5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ペンペンが人間化したら

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 15:02:28 ID:???
ふっふふふふふ

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 16:17:54 ID:biXif/YR
2

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 16:41:51 ID:???



4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 16:54:16 ID:???
ペンペンって雄だよね〜。って事は……………………………………………………


想像出来ね━━━(゚∀゚)━━━!!!!

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 17:06:57 ID:???
〜もしもペンペンが若い兄ちゃんになったら〜
ペンペン:「なぁ〜ミサト〜」
ミサト:「何よ?」
ペンペン:「肩揉め!」
ミサト:「何よペットの分際で偉そうじゃない!」
ペンペン:「俺は人間なんだよ!ペット扱いするなって!もういい、アスカにやってもらうから」
アスカ:「嫌よ!」
ペンペン:「何でだよ?お前まだ俺より年下のガキだろ?ここは先輩の言うこときいとけって・・・」
アスカ:「何よその考え方ふる〜い!」
ペンペン:「ほ〜ぉそんなこと言っていいのか?」
アスカ:「何よ!この前まで冷蔵庫で寝泊りしてたくせに!」
ペンペン:「肩揉んでくれないならお前の胸を揉んでやる!」
アスカ:「きゃ〜!!助けてシンジ!」
〜ガシャン〜ドタドタ〜
シンジ:「また始まったよ・・・」続く

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 17:12:19 ID:???
>>5
続きが気になるお年頃
GJ!!!!

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 17:21:42 ID:???
続き
ペンペン:「待てアスカ!」
アスカ:「ンもぉ〜嫌だって言ってるでしょ!」
シンジ:「アスカ達やめなよ・・・・」
アスカ:「シンジ!」
シンジ:「わかったよ・・・肩なら僕が揉むから」
ペンペン:「いや、俺は女の優しい手で揉まれたいんだ。」
アスカ:「この変態!」
ペンペン:「それにアスカを追っかけまわしてたら肩凝り治った。」
アスカ:「あっそ・・・」
ペンペン:「おい!それよりシンジ!ゲームの相手しろ!」
シンジ:「わかったよ・・・」
ペンペン:「お前弱いな〜つまんねぇ〜の」
シンジ:「・・・(どうせ僕が勝ったら怒って殴るくせに・・・)」
ペンペン:「そういえばシンジ!」
シンジ:「何?」
ペンペン:「お前がいっつも一緒に居る青髪のカワイイ子いるじゃん!?」
シンジ:「うん。綾波がどうかした?」
ペンペン:「そいつ今度紹介しろ!」
シンジ:「え〜・・・」
ペンペン:「いいじゃねぇか!お前にはアスカがいるんだろ?毒男の俺にも一人ぐらい女いたっていいだろ?明日つれて来いよ!」
シンジ:「わかったよ・・・」続く

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 17:41:50 ID:???
>>7
おおっ!!応えてくれた!!!!ありがとう!!!!GJGJ♪

ペンペン毒男WWWWWWWWWWW

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 17:56:00 ID:???
〜翌日〜
シンジ:「ただいま〜」
アスカ:「誰も居ないの」
ペンペン:「おい!シンジ!あの子連れてきたのか??」
シンジ:「いや、一旦帰って着替えてから来るって・・・」
ペンペン:「征服姿のあの子と遊びたかったのにな・・・」
シンジ:「あの・・・ペンペン」
ペンペン:「気安く呼ぶんじゃねえ!」
アスカ:「あんた何怒ってるの?」
ペンペン:「あッ?聞きたいのか?」
アスカ:「別にいいわよ・・・どうせろくな事じゃないだろうし・・・」
ペンペン:「聞かなきゃ後悔するぜきっと・・・」
アスカ:「聞いて欲しいのね。わかった聞いてやるわ」
ペンペン:「今日、自動車教習所で仮免試験があったのだが・・・技能試験で普通のカーブで
速度出しすぎて脱輪したんだ。で、脱輪したら誰かが上から釣ってくれないかと思ってそのまま待っててたんだ
でも、誰も釣ってくれないからそのまま走ったら試験中止になって・・・全くマリオカートじゃないんだからよ!」
アスカ:「はッ?ごめん途中から聞いてなかった」
シンジ:「ご愁傷様・・・」
〜玄関のチャイムを誰かが押す〜
シンジ:「綾波かな?」続く


10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:01:11 ID:???
>>9
やたっ!!またきた!!GJGJ♪この後、一体どういう展開来るんだろ……?気になる!!


マリオカートWWWWWWWWW

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:05:09 ID:???
続き
シンジ:「は〜い」
レイ:「・・・・」ポッ
シンジ:「あの・・・綾波、入りなよ」
レイ:「お・・・お邪魔します・・・」
アスカ:「あんたなんでうちに入るぐらいでいっつも照れるのよ。」
レイ:「碇君の匂いがするから・・・」ポッ
シンジ:「ペンペン!連れて来たよ。この子が綾波レイ」
ペンペン:「れ・・・レイたん・・・お・・・・俺がペンペンだ仲良くしてくれハァハァ・・・」
レイ:「・・・・」
ペンペン:「あの・・・よ・・・よろしく・・・ほんと仲良くして」
レイ:「・・・命令があればそうするわ・・・」
ペンペン:「誰か知らんが俺と仲良くするように命令してくれ!シンジ」
シンジ:「いや、僕が命令下しているわけじゃないって・・・お茶入れてくるよ」
アスカ:「何よ・・・気持ち悪い・・・ねっシンジ?」
シンジ:「全くだよ・・・」
〜二人きりになるレイとペンペン〜
続く


12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:12:46 ID:???
>>11
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!と転がってみる。GJGJ♪


ここのシンジはモテてるみたいだねぇ〜♪

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:14:14 ID:???
ペンペン:「レイちゃん趣味は?」
レイ:「・・・・カプセルの中で浮かぶ事・・・」
ペンペン:「??何それ??」
レイ:「・・・・」
ペンペン:「好きなドラマとかは?」
レイ:「家、テレビ無いから見ない・・・・」
ペンペン:「そ・・・そうなんだ・・・」
レイ:「・・・・」
ペンペン:「彼氏とかいるの?」
レイ:「いないわ・・・」
ペンペン:「もてるでしょ?カワイイから」
レイ:「気にしない・・・」
ペンペン:「アニメとか好き?」
レイ:「・・・」
ペンペン:「じゃぁ〜好きなMSは?」
レイ:「・・・・」
ペンペン:「俺はF91とWINGガンダム0カスタムとフリーダム」
レイ:「ごめんなさい。あなたが何を言ってるのかわからないの・・・」続く

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:17:28 ID:???
>>13
ひ〜らりひらひらひひらひら〜♪キタキタ━━━(゚∀゚)━━━

ペンペン、ヲタWWW

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:25:50 ID:???
なんじゃこのスレWWWW

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:29:10 ID:???
続き
シンジ:「ごめん綾波。紅茶とコーヒーと日本茶どれがいい?」
ペンペン:「邪魔すんなよバカシンジ!入るんじゃねぇ〜ビール持って来い!」
アスカ:「あんたバカ〜?ミサトの許可なく飲んだらバックドロップって前にも言われたでしょ?」
ペンペン:「構わん!逆に200億ちゃんねるにお前のパンツとブラをうっPすると脅してやればいい」
アスカ:「勝手にほざいてなさい!」
ペンペン:「待て!アスカは残れ!」
アスカ:「嫌よ!シンジの手伝いするんだから!で、ファースト。どれがいいの??」
レイ:「じゃぁ・・・紅茶・・・」
ペンペン:「ちゃんと喋れるじゃんレイちゃん。もっと俺とも喋ろう!」
アスカ:「じゃぁ。ファーストすぐできるから」
ペンペン:「こら!アスカ待て!」
アスカ:「嫌!」
ペンペン:「レイちゃん!メアド教えて」
レイ:「・・・・」
ペンペン:「あの・・・」
レイ:「わかったわ・・・」ペンとメモ用紙を取り出し自分のメールアドレスを書くレイ
ペンペン:「あっ・・・ありがとう・・・ちょっと待ってて・・・」部屋から出て行くペンペン
続く

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:34:56 ID:???
>>16
きたきたっ♪GJGJ〜♪これって用意してあったのかな〜…?早々ときてるし…まっいっか〜♪おもろけば!!

ペンペン扱いワロスWWWWってか、何しに行ったんだ、ペンペン!!!!

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:39:44 ID:???
続き
ペンペン:「おい、シンジ!」
シンジ:「何?」
ペンペン:「レイちゃんの紅茶の中にウイスキーを混ぜろ!たっぷりとな・・・」
シンジ:「何で?」
アスカ:「あんたバカ〜??レイを酔わせたいに決まってるじゃん。」
ペンペン:「何ならアスカを酔わせてもいいんだぜ!」
アスカ:「・・・気持ち悪い・・・」
シンジ:「だめだよ・・・」
ペンペン:「俺が入れてやる!!そこをどけ!」ガチャリ!エアガンを取り出すペンペン
アスカ:「それ、テレビでやってたけど、準空気銃規制法に引っかかる機種よ!今のうちに捨てなさいよ!」
ペンペン:「うるせぇ!規制だかなんだか知らんが、そんならお前に寄生してやるぞ」
アスカ:アスカのハイキックが炸裂「ったく・・・バカペンペン!」
ペンペンは失神した・・・
その後三人は楽しくおしゃべりをして、ペンペンが気付いた時には既にレイは帰っていた
そしてその夜
ペンペン:「ぬぉぉぉぉぉぉ!何でなんだよ!」
アスカ:「ど〜おしたの??」
ペンペン:「レイちゃんに教えてもらったはずのメアドに送ってるんだけどホストが見つからないってセンターから返ってくるんだ!」
アスカ:「あんたバカ〜あんたに正直にアド教える女の子が居るわけ無いじゃん。」完

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:40:04 ID:???
質問にも応えてくれない……僕はいらない子なんだ……

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:45:09 ID:???
>>19
既に俺の妄想の中にこの手の話はプールされている。


21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:47:05 ID:???
>>18
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!GJGJ〜♪…って、完!!??

がびーん

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:53:05 ID:???
>>20
プール?楽しそうだねぇい夏に戻りたいよ

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 18:58:27 ID:???
続編書くから・・・・ちょっちまっててね・・・

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 19:05:54 ID:GaBdFonH
ペンペン、知能指数的には幼児とほぼ同じだそうだから、精神年齢もそん位なんかね。

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 19:07:55 ID:???
>>23
続編あるの!?やたっ!!頑張れ〜♪応援だっ!!

ところでペンペン、若い兄ちゃんって設定だけど、どんな感じなんだろ…?少し気になる〜…。

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:19:52 ID:???
続劇
ペンペン:「・・・・」
シンジ:「どうしたの?元気ないね?」
ペンペン:「聞いてくれるか?レイちゃんにアド聞いたんだけど、聞いたアドにメールしてみたら
センターからホストが見つかりません@以降をお確かめ下さいと返って来るんだよ。」
シンジ:「綾波のことだからアド変えてそのまま忘れてるんじゃない?聞いてみようか?」
〜携帯を取り出し電話をかけるシンジ〜
レイ:「電話?碇君から・・・」ポッ「もしもし?・・・」
シンジ:「あ、綾波?」
レイ:「どうしたの?碇君・・・」ポッ
シンジ:「いや、あのさ、アドレス変えたの?」
レイ:「変えてないわ・・・」
シンジ:「でもペンペンが・・・」
レイ:「それ、嘘のアドなの・・・」
シンジ:「え?ちょっとペンペンが居るから外に出るね」保留にするシンジ
シンジ:「ペンペン、ちょっと外で話してくるね。」
ペンペン:「・・・」
シンジ:「で、嘘ってどういうことさ??」
レイ:「私、男の人とメールするの苦手なのよ・・・」
シンジ:「でも僕とはメールしてるじゃん??」
レイ:ポッ「・・・・」
シンジ:「あ・・・あの綾波??」
レイ:「碇君は別よ・・・」ポッ
シンジ:「えっ??それって僕は綾波にとっては女と同じ扱い??」
レイ:「・・・・」
シンジ:「あの・・・綾波」
レイ:「とりあえず、彼には傷つけないように伝えてくれる?・・・」
シンジ:「うん」
続く


27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:24:08 ID:???
>>26
キタ━━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━━GJGJ〜♪早い!!早いぞ〜!!スッゲー!!!!


シンジニブスWWWWWW


28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:29:28 ID:???
続き
シンジ:「じゃぁ。伝えたらまた電話するね」
レイ:「う・・・・うん」
〜電話が切れる〜
ペンペン:「で、どうだった?」
シンジ:「あ、あのさ・・・綾波だけど・・・アド変えてて・・・」
ペンペン:「それで聞いてくれたか?」
シンジ:「あのさ・・・綾波の奴・・・その・・・やっぱりメール無理って言うか・・・男とメールするのが苦手
何だってさ・・・でもペンペンの事が嫌いとは言ってなかったから・・・」
ペンペン:「でも、お前とはメールしてるじゃん。」
シンジ:「僕は・・・綾波は僕を男としてみてないんじゃないのかな?」
ペンペン:「へ〜」
シンジ:「じゃあそういうことだから・・・」
〜ベランダに出て再びレイに電話をかけるシンジ〜
シンジ:「あの・・・綾波・・・寝てた??」
レイ:「ごめんシャワー浴びてたから・・・・」
シンジ:「一応、伝えといたよ。」
レイ:「そう・・・」
シンジ:「で、綾波は・・・僕の事男と思ってないの??」
レイ:「何が?」
シンジ:「だって。僕とは普通にメールしてるじゃん?」
レイ:「・・・・・」ポッ
シンジ:「あの・・・綾波?」
レイ:「碇君は特別だから・・・また明日ね」プツ・・・ツーツー
シンジ:「ホント綾波って変わってるよな・・・」
その頃居間では
続く


29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:41:57 ID:???
風呂からアスカが出てくる
アスカ:「はぁ〜・・・ミサトは今日も遅いのかしら??」
ペンペン:「アスカ・・・その格好非常に萌え〜なんだけど」
アスカ:「あんたやらし〜いわね。ファーストのことで落ち込んでたんじゃないの?」
ペンペン:「うん・・・」
アスカ:「元気出しなさい!どうせこの世の半分は女よ!生きていればどれだけでも相手は居るわ。贅沢言わなければね。」
ペンペン:「・・・」
アスカ:「仕方ないわね・・・元気出させてあげるわ!」バスタオルをほどくアスカ
アスカ:「ほら!」
ペンペン:「あのなぁ・・・」
アスカ:「残念でした。既に服着てるわよ!この変態!それよりシンジは?」
〜ベランダから入ってくるシンジ〜
アスカ:「シンジ・・・」ひそひそ話しを始める2人
シンジ:「何アスカ?」
アスカ:「で、どうだったのよペンペンのこと優等生はどうって?・・・」
シンジ:「どうとまでは言ってなかったけど、でも、綾波は男とメールするのが苦手って言ってた。」
アスカ:「でも、あんたとは頻繁にメールしてるじゃない??」
シンジ:「なんでわかるの?」
アスカ:「知ってるのよ・・・あんた毎晩遅くまで携帯見てるでしょ?表情見れば相手が誰か
わかるわよ。で、たまに写メ送ってもらったりしてるのも知ってるわ」
ペンペン:「何?シンジ!レイちゃんの画像俺の携帯に送れ!」続く



30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 20:59:26 ID:???
続き
シンジ:「何言ってるんだよ!本人の許可なくそんな事出来ないよ!」
アスカ:「ペンペン相手は女の子なのよ!そういうの失礼よ!」
ペンペン:「何言ってやがる!レイちゃんにばれなけりゃいいんだよ!」
アスカ:「あきれた・・・もうこんなバカほっといて寝ましょシンジ」
シンジ:「うん・・・」
アスカ:「ちょっと!どっち行くのよ!今日はあんたもこっちで寝るの!ほら!
私の部屋にきなさい!終末は一緒に寝る約束でしょ?布団は敷いといたから!」
そしてAM2:30
アスカの部屋に侵入するペンペン、そしてシンジの枕元から携帯を掠めると
画像フォルダーを開き、レイの画像を探した。レイの画像を自分の携帯に転送する
ペンペン
そして翌朝
シンジ:「アスカ、昨日僕の携帯触った?」
アスカ:「えッ?知らないわよ。」
シンジ:「でも、ペンペン宛に送信した履歴が残ってるんだ。」
アスカ:「おかしいわね・・・」続く



31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 21:11:12 ID:???
続き
アスカ:「犯人はたぶんペンペンね!問い詰めてやりましょ」
シンジ:「うん・・・綾波にも悪いしね・・・」
ペンペンはその頃レイの画像を眺めていた
アスカ:「ペンペン!」
ペンペン:「うぁぁ!おまえデリカシーの無い奴だな!部屋に入る時はノックぐらいしろよ!」
アスカ:「デリカシーが無いのはどっちよ!携帯見せてみなさい!」
ペンペン:「嫌だよ・・・」
アスカ:「見せれないの??やましい事があるってことね?」
ペンペン:「ねぇ〜よ別に!」
アスカ:「無いなら見せなさい!」
ペンペン:「嫌だったら!」
アスカ:「絶対何か隠してるでしょ?素直に見せればいいのよ!」
ペンペン:「そう怒るなって、血圧上がるよ、」アスカのお尻を触る
アスカ:「きゃッ!何するのよ!エッチ!触ったわね!料金として見せなさい!安いもんでしょ?」
ペンペン:「嫌だね、まぁ〜エッチしてくれたら考えてもいいけど・・・」
シンジ:「ねぇ〜ペンペン。ほんとうに、疑いたくないんだ・・・信じたいんだ・・・だから見せてくれる?」
ペンペン:「シンジ・・・・すまん!レイちゃんの画像を転送したのは俺だ!」
アスカ:「もうあんたとは口もききたくない・・・行きましょ!シンジ」
続く

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 21:34:18 ID:???
知らない間に四つもキテタ━━━ヽ(゚∀゚*)ノ━━━!!!!GJGJ〜!!!!大興奮!!


さぁ〜て、ペンペンの運命やいかに!!??

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 21:44:16 ID:???
ペンペンはあいかわらずレイの画像を眺めていた
ペンペン:「ち きしょう!あんのクソガキ共!!!俺を馬鹿にしやがって。好きな娘の画像見ることの何がいけねんだよ・・・!!!ぶっ殺してやる・・あいつら!!!」
その頃
アスカ:「あ ちょ シンジ だめぇ こんなとこで・・・・・」
シンジ:「誰も見ちゃいないさ うひひふっひひょほおほほほほ」

続く


34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 22:15:20 ID:???
>>33とは関係が無いそれも一つの展開乙!

続き
シンジ:「アスカ・・・僕達綾波にどんな顔してあえばいいのかな?」
アスカ:「わからない・・・でも、どの道傷つけるでしょうね。」
シンジ:「僕から綾波に言った方がいいのか、言わない方がいいのか・・・」
アスカ:「よし、こうなったらペンペンの携帯からレイの画像を消すのよ!」
シンジ:「goodidea!アスカそれなら綾波にばれることも無いし、なかったことにできるよね」
アスカ:「じゃぁ、作戦開始時刻はAM12:39よ!」
〜その夜〜
アスカ:「ペンペンは寝た?」
シンジ:「寝たみたい・・・」
アスカは部屋の戸をそっと開けるとペンペンは爆睡していた
アスカ:「携帯・・・携帯」
シンジ:「ねぇ、アスカ。」
アスカ:「何よ?」
シンジ:「携帯に画像があったってことは、パソコンに取り込んでる可能性もあるんじゃない?」
アスカ:「あり得るわね。パソコンの中も調べて。見つけ次第削除よ!携帯発見!」
シンジ:「うわ〜結構編集してあるね・・・これはマズイよ・・・」
アスカ:「キャ!」続く

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 22:22:09 ID:???
続き
シンジ:「何?」
アスカ:「あんた、今私のお尻触らなかった??」
シンジ:「いや・・・」
アスカ:「ひょっとして・・・」
ペンペン:「勝手に人の携帯触るなんて、お前らも人のこと言えないな。アスカ、そんなに
ばれるのが怖くて緊張してたら血圧上がるよ!」
アスカ:「何言ってるのよ血圧とお尻は関係ないでしょ?それに私達の場合は
正当な理由よ!」
ペンペン:「なにいってるんだ。せめて画像の中のレイちゃんぐらいは俺の好きにさせろよ!」
アスカ:「あんた・・・サイテー。レイの画像をおかずにしたあげく私のお尻触るなんて!」
ペンペン:「お前があまりにもいい尻してるから悪いんだろ??」
アスカ:「あんたね・・・私のお尻は触っても構わないわでもね。レイに告る勇気が無いからって、
画像の中のレイをおかずにするのわ酷いわ!。それは嫌がるレイを犯したのと同じよ!」
続く

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 22:30:26 ID:???
続き
シンジ:「あのさ・・・ペンペン・・・アスカもちょっと落ち着こうよ・・・」
アスカ:「・・・」
シンジ:「ペンペン。綾波が好きなのはわかったよ・・・でもさ、アスカの言うとおり
こういうのは良くないと思うんだ。本当に綾波が好きなら、こんな事はしちゃいけないと思う。
だから。携帯の画像を消して欲しいんだ・・・」
アスカ:「あんた・・・」
シンジ:「もし、これが綾波にバレたら、綾波を傷つけることになるし・・・そんなのはペンペンも
嫌だろ?だから・・・消してくれないかな?僕も、傷ついた綾波はみたくないし・・・」
ペンペン:「わかったよ・・・・」
アスカ:「シンジ・・・見直したわ。これからは毎日一緒に寝ましょ!」
シンジ:「いや。遠慮しとくよ・・・」
アスカ:「なんでよ〜?」
シンジ:「アスカ寝言うるさいし、歯軋りしてるし、寝像悪いから昨日だって僕の
あそこ蹴飛ばしたんだから・・・・」
アスカ:「努力するわ・・・」
ペンペン:「一応消しました・・・」
アスカ:「よろしい。シンジ。寝ましょ!」完


37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 22:32:47 ID:???
キタキタキタ…キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!GJGJ♪凄いよ〜!!なんで一日でこんなにも思い付くんだぁ〜!!僕もそんな脳が欲しかった…



アスカよ、それは此処ではちょっち禁句よ〜♪

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/22(金) 23:03:06 ID:???
平和なスレだね。ほのぼのしてるよ。良い事だ。

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 00:41:48 ID:???
つかキモイ・・・

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 00:47:53 ID:???
エロがないほのぼのペンレイはかわゆすw

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 01:37:01 ID:???
っていうかペンペンが変態みたいなのはキモイかも

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 01:42:00 ID:???
続劇
〜夏祭りで〜
シンジ:「人多いね・・・」
アスカ:「まっ仕方ないわよ。それより優等生は?遅いわね」
レイ:「ごめん・・・・」
アスカ:「おそい〜!!」
レイ:「ごめんなさい。さっき向こうで変な人に声かけられてしつこかったから」
アスカ:「あんたも散々ね・・・」
ペンペン:「レイちゃ〜ん!!待ってよ!」
レイ:「あの人よ・・・」
アスカ:「ペンペンじゃない!?あんたまだ懲りてなかったの??」
ペンペン:「僕の気持ちはそう簡単に消えないさ・・・」
アスカ:「あんた、レイに会えたんだからもういいでしょ?帰りなさいよ!」
ペンペン:「俺だってたまにはナンパライフを楽しみたいんだ・・・おっ!ヨーヨー釣りやってこうぜ!」
アスカ:「あんたね〜」続く


43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 01:49:51 ID:???
続き
シンジ:「1回50円だってさ・・・」
アスカ:「ようし!シンジあんたが釣りなさいよ!その赤いの取って!」
シンジ:「わかったよ・・・」
カヲル:「釣りはいいね・・・・リリンは本当に面白い文化を生み出してくれるよ。
そう思わないかい?碇シンジ君。そして綾波レイ・・・」
シンジ:「カヲル君!なんで君がここに??」
カヲル:「いいじゃないか・・・たまには僕も遊びたくてね。」
ペンペン:「変な奴。」
カヲル:「君程ではないよ。」
シンジ:「ごめん。アスカ失敗した・・・」
アスカ:「あんたバカ〜?」
ペンペン:「そう怒るなよ!アスカ!血圧上がるぜ!」
アスカ:「キャッ!お尻触らないでよ!変態!」アスカのパンチが炸裂
カヲル:「やれやれ・・・」
続く

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 02:04:38 ID:???
ペンペン:「いいじゃねぇ〜かよ!減るもんじゃないんだし!」
アスカ:「あんたね・・・」ビンタ炸裂
ペンペン:「いてぇ〜な!」
カヲル:「野蛮だね君は・・・」
アスカ:「うるさいわねこのホモ!」
ペンペン:「ほっといて二人で遊ばない?レイちゃん」
レイ:「嫌・・・」
ペンペン:「後で一緒に花火やろうよ」
レイ:「火嫌いだもん・・・」
シンジ:「綾波。一緒に金魚すくいやりにいかない?」
レイ:ポッ「い・・・行くわ・・・」
アスカ:「私も行きたいんだけど・・・」
シンジ:「わかったよ・・・」
カヲル:「僕も仲間に入れてくれないかい?」
〜金魚すくい中〜
ペンペン:「あッ破れた・・・これって何かをした後に似てない?レイちゃん」
レイ:「知らないわ・・・」
アスカ:「あんた女の子に向かってなんて事を・・・」ビンタ炸裂
ペンペン:「あ〜イタイイタイイタイ・・・2度も打った!親父にもぶたれた事無いのに!」
カヲル:「破れたね・・・もう終わりなのかい?」
シンジ:「釣れた!でも1匹だけか・・・」
カヲル:「いいじゃないか、好意に値するよ」
レイ:「破れたわ・・・」
続く


45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 02:27:26 ID:???
キャラが皆全然違うしキモイ

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 09:33:01 ID:???
今初めて酷いクソスレを見た

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 09:35:35 ID:???
起きたらキテタ━━━(゚∀゚)━━━!!乙です!!GJGJ〜♪
荒れ果てたこの板に咲くオアシスだヨ〜。
このままギャグ的エロのまま進んで欲しいな〜。


続きが気になるっ!!


48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 11:45:18 ID:???
「僕ペンペン。今はホイミスライ・・・じゃなくて温泉ペンギンなの!でもいつか人間になるのが夢なんだ!」

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 20:55:58 ID:???
>>44の続きあと、言い忘れてたがカヲルが使途ではないと言う設定
〜遊び終わって〜
ペンペン:「結局これって、わざわざすくわなくても良かったんじゃね??」
アスカ:「あんたバカ〜?!そんなのお情けに決まってるじゃん」
ペンペン:「まぁ・・・いいけど・・・」
カヲル:「これからどうするんだい??」
シンジ:「帰ってアスカと花火かな・・・」
アスカ:「花火か・・・悪く無いわね・・・」
シンジ:「何?綾波?何か言いたそうだけど・・・」
レイ:ポッ「碇・・・君・・・・あの・・・」
シンジ:「何??」
レイ:「私も混ぜてくれない?」ポッ
シンジ:「いいよ!一緒にやろう!」
アスカ:「(チッ・・・とんだ邪魔者だわ・・・こうなったら高火力の
奴二つ持って暴れてやろうかしら?!)」
シンジ:「あの・・・カヲル君は?」
カヲル:「いいよ僕は・・・もう眠いしね・・・」
ペンペン:「レイちゃん・・・僕とせん光花火しない??」
レイ:「・・・」
続く


50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 21:13:54 ID:???
続き
ペンペン:「あの・・・レイちゃん??」
レイ:「私、せん光花火嫌いなの・・・」
シンジ:「えッ?綾波?嫌いなの?じゃぁ激しいの好き?」
レイ:ポッ「・・・・・」
ペンペン:「激しいのっておい・・・」
アスカ:「そっちじゃないでしょ!?」
ペンペン:「あっ!そうか・・・」
〜帰って花火を始める4人〜
ペンペン:「俺、これやろっと・・・」
アスカ:「だめよ!それ私のだから!」
ペンペン:「2本あるからいいじゃんかよ!」
アスカ:「2本とも私のよ!」
ペンペン:「そうカッカするなって血圧上がるよ!」アスカのお尻を触るペンペン
アスカ:「キャぁ!この痴漢!」ビンタ炸裂!
ペンペン:「痛い・・・」
シンジ:「綾波・・・何やりたい?」
レイ:「碇君と同じ奴・・・」ポッ
シンジ:「これ?」
レイ:「ありが・・・とう・・・」
花火に火をつけるシンジとレイ。レイは少し微笑んでいた
ペンペン:「やっと笑ってくれたね・・・レイちゃん。その顔が見たかった」
シンジ:「本当だね。綾波が笑ったところあんまり見た事が無いからさ」
続く


51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 21:21:46 ID:???
続き
ペンペン:「もっと笑ってよレイちゃん!」
レイ:「・・・」
シンジ:「あの・・・僕からもお願い・・・」
レイ:ポッ「・・・・」
アスカ:「シンジ!私はほったらかし??」
シンジ:「いやぁ・・・アスカ・・・じゃぁ、アスカと一緒にやるからペンペンと一緒にやっててくれない?」
レイ:「(私も碇君とやりたい・・・)」ポッ
シンジ:「これって、細いけどどのぐらいの火力なのかな?」
アスカ:「火力なんて興味ないわ・・・綺麗ならいいのよ!綺麗なら」
シンジ:〜火をつけるシンジ〜「うわ・・・・結構激しいねこれ・・・」
アスカ:「みかけのわりにわね。あんたみたいな奴ね・・・」
シンジ:「へっ?」
アスカ:「何でもない」
シンジ:「終わったから違うのっと・・・てうぁぁ!びっくりした綾波居たんだ」
レイ:ポッ
ペンペン:「レイちゃん俺と花火やろうよ〜」
続く

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 21:37:22 ID:???
続き
レイ:「あの・・・碇君・・・あの人さっきからしつこいの・・・」
シンジ:「ゴメンネ・・・綾波・・・」
アスカ:「あんた何もされてないわよね?」
レイ:「えっと・・・・その・・・」
アスカ:「何よ・・・あんた、クールなのかハニカミやなのかどっち?で、何もされてないわよね?」
レイ:「さっき花火やってたら・・・あの人に触られたの・・・」
アスカ:「どこを?」
レイ:「肩・・・」
アスカ:「いいじゃないの・・・肩ぐらい触らせてあげなさい!」
レイ:「いやだもん・・・」
ペンペン:「レイちゃん・・・さっきはごめんよ・・・・急に肩触ったりして・・・」
続く


53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 23:17:16 ID:???
キタキタキタ━━━(゚∀゚)━━━!!乙です!GJGJ〜♪
かなりのハイペース!!大丈夫なのでしょうか、作者さん!無理しないで下さいね。

気長に続き待つよー(*´∀`*)

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 23:36:03 ID:???
続き
レイ:「いい・・・気にして無いわ・・・」
ペンペン:「ホントに〜?!」
アスカ:「はいはい。図に乗るな」
シンジ:「みんな仲良く花火しようよ・・・・きっとそれが一番楽しいからさ」
〜そして花火が終わった〜
ミサト:「はぁ〜夏祭り行きたかったけど・・・書類の山・・・・もう嫌・・・」
ビールを取り出す
シンジ:「ミサトさん・・・今日は綾波がまだ居るんだけど・・・泊めてあげてもらえませんか」
ミサト:「あら、珍しい、レイが来てるの??」
ペンペン:「ハァ〜ハァ〜」
レイ:「お邪魔してます・・・」
アスカ:「私寝るわ・・・疲れちゃった・・・・シンジ。シャワー浴びたら私の
部屋に来なさい。」
ペンペン:「レイちゃんは?」
アスカ:「優等生も、私とシンジと同じ部屋で寝るのよいいわね。」
レイ:「うん・・・・」
シンジ:「あの綾波・・・先入りなよ・・・」
レイ:「ありが・・・とう」ポッ
ペンペン:「はぁ〜はぁ〜」
シンジ:「ペンペン!」
ペンペン:「ギクッ!」「わかったよ。レイちゃんには手出したり覗いたりしないって」
ミサト:「当然よ!」
〜15分後、レイは風呂から出てきた〜
レイ:「あの・・・碇君・・・」ポッ
シンジ:「何?綾波・・・」
レイ:「どの部屋で寝るの・・・?」
シンジ:「アスカの部屋だよ。だからこの部屋。」
そして部屋に入り、三人は楽しく会話し、そして就寝した。もちろんペンペンは今日もレイの
あんなことやこんなことを想像しながら一人寂しく床に付いたのである。

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 23:51:34 ID:???
つまんないから。キモイ。

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/23(土) 23:59:17 ID:???
やったよ━━━(゚∀゚)━━━!!GJGJ〜♪乙ですぅ〜!!でも無理はしやんとって下さい!!


>>55
人それぞれ感性は違うから、つまんないと思うのもそれも仕方無いかも知れません。貴方の意志は分かりました。ので、すみませんがお引き取り下さいm(__)mごめんなさい

57 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 00:23:54 ID:???
>>56
自演?普通にキモイから

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 00:25:35 ID:???
っていうか可愛いペンペンが只の変態じゃんこれ

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 09:05:26 ID:ZtAJEMH6
ペンペン「おい、シンジ。ゴムねえ?
今日綾波来んだよ〜」

60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 10:55:48 ID:???
はいはいわろすわろす
GJGJ♪の人のテンションがマジでキモイ
削除依頼出してくるよ?いいよね?

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 15:05:03 ID:ZtAJEMH6
ペンペン「削除依頼?
それよりゴムを頼む^^
今日明日香が来んだよ〜」

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2006/09/24(日) 22:09:34 ID:???
>>60
同意。マジ削除依頼宜しくお願いしますm(__)m

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)