5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ステラがシャニに恋するスレ

1 :通常の名無しさんの3倍:2006/07/15(土) 00:55:57 ID:???
「・・・好き」

「あ?うざい・・・・」

213 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/23(土) 23:48:13 ID:???
どういう展開がいい?

214 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/24(日) 12:39:26 ID:???
取り敢えずライバルの登場よろ

215 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/24(日) 20:01:29 ID:???
ほしゅ

216 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/25(月) 09:57:47 ID:???
>>209
勝手に続き書く

「別に、先に進みたいとか・・・ステラよく分からない」

「は?」
困惑するシャニ

「だってこういうこと、訓練学校で全然習わなかったから・・・」

「ちょっと待て、なんでこんなこと習わなきゃわかんねーんだよ?みんな本能的にこうゆーことは分かるの普通」

「だって・・・」

「しょーがないな、だったら今から俺がゆっくり教えるから、俺の事今から先生って呼べよ」

「センセイ?・・・」

「そうだ、先生だ」


これからシャニの先生プレイが始まった
1、キスの授業
2、キス以上の授業
3、課外授業の一環でホテルへ行く
4、その他

217 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/26(火) 10:43:17 ID:ltCEZCME
保守

218 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/27(水) 23:52:02 ID:???
ライバル→シン

219 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 07:00:04 ID:3j06yaz2
保守

220 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 15:09:52 ID:???
誰か早く続き書いてくれ(´;ω●)

221 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/28(木) 18:47:24 ID:???
2で

「じゃあ教えてやるよ」
そう言うとシャニは強引にステラを押し倒す。
白くて綺麗なステラの肌。決して大きくは無いが形が整った可愛らしい胸。
眺めているだけでシャニの理性を壊すのには十分だった。
「シャ…ニ…?」
ステラは大好きな彼の名前を呼ぶが反応はない。
代わりにさっきまで優しくステラを抱きしめてくれた時とは違うシャニがいた。
構わずシャニは衣服に手をかけようとした時

「い……や…」

ステラの弱々しい声がシャニの手を止めた。
「あぁん?」
「今の…シャニ……ステラ…こわ…い…」
涙を溜めた目でステラがシャニを見上げてきた


1、ハァ?うざ〜い続行
2、「ごめん…」
3、部屋にナタルが入って(ry
空気読めてなかったらすまねぇorz


222 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 00:59:35 ID:+KsJXBxH
ほしゅ

223 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 02:15:32 ID:???
>>221
2で。

「ごめん……」
大きく見開かれたステラの瞳から、はらはらと溢れてこぼれ落ちる涙を見たシャニは、
反射的にまた謝っていた。
――俺、さっきから謝ってばっかりで…らしくねぇぜ、こんなの。
「ウザイ…」
自分で自分がよくわからない苛立ちと、ステラの涙を見たくなくて、
下を向いたまま舌打ちまじりにボソリとつぶやく。
その言葉を聞いた瞬間、ステラは弾けるようにシャニの腕にしがみついた。
「シャニ…ごめんなさい…! ステラ、こわくない…こわくないから…ステラのこと、キライにならないで……」
「お前…」
そっと腕を回すと、ステラはすっぽりと腕の中に収まってしまい、
流れる涙を拭おうともせず、そのままの瞳でシャニを見上げている。
ウザイのは俺自身で、お前のことじゃない。
そう思ったけれど、必死に腕を掴むステラを見ていたらなぜか口には出せなかった。
――キライになるどころか、カワイイし…なんか俺、コイツのこと守ってやりたいとか思ってんじゃね?コレが好き?なのか…?


1.「とりあえず、今はもう帰れよ」
2.優しくキs
3.部屋にアズラエルが入って(ry
4.その他

gdgdスマソorz

224 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 10:19:48 ID:???
俺はgdgdじゃないと思うしイイヨイイヨー

225 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 11:11:27 ID:???
>>223
1で

「とりあえず、今日は帰れよ」

シャニの服を掴みながら
「ステラのこと・・・嫌いになった?」

「別にそんなんじゃねーよ」

「ホント?・・・」

「本当だよ。今日の俺、お前見てると、絶対お前の事めちゃくちゃにするし、限界なんだよ…」
ステラから顔を背けて言う・・・

「めちゃくちゃって・・・?」
何も知らない、ガキのようにシャニを見つけるステラ・・・

「だからっさっきの続きみたいな奴・・・」


1、「シャニになら、何されてもいいよ・・・」
2、「分かった、帰る・・・また明日ねバイバイ」
3、その他



226 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 21:36:21 ID:???
>>225
2で。

「わかった、帰る……また明日ね。バイバイ…」
そう言ったステラは、それでも名残を惜しむようにシャニの手をつよく握っていた。
「あ、ちょっと待てよ。お前のその、顔…」
シャニは引き出しからハンカチを出すと、無造作にステラの前に突き出した。
差し出されたハンカチにステラは一瞬、戸惑いの表情を浮かべたけれど、
すぐにニッコリと笑って受け取った。
「ありがとう…」
お礼を言ったステラは、そのハンカチを壊れやすい宝物のように両手に抱いて、
じーっと見つめたまま動かない。

「……なんだよ?」
「ん…と……」
そのまま黙って、言葉を探すように視線を揺らして遠くを見つめていたステラの瞳が、
シャニに向けられた時、シャニの胸はなんだか軽くざわついた。

「ステラね…前にも、こうして…誰かに…ハンカチをもらったの…」
ステラはハンカチを見つめている。
「大切な人に…もらった、大切なハンカチ…あったの……」
言い終えると、ふらりと立ち上がり、振り向きもせずにドアの方へと向かう。
まるでシャニの存在を忘れたかのように。
そんなステラの様子を見ていると、シャニの意識は軽いパニック状態に陥った。

――はあ? 大切な人ってなんなんだよ!? ハンカチだぁ? 王子かよ?w
ドアの開く音で混乱した意識がかろうじて引き戻され、
シャニの視界に、部屋を出て行くステラの姿が目に入った。


1、「ちょっと待てよ。大切な人って誰だよ?」
2、「うぉあぁぁ…ク、クスリ…もらってきてくれよ……」
3、その他

ライバルを出してみたかったけどうまくいかなかったスマソ

227 :通常の名無しさんの3倍:2006/09/30(土) 23:12:20 ID:???
いい感じ

228 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 00:22:20 ID:???
おおぉっ!これはいい

229 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 00:52:44 ID:???
GJ

230 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/01(日) 09:49:23 ID:???
GJ


231 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 06:52:35 ID:vd7yqdBw
保守

232 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 07:17:37 ID:???
糞スレ

233 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/02(月) 09:43:05 ID:???
3で
「そいつ……誰?」
シャニはその一言を聞くことができなかった。
ステラの足音が少しずつ遠くなってゆく……。
(もしかしてステラ……そいつの事……)
シャニは何故か胸がズキンとするのを感じた。
「馬鹿馬鹿しぃ!wあいつが誰を好きになったって俺には関係ないね!w」 
すると誰かがドアを開けた。
クロトだ。
「おい、シャニ。今部屋から出ていった女誰だよ?w」
クロトは少しからかい気味に言う。
「別に……。」
シャニは無愛想に返事をした。
「もしかして……これか?w」
クロトのこの一言が何故かシャニにはムカッときた。
「あぁーーもぉ!ウザーーい!!」
シャニが急に怒ったのに少しビビるクロト。
「そんなにキレるなよ!(汗)……であいつは誰なのさ?w」
その時シャニは…

1、「俺の妹だよ」

2、「………(黙りこむ)」

3、その他

234 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/03(火) 21:28:10 ID:7r19BwgL
保守

235 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 04:03:27 ID:???
なんだかオルガやクロトとの友情ドラマもあって面白いですな

236 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 15:47:37 ID:???
>>226
ハンカチ王子wwwwwwwwwwww

237 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/05(木) 17:39:53 ID:???
誰か続き

238 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 08:38:51 ID:???
シンは過去の人にした方がいい?

239 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:02:57 ID:???
>>233
2で

「・・・・・・(黙り込む)」

「おい、きーてんのかよ?」

シャニの頭の中はステラの言ってた大切な人がどんな奴でステラとどんな関わりがあったのかすごく気になっていた
「あ?」

「だーかーらー!!・・・・・・もういい、オルガとゲームの続きしてくる。お前最近ノリ悪いぞ」

「めんどくせーだけだよ・・・」

「あっそう、じゃあな。気が向いたらゲームしに来いよ!」

「あぁ・・・」
クロトが部屋に出で行ったあと、やっぱりあの【大切な人】が頭をよぎる・・・
(アアアアアアアアアア、胸糞わりぃ。こうなったら、直接ステラに聞きに行けばいいじゃねーか。でもどーしようかな・・・)

1、急いでステラにまた会いに行く
2、オルガたちとゲームする
3、寝る
4、その他




240 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:03:25 ID:???
そっちの方が

241 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 11:34:08 ID:???
誰か続き

242 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 13:27:50 ID:???
>>239
1で

気が付いたら、すごい勢いで走ってた・・・ステラ、ステラ
3分くらい走ってたら、黄色い髪の少女が歩ってた・・・
「ステラ!!」
大声でその少女の名前を呼んだ・・・
少女はびっくりした表情で少年を見た・・・
「シャニ?どうしたの?」
走ったせいでシャニは上手く言葉が出なかった
「はぁ・・・はっ・・聞きたいっ・・・ことが・・あって」
甘えた表情でステラは言う・・・
「なぁに?」
「えっと・・・その・・・」
「ん?」
「さっきステラが言ってた(大切な人)って誰だよ」
「大切な人はね・・・ステラに初めて(俺が守るから)って言ってくれた人なんだよ」
ステラのはにかむ表情がシャニの気持ちをズキズキと痛めていく・・・
シャニの頭の中は・・・(俺が守るってどーゆうことだよ・・・全然分からねーじゃねーかよ)
「それって・・・ステラはそいつの事好きって事かよ?」
「違うよ、好きとかじゃなくて・・・特別なの」
(なんだよ、特別とかそんなの一番聞きたくない言葉じゃんかよ!!)
ふと我に返ると、シャニはステラを抱きしめていた・・・
「特別とか・・・俺以外にそんな言葉使うなよ・・・」
親を取られた子供のようにすがるシャニ・・・
「シャニ・・・どうしたの?」
「いいから、このままちょっとだけこうしてて・・・」
ステラはシャニの背中に優しく手を回した・・・

gdgdな展開でスマン、次の人適当に進めてくれ

243 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 19:35:46 ID:???
シャニがステラに恋してるような気が(ry

244 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/07(土) 20:39:34 ID:???
クールなシャニがみたい

245 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/08(日) 04:37:02 ID:???
しゃにすてはおわらいだよ

246 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/08(日) 23:25:38 ID:???
シャニアウル

247 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/09(月) 22:10:30 ID:???
シャニオル

248 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/10(火) 21:57:24 ID:ImpSBS+Y
保守

249 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 15:43:50 ID:???
保守

250 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 17:51:50 ID:vJRaNy2j
シャニいいよね!

251 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/12(木) 22:21:02 ID:???
>>242

「…シャニ…イイコイイコ…」
そう言いながらステラはシャニの頭を優しく胸に抱きしめ、その場にしゃがみこんでそっとなでる。
頭を抱えられているシャニも必然的にそのまま座り、膝枕をしてもらうような形になった。
「ちょ、おま……」
柔らかくて温かな二つの感触に驚いて顔を上げると、うれしそうに笑うステラと目が合う。
「…なでなで…」
包みこむ腕の力をほんの少しだけ強め、言葉に合わせてゆっくりと右手を動かす。
シャニは観念したのか、半ばヤケクソ気味でステラにしがみついた。
「あのね…ステラ、さみしい時とか…なでなでしてもらったら、すごくうれしかったの…
 イヤなコトもぜんぶ…ガマンできたし、忘れられたの…」
そっと髪をなでていた手をとめて、ステラはシャニの顔を覗き込んだ。
「…シャニは、どう…?」


1、「そうだな…」 そのまま抱きしめてもらって癒される
2、「やめろ!」 声を荒げて、ステラを振り払う
3、その他

選択肢がなかったから勝手に作った…スマソ

252 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 01:39:28 ID:???
GJ!!
そして乙

253 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 10:43:43 ID:???
>>251
1で

「そうだな・・・」
つかの間の時間、ステラに体を預けた・・・なんて柔らかくて暖かいんだろう・・・この時間がずっと続いて欲しいな・・・

ステラの顔を見上げると、さっきと打って変わって悲しそうな顔している・・・その先の視線へ目を向けると、黒髪の少年が立っていた・・・そっとステラから離れる・・・
「誰だよ・・・」

「分からない・・・でもなんか知ってる人のような感じがする・・・」
この人・・・どこかで会った気がする・・・

「ステラ」
黒髪の少年がステラの名前を呼ぶ・・・

一体誰なんだよ・・・ステラとどんな関係なんだよ。こいつらって・・・


1、シン登場でライバル現る
2、ステラは思い出せないまま、シンをスルー
3、その他

254 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/14(土) 23:14:09 ID:???
>>253
修羅場!来ぃぃぃたあぁぁぁ!!
ハイパアァァァ銀(-C-(C=(^_^)q

255 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/15(日) 03:34:20 ID:???
展開に期待W

256 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/16(月) 08:24:12 ID:m/YxvJSs
保守

257 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/16(月) 11:44:35 ID:???
>>246
なんなんだよ!コラァ!

258 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/18(水) 08:01:34 ID:???
ほしゅ

259 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/19(木) 10:36:02 ID:???
>>253
1で。

「ステラ…俺、シンだよ…」
そう言ってうれしそうにこっちにくる…
ステラ、この人知ってる…あったかくて、優しいひと…
「…シン…」
名前を呼んでみたら、胸の奥がほんわかしてきて
絡みあったリボンが…ほどけるように、
あの時した約束も、想いも…いろんなコト、思いだせた気がした…

「ステラ、元気そうでよかった…」
「……うん! シンもげんき…?」
「あぁ。ところでこちらの方はステラの…?」
さっきまでの笑顔がちょっと消えて、シンは不思議そうな顔でシャニを見てる…
シンはシャニのこと、知らないから…ステラが教えてあげなくっちゃ…


1、「ステラのおともだちなの…」
2、「ステラの命の恩人なの…」
3、「ステラのだいすきな人なの…」
4、その他

260 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/19(木) 11:19:09 ID:???
>>259
4。ステラのおにぃたん♪(^ω^)おっお♪

261 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/23(月) 00:23:08 ID:???
m9(^Д^)

262 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/23(月) 00:29:07 ID:???
2ちゃんねるって不思議

263 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 14:31:47 ID:???
ほしゅ

264 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 16:37:23 ID:xTfb4/Y/
3で!

「シン…シャニはステラの大好きな人…」
ステラははにかみながらそうシンに答える。
「………じゃあ俺は…俺はどんなんだよステラ!!」
ステラは困惑しながら答えようとするが…
「うざい…お前は振られたんだよ…とりあえずさっさと帰んな!」自分でも無意識の内に言っていた。
「シャニ…?///」
ステラは不思議そうにシャニを見つめる。
「うわぁぁぁぁ」
その場の雰囲気に耐え切れないシンが逃走。
二、三分ステラと見つめ会う。

何気なく自分のポケットに手を入れると何かがあった。

1 「これで頑張りなさい」の手紙に包まれた近藤さん1ダース

2板チョコ
3携帯
4その他
5ステラがシンを追う
6その他

なんか乱してるが…
スマン

265 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:08:20 ID:???
>>264
じゃあ2で逝ってみる

ふとポケットを探ると食べかけの板チョコがあった
「・・・・食うか?」
なんとなくだった
いや話し掛ける言葉が見つからなかったからかもしれない・・・
「あ・・・うん」
取り出した板チョコを二つに割り二人で食べる
「・・・美味しいね」
「あ、あぁ・・・」
そんなごくありふれた会話だったがシャニにとってはなによりも幸せな気分だった・・・

さてこの後・・・
1、シンが戻って来てステラを連れ戻す
2、帰宅
3、近くの公園へ・・・
4、その他

なんか厨レスだったら勘忍な

266 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:17:44 ID:???
しかしここはすごいな・・・
立てた時は糞スレ言われてたのにな

やはり最初に話を書いた>>16
そんなおまいはネ申

267 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/24(火) 17:33:31 ID:???
うむ。
よく>>2がスレの運命を決めると言われるが…
このスレは違うみたいだな。

268 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 16:41:24 ID:Twk/AwOn
保守

269 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 17:19:56 ID:???
__
                 /    ̄     ` ─ 、
.               /::::.              `''ー- ..,,_
             /::::.:.:::..              弋 ̄ ̄
            /::.:..:....:.::.:::              ヽ\
            /.:::.:.:::....: / /  / /   ll  !     ト、 i
           /:....:....:::: ト-/-/ / /   /i  /| /|   l l
           /イ / :::::: /   レ l  / | / l/ |  |! i   
           イ//:.:.....ll:.:|   \ |/    / // l リ
           /::.::i::::::::∧::l    ●        ●  |/::// /    イエーイだお
         /..:::.:!.:::.:/ヽヽ"""         """ l/イ.:./ }
        / , イ.::l::.:./:::`ヽ       (__人_丿   ノ/.:::./!::::l
.        ̄  /イ:l::/.::::il.:.::|ヽ           /イ::/:::!:::::!
          '´ヽ!/!.:.:/レ´  /⌒⌒i   /⌒ヽ /イ:.:人ト、::l
             レ/   /    |    |    \l/   ヽ!




270 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/25(水) 17:26:59 ID:Twk/AwOn
>>269
やばい萌えた

271 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 06:27:49 ID:???

                                   ,、ァ
________                         ,、 '";ィ'
. ─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、                   /::::::/l:l
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙                 _/:::::::::/: !|
  、、 . : : : : : : : : r'                 `''`゙゙゙'''‐'、. l|
   .ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:              ''" ̄ ̄ ̄` ヽヽ!
   . \::゙、: : : :./:                        \ `ヽ
   . \::゙、: : : :./:                            \
.    l ヽ:ヽ、 /                            ヽ
.    !  ヽ、 ' |         !   l   |        |      }
    j       |         l  l|   !   ,   /       ,'     >>270
    /       |         lヽ l_'、  ト,   !   /! /   l !     またまたご冗談を
   /      l        |  l ∨‐弍、'、ヽ | /ティヽ   / l!|                 ,、- 、
.  /      l         '、 lrr=ラテド` ヽ |./テl/` !  / / '′               /   }¬
  //      l ,l       ヽ l`、_ビシ‐  ',/|/ゞイ  l./ /                 /,,  ,、.,/   }
. jイ       ! l!        ヾ'、  ̄   ::::::::::.ヽ | ′ 、 !               /~   ヾ::::ツ,、-/
  {_   、  l ハ       \ \         `,'   ヽ |{                '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;
    ヽ、 l!  ll  ',        ヽ 丶      _ ,. '    ヾ′              ,.'      j゙,,, ´ 7
.      ∨ヽ、ヽ  \       ヾヽ ',   ‐=r'ー..,,__    丶             /    __,,.ノ:::::ヽ. /
          ̄>、 ',`丶、     ヽ     7´―――\   ',            /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
         /{/ ヽ!   `''‐- 、  、ヽ__ノ ヽ    ┌ゝ、  !           ,'     '、ノ''"   ノ
        /  ヽ          ∧ヾ'、ヽ l   ', l ̄ ̄`,  ', l.{\         ,'            /
    __ノ !     \      /, ! `ヾ'、!   ', l    l  lハ|  丶      V           /
―‐'"´,.-‐''"`ヾ'、    \    / ! !   `∧  ', ー―‐', ′′  ヽ、    /   ,.、     /
  ,.-'´     `ヾ'、    `ヽ  {  l l   /  l  ',     !       ',   /   ,.、     /

272 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 08:34:08 ID:???
>>271
うるせーミスラだな

273 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 15:37:35 ID:1gAxI+Jj
職人マダー?

274 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 15:38:00 ID:???
>271
頭のフタが開いてるよう

275 :ビリー ◆qSoCXgWnCg :2006/10/26(木) 15:55:51 ID:GC0yXCzi
4で!!


とりあえずは歩く事にした…。
「あ、あのさ…もう遅いしマンションまで送るよ」
シャニはそうステラに言う。こんなに遅くに可愛い女の子が歩いてたら…ヤバイそうシャニは考えた。

「シャニ…優しい♪」
ステラはシャニに抱き着き弱い力でだが締め付ける。

そこに邪魔な二人が来た。オルガにクロトだ。
「あーシャニが抱きしめてる〜」
「おっ…やんじゃねーか…すみにおけねーなぁ」
二人は笑いながらシャニを虐める。

「あっ…おりゅがに…クロト…おはよ」
ステラが天然?的な挨拶をし…。

「馬〜鹿!!今はおはようだお前馬鹿だろ?〇んだ方がマシじゃねぇ?」
「馬鹿!!こんな時は流すんだよ!!お前が馬鹿だクロト」
二人が喧嘩している時にステラが錯乱し始め…

その時シャニの行動は
1 ステラを抱きしめ「お前…死なせない俺が守る」と言う

2 デステニィーに乗ったシンとステラと三馬鹿による戦いが始まる
3 アズラエルが登場し【女のなんたるか】をレクチャー

4その他

276 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 16:47:25 ID:???
二週間ぶりにここに来た・・・最近文化祭シーズンでリアル厨房は忙しいよ

277 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 01:41:24 ID:???
選択肢が微妙に厳しい…3だな


俺が(こいつら何とかなんねー?)とか思ってたら…いつの間にかオルクロの後ろにおっさんいんじゃん
「君達、自分がもてないからって冷やかしは関心できませんねぇ。ホラ、戻ってなさい」
「わーったよ!それじゃ…瞬速!」
「へっ、急いで何になんだよ…シャニ、お前も焦るなよォ?」
二人が行っちまったら、ステラも落ち着いたんだけど…おっさんうざーい
「おっさんじゃな…おっと危ない、僕としたことが(汗)。それよりもね、
レディにはもっと気品を持って接しなさい。そんな乱暴口調じゃ、怖がらせてしまいますよ?」
…う。そういやステラ泣いたっけ。じゃあどーすんだよ。
「とりあえずその子を家に送ってあげなさい、話はその後です。」
んで、俺はステラをマンションまで送ってった。
「シャニ…又ね」
…おぅ。

ガチャン

…そして帰った俺は

1すぐおっさんとこへ
2オルクロ〆んのが先
3疲れたから寝る
4自分の言葉使いを考える

278 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 12:01:52 ID:???
>>277
4おっお♪(^ω^)

279 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 12:54:24 ID:???
>>277-278
なら4で逝く

とりあえず盟主王に言われた事を考えてみる
一応上司だし

「あ、あ・・・・・うるさいでごさいますよ・・・」
(うざいんだよをシャニなりの敬語に)
なにかおかしい・・・
とりあえず誰かに聞こうか・・・

1、やはり盟主王に聞いてみる
2、なんとなくまともそうなオルガに聞いてみる
3、面倒だしもう寝る

4、その他

280 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 15:01:52 ID:???
>>279
2も捨てがたいが3もいいな
任せる

281 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/27(金) 19:25:23 ID:5/yln9yy
だんだんスレタイっぽくなくなってるな
おまいらあくまでステラがシャニに恋するスレだからな

282 :ビリー ◆qSoCXgWnCg :2006/10/27(金) 19:43:09 ID:gidhjihm
あえて1で

「良いですか?恋を焦ってはなりません…彼女を敬いなさい…。」
敬う…の意味が理解出来ずテキトーに流すシャニ。
「ぁあん?よく解らないけど…とりあえず優しくしろってことでFA?」
「まぁ…傷付けず…接する事が1番です。あだ名なんてどーです?オルガにはおりゅが
クロトにはクロトンというような…感じで」
絶対に呼ばないよーにしなきゃ…何されるかわかんねーよあの二人なら…

解らない…俺…ステラの事…好きなのか?


1花びらを使い「好き嫌い占いをする」

2盟主王は無視してフレイに女心を聞く

3その他

283 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/28(土) 00:22:14 ID:???
>>281
「♪会ーえーなーい時間がー あーいーそーだーてるのさー
目ーをーつーぶーればーきーみーがいーるー♪」
・・ということで。

284 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/28(土) 19:16:26 ID:???
>>281の言う通りだ。ちょっとシフトしよ
あ、1ね

「好きぃー、きらーぃ、好きぃー…」
…何やってんだろ俺
ぇっと、ネットしてて…「花占い」っての見つけて…
気付いたら河川敷で花びらむしって…
やべー自分が何してっか分かんねー、時間じゃねーのに
「きらーぃ、好きぃー、きらー…い?」
キラィ…嫌い?
俺…嫌…い?
キライ嫌い貴来機雷吉良い帰来…
あーもーうざーい!…何考えてんだろ俺。帰ろ

…次の日。
「うー…んん」
「ステラ、そろそろ起きなさい。こんな晴れた日なんだから、外にでも行ってきなさい」
ネオが起こしてくれた。…うわぁ、ホントにいい天気…
着替えたら何処行こうかな…

1シャニのとこ
2シンのとこ
3買い物
4その他

285 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 00:02:43 ID:???
では天気もいいらしいし、4で海。

海は好き。波の音をきいて、ずぅっと視界の端から端までのびる水平線をながめて、
この海にいる魚の気持ちになったり、MSより大きい魚(信じられない!絶対いつか見たい)の事を考えたり、
そうしてると暗くなるまでお腹がすくのも忘れるくらい。
でもきょうはなんか調子が悪い、踊りたくなったりとかもしない、海を見てるのに。最近ちょっとおかしい
緑の人(シャニ)の事が最初に思いうかんだけど、うまく喋れない(私は人と話すのが上手じゃない)とまた怒られる(誤解)かも
○○に相談してみよう、○○はいつも、うまく話せなくても怒らないから

1スティング
2アウル
3ネオ
4シン
5ほか

286 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 16:03:33 ID:???
>>285
3で

ネオに相談してみよう、ネオだったら優しいし色んなこと教えてくれるし。

「ネオー居る?」
「なんだステラ?どーした?」
「あのね、ネオ・・・最近ステラなんだか変なの・・・」
「何が変なんだ?言ってごらん。」
「うん、あのね、最近ねステラね、なんだか緑の髪の男の子の事考えてると変になるの・・・シャニって言うんだけど」
「そーか、シャニの事考えてると変になるのか、もしかしてドキドキとかするか?」
「えっ、なんでドキドキするって分かるの?」
「そりゃなんだって知ってるよ、ステラの事なら。」
ニコッっと笑いながらステラに微笑む
「ネオは凄いね、ステラの事なんでも知ってる・・・ステラ自分の事すらよく分かんないのに・・」
ネオに頭をなでなでしてもらう・・・
「いいさ、これからどんどん知っていけばいい」
「そーだねネオ・・ありがとう・・・」
頭をなでなでしてもらううちに気持ちよくなって寝てしまったステラ・・・
ネオはステラを抱きかかえて、ボソりと言う・・・
「恋をした強化人間なんて、戦闘に使えない・・・また記憶操作をするか・・・医療班コイツを記憶操作室へ」
「はい。(医療班)」
「ごめんなステラ・・・でもここじゃ、自由に感情を出しちゃ駄目なんだ・・・」

寝言でステラは言う
「シャニ・・・好き・・・」

1、記憶操作でシャニ事を忘れてしまった
2、記憶操作されてもなぜがシャニの事を思い出す
3、その他





287 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/31(火) 20:14:17 ID:???
うぉおおGJ!!

288 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/01(水) 21:53:56 ID:???
でやぁぁぁ! G・J!!

289 :保守人 室井正義:2006/11/05(日) 15:52:49 ID:???
age保守

290 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/05(日) 16:52:53 ID:???
お前が欲しいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!
そしてG・J!!!!!!

291 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/05(日) 18:33:27 ID:???
>>290
ドモン乙

292 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/06(月) 15:04:55 ID:???
>>286
1で

…次の日
昨日はオルガやクロトに相談したが全く役に立たなかった
まぁとりあえず今日はステラと直接話して練習してみようと思う
「シャニ、出撃ですよ」
食堂で朝飯を食い終わった所に盟主王のおっさんが寝言をほざいてきた。まだ寝ぼけてんのか?
「おっさ(ry ・・・っと、漫才してる暇は無いんですよ!ザフトと交戦中のAAを奇襲します
もう他の二人はドミニオンに乗り込んでますよ。君もさっさと乗りなさい!」
うざい・・・出来れば無視したいけどクビにされても困るしな・・・
「分かったよ・・・」
まぁ、ステラに会うのは帰ってからでもいいか。今日はさっさと撤退しよう

「ステラ、昨日はしっかり眠ったか?」
「あ、ネオ。うん、帰ってすぐ寝たから」
「そうか・・・(記憶操作は効いてるな)
 今日は新型のデストロイで出てもらうからな、相手はフリーダムだがお前ならやれるさ」
「うぇい!ステラ頑張る!!」
「ハハ、その元気なら大丈夫だな(すまんな・・・ステラ)」

「まだ着かねーの?オッサン」
「オ(ry しかしそろそろ着いてもいい頃ですが・・・」
「居ました、AAです!フリーダムは

1・アビス
2・カオス
3・ガイア(ネオ搭乗)
4・デストロイ
5・インパルス

と交戦中!」

・・・スマン、メチャ長くなったorz

293 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/08(水) 09:34:42 ID:???
保守

294 :うんこ ◆zeyvxEAaZQ :2006/11/11(土) 22:38:51 ID:???
age

295 :通常の名無しさんの3倍 :2006/11/15(水) 19:22:23 ID:???
从(*゚ヮ゚ノ 保守!

296 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/17(金) 22:14:48 ID:???
保守

297 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/19(日) 19:39:05 ID:???
最近なんだか書き込みが過疎ってるね

298 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/19(日) 23:53:49 ID:???
シーッ!

299 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/21(火) 19:13:56 ID:???
おまいら、スウェンver.のスレ見た?

300 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/22(水) 14:09:12 ID:???
さりげに300

301 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/24(金) 19:56:17 ID:???
>>292
4で

「居ました!目標AA、フリーダム、デストロイと交戦中!!」


「おい、オッサンあのデカイMSなんだよ?」

「ああ、あれは連合の最新機のMSです。こちらの味方ですよ。」

「ふ〜ん、デストロイか。おもしろい。じゃあ俺も行ってくる」
今日は赤い奴(ジャスティス)より白い奴(フリーダム)を叩いてみるか…

「では、健闘を祈ります。」

「うぜぇ…」





わけわからなくなってしまった… gdgdでゴメン……

302 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 00:50:02 ID:Lz1Udro2
>>301

「シャニ・アンドラス、フォビドゥン出る」

「オルガ・ザブナック、カラミティ発進する」

「クロト・ブエル、レイダー出るよ〜!」

「お目当てのうざい奴発見」

「ほらほら行くよー!滅殺!!」

「お前ら勝手に動くな!」

「指図すんな!久々の戦闘で血が騒ぐんだよ!(クロト)」

「あのデカイMS、俺より目立ってムカつく…もう破弾させられてるし(シャニ)」

「無理もない、アイツ(自由)は、そこら辺の雑魚とは違う(オルガ)」


デストロイの無線から悲鳴が聞こえてきた―――
『きゃぁぁぁ!』
この声ステラ?いや、しかしこんな所に、ステラが居るはずがない―――
心配になったシャニはモニターにデストロイのコックピットを映した―――
そこに映ってたのは、紛れもなく、ステラだった――

なんでココにステラが!無線に切り替えステラの名前を必死で呼んだ
「ステラ!ステラ!!」

そのうち、オルガとクロトはフリーダムと交戦している



シャニの無線に返ってきた言葉は―――?

1,「お前だれだぁぁぁ!」と錯乱したステラに叫ばれる
2,「ステラ守る…ステラ戦う…とブツブツ言って再びフリーダムに向かって行く」
3,その他

303 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 11:06:37 ID:???
1.

「オマエなんか知らない!!」

哀しかった

俺を忘れてること以上に、ステラの哀れな姿が
・・・・消してやる、ステラをこんな姿にしたお前を!

シャニはフリダームに向けて突撃する
フリーダムはたしかに強い
だがこちらは3機、今日は赤いのもいない・・・


やれる!!!


「うざいんだよぉぉ!オマエの全てがぁぁぁ」

渾身の一撃を放つ禁忌

しかし寸でのところで避ける自由

「いい加減にしろ!なぜわからない!!僕を行かせてくれ・・・」


刹那、目の前を風が通った

オルガ・クロト「シャニィィィィ」

ドンという鈍い音と共に地に落ちる俺の機体
自由の高速剣技により四肢を捥がれたのだ
もはや俺にステラを守る術が無かった


1.戦意喪失、この場から逃げる
2.クロト・オルガに期待する・・・
3.シンが運命で登場、自由を押さえ込む
4.その他


304 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 17:34:34 ID:???
GJGJ!!!!


305 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 18:58:18 ID:???
>>303
GJ乙

306 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/25(土) 19:39:28 ID:???
>>303
1で

俺の中で何もかも終わった気がした…いや終わったのかもしれない……
「うっ…くる…しいっ…」
突然体が痛み出した――
薬切れか―――

当然オルガとクロトも同様だ
母艦から帰艦信号が出た

「時間です。撤退しましょう。彼等も限界でしょう」
「分かりました。メカニック班、フォビドゥンに緊急着艦ネットを!他の二機も直ちに収容せよ」

―――戦闘が一段落し、俺たちは薬を射たれてた…
あのあとステラの事が気掛かりでオッサンに聞いてみたら、俺たちが収容された後、ステラも収容されたらしい…
あの白い奴も艦に返ってったらしいし、ただの消耗戦かよ…ダセェ
オッサンはとても悔しがってた――

あれから二日たった…
ステラの本当の事が知りたくて、オッサンに頼んでステラに会いに行くことにした
―――ファトムペイン、それがステラの属する隊らしい


1,元祖3馬鹿+ムルタでガーディ・ルーに行くことに
2,シャニ独りでガーディ・ルーに行くことに
3,やっぱり行くのをやめて引きこもりになった
4,その他

307 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/27(月) 11:23:41 ID:???
>>306GJ!!

308 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/30(木) 22:02:49 ID:???
まだあったのかこのスレ。
とりあえずほしゅ

309 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/03(日) 14:01:58 ID:sYjwFJqp
まだあったか…このスレ…

310 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 00:08:44 ID:JPnjxltc
だだ誰かつづき…ネ申はまだか!?

311 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 18:40:46 ID:???
神はオマエだ

312 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/04(月) 20:41:03 ID:???
 |
 |
 (‐_‐)   ←シャニ
 (∩∩)_____


313 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/06(水) 23:28:18 ID:Btn07eWI
これは読むべきだ・・・
かなり濃ゆいぞwwwww

140 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★