5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ステラがシャニに恋するスレ

1 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 00:55:57 ID:???
「・・・好き」

「あ?うざい・・・・」

2 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 01:07:59 ID:???
終りじゃん

3 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 01:11:28 ID:???
            ___
          ./    \
          .| ^   ^ |
          | .>ノ(、_, )ヽ、.|   <あまり私を
         __! ! -=ニ=- ノ!_
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|                     |
  / :::::::::::|    「・・・好き」           |__
  / :::::::::::::|                   rニ-─`、
. / : :::::::::::::|    「あ?うざい・・・・」    ┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                 |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                  |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|

              _
                 /  \
           /   ノ(  \
           | ^ ⌒ ^ |   
           | .>ノ(、_, )ヽ、.|    <怒らせない方がいい
             ! ! -=ニ=- ノ!
   | ̄ ̄ ̄〉,ァ''" \`ニニ´/゙ア´ ̄`/ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |     `r´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、\     |
 ,-┴-、 「・〈.,, ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/.く     |__
/ .-┬⊃  <    ,;,, ;;; ,,;;       ,fr::<,   rニ-─`、
! ;;ニ|    /    ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:ノ     `┬─‐ j
\_|    <    ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:〈 ・・」   |二ニ ノ
   |    <    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.<     |`ー"
   |__/:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:∠____|
        l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ      ビリィィィ
        l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j

4 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 01:15:45 ID:???
4?

5 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 02:54:53 ID:???
糞スレ立てんな腐

6 :糞スレ認定:2006/07/15(土) 03:33:15 ID:???
               __
        _..-‐'''"´   ̄``'ー ..、
      _/゛             `' ,、
    /     _..-―─― .._,     .\
    /     . /         `'-、    `、
  /    .,r'゛               `'、.   .ヽ
 ./    ,i′                 ヽ    !
 ,!   .L_____________l___,l_
 !        ., - 、     , - 、            ゚i
.│   ',    '   `    '   `             ノ
 ',    l   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ フ   ,' ̄ ̄I ̄
 ..l,    ヽ  ゙!,            , '  ,i    ,!゚
  ヽ   ゙' ,   ゙ 、 _       _ /   /    /
   ヽ   `'-..,_    ̄ ̄ ̄   ./   , ゚
    `-、    ` 'ー ――・' "゙´   . /
      .`'-、_              _..-'"
         ``'―------ー''''"

7 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 20:38:48 ID:???
うんこ

8 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 22:17:50 ID:???
絶望も希望も同じ顔をする

9 :ミラクル荒神 ◆BNvrzUJgxo :2006/07/16(日) 00:57:15 ID:???
>>1は夏休み近くで暇な携帯厨
パケ死しても知らないよ

10 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/16(日) 03:01:06 ID:???
ありえないが応援するぞ!

11 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/17(月) 02:29:12 ID:???
シャニた〜ん!!!


好き…

12 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/22(土) 01:46:32 ID:???
ステラも意外にヘビメタ好きそうだ

13 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/24(月) 01:19:40 ID:???
>>12
聞いてそうw

14 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/24(月) 02:24:13 ID:???
新旧三馬鹿のポジション

スティング=オルガ
アウル=クロト
ステラ=シャニ

う〜ん…

15 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/24(月) 02:54:55 ID:???
シャニ=スラッシュメタル、デスメタル、北欧メロデスメタル
ステラ=ブリティッシュハードロック、メロスピメタル

16 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/24(月) 23:07:23 ID:???
あ、俺シャニ。なぜか生きてた
暇だから海に来てる

なんか金髪の女の子が崖の上でクルクル回ってる
あ、落ちちゃった。どうしよう
1.助ける
2.助けない


17 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/24(月) 23:41:18 ID:???
勝手に続きを。

→2.助けない

ウザいから助けないことにした。そしたら後ろからクロトに突き落とされた。
…あいつ、あとで殺す。
波間に漂っているとさっきの子が溺れているのが見えた。

1.やっぱり助けに行く
2.あくまで無視。自分だけ陸にあがる


18 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/25(火) 01:51:20 ID:???
良スレの予感www

19 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/25(火) 23:23:34 ID:???
じゃあまた2

なんだ、これ足つくじゃん
何あいつ溺れてるんだろ、馬鹿?
あ、あの娘も不良みたいな兄さんに助けられてる
さて、これからどうしよう

1.あの娘の所に寄る
2.クロトに復讐する

不良の兄さん「次の奴は、ここのスレタイ読めよな」

20 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/26(水) 01:50:17 ID:???
2。

クロトに殴りかかったら今度はオルガに落とされた。
そしたらまだあの子が溺れてた。仕方ないから教えてやるか。

「…おい。足つくぜここ」

教えてやったら急におとなしくなって、ボケ〜っとした顔でこっち見やがった。ムカついたからこういってやった。

1.「なんだよ。こっち見んな。死にたいか?」
2.「お前、お前、お前〜っ!」


21 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/26(水) 01:55:27 ID:???
うわっ、ミスした。不良の兄さんの存在を忘れてたorz

仕切り直し。>>20は忘れてくれ。

2を選んでオルガに落とされるまでは一緒。

あ、あの子助かってる。そしたら不良の兄さんが俺に「お前、助けようとしてくれたのか?」って聞いてきた。

で、俺はこう答えた。

1.「…ああ、うん。そう」
2.「なにそれ?俺は知らないし」

22 :オクレ ◆IAPQA.AQvA :2006/07/26(水) 03:15:03 ID:???
1.で

「…ああ、うん。そう」
一度見捨てたことはお構いなしに言ってみた

「助けようとして・・・・くれたの」
金髪の少女はそうつぶやいた
不良の兄さんはハッと気付いたように俺に向かって言った
「そうか、だからこんなに濡れてるのか
 ありがとうな、お詫びといっちゃなんだが
 飯でも奢りたい、服も乾かさないといけないし
 お礼がしたいからとりあえず、家に来てくれないか?」

・・・・なんか、ややっこしいことになってきたな
返答はちょっと考えてからしようかな

1.兄さんの家に行く
2.オルガに復讐をしにいく

次の人任せた

23 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/26(水) 11:34:19 ID:???
1.で!

「・・ああ、いいぜ。」
オルガは後でぼこれるし 俺腹ぺこ。いくしかないじゃん。
「ありがとな、ほらステラ、この人にお礼いいな」
不良の兄ちゃんが優しい声でそう促すと
「・・・ありがとう。」
そう言って少女は少年をじっと見つめている

・・ああ?なんだこいつ、そんな顔で俺を見るな
照れるだろ・・・ステラっていうのか 可愛い名前だな
でも・・・うぜぇ・・よ


1.「じろじろみてんじゃねぇ!」
2.「たまたま通りかかったんだ、偶然だよ。
   んなことより飯はやくいこうぜ」

次の人任せた
スレタイ嫁よ


24 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/27(木) 10:49:31 ID:???
あえて1.で

「じろじろみてんじゃねぇ!」

すると、不良の兄さんが俺を見て吹き出した。

「ハハハ、お前顔真っ赤だぞ?さては、女に慣れてないな?」

…ああ、そう。かもね。チッ、なんなんだこいつらは。と、心の中で毒づいていたら、ステラが話しかけてきた。

「シャニ…好きなの?」

1.「何を?」
2.「お前は嫌い」

次の奴はここのスレt(ry

25 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/27(木) 12:50:45 ID:???
ちょw展開ハヤスw

26 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/27(木) 14:20:33 ID:???
1で

「何を?」

「…ヒトデ、好きなの?髪の毛にくっついてるよ…」

さっき海に落ちた時にヒトデがついたらしい…気付かなかったとは迂闊だ。
しかしこの会話の流れでヒトデを指摘するなんて、コイツ天然か?
取り敢えず髪の毛からヒトデを引き剥がした。

「…あの人、シャニのお友達?呼んでるよ…」

ステラが崖の上を指差した。クロトとオルガが俺を呼んでいるみたいだ…人を突き落としておいて何だよ。

1、クロトとオルガの呼び掛けに答えてやる
2、ウザいのでシカトしてオクレ兄さん達の家に急ぐ

次の奴(ry

27 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/27(木) 18:15:47 ID:???
2で

「誰だよ、あいつら」
せっかくただ飯食わしてもらえるのにお前らなんかと一緒にいくかよ、ばーか

「そっか、じゃあそろそろうちに行こう、つれが車で待ってる」
そういって、スティングは車へと誘導し始めた
そういえばこういうの初めてだ、知らない奴と一緒にどっかいくのって
でも……なんかこういうの悪くないな

歩いて10分ぐらいたったとき
一台のスポーツカーが見えてきた
「おっせーよ!どこいってたんだよ!!
 あ、またお前落ちたのかよ!ずぶ濡れじゃん、このバカステラ!!」
車に乗っている少年が激怒した
「ごめんなさい……」
少女はひどく落ち込んでいる
ああ…なんか可哀想だな…こういうのってフォローするべき?でも俺客だし…
うざい……

1、ステラをかばう
2、スルーする

次のや(ry


28 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/28(金) 00:29:45 ID:???
1で

「まあまあ、仕方がないじゃん」
柄にも無いこと言っちゃった
そしたら少年の矛先は俺に向かってきた
「は?誰だよお前!知らない奴に僕はどうこういわれたくないね!」

はあ?なんか、むかつく。殴ろうかと思ったけど兄さんが助け舟を出してくれた
「こら、アウル!お客さんに失礼だぞ!」
「きゃ、客って?何勝手に決めてんだよ!」
「シャニはステラ助けてくれた、だから招待するの」
「は?お前このワカメに助けられたの?」

ワカメだってさ・・・・ウザイ・・・
殴ろうかと思ったけど、アウルと呼ばれた少年は今度はちょっと恥ずかしそうに話しかけてきた
「ありがとうな、こいつとろくて、のろくて、まぬけでさ
 まあ、そういうことなら家に寄っていけよ」

こうして一行は兄さんの家に向かうことになった
さて、運転席には誰が座る?

1.兄さんに譲る
2.俺の華麗なテク見せてやるよ

次の(ry

29 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/28(金) 01:05:14 ID:???
28文章うめぇな
アウルのツンデレに萌えた

30 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/29(土) 07:56:17 ID:???
アニメ最萌トーナメント2006投票コード発行所
http://banana236.maido3.com/~bs5114/a06/
アニメ最萌トーナメント2006 投票スレRound65
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1154082050/


2次予選5組 7月30日(日)
投票時間は01:00:00〜23:00:59です。
<<エマ・シーン@機動戦士Zガンダム A NEW TRANSLATION>>

<<ステラ・ルーシェ@機動戦士ガンダムSEED DESTINY>>
<<カガリ・ユラ・アスハ@機動戦士ガンダムSEED DESTINY>>
<<ルナマリア・ホーク@機動戦士ガンダムSEED DESTINY>>

31 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/29(土) 14:41:07 ID:t+o2Xcpz
良スレage

32 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/30(日) 00:45:05 ID:???
1で

「じゃあみんな行くぞ、しっかりつかまってろよ」
そういって兄さんはすごい勢いで車を走らせた
俺が車に乗っていることにビックリして
走って車を追っているクロトとオルガの姿が滑稽だ
ば〜か、今度からは俺を馬鹿にすんなよな


「さあ、ついたぞ」
連れられてきた所は、まさにドラマでよくある独身男性の部屋であろうか
ひとことで言うならぼろっちいアパートだった

「ほらっ、さっさと入れよ」
アウルが急かしたてる、うるさい
部屋に入ろうとした時、ふと振り返るとなんとあの二人組みが走ってくるのが見えた
見るからに相当疲弊していそうだ

じゃあどうしようか

1 さっさとドアを閉める
2 オルガたちをからかってからドアを閉める
3 二人を入れてやる

次(ry

33 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/30(日) 09:46:41 ID:zVFSJKiM
1で

「あ、てめードアしめんじゃねーぞ!!コラ」
「とうりゃぁぁぁー」
 二人が奇声を上げてつっこんできた

「…やっぱり、シャニの友達じゃないの?」とステラが言った
「しらねーつってんだろ!」
 そう言い放つと俺はステラ達にみえないように即座に方向転換
 そしてオルガたちオルガたちに満面の笑みでドアを閉めてやった
 ざまぁみろ
 
 「何か食いたいものあるか?こうみえて俺なんでも作れるから」
 
 さて、何食おうかな
 1中華
 2洋食
 3和食
 4ステラがいい!
 
 つg(ry

34 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/30(日) 10:25:12 ID:???
んじゃ4で
「」

35 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/31(月) 04:12:43 ID:???
じゃあリクエストにお答えして4で

「あ、俺ステラがいい!」
「ぶっ!!」
アウルが飲んでいたお茶をふいた、汚い奴だな
あ、なんか長い沈黙が・・・もしかしたら空気読めてなかったかな
「ステラがいいの?」
沈黙を打ち破ってステラがそう呟いた
「あ、あのなステラ・・・」
兄さんが困った顔をしてる、ごめん兄さん俺のせいで
「ステラが作る!ウェ〜イ」
「ホッ・・・・」
賢くなくてよかったと思っていたのかは定かではないが
アウルと兄さんが胸をなでおろしたのは確かだ、気苦労かけてすまんね
「シャニは何が食べたい?」
ちょっと不安・・・どんな料理が出てくるんだろ
下手な選択は出来ないぞ

1チャーハン
2タマゴ焼き
3カップラーメン
4ステラを食べたい

つ(ry

36 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/31(月) 08:30:23 ID:???
つ【4】

「………」
暫くその場に居たものの口は開かなかった……
兄さんが睨みつけている……
(マズい、こうなりゃ…。)

1 別のものに取り替える
2 とりあえず誤魔化す
3 とっととステラをいただきます

頼むぞ、次の椰(ry

37 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/31(月) 16:02:15 ID:vukUxJnX
この流れだとグダグダになるので2

「カ・・・・ステラ」
「は?」
「俺、カステラ食べたいな」
「ああ、そういうことか!
 俺耳悪いからステラって聞こえたよ、悪い悪い
 たしか冷蔵庫にあったはず、ちょい待ってな」
 

 ……今回は非常に危なかったぜ、ナイス俺
 てか絶対これってシャニがステラに恋するスレだよな、まいいか

 さて、兄さん戻るまで暇だな、どうしよう?

 以下自由に作ってください

38 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 00:57:43 ID:???
>>37
自由にってw適当過ぎwww

じゃあ「ステラがシャニに恋するスレ」らしく目線を変えて

【ステラ目線】
…シャニはステラの事、助けようとしてくれた。初めて会ったばかりなのに、びしょ濡れになってまで…。
スティングは優しい…アウルも意地悪だけど本当は優しい。だけど…シャニには、スティングやアウルとは違った優しさ…みたいなものを、感じる…。
シャニだけ特別…。でも、えこ贔屓は良くない…。ステラがシャニの事、特別だと思ってる事は内緒にしなきゃ…。

そこへスティングがカステラを持って戻ってきた。

「お前、意外と甘い物好きなのな」

…シャニは甘い物が好き。覚えておかなくちゃ。他にもシャニの事…知りたい…。何だろう、この気持ち…

1、趣味を聞いてみる
2、どんな女の子がタイプかを聞いてみる
3、そもそもどんな立場の人なのか知らないので自己紹介をして貰う

次の奴はちゃんとスレタイ読めよ

39 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 10:37:14 ID:???
ちょw38のスキルが高すぎるwww
女性か?こういうのは女性が書くとよりリアルさが増すので歓迎だぜ!

40 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 11:21:41 ID:???
つ【1】

しゅ…趣味は、

41 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 12:32:44 ID:???
>>39
女性です。d

>>40
何で最後まで書かないんだ、アンタって人はーっ!

42 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 12:41:02 ID:???
>>40の為に続きを…

「シャニ…趣味、教えて…。」

「趣味?音楽聞く事…。あとは…赤いのを落とす事」

「赤いの…?」

「あー…ジャスティスとかいう機体…」

「お前っ、MSのパイロットだったのかっ!?」

アウルが急に立ち上がってシャニの肩を掴み、身体を揺さぶる様にして問い掛ける。するとシャニはいかにも面倒臭そうにアウルの手を払った。

「うざーい…。…そう、俺の機体はフォビドゥン…」

…知らなかった。シャニがMSのパイロットだったなんて…。だけど…ジャスティスはザフトのMS…。それと戦ってるっていう事はステラ達の味方…って事…。…良かった、シャニが敵じゃなくて…。
シャニと戦う事になったりしたら、きっと撃てない…。

1、もっと詳しくパイロットになった経緯などを聞いてみる
2、話題を変えてみる

次の(ry

43 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 17:37:00 ID:???
んじゃ1で
「覚えてない…」


44 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 18:20:53 ID:???
短すぎ

45 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 19:09:41 ID:???
んじゃ1で。
「覚えてない…」

「え・・・?」

「だから、覚えてない…。何か思い出すとウザイと思う」

どうして…命に関係のある事を覚えていないんだろう…?
この人は何も知らないでそんな事をしているのだろうか…?
シャニは何事も無いように言うけど…不安でしょうがなくなった…。
…どうしよう?

1、小一時間問いつめる。
2、傷つくと思うので、カステラ作る。

46 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 20:11:07 ID:???
2を選択

…そ、そうだよね。誰にでも話したくないことだって色々とあるんだし…
シャニが食べたいって言ってたカステラ作ろう
……あれ?カステラってどうやって作るんだっけ?材料は……

1.砂糖
2.砂糖、小麦粉
3.砂糖、小麦粉、生卵
次の人、頼むぞ

47 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 20:13:16 ID:???
2だよ、2!

48 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/01(火) 23:19:33 ID:???
恋愛面になると奥手なステラに萌えた

49 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 20:22:57 ID:???
>>47の続き 2を選択


…え〜っと、小麦粉と砂糖を混ぜてっと…。
こ、これを…型に流し込んで…。なんだかちょっぴり不安…。
…だ、大丈夫だよね、>>47さんのレシピ?


1.気にしないで混ぜ合わせたものを型に入れる
2.不安だからホットケーキミックスを混ぜ合わせる
3.卵を混ぜ合わせる


次の人、頼みましたよ

50 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 21:39:03 ID:???
>>49
カステラ作りって結構難しくない?
3を選択。

…ん……あれ、でも、たまご……、ケーキだとたまご使う……。
カステラも、ケーキと似てるから……たまご…混ぜてみよう…。

おいしく出来るといいな……。
そんな願いを込めて、ステラは卵を混ぜ合わせた小麦粉をカシャカシャとかき混ぜる。
その後ろでは、スティングとアウルが不安そうに、そしてシャニは黙ってステラを見ていた。

カシャカシャカシャ……。

…うん、もういいかな。
充分に混ぜ合わさったものを型に流し込んで、オーブンに入れた。

えっと……、焼く時間は……。

1.15分
2.40分
3.1時間


次の人お願いします。

51 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 22:09:27 ID:???
ちょw
もっと男に書きやすい話題にかえてくれwww
カステラの作りかたなんてしらんwww

52 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 22:51:51 ID:???
>>51
もう適当に焦がしたり爆発させちゃったりしてくださいw

53 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 23:08:02 ID:???
>>52
兄さん「そんなことはさせない
    ファントムペインに失敗は許されねー」

54 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/02(水) 23:50:30 ID:???
じゃあちょっと方向転換してみるてすと!

>>50
2を選択。

チーン

「出来た…!」
オーブンの中から、焼きたてのカステラを取り出すと、部屋中に甘めの良いにおいが広がった。
充分に冷ましてから、均等に分ける。ステラは、慎重に4人分の皿にカステラを分ける。
「どうぞ…」
それぞれの前にカステラを配り終えるとステラも席に着いた。
「これ、ちょっと焦げてねえ?」
「見た目より味だろ、味。頑張ったな、ステラ」
「うんっ!」
アウルの不満は他所に、スティングに褒められてステラは満面の笑みになる。
ちらりとシャニを見てみると、既に一口目を食べていた。
黙々として一向に喋らないシャニを見て「やっぱマズイ?」とアウルが訊いてくる。

どうしよう……、やっぱり失敗した……? ステラ…。

けれどそんな不安は次の瞬間に消え去った。

「……うまいよ」
表情は変えないが、シャニはそう言って二口目を口に運んだ。
そしてステラに向けてこう言った。

1.「これ、毎日食いたい」
2.「他の料理も食いたい」
3.「これ食ったら、どっか出かけない?」


うぇえい、次の人お願いします!

55 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/03(木) 00:28:32 ID:???
GJ
ナイス展開

56 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/03(木) 21:23:50 ID:???
2を選択。


「ほかの料理も食べたい(な、何だ。今まで食べたことのない味…)」

「やったー!(…シャ、シャニが喜んでくれてる……)」
「良かったな、ステラ」
しかし俺に向かってアウルが言った、「それって本音?」
…ウザい。

1.本音だけど
2.お世辞だけど
3.どうでも良いじゃん



次の人に託します

57 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/03(木) 21:34:05 ID:???
クロトとオルガはどうしただろう?

58 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/03(木) 21:36:25 ID:???
>>57
多分、もう諦めたか、玄関先で待機中。

59 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 10:22:16 ID:???
保守

60 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 11:10:36 ID:???
1で

「マジだよ、嘘ついても意味ないじゃん」

「空気読めよ!そこはお世辞っつーのがいいんだよ、ばーか!」
……こいつ ステラのことになるとやたら絡むな ウザい……

(本当はステラの料理…おいしくない…でも…シャニ優しい……)


何時間たっただろうか、辺りがだいぶん暗くなってきた
オルガ達 今頃何してんのかな 
そろそろいくか

「みんな、今日はありがとう
カステラうまかったよ」

「お、いくのか また来いよ」
いい人だな この人 しっかりしてるし うちの馬鹿達と大違い

「へっ、もう来るんじゃねーぞっ」
生意気な野郎だ でも こいつもいい奴 俺にはわかる

「…いっちゃうの?また逢える…?」
ドジで馬鹿なステラ 妹がいるとこんな感じなのかな

1.わかんない 逢えるといいな
2.逢いに行くよ!フォビドゥンに乗って
3.これっきりだ 面倒は嫌いなんだ

61 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 13:01:02 ID:???
普通に1で。

「…わかんない。逢えるといいな」

うん、逢えるかどうかわかんないし、逢えなかったら逢えなかったでいいや。
玄関を出ると、オルガとクロトがいた。

「シャニ、てめえあの娘とどういう関係なんだよ!」
「はぁ?ウザい…なんでもねえよ」
「言わなかったら…」

しつこい。そこで俺は少しからかってやろうと思った。

「あぁ、わかったわかった、言えばいいんだろ。」

1.「友達」
2.「恋人」
3.「セックスフレンド」

62 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 14:40:04 ID:???
1を選択。


「単なる友人だよ」
俺の前にいる二人は暫く黙っていた……
「……、プッ」
(何笑ってんだ、こいつら。……ウザい。ぶん殴るか?)


1.ぶん殴る
2.無言で立ち去る
3.あの家に戻る


次の人よろしく

63 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 15:29:55 ID:???
2を選択


…うざい

「………」
なんだか俺は、あいつのことを二人には話したくなかった。
あいつに会って料理を作ってもらったことは秘密にしておきたかった。

「お、おいシャニ!!」

「…どーでもいいだろ…」
その対応にもいい加減クロトがあきれているという様子だ
「はーっ……ま、シャニっぽいけどね」

「……帰んねーのかよ」

俺は心のどこかであいつのことが気になっていた。


1、そのまま帰る
2、家に戻る
3、気持ち悪い仮面の男が帰ってきたのでとりあえず睨む

次の人よろしくです

スレタイ読んでくださいな

64 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 20:16:37 ID:???
うぃー、3.を選ぶぞい

さっきから趣味の悪い変な仮面を付けた奴が、こそこそと電柱の裏に隠れている
俺は、うざっ。こいつストーカーか?っと、心の中で呟いた

【オクレ兄さん目線】
どうやらステラはシャニに惚れたな?まあネオに報告するか…



【変態仮面目線】
…ステラが惚れた男か。成る程な。案外恋愛に詳しくなさそうな坊主だな。
どれ声でもかけるか。

1、「さっきの少女の件だが…」
2、「よう、坊主。恋愛心理学でも学ばないか」3、(やはりここは二人の関係を見守るべきだな)

ぐだぐださせてスマソ

65 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 21:32:29 ID:???
1を選択
ベルガギロス

66 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 21:35:08 ID:???
じゃあ1.で

なんか薄気味悪いおっさんがこっちに近づいてくるなり話しかけてきた
「さっきの少女の件だが・・・・」
はあ?会ったばかりなんだけど、何でそんな事まで知ってるんだこいつ
ああ・・・・ステラのストーカーか。あいつも大変だね
「なんだよ、文句あんの?」
そういうと仮面をつけた男は ニ ヤ ニ ヤ しながら本題に入ろうとしてきた

やばい・・・・こいつは本格的に変態だ
そもそも仮面からして常識人とは思えない

さて、どうするべきか

1.撃!滅!
2.怖いから逃げる
3.警察に通報する

さて、頼むぞ

67 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 21:48:55 ID:???
つ2


なんだこいつ。頭狂っているのか?
これは変人の前から逃げた方がいいな

俺は無言で立ち去った。
そしたら変態仮面は俺の後を付けて来やがった。

こうなりゃ、
1、殴るしかない
2、家に逃げ込むか
3、警察に通報する



次の人、後を頼む

68 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 22:06:05 ID:???
先を越されちゃったけど結果的に同じなので気にしない!

>>67
1で。

「お前キモイ! 滅・殺!!」
ドカッ!

…俺が行動するより先にクロトが仮面のおっさんを殴った。
おっさんは派手に倒れて、そしてクロトもうずくまった。
仮面に思い切り拳をぶつけたもんだから、自分もダメージを受けたらしい。…ばかだね。

俺とオルガが、さてどうしようかと悩んでいたら、さっき出て来たばかりの玄関が開いた。
ステラとアウルが出て来た。外の騒動に気付いたんだろう。
「ネオ……!?」
二人は仮面のおっさんに駆け寄った。……この変態、知り合いだったのか。
「どうしたの…? ネオ…ネオぉ……」
ステラが泣きそうな顔して変態を揺さぶっている。悪いことをしたかもしれない。クロトが。

仮面のおっさんが気が付いたようだ。
「…ああ、ステラにアウルか。ちょっとお花畑に行ってたよ。
 ところでステラ。そこの緑の坊主くんなんだが、俺にも紹介してくれるかな?」
そう言われてステラは俺の方をちらっと見てから、すこし考え込んでから口を開いた。

「シャニっていうの…。シャニはステラの……」


1.「お友達なの」
2.「海で助けてくれた…恩人なの」
3.「すきな人……」


次お願いします。

69 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/04(金) 22:16:05 ID:???
2だよな、多分


「海で助けてくれた…恩人なの」
…い、言っちゃった……。
「ほぉ。」ネオとか言う変態仮面は頷き、そしてニヤリとした表情に変わった……
(キモい…野郎だな……)
…やっぱりステラが懐いていたとしても、この仮面野郎は気に食わない。
こうなりゃ、
1、その仮面をとってやる。
2、逃げるか……
3、修正し(ry

駄文だけど上手くつないでね

70 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/06(日) 20:46:32 ID:rjS11bky
ほsy

71 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/06(日) 21:32:33 ID:???
あえて2を

「修正してやる」
俺はおっさんをぶん殴ろうとした……。その時ステラがおっさんの前に立っていた。
ドカッ…。
鈍い音がした……。
はっ…。
俺はおっさんの顔を殴ったつもりだった。だが、ステラの顔を殴ってしまった……
俺の拳は虚しく痛かった。
ステラは涙を流している。俺に殴られた痛みよりも、慕っている(おっさん)を殴ろうとしたことに哀しんでいるんだろう……


バカみたい、俺って。気に食わなかったら殴るなんてさ……

うざい……とりあえずどうするべきだろう?


1、とにかくステラ謝る
2、無言で立ち去る
3、ステラを馬鹿にする


あらら、ぐだぐださせてしまうなんてよ。俺って馬鹿だよな

次の人、こんな環境下だがよろしく頼みます

72 :>>71だけど:2006/08/06(日) 21:35:40 ID:???
修正版


あえて3を

「修正してやる」
俺はおっさんをぶん殴ろうとした……。その時ステラがおっさんの前に立っていた。
ドカッ…。
鈍い音がした……。
はっ…。
俺はおっさんの顔を殴ったつもりだった。だが、ステラの顔を殴ってしまった……
俺の拳は虚しく痛かった。
ステラは涙を流している。俺に殴られた痛みよりも、慕っている(おっさん)を殴ろうとしたことに哀しんでいるんだろう……


バカみたい、俺って。気に食わなかったら殴るなんてさ……

うざい……とりあえずどうするべきだろう?


1、とにかくステラ謝る
2、無言で立ち去る
3、ステラを馬鹿にする


あらら、ぐだぐださせてしまうなんてよ。俺って馬鹿だよな

次の人、こんな環境下だがよろしく頼みます

73 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 01:41:13 ID:???
じゃあ1.で

「ご、ごめんステラ」
「・・・・うぇっ」
あ、やばい空気、ステラは瞳に涙を浮かべてる
今更ながら自分の行為に後悔をした

でも解決策なんて見つからない、俺はひたすら謝るしかなかった
「ごめんなステラ、悪かったよ」
「・・・・うん、シャニわかった」

そういってステラは俺の手を払いのけて
ネオとかいう男と一緒に家に帰って行った
・・・・・・・・どうしよう
「シャニ、バイバイ・・・・」

ど、どうしよう・・・・

1.「ステラゴメン」
2.「ステラ!君ともう一度会いたい」
3.「俺、あの海岸にいるから」


シャニじゃないが本当にどうしようかと悩んだ

74 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 08:32:03 ID:???
3を選択


「俺、あの海岸にいるから」
だけどステラは何とも言わない。ただ泣いているだけ
ネオとか言うおっさんは、呆れた顔をしている。
スティングは目を動かして、早くこの場から立ち去れと言う始末(言葉に出さなかっただけましだったが)。

俺はこの場から立ち去った。
畜生。何であの時ステラと出会ったんだ?運命って酷いんだな
今日は自分の記憶にある日の中で一番最悪だった(と言っても三日前の記憶すらないのだが)。


これからどうしよう
1、我等が盟主王、ムルタ・アズラエルに相談する
2、音楽を聴く(デスメタ)
3、音楽を聴く(ガンダムXのdream)


ごめん、厨房な文章で

75 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 16:18:29 ID:???
1で

「女の子を殴った?」
そうおっさんが切り出すとさすがに呆れた顔でシャニを見る
「…その子の家族の前で…でも殴りたくなかった」
身内はまずかったと思う。
でもそこでステラが出てくるなんて思いもしなかった。
女の子を殴るなんてシャニだって嫌だった。

そんな言い訳を言いながらシャニは自分で見苦しいと思った。
一番辛いのはステラのはずなのに
「…本当に君は馬鹿ですねえ?…しょうがない…僕が教えてあげますよ」

「…は?」

1、おっさんに女の子の気持ちはどんなものなのかひたすらレクチャーされる
2、おっさんをほっといてどうやって謝るか考える
3、クロトとオルガに相談する
4、無難にフレイに相談

76 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 17:04:48 ID:???


「世の中金です、女もまた然り」
は?何いってるんだこのおっさん
「そんなんでどうにかなるわけ?」
「なります」

そういってアズラエルはタバコを胸ポケから取り出した
「いいですか、どんな女でも大金ちらつかせれば一発なんですよ
えーっと、なんでしたっけ?ステラ、貧乏なんでしょ?もう確定ですね」
この男は……本気でそう思ってるのか?
アズラエルは机から小切手を取り出し、ペンで数字を書く、100万だった
「先の戦闘、素晴らしかったです。フリーダムは落とせなかったものの
ザフトはもう壊滅状態、これからも期待してますよ。これは御褒美です」

これを渡せばステラは俺を許してくれるのだろうか……

1、小切手を受け取り、ステラに貢ぐ
2、小切手は受け取るが、ステラには貢がない
3、小切手を受け取らず、自力で他の策を考える

77 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 18:50:00 ID:???
2を選択

(アズラエルってキャバクラ通いしているのか……。マジで引いたよ)
「分かりました、やってみます」
「期待しているよ、アンドラス」
俺はアズラエルの部屋から出た。


(考えてみりゃステラって金の価値なんてわからんからな、綿あめみたいな性格じゃ…)

なんか渡そうかな、ステラに。何が良いだろうか?

1、高価なクリス(マレー半島のナイフ)
2、普通な値段のスイス風短剣(第二次大戦時、ドイツ軍の採用した短剣)
3、安い万能ナイフ
4、…手紙。
5、何も渡さない


駄文ですが……
伝えたいこの想い。

78 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 19:55:47 ID:???
4を選択。

生まれてから一度も手紙なんて書いたことがない。
けど、物じゃなくて自分の言葉で伝えたいと思った。

『ステラ、ごめん。』

……なんて書けばいいんだろう。

『ネオっていうやつにも、おれがわるかったと』

参ったな…、いざ書き出してみると何をどう書いて良いのか分からない。

そうやって机に向かって考え込んでいると、
「あー! シャニが、手・紙!なんて書いてる!!」
クロトが覗き込もうとしたので慌てて便箋を隠す。……うざい奴に見つかった。

……けど、一人で悩むよりは…

1.クロトに相談してみる
2.オルガに相談してみる
3.やっぱり一人で考える


うー…次お願いします。

79 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 21:07:57 ID:???
1を選択

こんなバカでも一応聞いてみるか

「ああー?謝りかたぁ?ボカァ知らないよっ!誰かに謝ったことなんかないからね」


クロトは唾をとばしながらそうまくしたてると、もう俺と手紙からは興味を失ったようにどこかへフラフラ行ってしまった。
始めから期待なんてしていないのでどうでもいいか………


俺はまた机に向かいさっきと同じように悩みだした。


その時オルガが視界の端に映った。
そういえばアイツ…いつも本読んでるな……そういうやつに聞いてみるのもいいかもしれない

オルガは呼び止めると面倒くさそうに相談に乗って来た

「んああ?女の気持ちだぁ?んなもん……



1.誠意をみせる
2.花束をあげる
3.ドレスを渡す
4.黙って抱きしめ(ry

全部小説の知識だけどな!」

80 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 21:17:12 ID:???
>>76
盟主王〜〜!!期待した俺が馬鹿だったぁぁ!!!

81 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 21:32:19 ID:???
>>80
シャニ乙

82 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 21:49:17 ID:???
つ【4】

オルガはニヤリと表情を変えた。
「黙って抱きしめ(ry」
「出来るわけねぇだろ」
俺は思わず叫んでしまった
「ったく、分かったから、シャニ。そこにある小説でも呼んで参考にしな」
オルガは指を指した先に手垢まみれの文庫版があった。
俺はその本をオルガから借りた。
何々、【世界の中心で愛を叫ぶ】か。っておい!オルガの奴、ここまで進んでいたのか?
まあいい。呼んでみるか。

なぜか知らんがラジオ番組を聞きたくなった。俺はヘッドホンを付け適当な周波数に合わせた。

「ラジオ・ネーム、【星の願いを…】さんから。今日、海で溺れているところを男の子に助けてもらったんです。
それで家でお礼にカステラ焼いて、不味いのを我慢して美味しいと言ってくれました。…嬉しかった……」

これ手紙は……まさか、

1、別人だよな
2、間違いないステラのだ
3、本でも読もう


ぐだぐださせてすまん

83 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 21:51:56 ID:???
>>80
シローと想っていたんじゃ

84 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/07(月) 22:50:36 ID:???
このままでわシャニがステラにこ(ryだからあえて1

別人だろ、本にも飽きたしどうしようか
1,気分転換にクロトとゲーム。
2.気分転換にオルガとオラオラオラァ!
3.気分転換に外へ散歩しに行く。


85 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 01:16:52 ID:???
3で

ステラみたいな奴だな。多いのか?こういうの。
なんて馬鹿なことを考えながら外に出てみた。夏なのになぜか夜風が冷たい。
「海…行こうかな」なんてつぶやいてみる。誰も聞いちゃいないのに、つい口に出てしまう。

昼間の海岸…あ、最初俺見捨てようとしたんだっけ。
あのまま見捨ててりゃよかったかな…。
独りで下に降りてみた。すると携帯が鳴った。俺の好きなヘビメタだ。

「…はい?」

…オルガだった。

「シャニ…お前さ、バカでいちいちイライラさせる奴だけど、そんなんでも…その、なんだ、あ〜、仲間だし…な」

何言ってんだこいつ。電話の向こうのオルガは言いづらそうに言葉を継ぐ。

「頑張れよ」

意外だった。優しい奴なんだな。
…その時、前を向いたらそこに人影があった。あれは…

1、おっさんだ
2、ステラだ
3、フレイだ

86 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 01:22:37 ID:???
夏の夜、誰もいない海岸、悲しい別れの後・・・・
これは、キタ!!

ってことで次に期待

87 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 01:41:31 ID:???
シャニのが書きやすい。
【3】で続きをば…
  
……ってか何で俺はこんなことで悩んでるんだ?バカバカしい……そんなことよりおっさんから貰った金の使い道でも考えるか……
 
とりあえず外の空気を吸おう。
ステラのことなんて忘れてしまおう……アイツのこと考えてると、ムカムカする。
 
 
のろのろと夜道を歩いていると、遠くから近付いてくる影があった。こちらに向かって歩いてくるようで、電灯の下まできたその人物の顔が大きくクローズアップされる。
 
……あ。
 
「ステラ…!」
 
咄嗟に声をかけてしまった。
ステラはぴたりと歩くのを止めて俺の方を眺めた。きょとんとしている。
 
「あなた……だれ?」 
は?
 
何言ってんのコイツ
「俺はシャニだ」
 
「シャ、ニ……?」
 
ステラは心底不思議そうに俺を見つめている。
自分で名乗っておいてまぬけだと思った。それに何でコイツ俺より先に忘れてくれちゃってんの?無性に腹が立つんですけど…。
 
「シャニ?」
ステラがもう一度名前を呼んだ。歌うような調子だった。
 
手が伸びてくる。そのまますんなりと頬に触られた。鳥肌がたつ。ステラはとろんとした目で見つめてきた。

「なんでだろう…ステラ、初めて会ったのにシャニのこと………」
 
1、好き…だよ?
2、嫌い
3、知ってる気がするの
4、わからない…頭が痛い

88 ::2006/08/08(火) 01:43:18 ID:???
うおお、カブッタww
忘れてくれww

89 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 02:05:33 ID:???
>>85

2で

「ステラ…?」
そこには、金髪の少女が海岸にぼんやり座り込んでいた。
こんな夜中に、なんで
シャニの呟くような呼び掛けには気付かず、ステラは淋しく口を開く。
「…シャニ、遅い」
彼女は、そう言いながら、空を見上げる。
それで、シャニは全てを悟った。

『海岸で、待ってるから!』

その言葉を少女は真に受けていたのだ。
「―…ステラ!」
居ても立ってもいられず、気付いたときには走っていた。
「…シャニ?」
突然の声にステラは目を丸くする。緑の髪の少年が駆け寄ってくる。
「っシャニ!!」
歓喜に満ちた声を上げ、少女が立ち上がるのと、シャニが少女の元に辿り着いたのは同時だった。
「…お前―――」

1.うざ〜い
2.うざーい
3.なんで、待ってたんだよ…

90 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 03:16:36 ID:???
スレタイ通りにいくように……3で。

「…お前、なんで、待って――」
そう言いかけて、その言葉は彼女に遮られてしまった。
ステラの元へ駆けつけた次の瞬間には、シャニは彼女に抱きしめられていた。
「シャニ…来てくれた……。待ってた……ステラ…」
彼女は嬉しそうに、尚、少年を抱きしめる。

シャニは、茫然と立ち尽くしたまま、さっき言いかけた言葉の続きを言う。
「……なんで待ってたんだよ。もう夜中だろ。あいつら……心配してるだろ」
スティングもアウルも、もしかしたら今頃ステラを探し回っているかもしれない。
もし無断で出て来たのなら、尚更のことだ。
ステラは、こくんっと頷いて、
「でも……シャニ、待ってるって…。だから待ってたら……会えるから……。
会いたかった……から……」
ステラが顔を上げる。暗くてよく分からないが、少し泣いているように見えた。

「シャニ……」
「……ごめん、今日。俺、お前の大事な奴、殴ろうとして…、それだけでも悪いのに
お前のことも殴った…。最低なこと、したね……」
シャニの言葉を聞き、少しうつむいたステラだったが、また顔を上げるとこう言った。

1.「いいの……もう。ステラも…ネオも、もう怒ってない……」
2.「うん……、許さない」
3.「それ…なに? ステラ……憶えてない……」

91 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 03:24:07 ID:???
3でステラ目線

「なんで、待ってたんだよ…」

シャニ…来てくれた。

嬉しさのあまりステラは表情を綻ばせ、幸せそうにフワリと微笑んだ。

「…この海岸に居るって…言ってたから…。…ステラ、シャニに会いたかった…だから待ってた…。」

誰かに会いたいなんて…初めて思った。アウルには馬鹿にされたしスティングは溜め息をついてたけど、ネオはステラの髪をくしゃくしゃ撫でて「行って来い」って言ってくれた…。
待ってて…良かった。シャニ、来てくれた…。

「…ごめん、殴って…。まだ…痛い…?」

「ううん…大丈夫…。気にしないで…わざとじゃないって、分かってる…」

シャニは落ち着かない様子で頬を掻きながら小さく呟く様に謝った。
ステラは小さく首を横に振ると、シャニの前に手の平を差し出した。手の上には薄い花びらの様な桜貝が乗っている。

「…くれるのか?」

「うん…シャニにあげる…ステラの宝物…。」

シャニは困った様な様子でためらっていたが、そっとステラの手の中の桜貝を指先で摘み上げると照れくさそうに無造作にポケットの中にしまった。

…受け取ってくれた。仲直りも出来た…。
…シャニ…ステラがラジオに投稿した事に気付いて来てくれたのかな。それとももっと別の理由…?
…シャニもステラに会いたいと思ってきてくれたのかな。もしそうなら…嬉しい…。
…何だろう、この気持ち。心臓がドキドキして落ち着かない…。
…でも…あったかい気持ち…。

1、二人で星を眺めながら話をする
2、砂浜で一緒に砂のお城を作る
3、暗いので別の場所に移動する

恋愛小説チックにしてみました。

92 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 03:41:43 ID:???
わ、ごめんなさい被っちゃった…

>>91さんの文がすごく好みなので>>90はスルーお願いします!

93 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 08:51:21 ID:???
新シャアで見る稀に見る良スレ

94 :91:2006/08/08(火) 09:04:54 ID:???
あわわ、被っちゃった(汗)
90さんの文も綺麗な文なのにすみません;

95 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/08(火) 10:13:48 ID:???
このスレは>>16の発言から始まった。

96 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/09(水) 00:36:22 ID:???
それを>>17が続けた。

>>16-17 は ネ申

97 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/09(水) 10:23:20 ID:???
1、

「お星様いっぱい…」

とても綺麗…でも、ステラが見たいのはシャニだったり……えへっ

「ああ…」

その時だった、突然強い風がステラ達のもとをすり抜けた

「きゃあ!」

「大丈夫か?砂、目にはいらなかった?」

「う、うん…大丈夫だよ……あ!」

「ん?」

ステラはシャニの顔、正確には左目を見て驚いた
少年の瞳は金色だった
海面から反射された月の光を映してさらに輝いて見えた

「金色…」

少年はあっと驚き、慌てて髪で隠そうとした

「変だろ?両目の色が違うなんて病気だぜ…見られたくなかったな
お前に…わっ」

ステラの優しい手がそっとシャニの髪をかきあげた

「とても…綺麗よ…」

そして……

1、シャニのほっぺにキスする
2、黙って見つめあう
3、ステラの腹が鳴る

激しい妄想で書いてしまったが次の人よろしくお願いします

98 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/09(水) 13:47:32 ID:???
         \    人間のクズといったら?      /   ______  なんで漏れの気持ち
良スレだったのに\       ∧_∧ ∩腐女子だろw   ||   ∧_∧   分かってくれないですか・・
腐女子が占領… \      ( ・∀・)ノ______  /     ||   (´;ω;`) .   ||
          ∧ ∧\     (入   ⌒\つ  /|. / .     ||   つ  と     ||
         (゚Д゚ )_\    ヾヽ  /\⌒)/  |/ プッ∧_∧==・ ・ ・===∧_∧  あんな自己中な奴の気が
     / ̄ ̄∪ ∪ /| .\  || ⌒| ̄ ̄ ̄|    /.   (.  ´∀)      (∀・; )  分かる訳無いっつーの…
   /∧_∧またですか・・・\    ∧∧∧∧ /.    (     )     と     )
  / (;     )_/       \  < 腐  ま >    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ̄(     つ ||/         \< 女  た >    .||                    ||
 || (_○___)  ||            < 子   >     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"
――――――――――――――― .< か    >――――――――――――――――――――――――
         ∧_∧ 構って欲しい < !  >.    ∧_∧フン ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ( ;´∀`) だけのくせに・ ・ ∨∨ ∨ \   (`・ω・´)   (`・ω・´) < 逆らう奴は童貞キモヲタ決定(藁
    _____(つ_ と)___       ./       \ (    )__(    )  \__________
 . / \        ___ \シニタイ ./   ∧_∧腐\∧_∧   ∧_∧  ̄ ̄ ̄///|
 .<\※ \____.|i\___ヽモウヤダγ(⌒)・∀・ ) 女 \   ;) (     ;)   /┃| |...|
  ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ  /(YYて)ノ   ノ 子 .\↑ ̄ ̄↑\)ウゼェ/    |__|/
    \`ー──-.|\.|___|__◎_|_.i‐>/ \  ̄ ̄ ̄ ̄\め!   スレ住人 ┃


99 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/09(水) 15:26:55 ID:???
>>97

お約束ってことで3を選択。


ぐうぅ……

「…!」
「うあ……」

ステラは、シャニに触れていた手を離し、今度は自分の腹部に宛がう。
すこし気まずそうに、恥ずかしそうに。

「……腹、減ってる…?」
「……みたい」

ステラがしょんぼりしていると、シャニは自分のズボンのポケットから
ごそごそと何かを取り出してステラに差し出した。

「これ食う?」

シャニが差し出したものは、

1.キャラメル
2.飴
3.ちくわ

100 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/09(水) 15:33:32 ID:???
これはちくわだな

王道なら飴だけど

101 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 00:50:42 ID:???
じゃあ3にしようかな

「これ食う?」
シャニが差し出したものは、先端がたれてふにゃふにゃのちくわだった
「うん!」
とステラは言うと早速ちくわを食べだした

ちくわのサイズはさ、その大きくなったあそこみたいで
それにがぶりつくステラは・・・・ああ、んなこといわせんなよ!

「シャニ・・・・おいしかった」
「ぁあ、そ、そう、よかった」
「シャニ赤いよ?・・・どうしたの?」
「な、なんでもねーよ」
なんだよ、なんでちくわなんて入ってるんだよ俺のポケット
どういうことだよ、説明しろよ

ガサッ
「ん?」
「・・・・誰?」
そのとき現れた人物とは

1アウル
2オルガ
3ネオ

102 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 00:56:03 ID:???
ええ…w 猫にあげる感覚でちくわ出したんだけどそんな(ry

103 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 00:59:46 ID:???
ちくわっては狙ってるかと思ってた(´・ω・`)

104 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 01:07:11 ID:???
ノラ猫に遭遇した時のためにたまにちくわ持ち歩くから…
あは、は……狙ってないですw

105 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 14:30:37 ID:???
つ2

オルガだった。何しにきたんだよ。
「…何?ウザい」
しまった。ステラが隣にいるのに本音ぶちまけちまった。
「いや、そのな。お前の行動が気になってな」
お前は俺の親か。過剰な優しさは迷惑なんだよ。
…それより、ステラにこの状況を説明しないとヤバいな。

1,「こいつ、関係ないから」といってオルガを追い返す
2,適当にごまかす
3,まぁ何かの役に立つかもしれないので一応オルガを紹介しておく

…あれ?俺ってひょっとして、空気読めてない?

106 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 14:46:20 ID:???
いや、GJ

107 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/10(木) 17:50:09 ID:???
>>105
3を選択

ステラは不思議そうに俺とオルガを見ている。
まぁ何かの役に立つかもしれないしな。
ステラに向かい、オルガを紹介することにした俺。

あれ、なんて紹介しよう?

1.腐れ縁
2.同僚
3.兄貴
4.変態


短くてごめんよ‥‥

108 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/11(金) 13:24:42 ID:???
2だな

「えっと…コイツは俺の仕事仲間のオルガ」
「オルガ・サブナックだ」
「オルガ…よろしく」
「おう。なんかうちの馬鹿が世話になったみたいだな」

馬鹿とはなんだよ馬鹿とは。つか、世話になったんじゃなくてこっちが世話したんだっつーの。

「礼と言っちゃなんだが、ほらよ。連れと一緒に食ってくれや」

差し出した袋には、不死家の印刷。謝礼ですか。しかもケーキですか。マジでコイツ保護者気取りだな。ホント恥ずかしい…。

「ありがと…」

ステラも微笑んで、小さくお辞儀した。ちらちらと袋の中を見る目が輝いてる…あのケーキがオクレ兄さんとアウルの口にたどり着くことはないだろうな。

「じゃ、俺はそれ渡しに来ただけだからよ。帰るわ」

なんだ、迎えに来たわけじゃないのか。まあそこまで心配するほどお節介じゃないか…

「シャニ、お前今日帰ってこなくても大丈夫だぜ。おっさんにはちゃんと説明しといてやるからよ。」

あ?何言ってんだコイツ?

「夜は長いからよ、若い者同士楽しくやってくれってこった。へへ、じゃあな」

…後で絶対殺す

ステラはキョトンとしてオルガの後ろ姿を見送ってる。コイツ本当鈍いな。まあ今回はそれに感謝するけど。

「シャニ…オルガとお仕事してるの?」
「あ?ああ。まあ、一応ね」
「…どんなお仕事?」

「えっと……」


1、軍人だよ
2、花屋だよ
3、夜のお仕事
4、別に。何でもいいじゃん
5、そんなことより…



109 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/11(金) 16:51:57 ID:???
4で。

「別に。何でもいいじゃん」

‥‥あれ、なんでこいつ‥‥
俺、さっき喋った時にMSに乗ってるって言った筈のに‥‥
まさか覚えてないのか?

聞こうかとも思ったが、また軍人だと言えば悲しそうな顔をするだろうと思い、適当にはぐらかした。

ステラは少しだけ困ったような顔をしたが、それ以上は聞こうとしなかった。

なんとなくこいつが困った顔すると、いやな気分になる。
オルガやクロトならざまぁみろよと笑ってやるのに。


あ、そういえば俺、こいつのこと何も知らない‥‥


ステラに
1.職業を聞く
2.好きな食べ物を聞く
3.海は好きかと聞く
4.俺は好きかと聞く
5.記憶が曖昧なことについて探りを入れてみる


110 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/12(土) 15:19:04 ID:???
普通に2で

「ほら、やるよ・・・」
「・・・ありがとう・・・」
シャニは照れくさそうにステラに渡す。
ステラはニコっっと、シャニに微笑んだ・・・
 
シャニはステラの微笑んだ顔を見て、照れた・・・顔が赤くなるのが自分でも分かったから、ステラから顔を背けた
するとステラは
「どうしたのシャニ?」
「//////・・・っんでもない。さっきの風で目にごみが入っただけだ」
ステラは不思議そうにシャニの顔を覗き込むがシャニは相変わらず、背けたまま
「シャニ・・・見せて?ほら」
ステラはシャニが急に愛しく思えた・・・なんか分かんないけど、もしかして、シャニ照れてる?
 
なんで俺こんなにドキドキしてんだ・・・
するとシャニの背中に何か暖かいものが覆いかぶさってきた・・・
後ろを見ると、ステラが抱きついてきたのだった・・・

1.何してんだよとステラを自分の体から離れさせる
2.思わず抱きつく
3.そのままステラをいただきます。
4.後ろを向いたままシャニはステラにどうしたんだよと優しく呟く

111 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/12(土) 20:13:31 ID:???
>>110話つながってなくない?

112 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/12(土) 22:27:22 ID:???
>109と>110の間を埋めてみるテスト。

>109の2で。
こいつが普段は何をやっているのかとか、記憶が曖昧そうな事についてとか
聞いてみたい事や気になる事はたくさんあったけど、ステラは先刻からケーキが気になって仕方ないみたいだ。
だから目先の食欲にまっしぐらで、同じような質問を繰り返したんだろうと自己解決する。
とりあえず今の状態じゃ話にならないし、賞味期限のシールには「お早めにお召し上がり下さい」とも書いてある。
……なら食うしかないじゃないか!
あー…でも俺から「ケーキを食おう!」とか言うのもうざい。

毛が抜けそうなくらい悩んだ末、答えの解りきった質問をして相手の出方を待つ。
「お前、好きな食べ物何?」
唐突過ぎる質問な気もするけど、気にするな。俺は気にしない。
「あ、甘いの…!ケーキ…!ステラ…、ケーキ、…好き!」
ステラはケーキの袋と俺を交互に見ながら、瞳を輝かせつつ必死に答える。
それを見た俺はケーキの入った袋を一瞥した後……

1.「ふーん」
2.「ほら、やるよ」
3.「ダメだよこれは。虫歯になるんだから」
4.「あ。やっぱり?俺も」(CV:ハイネ西川)

次の人は普通に>110の続きをよろしく。

113 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/13(日) 00:57:46 ID:???
携帯からスマソorzあえて1で


「何してんだよ」
冷静を装いつつステラを自分から離したが、心臓はバクバクだった。

「…ステラ、分かんない。シャニに、くっつきたくなったの…
くっついちゃ、ヤダ…?」

っ//何言ってんだよこいつ…
可愛い事言うなよ…

「嫌じゃ、無いけど…
普通こうゆう事は、恋人同しがする事だろ?」

「恋人って…何?」


1、セクロスをする人達
2、お互い好き合ってる人達
3、俺とステラ
4、俺とオルガ

114 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/13(日) 02:17:50 ID:???
ちょw四番は無えww

115 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/13(日) 12:25:33 ID:???
>>114はオルガ

116 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/13(日) 15:14:32 ID:???
>>112
ナイス繋ぎ

117 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/15(火) 13:57:01 ID:DNgYSl0X
保守

118 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/15(火) 18:00:24 ID:???
2で

「お互いに好き合っている人達のことだ」
「ステラは…シャニが好き」
「///なっなにを」
「恋人は好き合った者同士…シャニはステラのこと好き?」
これは…告白?どう答えれば…


1、好き
2、嫌い
3、うざーい
4、LIKEとLOVEの違いを教える


あとは頼む

119 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/15(火) 23:45:17 ID:???
3で。

「あ?うざい…」
さっきまでの柔らかくて愛おしい、居心地が悪いのに心地の良かった空気が一気に冷めていく。

だってお前、俺の事を好きになっても良い事なんて何もないんだから。
俺がお前を好きになっても、良い事なんて何もない。俺は備品なんだよ。人間じゃない。
生体CPUが恋愛だなんて、オルガが喜んで読みそうな子供騙しの小説じゃあるまいし。

「……うざ、い?うざいは…嫌いって、事?」
生気の抜けた瞳で問い掛けてくるステラは、どこか人形のようだ。
もう一言、あと一言でこいつは俺を嫌いになるだろう。それで良い。
「うざいはうざいだよ。…いちいち聞くなよ、うざい」
吐き捨てるように呟いて、ステラに背を向け歩き出す。
するとステラが……

1.引き止めてきた。
2.キレた。
3.海に向かって駆け出した。
4.無反応だった。


この展開に文句のある人は>1によろしく。

120 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 09:25:36 ID:???
じゃ4


どうやら頭の中を整理することで精一杯らしい。
(別に俺は悪くないさ、勝手に惚れた奴が悪いだけ)
さて、どうしようか

1、無言でその場から立ち去る。
2、もう会うことはないと思うよ。
3、じゃあな、星のお姫様。


gdgdな展開です

121 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 12:00:17 ID:???
いいね、こういうダークなのがいいよ

122 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 12:54:15 ID:???
このスレは全てシャニステスレを立て腐臭漂うカプSSスレにしようとしたがネタスレ化し失敗、
顔を真っ赤にしている腐女子>>1の自演で出来ています

123 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 13:31:29 ID:???
1。

黙ってその場を後にしながら、早く帰ってドリフのDVDでも見ようなどと考えていると
「お前!お前!お前ぇえええ!!」
背後から怒りに満ちた声が。その声の主は

1、ステラ
2、ネオ
3、オクレ
4、ニダ
5、クロト
6、オルガ
7、その他

124 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 14:22:09 ID:???
んじゃ7



何だ、アズラエルか。……だけどどこか違う。そう言えばあのおっ

125 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 17:55:24 ID:???
>>124
「おっさんじゃない!」
モノローグ中にアヅラエルのおっさんに怒られた。
「ヅラでもない!!」
更に怒られた。うざい。

1 無視して帰る
2 何の用か聞く
3 ニュータイプか聞く

126 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 19:09:39 ID:???
1で


うざい。こんな基地外連中に構う暇があったらドリフのDVDでも見てる方がまし。
俺は訳の分からん奴らをスルーした


さて、帰る道筋はどうするべきだろうか?


1、そのまま真っ直ぐ
2、道草を食う


127 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/16(水) 21:26:02 ID:???
このスレ長く書くよりは
細かくつなげていったほうが
みんなが参加できて楽しいかもな

128 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/18(金) 04:50:56 ID:???
2で。

街を歩いてるとゲーセンが目に入った。ここは一つ、連ザ2でもやろう。
幸いな事に一席だけ席が空いていた。
パイロットの選択画面を見ていると、どっかで見た様な顔が目に入った。
…ステラが何でパイロット選択画面に居るんだ?アイツ…もしかして俺達と同じMSのパイロット?
「…俺には関係無いね」
思わず口に出して小さく呟いてしまった。あんな女の事…俺には関係無い。最初から助けるつもりじゃなかったし。
自分に言い聞かせているみたいで嫌気が差した。イラつく。…連ザ2をやって気分を変えよう。機体はー…

1、ストライクフリーダム
2、ガイア
3、グフイグナイテッド
4、その他

129 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/18(金) 15:36:43 ID:???
4で

俺はフリーダムを選択した、強敵の強さを探ってみたかったからだ
パイロットは眼帯付けたねーちゃんにした
しかし所詮はゲームか…実際の戦闘とはまるで違う

かなしみ〜をおしえて〜♪
ん?なんか下手くそな歌が流れたが聴かなかったことにしよう
しばらくして乱入されたようだ
そいつは…

1、シン
2、ステラ
3、ミリア
4、十波由真

130 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/18(金) 15:40:50 ID:???
4って東鳩2じゃん


131 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/20(日) 14:28:35 ID:EufhCW97
保守

132 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/22(火) 12:35:32 ID:sWkAn4j1
保守

133 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/22(火) 12:50:54 ID:???
2で(シャニ本人は知らないこと前提で)



なんかうざ〜い敵が乱入してきやがった。デストロイかよ。
火力だけは馬鹿みたいにあるみたいだし……適当に死のう

あ?何こいつ?弱くね?もう国力半分以下かよwwww


決め台詞でも叫ぶか
1、撃墜スコアはもらいだい(ベ○ナル○・モ○シア風に)
2、弱ぁ〜い
3、それじゃ死んで貰うよ
4、面白かったよ


さあ、宜しく

134 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/22(火) 18:57:52 ID:???
デストロイは対戦じゃ使えんぞ

135 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/22(火) 19:24:20 ID:???



136 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/22(火) 23:30:33 ID:???
3だな。

「それじゃあ…死んで貰うよ」

俺が射撃ボタンを押そうとしたその瞬間――

「死ぬのは嫌ァッ!!」

どっかで聞いた声が向かいのゲーム機から聞こえてきた。
俺は回り込んで向かいのゲーム機に座っている奴を確かめた。そこにはステラが座っていた。

「嫌…ダメよ、死ぬのは嫌ァッ!!」

青ざめてガタガタ震えている。錯乱している様だ。ゲームごときで錯乱されてもな…。

1、「おい、大丈夫か?」
2、「君は死なない」
3、「うざーい…とっとと墜ちな」

137 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/25(金) 13:49:47 ID:EjshGnKK
保守浮上

138 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/25(金) 21:14:08 ID:???
3で

139 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/25(金) 21:55:28 ID:???
このスレ途中までは良かったんだけどな
もったいないな、このスレ

140 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/25(金) 22:14:35 ID:???
途中でダークネスなネタになったからな

141 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/25(金) 22:19:37 ID:???
誰も書かないし、>>138の希望通り3で。

「うざーい・・・とっとと堕ちな!」
俺はステラにあっけなくとどめをさした。
自分が負けたことに気づかず、なおも体を震わせ、涙を流し、錯乱しているステラに近づく。
「なんなんだよ、お前。」
「ステラ・・・シャニのあとついてきた・・・。」
「ハァ?」
―――そんなこと言われても俺、困るんだけど。

「お前、家帰ったほうがいいよ。あの変な仮面のおっさん、待ってんだろ?」
「ステラ・・・帰る・・・?」
「帰れって、お前危なっかしい。」
そう言うとシャニは踵を返し、出口に向かう。

「待って・・・!」
瞬間的にステラの手が伸び、シャニの服のすそを掴んだ。

「ハァ・・・?なんなんだよ、うざい・・・。」
「ステラ・・・置いていかないで・・・。」

目に涙をためて、上目遣いで俺を見上げるステラ。
―――なんでこんなヤツにつかまったんだ・・・。


1、そのまま振り切って帰る
2、ステラを家に送る
3、もう1ゲーム始めてしまう

頼んだ

142 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/26(土) 16:38:52 ID:???
3、にしてみるか

「おい、やるぞ」
「うぇ?」
「一緒にやろうって言ってんだよ」
「うん!」
そういうとステラはすぐに元気になった
なんだよ、放って置いても大丈夫だったじゃん
でも、こいつが相方か、100円捨てたな
「ステラこれがいい」
というとステラはガイアを選んだ
へ〜一応ガチ機体じゃん
ってか勝手に決めるなよ、うざい
さて、俺はと・・・・

1.伝説
2.自由
3.フォビ
4.ラゴゥ
5.指揮ディン
6.M1アストレイ
7.グーン

次の奴はコスト合わせしろよな

143 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 14:02:06 ID:???
あげてみる

144 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 14:58:07 ID:???
3.

だったら俺もガチでいくぜ

「お前よくこれやんのか?」
「ううん」
「ハ?たく・・・じゃあお前は下がってな。俺が全部ぶっつぶすから」
「うんうん!」

ガイアにフォビ、組み合わせは悪くない。まぁデストロイでてくるまでは楽勝だろ

そのときだった、急に回りがざわめき始める
なんだ??ん!?画面が赤く染まる

エマージェンシーだと!!くそ、乱入かよ!!こんな時に!!!

少年1「うわぁ、あの人たちかわいそう・・まぁカップルでやってるから仕方ねぇけど」
少年2「でもよりによってランキング一位に入られるなんて・・乙・・・」

負けられねぇ、女の前で負けるなんて絶対いやだ!!

「誰だよ、俺を討とうなんて奴はっ!」
「シャニ、お店では静かにしなきゃ」
「お、おう・・・」

どんなツラしてんだ、どうせメガネノデブだろ
覗いてやるぜ

!!!

「キラ、お前はまだこんなゲームやってるのかよ!」
「楽しいんだよ、これ!?ほら、アスラン何に乗りたい?♪」
「本当嬉しそうだな・・・じゃあこれ、∞ッジャスティスだ」
「ぇぇー!?アスラン超コ乗るの!?じゃあ僕はこれ!」
「おいおい!コストオーバーじゃないか!」
「大丈夫大丈夫!ほらっ始まるよ!」

まじかよ・・これはまじでうざい・・・

くそっ、作戦は・・・・

1.ストフリ集中
2・∞集中
3・臨機応変
4.タイムアップ狙い
5.捨てゲー

145 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 15:36:22 ID:???
gdgd

146 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 17:30:43 ID:???
確かに途中までは良かったの..

147 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 17:41:01 ID:???
>>120まではよかった

148 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 22:28:05 ID:???
>>145-147
おまいらそんな事言わずに
なんとか復活させるんだ





あ、俺には無理です

149 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/28(月) 23:15:23 ID:???
やり直せ!>>120からやり直せ!







あ、俺には無理です

150 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/29(火) 00:11:50 ID:???
まあとりあえず続けてみるか
2・∞集中 で

シャニ「おいステラ、あの赤いのだ
     あの赤いウザイ奴を落とすぞ」
ステラ「うん・・・・」
戦闘が開始すると遮二無二正義に突進するシャニ
接近戦はお手の物と迎え撃つ正義
両者の息もつかせぬ攻防、だがその一進一退の膠着を打ち破ったのは
一発のビームライフルだった

これって誰のビームライフルだったっけ

1 和田
2 隠者
3 ガイア

再生、できるといいな



151 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/29(火) 18:05:55 ID:???
恋愛スレの流れに再生してみるテスト。3で。

ステラが射撃ボタンを押した瞬間、一筋の閃光がインフィニットジャスティスを爆散させた。

…どういう事だ?たかがゲーム…戦闘シュミレーションとは言え、生体CPUの俺が苦労した相手にトドメをさすだなんて…

シャニは隣に座っているステラをまじまじと見詰めた。するとステラはシャニの視線に気付き、照れくさそうに小さく微笑んだ。

「…赤いのに…勝った、ね」

…なんかコイツ見てると調子狂うんだよな。もしかしたらコイツも俺と同じ…特殊な存在なのかも知れない。俺が軍以外の何処にも居場所が無い様に、コイツも何処にも行けないのかも知れない…。
…だけどコイツには心配してくれる仲間が居るんだ。オルガもクロトもアズラエルのおっさんも、俺の事を心配してる訳じゃない。
戦う駒としての俺の価値を認めてくれてるってだけだ。物扱いなんだ。コイツと俺は違う…
…やっぱりコイツは俺なんかに深入りするべきじゃないんだ。もしコイツが戦闘に巻き込まれでもしたら、悲しむ奴が居る。誰も悲しまない俺とは違うんだから…

「………。…お前…コレが終わったらちゃんと家に帰れよ。」

シャニはストライクフリーダムを倒すのに夢中になっているステラの横顔に呟きかけた。ステラはフッと手を止めてシャニの方を見る。

「…また…会える…?」

1、「会いに行くよ」
2、「…俺とはこれ以上関わらない方が良い」
3、「そんなに離れたくないなら一緒に来いよ」

さぁ、引き続き再生させるんだ。

152 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/30(水) 01:24:43 ID:???
2

「…俺とはこれ以上関わらない方が良い」
「…どうして?」
ステラが一瞬画面から目を離した隙に敵のフリーダムはガイアに向けて突進した
「それでも僕は!!」

−−作戦終了−−
「どうしてもだよ」
「…うん」
あ、いつの間にか負けてる…うざい
「負けてるな…お前のせいだぞ」
「…ごめん」
「一応関わるなって忠告はしたからな、後は勝手について来いよ」
「…え?」
「勝手にしろって言ってるんだよ
 ついてきたけりゃ、ついてくればいいだろ」
「うん!」

あ、なんか気分が楽になった
さてこれからどうしよう

1. 勝ち逃げなんて許すかよ、リアルファイトのExステージに突入
2. 家に帰る
3. 町を徘徊する
4. まだゲーセンにいる

153 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/30(水) 14:15:34 ID:???
>>110>>99の続きだった
進行がどーりで変だった スマン(´・ω・`)



154 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 14:42:01 ID:???
再生期待age

155 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 15:29:53 ID:???
1で。

なんでだろう。いつもならうざーいって思ってそれで終わりなのに。

「お前、お前、お前ーっ!!」

気づいたら乱入してきた相手に俺は殴りかかってた。

「やめてよね。君が僕に勝てるわけが」

何か相手が言いかけたけど構わない。とにかく殴る。蹴る。
許せなかった。自分がいいとこ見せられずに負けたことが。
別にあんな奴のこと・・・どうでもいいけど。

「・・・嫌」
後ろからしたか細い声に、俺ははっとした。
「ステラ・・・」
俺はその声のするほうへ顔を向ける。ステラは泣いていた。
「お前、どうして泣いてんだよ・・・」
「シャニ、そんなことしないで・・・ステラ、嫌い・・・」
俺の手は血だらけだった。別に俺の血じゃない。ただ殴ったから少しズキズキしてる。でも、それ以上に俺の心の奥底が、なぜか少し痛んだ。
「おい、ステラ・・・」
声をかけて手を差し出した。血だらけの、汚れた手を・・・


「嫌・・・ステラ・・・死ぬ・・・!!!」
「・・・え?」
俺はステラのつぶやきんに耳を疑う・・・死ぬ?
「嫌・・・来ないで!嫌ぁぁぁっ!!!」
ステラは突然俺から逃げるようにゲーセンの出口へと疾走する。まるで死から逃げるように・・・怖いものから逃げ出すように。
「っておい!お前待てよ!!」
俺はあわててステラを追いかけようとする。だけど・・・


「キラ!キラぁ!!しっかりしろ!!」
赤いのを操作してた奴が俺が殴った奴に声をかけている。そいつは俺にも怒りの声をぶつけてきた。
「よくもキラを・・・!この、馬鹿野郎!!」

なんかうざーい。でもステラもどうにかしないと・・・

1.とりあえずうざいから赤いの操作してた奴ともリアルファイト
2.無視してステラを追いかける
3.赤いの操作してた奴ともう一回連ザフで決着つける
4.倒れてる方をもっと徹底的にボコる

156 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 16:07:11 ID:IFcydNVN
再生期待

157 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 17:34:16 ID:???
キラやられたのかよwww
嫁補正もここでは無効なんだなww

158 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 19:24:54 ID:IFcydNVN
再生期待


159 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 19:32:42 ID:???
じゃ2で



ヤバいな…。察は相手にしたくないね。
それよりもステラの方だ。
ところでどっちに行ったんだ?
1、右
2、前
3、左
4、あきらめて帰る


さあよろしく

160 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 21:39:07 ID:???
1,2,3はどれ選んでも同じだろw

161 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 22:30:50 ID:???
2だな

とにかくまっすぐ。ステラは何も考える余裕はない。多分。
「逃げるな!キラの仇は俺が討つ!!」
赤いのを操ってた奴が追いかけてくる。おいおい、うざいんだけど。

1、とりあえずボコる
2、警察を呼んでストーカーとして捕まえてもらう
3、事情を説明して謝る
4、とにかく逃げる

162 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 22:41:34 ID:???
キラ死んだのかwww

163 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 22:54:08 ID:???
4、逃げるョ


「お前がキラを…キラを殺したぁ!!」
いや、死んでないって。

「俺が…お前を討つ!!」
殺したから殺されてって…あれ?誰のセリフだっけこれ。


赤いの(を使ってた奴)がオルテガハンマーで殴ってきた。
俺の中で何かが弾けた。

「お前! 今日こそはァ!!」
何言ってんだ、俺。

特格、前格、特、N格一段、横格とコンボを食らわしてやった。
…何やってんだ、俺。


とりあえず赤いの(を使ってた奴)は動かなくなった。
さぁて…



1、ステラを探しに行く
2、家に帰る
3、通報されますた

164 :通常の名無しさんの3倍:2006/08/31(木) 23:58:43 ID:???
1でいく

もう走るの疲れた、歩こ・・・・
「お〜い、ステラ、どこだよ返事しろよ〜」
って歩いてみたら発見した
しかも平常状態に戻ってる
って、誰か一緒にいるぞ

誰だよ、あれ

1.キラ
2.警察の人
3.クロト
4.アウル

さて、誰かな

165 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 12:09:12 ID:???
まさに北斗の拳かファンタジー世界

166 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 13:53:22 ID:???
2

警察の人か。
ん?よく見ると、あれは南斗六星拳の一人、妖星のユダ(声・シロッコの中の人)だ。
「お前を切り刻んでやるううう!」
「助けてシャニ!」
これはいけない。いくら俺でも相手が南斗六星拳の使い手では分が悪い。
なら、こっちも南斗の使い手を呼ぼう。
ケータイを取り出して、さて誰に電話しよう?

1・シン
2・レイ
3・サウザー
4・シュウ


167 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 14:12:29 ID:???
1と2


携帯電話の番号を押そうとした瞬間

「あんたって人はぁぁぁぁ!!」
シ ン 違 い だ
しかもアロン…なんとかって大剣背負ってるし。

「お前は…今度こそ消えなくてはならない!」
レ イ 違 い だ

「落ちろ、蚊トンボ!」
中の人ネタはいいから。


アホな三人が戦ってるうちにステラの手を握ってどこかへ
どこへ行こうか


1 ステラの家
2 シャニの家
3 手に付いた血を洗い流せるトコへ
4 ホンジュラス

168 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 17:41:04 ID:???
gdgd

169 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 17:59:10 ID:???
ここはこう言うべきだ

「あ〜、もうgdgdです。」

170 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 18:40:44 ID:???
書いてるあんたらは楽しいだろうが、見てるこっちはあ〜ぐだぐだってなる。

171 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 18:43:59 ID:???
そうだ!もっと急激な展開を!


お前が書けとか言うな ('A`)

172 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 18:44:13 ID:???
やっぱり>>120からやり直したほうが・・・

173 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/01(金) 23:38:43 ID:???
再生の勇者降臨を待つか…

174 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/02(土) 16:02:02 ID:???
勇者降臨期待age

175 :勇者:2006/09/02(土) 16:56:18 ID:???
BLOOD+路線になるけどいいか?

176 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/02(土) 17:55:32 ID:???


とりあえず、うちに連れてくか。あいつらうざいし。


―シャニの家―

「おい、大丈夫か?」
「いや…死ぬの嫌…!」

「落ち着けって…」

困ったな…

1、「うざーい」
2、「大丈夫だよ」
3、「俺が守るから…」
4、無言で抱き締める

gdgdだな

177 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/03(日) 00:57:26 ID:???
4で。


こういう時ってどうすりゃいいんだよ。
俺、女の扱いなんてわかんねぇし。

「シャニ・・・?」

俺はステラを抱き締めた。
出来るだけ強く、それでも痛みを感じないように。
こういう時、かけてやる言葉なんか見つからない俺が少し情けない。
ステラが安堵の表情を浮かべる。
なんだ、やっぱり怖かったんだな。

「大丈夫か?お前。」
「うん・・・大丈夫。」

俺が腕の力を抜こうとすると、ステラが俺の服を掴んだ。
じっと俺の顔を見て、何か言いたげだ。


1、もう一度抱き締める
2、「お前、今日は泊っていけ。」
3、コーヒーでもいれてくる


次頼んだ

178 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/03(日) 13:13:06 ID:???
勇者降臨期待age

179 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/04(月) 00:08:50 ID:???
>>177
よく頑張った

180 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/04(月) 17:17:35 ID:???
1で。

なんか顔熱くなってきた。なんか・・・うぜえ・・・。
いつのまにかステラをもう一度抱きしめていた。
さっきよりも強く、なにか、心のそこにあるものを込めて。

「シャニ・・・あったかい・・・」
「ステラ・・・」

どうしていいかわからなかった。

1、このままでいる
2、「す・・・」
3、ステラの顔を見る。

次、頼んだぞ

181 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/04(月) 18:53:06 ID:???
このまま恋愛路線でいっていいんだよな?

182 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/04(月) 20:25:10 ID:???
>>181
そろそろいいんじゃない?

183 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/05(火) 00:24:33 ID:???
よぉしいいぞぉう

184 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/05(火) 06:17:54 ID:???
3でいってみます。


シャニはあったかい。ステラを守ってくれた。
たまに怖いこともする。でも、本当はこんなに優しい。ステラには、分かる…。

抱きしめたまま、シャニはステラの顔を窺う。
それに気付いたステラは、少しだけ顔を上げて、ぽんやりとした表情でシャニを見つめた。

あったかい。あったかすぎて……

「シャニ……」

今の状態がとても心地良くて、ステラは無意識に目を閉じる。
シャニは、

1.口付ける
2.どうしていいのか分からず硬直
3.部屋に誰かが入ってくる


恋愛路線ってこんな感じで良いですか? 分かりません!

185 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/05(火) 18:21:11 ID:???
3を選択

長いような短いような沈黙の時間
だがそれは突然脆くも崩れた
「白いの〜今日こそー 必 殺!!」
バンッという大きな音と共にクロトが入ってきた
…ここ連ザがある部屋じゃん、忘れてた
「あ、あれ〜シャニ〜・・・・うわ〜!シャニが!シャニが〜!!
 女の子をさらって来た〜、 誘 拐!!」
「ば、馬鹿、こいつは違うんだよ」
「誘 拐!! 犯 罪 !!」

うざいしうるさい・・・でもこの状況はまずいな
どうやって誤魔化そう

1.思いつかない
2.この場から立ち去る
3.気にせず続ける
4.「(    )」←誰か考えて

残念だがゴールインはまだ早い

186 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/05(火) 19:09:45 ID:???
( ゚д゚)ハッ!
gdgdなヨカーン

187 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/05(火) 20:55:31 ID:???
1で。


―――何、こいつ。
シャニの顔と、変なヤツの顔を見比べる。

「・・・・・。」

せっかくシャニと二人きりでいたのに。
こいつ、なんでこんな時に来るの?
変なヤツは、シャニから連ザのソフトを受け取ったのに帰ろうとしない。
―――せっかくのシャニとステラの時間を・・・。
変なヤツに対して、沸々と怒りが沸いてきた。

「・・・・・あっち行ってぇぇえ!!」

ステラが叫んだら、シャニと変なヤツは同時にビクッと動きを止めた。

「ステラ・・・。」
「なんなんだよ、こいつは・・・。」

変なヤツは戸惑いながらもステラを見てる。

「・・・ステラ、シャニと一緒にいたいの。」
「はぁ・・・。」

やっと変なヤツは部屋から出て行った。
なんだか力が抜けて、その場に座り込んじゃった。

1、「・・・一緒にいたいのか?」
2、ステラ、なんだか眠くなってきた
3、シャニが隣に座り込んできた

gdgd回避のつもり、次は頼んだぞ

188 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/06(水) 17:08:00 ID:???
2で。

「寝るか?泊まるか?」
「・・・シャニ?」

なに言ってんだ、オレ。
自分自身がうぜぇ・・・。

「泊まるし・・・寝る・・・でも・・・」

ステラがぴったりくっついてきた。

「ステラ・・・シャニ・・・好き・・・」
「ステラ・・・オレは・・・」

1、好きとゆう。
2、キスをする。
3、うざ〜い。

次頼む。

189 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/07(木) 13:32:37 ID:???
gdgdって何?

190 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/07(木) 17:20:09 ID:???
>>189
あんたはローマ字も知らないのか。
GUDAGUDA
はい、お分かり?

191 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/07(木) 18:51:57 ID:???
無茶苦茶なレスだが1を。


ステラからの告白。俺の頭の中が半分混乱した……。
何せ、こんなことは初めてだったからだ。
どう言うべきだろうか……。そのままの気持ちを……伝えるべきだろうか……。
そして、


「お、俺も…す、好き…だ…」

微かな声だが、ステラには聞こえたみたいだ…




駄目だ…。後の選択肢を考えられない。後は頼んだ……

192 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/07(木) 23:31:27 ID:???
GUDAGUDA って何?


流石に勘付く罠

193 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/08(金) 08:13:52 ID:???
  ∧_∧
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__∧∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /  ←>>192 SHITUKOI

194 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/08(金) 13:17:48 ID:???
>>193
TSU な

195 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/09(土) 10:19:55 ID:???
>>191
ステラはちゃんと聞こえたらしいがもう一回シャニに好きって言われたかったらしいそして、シャニに言う

「何?ちゃんと言ってシャニ・・・」
上目使いで言うステラ・・・

本当はステラにもう一度好きと言いたかったが上手く言葉が出ない・・・やばい緊張して・・・
とっさに言った言葉が・・・
「うざい。」
ぼそって小声で言ってしまった

ステラは不思議そうにシャニの顔を見る・・・さっきは好きって言ってくれたのに・・・なんで?
「うそつきヽ(`Д´)ノさっきは好きって言ってくれたのになんで?」

「なんだよ、ちゃんと聞こえてんじゃねーかよ(//`∀´//)照 何回も好き好き言ってられっかよ!!」
 
「あっ、シャニ二回も続けて好きって言ってくれた( ^ω^)」

真っ赤になるシャニ・・・



勝手に続き書いてくれ・・・頼んだ


196 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/09(土) 13:28:28 ID:???
195は女子だな
文章が自然でいいよ!
GJ

197 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/09(土) 19:57:20 ID:???
女性の人が書かないとステラの心境が分からないからなぁ……
>>195に敬礼

198 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/10(日) 15:08:15 ID:???
2で。


今・・・こいつ、なんつった?
俺なんかと一緒にいて楽しいのかよ。

・・・何この心臓。うざーい。


長いような短いような沈黙の中最初に口を開いたのはステラだった。

「シャニ・・・ステラ、眠くなっちゃった」

ステラが俺に寄り掛かってきた。
温もりがやけに心地いい。

「あのね・・・ステラ、シャニのこと・・・」

すぅ。
そのままステラは目を閉じた。
思わずステラの顔を覗きこんだ。


1、「おい、起きろ」
2、ベットに寝かせる
3、優しくキs

ゴメン、gdgdだわ

199 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/10(日) 15:11:34 ID:???
>>198はなしの方向で
スマソ

200 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/10(日) 15:24:00 ID:???
>>195の続き


「あーもううざーい」
とっさに俺はステラの腕をつかんで


キス、していた。


触れたのは一瞬だったか数秒だったか、俺は知らない。馬鹿だし?

「シャニ・・・?」
きょとんとしてるステラを見て一気に顔が熱くなった。
どうやら俺は理性ってやつを無くしていたらしい。

ちらっとステラを見た。
ステラはまだポカンとしている

1、「・・・かわいすぎんだよ」
2、「ゴメン・・・」
3、そのままベットin

gdgdだorz

201 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/10(日) 15:56:07 ID:???
gdgdの定義って何だ?

202 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/11(月) 01:34:11 ID:???
別にgdgdじゃないと思

203 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/11(月) 16:09:43 ID:???
>>200
2で。


「ごめん…」
それだけ言ってシャニはステラに背を向けてしまった。

さっきのは……
シャニ…、ステラにキス……した……?
キスは好きな人にするものだって、ネオが言ってた。

シャニは……、ステラのことがすき…?


「どうして謝るの…?」
未だぼんやりしたままで、とりあえずさっき言われた言葉に疑問を返した。

ステラが好きで、キスをしたなら……、どうして謝るの?

シャニは少しだけ考え込んでいた。
「……いきなり…、だから、ごめん」
「『ごめん』は、悪いことした人が言うの……。シャニ、なにも悪いことしてないよ……?」
「……嫌じゃなかったのか…?」

シャニがようやく振り向いてくれた。

「うん……、だってステラ……」


1、「シャニのこと……好き……、だから」
2、「もう一回……して?」
3、ステラからキスする
4、部屋に誰かが入って(ry


ごめん、よく分からなくなった……。

204 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/14(木) 00:32:06 ID:???
あげとくか

205 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/14(木) 14:47:42 ID:???
4で

「おーいシャニ、クロトが呼んでるぞ。」
突然ドアを開ける音にシャニはびっくりした

「なんだよオルガ、入ってくるならちゃんとノックくらいしろよ!」

「あれ?この前居た子じゃん、女の子なんか部屋にあげちまってどうしちゃったんだよシャニ?」
オルガは見透かしたようにシャニをからかう。

「うるせぇよ。お前には関係ない。」

「ごめんなーお邪魔しちゃってシャニくん」
シャニの顔の近くで茶化すようにしゃべって去って行くオルガ、

「ほんと、面倒なとこオルガに見せちまった・・・参ったな、今度クロトにもからかわれるだろうなぁ」
 
そんなシャニを呆然と見つめるステラ
「シャニ?」

「あっごめんさっきからステラの事ほったらかしにして」

「大丈夫だよ・・・シャニだって仲間といっしょに居たいよね。ステラもスティングとアウルとネオと居るとき楽しい・・・だからシャニもいっしょに仲間と居たいよね?」

「っ・・・ステラは俺と居るの楽しい?」
ステラをまっすぐ見つめるシャニの顔を見て、楽しいの感情と違う感じがした・・・

「楽しいのとは違う・・・」
その言葉を聞いてシャニはちょっと落ち込んだ・・・

「ステラねシャニと居るときずっとどきどきしてるの。なんかよく分かんない気持ちで胸が張り裂けそうな気持ち・・・」

「それって俺と居るの嫌いって事?」

「違うよステラはね今、ネオが教えてくれた恋って感情だと思うの・・・」
シャニを見上げてしゃべる、はにかんだように幸せそうな顔で・・・

「俺に恋してるって事?」
さっきはちょっと落ち込んでたシャニが一気に舞い上がるテンション

「ステラ、シャニこと好き・・・シャニはステラのこと好き?好きならまたさっきの続きして・・・」


1、ステラにキスするシャニ
2、うざい
3、お前のこと好きだけど、ちょっと展開速いから、続きはまた今度な
4、突然クロトが部屋に入ってくる(茶化しに来た)

206 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/15(金) 16:52:22 ID:???
                          ,. ---‐y--─‐ 、_
                          /   ,.       \ー- 、ミ
                         ノ   /         \ `ヽ.
                   巛   <´   /  ノ             l
                        ) / //              l
                         /  |r_1,.イ  /    . {          ト,
                       ,. -'´  /rもミハ  |:.   .::: ..        l
                      /フ´,ィ ./ `フ }ノ! }::.  .::::: .::::   :  :  / ))
                      ///.:,' i´    ノイ::::::. .::::::::;::: :  .:: .: !: /
                       〃 / .::l  _     ):::::::::::/::::::: .:::::/::ノ::::|
                    { j.:::ノ| `ニ‐、_, /:::::::::,イ:::::::::::::::::/‐':::_ノ
                     r-、=ニ__}      //_ノ/::::;::::::::_ノノ::/ 彡
                 ,.r '''''7/   '、__ __∠r=ニ´∠彡'=='‐'´ル′♪
     〃  rゥ.‐────〃|  〃    /  / ̄)〉 ´ /``'‐<,r‐'′
        /     r‐‐--|{__/  !|     / ./  〃 /     `>♪
     //    /  ___∨  _|」,.r‐‐'7  /  // /        /     プリッキュアプリッキュア♪
.     / └─-'´    /  `x‐'   ヽ ‐--ノ  _,H'"       /
   厂' / /     / /  ``''x‐'''''''"´_,./ | |__,. -‐===〒'
-‐'" /,//     ノ‐'"    ̄/ \g'"´   ー‐'"´|    \
   y/     /      /    \        \    \  ヽ\


207 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/19(火) 00:15:17 ID:???
捕手刀閃

208 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/20(水) 22:57:51 ID:???
hosyu

209 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/21(木) 00:03:46 ID:???
しゃあない、俺が続きを書いてやろう



シャニはステラにゆっくりと口付けをした
そして互いの唇が触れ合ってとき、シャニはまるで蛇のように舌を絡ませた
あまりに唐突で困惑するステラ
そして舌を絡ませながら
シャニはステラの服を脱がせようとボタンに手を伸ばした
「シャニ・・・??」
「先に進みたいんだろ?」

続く

210 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/23(土) 00:56:11 ID:???
保守

211 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/23(土) 14:36:13 ID:???
選択肢or続きは?

212 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/23(土) 21:28:22 ID:???
誰か繋げろ

213 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/23(土) 23:48:13 ID:???
どういう展開がいい?

214 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/24(日) 12:39:26 ID:???
取り敢えずライバルの登場よろ

215 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/24(日) 20:01:29 ID:???
ほしゅ

216 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/25(月) 09:57:47 ID:???
>>209
勝手に続き書く

「別に、先に進みたいとか・・・ステラよく分からない」

「は?」
困惑するシャニ

「だってこういうこと、訓練学校で全然習わなかったから・・・」

「ちょっと待て、なんでこんなこと習わなきゃわかんねーんだよ?みんな本能的にこうゆーことは分かるの普通」

「だって・・・」

「しょーがないな、だったら今から俺がゆっくり教えるから、俺の事今から先生って呼べよ」

「センセイ?・・・」

「そうだ、先生だ」


これからシャニの先生プレイが始まった
1、キスの授業
2、キス以上の授業
3、課外授業の一環でホテルへ行く
4、その他

217 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/26(火) 10:43:17 ID:ltCEZCME
保守

218 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/27(水) 23:52:02 ID:???
ライバル→シン

219 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 07:00:04 ID:3j06yaz2
保守

220 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 15:09:52 ID:???
誰か早く続き書いてくれ(´;ω●)

221 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 18:47:24 ID:???
2で

「じゃあ教えてやるよ」
そう言うとシャニは強引にステラを押し倒す。
白くて綺麗なステラの肌。決して大きくは無いが形が整った可愛らしい胸。
眺めているだけでシャニの理性を壊すのには十分だった。
「シャ…ニ…?」
ステラは大好きな彼の名前を呼ぶが反応はない。
代わりにさっきまで優しくステラを抱きしめてくれた時とは違うシャニがいた。
構わずシャニは衣服に手をかけようとした時

「い……や…」

ステラの弱々しい声がシャニの手を止めた。
「あぁん?」
「今の…シャニ……ステラ…こわ…い…」
涙を溜めた目でステラがシャニを見上げてきた


1、ハァ?うざ〜い続行
2、「ごめん…」
3、部屋にナタルが入って(ry
空気読めてなかったらすまねぇorz


222 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 00:59:35 ID:+KsJXBxH
ほしゅ

223 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 02:15:32 ID:???
>>221
2で。

「ごめん……」
大きく見開かれたステラの瞳から、はらはらと溢れてこぼれ落ちる涙を見たシャニは、
反射的にまた謝っていた。
――俺、さっきから謝ってばっかりで…らしくねぇぜ、こんなの。
「ウザイ…」
自分で自分がよくわからない苛立ちと、ステラの涙を見たくなくて、
下を向いたまま舌打ちまじりにボソリとつぶやく。
その言葉を聞いた瞬間、ステラは弾けるようにシャニの腕にしがみついた。
「シャニ…ごめんなさい…! ステラ、こわくない…こわくないから…ステラのこと、キライにならないで……」
「お前…」
そっと腕を回すと、ステラはすっぽりと腕の中に収まってしまい、
流れる涙を拭おうともせず、そのままの瞳でシャニを見上げている。
ウザイのは俺自身で、お前のことじゃない。
そう思ったけれど、必死に腕を掴むステラを見ていたらなぜか口には出せなかった。
――キライになるどころか、カワイイし…なんか俺、コイツのこと守ってやりたいとか思ってんじゃね?コレが好き?なのか…?


1.「とりあえず、今はもう帰れよ」
2.優しくキs
3.部屋にアズラエルが入って(ry
4.その他

gdgdスマソorz

224 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 10:19:48 ID:???
俺はgdgdじゃないと思うしイイヨイイヨー

225 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 11:11:27 ID:???
>>223
1で

「とりあえず、今日は帰れよ」

シャニの服を掴みながら
「ステラのこと・・・嫌いになった?」

「別にそんなんじゃねーよ」

「ホント?・・・」

「本当だよ。今日の俺、お前見てると、絶対お前の事めちゃくちゃにするし、限界なんだよ…」
ステラから顔を背けて言う・・・

「めちゃくちゃって・・・?」
何も知らない、ガキのようにシャニを見つけるステラ・・・

「だからっさっきの続きみたいな奴・・・」


1、「シャニになら、何されてもいいよ・・・」
2、「分かった、帰る・・・また明日ねバイバイ」
3、その他



226 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 21:36:21 ID:???
>>225
2で。

「わかった、帰る……また明日ね。バイバイ…」
そう言ったステラは、それでも名残を惜しむようにシャニの手をつよく握っていた。
「あ、ちょっと待てよ。お前のその、顔…」
シャニは引き出しからハンカチを出すと、無造作にステラの前に突き出した。
差し出されたハンカチにステラは一瞬、戸惑いの表情を浮かべたけれど、
すぐにニッコリと笑って受け取った。
「ありがとう…」
お礼を言ったステラは、そのハンカチを壊れやすい宝物のように両手に抱いて、
じーっと見つめたまま動かない。

「……なんだよ?」
「ん…と……」
そのまま黙って、言葉を探すように視線を揺らして遠くを見つめていたステラの瞳が、
シャニに向けられた時、シャニの胸はなんだか軽くざわついた。

「ステラね…前にも、こうして…誰かに…ハンカチをもらったの…」
ステラはハンカチを見つめている。
「大切な人に…もらった、大切なハンカチ…あったの……」
言い終えると、ふらりと立ち上がり、振り向きもせずにドアの方へと向かう。
まるでシャニの存在を忘れたかのように。
そんなステラの様子を見ていると、シャニの意識は軽いパニック状態に陥った。

――はあ? 大切な人ってなんなんだよ!? ハンカチだぁ? 王子かよ?w
ドアの開く音で混乱した意識がかろうじて引き戻され、
シャニの視界に、部屋を出て行くステラの姿が目に入った。


1、「ちょっと待てよ。大切な人って誰だよ?」
2、「うぉあぁぁ…ク、クスリ…もらってきてくれよ……」
3、その他

ライバルを出してみたかったけどうまくいかなかったスマソ

227 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 23:12:20 ID:???
いい感じ

228 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 00:22:20 ID:???
おおぉっ!これはいい

229 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 00:52:44 ID:???
GJ

230 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 09:49:23 ID:???
GJ


231 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 06:52:35 ID:vd7yqdBw
保守

232 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 07:17:37 ID:???
糞スレ

233 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 09:43:05 ID:???
3で
「そいつ……誰?」
シャニはその一言を聞くことができなかった。
ステラの足音が少しずつ遠くなってゆく……。
(もしかしてステラ……そいつの事……)
シャニは何故か胸がズキンとするのを感じた。
「馬鹿馬鹿しぃ!wあいつが誰を好きになったって俺には関係ないね!w」 
すると誰かがドアを開けた。
クロトだ。
「おい、シャニ。今部屋から出ていった女誰だよ?w」
クロトは少しからかい気味に言う。
「別に……。」
シャニは無愛想に返事をした。
「もしかして……これか?w」
クロトのこの一言が何故かシャニにはムカッときた。
「あぁーーもぉ!ウザーーい!!」
シャニが急に怒ったのに少しビビるクロト。
「そんなにキレるなよ!(汗)……であいつは誰なのさ?w」
その時シャニは…

1、「俺の妹だよ」

2、「………(黙りこむ)」

3、その他

234 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/03(火) 21:28:10 ID:7r19BwgL
保守

235 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 04:03:27 ID:???
なんだかオルガやクロトとの友情ドラマもあって面白いですな

236 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 15:47:37 ID:???
>>226
ハンカチ王子wwwwwwwwwwww

237 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 17:39:53 ID:???
誰か続き

238 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 08:38:51 ID:???
シンは過去の人にした方がいい?

239 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:02:57 ID:???
>>233
2で

「・・・・・・(黙り込む)」

「おい、きーてんのかよ?」

シャニの頭の中はステラの言ってた大切な人がどんな奴でステラとどんな関わりがあったのかすごく気になっていた
「あ?」

「だーかーらー!!・・・・・・もういい、オルガとゲームの続きしてくる。お前最近ノリ悪いぞ」

「めんどくせーだけだよ・・・」

「あっそう、じゃあな。気が向いたらゲームしに来いよ!」

「あぁ・・・」
クロトが部屋に出で行ったあと、やっぱりあの【大切な人】が頭をよぎる・・・
(アアアアアアアアアア、胸糞わりぃ。こうなったら、直接ステラに聞きに行けばいいじゃねーか。でもどーしようかな・・・)

1、急いでステラにまた会いに行く
2、オルガたちとゲームする
3、寝る
4、その他




240 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:03:25 ID:???
そっちの方が

241 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:34:08 ID:???
誰か続き

242 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 13:27:50 ID:???
>>239
1で

気が付いたら、すごい勢いで走ってた・・・ステラ、ステラ
3分くらい走ってたら、黄色い髪の少女が歩ってた・・・
「ステラ!!」
大声でその少女の名前を呼んだ・・・
少女はびっくりした表情で少年を見た・・・
「シャニ?どうしたの?」
走ったせいでシャニは上手く言葉が出なかった
「はぁ・・・はっ・・聞きたいっ・・・ことが・・あって」
甘えた表情でステラは言う・・・
「なぁに?」
「えっと・・・その・・・」
「ん?」
「さっきステラが言ってた(大切な人)って誰だよ」
「大切な人はね・・・ステラに初めて(俺が守るから)って言ってくれた人なんだよ」
ステラのはにかむ表情がシャニの気持ちをズキズキと痛めていく・・・
シャニの頭の中は・・・(俺が守るってどーゆうことだよ・・・全然分からねーじゃねーかよ)
「それって・・・ステラはそいつの事好きって事かよ?」
「違うよ、好きとかじゃなくて・・・特別なの」
(なんだよ、特別とかそんなの一番聞きたくない言葉じゃんかよ!!)
ふと我に返ると、シャニはステラを抱きしめていた・・・
「特別とか・・・俺以外にそんな言葉使うなよ・・・」
親を取られた子供のようにすがるシャニ・・・
「シャニ・・・どうしたの?」
「いいから、このままちょっとだけこうしてて・・・」
ステラはシャニの背中に優しく手を回した・・・

gdgdな展開でスマン、次の人適当に進めてくれ

243 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 19:35:46 ID:???
シャニがステラに恋してるような気が(ry

244 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 20:39:34 ID:???
クールなシャニがみたい

245 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/08(日) 04:37:02 ID:???
しゃにすてはおわらいだよ

246 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/08(日) 23:25:38 ID:???
シャニアウル

247 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/09(月) 22:10:30 ID:???
シャニオル

248 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/10(火) 21:57:24 ID:ImpSBS+Y
保守

249 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 15:43:50 ID:???
保守

250 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 17:51:50 ID:vJRaNy2j
シャニいいよね!

251 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/12(木) 22:21:02 ID:???
>>242

「…シャニ…イイコイイコ…」
そう言いながらステラはシャニの頭を優しく胸に抱きしめ、その場にしゃがみこんでそっとなでる。
頭を抱えられているシャニも必然的にそのまま座り、膝枕をしてもらうような形になった。
「ちょ、おま……」
柔らかくて温かな二つの感触に驚いて顔を上げると、うれしそうに笑うステラと目が合う。
「…なでなで…」
包みこむ腕の力をほんの少しだけ強め、言葉に合わせてゆっくりと右手を動かす。
シャニは観念したのか、半ばヤケクソ気味でステラにしがみついた。
「あのね…ステラ、さみしい時とか…なでなでしてもらったら、すごくうれしかったの…
 イヤなコトもぜんぶ…ガマンできたし、忘れられたの…」
そっと髪をなでていた手をとめて、ステラはシャニの顔を覗き込んだ。
「…シャニは、どう…?」


1、「そうだな…」 そのまま抱きしめてもらって癒される
2、「やめろ!」 声を荒げて、ステラを振り払う
3、その他

選択肢がなかったから勝手に作った…スマソ

252 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 01:39:28 ID:???
GJ!!
そして乙

253 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 10:43:43 ID:???
>>251
1で

「そうだな・・・」
つかの間の時間、ステラに体を預けた・・・なんて柔らかくて暖かいんだろう・・・この時間がずっと続いて欲しいな・・・

ステラの顔を見上げると、さっきと打って変わって悲しそうな顔している・・・その先の視線へ目を向けると、黒髪の少年が立っていた・・・そっとステラから離れる・・・
「誰だよ・・・」

「分からない・・・でもなんか知ってる人のような感じがする・・・」
この人・・・どこかで会った気がする・・・

「ステラ」
黒髪の少年がステラの名前を呼ぶ・・・

一体誰なんだよ・・・ステラとどんな関係なんだよ。こいつらって・・・


1、シン登場でライバル現る
2、ステラは思い出せないまま、シンをスルー
3、その他

254 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 23:14:09 ID:???
>>253
修羅場!来ぃぃぃたあぁぁぁ!!
ハイパアァァァ銀(-C-(C=(^_^)q

255 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/15(日) 03:34:20 ID:???
展開に期待W

256 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/16(月) 08:24:12 ID:m/YxvJSs
保守

257 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/16(月) 11:44:35 ID:???
>>246
なんなんだよ!コラァ!

258 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/18(水) 08:01:34 ID:???
ほしゅ

259 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/19(木) 10:36:02 ID:???
>>253
1で。

「ステラ…俺、シンだよ…」
そう言ってうれしそうにこっちにくる…
ステラ、この人知ってる…あったかくて、優しいひと…
「…シン…」
名前を呼んでみたら、胸の奥がほんわかしてきて
絡みあったリボンが…ほどけるように、
あの時した約束も、想いも…いろんなコト、思いだせた気がした…

「ステラ、元気そうでよかった…」
「……うん! シンもげんき…?」
「あぁ。ところでこちらの方はステラの…?」
さっきまでの笑顔がちょっと消えて、シンは不思議そうな顔でシャニを見てる…
シンはシャニのこと、知らないから…ステラが教えてあげなくっちゃ…


1、「ステラのおともだちなの…」
2、「ステラの命の恩人なの…」
3、「ステラのだいすきな人なの…」
4、その他

260 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/19(木) 11:19:09 ID:???
>>259
4。ステラのおにぃたん♪(^ω^)おっお♪

261 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/23(月) 00:23:08 ID:???
m9(^Д^)

262 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/23(月) 00:29:07 ID:???
2ちゃんねるって不思議

263 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 14:31:47 ID:???
ほしゅ

264 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 16:37:23 ID:xTfb4/Y/
3で!

「シン…シャニはステラの大好きな人…」
ステラははにかみながらそうシンに答える。
「………じゃあ俺は…俺はどんなんだよステラ!!」
ステラは困惑しながら答えようとするが…
「うざい…お前は振られたんだよ…とりあえずさっさと帰んな!」自分でも無意識の内に言っていた。
「シャニ…?///」
ステラは不思議そうにシャニを見つめる。
「うわぁぁぁぁ」
その場の雰囲気に耐え切れないシンが逃走。
二、三分ステラと見つめ会う。

何気なく自分のポケットに手を入れると何かがあった。

1 「これで頑張りなさい」の手紙に包まれた近藤さん1ダース

2板チョコ
3携帯
4その他
5ステラがシンを追う
6その他

なんか乱してるが…
スマン

265 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:08:20 ID:???
>>264
じゃあ2で逝ってみる

ふとポケットを探ると食べかけの板チョコがあった
「・・・・食うか?」
なんとなくだった
いや話し掛ける言葉が見つからなかったからかもしれない・・・
「あ・・・うん」
取り出した板チョコを二つに割り二人で食べる
「・・・美味しいね」
「あ、あぁ・・・」
そんなごくありふれた会話だったがシャニにとってはなによりも幸せな気分だった・・・

さてこの後・・・
1、シンが戻って来てステラを連れ戻す
2、帰宅
3、近くの公園へ・・・
4、その他

なんか厨レスだったら勘忍な

266 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:17:44 ID:???
しかしここはすごいな・・・
立てた時は糞スレ言われてたのにな

やはり最初に話を書いた>>16
そんなおまいはネ申

267 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:33:31 ID:???
うむ。
よく>>2がスレの運命を決めると言われるが…
このスレは違うみたいだな。

268 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 16:41:24 ID:Twk/AwOn
保守

269 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 17:19:56 ID:???
__
                 /    ̄     ` ─ 、
.               /::::.              `''ー- ..,,_
             /::::.:.:::..              弋 ̄ ̄
            /::.:..:....:.::.:::              ヽ\
            /.:::.:.:::....: / /  / /   ll  !     ト、 i
           /:....:....:::: ト-/-/ / /   /i  /| /|   l l
           /イ / :::::: /   レ l  / | / l/ |  |! i   
           イ//:.:.....ll:.:|   \ |/    / // l リ
           /::.::i::::::::∧::l    ●        ●  |/::// /    イエーイだお
         /..:::.:!.:::.:/ヽヽ"""         """ l/イ.:./ }
        / , イ.::l::.:./:::`ヽ       (__人_丿   ノ/.:::./!::::l
.        ̄  /イ:l::/.::::il.:.::|ヽ           /イ::/:::!:::::!
          '´ヽ!/!.:.:/レ´  /⌒⌒i   /⌒ヽ /イ:.:人ト、::l
             レ/   /    |    |    \l/   ヽ!




270 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 17:26:59 ID:Twk/AwOn
>>269
やばい萌えた

271 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 06:27:49 ID:???

                                   ,、ァ
________                         ,、 '";ィ'
. ─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、                   /::::::/l:l
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙                 _/:::::::::/: !|
  、、 . : : : : : : : : r'                 `''`゙゙゙'''‐'、. l|
   .ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:              ''" ̄ ̄ ̄` ヽヽ!
   . \::゙、: : : :./:                        \ `ヽ
   . \::゙、: : : :./:                            \
.    l ヽ:ヽ、 /                            ヽ
.    !  ヽ、 ' |         !   l   |        |      }
    j       |         l  l|   !   ,   /       ,'     >>270
    /       |         lヽ l_'、  ト,   !   /! /   l !     またまたご冗談を
   /      l        |  l ∨‐弍、'、ヽ | /ティヽ   / l!|                 ,、- 、
.  /      l         '、 lrr=ラテド` ヽ |./テl/` !  / / '′               /   }¬
  //      l ,l       ヽ l`、_ビシ‐  ',/|/ゞイ  l./ /                 /,,  ,、.,/   }
. jイ       ! l!        ヾ'、  ̄   ::::::::::.ヽ | ′ 、 !               /~   ヾ::::ツ,、-/
  {_   、  l ハ       \ \         `,'   ヽ |{                '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;
    ヽ、 l!  ll  ',        ヽ 丶      _ ,. '    ヾ′              ,.'      j゙,,, ´ 7
.      ∨ヽ、ヽ  \       ヾヽ ',   ‐=r'ー..,,__    丶             /    __,,.ノ:::::ヽ. /
          ̄>、 ',`丶、     ヽ     7´―――\   ',            /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
         /{/ ヽ!   `''‐- 、  、ヽ__ノ ヽ    ┌ゝ、  !           ,'     '、ノ''"   ノ
        /  ヽ          ∧ヾ'、ヽ l   ', l ̄ ̄`,  ', l.{\         ,'            /
    __ノ !     \      /, ! `ヾ'、!   ', l    l  lハ|  丶      V           /
―‐'"´,.-‐''"`ヾ'、    \    / ! !   `∧  ', ー―‐', ′′  ヽ、    /   ,.、     /
  ,.-'´     `ヾ'、    `ヽ  {  l l   /  l  ',     !       ',   /   ,.、     /

272 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 08:34:08 ID:???
>>271
うるせーミスラだな

273 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 15:37:35 ID:1gAxI+Jj
職人マダー?

274 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 15:38:00 ID:???
>271
頭のフタが開いてるよう

275 :ビリー ◆qSoCXgWnCg :2006/10/26(木) 15:55:51 ID:GC0yXCzi
4で!!


とりあえずは歩く事にした…。
「あ、あのさ…もう遅いしマンションまで送るよ」
シャニはそうステラに言う。こんなに遅くに可愛い女の子が歩いてたら…ヤバイそうシャニは考えた。

「シャニ…優しい♪」
ステラはシャニに抱き着き弱い力でだが締め付ける。

そこに邪魔な二人が来た。オルガにクロトだ。
「あーシャニが抱きしめてる〜」
「おっ…やんじゃねーか…すみにおけねーなぁ」
二人は笑いながらシャニを虐める。

「あっ…おりゅがに…クロト…おはよ」
ステラが天然?的な挨拶をし…。

「馬〜鹿!!今はおはようだお前馬鹿だろ?〇んだ方がマシじゃねぇ?」
「馬鹿!!こんな時は流すんだよ!!お前が馬鹿だクロト」
二人が喧嘩している時にステラが錯乱し始め…

その時シャニの行動は
1 ステラを抱きしめ「お前…死なせない俺が守る」と言う

2 デステニィーに乗ったシンとステラと三馬鹿による戦いが始まる
3 アズラエルが登場し【女のなんたるか】をレクチャー

4その他

276 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 16:47:25 ID:???
二週間ぶりにここに来た・・・最近文化祭シーズンでリアル厨房は忙しいよ

277 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 01:41:24 ID:???
選択肢が微妙に厳しい…3だな


俺が(こいつら何とかなんねー?)とか思ってたら…いつの間にかオルクロの後ろにおっさんいんじゃん
「君達、自分がもてないからって冷やかしは関心できませんねぇ。ホラ、戻ってなさい」
「わーったよ!それじゃ…瞬速!」
「へっ、急いで何になんだよ…シャニ、お前も焦るなよォ?」
二人が行っちまったら、ステラも落ち着いたんだけど…おっさんうざーい
「おっさんじゃな…おっと危ない、僕としたことが(汗)。それよりもね、
レディにはもっと気品を持って接しなさい。そんな乱暴口調じゃ、怖がらせてしまいますよ?」
…う。そういやステラ泣いたっけ。じゃあどーすんだよ。
「とりあえずその子を家に送ってあげなさい、話はその後です。」
んで、俺はステラをマンションまで送ってった。
「シャニ…又ね」
…おぅ。

ガチャン

…そして帰った俺は

1すぐおっさんとこへ
2オルクロ〆んのが先
3疲れたから寝る
4自分の言葉使いを考える

278 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 12:01:52 ID:???
>>277
4おっお♪(^ω^)

279 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 12:54:24 ID:???
>>277-278
なら4で逝く

とりあえず盟主王に言われた事を考えてみる
一応上司だし

「あ、あ・・・・・うるさいでごさいますよ・・・」
(うざいんだよをシャニなりの敬語に)
なにかおかしい・・・
とりあえず誰かに聞こうか・・・

1、やはり盟主王に聞いてみる
2、なんとなくまともそうなオルガに聞いてみる
3、面倒だしもう寝る

4、その他

280 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 15:01:52 ID:???
>>279
2も捨てがたいが3もいいな
任せる

281 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 19:25:23 ID:5/yln9yy
だんだんスレタイっぽくなくなってるな
おまいらあくまでステラがシャニに恋するスレだからな

282 :ビリー ◆qSoCXgWnCg :2006/10/27(金) 19:43:09 ID:gidhjihm
あえて1で

「良いですか?恋を焦ってはなりません…彼女を敬いなさい…。」
敬う…の意味が理解出来ずテキトーに流すシャニ。
「ぁあん?よく解らないけど…とりあえず優しくしろってことでFA?」
「まぁ…傷付けず…接する事が1番です。あだ名なんてどーです?オルガにはおりゅが
クロトにはクロトンというような…感じで」
絶対に呼ばないよーにしなきゃ…何されるかわかんねーよあの二人なら…

解らない…俺…ステラの事…好きなのか?


1花びらを使い「好き嫌い占いをする」

2盟主王は無視してフレイに女心を聞く

3その他

283 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/28(土) 00:22:14 ID:???
>>281
「♪会ーえーなーい時間がー あーいーそーだーてるのさー
目ーをーつーぶーればーきーみーがいーるー♪」
・・ということで。

284 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/28(土) 19:16:26 ID:???
>>281の言う通りだ。ちょっとシフトしよ
あ、1ね

「好きぃー、きらーぃ、好きぃー…」
…何やってんだろ俺
ぇっと、ネットしてて…「花占い」っての見つけて…
気付いたら河川敷で花びらむしって…
やべー自分が何してっか分かんねー、時間じゃねーのに
「きらーぃ、好きぃー、きらー…い?」
キラィ…嫌い?
俺…嫌…い?
キライ嫌い貴来機雷吉良い帰来…
あーもーうざーい!…何考えてんだろ俺。帰ろ

…次の日。
「うー…んん」
「ステラ、そろそろ起きなさい。こんな晴れた日なんだから、外にでも行ってきなさい」
ネオが起こしてくれた。…うわぁ、ホントにいい天気…
着替えたら何処行こうかな…

1シャニのとこ
2シンのとこ
3買い物
4その他

285 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 00:02:43 ID:???
では天気もいいらしいし、4で海。

海は好き。波の音をきいて、ずぅっと視界の端から端までのびる水平線をながめて、
この海にいる魚の気持ちになったり、MSより大きい魚(信じられない!絶対いつか見たい)の事を考えたり、
そうしてると暗くなるまでお腹がすくのも忘れるくらい。
でもきょうはなんか調子が悪い、踊りたくなったりとかもしない、海を見てるのに。最近ちょっとおかしい
緑の人(シャニ)の事が最初に思いうかんだけど、うまく喋れない(私は人と話すのが上手じゃない)とまた怒られる(誤解)かも
○○に相談してみよう、○○はいつも、うまく話せなくても怒らないから

1スティング
2アウル
3ネオ
4シン
5ほか

286 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 16:03:33 ID:???
>>285
3で

ネオに相談してみよう、ネオだったら優しいし色んなこと教えてくれるし。

「ネオー居る?」
「なんだステラ?どーした?」
「あのね、ネオ・・・最近ステラなんだか変なの・・・」
「何が変なんだ?言ってごらん。」
「うん、あのね、最近ねステラね、なんだか緑の髪の男の子の事考えてると変になるの・・・シャニって言うんだけど」
「そーか、シャニの事考えてると変になるのか、もしかしてドキドキとかするか?」
「えっ、なんでドキドキするって分かるの?」
「そりゃなんだって知ってるよ、ステラの事なら。」
ニコッっと笑いながらステラに微笑む
「ネオは凄いね、ステラの事なんでも知ってる・・・ステラ自分の事すらよく分かんないのに・・」
ネオに頭をなでなでしてもらう・・・
「いいさ、これからどんどん知っていけばいい」
「そーだねネオ・・ありがとう・・・」
頭をなでなでしてもらううちに気持ちよくなって寝てしまったステラ・・・
ネオはステラを抱きかかえて、ボソりと言う・・・
「恋をした強化人間なんて、戦闘に使えない・・・また記憶操作をするか・・・医療班コイツを記憶操作室へ」
「はい。(医療班)」
「ごめんなステラ・・・でもここじゃ、自由に感情を出しちゃ駄目なんだ・・・」

寝言でステラは言う
「シャニ・・・好き・・・」

1、記憶操作でシャニ事を忘れてしまった
2、記憶操作されてもなぜがシャニの事を思い出す
3、その他





287 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 20:14:17 ID:???
うぉおおGJ!!

288 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/01(水) 21:53:56 ID:???
でやぁぁぁ! G・J!!

289 :保守人 室井正義:2006/11/05(日) 15:52:49 ID:???
age保守

290 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/05(日) 16:52:53 ID:???
お前が欲しいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!
そしてG・J!!!!!!

291 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/05(日) 18:33:27 ID:???
>>290
ドモン乙

292 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/06(月) 15:04:55 ID:???
>>286
1で

…次の日
昨日はオルガやクロトに相談したが全く役に立たなかった
まぁとりあえず今日はステラと直接話して練習してみようと思う
「シャニ、出撃ですよ」
食堂で朝飯を食い終わった所に盟主王のおっさんが寝言をほざいてきた。まだ寝ぼけてんのか?
「おっさ(ry ・・・っと、漫才してる暇は無いんですよ!ザフトと交戦中のAAを奇襲します
もう他の二人はドミニオンに乗り込んでますよ。君もさっさと乗りなさい!」
うざい・・・出来れば無視したいけどクビにされても困るしな・・・
「分かったよ・・・」
まぁ、ステラに会うのは帰ってからでもいいか。今日はさっさと撤退しよう

「ステラ、昨日はしっかり眠ったか?」
「あ、ネオ。うん、帰ってすぐ寝たから」
「そうか・・・(記憶操作は効いてるな)
 今日は新型のデストロイで出てもらうからな、相手はフリーダムだがお前ならやれるさ」
「うぇい!ステラ頑張る!!」
「ハハ、その元気なら大丈夫だな(すまんな・・・ステラ)」

「まだ着かねーの?オッサン」
「オ(ry しかしそろそろ着いてもいい頃ですが・・・」
「居ました、AAです!フリーダムは

1・アビス
2・カオス
3・ガイア(ネオ搭乗)
4・デストロイ
5・インパルス

と交戦中!」

・・・スマン、メチャ長くなったorz

293 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/08(水) 09:34:42 ID:???
保守

294 :うんこ ◆zeyvxEAaZQ :2006/11/11(土) 22:38:51 ID:???
age

295 :通常の名無しさんの3倍 :2006/11/15(水) 19:22:23 ID:???
从(*゚ヮ゚ノ 保守!

296 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/17(金) 22:14:48 ID:???
保守

297 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/19(日) 19:39:05 ID:???
最近なんだか書き込みが過疎ってるね

298 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/19(日) 23:53:49 ID:???
シーッ!

299 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/21(火) 19:13:56 ID:???
おまいら、スウェンver.のスレ見た?

300 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/22(水) 14:09:12 ID:???
さりげに300

301 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/24(金) 19:56:17 ID:???
>>292
4で

「居ました!目標AA、フリーダム、デストロイと交戦中!!」


「おい、オッサンあのデカイMSなんだよ?」

「ああ、あれは連合の最新機のMSです。こちらの味方ですよ。」

「ふ〜ん、デストロイか。おもしろい。じゃあ俺も行ってくる」
今日は赤い奴(ジャスティス)より白い奴(フリーダム)を叩いてみるか…

「では、健闘を祈ります。」

「うぜぇ…」





わけわからなくなってしまった… gdgdでゴメン……

302 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 00:50:02 ID:Lz1Udro2
>>301

「シャニ・アンドラス、フォビドゥン出る」

「オルガ・ザブナック、カラミティ発進する」

「クロト・ブエル、レイダー出るよ〜!」

「お目当てのうざい奴発見」

「ほらほら行くよー!滅殺!!」

「お前ら勝手に動くな!」

「指図すんな!久々の戦闘で血が騒ぐんだよ!(クロト)」

「あのデカイMS、俺より目立ってムカつく…もう破弾させられてるし(シャニ)」

「無理もない、アイツ(自由)は、そこら辺の雑魚とは違う(オルガ)」


デストロイの無線から悲鳴が聞こえてきた―――
『きゃぁぁぁ!』
この声ステラ?いや、しかしこんな所に、ステラが居るはずがない―――
心配になったシャニはモニターにデストロイのコックピットを映した―――
そこに映ってたのは、紛れもなく、ステラだった――

なんでココにステラが!無線に切り替えステラの名前を必死で呼んだ
「ステラ!ステラ!!」

そのうち、オルガとクロトはフリーダムと交戦している



シャニの無線に返ってきた言葉は―――?

1,「お前だれだぁぁぁ!」と錯乱したステラに叫ばれる
2,「ステラ守る…ステラ戦う…とブツブツ言って再びフリーダムに向かって行く」
3,その他

303 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 11:06:37 ID:???
1.

「オマエなんか知らない!!」

哀しかった

俺を忘れてること以上に、ステラの哀れな姿が
・・・・消してやる、ステラをこんな姿にしたお前を!

シャニはフリダームに向けて突撃する
フリーダムはたしかに強い
だがこちらは3機、今日は赤いのもいない・・・


やれる!!!


「うざいんだよぉぉ!オマエの全てがぁぁぁ」

渾身の一撃を放つ禁忌

しかし寸でのところで避ける自由

「いい加減にしろ!なぜわからない!!僕を行かせてくれ・・・」


刹那、目の前を風が通った

オルガ・クロト「シャニィィィィ」

ドンという鈍い音と共に地に落ちる俺の機体
自由の高速剣技により四肢を捥がれたのだ
もはや俺にステラを守る術が無かった


1.戦意喪失、この場から逃げる
2.クロト・オルガに期待する・・・
3.シンが運命で登場、自由を押さえ込む
4.その他


304 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 17:34:34 ID:???
GJGJ!!!!


305 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 18:58:18 ID:???
>>303
GJ乙

306 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 19:39:28 ID:???
>>303
1で

俺の中で何もかも終わった気がした…いや終わったのかもしれない……
「うっ…くる…しいっ…」
突然体が痛み出した――
薬切れか―――

当然オルガとクロトも同様だ
母艦から帰艦信号が出た

「時間です。撤退しましょう。彼等も限界でしょう」
「分かりました。メカニック班、フォビドゥンに緊急着艦ネットを!他の二機も直ちに収容せよ」

―――戦闘が一段落し、俺たちは薬を射たれてた…
あのあとステラの事が気掛かりでオッサンに聞いてみたら、俺たちが収容された後、ステラも収容されたらしい…
あの白い奴も艦に返ってったらしいし、ただの消耗戦かよ…ダセェ
オッサンはとても悔しがってた――

あれから二日たった…
ステラの本当の事が知りたくて、オッサンに頼んでステラに会いに行くことにした
―――ファトムペイン、それがステラの属する隊らしい


1,元祖3馬鹿+ムルタでガーディ・ルーに行くことに
2,シャニ独りでガーディ・ルーに行くことに
3,やっぱり行くのをやめて引きこもりになった
4,その他

307 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/27(月) 11:23:41 ID:???
>>306GJ!!

308 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/30(木) 22:02:49 ID:???
まだあったのかこのスレ。
とりあえずほしゅ

309 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/03(日) 14:01:58 ID:sYjwFJqp
まだあったか…このスレ…

310 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 00:08:44 ID:JPnjxltc
だだ誰かつづき…ネ申はまだか!?

311 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 18:40:46 ID:???
神はオマエだ

312 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 20:41:03 ID:???
 |
 |
 (‐_‐)   ←シャニ
 (∩∩)_____


313 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/06(水) 23:28:18 ID:Btn07eWI
これは読むべきだ・・・
かなり濃ゆいぞwwwww

314 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/07(木) 20:50:40 ID:qO/Xzbj+
続き。
2で

俺はガーティ・ルーに来た。
ここでステラに会える…かもな…
そして俺は事情を説明して…
中にはいることが出来た…

でももしステラが…俺のことを覚えていなかったら
怖い―――――

そして、あのときの不良の兄さんを見かけた。
すると兄さんは
「お前…どこかであった気がする」
といった。
あ〜あのときの兄さんだ。
「俺はシャニ。覚えてないか?」
と言ってみた。

「あぁ、あのときステラを助けてくれようとしたやつか。」
意外とすんなりと思い出してくれたようだ。

「ステラに会いに来たのか?」
鋭い…

「まぁな…」
うざ〜い…
なんかアウルがいつの間にか居るし
こっち見てにやにやしてて うざい

「ステラならその部屋んなかだよ。ほら」
アウルに押されてる…うざ〜い

1、そのままステラの部屋へ

2、帰る

3、アウル、不良の兄さんに相談

4、その他

gdgdでスマソ
次頼む

315 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/07(木) 20:53:24 ID:yQtglZu8
たやら

316 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/07(木) 21:39:47 ID:???
イイヨイイヨ〜

317 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/08(金) 00:51:38 ID:sRX43k/y
>>314GJ!!!
素敵ー

318 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/09(土) 01:15:16 ID:XET7Hwje
4帰ると見せかける シャニ「やっぱ帰るわ」 二人「つまんねーな〜」そういうと二人は去っていった。再びドアの前―するとドアから音がした。ステラだ 1隠れる 2出てくるのをまつ 3ダッシュで帰る 見にくくてスマソ これでDKかな

319 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/09(土) 12:00:46 ID:???
保守

320 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/09(土) 13:24:42 ID:78y+jBOD
保守

321 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/09(土) 14:32:41 ID:???
なんか人気あるなこのスレw

322 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/09(土) 23:25:24 ID:/7sj6D/y
人気はいいこと・・
おまいも読むといいよwww

323 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/10(日) 14:35:14 ID:A/K+woJw
2で。
ステラ目線

あのね…ステラが…部屋から出ると、シャニがいたの…
ステラ嬉しくてシャニに抱きついたらシャニはびっくりしたみたい…
でもすぐ笑ってくれて…抱きしめてくれたの
ステラ嬉しかった…

そしてね…シャニは…

1、「ステラ…やっと逢えた…」
2、「今度どっかいこ…」
3、「好き…」
4、「………(何も言わない)」
5、その他

こんなもんだろうか
gdgdになった…スマソ

324 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/10(日) 16:15:48 ID:???
4で。

シャニは何も言わずにステラを抱きしめていた。
回した腕から伝わるステラのぬくもり。
抱いていた不安はその熱に溶かされ、後に残されたのは、
ステラを想う気持ちだけだった。

「うざい」なんて言ってごまかしてきたけど、もうごまかせねー。
やっぱ俺はこいつのこと……


だが、記憶が漏れでたのは一瞬。
ステラは緑髪の少年から伝わる体温を、
温かく、懐かしいものを感じながらも、困惑していた。

この人誰だったっけ……
ステラ、この人知らない……
けど、この人に抱きしめられるとあったかい。
あったかくて、気持ちいいのに……胸がチクチクする。
ステラはこの人のこと知ってる?
けど思い出せない……


困惑したステラが紡ぐ言葉は……

1「好き……あれ? なんで……」
2「お父さん?」
3「はじめまして……かな?」
4その他

なんか雰囲気壊してたらスマソ。

325 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/10(日) 21:55:49 ID:???
>>324
1で。

「……好き…」

あれ…? でも…ステラ、この人のコト知らないのに…
…思うよりも先に、出てきちゃった言葉だけど…
知らないひとでも…思い出せないってコトは、知ってるはずのひと…だもん…
でも、ステラの言葉を聞いて…ちょっと怒った風な顔になっちゃった。
「…好きなの…ダメ……?」
そっと聞いてみたら、今度はちょっと俯いて困ったような表情で自分の髪をくしゃくしゃしてる。
――迷惑だったのかな……
謝ろうと思ったとき、さっきよりももっと強くぎゅって抱きしめられてた…

「俺が先に言おうと思ってたのによ…」
ぼそりとつぶやくようなしゃべり方が、すごく懐かしい感じ…
…それに、この声も……

「あーもう、こーゆうのもウザイけど…」
ゆっくりと抱きしめられてた力がほどけてく…
瞳を上げると、視線が合った。
また逸らされちゃうのかなって思ったら、そのまま…ステラを見つめたままでこう言ってくれた…
「俺、お前のこと…好、き…なんだよっ…!」


1、「…ステラも、だいすき…」
2、「ホント…?」
3、「聞いたぜ?」 物陰から不良の兄さん登場
4、その他

うまく書けなくてゴメン…

326 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/10(日) 22:51:35 ID:xT5Fss1x
最高!!!
GJ!!!

327 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/10(日) 23:22:39 ID:???

ひれトナメで主催者が全く活躍していない件

328 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/11(月) 17:38:39 ID:DaMefV87
1で。あ、ステラ目線ね。
「俺、お前のこと…好、き…なんだよっ…!」
この人は真っ赤になってそういってくれたの…

やっぱりステラこの人知ってる…
この人と居ると心が温かくなる…
これが…好き…?
「…ステラも、だいすき…」
いっちゃった…けどこの人は…
やさしくわらってくれた…
「…お前…かわいすぎ…」
そしてぎゅって抱きしめてくれた…

1アウルorスティング登場
2優しくキs
3それ以上に進む
4その他

なんか微妙な流れになってしまったorz
スマソ次よろしく

329 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/11(月) 18:57:12 ID:3YySj67u
2で。

シャニは優しくステラの頬をなでる。
ステラは気持ちよさそうに瞳を閉じ……
シャニはゆっくりと唇を重ねた。

これ……キス?
なんでだろ?知ってる……
ステラ知ってる?

海で助けてくれた……?
カステラおいしいって言ってくれた……
一緒にお星さまみた…
キスしてくれた。

ステラにあったい気持ちくれた!

1「シャ……ニ?」
2「あ…頭が痛い!」
3「うぇい!ステラカステラ食べたい♪」
4ネオ登場
5兄さんorアウル登場
6その他

なんかムダに選択肢おおい?スマソ

330 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/11(月) 22:30:40 ID:???
4

「やれやれ・・・」

いつの間にきたのか、仮面を被った男が入り口に立っていた
仮面をしてるから表情は覗えないが、声音からしてかなり困った様子だ

「なんだ、おっさん、いるなら返事ぐら・・・うお!?」
急に俺の腕を掴んで病室の外へつれていくネオ

「ステラ、今日はゆっくり寝てなさい。まだ完全に直ったわけじゃないんだ」
そういうとネオは扉を閉めた

「ネオ・・・?」
ステラはただ呆然と扉を見つめていた


「なんだよ、急に離せよ、コラ・・・いてっ」
なんなんだよ、せっかくいいところだったのに・・・

「ステラにはもう近づくな、さもなくば俺がオマエを殺す
「ハァ!!?」
このおっさん何いってやがる!んなことできるわけ・・・

「ステラを死なせたいのか?」

「何!?」

「邪魔なんだ、この手の感情はな。余計な思念は死を招く
ステラは優秀なパイロットだ、この先もアレに乗ってもらう…デストロイにな!
あいつのことが好きならここは身を引くべきだと思わないか?」


「オレは……オレはぁぁぁぁ」


1.それでも、守りたいステラがいるんだぁぁ
2.わかったよ。もうあいつにはあわねぇ
3.無言で走り去る

331 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/11(月) 23:41:16 ID:???
うおおおお!!
G・J!

332 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/12(火) 14:13:13 ID:88L/nEG2
良スレage

333 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/12(火) 21:12:30 ID:CfKpp07B
1で。

なんだよ、それ?
俺があいつを好きだとあいつが死ぬのか?
そんなことって……

俺だってあいつを死なせたくない。
誰が惚れた女を殺したがるんだ?
初めて惚れたあいつを……

「うぜぇよ……」
 気づけば声が洩れていた。
「おっさんも、あいつをあんなふうにした奴も、白い奴も、紅い奴も、
 戦争もなんもかんもだ!てめーらうざすぎんだよ!
 何があろうと、何がでてきても……
 それでも……俺がステラを守る!」

 おっさんは驚いたような顔をしながら問いかけてきた。
「本気か? 辛いぞ……その道は……」
「覚悟はある!」

その言葉を聞いたネオは……

1シャニにステラのクスリを渡す
2やっぱだめ
3その他

シャニっぽくない? スマソ

334 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/13(水) 07:09:11 ID:???
>>333
なんかシンっぽいなww有り得ないから面白いが。

335 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/13(水) 08:22:55 ID:???
ここは2でいくべき

336 :sage:2006/12/13(水) 21:15:11 ID:???
1だと終わっちゃうんじゃ…

337 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/14(木) 00:36:29 ID:shRGO8/z
age
終わったらやだなー
続いてほしい・・・

338 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/15(金) 00:18:55 ID:3JeyxwOM
age

339 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/15(金) 20:12:35 ID:???
いつまで続くんだろう

340 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/17(日) 10:33:06 ID:???
保守

341 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/17(日) 20:32:55 ID:???
もうこのスレ終わりでいいよ

342 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/20(水) 14:45:29 ID:ZLbRJY69
ほす

343 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/21(木) 02:08:59 ID:???
>>333
3で。

「守る覚悟、か。昔そんな事を言っていた少年もいたな…」
「……そいつ、どーなったんだよ?」
おっさんは俺の質問には答えないで、深いため息をついた。

そのまま沈黙が流れる。
それを破ったのはおっさんの独り言のようなつぶやきだった。

「…同じ事を繰り返すだけなのか…それとも……」
「あぁん…?」
「――ステラと逢うことは許そう。だがステラは眠るたびに全ての記憶を失う。
 それに耐えられるのであればの話だが…」
「それでも俺の事を思い出したんだよ!ステラは!
 だから俺さえ想い続けてればいい事だろ。そんなんはへーきなんだよ!」
「無理やりに忘れさせたものを思い出すことが、
 精神にどれほどの痛みと苦しみを与えるのかがわかっていないようだな。
 耐えるのはお前じゃなく、ステラだ…
 それでも…ステラが望むというのなら…」


1、「じゃあステラに聞いてみようぜ」
2、ステラがかわいそうだからあきらめて帰る
3、とりあえずおっさんを殴る
4、その他

344 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/21(木) 09:58:38 ID:???
うまく繋いだな!
GJ

345 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/21(木) 17:54:21 ID:gvV+ZQIY
シャニ頑張れー!!
GJだぜ

346 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/23(土) 15:21:17 ID:???
GJGJ

347 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/24(日) 17:07:33 ID:C96tObjA
あげ
読むべし

348 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/25(月) 17:07:41 ID:???
ネ申まちage

349 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/25(月) 17:22:52 ID:???
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

350 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/25(月) 17:23:39 ID:???
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

351 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/25(月) 17:24:45 ID:???
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

352 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/25(月) 17:31:20 ID:???
        ,.:―――‐‐.、    あたまテッカテカ 濡れてピッカピカ
      /  , - 、, - 、 ヽ    それがどうした 僕マラえもん
     / ,.-‐'l  。 ,! 。 l―.ヽ
     l l ヽ` - ○- ' ‐ i l   大人の世界の 電動ロボット
     l l - `ー┴―' ‐ l.,!  どんなもんだい 僕マラえもん
     \ヽ'       `./
       ヽ===(テ)=="l    奇妙奇天烈 摩訶不思議
       (l  ()   () .l    奇想天外 自己挿入
       l    ()   l)    悶エ迅速 男ハ不要
       l  ()     l
       l     ()  l)    マラえもん(ウィンウィン)
       (l   ()    l    マラえもん(ウィンウィン)
       l ()    () l    ツウ販デカッタ
       l    ()   l)    通ハンデ買ッタ
       〔liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiil〕    マラえもん
       〈:.....     .....:〉
       〈:.....     .....:〉
       〈        .〉
       l`ー―――‐‐'l
       `ー――――'

353 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/30(土) 19:12:33 ID:uGVy8QcW
>>343 その他で
シャニ「…ウザい」
ネオ「は?」
シャニ「うだうだウザいってんだよ!いいから薬渡せよ!」
手を差し出すシャニ。
ネオ「フッ。しっかり頼むぞ…」
ステラの元へ向かうシャニ。
シャニ「薬って…塗り薬かよ…」
1塗ってあげる。
2自分で塗ってるのを眺める。
3渡して帰る。
4その他


354 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/01(月) 12:30:43 ID:yYTep57Z
のうああぁ
GJGJ!!!

355 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/02(火) 15:33:03 ID:???
ニートはVIPでも逝ってろ

356 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/04(木) 01:07:24 ID:K56ONM0l
いやニートじゃないからね・・・

357 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 02:24:19 ID:H880R811
神待ちあげ

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★