5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エヴァでシンジ以外甘えん坊だったら

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:27:08 ID:???
ゲンドウ「これにはおまえが乗るのだ。そして"使徒"と戦うのだ」
シンジ「ジョーダンだろ?そんなことできるワケないじゃないか!」

ゲンドウ「そんなこと言わずに頼む!乗ってくれシンジ!何でもするから!」
ミサト「ねぇシンジ君、エヴァに乗ってくれたら私嬉しいんだけどな〜…」
リツコ「お願いシンジ君、みんな貴方が頼りなのよ…ね?」

シンジ「でも…」

ゲン&ミサ&リツ「乗って乗って乗って乗って乗って乗って乗っt(以下エンドレス」

シンジ「…分かりました、乗りますよ…」

ゲ&ミ&リ「わぁい!さっすがシンジ(君)!」

シンジ「…」



こんなスレ

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:28:19 ID:???
2殲滅!楽勝!

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:28:30 ID:???
俺が乗るよ!

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:29:13 ID:XsxeW6XI
ミサト「あ、アスカ昨日手袋あんだんだけどアスカにプレゼントするわ
よかったらはめてくんない?」
アスカ「ん・・ありがとう・・」
ミサト「ああ久しぶりの徹夜はこたえるわ・・ちょっち寝るねおやすみ〜」
アスカ「うん、おやすみなさい」

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:30:38 ID:???
>>4
甘えん坊ってかほのぼのエヴァ

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:34:01 ID:XKVA4nR+
ちょっと待て>>1
シンジ以外の〜って事は、トウジやケンスケ、あまつさえカヲルまで甘えん坊なのか……?ガタガタ((゚Д゚;))ブルブル

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:34:15 ID:RgVF7IUF
>>1
ゲンドウただのウザいオッサンじゃn(ry

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:38:05 ID:???
むしろ甘えん坊シンジきゅんがいいです

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:41:04 ID:???
15年どころか
寂しくて次の日に使徒襲来

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:43:11 ID:???
カヲル「歌はいいねぇ…」
シンジ「え?」
カヲル「歌は心を潤してくれる…リリンの生み出した文化の極みだよ、そう感じないか?碇シンジ君」
シンジ「どうして僕の名を…」

カヲル「歌はいいと感じないのかい?」
シンジ「いや…それより君は誰って」
カヲル「君は歌が嫌いなのか…(泣」
シンジ「いやそういうワケでは…」
カヲル「なら歌が好きなんだね!」
シンジ「あ…あぁ…まぁ…嫌いでは無いね…」

カヲル「ありがとうシンジ君!好意に値するよ」

シンジ「…」


カヲルが元気になるのか

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:46:58 ID:???
うざいなw

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:48:41 ID:???
サキエル「一人が寂しいから来ちゃった…どうしよう…

     あ、ヘリコプターだ!待ってよー」



第壱話

使

、襲来

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:48:55 ID:XKVA4nR+
トウジの、「ワシはお前を殴らなあかん」シーンと、
ケンスケの、シャムシェル戦時のトウジとのやりとりが想像出来なくなった

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/08(月) 23:58:45 ID:???
トウジ「頼む!妹の仇のために一発殴らせてくれ!」
シンジ「そんな・・やだよ」
トウジ「頼むって、ほんま。一生のお願いや・・」
シンジ「ダメだって」
トウジ「な〜頼む〜・・一発だけでええから」
シンジ「じゃあ一発だけだよ」
トウジ「ほんまか!?シンジ大好きやわ」
シンジ「も〜トウジったら甘えん坊なんだから」


あれ?


15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:01:53 ID:???
>>13
トウジ「ワイはおまえを殴らなアカンけれど…怒ったりせぇへんか?」
シンジ「…殴られたら怒るに決まってるだろ」
トウジ「そんなこと言わへんで…軽くなら怒らへんか?」
シンジ「君は何がしたいんだよ?」
トウジ「頼む、一発だけ!一発だけ殴らせてくれ!後で何でもするから!」
シンジ「え、ゴメ…ちょ意味が分からないんだけど…」
トウジ「たのんますたのんますたのんますたのんますたのんますたのんますたのんまs(×∞」


シンジ「…いいよ」

トウジ「サンキューシンジ!」

シンジ「…」



こんなんか?

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:03:43 ID:???
ごめんカブったorz

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:06:51 ID:XKVA4nR+
GJ!!でもこうなるとトウジって、ちょっと可哀相な子になるなWW

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:07:46 ID:???
なんか>>1が頑張っているように見えるんだが>>15

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:15:37 ID:???
ア「ねぇシンジ・・キスしよっか?」

シ「え?」

ア「キスよキス、お願いだからしようよ・・ね?」

シ「そんないきなり・・・」

ア「アタシとじゃイヤなの・・・?」

シ「い、いや全然!むしろ待ってましたよ!」

ア「あっりがとうシンジ!!」


なにこれ

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:16:23 ID:Vv6tqmnT
椎名林檎は綾波に似てる
http://www.youtube.com/watch?v=IiE2mTdJNNk
http://www.youtube.com/watch?v=SzomKteKB6I

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:18:03 ID:???
ミサトの「私にできるのはこれくらいしか…」って誘うシーンがシャレにならん

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:22:05 ID:???
>>19
LASには絶好の広場ってことさ

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:26:57 ID:/d2RakIB
ケンスケ「トウジ……」
トウジ「なんや?」
ケンスケ「内緒で外……でない?」
トウジ「お前はアホかっ!外出たら死ぬやないか!」
ケンスケ「うっ……でもここにいたって分からないし……それにトウジだってあの転校生の戦いを見守る義務があるじゃないか!」
トウジ「……なんやそれ……」
ケンスケ「こないだだってあいつが俺達を守ってくれたのに、あんな風に(>>14>>15)殴って……借りってものがあるんじゃないの?」
トウジ「そっ……それは……」
ケンスケ「ねっ?だから外に行こ?」
トウジ「……しゃあないなぁ〜……お前はほんまに自分の欲望に素直やな……」
ケンスケ「やった〜!さすがトウジっ!」

必死に想像してみたが、なんかイマイチ
甘えん坊ってよく分からない

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:31:53 ID:/d2RakIB
うわっ。ID変わってもうた

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:36:37 ID:???
>>23
GJ!
甘えん坊同士の会話って無理があるなww

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 00:45:10 ID:/d2RakIB
>>25
確かに甘えん坊同士じゃ難しい
お互いに甘えあってるだろうし、さらに男同士だとキモい事に……

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 01:22:34 ID:???
じゃあレイとアスカのエレベーターの修羅場が甘えん坊同士だったら

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 02:40:54 ID:???
>>26
甘える方を決めればなんとかなるかも

ゲンドウと冬月の二人だったらゲンドウが甘えて、ゲンドウとリツコだったらリツコが甘えるとか








いや正直ゲンドウは全員に甘えてほしいが

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 05:10:08 ID:???
 

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 08:34:57 ID:/d2RakIB
>>28
ナイスアイデア

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 12:49:06 ID:???
アスカ「シンジ!ちょっと私の宿題やってくれない?まだ日本語はよくわからないのよ」
シンジ「何で僕がそんなことを…」
アスカ「やってくれたら胸揉んでもいいわよ〜」

















シンジ「かしこまりましたアスカ様、62秒で終わらせます」
アスカ「わぁい!シンジ大好き!」

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 13:31:25 ID:/d2RakIB
>>31
ちょっWWテラワロスWW

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 13:37:13 ID:???
LAS厨の格好の的になりました

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 13:45:56 ID:???
LAS?なにそれ

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 14:36:16 ID:???
LASとか別になんでも良いじゃん。おもしろければ

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 17:30:38 ID:???
なんとここまでら〜ぶりぴっぴ無し

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 18:31:54 ID:???
>>36のニホンゴが理解出来無い


38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 18:45:27 ID:???
このセカイはLASではなく
LARMHTKGFRMHSS
なワケです

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 18:55:51 ID:???
ラブアスカレイミサトヒカリトウジカヲルゲンドウ冬月リツコマヤ日向シゲルシンジ?

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 19:40:53 ID:???
単行本八巻
レイ「もう…一度、触れてもいい?」
シンジ「………いいよ」


アスカ「あー、優等生ったらずーるーいー!私もさわろっと!」
シンジ「え?何でアスカが…」

ミサト「あーら、シンちゃんったらモテモテねー。よぅし私も…」
シンジ「み、ミサトさんまで!?」

ゲンドウ「楽しそうだな、私も混ぜろ」
冬月「ユイ君そっくりだ…ユイ君!(飛びつく」
リツコ「あら、面白そうね」
マコト「シンジ君か…記念に触ろうかな」
マヤ「先輩がやるなら私も!」
左様「左様。」
青葉「ジャーン」
ヒカリ「みんな碇君に触ってるわ…楽しいのかしら?やってみよう…」
トウジ「センセ好きやー!!」
ケンスケ「俺のカメラが火を噴くぜ!待てシンジー!!」
カヲル「シンジきゅん…」


シンジ「うわあぁぁぁぁぁあぁあぁあああ!!!!!」

41 :40:2007/01/09(火) 19:42:13 ID:???
>>38
こういうことか

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 20:45:49 ID:???
ワロスw

43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 20:49:40 ID:???
大変だけど幸せそうだな

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 20:57:48 ID:???
左様いらねぇww

45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 21:33:12 ID:???
>>38は、明らかにカヲルかケンスケを忘れていた事について

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 21:36:08 ID:/d2RakIB
>>40
GJ!!

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 21:39:20 ID:???
ツケが廻ってくるのはまともな人のところに…

このスレはシンジ地獄変ですか?

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 21:50:54 ID:???
キール「いち早く補完計画を遂行しないと私・・・怒っちゃうからね!」

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 22:01:47 ID:???
シンジ「ミサトさん、朝ですよ!いつまで寝てるんですか…もぉ…」
ミサト「うーん…もうちょっちだけ…」
シンジ「駄目ですよー、今日の朝食はミサトさんの番なんですから!」
ミサト「んー…シンジ君が代わりにやって…」
シンジ「って前回も同じ事言われましたよ!もうイヤです!」
ミサト「何なら…一緒にお風呂入ってあげてもいいわよ…ふぁあぁ…」













シンジ「春の海鮮海老丼、ペンギンのローストチキン、あと目覚めのカモミールティーをご用意いたしました、ミサト様」

ミサト「ありがとねー♪」



ーそして彼は来週も同じ行動をすることになる

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 23:07:37 ID:igPmlGAN
ちょwwwwwペンペン(涙wwwww

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 23:10:37 ID:???
あまえんぼうアスカちゃんは凄い

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/09(火) 23:45:29 ID:lV2G9TpK
「使徒、第三東京に接近!」
「全軍総攻撃!出し惜しみするな!徹底的にやれ!」
「はッ!!」
「おおッ使徒が苦しんでいるぞ!」
「……なんだか、うずくまって泣いているみたいですね。」
「よーし、トドメだ。全軍後退、N2機雷投下用意!」
「了解!いよいよ我が軍の切り札を使うのですね!……あ、あれ?」
「ん?なんだ、どうした!」
「なんか、使徒がイヤイヤしているような……まさか、泣いてる……?」
「N2機雷に気付いた?……そ、そんな馬鹿な。」
「あれあれ、帰って行きますよ?我々の勝ち、でしょうか?」
「そ、そうだ!そうに決まっている!全軍、鬨の声を上げよ!えいえいおーっ」
「え、えいえいおーっ」

冬月「神様にでも泣きつきにいったのかな。」
ゲンドウ「わ、我々の出番が……」

以上、使徒が甘えん坊だったら、でした。

53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 00:24:13 ID:JjpS5clp
>>52
GJ!
イヤイヤしてる使徒萌えw

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 00:56:14 ID:6ohJGmKG
>>53 ありがと。調子に乗って次を書く。

シンジ「せっかく来たのになんだよっ!使徒が逃げた?それを黙って見ていたわけ?」
ゲンドウ「そ、そうなんだ。自衛隊の皆さんが一生懸命戦ったお陰で……」
シンジ「説明を受けたよ。エヴァじゃないと本当に退治できないんでしょ?どうなの?」
ゲンドウ「ダメだよ、シンジ君。君が戦うのはやっぱりパパとして見ていられない……」
シンジ「だぁーっ!!なにヌルイこと言ってるの!退治しなきゃサードインパクトが起きるんじゃないの?」
ゲンドウ「……だから、やっぱりパパとしては」
シンジ「いいよ、もう。えーと、さっきのリツコさん?追跡とか出来てるの?」
リツコ「え、あの、もうレーダーには反応も何も無くて」
シンジ「だからぁ……逃げました、これで大丈夫、じゃないでしょ?えーと、冬月さん?」
冬月「は、はい!」
シンジ「よく判らないけど、自衛隊に追跡調査とか、そういうこと要請出来ないの?」
冬月「いや、あの、もう皆さん帰っちゃったので……」
シンジ「帰ったって……ほんとにもう……みんな大人のくせに……」
ゲンドウ「し、シンジ君?とりあえず、これからのことをゆっくり話をしないかい?お茶でも飲みながら」
シンジ「お……お茶ぁ??」
ゲンドウ「ほ、ほら、この子も君と同じエヴァのパイロットなんだよ。可愛い子だろ?一緒に……」
レイ「……よろしく(ポ」
シンジ「(ポとかいってる場合じゃ……もういいッ!マヤさん、エヴァ起動準備!」
マヤ「え?あ、あの、えーと、の、乗るんですか?えーと」
シンジ「オペレーターならしゃんとしろ!とりあえず僕の起動試験からやるから!」
マヤ「ボソボソ……」(み、ミサトさぁ〜ん、シンジ君って怖い……)
ミサト「ボソボソ……」(わ、判ってるわよ……ここに来るまで大変だったんだから……)
シンジ「そこッ!私語は慎めッ!」


55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 04:45:44 ID:???
>>54
GJ!!シンジ以外が甘えん坊になると、シンジはしっかり者になるんだな

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 13:03:36 ID:???
このスレの人はおもしろいなWW

派生?スレか分かんないけどこっちにも来て下さいな
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1167756465/

57 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 13:08:04 ID:???
甘えん坊ってか頼りにならないだけじゃn(ry

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 13:10:15 ID:j0J/fkp7
>>57
そうとも言う



だが、それも良いじゃないか

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 16:52:29 ID:???
『甘えん坊』か……。辞書で調べてみようかな……

そんな俺は国語辞典が友達

60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:22:14 ID:???
シンジが晩御飯にハンバーグを作るとシンクロ率が回復するアスカ

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:24:43 ID:JjpS5clp
冬月「あー、シンジ君ちょっと来たまえ」
シンジ「あ、はい…」
冬月「頼みがあるんだが…最近はどうも腰が痛くてな…揉んでくれないか?」
シンジ「いいですよー」

モミモミモミ…

シンジ「どうですか?」
冬月「あぁ…気持ちいいよ…まるでユイ君に揉まれている気分だ…」
シンジ「あははは…(何言ってるんだろう?)」

10分経過
シンジ「あのー、まだですか?」
冬月「あぁ…もっと続けて…くれ……んぁ……ふぅ…おぉ……んっ………」
シンジ「(うめいてる…どうしたんだろう…?)」

20分経過
シンジ「あの…もうそろそろ」
冬月「ハァ…ハァ…そうだな…ではこの続きは私の部屋で…」
シンジ「(まだ腰が痛いのかな?)分かりましたー」





その夜シンジの身に何があったかは不明である

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:27:01 ID:j0J/fkp7
>>61
ん?面白いけど、誤爆か?

63 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:28:08 ID:7i8s2IuR
>>40
青葉だけGJ

64 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:29:58 ID:j0J/fkp7
>>63
ジャーン

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:40:45 ID:???
>>62
これも一つの「甘え」

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:45:56 ID:???
>>53=>>61だから誤爆じゃないとオモ

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 17:47:06 ID:???
>>65
なるほど。深いな

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 22:04:31 ID:j0J/fkp7
いくつになっても甘えん坊

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 22:21:47 ID:6ohJGmKG
>>57 うーむ、確かに。ちょっと意識して>>54の次。

シンジ「ほら、ここ違うんじゃないの?」
日向「あ、そうか。」
シンジ「あのねぇ、素人と僕に判るようなバグくらい直しておいてよ。」
日向「アハハハ……」
シンジ「それも素人の僕に相談に来るなんて……ああ、どうしたの?綾波。」
レイ「……」
シンジ「ほら、モジモジしてないでさ。怒鳴ったりしないから、こっちにおいで。何?」
レイ「……怖いの。」
シンジ「だからね。約束したよね?僕が試しに零号機に乗った後なら起動試験するって。」
レイ「…………ヒック」
シンジ「な、泣かないでよ。え?何?青葉さん、レイの次に話を聞くから。」
青葉「いや、その……パターンが青っぽいんスけど……」
シンジ「青っぽいじゃないでしょ?とっくに使徒なら目視で確認してるよ。ほっといて良いから。」
青葉「え!?でも、その、使徒なんスよ?」
シンジ「だからぁ、怖くて第四使徒に付いてきて貰ってる第三使徒なんてほっていていいってばッ!」
レイ「…………………………ヒック」
シンジ「ああ、ほら、綾波に怒鳴ったんじゃないから……よし!僕も一緒に零号機に乗ってあげよう!」
リツコ「あ、あの、それじゃ正しいデータが得られない……」
シンジ「もう、こうなったら試験も何もないでしょ?エントリープラグに慣れるところから始めなきゃ。」
レイ「碇君、優しい……」
シンジ「ほらほら、判ってくれたならプラグスーツに着替えておいで。」
レイ(ぱたぱたぱた……)

シンジ「ふう……あれ?マヤさん、どうしたの?タッチタイプの練習、進んでる?」
マヤ「あの……レイが更衣室でプラグスーツに絡まってて……その……」
シンジ「じゃ、助けてあげてよ!何で僕に言うのさ!」
マヤ「いや、それが、その、『シンジ君助けて』って何度も言っているので」
シンジ「お、お、女の子の着替えを僕が手伝える訳が……あ゛〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!!」

70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 22:31:04 ID:???
シンジが来るまでよく大丈夫だったなw
GJ

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:00:46 ID:???
>>69
GJ!シンジの最後の叫びはなんだったんだ……

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:03:27 ID:???
>>69
笑いをありがとう

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:10:58 ID:???
>>71
断末魔

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:17:52 ID:???
>>73
ちゅー事は、使徒にやられたのか

75 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:28:22 ID:???
シンジ「最後の使徒はネルフ一同でした」

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:35:52 ID:???
ネルフの皆がシンジに甘えまくったのかWW

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/10(水) 23:45:04 ID:???
冬月「やはり人間の敵は人間なのか……悲しいなぁ。仲良くしたいのだが……」
ゲンドウ「……そうだな……(´・ω・`)」

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 00:41:25 ID:k7KejN3N
>>69『パターン青っぽいんスけど』にワロタwwww

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 07:25:59 ID:???
ここの青葉はナイスだな

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 08:43:30 ID:???
人類補完計画は、みなが平等に甘えられる為に、ゼーレが提唱した計画である

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 13:21:59 ID:???
>>69
凄いGJ!
涙目のレイに萌えたw
このまま続きが欲しくなってきたよ

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 13:23:06 ID:???
>>80
てことは既に補完計画発動後か

83 :ねかま:2007/01/11(木) 13:30:10 ID:???
>>69
おもすれぇwww
もっと書いてぇ(はぁと




もっと>>69に甘えようぜ

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 13:31:47 ID:???
良スレの余寒

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 13:33:37 ID:???
このスレ皆甘えん坊だな

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 15:50:05 ID:???
良スレだな

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 16:31:25 ID:???
甘えん坊りっちゃん・・・。



イイネ! (+゚-゚)

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 16:46:25 ID:???
登場キャラも甘えん坊なら、スレ住人も甘えん坊!!

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:06:22 ID:???
シンジがレイを下にして倒れた時

レイ「…抱いてくれる?」
シンジ「え…?」

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:27:12 ID:0xfJD0oN
>>69の最後は、えーとシンジが堪えきれなくなって発狂寸前を表現したかったッス。
判りにくくてごめんス。

>>69の次 なんか、甘えが少なくてつまんないかも。

ミサト「初号機……えーと、シンちゃん次なんだっけ?」
シンジ「……リフトオフ。」
ミサト「そう!それそれ!じゃ、シンちゃんいってらっしゃーい♪」
シンジ「……」
リツコ「やれやれ……やっと出撃ね。」
ミサト「でも、第三、第四使徒の二匹相手に大丈夫かなぁ。」
リツコ「あ、あのね。不安なら退却させたら?作戦部長さん。」
青葉「でも、大丈夫みたいっスよ?」
日向「確かに……やっぱり第三使徒、第四に背中押されてイヤイヤ前に出てるし。」
青葉「お?初号機、使徒を掴んで……投げたぁッ!」 ←状況報告
ミサト「いいぞシンちゃん!いけいけシンちゃん!」 ←作戦指示
冬月「勝ったな……さて、マヤくん。お茶を入れてくれんかね。」
マヤ「は〜い。シンジ君が居ないと、ここも静かでいいですね。」
ミサト「お茶菓子、お茶菓子っと……あれ?レイは?」
マヤ「なんか、部屋で十字架握り締めてお祈りしてるみたいです。」
日向「あの子、すっかりシンジ君に甘えちゃってるみたいですね。」
ミサト「そーよぉ、この間は大変だったんだから。ウチまできてシンちゃんとお風呂入るってダダこねて。」
日向「そ、それはうらやま……いや、大変ですね……」


91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:28:08 ID:0xfJD0oN
リツコ「そのレイのあまりの変わり身に、指令すっかりしょげちゃったのよ。」
ミサト「ああ、それでずっと無断欠勤してるわけ?」
リツコ「なんか家出してたみたい。諜報部に中学生とキャンプファイヤーしているところを発見されて。」
ミサト「……なにそれ?」
リツコ「で、シンジ君にお説教されてね。大事をとって四日間の休養中……あら?マヤ、どうしたの?」
マヤ「なんか、エラーっぽいんですけど……なんです?これ?」
リツコ「何かしら……えーと、マニュアルのエラーコードっと……暴走?」
ミサト「ちょっと、どうしたのよいったい。」
リツコ「なんか制御不能になって、エヴァが勝手に動き始める……ですって。」
日向「あれ?なんか、初号機が頭抱えて帰ってきますよ?」
青葉「うわ、形勢逆転。今度は使徒に追いかけられてます。まるでパックマンだな、こりゃ。」
日向「ありゃりゃ、初号機が格納庫の扉叩いてますよ?なんか、開けて開けてって感じで。」
ミサト「どうするのよ?ねぇ、リツコぉ?」
リツコ「どうするったって……そうねぇ、こうなったら……」

初号機をおりて零号機で出直して第三、第四使徒を倒してきたシンジ「ただいま……あれ?みんなは?」
青葉「なんか、レイの部屋に集まってるッス。神頼みしてくるとか……」
シンジ「……せめて、青葉さんもお祈りしてよ。エアギターなんか後にしてさ。」

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:32:34 ID:???
>諜報部に中学生とキャンプファイヤーしているところを発見
ちょwww司令wwww

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:34:04 ID:PcbRh2WX
>>90
続きが楽しみ

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/11(木) 23:34:39 ID:???
なんかシンジ以外ダメ人間じゃないかwwwwwwwwwwwwww

甘えん坊とはちょっとズレてる気もするが…おもろいけどwww

95 :90-91:2007/01/11(木) 23:48:02 ID:0xfJD0oN
どうもっす。うーん、やっぱり甘え度が足りないか。
まあ、仕事が甘い、考えが甘い、っていうことで...

あ、皆さん。違う設定とか、勝手に続きとかどんどんどーぞ。

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 00:00:30 ID:???
「エヴァでシンジ以外役立たずだったら」スレでも立てようか?

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 00:11:44 ID:???
ID:0xfJD0oNとりあえずGJ
甘えの合間には役立たずも入れて尚よし!
どんどん続き読みたくなる

でこれ転載してもいい?w
気に入りすぎて残しておきたいんだが
どうせなら知り合いにも見てもらいたいんだw

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 00:32:18 ID:???
>>96
この設定はあくまでも甘えんぼうって言う前提があって
はじめて成り立つ面白さなんだと俺は思った
普段の性格のまま役立たずでも
面白みがないと言うか…

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 01:23:24 ID:???
そうそう
みんな他人に甘えるだけの役立たずってとこがミソ


こんな頼りになるシンジ初めて見たw

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 01:28:34 ID:npxMIORT
良スレage
かなりいいねb

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 12:15:44 ID:???
「甘えん坊」とは違う気もするが・・・
おもしろいからいいけどねw

甘えん坊→あまったれる子供
あまったれる→ひどく甘える
甘える→可愛がってもらいたくてまとわりついたりする
    相手の好意によりかかって自分本位の振る舞いをする

とりあえずなんかこんなんらしい
そうか、結局シンジは皆のことが好きだということか・・・

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 19:16:24 ID:???
レイ「赤木博士も医療スタッフも駄目なのよ・・・巻いて・・・巻いてよ碇君」
シンジ「・・・スヤスヤ」
レイ「ねぇ起きて・・ねぇ・・・碇君!碇君!」
シンジ「・・・スヤスヤ」
レイ「目を覚まして・・・またいつものように包帯巻いてよ・・・ねぇ!」
シンジ「・・・スヤスヤ」
レイ「(´・ω・`)・・・」









レイ「甘えん坊なのね・・・私って」

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 19:41:09 ID:???
>>102
なにかが違う気がする
甘えと言うよりこれは我侭なだけって感じがするな

104 :90-91:2007/01/12(金) 22:24:03 ID:+FVeAXXu
ただいまー
>>90-91の次っすー

ゲンドウ「あ〜あ、まいっちゃったなぁ……」
冬月「確かに。まさか使徒が道路を掘っているところを警官に注意されて帰るとは、な。」
ゲンドウ「ダメだよシンちゃん……使徒はちゃんと息の根止めてくんなきゃ……」
冬月「直接言ってはどうだ?碇。」
ゲンドウ「ダメダメ。最近、シンちゃん怖いし。」
冬月「だなぁ……最近、声をかけるの大変なんだ。事務用品の申請を出すだけでも一苦労だよ。」
ゲンドウ「だよねぇ。この間もボタンを縫いつけて貰おうとしたら怒鳴られちゃったよ。」
冬月「シンジ君、疲れているのかな?最近……」
ゲンドウ「う〜ん……」
冬月「……」
ゲンドウ「……」
冬月「……つかぬことだが、碇。」
ゲンドウ「え?」
冬月「……言いにくいんだが……その人形なんだけど。」
ゲンドウ「悪いか?え?悪いか!?」
冬月「いや、あの、悪いとは誰も……」
ゲンドウ「悪いか?自分の死んだ女房の1/1フィギアをだっこして何が悪い!?」
冬月「いや、そうじゃないんだ。その……わしにも作ってくれんか?」
ゲンドウ「…………え?」
冬月「……」
ゲンドウ「……」

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 22:34:32 ID:???
>>104
おかえりー待ってた
GJ、応援してるぜ!
しかし冬月、自分で作れよw
おまいが来るだけでwktkが止まらないよ

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 22:34:52 ID:???
そこでシンジに作製依頼ですよ

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 22:45:12 ID:+FVeAXXu
で、次。

アスカ「きゃー、可愛いー♪ねぇーねぇー見て見てシンジぃ、あれ、すっごく可愛いの。」
シンジ「あ、あのねぇアスカ……あれ、使徒だってば……」
アスカ「ほらほら見て見て、お船にスリスリしてるぅ〜人なつっこいのね〜」
シンジ「ちょ、ちょっと艦載機が海にこぼれてるって……あ、空母沈んだ。」
アスカ「ねーねー、甲板に出て呼んでみようよ。エサは何が良いかな?イルカさんかな?」
シンジ「イルカが可哀想じゃないのかよ……よし、弐号機があるんだし、やってみるか。」
アスカ「……ちょ、ちょっと、私のプラグスーツ着てどうするのよ。」
シンジ「いや、使徒だから倒さなきゃ行けないんだよ。ミサトさんに一応報告して……」
アスカ「倒すぅ??じょ、冗談でしょ?ね、シンジ?嘘よね?あんなに可愛いのに……」
シンジ「あのね?使徒を倒さないとね、サードインパクトが……やれやれ、説明するだけ無駄かな?」
アスカ「サードイン……なにそれ?」
シンジ「えーと、ミサトさんは……あ、そうか。船酔いの加持さんの看病させちゃってたんだ。」
アスカ「そうだ!ねぇーそれじゃ使徒、おうちで飼おうよ。それなら良いでしょ?」
シンジ「あんなのNERV本部だって飼えないよ!ほら、離して。ミサトさんは……もう、どうでもいいか。」
アスカ「ね、ね、シンジ?ちゃんと連れて帰ってきてね?乱暴しちゃダメだよ?」
シンジ「あ〜もう、うるさいッ!!日本語をベーシックに!弐号機、起動ッ!!」

結果報告:
弐号機とのシンクロ率は芳しくないものの、画期的なパイロットのストレス値にて使徒を瞬殺

リツコ「ミサト?これは本当に貴重だわ。」
ミサト「まさか、このためにアスカを呼んだんじゃ……」

108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 22:52:22 ID:???
>>107
ストーリーに沿ってやってくれる君が好きだ
使徒が空母にスリスリを思い浮かべて笑ったよ

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 22:55:40 ID:+FVeAXXu
読んでいただいてありがとっス。

えーと、「甘え」については言葉の意味とか色々有ると思うけど、
とりあえずスレタイの意味付けとして、言葉の意味とかそういうんじゃなく、
みんなが持ってる「甘えん坊」のイメージを欲しているんだと思うっス。
まーでも、自分には全員が全員そのイメージ作るの難しいので、
超てきとうにグダグダ書いちゃってるけど、
シンジだけがツッコミ的役割だと厳しいので、
このまんま適当に作ってみるっス。

といって、ネタが無くなって止めたらごめんス。
トリップ付けて自己主張したりしないで適当にやるので、
みんなで適当に続きとか間に入れたりとか転載とか改編とか好きにしてくれっス。

んではー

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 23:06:36 ID:???
>>102燃えた

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/12(金) 23:53:29 ID:n7hffsYn
>>109
毎回乙!
楽しませてもらってるよ
そして次回も期待して待ってる

俺はもうあんたのファンになったんだーーー!!

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 06:26:10 ID:???
ただ喋り方がやたら腹立つな。そんだけ。

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 08:51:12 ID:???
>>112
そんな悲しい事言うなよ
来なくなったらどうするんだよ

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 12:22:28 ID:U1Qr9hqe
>>107の次。むかつき度かなり高めw

タイトル:瞬間、心、重ねて (★印が重なったところ)

アスカ「え?シンジ何なの?共同作戦?」
シンジ「立ち直りが早いね……使徒を倒したとき、あんなに怒ってたのに……」
アスカ「ねーねー何するの?共同作戦ってどうするの?」
シンジ「ちょっと待ってね……君、皆のシフト表は出来てるから。勤務変更は僕に直接提出してね。」
アスカ「ねーシンジぃー早くぅー」
シンジ「判ったよ……あのね、初号機と弐号機の2台で、この海岸に来る使徒を迎え撃つんだ。」
アスカ「海?海に行くの?やったぁ♪さっそく水着買ってこなくっちゃ。」
シンジ「こら!遊びに行くんじゃないんだってば!」
アスカ「でも、3時間ぐらいは泳いだり出来るんでしょ?よーし、プラグスーツん中に水着着ていこーっと。」
シンジ「プラグスーツん中は全裸じゃなきゃダメだってば。」
アスカ「えー、全裸で泳ぐの?いやぁーん、シンジ君のエッチぃ〜」
シンジ「そんなこと言ってる訳じゃ………………あれ?綾波?」
レイ「……もん。」
シンジ「……あの……何かな?」
レイ「……平気だもん。私、碇君とだったら裸でも平気だもん!」
アスカ「な、な、何ですってぇ!ダーメ!私がシンジと一緒に泳ぐの!」
シンジ「ちょ、ちょ、ちょっと待ってよ。お願いだから、話をややこしくしないでよ、綾波。」
レイ「今、碇君いったもん!裸じゃなきゃダメっていったもん!だからアスカは海に行けないんだもん!」
アスカ「わ、わ、私だって、はだ、はだ、はだ、はだ、はだ、」
シンジ「ストーップ!!……それじゃ、任務完了後に海水浴4時間。着替えの時間は別にとるから。」
レイ・アスカ「やったぁー!!」 ←★ここ
シンジ「だから、泳ぐときはちゃんと水着着るんだよ?お弁当は僕が作っていくから、喧嘩はもうしないでね?」
アスカ「わーい、それじゃレイ、さっそく水着買いにいこ?」
レイ「……うん♪」
シンジ「あれ?なんでこうなっちゃったんだろ……」


115 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 12:33:36 ID:???
>>114
乙!そしてGJ!!




最近LARSの傾向になってきているのは気のせいか?
なにげにリナレイだし

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 12:37:20 ID:???
ネルフの皆から甘えられ、学校の皆から甘えられ、シンジは誰に甘えるんだ

そう考えると可哀相になってきた……

117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 13:02:12 ID:???
もんw

118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 13:25:12 ID:???
>>114
乙だもん

>>115
LARSだろうがリナイレイだろうが面白いからいいんだもんww


119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 14:25:00 ID:???
>>116
>>106で作った人形に甘えてる

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 17:43:40 ID:U1Qr9hqe
>>114の次

シンジ「準備完了っと……それじゃ、綾波。僕が合図したらクレーンを下ろしてね。」
レイ「だめ……こんなところに飛び込んだら、碇君死んじゃう……」
シンジ「大丈夫。何度も溶岩に浸けて試してみたから。」
レイ「でも……」
シンジ「もう3回もエヴァ組み直しちゃったよ。まったく……もうゼロからでもエヴァ組めるよ俺。」
レイ「……」
シンジ「大丈夫だってば。さあ、クレーンを下ろして!」
レイ「……うう……ううう……えーい!!」

アスカ「アスカ、いっきまーす」(ばっしゃーん)
ミサト「こらぁ!!温泉に飛び込むんじゃない!!」
マヤ「温泉の近くだなんて、今回はラッキーですね。」
リツコ「ほんと、使徒様々ね。ああ、良いお湯だわ……」

シンジ「はぁ……はぁ……捕獲成功……まだピチピチ動いてるなぁ……ここでバラスか。」
レイ「いや……気持ち悪い……」
シンジ「このまま連れて帰って暴れられたら大変だからね。えーと、プログナイフで……」



121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 17:44:43 ID:U1Qr9hqe
日向「おー、舟盛りきたーっ」
女中「釣ったばかりを活け締めしてるから新鮮で美味しいですよ。」
リツコ「ま、ま、ま、ま、副司令、お一つどーぞ。」
冬月「おお、すまんね。」
ミサト「あれ?なんか二人分多いんだけど?」
ゲンドウ「構わん。ほっとくと鮮度が落ちる。みんなで食べてしまおう。」

シンジ「よし、解体終了っと。綾波?お腹減っただろ?みんなのところに行っておいでよ。」
レイ「……碇君と一緒が良い。」
シンジ「そう……まだまだ時間がかかるよ?えーと、ベークライドで固めて……」

青葉「鍋、旨いっスねー。」
日向「ほんと、鍋がうまけりゃ雑炊も旨い♪」
加持「……な?ミサト、こういう所に来たんだし、しっぽりと……」
ミサト「なーに、おっさんくさいこといってんのよ……こら!酔いに任せてじゃれつくんじゃないっ」

レイ「碇君……ほら、もう一つ食べて?」
シンジ「ありがと、綾波……コンビニおにぎりがこんなに美味しいだなんて思わなかったよ(涙」

結果報告:なんとなくシンジ側の勝ち

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 17:52:19 ID:???
小説化決定www

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 18:02:59 ID:???
このシリーズ小説で出たら
俺確実に買うなw
ストーリーにあわせながら書くのって
意外と難しいみたいだしさ

124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 18:03:12 ID:???
とりあえずLRSということは分かった

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 18:14:59 ID:???
>まさか使徒が道路を掘っているところを警官に注意されて帰るとは、な。

ワロスw何しにきたんだ使徒はw

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 23:13:29 ID:U1Qr9hqe
>>120-121の次。レイ贔屓もなんなのでアスカにしてみた。甘え要素薄いけど。

アスカ「あーシンジぃー、こんな野原でなに寝っころがってんのぉー?」
シンジ「昼寝……見れば判るでしょ……ふわぁああぁぁああああ……」
アスカ「めっずらしー。シンジ、お仕事が好きで好きでしょうがないと思ってた。」
シンジ「たまには、ね……停電で何も出来なくなったお陰で、休暇が取れるなんて思わなかったよ。」
アスカ「ねーシンジぃ……膝枕してあげよっか。」
シンジ「え?アスカの方こそ、どういう風の吹き回しなのさ。」
アスカ「うふふ♪いいじゃん、たまには、ね。」
シンジ「口まねしないでよ……って、アスカが僕の膝を使うのかよ。」
アスカ「こうしてると気持ちいいねぇ……」
シンジ「……」
アスカ(がばっ)「あれ?あの物音は……」
シンジ「ああ、なんか音がするね……」
アスカ「ちょ、ちょっとシンジぃ……あれ、使徒じゃないの?」
シンジ「そうだね……やっぱり使徒だよね……」
アスカ「し、シンジってば、使徒たおすんじゃないの?」
シンジ「まあ……大丈夫だよ。あいつなら……」
アスカ「大丈夫って、使徒をほっておくと第三東京が……あら?……あらら?……あ〜あ……」
シンジ「……どうなったか当てて見ようか。」
アスカ「え?」
シンジ「長い足を動かす順番が判らなくなって倒れて、せっかく運んできた溶解液をこぼして自滅。」
アスカ「み、見てないはずなのに……」
シンジ「そんなの使徒の姿見れば判るよ。ふわぁああぁぁぁぁああぁぁあ……」


127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 23:18:09 ID:???
ちょwwwシンジ成長してるwww
早くも順応してきた?

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 23:38:51 ID:???
なんかスパシンにしか見えなくなってきた

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/13(土) 23:44:50 ID:U1Qr9hqe
>>126の次。うーむ、スレの意味からますます外れてしまいそう。ま、いいか。

マヤ「上空から、えーと、えーと……なんか落ちてきます!」
日向「落下速度は……なんか凄い勢いです。もうすぐここに落ちてきます。」
青葉「パターンは……ちいさいっス。いや……なんか、だんだん大きくなってくるっス!」
冬月「なんかじゃ判らん。それに、パターンじゃなくて大きさだろ?それは……」
ミサト「ど、どうしましょう?その……なんか来るんですけど……」
冬月「あのな……作戦部長さん。せめて対策の一つも自分で考えてくれんと作戦部長の意味が……」
シンジ「いいんですよ、冬月さん。僕抜きで、ここまでみんなが司令塔っぽく動けるようになったんですから。」
冬月「これじゃ、ごっこ遊びだよ。それに使徒かどうかも識別できないようじゃ……」
シンジ「使徒じゃなくても、なんとかしないとまずいでしょ?じゃ、いってきまーす。槍、使いますねー。」
冬月「槍?槍だと?し、シンジ君!ちょっと待ってくれ!」

結果報告:初号機によりロンギヌスの槍を垂直に投擲し、使徒殲滅完了。

ゲンドウ「シンジ君!あの槍はとっても大事な槍なんだよ!」
冬月「下手に投げて回収不可能な所まで飛んでいったら……」
シンジ「だぁから、まっすぐ上に投げたから、ちゃんとまっすぐ下に落ちてきたでしょ?……やれやれ。」


じゃ、みなさんおやすみ〜

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 00:02:07 ID:???
槍使うの早!w

131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 00:50:15 ID:???
何かキャラ違う
ただのスパシン物になってきた

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 09:19:45 ID:???
確かにスパシンだなwまあ良いじゃん。
自然とそうなるだろうし今から路線変更も大変だろう。

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 10:36:30 ID:???
思うんだけどさ、いくら垂直に槍投げても軌道にのって回収不可じゃね?

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 13:36:49 ID:???
大気圏から出ないように力加減する?

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 14:15:58 ID:???
たこ糸つけとけば遠くには行かない

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 15:11:17 ID:0QuWRejO
槍持ってるエヴァを投げつければいい

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 17:24:30 ID:???
ゲンドウ「シンジ、抱っこ!」

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 19:17:29 ID:???
AM6:00 葛木亭にて

ミサトの部屋の襖が開く。そこにはエプロン姿の
シンジがフライパン片手にミサトを起こしに来ていた。
「ミサトさん、今日は早番出勤でしょ?もう朝ご飯用意できてますよ」

しかし、そこにある丸まった布団の塊からは
「うーん…」
と、悩ましげな唸り声しか聞こえて来ない。

「ミサトさん!もう遅れますよ」

と、フライパンをおたまでカンカンと鳴らしながら近付くと
布団の塊からひらひらと手だけ出して
「シンちゃ〜ん、私の代わりにネルフ行ってきてぇ〜」

と…





あれ?普通のミサトじゃんwwwww

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 21:37:32 ID:89vUeX/x
ミサトは元から甘え属性だからねー。
特にマンションじゃ。

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 21:57:00 ID:89vUeX/x
つーわけで>>129の次。超適当でごめーん

シンジ「うーむ、落ちないねぇこれ。普通の洗剤じゃだめみたい。」
リツコ「ん?なんか、赤いのがチラチラしてるけど……まさか……」
シンジ「ATフィールド?……やっぱり使徒かぁ。まいったなぁ……」
ミサト「し、し、し、使徒って、これが使徒ですってぇ!?」
シンジ「はい、落ち着いて。あれ?ハイターなら死ぬみたい。ほら消えた。」
マヤ「うそ……ATフィールドって、ハイターで落とせるの?」
リツコ「まさか……ATフィールドは絶対不可侵の……」
シンジ「ん?裏死海文書を書いた時代にハイターなんて無かったんじゃないかな?」
冬月「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっとシンジ君!なんで君がそんな話の核心を」
リツコ「まぁ……サイズが小さいから効き目があるとか?」
ミサト「とか?なんて言わないでよ博士の分際で。」
リツコ「動揺する作戦部長さんに言われたくないわね。」
シンジ「よーし、とりあえず清掃局に電話ね。NERV本部全館を滅菌消毒してもらうから。」
マヤ「あのぅ……清掃局って、どこに……」
シンジ「そんなの、仕事中にMAGIでエロサイト巡回してる日向さんに調べてもらってよ。」
日向「ば、ばれてた……」
シンジ「いいよ、別に。足跡残さないようにしてくれたら。」
ミサト「やったー!それじゃ清掃局に任せて今日は業務中止ね。シンちゃん、飲み行こ♪ね?」
シンジ「中学生を飲みに誘わないでよっ!!清掃局が来るまで重要箇所だけ僕らでやるよ!」
一同「えーーーーーーっ!!」
シンジ「みんな甘えるんじゃない!まず自分の体からだよ。自分が浸食されてもいいの?」
ゲンドウ「しかし……清掃局に殲滅できる使徒っていったい……」
冬月「なぁ……本当にこいつら、使徒なのかな……」


141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/14(日) 22:30:48 ID:???
サキエル「シンジ、抱っこ!」

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 03:19:57 ID:???
なんだか路線がどんどんずれていってないかい

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 06:25:48 ID:???
おもしろいからそれでおK

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 12:50:37 ID:JL3fTpnu
もうネタズレ気にしないでサクサク行きましょう。>>140の次。

機体交換試験

シンジ「といっても、僕が各機に乗って回るぐらいしか出来ないけどね。みんな、実戦に耐えられないし。」
レイ「私、シンジ君の初号機に乗ってみたい……」
シンジ「ああ、休みの日にでも乗ってみようね……て、みんなのおかげで最近休みが取れないんだけど。」
レイ「……ん?」
シンジ「ああ、なんでもないよ。今度、絶対休んでやる。よし、零号機おっけー……次は弐号機ね。」
アスカ「あーシンちゃんいらっしゃーい。」
シンジ「いらっしゃいじゃないって……なにこれ、なにこのエントリープラグ。ぬいぐるみだらけじゃないか。」
アスカ「ほら、可愛いでしょ?えーと、ブタさんにキリンさんにゾウさんに」
シンジ「こんなに異物いれてるからシンクロ率あがんないんだよ!全部下ろすよ!」
アスカ「えー!!やだやだ!それ全部アスカのだよ?取り上げるなんてひどいぃー」
シンジ「誰も取り上げるなんて言ってないでしょ。更衣室にでも飾ったら?ほら。」
アスカ「ぶぅー……じゃ、さ。シンちゃんのぬいぐるみ作ってくれたら許してあげる。」
シンジ「ゆ、許すって……そんなもん作って何をするのさ。」
アスカ「毎晩抱いて寝るんだもん♪それともシンちゃん本人が添い寝してくれるゥ?」
シンジ(顔真っ赤)「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、何いってんの……さ……え?綾波。」
レイ「………………もん。」
シンジ「ああ、もう良いよ言わなくて……マヤさん!予算切るから、ぬいぐるみ屋さんに僕の写真持って行って!」

そして。

シンジ「何この収益……」
マヤ「シンちゃん人形がバカ売れなんです。私も一体買っちゃった。もう、毎晩抱いて寝てるんですよぉ♪」
シンジ(顔真っ赤っ赤っ赤っ赤)「なんで??単なる男子中学生のぬいぐるみが……」


145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 12:51:34 ID:JL3fTpnu
もう一ネタ

シンジの休日

ミサト「よっ!シンちゃんお見事!」
アスカ「結構いけるじゃん♪ね、ね、ね、ね、もう一曲もう一曲ぅ〜」
レイ「碇君、すてき……」
冬月「バッハか……うーむ、心にしみいるな……」
ゲンドウ「うむ。我が息子ながら天晴れ。」
青葉「なぁシンジ君、次はもっとジャーンって感じの……」
日向「ねぇビールもう一本!それと、つまみとか無いかなぁ。」
マヤ「冷蔵庫見てきますね。あら……シンジくーん、ビール切れちゃったんですけどー」
リツコ「あ、シンジ君買い物行く?ついでに煙草が切れそうだからお願い。あら?灰皿おいてないの?」
加持「灰皿なんて何でもいいよ。ほら、このコップで。」
シンジ「なんで、みんな休日に僕んちに集まるのさ……ちょっとミサトさん!僕の冷蔵庫にビール詰めないで!」

注:シンジはミサトの面倒見るのが嫌になって別マンションに家出中


146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 14:19:10 ID:h7xzMxmr
加持「シンジ君、俺は君と共にある。」

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 16:51:06 ID:???
>>146
ちょwwww

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 16:58:34 ID:???
>>146
アーッ!

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 17:43:34 ID:/83F5Xxd
シンジ「ここが綾波の部屋。…インターホン壊れてるし、鍵は空いてるし…」
一応一声かけてから入る碇シンジ
シンジ「ごめんください、ごめんください碇だけど…綾波入るよ」
殺風景な部屋、まるでどこかの研究室のような部屋。
その中で壊れた眼鏡を見つけ、かけてみるシンジ。
シンジ「綾波のかな。」
背後で物音がした、シンジが振り返ると裸の綾波がいる。
シンジ「あ、いやあの…僕は、別に」
レイ「………眼鏡、返して。」
シンジ「へあ、こここれは単に…」
レイ「…………眼鏡…ヒック」
シンジ「あああの、泣かないで、返す返すから」
眼鏡を返そうとした拍子に、勢い余って綾波ごと倒れこむ碇シンジ。
シンジ「うぁ!あー、うわった…」
レイ「……痛い」
シンジ「あ、あぁ、ああああの!」
レイ「………嫌」
シンジ「ああああの綾波、抱きしめるのやめてくれないとどけられないんだけどその…」
レイ「………離したくない」
シンジ「でもその、綾波その裸だし…だからその」
レイ「………碇君、暖かい」
シンジ「綾波もそのままじゃ風邪ひくだろうし、僕も色々と…」
レイ「………嫌、離さない」
シンジ「だからそそそその、あーーーーー」

なんとなく寝る前に思いついて適当に書いてみた。
できるだけ言葉遣いとかもそのままでと思ったんだけど
正直微妙かもしれない
けど折角書いたので誰か読んであげてほしい

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 19:04:02 ID:???
>>149
君の意志は、確かに受け取ったよ

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:09:20 ID:???
何かこう…お母さんみたいなシンジがみたい

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:33:53 ID:???
ここのシンジは
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/eva/1152012600/
みたいだ

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:36:26 ID:???
もしもシンジ以外みんな甘えん坊で、シンジがお母さんみたいだったら


154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:53:10 ID:???
朝起こすときやたら怒ってるシンジ
トウジやケンスケの部屋を勝手に片付け、エロ本を机の上に置いておくシンジ


155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:53:11 ID:???
面白い………ヾ(o゚ω゚o)ノ

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 21:59:40 ID:???
>>152
そっちはあくまでもシンジが頼れる状態
こっちは周りが甘えん坊でシンジがしっかりしないと
どうしようもなくなってくる状態

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 22:03:48 ID:???
何か必死だなぁ

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 22:15:33 ID:???
お母さんみたいなシンジって・・・

アスカ「シンジィ〜、お腹すいたぁ〜、早く朝ごはぁ〜ん・・・」
ミサト「シンちゃん〜まだぁ〜〜?」
シンジ「はいはい、もうすぐできますからね〜・・・アスカ、お箸で茶碗を叩かない!
     ミサトさんは肘をつかない!」

なんか全く別物にorz

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 22:18:08 ID:???
俺はスパシン風味よりこっちの方がいいなぁ

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 22:30:43 ID:???
>>159
君は僕と同じだね……

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 23:22:13 ID:fjI+IAKT
シンジ「ちょっとミサトさん!ビール飲み過ぎですよ?」
ミサト「……もっとお母さんみたいに言ってくれる?」
シンジ「……」
ミサト「……」
シンジ「だめです!そんなに飲んだら晩ご飯たべられなくなっちゃうわよ!」
ミサト「あ〜ん、ママもう一本だけおねが〜い。」

ネタ古くてすまんorz

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 23:35:37 ID:???
お母さんみたいなシンジ君って
まんまユイさんじゃね?

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/15(月) 23:51:53 ID:???
違う

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 07:28:55 ID:???
>>162
貴方は何も分かって無いわ……

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 12:48:08 ID:???
本編ではうじうじしてたシンジが、母親の様に頼りになる存在になる事こそに意味があるのだ!

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 13:18:11 ID:???
頼りがいのあるシンちゃんなんて!

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 14:07:01 ID:e0HnUSwM
アスカ「あっれぇ〜、ミサトはぁ?」
シンジ「残業。帰り遅くなるって、さっき電話あった」
アスカ「じゃあ今夜は2人っきりってことね☆」
シンジ「・・・・・」
アスカ「いい?これは、決して隔てられる事の無い心の壁!!
    どういうことか、分かるわよね・・・///」
シンジ「はぁ」
アスカ「アっ、アタシが寝る前に寝るんじゃないわよ!!」

アスカ「何で日本人はぬいぐるみなしで寝られるのかしら?
    信じらんない!!」



168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 18:14:52 ID:???
>>167
GJ!!乙です!!

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/16(火) 23:31:26 ID:udPuXAaj
なんという良スレ

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/17(水) 18:55:19 ID:???
age

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/17(水) 23:46:13 ID:jni7Xokl
あげ

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 16:01:02 ID:GaF/Iql6
なぜだ!なぜこのスレが衰退しているんだ!?

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 16:42:34 ID:3lYOgls5
アスカ「シンジぃ〜、スレが衰退してるって!!だぁかぁらぁ今晩一緒に寝よっかぁ?」
シンジ「なっ、何でそうなるんだよ!!」
レイ「そうよ、ここはLASスレなわけではないんだから。碇君は私と一緒に寝るの。」
シンジ「あっ綾波まで!!」
ミサト「レイったら、LRSスレでもないんだからぁ、シンちゃんは私と一緒に寝るのよん♪」
シンジ「ミサトさん、お酒臭いです・・・」
加持「おやおや、シンジ君も大変だなぁ。」
シンジ「加持さぁん!!助けてくださいよぉ!!」
アスカ「加持さぁん!!じゃあアタシ加持さんとぉった!!」
レイ「じゃあ、私も加持さんと寝るわ。」
ミサト「加持くぅん!!8年間の穴を埋めに来てくれたのねぇ!!」
加持「いやはや、女って物は大変だな。シンジ君」
3人「早く行きましょう!!」
加持「じゃあ、シンジ君おやすみぃ。」
みんな誰かと一緒に寝れればいいだけの甘えん坊

シンジ「一人ぼっちでも平気だもん」

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:03:30 ID:???
ゲンドウ「じゃあ私と一緒に寝てもらおうか」
冬月「碇…。それでは私も」
青葉「じゃあ俺も」
日向「じゃあボクも」
トウジ「ほな、ワシも」
ケンスケ「俺も」


シンジ「……………」

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:09:02 ID:???
何か酸っぱい思いをしながらも、ちょっとだけ幸せなシンジ

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:09:08 ID:GaF/Iql6
そうしてシンジは、男ばかりの一夜を明かしましたとさ。ちゃんちゃん

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:10:45 ID:???
>>174
どんだけベッドデカイんだよWW

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:14:09 ID:???
つーか、女性の甘えん坊は想像出来るが、男性の甘えん坊は想像出来ないなぁ
男で甘えん坊が許されるのは、若いうちだけだろう。ゲンドウやらが甘えん坊って……テラワロスWWになる

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:15:36 ID:???
みんなで雑魚寝ですよ

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:17:01 ID:???
女性限定ならただのハーレム物だな…

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:20:10 ID:GaF/Iql6
>>180
そうならない様にゲンドウとかが(ry

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 18:49:12 ID:???
カヲル「あ・・・・あの・・・」
シンジ「?」
カヲル「ええええええ〜と・・・う・・・歌っていいですよね?」
シンジ「は・・・・」
カヲル「・・・・・すいませんでした!僕が第17使徒です!私が悪うございました、どうか殺さないでください」
シンジ「いや君何言って」
カヲル「すいません!僕が悪かったです・・ぐず・・・・ずびばぜん」
シンジ「嫌泣かなくっても」
カヲル「ぼぐ・・・ぼぐずっどおっかねえとこで一人で・・・うっぐ・・・ひっく」
シンジ「あーわかった、わかったから、今誰か連れてくるから」
カヲル「ひいいいいいい、殺すきだ!死にたくないよおおおお」
シンジ「大丈夫だから・・・それに」
ミサト「どうしたのシンちゃん?あら、あなたは・・・」
カヲル「ひいいいいいいいもうばれてるんだ、きっとこのままどこかに連れて行かれて僕は死ぬんだ、助けて、シンジ様」
シンジ「あの・・・ミサトさん、彼・・・」
ミサト「えーと・・・」

183 :182:2007/01/18(木) 18:50:28 ID:???
すいません!僕が悪かったです・・ぐず・・・・ずびばぜん

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 19:25:49 ID:???
それは甘えよ

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 20:01:26 ID:1P7qcLZD
ミサトさんの家で就寝中の真夜中にて
アスカ「ねぇシンジ…」
シンジ「…何だよ」
アスカ「あのね、トイレ行きたいの」
シンジ「行けばいいじゃないか。ふぁ…眠らせてよ」
アスカ「こ、怖いから一緒に着いてきて///」
シンジ「えっ!怖いって…子供じゃあるまいし」
レイ「そうよ、一人で行きなさい」
シンジ「ちょっと待て!なんで綾波がここにいるんだ!?」
冬月「そんなことは些細な問題だ。」
ゲンドウ「その通りだ冬月。ところでシンちゃん…
私も尿意をもよおしているのだが…」
シンジ「(゚д゚)」
アスカ「私が先よ!」
ゲンドウ「いや、どうやら私が先のようだ。既に膀胱がタイムリミットを迎えた」
シンジ「漏らすな!」

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 20:49:10 ID:???
>>185
GJ!!
お漏らしゲンドウww

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 21:56:58 ID:GaF/Iql6
神が降臨していた!GJ!

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 22:14:42 ID:DvZiEDiI
規制が解けてたので>>145の次

ミサト「あら何?あのしましまの玉。あんなのが使徒なの?」
マヤ「あの……今、初号機が地面に飲み込まれたこと、気にしてください……」
ミサト「ふむ。さては落とし穴でも掘っていたのかな?洒落臭い。」
リツコ「作戦部長さん、小学生でも思いつかないわよ?そんな古い手口は。」
日向「でも、どうすんですか?このままではシンジ君が。」
冬月「そうだ。我々がシンジ君を失えば、NERVに未来はない。」
ゲンドウ「あの……一応、総司令の俺がいるから……」
青葉「人類の未来って言ってくださいよ副司令。」
日向「でもさ、人類の滅亡はまぬがれても職の保証はないもんな。」
マヤ「それは困りますね。先輩?とりあえずシンジ君だけでもなんとかしないと。」
リツコ「そうね。NERVが無くなってもシンジ君がいれば何とかなりそうな気もするし。」
ゲンドウ「あのね君たち、NERVは使徒殲滅のために発足された組織であって……」
ミサト「そうはいっても、シンジ君をどうやって掘り起こす?……あ、スコップ持って走り回ってるレイを止めて。」
マヤ「それにしても、あのしまうまの玉はなんなんでしょうか。」
リツコ「とりあえず、見栄えの悪い月が昇ったぐらいに思っておけばいいんじゃない?」
ミサト「もう少し科学者らしいこと言ってよリツコ。」
日向「なら、ミサトさんも作戦部長らしい……いや、なんでもないです。」


189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 22:19:47 ID:GaF/Iql6
>>188
GJ!!ところで規制って?

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 22:48:56 ID:DvZiEDiI
>>188の次 eonetが書き込み規制されてたー

シンジ(使徒に取り込まれて10時間、僕の命もあとわずか。みんなが助けて……くれないだろうな。)
シンジ(ん……誰?……あれは……NERVの皆?)

ミサト『シンちゃーん、運転かわってくんない?免許なら私がもってるから。』
シンジ(あの……!免許がないのに運転の仕方知ってるわけ無いでしょ!)
リツコ『それじゃ碇君。起動試験やっておいてね。報告書も書いておいてね。初号機の改良案も……』
シンジ(ちょっ!それじゃリツコさんは何するんですか!?)
マヤ『碇くーん、MAGIってフロッピーいれるとこ無いのかしら?』
シンジ(あのぉ……今時、フロッピーなんかどこで買ったんですか?)
日向『碇君、朝来たらMAGI立ち上げておいてって言ったでしょ?立ち上げ方知ってるのシンジ君だけなんだし。』
シンジ(僕がNERVに来るまで何やってたんですか……)
青葉『シンジ君、新しいコードパターン思いついちゃって……』
シンジ(まあ、青葉さんはどうでもいいか。)
アスカ『日本に何しに来たのかって?あんたバカぁ?遊びに来たにきまってんじゃーん。』
シンジ(……あのねアスカ。使徒って言うのが居てね。サードインパクトが)
レイ『碇君……牛丼大盛り肉抜きで……』
シンジ(何故だ!?何しに吉野屋に来るつもりだったのだ?ご飯か?ご飯が食べたいのか?)
一同『シンジ君シンジ君シンジ君シンジ君シンジ君シンジ君シンジ君シンジ君……』
シンジ(ああああああ……何故だ……何故僕ばっかりなんだ……何故だ……)
シンジ(もう嫌だ。もう頼られるのは嫌だ。誰か僕に甘えさせてよ!誰か僕を助けてよ!)
シンジ(あ……あれは……母さん?そうだ!母さんならきっと僕を……)

ユイ『シンジ?洗濯物を取り込んでおいてね。それからご飯を3合洗っておいて、あと買い物を……』

シンジ「  うわあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ    」

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 22:51:34 ID:???
>>190
ちょっWWシンジカワイソスWW

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 22:57:42 ID:???
活性化してきたなぁ。嬉しいぜ!神達、乙!!

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:02:40 ID:1P7qcLZD
ゲンドウネタの口直しにどうぞ
「とある日の放課後」

レイ「碇君」
シンジ「なんだい?綾波」
レイ「疲れたからおんぶ」
シンジ「はいはい。しょうがないなぁ。綾波は」
アスカ「ちょっとシンジ!優等生ばっかり甘やかしてズルイわよ!」
シンジ「そんなつもりはないんだけど…」
レイ「碇君の背中暖かい…///」
スリスリ
アスカ「!? シ〜ンジ?後で楽しみにしときなさいよ?」
シンジ「笑顔で言うなよ。怖いだろ」
………
レイを送り終わった帰り道
シンジ「疲れた〜ってアスカ…?」
アスカ「…ん」
シンジ「手繋ぎたいの?」
アスカ「……うん」
シンジ「これでいい?」
アスカ「……もっとギュッとして」
ギュッ
アスカ「エヘヘ///」

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:06:32 ID:???
だんだんと
LARSに
なってきた

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:06:56 ID:DvZiEDiI
>>190の次 「病」ネタはここまでー

ミサト「ん?なんか誰か叫ばなかった?」
日向「気のせいですよ。ミサトさんパスですか?」
ミサト「ん〜パス3!あとが無くなったわねぇ……止めてる人、誰?」
日向「言えるわけ無いでしょ……あれ?しましまの玉、割れちゃった?」
青葉「おーっ初号機が出てきた!さっすがシンジ君!」
マヤ「うわぁ……なんかブチ切れてますよ?初号機……あら?倒れた。」
リツコ「なんか、やり場のない怒りを発散させて放心状態に落ちたって感じね。」
ミサト「たまには科学者らしいこというじゃなーい♪」
リツコ「ごまかしてもダメ。またミサトよ。ほら、もうお仕舞い?」
ミサト「うっさいわねぇ……ほらほら、みんな仕事よ。初号機出てきたんだし。」
日向「あ……レイちゃんが走っていきますよ?ほら、必死で初号機を揺さぶってます。」
マヤ「けなげですねぇ……なんか親犬に甘える子犬みたいで。」
青葉「そんなことよりミサトさん、降参ですか?」
ミサト「降参とかそういうことじゃなくてシンジ君が」
リツコ「こういう時だけ仕事しようたってダメよ?ミサト。」
日向「んー、初号機ぴくりとも動かないですねぇ。あ、レイちゃんが濡れタオルを初号機に乗せてます。」
青葉「ほらほら初号機の看病はレイに任せてさ。さーどうするんですミサトさん?ばらまきっスか?」
冬月「あのな君たち……今時7ならべはしないぞ普通……」


196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:10:09 ID:???
アスカ「ねぇ、シンジ?もう寝た?」
シンジ「ん?まだだけど、どうかした?」
アスカ「ううん、何でもない!おやすみぃ」
シンジ「おやすみ」
         ・・・・・
アスカ「ねぇ、シンジぃ。もう寝た?」
シンジ「・・・・zZZ」
アスカ「ちょっと、起きなさいよ!!」
シンジ「ぅえ?何??」
アスカ「よし、おやすみぃ」
シンジ「何でわざわざ起すんだよ」
アスカ「アタシより先に寝ちゃダメでしょ!
    もちろん起きるのはアタシより遅かったら許さないわよ。」
シンジ「朝はいつも僕のほうが早いだろぉ〜。
    アスカも、早く寝てよ。僕眠いよ・・・」
アスカ「そうやって、アタシの事先に寝かせて・・・
    寝てるあたしに何するつもりなのよ、エッチぃ!!」
シンジ(なんなんだよぉ)

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:11:43 ID:???
>>195
レイが初号機にどうやってタオルを……?
零号機に乗ってしたの?

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:14:41 ID:???
職人乙!

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:16:15 ID:???
GGGGGGGGGGGGJJJJJJJJJJJJJJ

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:23:09 ID:???
パターン青!!シトです!!
『第拾九シト アマエル』

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:30:33 ID:???
>>200
だれがそんな上手い事言えとWW

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/18(木) 23:47:30 ID:DvZiEDiI
>>195の次 あいかわらずネタズレスマソ

トウジ「おっす!シンジくん、ひさしぶりやなぁ♪」
シンジ「何?この関西人。追い出してよ。」
ミサト「あ、あのね?シンジくん。あなたのクラスメートの……」
トウジ「冷たいなぁ、あんさんが学校に来たとき、おうたやないですかぁ」
シンジ「あー思い出した。ずっと学校に行ってないから忘れてたよ。妹さんの容態はどう?」
トウジ「すまんなぁ、あんときは。妹のことで泣きついてしまってなぁ。」
シンジ「僕も悪かったと思ってるよ。知らなかったとはいえ、妹さんエヴァでふんじゃってさ。」
トウジ「ま、ええがな。こっちは入院費工面してもろうたし。」
シンジ「払ってるのはNERVだからね……で、何?」
リツコ「あの……かくかくしかじか……」
シンジ「フォースチルドレン?アメリカから参号機?捨ててきてよ、どっちも。」
ミサト「ちょ……シンちゃん、そんな……」
シンジ「今、零号機も弐号機も持てあましてるんだし、だれが面倒見るのさ?リツコさん?ミサトさん?」
ミサト「いや……それはね……アハハ?」
トウジ「ちょ、ちょ、ちょっと、あんさん待ってや。わいは拾うてきた猫や犬か?」
シンジ「大して変わらないよ……頼む。」
黒服「はッ!!」
トウジ「ちょ、ちょ、ちょ、ちょ、あんさん!わいはあんさんの手足となって戦いたいんや……ちょ……」
シンジ「手や足がこれ以上増えたって、動かすの面倒だってば……」
ミサト「シンちゃん……この黒服、いつから雇ってるの……?」

後日

リツコ「あの、シンジくん……参号機が使徒化してアメリカで暴れてるんだけど……」
シンジ「日本に泳いで来てから報告してくれる?忙しいから。えーと、みんなの源泉徴収を……」


203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 07:26:55 ID:???
トウジ...w

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 08:27:08 ID:???
シンジって、男にはひどいんだな……

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 16:03:19 ID:???
踏まれて死なないトウ妹すげぇwwww

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 21:38:09 ID:zE7eculD
何げに最強な妹乙

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 21:54:04 ID:???
つまんない…

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:06:31 ID:???
>>207
バイバイ

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:08:39 ID:???
ここはスパシンスレだからさ

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:13:43 ID:???
スパシンだとシンジって性格悪くなるのは何でだぜ?

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:18:50 ID:2SE1pPGt
>>202の次

ミサト「あれー?なんか初号機が発進してるんだけど?」
リツコ「だから作戦部長さん……あんたが知らないでどうするのよ。」
青葉「どうも、使徒が来たっぽいスよ?」
マヤ「それにしても、シンジ君はりきってますねぇ。」
日向「なんかさぁ……神の力を得て、みんなをしっかりさせるんだって……シンジ君いっちゃった?」
青葉「うわ……それ、やばくね?」
ゲンドウ「私の計画が……補完計画が……」
青葉「でも、なんかヤバイっスよ?今回の使徒。すんげー強そう。」
マヤ「うわ、外部隔壁を一撃で突破?すっごーい♪」
冬月「よ、喜んでいる場合か。このままでは我々がやられてしまうぞ!」
日向「げげ、この前に警官に怒られて帰っちゃった第6使徒来襲!意気揚々と地面掘ってます!」
ミサト「混乱に乗じて自分の仕事をしに来た訳?火事場泥棒みたいな奴ね。」
日向「もう隔壁破られてるのに、今更あんな上から掘ってどうするんだか。」
青葉「戦自から入電!使徒化した参号機が太平洋を平泳ぎで横断し、まもなく東京湾に上陸するもよう!」
ゲンドウ「よ、よーし!零号機と弐号機発進準備だ!レイとアスカに準備をさせて……」
ミサト「一度に三体かぁ……でも、なんとかなるんじゃない?シンジ君なら。」
青葉「そうっすね。槍背負っていったし、なんとかなるんじゃない?」
ゲンドウ「あの……発進準備……」
リツコ「さあ、今のうちに定例会の議題のまとめ、今のうちにやってしまいましょうよ。」
ミサト「そうねぇ……シンジ君が帰ってきたとき、出来てなかったら怒られちゃうわね。」
ゲンドウ「発進準備……しようかなぁと……思うんだけど……」
日向「まあまあ、そんなに慌てなくてもいいでしょ。ちょっとコーヒー飲みたいなぁって……」
マヤ「あ、この間のクッキー残ってたかなぁ?」
ゲンドウ「あの……」


212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:22:01 ID:2SE1pPGt
ミサト「えーと、それじゃ結果報告。なになに……
    第10使徒ゼルエルがセントラルドグマまで侵入したところを、
    偶然に掘り進めていた第5使徒ラミエルのドリルが直撃……
    そこに第13使徒バルディエルが慌てて駆けつけドリルを抜こうとしているところを、
    槍を構えた初号機が急降下……三体まとめて……」
冬月「なんのコントだ?それは。」
ゲンドウ「そ、そんな馬鹿げた報告書、ゼーレに提出できん……予算がまた削られてしまう……」


213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:30:50 ID:???
ただの役立たずじゃねえか

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 22:31:28 ID:2SE1pPGt
シンジ(ここはどこだ……あ……NERVのみんな……またかよ……)

ミサト『私と一つになりたいの?いいのよ、私はいつだって……』
アスカ『ほら、バカシンジ……私とひとつになりたいの?』
レイ『碇君……私とひとつになりたいの?それはとてもとても……』
マヤ『え?……わたしと一つになりたいんですか?』
リツコ『あらシンジ君……まあ、私と一つになりたいの?』
日向『シンジ君!僕と一つになりたいんだって!』
青葉『OK、シンジ君!俺と一つになりたいっスね?』
冬月『おお、そうか。私と一つになりたいんだな?』
ゲンドウ『そうか、パパと一つになってくれるのか。私はこの日を待って……』

シンジ「    アッーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!    」


シンジ「あ……夢……?」
レイ「どうしたの……ずいぶんうなされて……」
シンジ「あのね、綾波。僕の寝床に潜り込まないでってあれほど……あー、扉の鍵まで壊して……」


どうでもいいネタスマソ

215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/19(金) 23:46:48 ID:???
>>202
>>211
ってID変わってるけど=でおk?

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 00:08:12 ID:MpmLfD1V
>>215
日が変わるとID変わっちゃう。=でおk。

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 00:10:22 ID:???
しんじぃーーーーっ!しゅきしゅきーーーーー!
のスレかと思ったのに

218 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 01:14:36 ID:???
でも、シンジは甘えられると

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 07:07:09 ID:???
甘えん坊の定義が……定義が……

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 09:11:12 ID:???
>>214
可愛いw

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 11:00:11 ID:???
良いスレ

222 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 20:19:32 ID:???
そうでもない

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 22:38:09 ID:???
いや良スレ

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 22:52:29 ID:qjWbezaj
かなりの良スレage

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 23:19:51 ID:MpmLfD1V
>>214の次

使徒アラエル「( ゚Д゚)ジー」
シンジ「うう……うう……ううう……」

***「だらしねーの。こんなことも出来ないのかよー。」
***「きっと、パパやママにいつもやって貰ってんじゃね?」
***「アハハッ!!やーい、甘ったれー」
シンジ(畜生……畜生……畜生ッ!!……今に見てろ!
     誰よりも何でも出来るようになって強くなって立派になって、
     絶対にお前らを甘ったれって笑ってやる……畜生ッ……畜生ッ!!)

使徒アラエル「つДT)……」

マヤ「あれー?使徒消えちゃった?」
ミサト「さっすがシンちゃん♪あんな高い所にいる使徒、よく倒せたわねぇー」
日向「でも、なーんにもしてないですよ?初号機。」
青葉「ん?ああ、俺見てなかったからわかんね。」
リツコ「うーん、槍投げてくるって言ってたのに持ったまんまだし……」
冬月「まあ、投げ槍にならずにすんだということで」
ミサト「……なんか、親父ギャグにもなんてないんですけど。」
ゲンドウ「こ、ここで投げてくれんと、私の計画が……」

226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 23:40:09 ID:MpmLfD1V
シンジ(誰も彼もみんな俺に甘えてくる……でも、なんかおかしい。何か変だな……)
シンジ(当たり前だよ。君がそう望んだことだよ。)
シンジ(え……誰だ?君は誰だ?)
シンジ(君がそう望んだことだ。今の世界こそ君の望んだ世界じゃないか。)
シンジ(さては、使徒だな?僕の心に入り込むな!僕が望んだって、一体何を……)
シンジ(さーて、続きを聞きたいかい?なら、お邪魔してもいいかな。そして続きを……)

シンジ「( ×Д×)げろげろげろげろ……」
アスカ「やーん、こんなところで吐かないでよぉ気持ち悪ーいぃ」
ミサト「なにこれ?なにこの回虫みたいなの?」
シンジ「ううう、やばかったぁ……これ、使徒みたい。早く焼却しないと……」
青葉「ちょっとぉ、どこでこんな変な病気貰ってきたんスか?」
日向「そうですよ。我々にはシンジ君だけが頼りなんですから。」
シンジ「あ、あのねぇみんな!これ使徒だってば!センサーぐらいちゃんと見てよ!ほら、パターン青って!」
リツコ「はいはい、まったく……どこの風俗でこんなの貰ってきたのかしら。」
アスカ「風俗ぅ?まだ14歳のくせにぃ?」
シンジ「いったい何の話を……もういいよ。ああ、綾波。酔い止めとか全然意味ないから……」

ネタ超適当でごめーん

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 23:41:07 ID:???
何でネタ投下のたびageるの?

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/20(土) 23:44:32 ID:???
俺はIDの問題だと思う

229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 00:11:03 ID:???
トリ付けりゃいいじゃねえか

230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 12:51:46 ID:???
>>229
トリップの存在を知らないんじゃない?さすがにそんなことないか・・・
なんか最初から「甘えん坊」ってのからずれている気がするなぁ
ageると人の目につきやすくなるから、スレタイからあまりにもかけ離れてしまって
既に別のスレとして再利用されているならともかく
「この作者は『甘える』ということが根本から理解していないんじゃないか?」
と、印象を持たれてしまっても仕方がないようにも思えるこの状況では
そろそろ叩きやら煽りが湧いてきそうだ・・・・・・
「甘えん坊」ってのは>>101で合っていると思うけど、私の持っているいる辞典では
1『[上位の人に]人懐っこく馴れ馴れしくする。また、なれて我侭に振舞う』
2『[人の好意・親切心などを]都合のよいこととしてそれによりかかる』
となっていた。つまり>>103>>102に対し「我侭なだけって感じがする」
との意見を述べたが、それは「甘えん坊」からずれているわけではなく
むしろ>>102のレイは「甘えん坊」と表現しても問題ないと思うのだが・・・どうだろう?

シンジ「今日の晩御飯ってアスカの当番だよね?」
アスカ「あー、あのさぁ、今日代わってくんない?」
シンジ「前もそう言って・・・」
アスカ「いいじゃ〜ん。今度変わってあげるからさ〜。ね?」
シンジ「しかたないなぁ・・・」
アスカ「サンキュー。流石シンジ様!大好きよ〜」
シンジ「や、やめてよそんなふうに言うの・・・まったくアスカは・・・」
ミサト「アスカ、シンちゃんに甘えすぎなんじゃない?」
アスカ「アンタもでしょ、ミサト?」
ミサト「ぐッ・・・言うわね・・・」
シンジ(そう言えば最近二人が家事してるとこ見てない・・・)

「甘える」ってこんなのかな・・・?

231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 13:37:11 ID:dgz1r88Q
>>230
乙。GJ!!

232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 14:17:45 ID:???
>>230
『「甘える」ってこんなのかな・・・?』
まで読んだ

233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 15:45:47 ID:???
>>232
全部読んだんじゃねーかw
・・・お前みたいな奴、嫌いじゃないぜ・・・

234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 18:34:00 ID:???
ぐっどじょぶ

235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 19:29:10 ID:???
つか、スパシンスレだよな

236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 20:34:31 ID:???
>>235
スパシンと思われる原因は>>52

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/21(日) 22:59:08 ID:???
ヨシわかった!
これが俺の甘えん坊エヴァだ!とSS投稿するスレにすればいいんだ

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 07:25:13 ID:???
>>237
良いね

239 :230:2007/01/22(月) 08:31:18 ID:???
・・・ん?もしかして俺のせいで流れ変わった?

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 11:59:07 ID:???
>>239
お前が長文書くからだよw
でもそうゆう奴・・・・





嫌いじゃないぜ・・・w

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 12:51:29 ID:???
>>240
俺もお前みたいな奴、嫌いじゃないぜ・・・w

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 19:45:25 ID:???
期待

243 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 20:32:20 ID:???
良スレ

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:31:57 ID:UYFHz1Kn
>>226の次。それじゃ私の方は、とっとと幕引きー

カヲル「やあ君がシンジ君だね。ずいぶん疲れた顔をしているね。」
シンジ「え?君は誰?」
カヲル「すこし休んではどうだい?お茶でもいれようか。それともコーヒーがいいかな。」
シンジ「あ……あの……僕にはそんな暇は……」
カヲル「お腹はすいてないかい。お菓子はどうかな。あめ玉をあげよう。」
シンジ「あ……ああ……ああああ……」
カヲル「肩をもんであげよう。少し横になると良いよ。毛布を掛けてあげよう。」
シンジ「ああああああああああああああああああああああああああ……」

日向「大変です!誰かがシンジ君を甘やかしています!」
ミサト「なんですってぇ!?そんなことをしたら、私たちが甘やかして貰えなくなるじゃないのッ!!」
リツコ「どうどうと大声で言うことじゃ……でも、まずいわね。これじゃ。」
青葉「どうします?なんとかして追い出さないと。」
冬月「うむ。我々が甘い汁を吸えなくなってしまう。」
ミサト「じゃ、どうするのよ。誰が追い出すの?あんた?それとも、あんた?」
日向「う……」
マヤ「えーと……えーと……
リツコ「うーん、まいったわね……頼りのシンジ君自身があんな状態だし。」
マヤ「えーと……えーと…………シンジ君っパターン青ですっその人、使徒ですぅっ!!」

シンジ「え………………?」(ゴキッ)
カヲル「うーん……上手くいくと思ったんだけど……残念。」(ばたっ)
ミサト「やったぁ!マヤGJ♪」

245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:33:18 ID:UYFHz1Kn
冬月「これで、使徒を全員倒せた訳ですな。」
キール「うむ。これで我々の念願が成就する。」
ゲンドウ「……そうだ。シンジが神の力を手にすれば、もっともっともっともっとシンジに甘えることが出来る。」
キール「シンジがより万能になれば、我々全ての人類はとどこおりなくシンジに甘え……」
冬月「それはいいのだが……それはどうやって?」
キール「む……それはシンジにそう言えば……」
冬月「いや、シンジ君は我々をもっとしっかり者にするとか言っていたのだが……」
キール「そ、それはまずい。我々はこれからも働き続けなければならなくなるではないか。碇ゲンドウ!」
ゲンドウ「し、しかし、シンジに使徒を倒させてしまった今、この世界がシンジの思うさまになって……」
キール「あああああっなんてことだ!どうしてこんなことになってしまったんだぁ!!」
冬月「いや、あんたが人任せにしてたからでしょ。」


シンジ(ああ、どうして殺してしまったんだ。)
シンジ(でも、彼は使徒だったんだ。仕方なかったんだ。神の力を得て皆をしっかり者にするために。)
シンジ(でも、彼だけだった。唯一、僕に優しくしてくれた唯一の人物を……)
シンジ(彼を殺してはいけなかったんだ……でも……)
シンジ(いや……もう一人いた。そうだ……僕に甘えているようで、実は僕に優しくしようとしてくれていた、もう一人……)


246 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:34:04 ID:UYFHz1Kn
レイ(気付いてくれていたのね……私、うれしい……)
シンジ(綾波……)
レイ(不器用で、結局は碇君に甘えているようにしかならなかったけれど……)
シンジ(……)
レイ(でも、そうしてしまったのは碇君なの。世界をそうしてしまったのは碇君……)
シンジ(え?)
レイ(あなたは一度、生命の樹を手にしていたの。使徒との戦いはこれが二度目だったのよ。)
シンジ(嘘……僕は何も覚えていない……)
レイ(あなたは昔、大変な甘えん坊だった。それで皆からバカにされていた。)
シンジ(……)
レイ(それで、誰よりも利口で強くてしっかり者になりたいと思っていた。そんなあなたが生命の樹を手にして……)
シンジ(……そうだったのか。)


レイ(確かに無力では生きていけない……でも、それ以上に孤独では生きて行けない……)
シンジ(……)
レイ(全能のあなたでは誰もあなたを愛せない……あなたが愛を感じられなくなるから……)
シンジ(これからどうなるの?君は……ずっと側に居てくれるの?)
レイ(また世界が変わる……再び、樹の力を手にしたあなたの心が変える……)
シンジ(それじゃ、僕の側に居てくれるの?僕が望めばそうなるの?)
レイ(私はあなたとは異質の存在……そして私の役目は終わる……)
シンジ(役目?ねえ、どこに行くの?行かないで!)
レイ(世界が慈しむ心に満たされ……それが、あなたにとって幸いなる光となりますように……)


247 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:34:53 ID:UYFHz1Kn
シンジ「あ……ここは……廃墟……?」
シンジ「なんとなく判る……全てが死滅してしまった世界……そうだ、そうに違いない……」
シンジ「でも何故……こんな世界を僕が望んだと……(ガシッ)いてて!」
アスカ「こら!なにボーッとしてんのよ!」
シンジ「え?え?なんで君がここに」
アスカ「なんでとか言ってないで、食料の一つも探しなさいよ!二人して飢え死にしてもいいの?」
シンジ「……あ、あの……一体何が何だか。」
アスカ「だーから、考えるのを止めなさいっ!!ほらほら、あの辺がコンビニだったから。」
シンジ「ひ、人使いが荒いなぁ……なんだよ……」

アスカ「見つけたぁ?」
シンジ「……うん。待ってよ、お湯を沸かしてるから。」
アスカ「カップラーメン?あんた、私を高血圧で殺す気?」
シンジ「しょうがないだろ?生ものなんて食べれる状態じゃないんだし。」
アスカ「もう……明日はアスパラの缶詰ぐらい掘り当ててよね?」(ずるずるずる……)
シンジ「まったくもう……お湯沸かすのだけでも大変だったのに……」
アスカ「あー食べた食べた。それじゃ、寝るわよ。」
シンジ「はいはい……あれ?こんな毛布、どこで見つけたのさ?」
アスカ「あんたがカップ麺掘ってる間によ。分業したほうが早いでしょ?」
シンジ「それならそういってくれりゃ……もふっ!!」
アスカ「ほら、こっちに寄りなさい……こら、体を離さないで。寒いんだから。」
シンジ(顔真っ赤)「え、あ、あ、あの……」
アスカ「お休みなさい……明日は早いわよ?あれを探して、これを探して……」
シンジ「…………うん。」

END

248 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:36:34 ID:UYFHz1Kn
スパシン物になっちゃってすんませんでしたー
ちょっと適当になっちゃったかもしれないけど、とりあえず終わらせたので、
スレの後半は皆さんでよろしくー

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/22(月) 22:44:02 ID:???
>>248
乙!
GJって言いたいところだけど
ASENDなのねorz

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 00:47:50 ID:???
>>248
スパシンでも面白かったから良かったよ
ありがとう

251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 07:27:07 ID:???
ガーン!!終わっちまったよ……orz

252 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:20:51 ID:???
シンジ「シェルターか・・・」

人類に迫る来る危機を知らない少年が、ここ、第三新東京市を訪れていた
『碇シンジ』、それが彼の名である
シンジは父の手紙と一緒に送られてきた女性の写真を手にとり、見つめてみる
どうやら彼女がシンジを迎えに来る予定であったらしい

シンジ「まさかいまさら戦争じゃないよな・・・
    しょーがないな、あと二駅歩くしかないか」

その時突然、爆発の轟音と共に空気が震えた
そのあまりの音の大きさに、シンジは思わず耳を塞ぐ

シンジ「ミサイル!?」

シンジのすぐそばを突き抜けていった物は巡航ミサイルであった
シンジは巡航ミサイルの飛んでいった方向を見やった
そこには山陰から姿を現した巨大な生物のようなモノが存在した

シンジ「なんだよ・・・あれ・・・」

その巨大生物に撃墜された戦闘ヘリがシンジの目の前へと落ちてきた
だがその爆風から車に乗ったサングラスの女性がシンジを助ける

ミサト「ゴメン、おまたせ」

その女性は、シンジを迎えに来た『葛城ミサト』であった

253 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:21:54 ID:???
シンジ達を乗せたカートレインは、第三新東京市地下空洞部にある
ネルフ本部へと向かっていた

シンジ「特務機関ネルフ?」
ミサト「そう。国連直属の非公開組織・・・。私もそこに所属しているの
    あ、そーだ。IDカード、お父さんから送られてきたでしょ?」
シンジ「ああ、それなら・・・」

シンジは鞄から、父から送られてきた物を取り出しミサトに手渡した
それはシンジのIDカードと、シンジへの手紙だった
ミサトは手紙に目を通すと、一瞬顔を歪ませた
手紙にはこうある

『来て 碇ゲンドウ』

ミサト(あの髭・・・子供か・・・?)
シンジ「あの、どうかしましたか?」
ミサト「あ、いや、なんでもないのよ。そういえばお父さんの仕事知ってる?」
シンジ「人類を守る、立派な仕事だと聞いています」
ミサト「何よそれ、皮肉?」
シンジ「別に・・・。これから父のところへ行くんですよね」
ミサト「苦手なのね、お父さんのこと」
シンジ「・・・・・・」
ミサト「同じね、私と」
シンジ「・・・え・・・」

254 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:22:40 ID:???
本部内で道に迷ったシンジ達(というかミサト)を一人の女性が呼び止めた

リツコ「どこへ行くの?二人とも」
ミサト「あ・・・リツコ・・・」
リツコ「あまりにも遅いから迎えに来たわ」
ミサト「ゴメ〜ン、まだ不慣れでさ〜、迷っちゃった・・・」
リツコ「私達には時間も人手も足りないんだから・・・
    グズグズしている暇はないのよ?」
ミサト「だから謝ってんじゃん」
リツコ「ハァ、まぁいいわ・・・」
ミサト「本当にゴメン!ゴメンね!」
リツコ「もういいわよ・・・」

リツコはシンジを見た

リツコ「その子ね、例のサードチルドレンって」
シンジ「始めまして、碇シンジです」
    (なんだ・・・サードチルドレンって・・・?)
リツコ「私は技術一課E計画担当博士、赤木リツコ。よろしく
    いらっしゃいシンジ君。お父さんに会わせる前に見せたいものがあるの」
シンジ「見せたいもの・・・ですか?」

255 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:23:42 ID:???
ゲンドウがシンジを呼んだ理由
それは『エヴァンゲリオン』と呼ばれる兵器を操縦させ
さきほどの『使徒』と戦えというものであった

シンジ「父さん、このために僕を呼んだの・・・?」
ゲンドウ「そうだ」
シンジ「無理だよそんなの・・・見たことも聞いたこともないのにできるわけないよ!」
ゲンドウ「説明をうけろ」

ゲンドウはシンジの感情を無視した

シンジ「そんな、できっこないよ!こんなの乗れるわけないよ!」
ゲンドウ「シンジ・・・」
シンジ「・・・・・・」
ゲンドウ「・・・・・・」
シンジ「・・・・・・」
ゲンドウ「・・・乗ってよ」
シンジ「い、嫌だってば!」
ゲンドウ「いいじゃん減るモンじゃなし」
シンジ「減るよ!僕の命が減るよ!何言ってんだよ!」
ゲンドウ「・・・乗ってくれないの?」
シンジ「だから無理だってば!」

256 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:24:38 ID:???
ミサト「ね、乗って?」
シンジ「そんな・・・」
リツコ「いいでしょ?ね?お願い」
シンジ「でも・・・」
ミサト「お・ね・が・い」
シンジ「僕は・・・」
リツコ「シンジ君、お願いだから」
シンジ「・・・・・・」
ミサト「シ〜ン〜ジ〜く〜ん」
シンジ「・・・う・・・」

年上の女性(しかも二人)から
こんなふうにお願いされたことのないシンジはかなり戸惑っていた

ゲンドウ「冬月、レイを起こしてくれ」
冬月  「使えるのかね?」
ゲンドウ「死んでいるわけではない」
冬月  「わかった」
ゲンドウ「・・・レイ」
レイ  「はい・・・」
ゲンドウ「もう一度だ」
レイ  「・・・はい」

257 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 14:25:50 ID:???
ストレッチャーに寝かされた少女、『綾波レイ』がケイジ内に移送されてきた
怪我を負っているのか、全身に包帯が巻かれている
レイはゆっくりと身体を起き上がらせるが、傷が痛むのか顔を歪ませている

チラッ
レイはシンジに視線を送った

レイ「くっ・・・」

チラッ
レイはシンジに視線を送った

レイ「うっ・・・」

チラッ
レイはシンジに視線を送った

レイ「ツ・・・」

チラッ
レイはシンジに視線を送「わかったよ乗るよ僕が乗るよ!!」

ミサト「さっすがシンジ君!」
ゲンドウ「よくやったな、シンジ」
レイ 「ありがとう・・・感謝の言葉・・・初めての言葉・・・」
リツコ「じゃあこっちへ来て。説明するから」
シンジ「うぅ・・・逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ・・・」

シンジは釈然としないもののエヴァに乗ることになってしまった

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 16:16:09 ID:???
ゲンドウの言葉がどうも引っかかる。
「乗ってよ」じゃなくて「乗ってくれ」とか「乗ってくれないか」の方がいいかも。
だたでさえゲンドウはアレだから、「乗ってくれ」ぐらいでも十分な甘えかと。

まぁ気にしないでくれ。余計なこと言って悪かった。
ただ言いたかったから言っただけだから。

259 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 16:30:17 ID:???
単純にどこまでキャラをいじっていいものかちょっと悩んでたんだ
ゲンドウをどうするかによって、話の重さがかなり左右されるからね
原作よりでいいのならそうさせてもらいます
他のキャラ達を、それほどいじってないから違和感があったのかな
なにせゲンドウのネタスレって多いもんで、影響うけたのかな・・・

260 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/23(火) 16:39:58 ID:???
とりあえず>>255の後半を編集

ゲンドウ「・・・乗ってよ」
シンジ「い、嫌だってば!」
ゲンドウ「いいじゃん減るモンじゃなし」
シンジ「減るよ!僕の命が減るよ!何言ってんだよ!」
ゲンドウ「・・・乗ってくれないの?」
シンジ「だから無理だってば!」

       ↓

ゲンドウ「・・・乗ってくれ」
シンジ「い、嫌だってば!」
ゲンドウ「・・・減るモノでもあるまい」
シンジ「減るよ!僕の命が減るよ!何言ってんだよ!」
ゲンドウ「・・・乗ってはくれないのか?」
シンジ「だから無理だってば!」


こんなの感じかな・・・?
・・・ゲンドウじゃん。いや、ゲンドウなんだけどさ

261 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 19:49:41 ID:???
神が来た

262 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 19:51:07 ID:???
>>260
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ〜!!!!!!!!

263 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 19:53:54 ID:???
期待age

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 20:22:07 ID:???
パターン>>260、間違いありません、ネ申です!

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 21:17:52 ID:???
続きはないんですか?

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:01:42 ID:???
レイ「心を開かないとエヴァは動かないわ」
アスカ「!? うっさいわね、あんた碇指令が死ねって言えば死ぬんでしょ?」
レイ「そうだけど、心を開いて、ね、お願い」
アスカ「うるさい!でも死ぬなんて簡単に言っちゃダメ!死ぬのはダメよ!」
レイ「いや死ぬけど、開いてったら開いて」
アスカ「開かないけど、死んだらダメ!死んじゃいや!」


267 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:06:19 ID:???
なんだこいつらw

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:24:21 ID:???
>>267
甘えん坊集団

269 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:30:16 ID:???
神スレ発見

270 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:32:02 ID:???
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 22:59:46 ID:???
シンジ「…で、僕がこの紫のでっけえのに乗れと?」
ミサト「そうなの。シンジ君にしかできないことなの。お願い!!」
リツコ「お願いよ。ネコちゃん達の次に好きなシンジ君」
シンジ「嬉しいけど微妙ですよそれ」
レイ「お願い碇くん…ポッ」
シンジ「ポッて何さ。ここ綾波はその系統のタイプなの?まあ、女の人からこう頼まれるのも悪くはないですが…」
ゲンドウ「乗るんだシンジ。さもなくば家で私の夕飯の支度をしていろ!!」
シンジ「いやいや待ってよ。それなら誰でも夕飯の支度を選んじゃうよ。命かけるんだからさ…乗りたくないな…」
ゲンドウ「ヤダ!ヤダヤダ!」
シンジ「我が父ながらヒクよ…。頼む態度があるよね、総指令ならさ。」
ゲンドウ「む…。の、の、の…乗ってくだちゃ、…乗ってください。」
シンジ「何でそこで噛んじゃうの。」
??「碇シンジ乗りたまえ。」
シンジ「…誰?バーチャルボーイやってんの?」
キール「私は世界を裏で牛耳る者だ。」
シンジ「…悪役?」
キール「キングオブゲルマン。キールロー シンジ「欧米か」
??「バカシンジ!!」
シンジ「いきなりバカ呼ばわりですか。誰ですか?」
アスカ「ドイツが誇るエース。アスカ惣りゅ シンジ「また欧米か」
青葉「使徒が街くたびれて寝てますけど…」

272 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 23:05:53 ID:???
ユニゾン特訓

ミサト「シンジ君、まだ照れが残ってるわよ、ついていけてないわ」
アスカ「違うわよ、私が自分ばっかりどんどん先に進むのが悪いの!」
ミサト「確かにアスカはシンジ君に合わせていかないとね」
シンジ「違うんだ、ミサトさん!僕が上手くやれなくてアスカに迷惑かけてるんだ」
アスカ「そうじゃないの!あたしが先走ったからなの、シンジはこのまま
ゆっくりやってよ!」
シンジ「悪いのは僕だ・・・僕がしっかりしてないから。アスカ、このまま
突っ走ってよ」
アスカ「バカシンジ!あんたは自分のペースでやればいいの!私がダメったらダメなの!」
シンジ「違うんだぁっ!アスカ、お願いだからいつもの様に思いっきりぶっ飛ばしてよぉ!」

なんかシンジもおかしくなった。

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 23:23:22 ID:???
シンジは今のまま、周囲は甘えん坊ってのは正直難しいのかも。
スパシン風味だったけど面白かったので>>248乙。
>>52から読んでみると、チャチながら一応は話としてまとめられてるし。


274 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/23(火) 23:57:31 ID:???
>>273
>>252ならやってくれるさ

275 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 06:36:58 ID:???
>>274
甘えん坊だね

276 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/24(水) 13:44:38 ID:???
シンジ「・・・知らない天井だ」

『正午のニュースをお伝えします
 まず先日の第三新東京市爆発事故についてですが
 政府の見解では・・・』

ミサト「発表はB-22か。またも真実は闇の中ね」
リツコ「広報部は喜んでいたわよ。やっと仕事ができたって」

シンジが気が付いたとの連絡が入った
ミサトは、シンジの記憶の混乱を心配する

ミサト「精神汚染・・・?」
リツコ「脳神経に負担が掛かったためよ」
ミサト「・・・心、の間違いじゃないの?」

二人を乗せたトレーラーが、街の一角で停車した
ミサトが降り立つとそこには、巨大な弾丸のベルト弾倉が
兵装ビルの中へと収納されていた

ミサト「エヴァとこの街が完全に稼動すればいけるかもしれない・・・」
リツコ「それだけでは駄目よ。使う人間にかかっているんだから
    よろしく頼むわね、作戦部長の葛城一尉」
ミサト「あら、整備する人間にもかかっているわ
    よろしくね、開発責任者の赤木博士」

277 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/24(水) 13:45:41 ID:???
ミサトが病院へと、シンジの迎えに行くと
何やらシンジとゲンドウが無言で向き合っていた

ミサト(何やってんのかしら?)

どうやらゲンドウは、レイの見舞いにここを訪れたようであるが
何故廊下の真ん中でシンジと二人、突っ立っているのか・・・

シンジ「父さん・・・あの・・・何かな・・・」
ゲンドウ「・・・いや・・・別に・・・」

ミサト(変な親子・・・)

ゲンドウ「その・・・だな・・・」
シンジ「うん・・・」

何か言いかけたゲンドウであったが、ミサトの姿に気が付くと・・・

ゲンドウ「何でもない。またな、シンジ・・・」

そう言うと、そそくさとどこかへ行ってしまった

ミサト「あらぁ〜、邪魔しちゃったみたいね」
シンジ「あ、ミサトさん」

278 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/24(水) 13:46:45 ID:???
ネルフ本部で、副司令である『冬月コウゾウ』から
シンジの転居先の通達を受けた。どうやら一人暮らしのようだ

ミサト「よろしいのですか?」
冬月 「二人にとっては、お互いにいない生活が当たり前なのだよ」
ミサト「いいの?シンジ君」
シンジ「いいんです。一人のほうが、どこでも同じですから」
冬月 「何なら私が面倒を・・・」
シンジ「いりません」
冬月 「・・・そうか」
   (まだ台詞の途中なのだが・・・)

ちょっぴり傷ついた冬月

ミサト「では失礼します」
シンジ「失礼します」
冬月 「あ、ああ」

二人は本部内の廊下を歩いていた
ミサトは病院での出来事を思い出す

ミサト(司令・・・もしかしてシンジ君に構ってもらいたかったのかしら
    ・・・あの髭・・・子供か・・・?)
シンジ「あの、どうかしましたか?」
ミサト「あ、いや、何でもないわ
    ・・・ねえ、シンジ君。私の所に来ない?」
シンジ「え?」

279 : ◆PymYnrJRCY :2007/01/24(水) 13:47:55 ID:???
シンジ「な、何でですか!?」
ミサト「いいじゃ〜ん。一緒に住もうよ〜」

いきなり年上の女性にそんなこと言われては
うろたえるのも当然だ

シンジ「冗談じゃないですよ!」
ミサト「ね、一緒に住もうよ〜」
シンジ「そんな・・・」
ミサト「ね?」
シンジ「あの・・・」
ミサト「ね?ね?ね?ね?ね?ね?ね?・・・・・・・・・・ね?」
シンジ「・・・・・・・・・・・・・・・・はい」
ミサト「はい決まり!」

ミサトは携帯電話を取り出すと、リツコに連絡を入れる

ミサト「あ、もしもしリツコ?シンジ君ねぇ
    私のマンションで一緒に住むことになったから
    大丈夫よ、子供に手を出すほど飢えちゃいないって
    じゃ、上の許可取っといてね〜、お願いよ〜・・・・・・・・・・・・・よしっ
    さ、行こうか」
シンジ「うぅ・・・逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ・・・」

シンジは釈然としないもののミサトと同居することになってしまった

280 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 15:58:22 ID:???
冬月wwwww

毎回「逃げちゃだめだ・・・」でしめるのかな。これからも

281 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 17:55:15 ID:???
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ

282 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 18:14:54 ID:???
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ

283 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 20:02:53 ID:???
レイもミサトもおねだり上手だなwGJ

284 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2007/01/24(水) 23:32:01 ID:???
神は君(>>279)に与えよう

102 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)