見つめた。
ニコル「でも環さんがいてくれたから!こうやって仲間達に
謝ることが出来たんです!環さんがいてくれたから本当に
現世に戻ってよかったって思えるんです!だから!だから
そんなに自分を責めないで!」
環「ニコル・・さん」
ニコル「あなたを待ってる人は沢山いるんです。だから、
帰りましょう」
環「でも・・私・・」
ニコル「大丈夫・・ん?」

ふとニコルの耳に何か声が聞こえた。
声は次第に大きくなってくる・・
ニコルは耳をすましハッとした。
そうか!これは!
ニコル「環さん!」
環「え?」
ニコル「あなたがみんなに愛されているかどうかその耳で
確かめて・・」
環は耳をすまし、次第に大きくなってくる声を聞いた。

それは、環とニコルへのエールだった・・
さくらがみんなの声をそのまま環の心に送っていたのだった
アスラン「ニコル!環!がんばれ!」
イザーク「ニコル!しくじるなよ!環を必ず連れて戻ってこい!」
さくら「環ちゃん!目を覚まして!」
シン「二人とも!がんばれ!」
純一「環!目を覚ませ!」
ことり「環さん!がんばって!」


369 :陽炎:2006/09/09(土) 00:47:18 ID:eX/yHGYc

ニコル「環さん・・」
環「私・・私・・」
ニコル「ええ」
環「本当に・・私なんかが・・」
ニコル「あなただから・・ですよ」
ニコルが環の手を握る、
ニコル「帰りましょう。僕達の仲間のところへ・・」

お互い・・握る手に力が入る・・
そして意識は消えていった・・

ディアッカ「おお!目覚めたぜ!グゥレイト!」
純一「環!良かった!」
イザーク「フン!貴様にしては上出来だ!」
シン「やったな!ニコル!」
ことり「お帰り!二人とも!」
アスラン「ニコル・・よくやった!」
ニコル「みんな・・」
環「皆さん・・」
目を開けるとみんながそこにいた。
ニコル「ただいま。」
ニコルは満面の笑顔で答え、立ち上がった。
横には目を開けた環がニコルを穏やかな顔で見ている・・
そして・・
ニコル「おはよう」
そう言った。
さくら「良かった二人とも・・気がついたんだね」
さくらもまた待ってくれていた・・
とことんこの人に救われた、ニコルはそう思った。
ニコル「しかしアスラン達がいるとは思いませんでしたよ」
アスラン「ああ、実は病室から環が消えたって聞いて
環を探していたんだ」
ことり「その時環さんと一緒にニコル君を
見つけたからさくらちゃんから話を聞いて声援を
送っていたの」
イザーク「貴様、病院じゃ環がいなくなったで大騒ぎなんだぞ!」
ディアッカ「まあまあ、終わりグゥレイトなら全てグゥレイトってね!」
アスラン「良かったな。ニコル。」



370 :陽炎:2006/09/09(土) 00:48:06 ID:eX/yHGYc
ニコル「これがあなたが愛されている証拠です。これだけじゃない・・
もっと沢山の人があなたを仲間と認め、愛している。」
環はこの状況に涙を浮かべていた・・
環「私・・皆さんに、愛されて・・いたんですね・・」
ニコル「当然ですよ」
環「やっと・・やっと本当に分かった気がします。」
ニコル「ええ」

そして寝たままの環にニコルは手を差し伸べた。
ニコル「環さん。立ち上がれますか?」
環「ええ。」
環もニコルの手をとろうと手を伸ばした。

が・・
ぐらぁ・・
その手は触れる直前にすれ違い・・
環「ニ・コル・・さん?」
ニコル「あ・あれ?」
ドサッ
ニコルの体は力なく環のすぐ横に倒れこんだ
環「ニコルさん?・・!!」
環は絶句した。
さっきまで元気だったニコルが急に顔を
青白くし辛そうに息を荒くしていたのだから・・
環「ニコルさん?!しっかりして!一体どうしたんですか!」
さくら「まさか・・!そうか!しまった!」
純一「さくら!なにか知っているのか!」
さくら「ゴメン・・ボクのミスだ・・」
イザーク「どういう事だ!説明しろ!」
さくら「ニコル君が環ちゃんの夢に入ったことの・・
負担が大きかったんだ・・誤算だった・・」
シン「ちょっと待て!ニコルはどうなったんだ!」
さくら「多分、時間が短縮されたんだと思う・・」
アスラン「短縮?!直せないのか!」
さくら「元々四日間の時間が与えられたはずなのに・・
ゴメン・・分からない・・!」
ニコル「さくらさん・・」
アスラン「ニコル?!大丈夫か?!」
ニコル「少し・・クラッとしただけです・・僕はあとどれくらい持つか分かりますか。」
さくら「・・多分・・三十分・・」
ニコル「それだけあれば・・十分です・・」
ニコルは何処かへ歩き出した・・しかし足取りは重く、転びそうになる
純・アス「「ニコル!」」
ガッ!
ニコルの肩をシンが支えた。
ニコル「シンさん・・」


371 :陽炎:2006/09/09(土) 00:48:57 ID:eX/yHGYc
シン「どこに行くんだ、ニコル」
ニコル「学校へ・・」
シン「学校?あ、もしかして・・」
ニコル「はい・・お願いします・・みんなも一緒に・・」
シン「分かった。みんな!ついてきてくれ!ニコルが学校に行きたいって。」

一昨日と同じ要領で敷地内に入り、学校に入る
向かう先は・・そう、音楽室・・
シン「着いたぞニコル」
ニコル「シンさん・・椅子に僕を・・」
シン「ああ。」
シンはニコルを椅子へ運んだ
ニコル「聞いて・・ください・・みなさん」
室内全員にニコルは話しかけた。
ニコル「僕は・・今まで・・ザフトに参加して・・人を殺し・・
自分が死んだことで・・仲間の心に傷をつけて・・ずっと人を
悲しませることしか出来なかった・・」
ニコル「でも最後くらい・・誰かを喜ばせることをしたい・・
僕では、これぐらいしか出来ないけれど
・・ありがとうの気持ちとして・・僕はこの曲を捧げます・・」

ニコルは震える手で静かに鍵盤を引き始めた・・ニコルの調子が悪いためか
メロディは不規則ではあるが誰一人気にも留めなかった。
ことり「あっ!」
ふいにニコルの体が椅子から落ちそうになる。
だがある人物がニコルの体を支え、落ちることはなかった。
その人物は・・
ニコル「たまき・さん・・」
環「一緒に・・弾かせてください・・」
ニコル「でも・・」
環「救ってあげるという約束です。」
ニコル「・・ありがとう・・」
ゆっくりながらも・・環に支えられたニコルは曲を
引き続ける・・
その姿をみんなはただ見守るだけだった・・
そして曲が引き終わる・・

曲が終わったとき、
パチパチパチ!!!
拍手が起きた。アスランだ。
そして他のみんなもニコルと環のピアノに拍手を送った。
ニコル「ありがとう・・みんな・・」
環「ニコルさん・・やりましたね。」
ニコル「はい・・・」


372 :陽炎:2006/09/09(土) 00:51:19 ID:eX/yHGYc
その時、ニコルの体を光が包んだ。
さくら「時間だ・・。」
ニコル「環さん・・」
環「ニコルさん・・嫌・・ニコルさん!行かないで!」
ニコル「環さん・・ゴメン・・」
ニコルはうつむいて環に顔を見せまいとしていた。
涙を流しているところを見られたくないから・・
ニコル「環さん・・聞いてくれますか・・」
環「?」
ニコル「僕、本当に環さんに救われたんです。
あなたがいてくれたから、僕はアスラン達と和解できた・・」
環「・・私もです・・。ニコルさんがいてくれたから・・
大切なことに気づくことが出来ました・・。」
ニコル「大丈夫です・・環さんなら・・これからもみんなと
うまくやっていけます。」
環「でも・・」
ニコル「僕はもう・・死んでいるから・・」
ニコルから桜の花びらが少しずつ落ちてゆく・・
ニコル「環さん・・あなたは・・生きて・・」
環「ニコルさん・・」
ニコル「巫女か普通の女の子かなんて関係ない、胡ノ宮環として生きて」
環「・・はい」
涙で顔を汚しながら環は頷いた。
ニコル「良かった・・僕の・・大切な・・大切な・・」
ニコル「友達・・」
その瞬間、ニコルの恋は終わった・・いや・・
元々適うことのない恋だった・・
でもニコルは後悔していなかった・・
環は何も言わずニコルを抱きしめた・・この温もりを
忘れたくない。そう言わんばかりに・・

そして少年は・・光と共に消えた・・
環はうずくまりニコルのいた場所に積もった
桜の花びらを両手ですくい上げた・・
環「ありがとう・・ありがとう・・ニコル・・」
そう言った時、もう限界だった・・抑えていた
涙は決壊したダムの様に一気にあふれた。
環「う・・うう・うああああああああああああああああ!!!!!」
その様子を、全員が見守るしかなかった・・
シン「ことり・・」
ことり「今はそっとしておいてあげよう。シン君」
シン「・・ああ」
シンはふと外を見上げた。
雨が降っていた・・、ニコルの涙雨かもしれない・・
シンはそう思っていた・・。

その少年は夏の日の陽炎のようでした・・。
彼が幻だったのか・・現だったのか・・
今ではどう確かめていいかさえも分かりません・・
でも・・現実でも夢でも・・私は彼にこう伝えたい・・

           ―ありがとう―


373 :陽炎:2006/09/09(土) 00:53:05 ID:eX/yHGYc
・・ごめんなさいorz
こんなぐだぐだな結末で・・
しかもシンとことり分が・・orz
おまけに半分解説文じゃないか・・
まだ分不相応だったのかもしれませんorz
こりずに今後も色々書いていきたいです。
もしスレが終わってもメール投稿で書き続けるつもりです。
それ位このクロスオーバー好きなんです。
やっぱりスレにつづいて欲しいですけど・・
あの人さんまたもアドバイス及びGJレスありがとうございます。
そして皆さん、コメント及びGJレスありがとうございます。
こんな素人丸出しで未熟な私ですが
今後もお世話になると思います。
今までありがとうございました。
そして自分がここで書けることに感謝しつつ
今後もよろしくお願いします。


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 01:27:54 ID:20c3AR6e
>>207
いいやよくやった
これからもガンガレ

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 02:08:23 ID:6ebQYrFS
これで陽を浴びたヒロインは

和泉子
工藤
香澄か
アリスとななこは完全に終わってるっぽいっから皆消化か

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 02:52:57 ID:61U2jsAw
>>373
GJ!!

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 05:57:06 ID:4Z2gTU61
>>陽炎氏
もうGJしかでてこない!

378 :ネガティブなディアッカと放課後のカフェ・アイシャ:2006/09/09(土) 06:44:14 ID:zClEoF/L
放課後のカフェ・アイシャ。
彼らはそこでいつものようにアルバイトしていた。

「〜でよぉ、担任に言われたんだ。進路希望のプリントさっさと提出しろって」
「そうか」
先ほどから一方的にディアッカが話しかけ、イザークは
当たり障りのない相槌を繰り返してる。
「『俺達はシンの監視役ですからシンの進路に合わせます、だからシンが
 進路希望を決めるまで提出できません』、なんて言えないだろ?
 たまたま通りかかったさくらに助け舟入れられたから助かったけど
 マジで面倒だったぜ」
「そいつは災難だったな」


「……で、その後思ったんだけどよ…」
「なんだ、ディアッカ?」
ガスコンロの前でフライパンを持ったまま問いかけるディアッカに、流し場で皿を洗いながら
振り返りもせずにイザークは答えた。
「俺達って何でここにいるんだっけ?」
問いかけながらディアッカはチラリとイザークの横顔を見た。
わずかだがイザークの顔に動揺がはしっている。
しかしイザークは直ぐに真顔に戻って厳しい口調で返した。
「お前はいま自分でいっただろう!? シン・アスカの監視任務だ。それ以外の何がある!?」
「その任務ってやつだけどよ……」


「なんだ貴様、この任務に不満でもあるのか!!」
 イザークは厳しい口調で返した。
「貴様はこの任務を何だと思ってる!?」
「デスティニーはザフトの最重要軍事機密だ! 機体は回収したとはいえ
 その情報がシン・アスカの口から外に洩れたらどうなると思ってる!?
 奴を信用しないわけではないが、万が一のことがあっては許されんのだ!
 この任務の重要性を解かってないのか、貴様は!!」

379 :ネガティブなディアッカと放課後のカフェ・アイシャ:2006/09/09(土) 06:45:19 ID:zClEoF/L
無論、ディアッカも自分が任務の任務についてはわかっている。
イザークの言い分も十分に承知している。
しかし……
「けどよ、俺達がいつもやってることはなんだ?
 シンと同じ学校に通って放課後はアイツ等と遊ぶかここでバイト、
 それが終わったらアパート帰って飯喰ってからその日の報告書を書いて、
 宿題したりテレビ観たりして寝る。で、また翌朝学校に行ってシンと会う。
 しかもクラスが違うから学校で会うのは昼休みくらいだ。
 これが本当に監視なのか?」
ディアッカの問いかけにイザークに微かな動揺が走った。


「ディアッカ、貴様……何が言いたい?」
徐々にイザークから怒りが込み上げてくるのをディアッカは感じた。
「今の生活はたしかに楽しいよ、軍にいたままじゃ得られない物をえた。
 シンが脱走してまでこの島きた理由もわかるし、むしろ
 俺もこのままココで暮らすのも悪くないと思ったくらいだ。
 ただ……」

本来、パイロットや指揮官である自分達が
軍の上層部から与えられた任務は脱走兵の監視、
しかも中身は明らかに監視になってない
これはもしかして……


「……俺達ってよ、実は期待されてないんじゃ…」

「ディアッカァァァァァアアッ!!!!」


    (ドシャン! ガシャン! バリン!)



虎「おいおい、お前達。喧嘩なら店の外でやってくれ」




シン「またやってるよ、先輩達」
ことり「ホント、仲良しさんだね、あの二人」

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 06:48:04 ID:zClEoF/L
彼等が初音島に居続ける理由はもしかしてこんな理由かもって思ったり。

>>373
お疲れ様でした、GJ!です。
環からすれば夏の日に起きた奇跡、そして終わってみれば
陽炎のような不思議な体験でしたね。
あと原作で理解し切れなかった環の記憶喪失の理由がわかりました。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 07:30:08 ID:WZb4Yk24
>>373
本当にGJだ。
称賛しか言えないよ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:16:07 ID:O3H1kGlS
なんでだよッ!?なんで、お前ばっかりみんなから、ちやほやされるんだよッ!?
かなうはずなんかない無責任な理想ばかり口にしているくせにッ!そのせいで周りに迷惑をかけても、
平気な顔して笑ってさぁ…気持ち悪いんだよッ!お前を見てると、僕はムカついて。イライラするんだよォッ!!
はは・・・っバカじゃないの?人と人とのつながりなんて、しょせんはだましあいと損得勘定じゃないか…
馬鹿正直に心を開けばそれを逆手にとられて痛い目を見て、嘲笑されるだけだろ?
だったら、得をする方法をとろうとしてなにが悪いんだよ!?

もう、いい加減にしてくれませんか?貴方が、先生を見てむかむか、イライラするのと同じくらいに私も、
貴方を見ていてむかむか、イライラしてるんですよっ!はっきり言って!!
だいたい、なんですかさっきから聞いていれば自分の考えばっかりをまくし立てて…
黙っているのをいいことに、言いたい放題とはさぞかし、気分もいいことでしょうね?

こ、こいつ…っガキのくせに…

貴方のほうがよっぽど私より子供ですっ!!違いますか!?どうなんですか!?はいか、いいえかちゃんと答えて!?

うう…っ!?

どんな気分ですか?イヤなことを正面から矢継ぎ早に、こうしてぶつけられる気分は
悔しいでしょう?悲しいでしょう?私のことが憎らしくて仕方ないでしょう?
こういうひどいことを貴方は今まで、先生やお姉さんや、みんなにしてたんですよ!?嫌われたって…当然じゃないですか
貴方は、とても…かわいそうです…

黙れえええええエエエエエエぇぇぇぇぇェェェェェェッ!!!
わかったよ…どこまでいっても僕とお前たちは、絶対わかりあうことなんてできないってね!

シン…

近づくなアァァッ!

…っ

僕は負けないよ…負けるくらいだったらどんなことをしたって逃げてやる…
逃げて! 逃げて!力を取り戻したらまた、お前達を殺しにきてやるよッ!
何度でも、何度でも僕を殺さない限りは永遠にねえ…
あっははははは!あはっ、あははははっあっはっはっは…


383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:21:28 ID:O3H1kGlS
シン「これが本物の戦争さ・・・強い者が弱い者から全て奪い取る、単純で明快な真実、
   君達がやっていた戦争ごっことは違う!綺麗事なんて意味無い世界なんだよ!」
アスラン「やめろ・・・やめさせてくれ、シッィィィン!!!」
シン「「聞けないね・・・この際邪魔なものはまとめて排除すると決めたんだもの」
キラ「そんなこと、絶対にさせない!!許せない・・・こんなこと許しちゃいけないんだだから・・・絶対に止めます」
シン「へえ・・・それじゃあ証明してもらおうかな・・・力ずくで君の綺麗事通してごらんよ!?」
   「ほら、早くしなよ?剣を抜いて僕と戦いなよ。じゃないと殺しちゃうよ?艦長も代表もみんな殺しちゃうよ?」
   「来い!来いよっ!その怒りの目で僕を殺しに来いっ!!」
   「あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!」


シン「ふはっ、あははははっ?あはははは…っ。なんだよ、それ…。
   なんで、適格者である僕が、負けたりなんかするんだよ…っ。なんでだよおッ!?」
ルナ「シン…」
シン「見るなあァァァッ!そんな目で見るなッ!哀れみの目で、僕を見るなあァァァッ!!」
シン「お前が悪いんだ…。お前さえいなければ。お前さえ、消え去ってしまえば…。」
シン「消えて…ッ!!なくなってしまええええええエエエエエぇぇぇぇェェェッ!!!!」
キラ「うおおおおおオオオオぉぉぉぉォォッ!!!」
シン「ひ…っ!?」
アスラン「シィィィィィン!!」
ハヤウェイ「剣がァ…ッ!?僕の剣ッ!?僕の…ッ、が!?あ、ア…うああアアアぁぁあアアぁァァァ!?!?」


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:52:40 ID:Elt2U7O7
何でこんなところにサモンナイトが

>>378
GJ!!
…まあ、イザークはともかくディアッカは緑服に一度格下げされたしね…w

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 16:33:19 ID:gx+dU4Hb
わけわからん

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:37:15 ID:+6zDawwi
(゚∀゚ )ノ へぃ!
誰も頼んでも望んでもないのに、地獄の淵(注:二日酔い)から
厚い面の皮を被ってやってきた( ゚∀゚)ノよぅ!
そんな誰も呼んでないオレのすることは、唯一つ!

 テ ロ リ ズ ム !

誰も頼んでも望んでもないSSを投下すっぜ。

オレを嫌いな人は400字程度で罵詈雑言を叫ぶがいい!
オレを好きな人は五・七・五で嘆くがいい!

オレの本当のラストを見るがいい

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:38:06 ID:+6zDawwi
レイ「そんなわけで、終局テロしに来ました」
アスラン「どんなわけだ」
杉並「あいかわらず、唐突だな」


EDパターン1
 ふと目が覚める。
 みっくん「ことり、おはよう」
 ともちゃん「お昼寝、ごくろうさま」
 ことり「……みっくん……ともちゃん……ここは……」
    辺りを見回す
    桜公園 桜の木下で居眠り?
 ともちゃん「ポカポカ心地いいからって眠らないでよね」
 みっくん「まったく、そんな無防備だとおそわれちゃうよ」
    いつも通りのはずなのに 何か足りない
 ことり「ねぇ、シン君は?」
 みっくん「シン君? 誰のこと?」
 ともちゃん「初めて聞く名前。
 ことり「は、初めてって?」
 みっくん「ことりだけ、いつまにか新しい男の子に出会ったみたいね」
 ともちゃん「ズルイよ。私にも紹介して」
 ことり「夢? 全部、夢だったの?」
 ともちゃん「ことり? まだ寝ぼけてるの?」

    今までのことは 夢 だったんだ

    でも
    目を向ければ 小さい子みたいな 笑顔が見えそう
    耳を傾ければ 名前を呼ぶ声が 聞えてきそう

    世界のどこかに この夢の切れ端が
    残っているような 曖昧な感じ

    ――ほんとうに 夢だったのかな?――

    強い風が吹いた
 ことり「あっ帽子が……」

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。



アスラン「そういえば、こんな感じの夢落ちEDした漫画があったな」
レイ「『ハイスクール奇面組』ですね。まさに、こんな感じの終わり方なんですけど」
アスラン「パクッたのか?」
杉並「オマージュといってほしい。ちなみに、シンだと、こうなる」



388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:38:53 ID:+6zDawwi
EDパターン2
 レイ「やっと目を覚ましたか」
 シン「あれ? レイ? ここは……」
   頭がボンヤリする。
 レイ「いつまで寝ぼけているつもりだ。もうすぐ出撃だぞ」
   ……出撃。そうか、まだ戦争中だっけ。ここはメサイアの中か。
 シン「……あのさ……」
 レイ「ん? どうした」
 シン「夢を見ていたんだ」
 レイ「……」
 シン「夢の中でオレは、平和で長閑なある島で、ある女の子と出会って、その子の友達と、
    ワイワイ騒いでいるんだ。レイもアスランも居て、みんなでバカやってさ」
   唇から落とすように言葉を零した。
   切なさと喜びと、虚しさと嬉しさ。

   ポンッと肩を叩かれた。金色の髪をした少年は意志のこもった熱い視線とともに一言。
 レイ「この戦いに勝てば、それが手に入る」
   その少年に、つられたからじゃない。オレはオレの意志で言葉を返した。
 シン「ああ、分かっている。この戦いに勝って、必ず平和な世界を手に入れよう」
   互いに強く頷いた。

   それが束の間にみた ただの夢であっても
   この戦いに勝てば 世界中が 
   それを手にすることになるんだ

  ――シン・アスカ デスティニー いきます――

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。



アスラン「なぁ、くっ付ける気、未だに皆無なのか」
杉並「仕方あるまい。何せ、成分が『レイ「シンタン(;´Д`)ハァハァ」43%』と『クルーゼ「こと
   りタン(;´Д`)ハァハァ」56%』で出来ているからな」
アスラン「いや、しかし」
レイ「我侭ですね。分かりました。くっ付けた場合いきますよ」


EDパターン3
  シン「やべっ中で出しちゃった」
 ことり「もぅ。だからゴムしてっていったのに」
    ――で。
 ことり「生理、来ないな」
  シン「生理不順なんて、よくあることでしょ」
    ――で。
 ことり「できちゃったみたい」
  シン「嘘!?」
    ――で。
  音夢「新婚旅行に出て行ったまま帰ってこないそうですけど。どうしたんでしょうか」
  純一「暦先生が激怒してるからだろ。たぶん帰国した日がシンの命日になるぞ」

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:39:51 ID:+6zDawwi
レイ「はい、くっつけました」
アスラン「乱心しやがって、よりによって何てネタを! オレのことりタンをシンなんかに」
杉並「取られたくないという気持ちは分かるが、ザラのでもないだろう」
アスラン「シンは……うたまる……で十分だろうに!」


EDパターン4
 ことり、純一とくっついた。

   シン「これでいいんだよな」
 うたまる「にゃ〜ん」
   シン「コレ以上、島に居てもショウガナイし旅にでも出るかな」
 うたまる「にゃぁ〜ん」
   シン「うたまる。お前も来るか?」
 うたまる「にゃん」
   シン「行こう! うたまる!」
 うたまる「うにゃ〜ん」

     うたまるとともに、デスティニーで旅立つシン。

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。



杉並「もう少し、まともなのはないのか」
レイ「一応、こんなのもありますよ」


EDパターン5
  杉並「朝倉が朝倉妹と別れたそうだ。なんでも本当に好きな人に気が付いたとかでな」
    「な、なんだってー!」
  女の子一同(もしかして私のこと?)
  杉並「今日の放課後、みなの前で、そのことを正式に発表するそうだ」
    ――で。
    純一を囲むように、D.C.S.D面子勢ぞろい
  純一「前置き省略して単刀直入に言う。オレの本当に好きな人は……」
    ドキドキドキドキドキドキ

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:40:41 ID:+6zDawwi
  純一「シン・アスカだーーー!!」
  一同「な、なんだってー!!」
  シン「みんなの前で、純一の口から、そう言ってくれる日が来るなんて。オレ嬉しいよ」
 ことり「なぬー!?……って、その言い方だと、前から両想いってことになるよ?」
  シン「そうだよ」
 ことり「いったい、どういうことぉ?」
  純一「どういうも、こういうも聞いたとおりだ。オレとシンは、ずっと前から愛し合って
     いた」
 ことり「えぇ〜!?」
  シン「しかも、オレは、もう純一以外受け付けない体になってるんだ」
 ことり「うそうそうそ。うそだと言ってよぉ」
  純一「ほんとうだ」
  美春「あの、話についていけないんですけど」
  杉並「ワンコ嬢は、そのままピュアでいたまえ。オレとしては、それほど不思議な話では
     ないんだがな」
  音夢「どこがですか」
 ことり「不思議の大福ですよぉ」
  眞子「杉並! どこに目をつけてれば、そういうこと言えるのよ!」
  杉並「冷静に考えてみろ。D.C.S.D.の朝倉は、あのS.S.、すなわち『朝倉音夢』を選択した
     『朝倉純一』だ。それは、『朝倉音夢のような女の子が好みのタイプ』の朝倉という
     ことだろう?」
  眞子「……で、それがなんなのよ」
  杉並「例え好みの女の子でも欠点は出来る限りない方がいい。『朝倉音夢』の欠点は、料理
     が下手、また嫉妬深く辞書でぶん殴ってくる」
  音夢「それと、兄さんがアスカ君を選ぶのと何の関係があるんですか」
  杉並「シンと白河嬢は境遇が似ていることに目がいくが、キャラクターは、まるで別物。こ
     れを混同しては、いけない。分かっているな」
  美春「白河先輩と似た性格の人自体、居ませんしね」
  杉並「だが、シンは違う。コイツは、所謂ツンデレキャラであり、どちらかと言えば、『朝
     倉音夢』と似ている。しかもシンの性格は、先ほどあげた『朝倉音夢』の欠点を抜い
     たようなキャラクターなのだ」
  眞子「まさか、それって」
  杉並「S.S.の朝倉は、シンこそがストライクゾーンなのだ」
 ことり「でもシン君は男の子ですよ」
  純一「甘いな、ことり。ゲームで様々な女の子とくっ付いてきた『朝倉純一』という存在の
     愛は、性別程度の壁では揺るがないんだ」
  杉並「まぁ普通に女の子とくっ付く話がいいのであればゲームをやるなりアニメみるなりす
     ればいい。ここでワザワザやるからには特殊なルートであるべきなのだ」
 ことり「シン君も朝倉君も……いったい何なんだよぁ〜〜」
    その後、皆の前でいちゃつき捲くるシンと純一。

           (略)

  音夢「こんな人を好きだったと思うと、バカバカしくなってきました」
 ことり「私も色々興ざめです」

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:41:32 ID:+6zDawwi
アスラン「純一ED?」
レイ「簡略版ですけれどね」
杉並「通常版は、妄想が過ぎて18禁になってしまったのだったな」
アスラン「シン×純一で18禁を書いたのか!?」
レイ「そうですよ。それで投下不能になってしまいまして」
アスラン「投下不能って。そういえば、他にも、そういうの何かなかったか」
杉並「そうだな。この際だから、ぶっちゃけると。『朝倉妹と破局(未遂)イベントを起こし
   た朝倉が白河嬢を頼ってくるけれど、完全に自立した白河嬢が朝倉を引っ叩いて振った
   り、シンが救助隊を目指すことを決め、将来的に島を出て行くことになったり』もはや
   交流スレが進もうとしている道からハズレまくって投下不能になった天枷ルート。
   『白河嬢と朝倉をくっつけるため、シンが朝倉妹を口説き落とす。ただし、結婚後、白
   河嬢を想って口説いたことが朝倉妹にバレてしまい、逆上した朝倉妹が、シン、ヒナ、
   白河嬢、そして朝倉を惨殺していく』という勢い余って考えた朝倉妹ルート。自らの判
   断で投下不能としたシナリオは、これくらいだろう」
アスラン「なぁ、本当はアホだろ」
レイ「失礼な」
アスラン「ことりタン惨殺って、何を考えてるんだ?」
杉並「朝倉妹ルートはクルーゼに目覚める前で、なおかつ“言葉信者”やっていた頃に構想し
   ていたテロネタだからな。すでに自主規制、永久抹消の域だ」
アスラン「それならいいが。ところで他の種キャラの出番があるような話はないのか。オレとか」
レイ「……他ですか」
アスラン「無いというのであれば、オレがサクサク進めるぞ」



EDパターン6
 アスラン「……というわけでシンとことりの話の続きは明日って、もう眠っているか」
 メイリン「アスラン。子供も眠ったし。そろそろ私たち」
 アスラン「そうだな」
 メイリン「ねぇ久しぶりだし」
 アスラン「ふむ、二人目出来るくらい激しくスるか」
 メイリン「やん☆」

 D.C.S.D. ―終―
 ご愛読ありがとうございました。



レイ「アスラン。貴方も何を考えているんですか!? 欲求不満ですか」
アスラン「まったくもって、その通りだ」
杉並「どうやら、お前は、悩んでいるくらいが、ちょうどいいみたいだな」
アスラン「割り切れよ、次にいくぞ」

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 18:42:44 ID:+6zDawwi
EDパターン7
 イザーク?「ん? 夢を見ていたのか」
 東方不敗「どうした、ドモン。修行中だぞ。寝ているときでも気を抜くな」


  レイ「ちょっと待ってください。さすがにコレは割り切り過ぎでしょう」
アスラン「いや、やり過ぎなのは分かっているが、オレも声優ネタをやってみたくて……」
  杉並「やってしまえばいい、というものではないんだがな」

さくら?「本当に何やってるんだか。まったく」
  レイ「芳乃さくら? どうやって、ここに?」

アスラン「いや、芳乃さんじゃないな」
  杉並「懐かしさと、ただならぬ雰囲気を併せ持つ。あなたは何者ですか」
さくら?「“何者ですか”はないだろう? キミ達と同じものさ」
アスラン「オレ達と同じもの?」
さくら?「キミ達だって、本当はレイ・ザ・バレルでもアスラン・ザラでも杉並でもないだろ
     う。様々な世界の欠片。人々の記憶が、桜の木を通ったお蔭で生まれた擬似人格」
  レイ「どういうことですか?」
さくら?「実は、初音島の桜のような特異点は、他の時空にも存在する。こいつらは、その奥
     で繋がっている上、常に、それぞれの時空に住む人たちの記憶を通している。そし
     て、特異点を通っていった記憶は、コピーというか断片というか、そういうものを
     残していってね。それが積もりに積もって誕生したのが、この世界」
アスラン「それで、巡り合うはずのない者達、死んでいるはずの者達が出会うのか」
さくら?「いうなれば、ここはアカシックレコードのようなものさ」

  杉並「それにしても、『もう終わりだ』という人もいますけれど、ほんとうに、そうなん
     でしょうか?」
さくら?「別に、いいじゃないか、終わっても」
アスラン「しかし!」
さくら?「ここで終わってしまっても、それぞれの心の中で続けていけばいい」
  レイ「無意味なことを」
さくら?「意味があるかどうかなんて、コレを知る人たちが、各々で決めればいいのさ。そん
     な風に、繰り返し繰り返し、物語を編んでいくのも悪くないだろ」
  レイ「終わっても、また始める。それを繰り返せ、というのですか?」
アスラン「また始めるといっても、今までの経緯を見ると、続きとは限らないんだが」
  杉並「ふむ。“また始める”というより、“振り出しに戻る”という感じだな」

さくら?「そう、D.C.のようにね」


 ―( ゚∀゚)ノよぅ!SS・終―

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 19:40:11 ID:WZb4Yk24
だいすきだ
いかないでくれ
ぜったいに

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 19:51:18 ID:fSPZ4tCN
ラストだと?
下らないこと
言うてくれるな!
(字余り)

……GJ!!!!!!

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 20:04:25 ID:WtxBaTAL
史上最悪のガンダム種厨氏ね

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 20:05:20 ID:O3H1kGlS
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!
あははははははははっ!キエナァアアアアアアアアアアア!!!

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 21:05:49 ID:WZb4Yk24
と、これが言いたかったんだ
貴方を中傷した人もいたが、逆に貴方のSSを楽しみにしてた人もいた。
寂しいぞ。ありがとう

398 :陽炎:2006/09/09(土) 21:31:08 ID:eX/yHGYc
>>378
GJです。ディアッカ・・哀れだ・・でも大丈夫、君には炒飯があるじゃないか!
それはそうと私もこれくらいスマートに書けたらな

そして・・( ゚∀゚)ノよぅ!さん・・

だとしても
私はこれからも
書き続けたい

GJです、でも
スレを去らないで
お願いします。

どちらも字余り・・


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 21:42:51 ID:/SMtjV6s
なんでだよッ!?なんで、お前ばっかりみんなから、ちやほやされるんだよッ!?
かなうはずなんかない無責任な理想ばかり口にしているくせにッ!そのせいで周りに迷惑をかけても、
平気な顔して笑ってさぁ…気持ち悪いんだよッ!お前を見てると、僕はムカついて。イライラするんだよォッ!!
はは・・・っバカじゃないの?人と人とのつながりなんて、しょせんはだましあいと損得勘定じゃないか…
馬鹿正直に心を開けばそれを逆手にとられて痛い目を見て、嘲笑されるだけだろ?
だったら、得をする方法をとろうとしてなにが悪いんだよ!?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 21:47:21 ID:/SMtjV6s
by◆hA/Opjl6aY

401 :あの人:2006/09/09(土) 23:19:38 ID:lbAIosXh
>>386
ひとつだけ
言えるのならば
ありがとう

>>379
GJです!シリアスかと思ったら……オチで笑いました(笑
この2人、ホントに仲いいなぁ〜

>>373
>ニコル「良かった・・僕の・・大切な・・大切な・・」
>ニコル「友達・・」
ニコォォォォォルっっ!!(涙
GJですっ!これからも楽しみにしてますね。


>>392
余談だが
近い電波だ
世界設定

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 23:19:41 ID:LoUetRrq
「レックス…… イスラお前らも変だよッ」
ググッたら一番上に出てきて吹いた。

403 :痔エッジ ◆uaics1RG9k :2006/09/09(土) 23:39:06 ID:0jCaQLOc
>>379
ハゲワロタwww
ディアッカ、それを言っちゃあ…

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 00:31:40 ID:ATaXomjM
>>399
氏ね

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 00:39:35 ID:VTbW+aFf
ぉ前が死ねょバァーカ^^

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 05:17:08 ID:QXSCgVih
( ゚∀゚)ノよぅ!さん…俺は5・7・5じゃ…たりないから
普通に感想言うぜ!
あんたやっぱおもろいw

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 12:25:02 ID:ome8h9Jk
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 14:16:33 ID:sOd+9bIj
    ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (   
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',   シュゥウウウウウウウウウウワッ!!!!!!!!!!!!!!!!
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、


409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 14:30:41 ID:sOd+9bIj
\    !|  / .i' /,レ' /      )  i i
 ヽ   ヾ、! 人,i|' /     /  | |
  ヽ   ヾ、 | ヽハ|      /  / ./
    !、   ヽ┤-=─-、  /   //
    ヽ    `!、<、 ̄i_! (l´ ,.r'"~
     ゙、    i:::.`─' .:::.\/  
     )    !:::::::`l ::::::::. \         朝倉君…
     / ,'i   /::::::::: | :::::::::::::. \  
     l// / `゙-、;:::::|────-`
      /  ゝ、  `゙-:!  r'"く
     ヽ   ヽ,  -─┬ '  ヽ.
.ヽ、    ヽ    )   -‐'  i.   i
. メ\   /  /   ト、  i 、(
 ̄\ \ ( /ヽ、_.ノ  `゙-、,`、ヽ
ヽ、|ヽ ̄ヽ、ヽ`i、  \      ). )



410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 14:31:57 ID:sOd+9bIj
    ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (   
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |  チィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィワッス!!!!!!!!!
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、



411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 15:54:49 ID:sOd+9bIj
        /        / - '' "´ ̄ ̄` 丶:::、::::::::丶、    |
       /        /       / /   /| `丶、::::|     |
      /       イ∨7  l l |  / l /  / |     ヾl     !
       〈     / /∧'|  |,,..| |--| 、j|  l/   | i|   |   /
      \  / l 7´`|  |lハ| ヽlハ| |l`|/{  __| /! l |  |  /
        ヽイl  l { r;|  |ト    i/! l  ´ ノ゙メ/ /  l|/   きめぇよ 
          /| │ ヽヽ|  |'' "゙゙`゙ヾ      ノ/ / /リ
           //|  l   lヽ| l  |           '⌒ヽ/ イノノノ
        // l|  l  | | !  |             /彳イ|           変態
       / / |   |   ! l| l   |    __ '   / l  | |
      / /  ,!  l i  | l|.ハ  |、    { ノ   /  l!  l |
     / /  /  | ハ  ! | ゞ、| \ __ .. イl |:.  | l //
    / /   /  ノノ ,lr‐‐j       |: :l: l: :| .|:.  |lノソ
   l {   /_,,..、 <  ヾ      |ト、l: !: l: :l.  f´
   | | /r`\ \   \    ´ヽ丶、l: .{  :|
   | |/     \\   \ー、 r__ム  ` ー-、|
   | /      ヽ \\   \/´ ___',   |! } ヽ
   L|        ヽ iヽ、丶、  \´ ゙̄|  l! |  ヽ


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 15:55:57 ID:sOd+9bIj
         ,.、-‐‐''''''''''''‐‐--、
      ,、‐''"           `゙`ヽ、
     l゙、    , '           \
    _,j ゙   ,.-‐‐-、 ' 、 、      ゙!
  ,r''"      ゙,    \ ' , ' 、     `ヽ、
 ,'゙ ,     ,.-、'、    \   `       ヽ,
 l  ' , '  ゙、 l  `ヾ、_r――‐ヽ、 ,,.rl       l
  ゙l '   ' , l .,/´| ``''‐-、,.、-'゙ .l、    ,    j
  |     /.l゙   |     |   / |  ,,.ノ  .r'゙
  / l     /ヾ''‐-、 |   ∧  ,',,.-'l/''゙_/  /
 {:  ヽ、  .|、_,,,,....,,_.`   〈 〉  ´_,,,..,,,_'//  !
  ゙'、 lrl   '、\  `ヽ   V ,.r'"  //  |   ……
   l '、|   ヽ `i‐‐'"´   |  `'‐-i" { ', ', !
   |  :l   ,'  |       |     !  ,j、  ゙ }
   l :,' , , /!ヽ、|`''‐-、  | ,.、-‐'゙|/! | r'゙
  / l ' ゙ .{ \ `     `''┴''゙   /゙  ! .|
.  {  `ヽ, lr':、\  ゙ ̄ ̄ ̄  ,.ィ゙   ,' l
  `ヽ、  j l:::::゙ヽ,\     /::::|   l  |
     `, l |::::::::::::`::`''‐-,-‐'゙:::::::::l、  ヽ, ゙、
     l:l!:!j::::::::::::::゙ヽ:::::| l |::/:::::::::l ゙、  } ノ

\    !|  / .i' /,レ' /      )  i i
 ヽ   ヾ、! 人,i|' /     /  | |
  ヽ   ヾ、 | ヽハ|      /  / ./
    !、   ヽ┤-=─-、  /   //
    ヽ    `!、<、 ̄i_! (l´ ,.r'"~
     ゙、    i:::.`─' .:::.\/
     )    !:::::::`l ::::::::. \
     / ,'i   /::::::::: | :::::::::::::. \   ……
     l// / `゙-、;:::::|────-`
      /  ゝ、  `゙-:!  r'"く
     ヽ   ヽ,  -─┬ '  ヽ.
.ヽ、    ヽ    )   -‐'  i.   i
. メ\   /  /   ト、  i 、(
 ̄\ \ ( /ヽ、_.ノ  `゙-、,`、ヽ
ヽ、|ヽ ̄ヽ、ヽ`i、  \      ). )

     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |  ニャァ♪
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:06:07 ID:sOd+9bIj

    ,'   !  |  !     !   /! ! ', l',       ,i ,' i ∧  ,'   ,'    l   !   `゙ヽ
     ! /,l   !  !     ', ,,../-', i--', !-     /lァ―!ァ'-、!_ ,'!  /    /',   !
     ! //l   ', ;l     ,'ヽ i   ',l ...',l ヽ   / ソ,.....;/_  l / l  /    / i /
     !' ,' !  ∧l ',   i  ヾ,;====、   ',  ,:'  ァ;==、、',_ ! /|    /  !/
     '/  !  i ヾ∧  i 、;'"i: : : : : :}     ',/    {: : : : : l゙';ゝ!' !  /   l', きめぇよ
     ;   ヽ ! ,','  \ ',  {: : : : : :!          !: : : : ノ  / !/!  !  :,
    ,'     ヾ l,'    ヾ   ''''''''''""´         `゙゙''''''''''   ,'    l  !   ',
   ,'     ,'  !     !                    ,'    l  !    ',      化け猫
   ,'     ,'   l !    !            '            ,'    l !l  ',   ',
   !     ;   !l    ', ',ヽ         _..._          ノ,','    ; ;l   ',   i  
   !     !   リ     '、', 丶       ` ´     , '´ ,'イ   ,','ソ    ', i  !
   !,i   l !i    ヽ'ー 、  ',ヽ  `丶、        , '´!   ' /  ,./'"    ヽ!  l
   ll !   l ! !     i ヾ゙ー-` ヽi、,,..| `丶、   , '´|...,,,/_   /,:''´    / ! !|  ;!
   ll ',   !l ,',    __ゞゞヾ''"´    l     ` ´    !    `゙'''' ー- 、_  ,' ,'! ,'!l /!
   ヽ '、  !','、!,. -‐''´        /''ー---r:---‐'''゙i         `゙'''ー-'ソ/,!/ '
      ヽ ! ヽ          ,. ''''ー---ァ‐'-、-―'ヽ、


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:07:57 ID:sOd+9bIj
                    ヽ、'r‐'´  | i           ノ
    ,'                 ! l  ̄`ヽ  jノ           '、
    l                 ,' /    `!、             ヽ
`ヽ、 l               / /   ヽ , '; i;             }
.  l l  ,           , ,イ/! /    `, ' ,!ヽ          ,.' ,!
   |  ', iヽ         ,'/=;ニl,|_''ニ=''´ソ,. _,  \    l ;    { (ヾ、
   !  ,iヾ;=ヽ       !|-‐t_フソ`ノ`  ´ '   { ヽ  ! ,!     ヽ `ヾ'、 …………ッ
  |  !i`ヘヾヽ      'i`''ー‐'' ´        ヽ, ノ ,',イノ      'iー-、;ヽ
  !',  '!ゞ、r`ク|       ゝ-;:ッ        、-‐'ン'.イi   |    '、  ヾ
  ゝ,_、_ ゙ヾ、-ヾl       ヾ、            ̄ ノi |  i     ;};‐- 、.
     ヽ  `'ソ         \         -´ '! ',  ,     ノ'|;;;;;;;;
   、__,r'    !          ヾ、ヽ   _ __,.=ィ /`ヾ; !    /;;;;!;;;;;;;;
   ゙ーニ;'/(i、_,! !        ノ )ノ  '(-__,.=- '"´ /;;;;;;;;;;;;;;) ,.   i;;;;;;;;;;;: -
    /;;';;;;;;;`;;;;;'.,i ,       {、          -‐'' /;;;;;;;;;;;;;;;/ィ'!   ヾ、_ノ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ      ヾ:`ヽ:、._      /;;;;;;;;;;;ヾ`、 `ゝ、._ ヽ
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  、` 、     `ヽ、:;‐ッ'7ァ-‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;',i i      ヾ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ヾ`ー     `///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !l


          /  , - 、',   `ヽ、  __
          〈   {  ,-l` '' ‐ r‐''´ /   、  }
          j,   Y/ ',   !   ハ l! ! /  /
          'ヽ  }`''−  /ヽ  '´lハ/''f7  !
           ハ  l゙f<``ヽ Y  /´ _フ//   !
           〈 j  ヽヾ ‐'´  |   ̄r'´ /l   {
          /   ,ト、 ト 、 | ,. -イ /ィ   ',
          (    ',ヽ`  、ニ´;:‐ '´u'. l    }
          /ヽ r‐-rュ\  ―  / !、!   /l!
         {_{/_()_/ }`ヽ、_,.∠‐'',.ィ!  {
      ,.-‐''"  /,.-- 、|!   ゞ-ァ ||f/lヽ  ヽ
    /     | {(::::)}|!、  フf'  ll f/  ', l ',}―- 、
   /  _ -‐''"´ ! `ニ´ !', ‐ァヽ、`  ll/   r´}/    `ヽ
   / / _,. -ァ'"ヾ ○  j/'´, -、 `' >' 、  ',´ `丶、   !
  / / /  ',  , `''=f=''−┴, ヽ / ̄ `ヽ ',    `ヽ
    /l    j .┴― lト、__,,..ノ / /     `_,,...ォ
        (    ヾ=j- 、 ヽ,ノ !     f´ _ - !


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:11:37 ID:sOd+9bIj
        r、       ,.ィ
        {ニミ、__,ィ'‐ァ}
       ,ニl_、 丶   {/‐{‐、
      '´ .ノ <i>  <i> _ヽ-‐'
    ,,.-ー{ニニ <>  ニ--{-‐  ニャア♪
.      /‐彡' ,´ ` ヽヽ丶、ヽ
      7   /      ヽ  丶
.     イ   `       }   ヽ、
     {,._             / 丶
      ヽ、                 ',
         l              r'    ',
       '、 、        /      ',
        ',丶r- 、 - ― '           }               、
          ヽ `         /    `7    ,.-――- 、__ノ'´ ̄Z_
           ヽ      / /      ヽ、  /            `ヽ、
          }   l   ,'          }- '                ヽ
          /  /j   ,'            〈   ___     ,、__       _ノ
.           r'___ノ,'   j、_ゝ-- 、_,,,.... - ‐''"´    ` − '´`∠ --‐''"´
              ̄ ̄

            /              `l
        ,.--- '´----              ' 、
      /                      ヽ
     /                           |
      {   _,...,_                     l
     ゝく´   `ヽ、,. 'i    、 、 ヾ、       |   l ………!!
   , '   `ヽ、_,.,.-'´  !、   ,!リi .!'ヽ.       '、l、  ヽ
    ヽ ,   ,rヘ.ヽ    l >i ノ´ノ' _ l     i、!l    !
    ヽ| ./l'! !ト- ゞi、. `'" ノ,.'‐'"´`!ン|     l'.〉、  ヽ
     ヽ! ヽ!ヽ. , -ヽ`Y  'ー--‐,.ィ'´ {,     ヽ、   ヽ
      ``ヽ.  〉ヽ-ヘ/     |   ヽ.      l    `、
         ;' 〈 |.   /     _|  ,. '" |     /)     ノ
        ヽ、 l ' t.;' ,. -‐''"´ レ'´   |     !,{    ヽ、
         ヽ 'l/ヾ´``' ィ;===:、    /!     'ゞ!,     ゙i
          l ´  \ `ニニ゙  / l     ノ {.|、.    ノ
.           |     \   ,. '´, ィ=ゝ,   r'   ヽ} ,'!. |
          {         `フ'.ゝ=´'",-イ ),.ィiノ     〉ノ-!ノ
          ``ー-、 ,!. /l/ゞ;.'! r'´./,.'´ ´    ,ノ'´ ' `ー-
         _,,... -イ トヽ{  'l'i ! >/'フ    ,.-'´
      ,. -''",. --──ゝ-゙  /'i,!l, /.-'  ,. ‐'",イ" /`ー-- 、


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:12:23 ID:sOd+9bIj
           /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
       |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
       、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ
         {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}}
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う      ……おいでっ! 
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
         /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
          {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
           \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
              |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/
                /.::::::::::| ll ′ ′ , /..:::::::::::::::/
             /.:::::::::::::i l}  -‐'´/..::::::::::::::;ハ
          rヘ___レ-、:::::/ 〃  ./..:::::::::::/  l
           /::::/ r-‐ヘi/ 〃   {:/⌒L_/     !
        /::::/:U「「ln;/ 〃   i´ ,.`''T''‐′     |
          /::::;化!`^^'7′/〈_  _ノニ;'゙,} |       '、
       /::::/   /  /::::/ (ニ イ// {,j          \
       `'''′   {   /:::::/   (//              \
            \ /:::::/              ,. ==i=、}
            / 丶              〃  ヽ、∨


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:24:51 ID:sOd+9bIj
                          ,.―-- ..,,_
                       ノヽ'- 、    `,'ー‐.、
                      , -‐'ー'    ,.....,,  /    ',
                     r' ,  ,  '´  /`ヽ./ヽ,  `ヽ、
                     '、'.r' /, ,   /, ,.、!_./ヾ,  ,ヽi.!
                     ノ ,イ.! i   /,イ.ィ/  ./  ゝ/ !'
                       〈  rヾ  ! ;'!、!'リ!'`ー/  _,/.! i ,ヽ
                     i、  ! i,  ',.l',   く'_,、 r'_,,ノ_,ノ/リ'i
                        ノ,'  ゝ'  .!i'i. ,、    !'ー/ ./
                     く ヽ 、 !i  ノノヽ! `' -.、!' i 、',
                    く.,-'ヾ,ヾ、 i、  -‐‐,イi.V i .!'
                     ,. ィ'ヽ,.ヾ.、_',. ヾヽ, _ノ、__.! i ! i
                  ,. -'"  ,!  `ヾー_'、 ノ‐'´!!    ̄ "''ー- 、_
             ,.. -‐'"    /       /i'、i'ヽ.,'.!     _,,..- /
          r‐'"´     ,/        / ,' !/,.イ ,'  _,.- '´ /  !'ー- ..,_
          !i   ,,.. - '|       ,イヽl/ ´ ,' ,'  ,'´  / /    , ‐''ー`!
          i ', i'"´          ,.'!ヽヽi'´ ./ ,'  .!  / ,ィ ,' ,   /    i
        / ::::: .:::::|::       |;l/ヽ、;、;;::::::::::::::::::::::::::::::/   .:::::::::::::::::::::::/
        /  :::::.. .::::|:::::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::;;;::'::::::‐、;;;;__;;;:::::::l  .:::::::::::::::::::::::::/
      /  ,,__,‐、‐--‐、     :彡::::::::::くi>:::::::::;_,;:::ノ::::::/.:::::::   .:::::::::/
     / /  //;: l, |; l; l-‐――-、;;ゞ::::::::::::::::::::..(!フ:::ミ::::::/::::::  :::::::::::/ ニャー
    /:::::::::::::::: ,::::::::J;J;J;J;:::::::::::::::::ヾ:::;:;;:::::::::::::::イ::::::::::ノ::::;;):::   .::::::::::::/
    :::::::::::::;/:::::::::::::::::::::::::ヾ;::::::::ノ:::::::::::::::::;;;;;;;;::::::::::::::::::ミ/    .:::::::::::/
    \;;;;;/;:::::::::::::::;;;;::::::::::::::::);;;;(::::ヽ,-‐‐";;::::::ヽ;;;;;;;;;:(;););):::::::::::::..:::::::::::/
     ,,,ノ;::::;;-‐‐'" “‐/' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ、);):)  "';::::::::::::::::::::::::/
    /:::::::;ノ ,    //                  ::::::::::::::::::::/
   彡::::::(_.,,;;;;    //....     ........................................  ...::::::::::::::::::/
,,,-ーミヾ:::::::::::::ミ.,__,.| l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;/|
ミ;;;;:::::::::::::::::::ノ     ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;-‐――――‐-‐'"::::l
  ヾ;;;;;;;;彡"      .゙ー――――――"


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:28:55 ID:sOd+9bIj
       ,. '´                     ヽ
        ,' ミ、           __,,....... _,.      l,
      i 、゙` 、.ヾ:,` ` '''' " ´    ´-'-_ン     !
       l  、、_>`            `ー-;...、  |
       |  ,r` ,r   ヽ、  /       ,)、゙i    |
.      |  ,!,.┘ゝ- 、_ ヽ、l i'   ,. -‐'",..ヽ、l  |
       ! ィ-‐'"`ー;;=、ヽ、';i{、_;:';-;=:;‐´、,,_`ヾ,  i
      ! | =、'゙´(::),`'`` ' ゙ ` '、ーゞイ-、="  ::| ,!.イ,    わ、私のぬこを返せッ!!!
      ヽ |  `'''" ー'´  i:::.  `      .::|/rミヽ
      i´'i,i          |:::::         .:::' i '、} |
      !´ .,i        l !:::        :::::::〉::;!:リ
.     l '::(:l,           !         ::::::i:':::;:.ノ
      ヽヾ:;|      ,......=..:::::-.、       :::::|‐'ン
       ヽ、_l     i='"´ ̄ ̄'ー'i    ::::/''´
            ト、     | ___  |    ..::;イ)
         ヽlヽ   l!;'_____'ノ   ..::ノ;:|-.、
         ,r'`ヾ:、  `''''''''''''''''''''´ ..::;:イ'´  ,ノ
         ヽ;、,  \  ´ ̄ ̄` .::/ ,. ‐'"/
             | `ヽ、ヽ、 ___,ィ´ /   !
          |   \ ヽ:::::/ /      |
          ,|    `, 'i;/ ./      |ー-、_
       -‐' ̄'´.|      | | /      ,.ゝ ヽ.`ー-




419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:31:40 ID:sOd+9bIj
          /  , - 、',   `ヽ、  __   #
          〈   {  ,-l` '' ‐ r‐''´ /   、  }
          j,   Y/ ',   !   ハ l! ! /  /
          'ヽ  }`''−  /ヽ  '´lハ/''f7  !
           ハ  l゙f<``ヽ Y  /´ _フ//   !  ………
           〈 j  ヽヾ ‐'´  |   ̄r'´ /l   {
          /   ,ト、 ト 、 | ,. -イ /ィ   ',
          (    ',ヽ`  、ニ´;:‐ '´u'. l    }
          /ヽ r‐-rュ\  ―  / !、!   /l!
  パン!   {_{/_()_/ }`ヽ、_,.∠‐'',.ィ!  {
      ,.-‐''"  /,.-- 、|!   ゞ-ァ ||f/lヽ  ヽ
    /     | {(::::)}|!、  フf'  ll f/  ', l ',}―- 、
   /  _ -‐''"´ ! `ニ´ !', ‐ァヽ、`  ll/   r´}/    `ヽ
   / / _,. -ァ'"ヾ ○  j/'´, -、 `' >' 、  ',´ `丶、   !
  / / /  ',  , `''=f=''−┴, ヽ / ̄ `ヽ ',    `ヽ
    /l    j .┴― lト、__,,..ノ / /     `_,,...ォ
        (    ヾ=j- 、 ヽ,ノ !     f´ _ - !




420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:33:45 ID:sOd+9bIj
             l::..:::::::::::  ..
            ノ:::::::::::::::: .:::: ..:::                      .......
                j :::::::::::::::::::::::::::: .    .
 …お…っぁ     { ::::: ::::::::::::::::::::: ::::.  ::.  :.
           ノ:.:::::::::::::::::::::::::::、、:::::.  :::. . ::.
           | :::::::::::::::::::::::::::::/丶、:.. ト、. ';: \....
          _,ヶ‐ 、::::::::::::::::r''´    `ヾ \ト、 ヽ、_.....
       ,.-‐'''´/   ';:::::::::::/ u     __    ` `ヾ `゙''−-、::::....
.   ,.-‐'´   / r _rヘ !::::/     r'(    u           `゙''ー-z
 ,.-'´      ヽ    l l::{  -ニ;; ̄` 丶、               ゞ-
           ',  r )ヘl      ̄`丶、 丶  l,           u
              ハ } / `  __z===ミ、ヽ ヽ  l,
          |l ト',   , ;;;「     `ヾ、 ヽ ゙l           ,. -ー
              l ヽ  ';;;,  ,,,;;ヽ   O   ヾヽヽ,l ;,    ,//_,,..-‐
    _       l. l ヽ }'';;, '';;;;;;;丶、      ` ヽソ,,」 //ニニ;;ニz__
 _ -''/       ハ l. | |    ''',,'''''''`;;‐;;ニ´  ,;;'''''' ;;;;;;;;;;;"´ゞニソ__,,..-
   /       | l l `{      `−''"´-''´,,,;;;'''   ,;;;;;;;;;;;;ヽ`゙丶;;;;;;;;/
  ,'        |  l l '、           ''     ,;;;;;;;'' '';;;;;;;;;;;;;;u/



ト、_ \:/ |     /       \     \ミリ i===|
:.:.:..::`Y  !     ,'         ヽ     ヽ l:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.:.::.:,' , 'l  |  '           ',      Y:.:.:.:.:.:.:.|
:.:.:.:.:.:l /l  l  ,'   !  イ      i       ',:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.,'ニ二|  l |   !  !|      ! |   i   !:.:.:.:.:/
:.:.:.:.:ト   l!  !  !  ∧  i | i!     !| i   |   |:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:l 、 ||  ', l…/-ゝ⊥.! i!     ハ!,.ィT¨ '  i !:.:.:.:.:.!   変態人殺し!
:.:.::.:/! ,' ! !  ∨ル' ,. -‐K リT′  ,ァーレ、 ! ,' ,イ /:.:.:.:.:.i
:.:.:/ ,' / /l l   \ く{i:.`ч | /1i:.:.トハ / // /|:.:.:.:.:.|
/ / / '||ヽ、   ヽ.辷_j  !/   辷:/ /イイ |∧{==l          ,.へ、
  /'  ', ヽ `下、 ',            爪   、 \:.:.:|         /   j
//  ノ人 \ ! j  ノ        ’     人! '、  ヽ  ヽ′       , '   /
. /  //  `ヽ   ,. ヘ    ` _ '   /、 ヽ ',  /   /      /   /
. !  | !    レ,' (_ヽ ` 、     ,.イ! _ _ ヽ ) レ′/:..\ _ /    /
 \ヽ_r―-(  __  ̄`ヽ`ト イ  !((⌒,' /  彳;r‐' ̄ ̄      /
. ! / /    ,.ー--ミヽ ノ ト、し \`¬  ,.-ァ′    '、  ,.イ
ノ /       >-== K ,.ム-――… - '´, '     i   \,' {
 l       r'ァ" ' ´ ̄ァ'`                '、   ヽ \_
 |      l i! i   ー              ヽ    '、   /    ̄ ̄`ヽ
 ト、     l i! l、           、  、   \   〉_ノ⌒ヽ、__ _ノ


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:39:21 ID:50VmRiaJ
AA厨うざいな
まだ荒らし足りないか

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:40:25 ID:sOd+9bIj
                     ,ィ⊃  , -- 、
          ,r─-、      ,. ' /   ,/     }
          {     ヽ  / ∠ 、___/    |
         ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'
           ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /
            \  l  トこ,!   {`-'}  Y 
             ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !   ちょっと署まで来い
        , 、     l     ヘ‐--‐ケ   }
        ヽ ヽ.  _ .ヽ.     ゙<‐y′   /
         }  >'´.-!、 ゝ、_  ~  ___,ノ
         |    −!   \` ー一'´丿 \

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:08:37 ID:k/Ovd4m2
すげーシュールwwwww
新境地だなwwww

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:10:38 ID:CSFdNB8R
チワッスNAGEEEEEEEwww

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:14:36 ID:sOd+9bIj
                      ,. -'"´ ̄`ヽ、
                       /::...::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
                 ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::ヽ
            {ヽ.,_,ノ::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::;イ'!i:;i;::;::|           f.ln
      ,.-'''" ̄``ー`ー:::::::::::;:':::::/;:;イ;::::::::::;::::::::/|;|!::::: ::ハ,        'i lヽ._
    /::::::::::::   ...:ヽ=;::ッ:'":::::;イ::!:;:i::i::;::::ト;::::/ |;'|::::::;:/::::ヽ、    i:、  | i i !  まぁ待ちたまえピーポ君
     !'::::::::::::::::::::::::::::;r'" :::::::::::::i:::!::::|'!:|::!::!:|,;、:!--;ノ::ノ/;::::::;iヾ、   ヽ,\! ' `i
 ,イ:、_,)::::::::::::::::::::::;i:: :: : :: ::::::::::::;イ、:i:::::'!:l!:i,`゙゙´イi'::::::::iヽ:;::}        l    ' |     彼は人としての欲望に従ったまでだ。
. i;--、:;::::::::::::::::::::::::::::|::::: :::: ::::::::::;イ'ヾ、i;、::| ヾ、  _j、::::;::::::i'!      i     /
.{;!   ヽ::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::: :::|::::i  \ヾ、ヾ `ァ''ヾ. ヽ'iヽ::|、      ',     !
 '    !、::::::::::::::;:‐´ヽ、;:::::::ヾ!;:|   !.イ,!`ー‐|:::i::::ヾ;‐-!:| '!       l    |_
     r''ニ;:-‐'´    ヽ;:::::::i、!,  //l ヾ、 i;、::  :::;ヽ、`ヽ     ,r'',|.   |.'ヽ     忌まわしいブルーコスモスの盟主、
    ,.ゞ‐'"        'i:::::;:iヾ、_!'   \ /!,ヾ;:::::::::::'`;イ       /く'、|__ _,|.)ノ
   /              |::::i;::i  |    ヽi\'  ヽ;:: :::ノ `ー-、  `! ヽ 二.イ. |    ロード・ジブリールまで始末してくれた。
.  (、,_           ;.   j:::ノ|::!  |     | \/ノ::ノ     \  |   `´ !. |
   ヽ \        ゞ=ァ'´ ノ′ !,      |、 `''ツノ"|------‐'"ヽ,|    |.|     今回の件は不問、
    |   `'''''''' ─--- /     / !    | i  | /、      /|    | !       という事で手を打ってもらいたいんだがね
    |    \``'''''ー-、._    ヽ  |    'l | | ! `丶、    !,l     | |
  /、__,,.. -‐''" \     ヽ    ',  !    ヽ| | |    `ヽ、   i,    | /
  |        \     ヽ     ', 'i     'i | |       `ヽ、     ,!/
  /        ,,..-'      ヽ    ', |      !|!         \  ,/
 /      / ヽ       ヽ    ',|      ', | !


426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:16:34 ID:ome8h9Jk
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:20:07 ID:sOd+9bIj
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ 
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  } ごちゃごちゃうっせぞ!!
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉


             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/     }
   {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /    わかりました、議長
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !      ラウ・ル・クルーゼ、ジブリール銃殺の件は見送りとさせていただきます
         l     ヘ‐--‐ケ   }  
         ヽ.     ゙<‐y′   /       次はありませんから
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ ,-、


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:35:04 ID:sOd+9bIj
                    ヽ、'r‐'´  | i           ノ
    ,'                 ! l  ̄`ヽ  jノ           '、
    l                 ,' /    `!、             ヽ
`ヽ、 l               / /   ヽ , '; i;             }
.  l l  ,           , ,イ/! /    `, ' ,!ヽ          ,.' ,! フル
   |  ', iヽ         ,'/=;ニl,|_''ニ=''´ソ,. _,  \    l ;    { (ヾ、
   !  ,iヾ;=ヽ       !|-‐t_フソ`ノ`  ´ '   { ヽ  ! ,!     ヽ `ヾ'、
  |  !i`ヘヾヽ      'i`''∪‐'' ´        ヽ, ノ ,',イノ      'iー-、;ヽ
  !',  '!ゞ、r`ク|       ゝ-;:ッ        、-‐'ン'.イi   |    '、  ヾ
  ゝ,_、_ ゙ヾ、-ヾl       ヾ、           ̄ ノi |  i     ;};‐- 、.
フル   ヽ  `'ソ         \         -´ '! ',  ,     ノ'|;;;;;;;;
   、__,r'    !          ヾ、ヽ   _ __,.=ィ /`ヾ; !    /;;;;!;;;;;;;;
   ゙ーニ;'/(i、_,! !        ノ )ノ  '(-__,.=- '"´ /;;;;;;;;;;;;;;) ,.   i;;;;;;;;;;;: -
    /;;';;;;;;;`;;;;;'.,i ,       {、∪       -‐'' /;;;;;;;;;;;;;;;/ィ'!   ヾ、_ノ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ      ヾ:`ヽ:、._      /;;;;;;;;;;;ヾ`、 `ゝ、._ ヽ
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  、` 、     `ヽ、:;‐ッ'7ァ-‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;',i i      ヾ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ヾ`ー     `///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !l

             __,. -''" ̄`ヽ、        j/.::レ彡'´. , -;Z_
         ,.-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::`‐、    ,/ .:::::/´ ///
        ,.':::::::::::::::::::::: : .....:::::::::::::::::::ヽ,.-'´  .:::::/__/ .:::;:'′
       /:::: :::::::::: : ::::::;::::::::::::::::;::::::::::ト!   .::::;::'::  .::::::/    ………ッ!!!
.       {:..::::: ::::: .::.:::::::jヽ、:::i、::::lj:::::ル -::、_ '´.......::::_ノニ;、
       ';::::::: : :::::::::::::::ノ,-‐'`゙ ヽlヘ/:::::.....`丶、__::::::;::-――-、'、
       )::::::::::::::::::::::::', =''"   `>::::::::::::::: :::::::::`ヽ、_   ``
.      ‐'ァ::::::::::::::::::::::::::`ゝ   _,,.イ〉ー、::::...゙ヽ―- 、ヾ;'´    
       (::::::::::::::::::::::::::::ヽ;ヾ、  ´{ ̄´丶`ヽ、ヽ   `ヾ、
       `ヽ、:::::::::::::::::::::,.ゝ、ヽr‐'" ̄ ̄ `、 `ヽ
      , rヘ`くヽ:::::::;ィfヾヽ 丶   ,.-‐'"´丶   ははは、落ちついてくれ
      jノ‐'゙''`''゙''‐7 ヾ、ゞr1  ', /.     ',
     ノ       丶、_ニ, -┴'′      ',       友を助けるのは当然のことだろう
    丶、_                      ',
.    r‐'´:::`7" ̄ ̄ ̄`' ー-、           }丶、_
    ';:::::::::/ ,.-''"⌒''ー 、  ',           \  `;ニー-,
     ';:::::{ r'       `ト|、',              ヽ′   '、
.    ノ::::::', {          ! ! 丶             ヽ,_r''`ヾ、__
.ヽ;ー‐':::::::::::ヾ         ',|  ヽヽ、        __,.-;;'」ゞ-'"⌒ミ、
  `''''''フィ::::::ヽ           ',   ヽ `ヽ   ,. -'';' -''´|     、 ヽ`;ー―- 、
      {:::ノ}:ヽヽ       '_   丶 `,ヽr';´-'"´    '、     丶`ユ     `''−- 、
      ∨ jノ ', ヾ、       `、  ,ゝゝ'´         ',T"´ ̄ ̄´
          ', ヽ      ,. ゞ'7        __,,.-ニフ
           ヽ  ヽ     /  ,'     _,.-''"_,.-‐''´
            丶 丶  /.   {   ,.‐''",.ィ"´


429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:41:00 ID:sOd+9bIj
    ,'   !  |  !     !   /! ! ', l',       ,i ,' i ∧  ,'   ,'    l   !   `゙ヽ
     ! /,l   !  !     ', ,,../-', i--', !-     /lァ―!ァ'-、!_ ,'!  /    /',   !
     ! //l   ', ;l     ,'ヽ i   ',l ...',l ヽ   / ソ,.....;/_  l / l  /    / i /
     !' ,' !  ∧l ',   i  ヾ,;====、   ',  ,:'  ァ;==、、',_ ! /|    /  !/
     '/  !  i ヾ∧  i 、;'"i: : : : : :}     ',/    {: : : : : l゙';ゝ!' !  /   l',  ……ホモ
     ;   ヽ ! ,','  \ ',  {: : : : : :!          !: : : : ノ  / !/!  !  :,  
    ,'     ヾ l,'    ヾ   ''''''''''""´         `゙゙''''''''''   ,'    l  !   ',
   ,'     ,'  !     !                    ,'    l  !    ',
   ,'     ,'   l !    !            '            ,'    l !l  ',   ',
   !     ;   !l    ', ',ヽ         _..._          ノ,','    ; ;l   ',   i
   !     !   リ     '、', 丶       ` ´     , '´ ,'イ   ,','ソ    ', i  !
   !,i   l !i    ヽ'ー 、  ',ヽ  `丶、        , '´!   ' /  ,./'"    ヽ!  l
   ll !   l ! !     i ヾ゙ー-` ヽi、,,..| `丶、   , '´|...,,,/_   /,:''´    / ! !|  ;!
   ll ',   !l ,',    __ゞゞヾ''"´    l     ` ´    !    `゙'''' ー- 、_  ,' ,'! ,'!l /!
   ヽ '、  !','、!,. -‐''´        /''ー---r:---‐'''゙i         `゙'''ー-'ソ/,!/ '

  /     l l   | l  |l |l      |l |l l  l|/l ,|/ | // |l |l | ハ 川 |  ||
  ト、_ _|l l  | | ハ | l     ⊥L_|l | l |ィi丁「/|l |l |」|l |/|l | l   |〉|
  ト-- --┤l   l | |l >k弋    | リ」ノメ、ノ kn'''''ト |l |l リ_リ`メ、|l | /  | | …みてアイシアちゃん
  `ー─''/| l`、 ヽ|イ>'k‐ヽヾ   リ"f j`Y //| 「i::::」 ! i   7Jヽ リY/ /   ! |
    / / | ハヽ 、〈 トr'::ri  ∨'′「!:::r!/イ | ゝ_:ソ      /'::::、ノ〉 ノ/ ,' ,' U   あれがホモ
 / // |   ) \、ヾ_' ノ    └ 'イ ∧、ヽ       、_:ン  /イ ,' ,'  、
il  / /  ノ  (    ヽ::::::::.  '  .:::::: ノ  ハ \ 、'_       〃〃//¬  `、
|l/ / rノ ヽ )/    ) 、   ‐  , ( (_ノ) \          / 〃 //<y⌒!_ヽ
  /  ( ( /_} j、`ーくノ _}` - '´{__>‐_z‐_ヽ _ .... イ´ 〃_/_/  厂_j `\_  うぅ…キモい…
 /   ヽ ( ( ( ( ̄ ,ィヾ、      / r'── `ヽ     /'´    厂f^Y     〉‐う
/    ヽ、r─っ う、二 ハ||   ノ 丶 /  `と二二  `、   (    _,とnノ    ,「 _rJ
     f  ̄つ  `、    l|      /  / ⊂二、   `、  , -rく⌒ヽ /  _ r(へノ
     ( ̄つ    `、\ _|`ー? rイ_//     人   V'´|r‐ヘ )⌒´ _f─J′ /|

       //  l /   / ! 、ヽ ヽ   ヽ ヽ
       / |   |'   l !  | ハ ト、 ト、   l  ',
        | !   |/ / ,! ,! |/| | | |、!|_|_ヽ_| |  l
        | |   | | /|ムイヽ! リ リ==、l | |  |
       | |   | ハl'´,r==、     ´{fトッ}ヽハ/  !!  変態ホモ仮面…ッ!
       |  !  l || く {fトッ}     弋ツ l、!  ||
        l   !  l ',  弋ツ     `¨´ |//  ||    キモすぎですっ!!
      j   l  ヽヽ   ¨´    '   -彳/イ/リ
       /    ヘ  ヾ=-   ,.‐----‐、  /イ //>‐、_
     / __/_∧ ヽト、   {__,. ---'/l / /´-j  | |ヽ
,. -―……―-- ニヽ__ヽ l`丶  __ イ | /   (_/ノ_ノ }、
               ̄` ` ー―‐┴‐'´  / __,.ニア_/ノ
                      丶  ´      /´
              ________、_,. -''´、
`ー----------一 '' ´ ̄!ヽヽ   ヽ/    ヽ  }}  ヽ


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:45:19 ID:sOd+9bIj
       l        /{{_ ∠-‐∠-‐―――――‐;ヘ   \      /
        ヽ      {  ,>'"´         ___ノ‐'---;;=‐ ヽ   /
         丶、  レ'´   _,, -―;z;ニ;二ミ、___ 二ニ,=‐ l-''´
            ,ゝ'´ , ィ<_ \`'´/ (フ_) _ /        丶、!
          /,. ‐''´ /二ヾ丶、\ ‐'''"ニ '´_          \     ギルバート…貴方っ!!
        / 7   l l'(ノ), '  `゙`  ´_フ´ , - z , -r T''T   丶.
         /ィ   丶{ ‐'´      /-‐''´'´ ̄〃  l_」 ┴''"´   ヽ
         / / _j` 丶          __,,..-;;二 ̄         ',
.        / _∠-‐'´__',   -_,,.........、  ,,.. -'" ̄             ノ
        '´  -=二  ヽ  ゙'ニ;;;;;;'´  ∠.......___            /
        _ -‐''´    \   ̄     `> 、_           /
      ‐ニ................____  ヽ    _ -ニ-― 二> 、__,,.. -‐''´
             -=二.....__`二 「 二-‐ _ ̄    i
                      l l l  /{ィ    |
                         ', ', ',  `z 7     }_
                         ', ', ',   }ノ   _ -'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     _」 l| ´_ - ,ィ
              __,,.. -‐ ''"  ,ゝ'-!‐  ,. '_z__    , --- 、
         _,,..-−  ̄        ./   ! ∠  、-''´ /     丶
       /      , ィ      /     l  ', /`` /        丶

                      ,. -'"´ ̄`ヽ、
                       /::...::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
                 ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::ヽ 
            {ヽ.,_,ノ::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::;イ'!i:;i;::;::|           f.ln   ま、まぁ待ってくれタリア…
      ,.-'''" ̄``ー`ー:::::::::::;:':::::/;:;イ;::::::::::;::::::::/|;|!::::: ::ハ,        'i lヽ._
    /::::::::::::   ...:ヽ=;::ッ:'":::::;イ::!:;:i::i::;::::ト;::::/ |;'|::::::;:/::::ヽ、    i:、  | i i !  私が愛しているのは君だけだ
     !'::::::::::::::::::::::::::::;r'" :::::::::::::i:::!::::|'!:|::!::!:|,;、:!--;ノ::ノ/;::::::;iヾ、   ヽ,\! ' `i
 ,イ:、_,)::::::::::::::::::::::;i:: :: : :: ::::::::::::;イ、:i:::::'!:l!:i,`゙゙´イi'::::::::iヽ:;::}        l    ' |  この言葉に偽りは無い
. i;--、:;::::::::::::::::::::::::::::|::::: :::: ::::::::::;イ'ヾ、i;、::| ヾ、  _j、::::;::::::i'!      i     /
.{;!   ヽ::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::: :::|::::i  \ヾ、ヾ `ァ''ヾ. ヽ'iヽ::|、      ',     !
 '    !、::::::::::::::;:‐´ヽ、;:::::::ヾ!;:|   !.イ,!`ー‐|:::i::::ヾ;‐-!:| '!       l    |_
     r''ニ;:-‐'´    ヽ;:::::::i、!,  //l ヾ、 i;、::  :::;ヽ、`ヽ     ,r'',|.   |.'ヽ
    ,.ゞ‐'"        'i:::::;:iヾ、_!'   \ /!,ヾ;:::::::::::'`;イ       /く'、|__ _,|.)ノ
   /              |::::i;::i  |    ヽi\'  ヽ;:: :::ノ `ー-、  `! ヽ 二.イ. |
.  (、,_           ;.   j:::ノ|::!  |     | \/ノ::ノ     \  |   `´ !. |
   ヽ \        ゞ=ァ'´ ノ′ !,      |、 `''ツノ"|------‐'"ヽ,|    |.|
    |   `'''''''' ─--- /     / !    | i  | /、      /|    | !

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:47:54 ID:sOd+9bIj
          //     |/    l  |     \   ヽ
        //l        | !___゙,  l       ヽ   ',
         l ! {       l|―--‐ヾ, l    ,.‐―ヽ  ',
         || ', l |    ハ! _,.ニ、  ヽヽ  '-――‐'、 ',  !
        l{  ', ', |  |Kf1フ`ミ、  ヽ'、   ,.-‐_,.z_'、 i. |    ギル…!!!!
        ヾ  ト、゙、  ll { 、ヒ_j `  `ヽ  〃´{「`ヽ| i! !
          . メ ヾ  l',| ......::::::. /       、{`"´::| i!. |    l
          / ヽヽ l!ヽ::::::::       .::::::::::::`''丶j ,'l |    l
          //l   ',、',    、       :::::::::::::::,'/ j ,l!     !
          ,'.,' l    トl゙ヽ    丶        、_,ノ/ / /!  / |
         !{ !   { .ト,     ,;;;__           ̄ / /,' /  l
         |!.|  |.! ヽ    「_フ丶、,      ノ / j /  |
         i! l   { !  丶   ヽ、___ノ   ヽー' / / /  |
         l  ', i  ヽj   丶  ー-     、  ̄ _ノ/
           ヽヽ,  ',     ヽ        ァニ‐ァ''   ィ  l
            ヾ、メ ',     ト、__ ,. ‐;:ニ ゞ、 ̄   ノ j  /

             __,. -''" ̄`ヽ、        j/.::レ彡'´. , -;Z_
         ,.-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::`‐、    ,/ .:::::/´ ///
        ,.':::::::::::::::::::::: : .....:::::::::::::::::::ヽ,.-'´  .:::::/__/ .:::;:'′
       /:::: :::::::::: :U::::::;::::::::::::::::;::::::::::ト!   .::::;::'::  .::::::/
.       {:..::::: ::::: .::.:::::::jヽ、:::i、::::lj:::::ル -::、_ '´.......::::_ノニ;、
 ……   ';::::::: : :::::::::::::::ノ,-‐'`゙ ヽlヘ/:::::.....`丶、__::::::;::-――-、'、
       )::::::::::::::::::::::::', =''"   `>::::::::::::::: :::::::::`ヽ、_   ``
.      ‐'ァ::::U::::::::::::::::::`ゝU  _,,.イ〉ー、::::...゙ヽ―- 、ヾ;'´
       (::::::::::::::::::U::::::ヽ;ヾ、  ´{ ̄´丶`ヽ、ヽ   `ヾ、    ギル!!!
       `ヽ、:::::::::::::::::::::,.ゝ、ヽr‐'" ̄ ̄ `、 `ヽ
      , rヘ`くヽ:::::::;ィfヾヽ 丶   ,.-‐'"´丶
      jノ‐'゙''`''゙''‐7 ヾ、ゞr1  ', /.     ',
     ノ       丶、_ニ, -┴'′      ',
    丶、_                      ',
.    r‐'´:::`7" ̄ ̄ ̄`' ー-、           }丶、_
    ';:::::::::/ ,.-''"⌒''ー 、  ',           \  `;ニー-,
     ';:::::{ r'       `ト|、',              ヽ′   '、
.    ノ::::::', {          ! ! 丶             ヽ,_r''`ヾ、__
.ヽ;ー‐':::::::::::ヾ         ',|  ヽヽ、        __,.-;;'」ゞ-'"⌒ミ、
  `''''''フィ::::::ヽ           ',   ヽ `ヽ   ,. -'';' -''´|     、 ヽ`;ー―- 、
      {:::ノ}:ヽヽ       '_   丶 `,ヽr';´-'"´    '、     丶`ユ     `''−- 、
      ∨ jノ ', ヾ、       `、  ,ゝゝ'´         ',T"´ ̄ ̄´
          ', ヽ      ,. ゞ'7        __,,.-ニフ
           ヽ  ヽ     /  ,'     _,.-''"_,.-‐''´
            丶 丶  /.   {   ,.‐''",.ィ"´


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:51:48 ID:sOd+9bIj

         ',    .   l '! ヽ ヾ.、               ,.ィ' ´
         /'    ! |   \ヽ`丶 、._        ,. :;_'_´_ノ
           l     !  |─ー- 、.ヽ.ヽ、 _,. ニ==--─ァ─''' "´ ヽ
         !   、 ヽ. k-===ミ、``ヾ、 ;:'ィ== ;、,:_/      〉  ………
       ,. -'ヽ  ヽ、 ヽ.i┴‐‐'-`    `  ゞ--イィソ,.ィ  ,.    /
     r''´   ヽ. | 'ト、 iゝ       l ::::.     '"'/´,ィ   / \
     {      ヽ i ヽ,ヾ`、       ! :::::      /ィ'ノ   /     `ヽ、
    ヽ       ヾ'、 `i、`    ヽ       /,/'/ /         }
      ヾ、  、   `、  ';.、  ー:;;-;;;::‐    ,ィ' /'           ノ
       ゙ヽ ヽヽ、   ヾ.、 |`:ヽ、   ̄   ,., '´イ ,. '     ,   ,ィ /
        \ ヽ \  \`|;;;;;ト、`;、__,. ,.´;;;;;;;;;;lア ,.  ,. -;:' ,. '//
          `ヽ  `丶、 ヾ:;;;;〉/;;|| |〈 /;;;;/ィ>',.iイ / ' ´  '´

       !:::::::,.:'"´::::::::::::::://::::::::::',:::::::::`丶、::::::::::',
          l:::::::i::::::::::::::::::::::,':,':::::::::::::::',:::::::::::::::::`ヽ:::::',
          !::::::l::::::::::::::::::::::i:::!:::::::::::::::::',::::::::::::::::::::::',:::::',
        ,':::::::!:::::::::::::::::::::|:::!:::::::::::::::',::i:::::::::::::::::::::::',::::、':,
       ,:':::::::::!:::::::::::::,::::::/!::!::::::::::::::::|::|',::::::::::::::::::::::':,:::',ヾ:、  どうすんのよ…
  _,../ィ:::::::::,'::::::::::|::! !::i !:|!|:::::::::::::!!:! ',::i、::::::::::i、::::::`ヾ:、
   _,../,. ァ,.,:'::::::::::::l:l'''l:::!'''',:!',!',::::::::;T,'''''ゾヾ、::::::!:',:::!ヾ、-ヽ
     -‐''´,:':,::::::::::/ヾーヾ‐、ァ ヽ',::::,' リ''''i::、T'ゞ:、::':,:ヾ:、
       '/,:':::::,イ::',   、ヽ::ノ  ヾ'  -ヽ ' /:::`'ト::::i':,`
       ,:',:':'"´:::!::::、ヽ、  ̄   __i __    ,:'::::::::::!:::::':,ヽ
     /イ:::::::::::::|:::::::':,`  、,='ブ! lヾ:、`i /フ::::::::!l:::、、ヽヽ
     /ァ-、__:::,::',:::::::、>、, ', '/´! l、ヽヾ:、<:::::::/,'::ヾ、゙ーヽ
         ゙' ,ニ',:、:::ヽ, ', ', '// !、ヽヾ `'i::/;、,,-'''
        ,イ´:.  ヽi'    '/  | ' ,ヽ  !  .:: , '`',
        / `',:、 ::.   !   ,'!|  !!  |'   ,' ..:: //  ',

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:56:13 ID:sOd+9bIj
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ
         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::;イ:::::l:!::::::::::::::::l
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;b;!/:/::/;イ:;'
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r−;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.−ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }

::::::::::::::::::::::/ヽl'、:::ヽ::::::::::::::::::::|     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
:::::::::::::::::::/__ヽ:::ト、::::::::::::::::!  ,,..___ゝ、:::';:::::::::::::::::::::::::::::} 
:::::::::::::::::::l   ̄`ヾ'、ヘ;l:::::::::::l〈/-―_―‐'''"゙ヾ::::::::::::::::::::::::::〈
::::::::::::::::::::l ‐'〒てフ〒ヾヽ::l、::',  彳_フ~〒ア/::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::、:::::::::::'、   ̄ ̄´   `i ヽ',   `−‐┴ /:/::::::::::::::::::::::::::l  何っ!ロゴスの残党がこちらに向っているだと!?
: : :::::`ヽ、::::::'、           , ゙`      /‐7:::::::::::::::::::::::::/
:. : ::. ::. ::`r 、ヽ       '        /;ィ´:: ..:: .:::::/
:::::::...:. :. :.. :', `゙ヽ        ,       /'´ノ::: . ..:::::/
::::::ヽ:::::::::::::::ヽ、                   /::::. .:::::::::::',
:::::::::::ヽ;、::::::::::',、    ,.-- ニ--、     ,:'::::/:::::::::::::::::',
::::::::r‐「ヽヽ:::::::l ヽ、    ---     ,.イ ̄1::::/:::::::::::::'、
:::::::::l `ヽ、`、:::|   ヽ        /  l __!::/-7:::::::::::::\
: .::::::l   ``;::lヽ、   ヽ、    /,. -‐'',.-‐l:/ ./:::::::::::::::::::::`ヽ、
: .:::::::!     リ、 ` r、  `''''''´/    l  l'  l::::::::::::::::::::::::`ヾ;ニ==-

             ,.‐‐-,,.._
         _、__ノ::::::::::ト;:::}         
       ィ´::::::::::::::::::::::ゞr`゙'           すまないが私はこれで失礼する!
       (:::::;::::::;ィ::::::::;j`~_フ、_         
.       {/∨「ニlイニ‐ニ‐1  '、 __,.-‐r'"う,   自体は急を要すのでな
           j ヽヽ|.l| .i`ヽ、_,. -'"´ ̄          
          ノ .ハ ','/  {            
         l ,'. } j.l   {         
           j lノ j|  ',          
         {./  .l |     ',          


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 17:58:28 ID:sOd+9bIj
             /:. .                     ヽ
           /::::::::::::::::.                      ',
             l::::::::::::::::                         ',
              l::::::::::::::::    ::.   ..               _i_,,. _,
             l:::::::::::::::::.    :、:::.. :::::::....    ::.      ..:::-‐'"´/
             l::::::::::::::::::::.   、. iヽ、::::`; 、:::::::::::.:.. ヽ、_:::..................:::::/
            l::::::::::::::::::::::::. ヽ:.'、 `ヽ'、`''ー-;:_:::::\ゝ-r---‐弋
          ノ::::::::::::'、:::::::::::.  ト、l-―――''´"  ̄`゙` l::::... ゙ヾ‐ヽ
          /:::::::ヽ:::::::ヽ、::::::::..ヽ`     _       =ミ彡l:::::::::::.. ',
         ,'::::::::::::::ヽト、:::::`z 、::ヽ==彡´    ヽ   l::::`r 、_:::.',
         〈:::::::::::::::::::ヾ,て`‐;-ヾ``           /::ヾ゙`  `゙`
         ヽ;:::::::::::::::... `'''‐`--.、            _′/\ ヽ
           丶、::::::::::::::...  `‐;;-丶     -‐;;;;;'/::::::...ヾ`
          ,.-'"´`ヽz-;;;::::_::::::....\`‐- ,,,.._   ∠ -z‐弋``
        /         ト ̄`゙`ヽ   j`゙"´      ヽ、


 ヽ|\\//´》     ./       /  //       ヽ_
  i /\\//  /       /´  //          `丶- 、
、_ ヽ/\\/ /´     /´ノノ// ノ        /)        '''丶、
  ̄`丶,.//     彡ゝ==<|/       /ソ//         i タンホイザー
     i/    ノ/´ノ<ソ》、ツ´ソ     , . / 'ミ/´´          |    てェエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!!!!
     >   /´ \´ ゝ'´⌒/   ,、-'´i.ノ '´             ノ
.    /  . <><ミ__`>  ノ , '´  /                  /
    /  /  ヽゞ)      //    /               /
   i_/ヽ   ..>        ノ     /       ノ      __ _ノ  ,、-─
.  /  ,ヽ く           /    ,、 ─/_,、-''-─'´<,__/
. /, - '/,、ヘ.`ヽ ,、-- 、 _. <,、-''-- ''´  ///       /
  ̄ /-'' /´ヽヽヾ、 ̄ /ヽ.        ///       /
.      /  . ``\' , 《  |     .///       /
.    / ,、-'/     \ヾ_ツ    ./ 《 (´ |\     /
    // /        >、_/⌒\\\\.\   /
    ソ /_,、---─'´ ̄´ノ/  ,、-'''´\\\\|.  /    / ̄ ̄ ̄ヽ




435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:12:58 ID:sOd+9bIj



           /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
  ――  |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
    ― 、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ
   ―― {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}} バッ
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
    ――  /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
   ―――  {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
      ―― \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
        ―――  |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/
     ――――   /.::::::::::| ll ′ ′ , /..:::::::::::::::/                 ,.‐‐-,,.._
         ―― /.:::::::::::::i l}  -‐'´/..::::::::::::::;ハ             _、__ノ::::::::::ト;:::}         
          rヘ___レ-、:::::/ 〃  ./..:::::::::::/  l            ィ´::::::::::::::::::::::ゞr`゙'          
           /::::/ r-‐ヘi/ 〃   {:/⌒L_/     !           (:::::;::::::;ィ::::::::;j`~_フ、_         
.  ――   /::::/:U「「ln;/ 〃   i´ ,.`''T''‐′     |           {/∨「ニlイニ‐ニ‐1  '、 __,.-‐r'"う,  
  ―     /::::;化!`^^'7′/〈_  _ノニ;'゙,} |       '、            j ヽヽ|.l| .i`ヽ、_,. -'"´ ̄          
       /::::/   /  /::::/ (ニ イ// {,j          \           ノ .ハ ','/  {            
       `'''′   {   /:::::/   (//              \         l ,'. } j.l   {       
            \ /:::::/              ,. ==i=、}         j lノ j|  ',          
             / 丶              〃  ヽ、∨        {./  .l |     ',           


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:20:13 ID:sOd+9bIj
        ,.-'´ ,.       / ,.`ヽ,i ,.|    `ヽ、ヽ \
      ,.‐'´   /      / , .i´""`'"´l      / ̄´/ヽ、
.      l    ,'      /i , l、{     l      /  /  'l
      !     ヽ      i''!,ト, l,'ヾ'''‐-.、./     _/  ./,   l  ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
.     ,. '´     |    ヽ-.、、.l、:::::::::...'    //  /、 ! , i '、
     i        |       、、::\イ´ ゙̄ヽ、  〈 ノ /_ 〉',ノ!ノ, iヾ、
.    |     ,r‐.|     、ヾ=、,__、ー- :ィ` .:::.Y ,. =、''フ''ノ"ノ ト.ヾヽ、
      |.    /ィ,ニ!     ヽヾ、_ ::::.ヽ :::::::::::::::::::.\. ,i/  ノ'ノノ ヽ}
     l,     {´|' リ      ヾヽ`''ー-ゝ----:ー::''''"´)i |.Y´/ノ´ ノ゙
     l   ヽ 、l       |ヾi,      :::::::: / ヾ! |./
     ヽ    ゙ソ       |::::`',    ,:ェ=‐ 、_-_   ノヾ !
     ノ    {       、l:::::::::',     `二'''ー'゙  /  |、   …ッ!!!
    i´      /`!      |ヾ、::::',     ::;;;;;;;:   /  、 !ヽ、
    \      /::::|     ,l.、_:::::::::::':.,      /   ゙iヽヾミ
      l    /==ノ,.     |_::::`''ー-::、:;::...     ノ    リ ヽ!
     ノ ,/ /i  /,ィ ,    ヽ`'''‐-.、_:::::: ,--‐'!     /  '


     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i       ふかのうを
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',           かのうに――
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /


          , -‐'′  _,,,,,,,,,,,,,,......... 彡
          z'´   ,-‐ '´;;;;''   , ,;;'''``} , _/
        `ヽ    7;;;;;;;;''   ,,;;;;;;;;;;;;;;;'´´/
           j   /'';;;-‐;;ニニニ;;-、;;;;;;;;/
        ィ    / //  _,,......、`ヽ  `7      アッー!!
        ゝ.  / '''´ ,;;,;;/  . ヽ,,;;;;; ィ
          ィ  ヽ、;;;; ,;;,;;〈      ,,;;;; / ,,
        ゝ __ };;;;;;;;;;;;;ヽ、____/;;''''/´/
         } /- V;;;;;;'',;;;;;;;;;;;;;;;;;''',;;'''' ,;;;'' /
         '7 r };;;;'''' ;;;;;;;'''' '' ,,;;;;,,;;;; -‐'〉
           { ヽ;;;;;,, ;;; ,  ,,;;;;'';ィ に r‐''´
         `ゝ、 _;,,;;;;;;,,,;;;;;;'' /`" /
  、_        ヽ `ヘ;;;;;;;;;;;;;; , {  __ヽ
    ヽ、   __  } __ハ;;;;;;;;;;;,; ,| /  〈_  〈/ }   , -‐
      ヽノ  ヽ}/  ';;;;;;;;;;; ;;|′   }   / //
            `ー ヘ;;;;;;;;, ;{      {   jレ /
               ヽ;;;;;;;:ヽ、   ヽ  r/
                ヽ;;;;;;;;ヽへ... イ, ィ ´
                  \;;;;;;;`''''''´ /

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:44:29 ID:IQQPmPen
AA貼るのは勘弁してくれ。
前スレ容量切れになったしな

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 18:45:09 ID:sOd+9bIj
                      ,.- 'フ´
                   ,..-' / /
 ─-- .._            /  /  /
 \ ` 、  ̄`ー‐-、.._    /  /    /
   \: : :`. .、     \ _/   /     /    あんなに一緒だったのに
    \: : : : `. .、.   /メ`> <    /
      \: : : : : :` ><.フ7|ヽ  l\ /           夕暮れはもう違う色――
       \_: : : ://!./ | \! /`ー-、
         `>、  l/,. 个 、V: : :.   \
         /: : : ::`>、 | /: : `: 、   \       
          / : : :/: : : `,ヘ: : : : : : . ` 、.  \
       /   /: : : : : / | ヽ、: : : : . .  ` 、\       -終-
        / /: : : : _,.-'ヽ、| /  ̄` ー--- 、..._` \
        //: : :_,.-''    Y            ̄`
      |/ '" ̄        |
                 |




439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 19:38:47 ID:qX4l4mLk
ワ☆ロ☆ス

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 20:40:20 ID:5WGm5YUL
いつの間に入れ替わりやがった変態仮面

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 01:19:41 ID:f0Is1+RD
            背景スレ     良スレ  普通   糞スレ
               ┝ - - - - ┿━━━┿━━━┥
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i ))) ここクマ!
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /


442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 01:22:14 ID:W4JFSsIX
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ 
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  } ごちゃごちゃうっせぇぞ!!
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 10:47:15 ID:lt4pn1tc
変態と蔑まれ、議長の身代わりとなったクルーゼは瀕死の重傷を負った。
その後、クルーゼは天枷研究所で改造手術を施され、変態ロボ仮面として蘇ったのだった…

シン「この島はきれいで、平和でいいところだな…ん?」

                  ,.-──-、
               _,,,.ノ      i        r 、         ,.-、
             ,/" 、 rー、        ヽ__     |ヽヽ       ,/,,/
           /    ヽ|  _ヽ, 'i       `、   |││   ,/ ,/
           i    __ゝ| "フ丿---t    i   丿| し -''" ,/     __
         __|   r' ∠_| " ∧-='"ノ   |  /  `"     -(___,,...-'' _)
       ,/" _ノ λt__, __  <,_,> ~_|   f   |           __,,,,-;;"-'
   λ  !,─'"    i ̄ ^'--'~  | <ノ丿  |  丿         / _,,-='→
    ( `-''"    _,,-'')_ ___|-─/jヽ─-|丿  ノ /         ,/_,,-''"
    ゝ,__,,--''   (!ヾ    ,___'_ ゝ-'' -'''")i |         / ̄
   ノ  /   /    ヽ     -- ` ヽ二ノ ヘ-l       /
    (("二∠-─--,,,,,,,ト ヽ-、     iY´/   \    ,/
     `/~    ヽ、  へ  =`'─ ''''"//      \  |    ララーララ♪ラーララ♪ラララララーララララ〜♪
     /        ヽ/^'''-\_|ヽ  /         \
    /   _,,-───-|    ヽ | /          /                     ♪:「深海の孤独」
    | ,/"/ ̄ ̄ ̄  ヽ    /           /
    | / // _,,.-''~~   | ,,/~           /     
    ||,///-''     _,,/l /          /\
    |│| !   __,-─'   //|         / ヽ_ \
    ヽ─|  _,,-''      // |        /   "''-i\
      / /        / | |   _-- /        ヽ
      / /|        | |___二=''''--''~~/          |
      | | |        |___,,..-'''/  丿          |


シン「……変態」

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 10:51:24 ID:lt4pn1tc
ラウ「ラーララ♪……あっ」ザッパーン
シン「おい…まさか!…ぁええ!!うそだろぉ!?落ちた!?」
ラウ「ウォェップゥォアアァ!!!!」
シン「泳げないのかよ!…えぇい!!」ザパーン!!
ラウ「ヒィヒャアァァァ  ハッハァアアァァァッ!!!」
シン「くそっ落ち着け!!!」


シン「ハァハァ…死ぬ気か、この変態!!!」

     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i  ピキーン
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ  !!!!!!!!!!!!!
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 10:56:58 ID:lt4pn1tc
シン「泳げもしないのに、あんなとこ!何ボーっとして…」
ラウ「ヒッ…ィア…イヤ!…ァ…ァア!!…ィャ…イヤァアアアァアアアアぁああアアアAAAaaaaaaaa!!!!!!!!!!!」
シン「お、おい!ちょっとまて!一体何!?」

          /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
       |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
       、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ  イヤァ!!!変態イヤぁああぁァアあ!!!!
         {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}}
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
         /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
          {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
           \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
              |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/

シン「…!!この子、もしかして…」 アッー!!
ラウ「駄目よォ、変態だメェ!!!」
シン「あぁ、わかった!大丈夫だ、キミは変態じゃない!俺がちゃんと、俺がちゃんと守るから…」

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:01:46 ID:lt4pn1tc
ラウ「…まもる?」
.   /:::::::::::://:::::::::::::::::i:::/ _」::/  /::::::::/    |:::::::::::::八::::::::::l:u :::::::::l::::::::::::::::::::::::::: 
  /::::::::/ /:::::::::::::::::::ハ/r'"l/ニ;ミ/:::::::/    |:::::::::::;'=l:::::::::l:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: 
 /::::/  ,:':::::::::::::::::::::::l ヘ {-‐'´:l::::::::;'    |:::::::::::l__|:::::;イ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::   
 ::, '   /:::::;ィ::::::::::::::::::|  、_'ー-'l::::::/    |::::::::l,-‐;;!:://イ:::/:::::::::::::::::::u:::::::::   
 '′  ,:':://:::::::::::::::::::{    ̄`l::::/       !::::::::l-‐'´l/ ミ/:;イ:::::::::::::::::::::::/::::::::    うん、だからもう大丈夫だから。
   // /:::::::::::::u :::::',       l::/ .::::/    |:::::::lゞ-‐'_  /'´//::::::::::::::::∧:::::::/   
 /'"´ . ,'::::::::::::::::::::::ト;:',      l/   ,     l::::/  ̄    /´:::::::u::::::::::::/ ノ:::::    キミは変態じゃないよ、全然。
      ,':::::::;::::::::::::::::',`ヽ        '       !:/     /:::::::::::::::::::::::/, '::l::/
     ,'::::::/j:::::::::::::::::ヽ    r'フ''' ー- 、   l′   /;;;イ::::::::::::::::::::/'::::/l/
     l::::/ /;ィ:::::::::/::::::ヽ   Y       ゙ヽ     '''"´/:::::::::::::::::::::::;:::://
      l::/ /''_j::::::;イ::::::::;;:::ヽ  ヽ     /   u   /:::::::::::::::::::::::::::::ハ::!
      l/ r'´_!:::/ l::::/!::::/ ヽ  `ー―''´     r‐'7:::::::::::::;:イ::::::;イ/ l{
       ヽ {l:/ l:/ ノ/  ト、 `−     ,. イ r7::::::::::/ /;イ::/〃  ヽ
        ', ''  ´  '´   | ヽ、 __,,..-‐'''´ / //:::::;ィ",ィ '7//
ラウ「ぁ……まもる…」

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:09:53 ID:lt4pn1tc
シン「キミはこの島の子?名前は?」
ラウ「なまえはラウ、しま、しらない…」
シン「じゃあ、いつもは誰と一緒にいるの?お父さんは?お母さんは?って歳じゃないよな…」
ラウ「いっしょはギル、レイ…おとーさん、おかーさんしらない…」
シン「そっか…きっとキミも怖い目にあったんだね…」
ラウ「こわい?」
シン「あぁ今は大丈夫だよ!俺がここにいて、ちゃんと守るから。」
ラウ「ラウをまもる!……変態?」
シン「大丈夫…変態じゃないよ!」
ラウ「……」
シン「…あぁ俺、シン。シン・アスカっていうんだ。わかる?」
\    !|  / .i' /,レ' /      )  i i
 ヽ   ヾ、! 人,i|' /     /  | |
  ヽ   ヾ、 | ヽハ|      /  / ./
    !、   ヽ┤-=─-、  /   //
    ヽ    `!、<、 ̄i_! (l´ ,.r'"~
     ゙、    i:::.`─' .:::.\/  ………シン
     )    !:::::::`l ::::::::. \
     / ,'i   /::::::::: | :::::::::::::. \  
     l// / `゙-、;:::::|────-`
      /  ゝ、  `゙-:!  r'"く
     ヽ   ヽ,  -─┬ '  ヽ.
.ヽ、    ヽ    )   -‐'  i.   i
. メ\   /  /   ト、  i 、(
 ̄\ \ ( /ヽ、_.ノ  `゙-、,`、ヽ
ヽ、|ヽ ̄ヽ、ヽ`i、  \      ). )
シン「覚えられる?」
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i ニャァ♪
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:14:29 ID:lt4pn1tc
::::::::::::::::::#:::::::::::/:::::::::::::::::::;イ::::::::::::ハ::l;:::::::::::::',ヽ:::::::::l-ヘ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/ l:::::::::::::l !:l ';::::::::::::∨';:::::::l __ ヽ:::::::::::#:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::;イ:/ j::::::::::::::l l:l ヽ:: :: :',二';::::l==ミ;::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::#::::::::::l::::::::::///、 !:: :::: .::八 ll  ∧: .:. ::l,-rミ:::!   ';::::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::;:::::::::::i::::::::///ニ;ミl:: .:: .::/, 、iヽ二ヘ::.::::::lヒ_ノ!:!  ,,,  ';::::::::::::::::::  ッ!!……この変t
::::::#::::::::;:::::::::l;::::::l l/,,,,,_`i::::::::://   `゙  _';::::::::!―‐リ" ̄  }:::l、:::::::::::  
:::::::::::::::::::::;:::::::ハ:::::{ (ノ:::)l:::::::/        ';::::::!       l:/ }::::::::::: 
::::::::ヽ:::::::::}:::::/ ';:::l  ,.ゞ'"7::::/    '      }::::l       ノ /:::::::::::
::::::::::::ヽ::::::;::/  ヘl"´  /:::/      i!    |:l        /::::::::::::::  
::::::::::::::::ヽ//\       /::/      __    l::l      # /:::::::::::::::::
:i::::::::::::::::〃::::::::\    j:/    ,. -‐'''''''二ユl/        /::::::::::::::::::
ハ:::::::::::::/:::ヽ:::::::::::\ /′   ,/_,.-'''"´    ヽ       /:::/::::::::::::
 ';::::::::::::::::::::::`、ー 、:゙ヽ、    j`    _, --、  ヽ    /イ}:::::::::::::::::
  }::::::::::::::::::::::::::\ ``''''−  {  / ̄    `'''r、!    ,イ~:::::::::::::::::/
 /イ::;l::::::::::::::::::::::l丶     { _/           } l     /|:::::l:::::::::/
  /:ハ::::::::::::::::::::lーヽ、   丶ヽ        j j   , ' |; イ:::/
  /´ ス:;l::;l::::::::::八:::::::i::ヽ、  ヽヽ      _ ノ_ノ  , '   l' j/
.  / / l/ ';::::::/ l:;i:::/lハ ヽ、 ` 二二二 - '´  /    ',
,.-'´     l:::/  '´j/  ',   丶、  -‐''" ̄ /       ',

:..:::::.::.:.:.::.:.: .:: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : ..:.:. :.:.:. .:.:. :.ヽ:::.ヽ
::::::::.:..::::..:..:.:..::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:. .:.:.:.:. . : :.:.:. ::.:ヽ、:ヽ
::::::::::::::::::::.:..::::.:.:.:.:.::::.:.:./:.ヽ.:.::..:.:.:::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヾ:ヽ
::::::::::::::::::::..:ハ::.:.:.:./::..:/ |::.:.l:..l:::..:ト::..:.:.:.:.:.:.:::..:..|:..:.:.l ヽ:!
::::::::::::::::::::.::l_|::.:./!/:.:.! |::.:ハ:|ヽ:.レ|::.:.:.:.::..:.:::.:.:|::..:.:.!   | シ・ン・ア・ス・カ!覚えとけよ
:::/|:::::::::::::トトl::/、lハ:: !  |: |_リィ|:|‐j: :j: .::: :::: : ハ:: : | 
::ヽ|:.:::::::::::lY1辷YT::lー |::トィ辷Tシ!.:l..:::|::.:::../  l:..:!
ヽ:::::::::::::::ト! `  ̄ !:| ィ !リ  ̄ ̄/::/:::イ:: |: |、  !:l
 ̄\::::::::ヽヽ   ヽ | |′  /´/:::/j::/|/:.:ヽ |′
:..ヽ:::::\:::::ヽ‐ 、   _'__     //イ!::/:.:.:.:.:.:.:i
:::::....:::::::::`丶ヽヽ\´ - `, イ::: /´/ !:::::. :.:.:.:.:.|
::::::::::::::::::::::::\`jゝi ト- ´ノ ヽ: / /:::::::::/!:.:.

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:18:15 ID:lt4pn1tc
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: ( 
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i シン……シン!ラウをまもる!!!
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /

               Y  f^>f'"~Yゝ,f-、ッ  〕
               ,.!   /_`-、! ∧ /-'"//
               ゙、  \`_ヽ V r'_,フ/ !
                !  ノ i   |  i { |     come here.
                〈  {ヽ!``__!__'"レ,イl      
              /`ー、ヽ ir\    ,イ !.l ,r'~`ヽ、
           ,.ィ" ri l i ト、j:i:i:::ヽ`ー':/::::! ', ) 、 、 y;  ヽ、_
      ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
   , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
  /       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
 ;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
 l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
            ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
   ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXXヽ
  /XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
 ,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
 |XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
 !XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
 XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |
 XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|
 XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX

シン「何なんだよこいつは!!!!!!」

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:21:53 ID:lt4pn1tc
ラウ「はい」
シン「鍵…?俺に?くれるの?…ありがとう」

     /                           |
      {   _,...,_                     l  ……ッガ!!!!!!!!!!!!!
     ゝく´   `ヽ、,. 'i    、 、 ヾ、       |   l
   , '   `ヽ、_,.,.-'´  !、   ,!リi .!'ヽ.       '、l、  ヽ
    ヽ ,   ,rヘ.ヽ    l >i ノ´ノ' _ l     i、!l    !
    ヽ| ./l'! !ト- ゞi、. `'" ノ,.'‐'"´`!ン|     l'.〉、  ヽ
     ヽ! ヽ!ヽ. , -ヽ`Y  'ー--‐,.ィ'´ {,     ヽ、   ヽ
      ``ヽ.  〉ヽ-ヘ/     |   ヽ.      l    `、
         ;' 〈 |.   /     _|  ,. '" |     /)     ノ
        ヽ、 l ' t.;' ,. -‐''"´ レ'´   |     !,{    ヽ、
         ヽ 'l/ヾ´``' ィ;===:、    /!     'ゞ!,     ゙i
          l ´  \ `ニニ゙  / l     ノ {.|、.    ノ
.           |     \   ,. '´, ィ=ゝ,   r'   ヽ} ,'!. |
          {         `フ'.ゝ=´'",-イ ),.ィiノ     〉ノ-!ノ
          ``ー-、 ,!. /l/ゞ;.'! r'´./,.'´ ´    ,ノ'´ ' `ー-

           /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
       |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
       、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ   ァ…ぅあ…しン…らぅ…ま゙モるッテ…ギギギギギギ
         {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}}    
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う       ギイ…ギギャァアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
         /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
          {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
           \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
              |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/
                /.::::::::::| ll ′ ′ , /..:::::::::::::::/
             /.:::::::::::::i l}  -‐'´/..::::::::::::::;ハ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:24:24 ID:lt4pn1tc
シン「え!?おい!何だよ、どうしたんだよ!…動かない!?」
ラウ「ゥァ…ゼンまィ…まク…マ…イテ…GgggggAaaa……」
シン「ゼンマイィ!?」

、:::::::::`:::::: . ::::. ::::::::::/::::/,./:::/ 、 ,.-;:=弌:::::::|:::::::::::::ヽ 
..ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::/l/"//:::: ヾ´   ';::::ハ::::::::::::::',  
  \::::::::::::::::::::::/‐'´_;:ニ'"   _,.= ―、 ∨  ヽ::::::::::::'、   
_,.-‐'´::::::l::::::::::;イ rr'"      /,.‐'" ̄ヾ',    '、::::、:r、!   もうヤダ!!何だよそれ!何なんだよォオオオオオオオオオオオオオ!!!
:::::::::::::::::::!::::::::::::::', ll     //    ヽ',    ト、::ヾ',`    
 ̄ ̄ 7::::!::::::/ヽ::::',ll     l/      `、   f、',::::!`         __,,..      
  /::::::';:::/::::::::ヽヾ'、   ヽ _,.-''"´`ヽ、',   ',ノ}::::|  ,,,,,,,,.......-‐''"  /  
 /;:イ:::::::'´:::::::::::::::lヾ'、' 、   ヾ      ヾ!   Y:::l:l/ ∠__,,..‐''"7 /
-=´_::::::::::::::::::::\::ヽ、 `ヾ'、  '、   _,,.-シ   /:::ハ!  /      / /   
    ` 7::::::::::::::::{T‐r`、 ヾ',  `ー=‐''",.-  /!::l:} l  !     / /
     /:;:::ヘ::::::::ヽ', `,,.._  ヾ',     ''´   / ';:ハ ||     / /
     {/  . ヽ::::::::ヽニノヾーtヽ,,,,,,,,,....... -‐''´  ',  ヽ ヽ   ノ  /     
     ′    7::::::;:-‐;:ィ:::\          :::'、  ヽヽr''´,. -'´
          {/ __,.-ヘ::r、:ヽ         :::::::ヽ  l Y、` −―――r、 ‐-、,.-― 、
          /ニ ヽ ` `゙ヽ     .........::::::::::::: \l  ! \     ,,.._,,..\ `ヽ、 ヽ
        //  ヽ ヽ    ヽ    ::::::::::::::_;::-‐'"ヾ ト、 ヽ__r''´   `ヾ'、  ヽ ヽ
         / /    ',  '、    }    _,.-'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ| ',  ヽ `ヽ     `,  ヽ 'ヽ
       / /     _ゝ  ヽ   ト-―''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ  `ヽ、      '、   ',  '、
        / /   , -",. -ゞ、  \ {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ    ` −―...,,,,_j    ヽ |
     / /  , ' , - ´   / `r、 ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  \            ヽ ',
     / レ' ,.‐'´    /ヽ  ヽヽ `ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `−-...,,,,,__       ', ',
     / ,.-''"    .  /   ヽ  ヽ`−、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       ` −―― 、 ! l

♪二度とは来ない今、あなたの事しか見えない〜♪







452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:27:33 ID:lt4pn1tc
            _.. -‐ v―‐- 、.._
         r‐'´、..:.:.::::::::::::::::::::::::::.`丶.
        /_.:.-.:..ヽ.::.:::::/ト、:::::::::::::::::::::.\
       厂三三ミミ、、:::;;;|:::::::::::::::.ヽ:::::::::::::..ヽ
      /...::,r'´/      !ト;::::i::::l::l::.ヽ:::::i:::::::..ヽ
     i...:.:::i:::::l      l| i:::l::::l::!::::::.\l:::::::::::.i  休日にエマージェンシーとは、
     l..:.:.::l:::::!' ´ ̄ ̄` l| l:::|::::|不下::ヾ\:::::::l
     |.:.:.:::!:::,f' ´二二¬ i| lノf7i'工工ミミミ、ゝ,.|    やる時はほんと、派手にやってくれるヤツだな君は。
     l .:.:::l::::l|く ト--イl` rtトー| ´ト--イl >トミ三ゝ
     |.:.:.::l::::|l   ̄ ̄  lヨ| El  ̄ ̄ l|::::|:::::::|
     l.:::.::l::::;`!ー―‐一'′;  `ー――ァ'/i::!:::::::!
      l.::.:::l::::l:: ト、       _ _     /,イ:::l:l:::::::l
      l:::::::l::::l::::l::i\             仏:l::::l:|:::::::l
     !:::::::l::::l::::l::|::l::i>、      /|::l::::l::::l:|:::::::l
      l::::::::l::::l::::|::|::!:l::::|`' ‐-‐ ´ l:::::!::l::::!:::l::!:::i:::l
      |::::i:::l::::l::::|::l:l::l::rl       |ス;|::l::::|:::j::|:::l:::l
      |::::l:::l::::l::::|::|」_lツ\   / : ヽ、l_l::::l::|:::l::::l
     \!:::|:::j::::lハ: : : :ハ  「l.: : : : :|::.l:::l::|、:l::::|
.     ,r'´ヽlノlノ ::|l : :/: :l  |:\: : :!:::!/レ i:. ヾ、
   /    l   .:::|l/ : : l  /: : : :\|:::   l::   :\

シン「この子が崖から海に落ちちゃって、助けてここに上がったのはいいけど動かなくなっちゃって。」
暦「ん?そいつは…動かないのか?」
シン「はい…意味わかんないですよ、もう」
暦「こいつはな、こうすれば動くんだ…マキマキ」

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:29:24 ID:lt4pn1tc
         ,.、-‐‐''''''''''''‐‐--、
      ,、‐''"           `゙`ヽ、
     l゙、    , '           \
    _,j ゙   ,.-‐‐-、 ' 、 、      ゙!
  ,r''"      ゙,    \ ' , ' 、     `ヽ、
 ,'゙ ,     ,.-、'、    \   `       ヽ,
 l  ' , '  ゙、 l  `ヾ、_r――‐ヽ、 ,,.rl       l
  ゙l '   ' , l .,/´| ``''‐-、,.、-'゙ .l、    ,    j
  |     /.l゙   |     |   / |  ,,.ノ  .r'゙
  / l     /ヾ''‐-、 |   ∧  ,',,.-'l/''゙_/  /  …………!
 {:  ヽ、  .|、_,,,,....,,_.`   〈 〉  ´_,,,..,,,_'//  !
  ゙'、 lrl   '、\  `ヽ   V ,.r'"  //  |
   l '、|   ヽ `i‐‐'"´   |  `'‐-i" { ', ', !
   |  :l   ,'  |       |     !  ,j、  ゙ }
   l :,' , , /!ヽ、|`''‐-、  | ,.、-‐'゙|/! | r'゙
  / l ' ゙ .{ \ `     `''┴''゙   /゙  ! .|
.  {  `ヽ, lr':、\  ゙ ̄ ̄ ̄  ,.ィ゙   ,' l
  `ヽ、  j l:::::゙ヽ,\     /::::|   l  |
     `, l |::::::::::::`::`''‐-,-‐'゙:::::::::l、  ヽ, ゙、
     l:l!:!j::::::::::::::゙ヽ:::::| l |::/:::::::::l ゙、  } ノ

     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i  ラウは変態じゃない!!
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',      シン、ラウ守る!!!
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、


454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:36:39 ID:lt4pn1tc
シン「動いた…こいつのこと知ってるんですか?」
暦「あ!?あぁ…そいつはウチに運ばれてきた変t……知らん。」
シン「……?」
暦「そいつ、名前は?」
シン「ラウです」
暦「家は?」
シン「それが……」
暦「じゃあそいつはお前が面倒を見ろ。」
シン「えぇ!?何でですか!!イヤですよ!!」
ラウ「シン、ラウ守る…」
暦「こっちだって苦労したんだ…その変t……男の面倒見るのは…」
シン「何言ってるんですか!?」
                    ヽ、'r‐'´  | i           ノ
    ,'                 ! l  ̄`ヽ  jノ           '、
    l                 ,' /    `!、             ヽ
`ヽ、 l               / /   ヽ , '; i;             }     ラウ守るって…
.  l l  ,           , ,イ/! /    `, ' ,!ヽ          ,.' ,! フル
   |  ', iヽ         ,'/=;ニl,|_''ニ=''´ソ,. _,  \    l ;    { (ヾ、
   !  ,iヾ;=ヽ       !|-‐t_フソ`ノ`  ´ '   { ヽ  ! ,!     ヽ `ヾ'、
  |  !i`ヘヾヽ      'i`''∪‐'' ´        ヽ, ノ ,',イノ      'iー-、;ヽ
  !',  '!ゞ、r`ク|       ゝ-;:ッ        、-‐'ン'.イi   |    '、  ヾ  ヒック
  ゝ,_、_ ゙ヾ、-ヾl       ヾ、           ̄ ノi |  i     ;};‐- 、.
フル   ヽ  `'ソ         \         -´ '! ',  ,     ノ'|;;;;;;;;
   、__,r'    !          ヾ、ヽ   _ __,.=ィ /`ヾ; !    /;;;;!;;;;;;;;   ヒック
   ゙ーニ;'/(i、_,! !        ノ )ノ  '(-__,.=- '"´ /;;;;;;;;;;;;;;) ,.   i;;;;;;;;;;;: -
    /;;';;;;;;;`;;;;;'.,i ,       {、∪       -‐'' /;;;;;;;;;;;;;;;/ィ'!   ヾ、_ノ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ      ヾ:`ヽ:、._      /;;;;;;;;;;;ヾ`、 `ゝ、._ ヽ
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  、` 、     `ヽ、:;‐ッ'7ァ-‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;',i i      ヾ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   ヾ`ー     `///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !l
暦「あぁ、うるさい!お前が面倒見るんだ!わかったな!?」
シン「絶対イヤですよ!!こんな変態!!!」
暦「…ぁ」

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:40:22 ID:lt4pn1tc
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i   !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、

           /⌒`ー‐'⌒,)
        (⌒ソ ___,..、   `ヽ、
       (`''゙_ノヾ〈  、_ノ_,ィ_,ィ.  }
       |r(`ーr' _ゝ〈〉 ∠>、y' i|
       、_ノ { ヽ<孑ー'"`7ィ. lヽ
         {rぃ `y(i´ くア"ヽ´ζ ,ノ.}}    ぅ…ァアア!!!!ぃゃ…ィャアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!
       ` ,リ  イ\ヽ-'′ ,>ヘ彡う     
        (f⌒'クヘ?イ{ヽ-rr'´::::::└──-- ..._    変態ゃ!!変態はイヤァアアアアァアアァアァア!!!ゲギャァアアgaaggaaアアアアAaaaaァアアアア!!!
        ` ( '´  `y":ll::::::::::::;--、::::::::::::::::::::`、
              /_::::::八::::::/    ̄/:::::::::::::::|
.           ///:::/  ヽ/,.-┐ ,'ヽ:::::::r‐、j
         /:/  |;イ    l/j  i !\::ヾミ{
          {:::::{   /:ヽ、   l/  ヽ|i´,.\:::::|
           \i、\_\:::\        Y/  `N
            ヾ\ ̄`Tヽl 、_>、   |!   ,'}、
            ∨`T'ニ| il 〉:::::::`ー‐;コ、 /___〉
              ト、 ヽ、'y'::::::::::::r7゙  }y'´ ̄`ヽ
              |::..``Y《´〉-イ ′ /..::::::::::::/
                /.::::::::::| ll ′ ′ , /..:::::::::::::::/
             /.:::::::::::::i l}  -‐'´/..::::::::::::::;ハ
          rヘ___レ-、:::::/ 〃  ./..:::::::::::/  l
           /::::/ r-‐ヘi/ 〃   {:/⌒L_/     !
        /::::/:U「「ln;/ 〃   i´ ,.`''T''‐′     |
          /::::;化!`^^'7′/〈_  _ノニ;'゙,} |       '、
       /::::/   /  /::::/ (ニ イ// {,j          \
 パン!  `'''′   {   /:::::/   (//              \
      パン!  \ /:::::/              ,. ==i=、}
            / 丶              〃  ヽ、∨


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 11:42:46 ID:lt4pn1tc
:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::;イ::::::::::::ハ::l;:::::::::::::',ヽ:::::::::l-ヘ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/ l:::::::::::::l !:l ';::::::::::::∨';:::::::l __ ヽ:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::;イ:/ j::::::::::::::l l:l ヽ:: :: :',二';::::l==ミ;::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::///、 !:: :::: .::八 ll  ∧: .:. ::l,-rミ:::!   ';::::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::;:::::::::::i::::::::///ニ;ミl:: .:: .::/, 、iヽ二ヘ::.::::::lヒ_ノ!:!  ,,,  ';::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::::;:::::::::l;::::::l l/,,,,,_`i::::::::://   `゙  _';::::::::!―‐リ" ̄  }:::l、:::::::::::   アンタはいったい
:::::::::::::::::::::;:::::::ハ:::::{ (ノ:::)l:::::::/        ';::::::!       l:/ }:::::::::::
::::::::ヽ:::::::::}:::::/ ';:::l  ,.ゞ'"7::::/    '      }::::l       ノ /:::::::::::    何なんだァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!
::::::::::::ヽ::::::;::/  ヘl"´  /:::/      i!    |:l        /::::::::::::::  
::::::::::::::::ヽ//\       /::/      __    l::l          /:::::::::::::::::
:i::::::::::::::::〃::::::::\    j:/    ,. -‐'''''''二ユl/        /::::::::::::::::::
ハ:::::::::::::/:::ヽ:::::::::::\ /′   ,/_,.-'''"´    ヽ       /:::/::::::::::::
 ';::::::::::::::::::::::`、ー 、:゙ヽ、    j`    _, --、  ヽ    /イ}:::::::::::::::::
  }::::::::::::::::::::::::::\ ``''''−  {  / ̄    `'''r、!    ,イ~:::::::::::::::::/
 /イ::;l::::::::::::::::::::::l丶     { _/           } l     /|:::::l:::::::::/
  /:ハ::::::::::::::::::::lーヽ、   丶ヽ        j j   , ' |; イ:::/
  /´ ス:;l::;l::::::::::八:::::::i::ヽ、  ヽヽ      _ ノ_ノ  , '   l' j/
.  / / l/ ';::::::/ l:;i:::/lハ ヽ、 ` 二二二 - '´  /    ',
,.-'´     l:::/  '´j/  ',   丶、  -‐''" ̄ /       ',


Life Goes On …♪



-終-

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 12:23:31 ID:f0Is1+RD
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /



458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 19:35:19 ID:xLoLi5r9
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /     あんたの研究所に新入りが入ったそうじゃないですか?
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


        /        / - '' "´ ̄ ̄` 丶:::、::::::::丶、    |
       /        /       / /   /| `丶、::::|     |
      /       イ∨7  l l |  / l /  / |     ヾl     !
       〈     / /∧'|  |,,..| |--| 、j|  l/   | i|   |   /
      \  / l 7´`|  |lハ| ヽlハ| |l`|/{  __| /! l |  |  /
        ヽイl  l { r;|  |ト    i/! l  ´ ノ゙メ/ /  l|/  そんな変態知りませんよ
          /| │ ヽヽ|  |'' "゙゙`゙ヾ      ノ/ / /リ
           //|  l   lヽ| l  |           '⌒ヽ/ イノノノ
        // l|  l  | | !  |             /彳イ|         和泉子さん♪
       / / |   |   ! l| l   |    __ '   / l  | |
      / /  ,!  l i  | l|.ハ  |、    { ノ   /  l!  l |
     / /  /  | ハ  ! | ゞ、| \ __ .. イl |:.  | l //
    / /   /  ノノ ,lr‐‐j       |: :l: l: :| .|:.  |lノソ
   l {   /_,,..、 <  ヾ      |ト、l: !: l: :l.  f´
   | | /r`\ \   \    ´ヽ丶、l: .{  :|
   | |/     \\   \ー、 r__ム  ` ー-、|
   | /      ヽ \\   \/´ ___',   |! } ヽ
   L|        ヽ iヽ、丶、  \´ ゙̄|  l! |  ヽ



459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 23:25:44 ID:9HkX5TvG
さすがにわけがわからん

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 14:18:56 ID:klnuUIuG
そろそろ勘弁してくれ……マジで……

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 14:44:11 ID:ElBD/Dyv
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 17:34:29 ID:n+JNtTW8
AA厨消えろよ

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 18:53:10 ID:NqcOPjX/
お前が消えろよwww見たく無いなら見るなよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 19:12:38 ID:LXVGe288
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 19:58:51 ID:NqcOPjX/
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ究極のアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /




466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:26:44 ID:6oWwyEpW
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:28:14 ID:ERKnnfX+
暗躍スレ住民が今度はAA爆撃で来たか

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:34:02 ID:NqcOPjX/
SSも投下できないアホは黙ってろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 21:54:28 ID:xMG9NRLx





SS

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 22:18:07 ID:fKhNoaMq
SS職人も全滅したことだしそろそろ本来のカオススレに戻そうか

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 23:13:58 ID:L9U6Z1k0
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i   自ら育てた闇に喰われて
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',          人は滅びるのだよ!!!
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、

472 :あのキセツ:2006/09/14(木) 00:21:48 ID:YfQDL81G
「こら、待て!うたまる!」
「うみゃ〜ん!」

季節は春。まだ少し肌寒い中、ぶらぶらと散歩していると、
ピンクの丸っこい物体を追いかけているうたまるに出くわした。
やっぱりうたまるも猫なんだなぁ、玉にじゃれ付く姿を見ているとそう思えてくるから不思議だ。
だいぶ長いことじゃれ付いていたのだろう、うたまるとピンクの物体は泥だらけになっていた。
俺はうたまるを洗ってやろうと、うたまるをつれて家の浴室へ向かったんだけど……

「こら逃げるな!はねるな!ホバーするな!」
全速力で逃げ出す、うたまる。それを追う、俺。
早く捕まえなくては、家の中が泥だらけになってしまう。
そんなことになったら……あとで暦さんが怖い。
しかし、うたまるはなかなか捕まらない。上下左右自由自在に動き、俺の手をすり抜けていく。
なんて動きだ、どうやってあんな動きを、っていうかそもそもどうやって歩行してるんだよ。
蛇かなんかじゃあるまいし、足なんか飾りだとでも言うつもりなのか?

「あっ、こら!そこの部屋は……」
ことりの部屋へと飛び込むうたまる。ことりの留守中に入るのは気が引けるけど、
このままほっておいたらことりの部屋が泥色に染まってしまう。
「……別にやましいことは考えてないからな。」
誰にともなく、そうつぶやき部屋の中に入る。うたまるは……机の上にいた。
「もう逃げ場はないぞ、観念しろ……」
「にゃ、にゃ〜ん……」
俺はうたまるを捕まえようと、その手を伸ばす。そしてその手がうたまるを…
「ミャォォォォォン!!」
「うわぎゃっ?!」
突然窓が開け放たれ、飛び込んできた黒い物体。その鋭い爪が頬をえぐる。
思わず変な声を出しつつ、俺はその場に転倒してしまう。
「!うみゃ、うみゃみゃみゃ〜ん!!」
「ミャオ!」
うたまるはその黒い物体とともに、窓から外へと飛び出していった。

……あれ、たしかうたまるの彼女ネコだったけ。どうやって窓開けたんだ?
「……まあ、うたまるの彼女だから、それぐらいできてもあたりまえか。」
至極当然な結論にたどり着いた俺は、頬の傷を気にしつつ立ち上がり、
「……ひどいなこりゃ。」
扉から机までの間にあるカーペットに残された引きずったような茶色い跡、
机の上にもその痕跡はしっかりと残っていた。

473 :あのキセツ:2006/09/14(木) 00:22:44 ID:YfQDL81G
「もお、何でアタシまで手伝わないといけないのよ?」
「俺の守護霊なんだろ、たまには役に立てって。」
暦さんとことりが帰ってくる前に、なんとか掃除を終わらせないといけない。
クリーニングをしないといけないものとかもあるから、そこはちゃんと謝らないとな。
「カーペットは洗うしかないか。あとは机の上を……ん?」
そのとき、俺はカーペットの上に落ちている一つの箱を見つけた。
たしか、いつもことりの机の上においてある箱だ。
どうやらうたまると格闘してる最中に落ちてしまったらしい。
中身を見たことはなかったが、ことりはとても大事そうに扱っていた。
「……まさかワレモノとかじゃないよな?」
勝手に盗み見るようであまりいい気分ではないが、確かめる必要があった。
箱は少しつぶれていた。その蓋を開けると、そこにあったのは……ガラス細工だった。

「……マジかよ」
よりにもよってガラス細工。おそらく音符をかたどっていたのだろう。
一応、原型はわかる。しかしそのガラス細工は……
「うわ〜、完全に壊れちゃってるわね。」
「!?か、香澄、いつのまに俺の後ろに……」
さすがは幽霊……気配の消し方は一級品だ。
「って、その箱……それ白河さんがいつも大事そうにしてたやつじゃないの!」
「ああ……どうもさっきのゴタゴタで壊れちゃったみたいで……」
「壊れちゃったって……どうするのよ、それ?」

以前ことりに、箱の中身を聞いたことがあったが、結局中身は教えてくれなかった。
ただ、大切なものだから、いつまでもしまっておきたい。
だから、箱からは絶対に出さない。そう言っていた。

「……どうせ箱から出さないんなら、壊れていても気づかないかな?」
「シン。あんた、本気でそんなこと考えてるんなら、取り憑くわよ。」
「……冗談だって。」
そもそも、もう取り憑かれてるような気もするけど……まあ、そのことは追々考えるとして、
「……やっぱり、まずいよな。」
「マズイわよ!アタシ、あんたの守護霊なんだから。
 シンが路頭に迷ったら、アタシまで路頭に迷うことになるじゃない!」
「追い出されること前提かよっ!」
暦さんならともかく、ことりはそんなことしない……と思う。
「とにかくシンは、町中をボロ雑巾みたいになるまで走り回って、
 なんとしても、これと同じガラス細工を探してきて!」
「素直に謝ったほうがいいと思うんだけど……」
「シン、日本のことわざには、『謝ってすむなら、警察は要らない』っていうのがあるのよ。」
「いや、それことわざじゃないだろ?」
「いいから行ってきなさいって。どっちにしろ弁償しなくちゃいけないんだから。」
「……はあ。」

474 :あのキセツ:2006/09/14(木) 00:24:12 ID:YfQDL81G
「ガラス細工を売ってる店、か……」
家を出たものの、そんな店を知っているわけもなく、とりあえず商店街をまわることにした。
「でも適当にまわっていても見つからないだろうしな……」
暦さんは昼過ぎには帰ってくるらしい。そっちは香澄に任せるとして、
ことりは夕方ごろに帰ってくる。時間はあるようでない。初音島は意外と広い。
「誰かに聞ければいいんだけどな……そう都合よく出会うとも」
「おっ、シン。どうしたんだこんなところで?」
出会った。ご都合主義かと思えるほどの遭遇率だな。
「丁度良かった。実はちょっと買いたいものがあるんだけど、どこで売ってるかわからなくてさ。
 おまえのことだからどうせ暇なんだろ、一緒に探してくれないか?」
「勝手に暇人扱いするな……まあいいけどさ、暇だし。」
結局、暇だったらしい。俺は純一とともにガラス細工の店を探すことになった。


「ほら、ガラス細工ならここで買えると思うぞ。」
さすがに細かいことまでは言えなかったが、純一に相談すると、その店はあっさりと見つかった。
「えーっと……」
軒先にいろいろなガラス細工が飾ってある。その中にあのガラス細工と同じものは……ない。
「すいません、ガラス細工ってここにあるやつで全部ですか?」
店の人は申し訳なさそうな顔で、はい、と言った。
念のため、そのガラス細工の特徴を説明してみたところ、
そのガラス細工は半年ぐらい前まではこの店でも扱っていたらしい。
ただ、今はもう扱っていないものらしく、在庫もないのだという。
……じゃあ、あのガラス細工は……もう。

「なあ、シン。さっきから気になってたんだけどさ……そのガラス細工って、
 もしかしてことりが持っているやつじゃないか?」
「えっ?な、なんで純一があのガラス細工のこと……」
「ああ、やっぱりそうなんだな……いや、実はあれ俺がことりにあげたんだ。
 ここじゃないんだけどさ、同じガラス細工。以前ことりが欲しそうだったからさ。」
純一が……あのガラス細工は純一がことりにあげたもの?
「音夢がいない二年間、ことりには世話になったからさ、そのお礼の意味もこめて、さ。」
二年間……ことりと純一の二年間。俺はその間、何があったかは詳しくは知らない。
ことりは純一のことが好きだと言っていた。
その二年間は、ことりにとって、とても大切な二年間だったのだろう。
あのガラス細工には、その二年間の思い出が詰まっていた。
だから、ことりはあのガラス細工をあんなに大切に扱っていたのだろう。
だとしたら……だとしたら……
「まあ、でも実はあのガラス細工、渡す前に……って、どうしたんだ、シン?」
「……悪かったな、つきあわせて。無いものは仕方ない、あきらめるよ……」
それに……いくら代わりを用意しても、そんなこと意味ないだろうから。
あのガラス細工は、ことりにとって……



ここで、つづく

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 01:29:17 ID:FaXrYpXn
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 09:06:40 ID:RDclgaFM
>>472
この状況でその話は切ねぇな
後半でちゃんと救われたらいいが


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 11:08:08 ID:Hz0giOya
            背景スレ     糞スレ  普通   良スレ
               ┝ - - - - ┿━━━┿━━━┥
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i ))) 今ここクマ!
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /



478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:22:32 ID:jUtg9Yo9
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ 
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  }   すっこんでろ!!
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:26:24 ID:DNp/xJ9m
>>472-474
最初のほうに軽いギャグがあったけど後半の展開をみると
笑うどころじゃなくなった(つДT)
ことりが告白しなかったのは、純一がガラスをプレゼントしたりで
ある程度は自分の存在を意識してくれたことに満足したから……だよね?
切ないよ(つДT)

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 18:29:16 ID:cA4UZNHZ
ガラス細工は壊れたことで、量産品と違う
唯一のモノになったってのがあるからなぁ。

さぁどーすんだろうね。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 18:32:35 ID:/82gqyRT
音夢タンのSSキボン

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 18:36:07 ID:/82gqyRT
音夢タンのSSキボン

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:09:28 ID:jUtg9Yo9
ことりちゃん輪姦レイプのSSキボン

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:30:56 ID:g46wFzbR
>>474
GJ・・・って、こ、ここで切れるのかーっ!?
全裸で待機しておきますね

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 22:13:20 ID:G9AGLYXX
>>407-466のAAっておもしろい?漏れ携帯だからワカンネ。誰か詳細キボン

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 01:25:42 ID:mT2KW7oy
>>485
sageも出来ない携帯厨は帰れ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 02:09:15 ID:hiZtpLAv
ageると厨呼ばわりされる理由がわからん

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 02:28:04 ID:S36qrkL7
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつら最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 23:05:56 ID:5wxbkNwf
>>485
携帯からでも見れるぞ。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 10:54:06 ID:LPj0DMgr
121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 17:56:36 ID:jT867H+j
>>116
“むかついてた”わけじゃねぇよ “くやしかった”んだよ
なぜなら、おんむさまinGW同様、◆hA/Opjl6aYがカッと
なったとき……

           ……席外してたorz


あんな愉快な性格なら先に言ってくれっての。そうしたら
PCの前に全裸で正座しながら待ったのに。
チキショウ!チキショウ! 最高潮を見事に逃したじゃねぇかァッ!!
132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 10:05:06 ID:5yJEUz7t
うんまぁ逆恨みねorz ……小物だオレ。
小物ついでに、ただこうしかった的ネタ説明

改変ネタ、◆hA/Opjl6aYネタが何者かによって交流スレに貼られる
                   ↓
         ◆hA/Opjl6aY、ついカッなって現る
                   ↓
                オレ、楽しむ

という予定だった。
でも実際は

改変ネタ、、◆hA/Opjl6aYネタが何者かによって交流スレに貼られる
                   ↓
           しかし◆hA/Opjl6aY、現れない
                   ↓
                オレ、諦める

となった。
ところで復讐って、SSのどの辺りが復讐になるんだ?
あれが復讐に入るなら交流スレ全体も、ひっそりと復讐SSに相当
=住人全員小物。
まぁ2chに大物がいる方が稀だから、ネタを復讐と取るのは、らし
い発想っちゃ、らしい発想だけど。

どーでもいいけど疑問、一日中ID変わらない人って無線LANか
一日中起きているかなわけ?
オレ、寝るときは必ずパソ切るから、睡眠時間を跨ぐと、どーし
てもID変わる。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 13:24:15 ID:eWl7Hijy
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にアホ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /



492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 00:36:09 ID:y2Mpv5JJ
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ < >1-493まで全部オレ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


493 :陽炎:2006/09/17(日) 20:16:27 ID:iAGt3LK5
気がつけば一週間・・
>>472
GJです・・なんかしんみりします・・
シンはどういう行動をとるかな・・
そしてことりは・・
楽しみです。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 01:52:01 ID:M8qamZuw
AAマダァ?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 02:17:33 ID:G+2LbeCe
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつ最高にゴミ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 02:49:35 ID:qdtMpQYX
最高のゴミとはどんなゴミだ

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 10:10:43 ID:5LO95dF+
何か勘違いしてないか?
AA→アークエンジェル

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 18:01:53 ID:bWYTZqH6
今どれだけ職人さん残ってるかわからんけど避難所立てませんか?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 19:25:46 ID:HyoTzDl7
キラ大好きでシンを排斥したのは嫁じゃなく福田。
嫁はむしろシンに同情的だった。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 20:00:52 ID:ntL1pu/b
>>498
そんなもの必要ない

501 :あのキセツ:2006/09/18(月) 23:41:50 ID:ih7+faHo
「ただいまー」
今日はみっくん、ともちゃん、叶ちゃんと一緒にショッピングに出かけていました。
本当は夕方ぐらいまで一緒にあっちこっちまわるつもりだったけど、
春の天気は変わりやすい、といいましょうか、どうも雲行きが怪しくなってきたので、
早めに解散して帰ることになりました。実際、私と叶ちゃんを乗せたバスが
バス停にたどり着いたときには、空一面が真っ暗になっていて、
いつ降りだしてもおかしくない状態でした。そして、私が家に入ると
タイミングを見計らったかのように、雨が降り出しました。
バス停には叶ちゃんのうちの方が近かったはずなので、たぶん大丈夫でしょう。

「……あれ?」
玄関で靴を脱いであがろうとしたとき、見覚えのある靴がおいてあるのに気がつきました。
リビングへと向かうと、やはり見覚えのある人がコーヒーを飲んでいます。
「よっ、ことり。おかえり。」
「あ、朝倉君……どうしたんですか、こんな日に?」
「ん、ああ、いやシンの様子がおかしかったから、様子を見にきたんだけど……」
「シン君が?」
「ああ……なんか急に泣きだしてさ、そのままどっかに走っていったんだけど…」
「まだ帰ってきてないのよね〜……まあ、帰りづらいとは思うけど。」
朝倉君の言葉に霧羽さんが続けます。
「どういうことですか?」
「いや、ほら。前、ガラス細工あげたことあっただろ?」
「えっ……ああ、はい、もらいましたね。」

夏祭りの日、朝倉君からもらった、ガラス細工。
壊れた、ガラス細工。
私の、二年間。
振り返ることのない、桜色の季節。
朝倉君への……私の想い。

「……えっと、それで。そのガラス細工がどうかしたんですか?」
「それがね、ちょっといろいろあって。シンがあの箱、床に落としちゃって……」
「えっ、シン君が?」
「ええ、それで代わりのガラス細工探しに出て行ったんだけど……
 まさか最初っから壊れていたとはね〜〜」
あはははは、と乾いた笑い声を上げる霧羽さん。
「それで……そのことはシン君に言ったんですか?」
「俺がプレゼントした物だってことまでは伝えたんだけどさ、
 その先言おうとしたら走り去ったからなあ……
 追いかけようとしたけど、あいつ足速くてさ。」
「……そう、ですか。」

502 :あのキセツ:2006/09/18(月) 23:44:09 ID:ih7+faHo
「あっ、もしもし、アイシアちゃん?
 ……ううん、違うの。そっちにシン君行ってないかなっ、て。
 ……あっ、そうなんだ。うん、ごめんね。また今度コーヒー飲みに行きますね。じゃあ」

……カフェ・アイシャにもいませんでした。
とりあえず、シン君が行きそうな場所には一通り確認してみましたが、どこにもいません。
いったいどこに行ってしまったのでしょうか。
日は暮れて、雨は更に強くなっています。どこかで雨宿りしてればいいんだけど……

「いや、だからね、こういうときだからこそ、非公式新聞部の情報網を……
 えっ?なにわけわかんないことを、って切るな〜〜〜!」
「霧羽さん、杉並君の方はどうでした?」
「ダメ。ピンクがハローで自爆するとかよくわかんない事を言って切られた。」
「そうですか……」
こういうとき、杉並君のよくわからない情報網はなかなか便利なんですけど……
「あ〜〜もう!せめて目撃情報でもあればいいんだけどなー」
朝倉君は、この雨の中、シン君を探しに出て行きました。
でも、雨の中、何処にいるのかもわからないシン君を捜すのは難しい。

……でも、だからといって。このままほっておくわけにもいかない。

ただ見ただけならよかったかもしれない。
壊れたガラス細工を大事にしてるなんて、変わってるな。とか
そんなことを思われるかもしれないけど、きっと、それは問題じゃない。
シン君は、泣いていたという。
ガラス細工が、朝倉君からのプレゼントだということを知って。
その涙の意味は、なんとなくわかる。
半年間、同じ屋根の下にすごした仲は伊達じゃない。
だから、早く探さないと。でないと、シン君は帰ってこない。

「霧羽さん、電話番、お願いします。私もシン君を探しに出ます。」
「アタシがいこっか?外、雨酷いし。」
「ううん、私がいく。きっと、私が行かないとダメだから」

その想いは私にとって、箱の中のネコのようなものでした。

生きているかもしれない。死んでいるのかもしれない。
でも、箱を開けない限り、わからない。
開けてしまったら、決まってしまう。
自分自身にもわからない……今の私の本当の気持ちが。

それはとても魅力的で、そしてとても恐く思えた。

だから、私は逃げた。2択の問題に、答えないという回答をした。
思い出に変わった並木道を、いつまでも大事にしてた。

でも

過去への甘え。それが結果的に……『今』を傷つけた。だから……

503 :あのキセツ:2006/09/18(月) 23:47:50 ID:ih7+faHo
わかってはいましたが、外は、酷い雨でした。
傘は、本屋にたどり着いた時点で、すでに意味をなくしていました。
いつもシン君がバイク雑誌を買っている店……ここにはいないようです。
私は早々に本屋を立ち去り、次の場所へと向かいました。


「やっぱり……いませんか。」
商店街のゲームセンター。もしかしたらと思いましたが、やはりいませんでした。
シン君は今、とても落ち込んでいるはずです。きっと一人になれる場所にいるはずです。
だから、ゲームセンターみたいな場所は元々選択肢にないはずです。
でも……シン君が立ち寄りそうな場所は、もう、すべて回ってしまいました。
……半年も一緒だったのに、何処にいるのかわからないなんて、情けないですね。

半年。
私の恋が終わって、半年。シン君と出合って、半年。
だいぶ昔のことだったような気がしますが、まだ一年もたっていないんですね。

朝倉君に出会ったのは、付属3年の夏のはじめ……3年以上の月日が流れたわけですか。

……楽しくもあり、悲しい三年間。

二人で歩いた並木道。
桜色の季節の中で、はしゃいで、ふざけあって。
想いを重ねて……でもそれは、雲間からさした光のようなもの。
その想いは、私が見た、夢。夢の中で、愛のゴールを信じていた。

叶わない、夢の中で。

あのガラス細工は2年間の感謝の気持ち。
2年間、面倒を見てくれた、大切な……友達への、感謝の気持ち。
そう、友達。あの2年間、私は朝倉君にとって、大切な、友達。
恋は、始まってすらもいなかった。
だから……きっと……

ケジメをつけなくてはいけません。
『過去』が『今』を傷つけてはいけないから。
二択の答えは、やはり二択なのです。

だから、シン君を見つけないと。そして、しっかりと伝えなくてはいけません。
私の、今の……

「あっ」

水しぶきが、あがりました。考え事をしながら歩くものではありませんね。
足を滑らせ、転んでしまいました。服が泥だらけです。
両手を地面につき、起き上がろうとしました。そのとき

目の前に差し出される手。雨は体を打つのをやめています。
誰かが傘をかざしてくれているようです。
顔を上げると、そこには見たことのある顔がありました。
それは……



続く

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 01:56:52 ID:S2cagy7a
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!
GJです!感動しました!!GJです!感動しました!!


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 02:17:34 ID:seD4mizL
gj

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 02:36:03 ID:WrcV/DpE
>>504
感動したのは分かるが や り 過 ぎ だ
でも>>503GJ!


507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 08:14:10 ID:hqQzcjgQ
GJ!

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 12:07:16 ID:Pcym/Y4R
>>503
二人とも自分の痛みより他人の痛みの方が気にかかる人らしい
GJ!

509 :陽炎:2006/09/20(水) 21:37:32 ID:2UV0c3Ps
>>503
GJです!この話が二人にとって
ターニングポイントになるのだろうか・・
ドキドキです!

あの人さんには劣りますが私も投下、いきます。


510 :未来へのメロディ:2006/09/20(水) 21:38:52 ID:2UV0c3Ps
みっくん「ねえことり、これいいんじゃない?」
ことり「あーでもこっちもいいと思うよ?」
みっくん「そっちはだめだよ。逆に自然な感じが出ないって
ルナが言ってた。」
ともちゃん「どっちかなんて言わないで両方買っちゃえば?」

ことり達はドラッグストアの化粧品売り場でどれを買うか
議論しながら迷っていた。全ての化粧品が初めて見る物なので
どれをどう買えばいいか全く分からなかった。
それもそのはず、今ことり達がいるのは初音島ではない・・
というか・・日本でもない。
シンの故郷、オーブなのだから。

話は少し前に遡る。初音島で夏休み最後の週、
ことり達はみんなで何処かに旅行する計画を立てていた。
しかし何処へ行くか、がなかなか決まらない・・
そんな時だった。シンが
「俺少し里帰りするつもりだったんだけど・・
みんなオーブに来る?」
と意外にも自らの口で言ったのだ。
まぁそんなわけで
ことり、みっくん、ともちゃん、の三人はオーブ
へと旅行に来ている。(案内役でルナマリアつき)

ルナ「これはこれと組み合わせて使ったほうがいいわよ。」
ともちゃん「あ、ルナ。そっちはどうだったの?」
ルナ「うん。聞いて聞いて!凄い評判のいい
リップがセールでねー」

いつの世も女はこういった物に目がない。

ことり「じゃあ今すぐその店に行こうよ。」
シン「ちょっと待ってくれ」
ことり「シン君?」
シン「みんながオーブを楽しんでくれるのは
大いに結構。でもな・・」
シン「少しは荷物を持つ側の気持ちも考えてくれ!」
こういった女の買い物では男が荷物もちが世の常・・
事実シンはことり達の買いまくった荷物
をいくつも抱え込んでいた。
ルナ「いーじゃん。別に、ことりにいいところ見せられて
ラッキーじゃない?」
シン「これの何処がいいところ、だよ!」
ことり「シン君かっこいー(棒読み)」
シン「さ、みんな次の店に行こう」
ともちゃん「うわ変わり身はやっ」


511 :未来へのメロディ:2006/09/20(水) 21:40:34 ID:2UV0c3Ps
オーブがどんなところか
ことり達に案内しようとしたシンだったが
男のシンまでもが化粧品の話に
介入出来るはずもなく、この有様・・
「まさかこうも長引くとは思わなかったな」
とシンは頭の中でぼやいていた。


ルナが向かった店はちょうどセールの真っ最中だった。
そこにいる全ての女達がありったけの殺気を発していた。
ルナ「ふっふっふ。腕が鳴るわ。」
ルナ「行くわよ!みっくん!ともちゃん!ことり!買い込むわよー!」
ともちゃん「OK!」
みっくん「うん!」
「・・・」
ルナ「ことり!返事がないわよ!」
ともちゃん「ルナ。ちょっと待って。ことりがいない。」
ルナ「え?!」
みっくん「もしかして途中ではぐれちゃったんじゃ・・」
シン「ことりが?!」
さっきまで無気力な顔をしていたシンの表情が一変し、
真剣な顔になる。
シン「ルナ!ちょっとことりを探してくる!これ全部持ってて!」
ルナ「え。ちょ、おま、」
そういうやいなや。シンは腕にかけていた紙袋や
両手をふさいでいた重ねた箱をすばやくルナに持たせ
シンは一目散に走っていった。

ルナ「シ、シンー!あんたって人はあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
ってひぃぃぃ!くずれるー!!」
「「きゃー!!」」

そのころことりはというと・・・
ことり「えっと・・ここ、何処だろ・・」
通りで途方にくれていた・・
ことり「まいったな・・はぐれるなんて・・どうしよう・・」
一人で考え込んでいると・・
「っく・・えぐ・・ひっく・・」
すぐそばで子供がすすり泣く声が聞こえてきた。
なんだろうとことりがあたりを見回すと・・
ことり「?どうしたの?」



512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:40:45 ID:CAZvY4mw
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ 
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  }   すっこんでろ!!
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉

513 :未来へのメロディ:2006/09/20(水) 21:41:49 ID:2UV0c3Ps
いつのまにか小さな女の子がうずくまり
泣きべそをかいていた。
幼い顔立ちに両側におさげの髪型。
学校の制服を着ており、年は十歳くらいか
泣いてこそおるものの無邪気で
活発そうな雰囲気を持っていた。
「うっ・・パパと・・ひぐ・・ママと・・
う・うあああああぁぁぁぁん!!!!」
こんな通りで大声で泣かれたものだからたまらない。
周りの人達は一斉にことりのほうを見つめた。
ことり「え?え?えぇぇぇぇ?!」


シン「どこだ、ことり・・」
シンは来た道を戻りながらことりを探していた。
が、行きかう人たちの中にそれらしき人は
まるで見当たらなかった。
ルナ「シ・シンー!待ちなさい!アンター!」
みっくん「ル・ルナー!走らないで!くずれちゃうー!」
ルナ「え?あ、きゃあああああ!」


ある公園の一角のベンチ。少女はことりになだめられながら、
ことりにもらったジュースを飲んでいた。
ことり「落ち着いた?」
「うん・・ありがとう。お姉ちゃん
あ、ごめんね。ハンカチ使っちゃって」
ことり「いいの。気にしないで」
「お姉ちゃん。ここへは旅行で来たの?」
ことり「うん。ちょっと友達とね」
「友達?ホントは彼氏とかじゃないのー?」
ことり「え?!ち、違うよー」
「ふーん。あやしいー。」
ことり「もう!子供がそんなませたこといっちゃだめッス。
それはそうとキミも旅行でここに来たの?」
「ううん。私はオーブに住んでるの。
街に買い物に来たけど迷子になっちゃって。」
ことり「一緒にいた人って家族?」
「うん。パパとー、ママとー、」
少女は指を折りながら答える。


514 :未来へのメロディ:2006/09/20(水) 21:43:25 ID:2UV0c3Ps
「それとお兄ちゃんと一緒だったの」
それを聞いた瞬間、ことりは少女にある思いがよぎった。
そういえばシン君にも妹がいたんだっけ・・と
そう思った瞬間、何故かことりは少女を守りたいと思った。
そして次に出た言葉は

ことり「じゃあ一緒に探してあげるよ。」
「え?お姉ちゃんも探してくれるの?」
ことり「うん。知らない人についていったら駄目っていうけど。」
「いいよ。お姉ちゃんなら」
ことり「本当?あ、まだ名前言ってなかったね。私、ことり。よろしくね」
「ことりお姉ちゃんかぁ。私。私はね」

「マユっていうの。よろしくね。ことりお姉ちゃん」
(この話ではことりはシンの妹の名前がマユということ
を知らないことにしてください。ごめんなさい、ややこしくてorz)


シン「何処いったんだ。ことり・・」
シンは何度も来た道を往復しながら
ことりがいないか探していたが
今は息を切らしペースを落としていた。
ルナ「シン、落ち着きなさい。」
大量の荷物を置いたルナがシンを諭す
シン「ルナ、でも俺・・」
ルナ「つっぱしってあんたまで迷子になったらどうすんのよ。
今みっくんとともちゃんが聞き込みやってるから
戻ってくるまで待ってなさい」
シン「・・そう・だな・・」
ルナ「でも意外よねー」
シン「何が?」
ルナ「あんたがことり達をオーブに連れて
くるってことが。」
シン「・・・」
ルナ「なんか考えでもあんの?」
シン「俺さ・・」
ルナ「ん?」
シン「俺さ・・今までことりに自分の汚れた部分を
みせてなかったんじゃないかって思うんだ・・」
ルナ「は?何それ?」
シン「いいさ。ルナには分かんないよきっと」
ルナ「ムカッ。腹立つわねー」

後半に続く



515 :未来へのメロディ:2006/09/20(水) 21:45:23 ID:2UV0c3Ps
やりたかったことりとマユの交流話です。って
またも心霊ネタです。すいません。マンネリ気味かもorz
私個人がことりと会わせたい人がみんなお星様に
なってますからなぁ・・
ごめんなさい。中途半端で・・orz


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 22:42:29 ID:9Gl3nTNg
orz←コレはいらん。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 23:10:02 ID:uPD54HrV
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!
感動して!オシッコ漏れました!!!感動して!オシッコ漏れました!!!


518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 16:04:22 ID:41YJZUWe
           ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ !   !
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/ <こいつら、人類のゴミ
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /


   ∩___∩
   | ノ      ヽ !
  /  ●   ● |   こいつも最高にクズ
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|   / .\
/ __  ヽノ / \ ...\
(___)   /   .│ ..│
            │ │
            /  ヽ
            l..lUUU
            .U

    ∩___∩
    | ノ       ヽ
   /  ●   ● |_
   |    ( _●_) ⊂ ` ̄\ 俺もアホだけどコイツらみたいに捻くれたくない
  彡、   |∪|   ` ̄ ノ
  /__  ヽノ   / ̄ ̄
 (___)     /


519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 16:45:59 ID:YX9ash8k
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念、それは私のおいなりさんだ。
│ へノ   /
└→  ω ノ
      >


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 21:12:30 ID:o3IxNM1d
おいなりでもいい

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 01:31:45 ID:QtuBMBsn
___
 職人|  うざいからもう消えろよ
 ̄|| ̄ ┗(^o^ )┓三   
  ||    ┏┗  三



やった追い出したぜぇぇ!!!!
              ___               ___
              |←追放|              |←職人|
    ┗(^o^ )┓      ̄|| ̄                 ̄|| ̄
      ┏┗  三      ||                    ||

                                    ___            
                    アッ!            |←追放|     
              ┏(^o^ )┓                  ̄|| ̄              
                ┃┃                      ||  


           (^o^) もうSSナクナタ…寂しいよ悲しいよ…




___
←スレ終了|  看板ミツケタ!
 ̄|| ̄     ┗(^o^ )┓三
  ||        ┏┗ 

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 02:41:25 ID:U9aCzDJu
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i   厄介なスレだよ
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',       ここは!!!
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、  
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、

523 :あの人:2006/09/22(金) 08:46:34 ID:2k+cXAAR
>>515
シンがオーブへ帰省したのは……二回目かな?
学園祭から香澄が守護霊になるまでの間に帰省してるみたいだし。
……って、マ、マユっ?!しかも実体化してるっ、いったいどうして?!
次回も楽しみにしつつ、GJ!

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 12:46:26 ID:jc8GFFPe
>>515
GJ!
シンもオーブへの怒りも冷めたようで里帰りか。
にしても高校生が夏休みに海外旅行とは豪勢なやつらめ。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 14:15:29 ID:C9JEjzx0
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!感動して失禁しました!!!
感動して失禁しました!!!

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:28:23 ID:oErPqX/5
                 ,,. -‐''''''''ー-―''''''''''‐-、
              ,.‐'"´          、   \        
             / ,. '",.        、 、 ヽ、 、 ,\
           / " 〃´        ヽ \`ヽ、 ヾ、.゙、  
          /         , .,'.  :.   ` ` ヽ、 :.. ゙、    >>129
          /,:ィ',,::      / !:/ヽ、 :.、:.. :..  :::...   :::.. ',   ダ・カーポSSがつまらないのは
          ' /;;;:..::.....:;;,,,/ l/   \!ヽ、;;;;,,..:::::::::::::..::::::::..l    
          ハ、;:::::;;〃/‐-、 '    ,.-‐''ヾ、;;;;;;;;,,:::::::::::::::rl!   サーカス・ラムズ・ランティス辺りのせいです  
            ヽ:::;;;;;;/          _  \;;;;;;;;::::::,、:/
             `r,_;| /r于ヽ    "ヒj`ゝ `!;;;;;::::/,Y サーカス=音夢ED後のゲームを発売するにあたりSSで音夢オナニー・ことりで釣りを指示
             | l '! ー`゙'´       ー''   |;;!://, ソ 
           r‐、 ヽヽ!     l         |j;/'/   ラムズ=クローバーの宮崎(アイシア)を本編で出番多くするように圧力 
    __      |  l   `'l     '         'rィ''´
    〈  \ー-、 l  |    ヽ、   r‐-、      /'l゙!、     ランティス=キャラクターソングを早く出したいがため音夢早期登場
    _ゝ、 \‐ヽト  ヽ    \   ̄      /   /ヘヘ\
- ‐ ニt‐''´\ ノ ソ   |       \  . ,,. '´/   /   〉::::ト、\ まあ2chのアニメ・エロゲオタは用意されたゴキブリホイホイ(傀儡監督・脚本叩き)に引っかかってましたが
 ̄   ヽ、  `ヽ、   /         ‐イ /   /   /:::::::::::
    〈} \   }  lr'      , イ7| /   /   /:::::::::::::::::  オタクは基本が馬鹿ですからおとぼくでも同じことやるでしょう 大月と魂売ったキャラメルBOXの高笑いが目に浮かびます
    /L\`ー' フイ     , イ /ト-彳  /   /:::::::::::::::::::::::   




527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 21:29:35 ID:T9SOBOfW
だっせw

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 20:02:37 ID:zFeYE9TL
>>521
ワラタw

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/23(土) 20:45:34 ID:F6eeDllc
もう438KBか
素直にこのスレで終らせた方がいいのかもな

530 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 01:48:22 ID:yWLeiUg8
シンが初めて初音島に来た日から数年の歳月が流れた。
その間にもいろいろな事があったが、今では平穏な生活を送っている。

そして今日は純一と音夢の結婚式である。



初音島の教会から鐘が鳴り響き、教会の中から新郎新婦が出てきた。
もちろん今日の主役、純一と音夢である。
シンやことり他、結婚式にやってきた参列者たちから拍手が巻き起こった。



美春「音夢先輩、素敵です」
アリス「キレイ……」

眞子「悔しいけど、お似合いだぞ……」
萌「うらやましいですわ〜」

ことり「おめでとう、朝倉君」
暦「結婚は早いほうがいいという人の忠告、ちゃんと聞いてたな」

工藤(女)「朝倉君、決まってるよ」
杉並「ふっ、馬子にも衣装か」

環「お二人とも、幸せそう」
ななこ「本当ですね」
美咲「おめでとうございます」

みっくん・ともちゃん「「おめでとー」」

昭島「おめでとう、朝倉君」

さくら「おめでとう、音夢ちゃん…」
うたまる「うにゃ〜」

シン「二人とも、幸せにな」

それぞれがそれぞれの思いの元に、二人の結婚を祝福していた。




そして美春にねだられて花嫁の音夢がブーケを投げようとしたその瞬間、
(キィイイイイイイイイイイン!!)
飛行機のエンジン音のような爆音を式場になり響かせながら奴が現れたのである。

531 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 01:51:29 ID:yWLeiUg8
眞子「な……何、アレ?」

轟音とともに上空から一機のMSが結婚式場に向かって急降下していた。

シン「アレは!?」

そのMSをみたシンは絶句してした。
シンにとって因縁バリバリの機体だったからである。



ことり「シン君! アレはいったい何なの!?」
シン「あれは……フリーダム! フリーダムだよ!!」
ことり「えっ!? フリーダムって……
    じゃあ、アレはキラさんなの!? なんであんなのに乗って来るの!?」
シン「そんなのわかんないよ! それよりことり、逃げろ!!」

シンのその叫びをきっかけに、呆然とストライクフリーダムを見つめていた人々も
このままMSが教会前に降下すればその衝撃に巻き込まれると気付き、
蜂の巣をつついたように四方八方へと逃げ出した。
無論、シンやことり、暦も教会に背を向け一目散に逃げた。



(ズシィイイイイイイイイイイン…………)

ストライクフリーダムはそのまま逃げ遅れて教会前に立ち尽くす純一と音夢の前に
強行着陸し、二人をじっと見つめていた。

ある程度は教会から離れたシンやことり達も
フリーダムに見つめられる純一と音夢のピンチに気付いた。
ことり「朝倉君!」
美春「音夢先輩! 逃げてください!!」
シン「フリーダム! やめろぉぉぉぉぉ!!」
杉並「朝倉妹、気を付けろ!! 奴のあだ名は婚y」
しかしストライクフリーダムは純一を
邪魔な虫を追い払うかのように右手で軽くはじく。
純一「うげぇっ!!」
華麗に宙を舞った純一はその勢いで地面をゴロゴロと転げ回る。
音夢「兄さん!」
フリーダムはそのまま音夢をその右手で掴み取る。音夢は抵抗を
試みるが、フリーダムは音夢をしっかり掴んで放さずに
スラスターを噴かして空へと飛び去っていった。
音夢「いやぁ!! 兄さぁ〜〜〜ん!!」

532 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 01:53:37 ID:yWLeiUg8
その出来事を見守っていたシンやことり、その他大勢の人々も
ようやく我に返り各々の行動をとった。
無論、結婚式の最中におきたMSによる花嫁ジャック、その突然すぎる出来事に
ほぼ全員が混乱気味である。

ことり「朝倉君!」
さくら「お兄ちゃん!」
環「朝倉様!」
眞子「誰か、救急車を…」

サポート部隊らに介抱をうける純一。しかし純一は
地面に投げつけられたショックで完全に気を失っていた。



美春「シン先輩、来てください。今すぐに!」
シン「な、なんでだよ、美春。こんなときに…」
美春「こんなときだからです、とにかく急いで下さい、こっちです!!」





美春に手を引かれてシンは教会から少し離れた並木道へと連れて来られた。
いつの間にかそこに先回りした杉並が待っていた。
杉並「遅かったな」
美春「すみません、杉並先輩。これでも走ってきたんです」
杉並「もういい。それよりシン、先ほどのフリーダムの襲撃はお前もみていただろう。
   奴の手から朝倉妹を助けためにお前の力を借りたい。
   協力してくれるな?」
シン「そ、それは助けたいよ、でもどうやって……」
杉並「それなら任せろ、天枷研究所にいけば大丈夫だ」
シン「天枷研究所?…………そうか、MSにはMSで対抗するのか!」
杉並「もはや一刻も猶予はない、急ぐぞ!
   天枷研究所へ近道になる俺の秘密ルートがある、ついて来い!」



杉並に先導され天枷研究所に到着したシン。
杉並、美春と共にそれぞれの搭乗機の発進準備に……
シン「ちょっと待て! 美春もでるのか!?」

美春「嫌ですねぇ、シン先輩。音夢先輩のピンチに
   美春に何もせずじっと待ってろとでも言うつもりですか?」
杉並「不服か、シン?」
シン「当たり前だろ! 美春は民間人じゃないか!」
杉並「一応、俺達も民間人なんだかな……。
   だが心配はない、詳しい説明は先生のほうからしてくれる」
暦「そういうことだ、シン。とにかく出撃してくれ」
シン「暦さん!? アンタいつの間に……」
暦「時間がないんだ、すぐに出ろ! 詳しくは通信で説明する!」

533 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 01:55:58 ID:yWLeiUg8
ストライクフリーダムの逃走方向へ全速で追跡する3機のMS。
そしてついにストライクフリーダムの機影を確認した。

しかし最初に飛び出して攻撃を仕掛けたのは後方支援に当たるはずのトレットバナだった。

シン『ちょwww 美春!』
杉並『待て! わんこ嬢!!』

だがシンと杉並の警告は美春の耳には届かない。
大好きだった音夢をよりによって結婚式の真っ最中にさらった
フリーダムを目の前にして冷静さを失ってしまったのだ。
美春『この人さらい! 天に代わって成敗です!!
   必殺! ビッグバン・ダイナマイトクラーッシュ!!!!』
トレットバナに搭載されたビーム兵器やミサイルが一斉に火を吹いた。
しかしフリーダムはあっさりと回避行動をとると即座に反撃にでた。


キラ『……止めてよね?』
キラは冷たく無機質な一言を言い放つ。
美春『えっ?』
一瞬、美春には何が起きたのか理解できなかった。フリーダムが
赤、緑、黄色とやたらカラフルなビームを一斉放ったことはわかったが
反撃を受けたと理解できた時にはトレットバナの至る箇所が爆発し、
機体がが力を失い海に落下していた。

美春『そのMSの性能のおかげだという事を忘れn』
     (どっぼ〜〜〜ん)
こうして、天枷研究所の新型機は何もすることなく出番を終えることとなった。

534 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 02:00:17 ID:yWLeiUg8
すみません、>>533はミスです。



シン『〜〜つまり、美春にはパイロットの素質があると?』
フリーダムの逃走方向に向かって飛んでいく三機のMS。
シンのデスティニー、デスティニーのデータを流用して
造られた杉並の「バーナーポッポ」、
そうしてもう一機が…

暦『そうだ。天枷研究所の新型MS「トレットバナナ」。
  お前や杉並の機体は高性能すぎて使いこなせる人間がほとんどいない。
  だから操縦のし易さやコストダウンを考慮して作製したのが天枷の機体だ』
シン『美春はそれを動かせると?』
暦『シミュレーターでは天枷は完全に乗りこなしていた。
  今の天枷の戦闘能力はディアッカにも対抗できる!』
シン『…………微妙ですね』
暦『…………微妙だ。雑魚相手なら十分だろうが、今回は相手が相手だけに天枷は後方支援にまわす』
シン『わかりました、ところで純一の様子は?』
暦『怪我はなかったが精神的ショックが大きい。
  今、ことりが様子を見ている』
シン『そうですか』
暦『無事に戻ってこいよ、シン。音夢を助けるのも大切だが
お前や杉並、天枷も無事帰還できなければ意味はない。
  今のはことりからの伝言でもある』
シン『わかりました。それともう一つ質問です』
暦『なんだ?』
シン『フリーダムが教会を襲撃してから結構時間が経ちましたけど、今からでも追いつくんですか?』
暦『それなら心配ない。ご都合主義の超脚本は種のお家芸だろう?』
シン『…………はい』

535 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 02:01:13 ID:yWLeiUg8
ストライクフリーダムの逃走方向へ全速で追跡する3機のMS。
そしてついにストライクフリーダムの機影を確認した。

しかし最初に飛び出して攻撃を仕掛けたのは後方支援に当たるはずのトレットバナだった。

シン『ちょwww 美春!』
杉並『待て! わんこ嬢!!』

だがシンと杉並の警告は美春の耳には届かない。
大好きだった音夢をよりによって結婚式の真っ最中にさらった
フリーダムを目の前にして冷静さを失ってしまったのだ。
美春『この人さらい! 天に代わって成敗です!!
   必殺! ビッグバン・ダイナマイトクラーッシュ!!!!』
トレットバナに搭載されたビーム兵器やミサイルが一斉に火を吹いた。
しかしフリーダムはあっさりと回避行動をとると即座に反撃にでた。


キラ『……止めてよね?』
キラは冷たく無機質な一言を言い放つ。
美春『えっ?』
一瞬、美春には何が起きたのか理解できなかった。フリーダムが
赤、緑、黄色とやたらカラフルなビームを一斉放ったことはわかったが
反撃を受けたと理解できた時にはトレットバナの至る箇所が爆発し、
機体がが力を失い海に落下していた。

美春『そのMSの性能のおかげだという事を忘れn』
     (どっぼ〜〜〜ん)
こうして、天枷研究所の新型機は何もすることなく出番を終えることとなった。


シン『美春ぅぅううう! ……お前のことは忘れないぞ……』
杉並『初の実戦でパニックを起したか……新兵なら不思議なことではない』


だが中の美春は無事だと判断した杉並は救助を後回しにして
このままフリーダムの捕獲作戦を続行することにした。
かつては撃破直前まで追い詰めた相手、強敵いえどシンのサポートもあれば
生け捕りにする自信はあった。
まずは2対1の基本、シンのデスティニーと散開し自分かシンのどちらかが
常にフリーダムの背後や左右の死角に回り込みながら攻撃、
フリーダムの武装や手足を順次破壊していく。そしてフリーダムの攻撃手段や機動力を
奪ってから捕獲すればいい。


杉並『キラ・ヤマト……貴様の悪行も今日限りだ。朝倉妹を返してもらおうか』

536 :襲来、婚約者キラー!(プラスシチュエーション) ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 02:02:54 ID:yWLeiUg8
だが勝利をほぼ確信した杉並の作戦はあっけなく崩された。

アスラン『キラァァァアアアァ!!』

インフィニットジャスティスに乗ったアスランがキラの応援に駆けつけたのである。
キラ『アスラン!』



杉並「(しまった……奴の援軍、よりによってアスラン・ザラか!)」

こんな狂った誘拐作戦にアスランも参加するとは流石の杉並も想定外だったが、
悩んでいてもどうしようもない。3対1で戦う計画(事実上は2対1だが)は大きく変更し、
デスティニーとジャスティス、フリーダムとバーナーポッポがぶつかり合った。


当初は杉並、美春と共にフリーダム一機を相手にするつもりだったシンにとっても
伏兵アスランの登場は予想していなかった。
シン「(アスランに勝つにはアレを使うしかないか……。
    無事に帰るって約束したけど止むを得ないよな…)」


続く

537 : ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 02:05:50 ID:yWLeiUg8
5スレ目で「文化祭〜未来へ繋ぐ歌〜(仮)」と「襲来、婚約者キラー」、
それとこのスレで>>378-379を書いたものです。
今後は↑の名で行きます。
>>533投下ミスですのでは無視でお願いします。

この後はネタバトルにします。今回は過去のリメイク版ですが、
今後も未熟ながら創作意欲だけはありますのでよろしくお願いします。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 02:23:41 ID:me3DUMLd
>>537
懐かしいネタが復活したな
楽しみにしてるぜー

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 10:26:47 ID:RU3WnHfr
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!
GJです!!興奮して失禁しました!!!GJです!!興奮して失禁しました!!!


540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 11:20:12 ID:T7xIyY8B
年表的にはこれが最後の話らしい
・・・で、結局ことりは蚊帳の外?

541 : ◆MRsaIf4AHw :2006/09/24(日) 14:52:46 ID:yWLeiUg8
>>540
rqmS1gMh66氏やよぅ氏も最終回風のSS書いてますし
職人ごとの平行世界ってのもありますから
こんなツッコミ所満載の話を最後の話にしなくてもいいと思います。
ことりについてはネタバレになってしまいますから詳しい話は控えさせて下さい。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 16:55:27 ID:hA8WmJkT
音夢たんのSSキボン

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 18:02:26 ID:Edizz4Lr
GJ!
ホント懐かしいネタだな

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 18:13:58 ID:nVvkVDbM
とぅるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるるる
るるるるる


545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 18:54:49 ID:nVvkVDbM
ごめん誤爆

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 19:03:51 ID:m5Y0aLBa
ハゲワロタwwwwwwwwww
どこに書き込むつもりだったんだwwwwwwwww

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:53:44 ID:i6wHDoTb
おとぼくアニメ化記念。タイミングが遅すぎる上に早すぎるのは気にしない

シン「ことり、お早よう………zzz」
ことり「寝ちゃダメだよ!それに今日は大事な話があるんだよ」
シン「後五分………zzz」
ことり「も〜。しょうがないっすねー。じゃあこれはどうっすか」
シン「ああ、ことりのやわらかい胸が俺の掌に………ってええーー!!」
ことり「起きましたか?」
シン「ななななななな何してるんだよことり!!」
ことり「それより何か気付かない?」
シン「なななななな何言ってんだよ!」
ことり「もしかしてシン君男性経験無い?」
シン「あ、ありわけ……(そういえばルナと……)………い、一応…………」
ことり「え゙!!シン君男性経験あるの!!相手はレイさん!!!」
シン「何でレイなんだよ!!!」
ことり「じゃあキラさん?それともアスランさん?」
シン「だから何で男なんだよ!」
ことり「男性経験って………」
シン「あ!女性経験女性経験!訂正っ!」
ことり「ちなみに私は言葉攻めのスキルを持ってたり」
シン「?」
ことり「それよりシン・アスカ、私の胸を触っても分からないの?」
シン「分かるわけないだろ。そんなに触った事ないし………バストサイズがあがった?」
ことり「残念。はずれ。じゃあこれならどう?」

シン「服を脱ぐなーってあれ?」
ことり「実はね私、うんん、僕男の子なんだ」
シン「な、何だってー(AA略」
ことり「じゃあ外に出ようよ」
シン「じゃあって前後が繋がってねーよ!ていうか俺まだ寝巻だし」
ことり「気にしない気にしない」
シン「ひ、引っ張るな」

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:54:52 ID:i6wHDoTb
シン「まさか寝巻のままつれてこられるとは………」
ことり「気にしない気にしない」
シン「それさっきも言った。それより何時の間に着替えたんだ?」
ことり「それは禁則事項です。あ、音夢さん。ごきげんよう」
音夢「ごきげんよう。ことりお姉さま」
シン「おおおおお姉さま!!」
音夢「どうかしたのですか?シンさん」
シン「ええああういうあういいおお」
ことり「どうやら錯乱してるみたいっすね。ではまた。音夢さん」
音夢「ええ、また」

シン「一体どうなってるんだよ」
ことり「これが普通なの。シン君が来てから変に思われるだろうから隠してただけで」
シン「変に思わないやつなんてどこにいるんだよ」
ことり「初音島……あ、環さん」
シン「あ、環だ」
環「おはようございます。ことりさん」
ことり「おはようございます。環さん。シン君、環さんは去年のエルダーなんだよ」
シン「エルダー?」
??「ちょっと待ったー!!」
ことり「誰?」
??「ふふふ、この初音島の神秘、風見学園非公式新聞部に対して誰とは失礼だな白河嬢」
シン「す、杉並!」
環・ことり「杉並さん」
シン・杉並「さん?」
環「殿方にさんを付けるのは当然ではなくて」
杉並「いや、そういう事ではないのだが…………」
シン「杉並…お前は無事なのか」
杉並「俺は俺でしかないのだ。決して変わる事などない。
  ちなみにエルダー・シスターとは………」
シン「それより何が起こっているんだ?」
杉並「さっぱりわからん。しかしこれだけは言える。胡ノ宮は間違っている」
環「あらあら、ことりさんどういう事でしょうか?」
ことり「さあ」
杉並「白河が現エルダーなら前エルダーはサギーであるべきだ。十条紫苑の名はな」
シン「サギーって美咲か?」
杉並「無論だ。二年ほど前なら初音島の神秘ネコミミメイド、鷺澤頼子がサギーだったがな」

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 21:56:48 ID:i6wHDoTb
??1「あーら、ことりちゃんじゃない。それに環さま。お早ようございます」
??2「お姉さま〜。お早ようございますなのですよ〜」
シン「誰だよ……この話し方は」
杉並「声から判断するに御門まりやと周防院奏だな」
シン「?」
杉並「気にするな。先生と天枷だ」
ななこ「私に隠して何面白い事やってるのかなー」
美春「お姉さまをいじめてはだめなのですよ〜」
環「あらあら、美春ちゃんかわいい」
(環の長い髪が美春の体に巻き付きはじめる)
美春「苦しいのですよ〜」シン「ああーー、美春が環の髪で拘束されてるっ!美春、大丈夫か!」
ことり「環さん可愛いもの見るとこうなっちゃうの」
ななこ「ちなみにアリスはことりちゃんのこんな姿を見ると……」
ことり「やめてよ。メイド服着せないで」
アリス「!!きゅ〜〜」
シン「なんでだよ………。なんでこんな事が現実に………」
杉並「何故だ………。何故胡ノ宮が十条紫苑なんだ………」
シン・杉並「何故だーーーー!!!!」

シン「ハァハァ、な、なんだ………夢か………」
ことり「おはよっ、シン君。?そんなに汗かいてどうかした?」
シン「この世のものとは思えない悪夢を見た………」
ことり「ふーん。気を付けた方がいいよ。夢って願望を映し出すっていうから」
シン「………うわぁぁああああああああ!!」

おまけ
純一「な、なんだ今の夢は」
音夢「どうかしたんですか?」
純一「ね、音夢が知らない女の子とキスをしてた………。後ことりの事をお姉さまって呼んでた」
音夢「なんですかその夢は」

その2
美咲「それで私の出番は未だですか?お姉さま。シンさんにしっかり私を紹介してくださいね」
ことり「実はもうおまけに入ってるの」
美咲「ええーー!!」
杉並「なる程。胡ノ宮=十条は吉住梢つながりでサギーと高島は草柳順子つながりだったのか。
取り乱してアリスが近くにきた事に気が付かなかったのが致命的だった」

おまけ3
ハンバーグ「な、何で私はSS内で存在をほのめかす描写もないんですか」
杉並「声優繋がりが一切ないのだ。それに名前もハンバーグだしな。作者にとってもどうでもいいのだろう」
ハンバーグ「あ!何でハンバーグ」

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 22:00:46 ID:STECefZf
AAマダァ?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 22:11:49 ID:ihXqLuys
>>550
      ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. < おまえは何を言っているんだ
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   \____________
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ  
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、 
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 22:57:18 ID:TcV0O93p
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!
感度うしすぎてぇええええええええ!!!!!!!!!失禁しまふぅううううううううううううううううううううウウオオオオェッツッアアギッギァ!!!!!
しゅごい!!!!しゅっ!!ごぇい!!!しゅごいのおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオ!!!!!!!!!!!


553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 21:05:15 ID:sgek/kEp
>>549
次はシン・アスカと宮小路瑞穂が交流スレでも立てようか

ハンバーグ・・・不憫な

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:04:44 ID:djgXfQsi
そろそろ次スレを考える頃か。ここで終わりにすべきって意見もあるけど
活動中の職人が複数いるのにROM専の判断でスレ終わらせるのはおかしいよな。

テンプレは某スレを一部参照にしてこんな感じにしたいがいいだろうか?


・ここはシンとことりが交流するスレです。基本的にはアニメで扱いの悪すぎた2人を中心に
 種死キャラやD.C.キャラが交流する話を書きましょう。
・恋愛、シリアス、ネタバトル、ギャグなんでもOK!作家の自主性を尊重しましょう。
・気に入った作品には賞賛を送りましょう、作者の励みになります。
 どんなに面白いと思っても、レスをしないと気持ちは作者に伝わりません。
「GJ!」とかだけじゃなく、具体的な感想があった方が書き手は喜びます。
・もし気に入らない作品であっても、内容批判はせずに
 スルーしましょう。スレが荒れる原因です。
 このスレを見ているということは、貴方にとっても
 作者さんにとって投稿しやすい雰囲気のスレになることが望ましいはずです。



〜〜職人を目指している方へ〜〜
・職人は常時募集しています。
・自分SSの書き方に不安がある人は、先代職人の作品やSS掲載サイトの作品を
 参考にするといいでしょう。SSの書き方を講じたサイトも存在します。
 でも大切なのは、あれこれ悩まず聞かずに、作品投下です!
・スレ住民は基本的に作品を待っています。つまり、書けばほぼ確実に読んでもらえます。

     あなたの作品を御待ちしております!

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 22:42:48 ID:Gaw80kBV
音夢たんのSSキボン

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/25(月) 23:26:51 ID:CRtLPQNA
しゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
りょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 04:23:40 ID:fIGBb/b0
職人案外残ってるみたいだし避難所でも立てて荒らしてる奴
片っ端から削除していけばまだ続けれるかもな
まあその内飽きるかもしれないが

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 04:28:57 ID:XfQAOsej
賛成。避難所たててそこで続けるのがいいと思う
ってか前にも提案したんだが

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 09:40:44 ID:hYhbvah5
だからいらねぇって言ってるだろうが

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:00:25 ID:Qjz/dPHF
375 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/19(水) 00:37:33 ID:QIfYPczw
>>1
話=SSのことです
自分の気にそぐわないからといって自分勝手にスレの空気を乱すような
行動は目に余るのでこれ以上控えてください


379 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/19(水) 01:28:53 ID:QIfYPczw
決してSSだけとは言いたくありませんが
AAでスレが賑わうのならそれもいいと思いましたし
ただ、>>374みたいに露骨に他の人がSSを投下し辛い雰囲気に作り上げてしまおうと
考えるならば断固として否定します
種板ならともかく、他の板ではAA連続投稿されるのを嫌う人も少なくないですから


385 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/19(水) 01:55:55 ID:QIfYPczw
近頃暑い日が続きますから
最近あまり芳しくない流れが続きましたので俺もつい注意を言いたくなってしまったわけですが

どうしてもAA劇場をやりたいのでしたら、何なら別スレを作ってきましょうか
専用スレを作ってそちらでやれば誰も文句はないでしょうから、どうでしょう?


389 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/19(水) 02:18:42 ID:QIfYPczw
>>386
初期の頃とは状況が変わってきた、と思っております
少なくとも、今は一回だけの単発ネタスレだとは思っておりません
当時ならやり方も定まってなかったので(実際に俺のSSの書式も定まっていなかった)
どんなやり方でも良かったと思いますが、今は既にスレの運営方法が固定してきましたので、
だから俺も最近では無闇にAAを使ってはいませんし
ただまぁ、俺の場合は現在使う機会がないだけで、決してAAを使っては良くないとは思いませんけど

一つ言えるのは、初期の流れが良かったという人がたまに見かけますが、
あれだけだと初代のスレだけで終了していたのは間違いないでしょう
初代のスレだけで終わっていた方が良かった、というのはその人個人だけの意見になってしまいます
今の状態でも満足している人がいるだろう、と俺は信じていますから
その楽しみを邪魔する人なんかいないことを、良識的に考えることのできる皆様に期待しましょうか

だらだら長文スマソ

>>387
ではしばらくは様子見、ということでいいですかな

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:01:10 ID:Qjz/dPHF
465 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 18:36:03 ID:F7UZGrsn
俺は別に調子に乗ったつもりも増徴したつもりもありません
俺の願いは以前からただ一つ、みなさまに俺のSSを読んで頂いてもらうだけで満足なのですから
特に本編では不遇だった二人を救済したいという強い気持ちでSSを書き続けてきました
この思いに嘘偽りは一切ございません


ただ、このように批判の声が強まると自分としてもこれ以上続けていいものか判断しかねます
そこでまだ続きを書いてもいいものかみなさまにぜひ許可を頂きたいと思います
これ以上は荒れるだけというならば本日をもって終わりたいと思います
俺としてはセカンドまで書けたのでもう満足しております、もう充分ですかねぇ


476 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですね
スレが静かになるか、寂れてしまう時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。スレが賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できれば俺のSSに期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
スレの発展に期待します、それでは
477 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
まとめサイトの方にお願いしたいのですが、
お手数ですが俺の作品は全て消していただくようお願いします、できれば設定等も


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
◆hA/Opjl6aYの追い出し、お見事でございました(^^)ゝ
これでこのスレにもようやく平穏が訪れそうですなw


489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら職人は誰も投下しないぞ
◆hA/Opjl6aYも住人もどっちも自重しろ


501 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼だな
俺のことはなんて言われようが勝手だが、人質という呼び方はやめてくれ
俺はただ、たかが自分なんかの作品をこれ以上人目につけたくなかったから
もう消してくれと依頼しただけだ。
それをなんだ、人質という呼び方は。何様のつもりだ!?
502 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:24:34 ID:Dxa1FOW5
ついかっとなってレスしちまったな・・・
こうなったらはっきり言わせてもらうが、自演はただこのスレの荒らしを抑えようと
したまでのことだから、その辺はご了解いただきたい

それと、俺が全ての意見を一切スルーしたのは職人がこうやって自分の意見を
言うべきではないからと思ってのことだ
俺は謝る気もなければ土下座をしてまでSSを書かされるつもりも毛頭ない
ただ一住人として意見を述べただけのことだからな

こんな風に意見を言う行動こそ自分を阿る行動に思えたからこそ控えたことであったから
言いたくはなかったんだ、俺だってそんな風に思われたくなかったからな

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:01:23 ID:hYhbvah5
めちゃくちゃな敬語だな

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:01:56 ID:Qjz/dPHF
506 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 17:29:23 ID:Dxa1FOW5
>>503
俺も思い入れが強すぎたのかもしれないですな
最初はネタのつもりで書いてたのに、作ってる内に愛着が湧きすぎてしまった
ただここでやることに意味があったと思ってる
自分のHPやブログではなくて掲示板という場所でやることに意義があった
このカップルを普及させたいという気持ちからだったんだろうか
けれどこのカップルはSSにするには難しすぎたんだろうか、なかなか発展しなかったものだなぁ

>>504
職人があまり砕けた喋り方をすれば必ず不愉快に思う、と思って敬語を使っていた
そもそも職人は余計なことは喋るべきではないのだろう
そこだけは確かに間違っていたと思う

>>505
今だから語りましょう
AAを使えば確実にスレが乱れます
なぜならAAを多用に乱発すれば一つに空気の読めないAA厨が来やすくなり、
そしてもう一つにはスレの本質そのものが違ってくるからです
このスレの本質は今ではSSスレと言っても同義でしょう
だからAAの乱発によってスレの空気自体が変わるのが俺は嫌だったんです
種板を見ればいい例でしょう


511 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 18:24:51 ID:Dxa1FOW5
>>507
だから、もうこれ以上何も言うことはない
職人は何があろうとただ寡黙に徹するべき、というのは合っていると思う
そこで徹し切れなかった俺が悪かったのだろう


514 名前: ◆hA/Opjl6aY [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 18:37:00 ID:Dxa1FOW5
>>512
もし俺に再び執筆の機会を与えていただくにしても、時間が欲しい
今の俺の心境ではとてもじゃないがSSなんて書けない
ただ昨日も言ったが、もし俺のSSを待ち望んでいる人が本当にいるのならば、
俺はその期待には本当に応えたいと思ってる。こんな状況を作ってしまって言うのは何だが
それが俺がこのスレに未だ拘る唯一の理由なんだから

以上、これで返信を打ち切る

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:02:43 ID:Qjz/dPHF
◆hA/Opjl6aYの信者の場合

474 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 21:24:13 ID:dTcTDTEI
>>465
続きはぜひ読んでみたいですがこれ以上こんな腐った環境で続けて貰うのも
少々酷ですかね。ほとぼりが冷めて人が少なくなるまで待つかメールでSSを
送るのが無難な気もしますけど。でもそれまでこのスレ残ってるかな〜?
しかし夏厨と暗躍者を同時に敵に回すとは恐ろしい事を・・・・


503 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 17:12:05 ID:1iV0rX6l
>>502
シン×ことりのカップリングの為にはあなたのSSが必要だったので
個別にまとめたページを作ってたんだが…つーか根本的にこの組み合わせで
ちゃんとした話が書けるのあんたしかいないんだよ。文章力うんぬんの問題じゃなくて
ことり好きだけど別に純一とくっ付けなくてもいいやみたいな考え方が重要なわけで
他の人が書いたら絶対どっかで違う方向へ行くようになってる。
2chなんかでやらずに自分でHP作って書いた方がいい。


508 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 17:54:09 ID:1iV0rX6l
>>506
最初の方のまだ勢いがあった時にちゃんと完成させておけば
もう少し普及してたかもしれませんけどね。間に色々ありすぎて
このスレにDCSSや種死の理想的な展開みたいなのを求めてる人が
あまりいなくなっちゃいましたし。今でも単なるネタスレだと
思ってる人のほうが多いんじゃないですか。まあ一目瞭然ですが。
ああ、それと発展はしてましたし後期の職人さんは相当頑張ってましたよ。
外部の人はことりファンに支えられてると思ってるようですし。
純一とくっ付かなかったら問答無用でバッドエンドみたいな先入観の人多いから
中期にほとんど居なくなっちゃいましたけどね・・・・

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:03:29 ID:Qjz/dPHF
476 名前:朝倉音夢 [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですね
初音島の桜が散ってしまうか、枯れてしまう時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。D.C.S.S.が賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できれば私、朝倉音夢に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
D.C.S.Sの発展に期待します、それでは


477 名前: 朝倉音夢 [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れていました
白河さんにお願いしたいのですが、
お手数ですが兄さんのことは全て忘れていただくようお願いします、できればサポート部隊もなかったことに


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
朝倉音夢の追い出し、お見事でございました(^^)ゝ
これでこのD.C.S.Sにもようやく平穏が訪れそうですなw


489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら監督も脚本も協力しないぞ
朝倉音夢もサポート部隊もどっちも自重しろ


501 名前: 朝倉音夢 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼ですね
私のことはなんて言われようが勝手ですが、怨夢という呼び方はやめてくれませんか?
私はただ、私の兄さんをこれ以上白河さんとイチャイチャさせたくなかったから
もう忘れてくださいと依頼しただけです。
それをなんですか、怨音という呼び方は。何様のつもりですか!?



566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:04:25 ID:Qjz/dPHF
476 名前: マユ・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですね
ステラさんが電波になるか、幽霊になる時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。種運命が賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できればマユタン(;´Д`)ハァハァに期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
種運命の発展に期待します、それでは

477 名前: マユ・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
お兄ちゃんにお願いしたいのですが、
お手数ですが携帯電話の写真は全て消していただくようお願いします、できれば留守番メッセージ等も


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
ステラタソ(;´Д`)ハァハァ、お見事でございました(^^)ゝ
これでこのスレにもようやく平穏が訪れそうですなw

489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたらザフトのMSはどれも降下しないぞ
マユタソもネオもどっちも自重しろ

501 名前: マユ・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼です
私のことはなんて言われようが勝手ですが、自己中という呼び方はやめてほしいです
私はただ、たかが自分なんかの思い出にこれ以上兄が縛られて欲しくないから
もう消してくほしいと依頼しただけ。
それをなんなんです? 自己中という呼び方は。何様ですか!?

476 名前: 白河ことり [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですね
音夢さん×朝倉君が 破局するか、音夢さんが崩御する時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。S.S.が賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できれば、ことり×朝倉君に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
S.S.の発展に期待します、それでは

477 名前: 白河ことり [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
ことりスキーの方にお願いしたいのですが、
お手数ですがアイシアちゃんが私にやったことは全て忘れていただくようお願いします。


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
白河先輩の追い出し、お見事でございました(^^)ゝ
これでこの朝倉家にもようやく平穏が訪れそうですぅw

489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら職人は誰も投下しないぞ
白河ことりも天枷美春もどっちも自重しろ

501 名前: 白河ことり [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼です
私のことはなんて言われようが勝手ですが、アイシアちゃんを悪くいうのは止めてください
アイシアちゃんはそれなりに、私をあれ以上苦しませたくなかったから
夕ご飯を作りに来てって依頼しにきただけです。
それをなんです、わざわざ傷口に塩を塗ったバカという呼び方は。何様のつもりです!?


567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:05:37 ID:Qjz/dPHF
476 名前: 芳乃さくら [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがと
やはりしばらく自重した方がいいみたいだね
レイジングハートが修復するか、強化される時まで謹慎しとくよ
まあ休暇みたいなものかな。初音島が賑わえばそれはそれでも結構だけど、
できれば魔法少女さくらに期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望むよ
初音島の発展に期待するね、それでは

477 名前: 芳乃さくら [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
アイシアにお願いしたいんだけど、
キミに関する皆の記憶は全て消しといてよ、できればの話だけど


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
芳乃さくらの追い出し、お見事でございました(^^)ゝ
これでこの初音島にもようやく平穏が訪れそうですなw

489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら フェイトタンもはやてタソもやってこないぞ
芳乃さくらもうたまるもどっちも自重しろ

501 名前: 芳乃さくら [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
にゃにゃにゃにゃにゃにゃ〜〜〜〜〜!その言いようはあまりに失礼だね!
ボクのことはなんて言われようが勝手だけど、スターライトブレイカーが棒読みという指摘はやめてくれないか
ボクはただ、たかが必殺技を叫ぶボクの姿なんかを人目にさらされることに
恥ずかしがっていただけなのに。
それをなんだ、棒読みという指摘は。何様のつもりだ!?

476 名前: ラクス・クライン [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですわね
議長が調子に乗るか、ファビョル時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。ザフトが賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できれば私の活躍に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みますわ
ザフトの発展に期待しますわ、それでは

477 名前: ラクス・クライン [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてましたわ
ラクスファンクラブの方にお願いしたいのですが、
お手数ですが私のアイキャッチは全て消していただくようお願いします、できればグラフィック等も

482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら誰もおっぱいうpしないぞ
議長もアーサーもどっちも自重しろ

501 名前: ラクス・クライン [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼だな
……ゲフンゲフンッ
私のことはなんておっしゃられようが勝手ですが、乳CG修正消去という呼び方はやめていただけませんか
私はただ、たかが自分なんかを写した作品をこれ以上人目につけたくなかったから
もう消してくださいと依頼しただけですわ。
それをなんですか、乳CG修正消去という呼び方は。何様のつもりですか!?

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:06:31 ID:Qjz/dPHF
476 名前: キラ・ヤマト [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいかな
ラクスが静かになるか、ピンチになる時まで謹慎しとくよ
まあ休暇みたいなものだよね。ラクスが元気ならそれはそれでも結構だけど、
できれば僕に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
AAの活躍に期待します、それでは

477 名前: キラ・ヤマト [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
ミネルバの方にお願いしたいのですが、
お手数ですがフリーダムVSインパルスが戦った映像は全て消していただくようお願いします、できれば忘れて

482 名前: ヴィーノ [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
フリーダムの撃墜、お見事(^^)ゝ
これでこのザフトにもようやく平穏が訪れそうだw

489 名前: ヨウラン [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら誰のフラグも立たないぞ
シン・アスカも整備班もどっちも自重しろ

501 名前: キラ・ヤマト [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼だね
凸のことはなんて言おうが勝手だけど、僕を悪く言うのはやめてよね
僕はただ、たかがミネルバなんかにAAをあれ以上やられせたくなかったから
インパルスに隙を見せただけだ。
それをなんだ、見苦しい言い訳というのは。何様のつもりだ!?

476 名前: シン・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとうございました
やはりしばらく自重した方がいいですね
スペシャルエディションが静かになるか、寂れてしまう時まで謹慎しておりましょう
まあ休暇みたいなものですね。スペシャルエディションが賑わえばそれはそれでも結構ですが、
できれば俺の活躍に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望みます
スペシャルエディションの発展に期待します、それでは

477 名前: シン・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてました
視聴者の方にお願いしたいのですが、
お手数ですがTVを視る際は電気を付けて明るい部屋で視ていただくようお願いします、できればTVから離れて

482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
シン・アスカの追い出し、お見事でございました(^^)ゝ
これでスペシャルエディションにもようやく平穏が訪れそうですなw

489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたらさすがの負債でも協力しないぞ
キラ・ヤマトもアスラン・ザラもどっちも自重しろ

501 名前: シン・アスカ [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼だな
俺のことはなんて言われようが勝手だけど、近親相姦という呼び方はやめてくれ
俺はただ、たかがルナマリアなんかとアレ以上付き合いたくないから
マユに(;´Д`)ハァハァしただけだ
それをなんだ、近親相姦という呼び方は。何様のつもりだ!?


569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:07:18 ID:Qjz/dPHF
476 名前: アスラン・ザラ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
協力ありがとう
やはりしばらく自重した方がいいようだな
芳乃さくらが元気になるか、俺に惚れてしまう時まで謹慎しておこう
まあ休暇みたいなものだな。芳乃さくらが喜んでくれればそれはそれでも結構だが、
できれば芳乃さくら×アスラン・ザラに期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来ることを望む
芳乃さくらの成長に期待する、それでは


477 名前: アスラン・ザラ [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてた
朝倉音夢にお願いしたいのだが、
お手数だろうけれど俺以外のさくら旗は全て消してくれるようお願いしとく


482 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
グゥレイトォッ!! 凸の追い出し、見事だな(^^)ゝ
これでこの芳乃家にもようやく平穏が訪れそうだw


489 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5
そんな傲慢な態度を続けてたら芳乃さくらは帰ってこないかもしないぞ
凸もグレィトォもどっちも自重しろ


501 名前: アスラン・ザラ [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その言いようはあまりに失礼だな
俺のことはなんて言われようが勝手だが、ロリコンという呼び方はやめてくれ
俺はただ、初恋の人がこれ以上ないほどナイムネだったから
スレンダーボディのさくらタンを好きになっただけだ。
それをなんだ、ロリコンという呼び方は。何様のつもりだ!?



570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:07:38 ID:hYhbvah5
もう立てるなよ

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 13:08:05 ID:Qjz/dPHF
476 名前: ネオ・オアノーク [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:21:33 ID:F7UZGrsn
ご協力ありがとよ
やっぱりしばらく自重した方がいいかな
スレが静かになるか、寂れてしまう時まで謹慎しておくさ
まあ休暇みたいなものか。スレが賑わえばそれはそれでも結構なんだが、
できればエグザスの活躍に期待してくれた方たちの気持ちに応えてあげられる日が来るのを待ってるぜ
スレの発展に期待するぞ、じゃあな


477 名前: ネオ・ロアノーク [sage] 投稿日: 2006/07/21(金) 23:38:38 ID:F7UZGrsn
一つ忘れてた
シン・アスカに言っておくが、
ステラのおっぱいは俺のだ。それには決して手を触れるなよ、できれば処女膜等も


482 名前: アウル [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 00:42:08 ID:Dxa1FOW5
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡



489 名前: シン [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 10:16:38 ID:Dxa1FOW5

|, ,_  ∩
|∀゚) 彡 < おっぱい!おっぱい!
|⊂彡


501 名前: ムウ・ラ・フラガ [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:16:38 ID:Dxa1FOW5
>>495
その腕の振り方はあんまりだな  こうするんだよ!
   ∩ _ _   ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=−おっぱい!おっぱい!
    ミ⊃ ⊃    ≡=−
     (⌒ __)っ   ≡=−
     し'´≡=−

  −=≡    _ _ ∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  おっぱい!おっぱい!
−=≡   ⊂  ⊂彡
 −=≡   ( ⌒)
  −=≡  c し'


502 名前: ネオ・ロアノーク [sage] 投稿日: 2006/07/22(土) 16:24:34 ID:Dxa1FOW5
ついかっとなってレスしちまったな・・・
こうなったらはっきり言わせてもらうが、俺はただのおっぱいスキー
だから、その辺はご了解いただきたい

それと、俺が全てのナイムネを一切スルーしたのはおっぱいスキーがこうやって自分の意見を
言うべきではないからと思ってのことだ
俺は謝る気もなければ土下座をしてまでナイムネを愛でるつもりも毛頭ない
ただ一住人として意見を述べただけのことだからな

こんな風に意見を言う行動こそ自分を阿る行動に思えたからこそ控えたことであったから
言いたくはなかったんだ、俺だってそんな風に思われたくなかったからな


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)