5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Rozen Maiden ローゼンメイデン SS総合 4

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/02/10(金) 08:32:28 ID:o3FfEHMl


その思いを語ることなく、背後から声がかけられた。

「ここにいたですか、真紅。 何してるですか?」
「何でもないわ...」
鏡面の波紋が消え、光も消える。
不思議そうな翠星石の顔を気に留めず、問い返す真紅。

「それより、ジュンの食事はどうしたの? あなたが持って行くのではなくて?」
「ちびちびに譲ってやったですよ。甘えてばっかですから、たまにはちゃんと働かせないといけねーです」
「…そう、雛苺に...妹思いなのね」
「な、なんですかその含みは?!」
「別に...何でもないわ。それより...嬉しそうね。 何かあったの、翠星石?」
「べべっ! 別に何も無いですぅー!」
何気ない真紅の言葉に頬をうっすらと染め、
「ち チビ人間の身体拭いてやったり 話したり 振り向いた時にたまたま抱きしめられたりなんて
 そんな なんでもねぇですぅーー〜〜〜!♥」
自分の頬を両手で挟み、くねくねキャーキャー惚気る(のろける)翠星石を、
「…あったんじゃないの....全く何をやっているのかしら」
真紅は半ば呆れ顔の様な微笑みを見せ、言葉を返す。

そして二体のドールはジュンの話題をしながら、鏡の部屋を出てゆく。




聞こえたかもしれない、いや…
聞こえることは無い二つの違う声が、映す姿をなくした鏡の中から流れた。

決して交わることなく、互いに伝わることの無い二つの声が。







       (   ……真 紅……   )





( あなたが拒んでも もうアリスゲームは避けられない )







鏡は...廊下から入る明かりを反射しているだけだった。




501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)