5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【CCA後・ここだけの話】シャアとアムロの隠居生活

1 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 01:41:25 ID:???
噛み合っていないのかいるのか、凡人にはよう分からんこの二人が、
生き残って共同生活を営んだらどうなるか。
想定される日常生活模様、連邦捜索局からの逃亡劇、喧嘩、その他もろもろを
またーり考察してみよう。なスレ。

尚、どたばたコメディーなサバイバル系を望んでいる猛者はここだ。
 
●いくつになっても結婚してないシャアは駄目オトコ9
  http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1134050614/l50



2 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 01:44:51 ID:???

                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< たねたねたねたね!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚ )< たねたねたねたね!
 SEED〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄

3 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 02:46:35 ID:???
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< たねたねたねたね!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚ )< たねたねたねたね!
 SEED〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄



4 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 03:00:19 ID:???
まず地球に落ちたのか宇宙のどこかのコロニーに流れついたのか、
それだけでも大分話は変わってくるな

5 :アムロ:2006/04/22(土) 05:13:36 ID:???
イナ ゝ二二ニ    )ノ l/二二ゝ ,ト、 } 〉
く. `:::-r‐t:::ァ、     :: ,r t::ァ 、:..∠人/
.ノ     ̄ ̄        ̄ ̄   lノ
(         〉   〈       |   ________________
ノ           i       i        / でもガンダムを
         / ゝ'^ ‐'^┘ヽ W   <  一番巧く扱えるのは僕なんでぇ〜
      /  , ' ニニ丶、 丶  / l  \  カミーユには次で頑張ってって感じ
.       ーくJ凵凵_j> >   : /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
丶      `丶-−-- '´     /

6 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 10:11:25 ID:???
地球は取り敢えず連邦の本拠地なわけで。
シャアにとって伝手が多いのはコロニーの方だと思うし、連邦よりコロニー
を知り尽くしている男だから、地球に落ちてもまた宇宙に上がるんじゃねーか?
偽造IDかなんか作って。シャアには銃殺刑が待っている訳だしな。
策略家な二人だからなんとかなるだろきっと。
しかもアムロにとってももはや連邦の上層部は、彼を戦争兵器でしか見ない
だろうから、地球に残るのはまずいという事でシャアに付いて行く。
つーか手綱握るためっつーのが本当の所かもしれんがな。
だから最終的にコロニーの辺境地で暮らす。

でもνの残骸すらも確か見つかっていないんだよな?
地球に落ちたっつーより、コロニーに流れ着いた方が考えられそうだ。
νもコロニーで隠せそうだ。


7 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 11:51:02 ID:???
しかし特に劇場版でだが刺し違えてもいいとお互いは思っていた
あまり生きることに執着してないんじゃないかと思うがどーよ。
地球に残って見つかっても『殺るなら殺れよ』と思ってる。


8 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 11:52:15 ID:AH/OIrh3
あげておく。

9 :兄さんは死んでくれればいいのに!:2006/04/22(土) 14:33:52 ID:???


                  -、、 lヽ
               , - '"´ ̄`ー''∠..,
            , '´              `ヽ、
        /                 \
         , '                   ヽ
        /                       ヽ
      /                         '、
     i     ィ l、、     、             ',
      !     ハl ヽ ー- ,、__ヽ ',            ',
     l    l  ヽ  _,.ィ_,ィtオヽ .!                ',
     l,   l_,,...、ヽ   ´ -´  l l              i
     lヽ.  l=rヘヲヽ      l'              l
    / 、ヽ ヘ`  |      /  ,              |
.    〃 l   ヽ  '、.、 _,  ,'  / ,           !
  //  l    ヽ   くノ  l  i  i             ノ
 'ーく_  l     `ヽ、 " └-!_ !          /
    ``ヽ、      `` ー '´ jィ´\      , ィ ´
       `ヽ、  i       ll1   ` ー‐ '´  !
           `` ー---― '' ll.l  _,. -―――ヽ
                 rリヶ'ィ       /\ ',
                 ノ/     /    ヾ
               /---- 、  /      l
                /      `ヽ、      l
            /          ヽ        !


連邦なんかより一番ヤヴェのはコイツだってば

結論:地球には住めん。

10 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 14:45:14 ID:???
アムロが間に入ればセイラさん許してくれるんじゃね?
まあ地球がやばいことには変わらんが。

しかし宇宙は宇宙で、ネオジオン系の人間がシャアをやっきになって探してそう。
ネオジオンの人間は、アムロ見たらやっぱり殺そうとするかな

11 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 14:55:17 ID:???
俺にはなんでセイラさんがシャアを頃したがってるのかよくわからんのだが
アニメしか見てないからかな?・・・えらいひと、解説お願い

12 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 16:46:34 ID:???
シャアは新聞紙持って便所に一時間は篭っていそうなイメージ
があるのは折れだけか?
特に朝それされると大迷惑で腹も立つ。

アムロ「シャアめ!」
シャア「アムロ!まだ早い」
アムロ「それはエゴだよ!!」


13 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 16:58:16 ID:???
この二人が共同生活したら、ご飯の盛り付け方だけで人類の未来が云々、地球の運命が云々と派手な喧嘩を初めそうだ。

14 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 19:51:25 ID:???
「兄は生きているわ。そして時が来るのを待っている。そんな兄は見たくない。いっそ死んでくれれば・・・。」
とセイラは言っているよな。
つまりは、兄が自分を自分で追い込む様なことはさせたくない、という
家族愛の裏返し鴨。

それから考えて、ここのシャアの考察は頷けるものがある。
 //homepage3.nifty.com/mana/gundam-s14.html


15 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 20:12:04 ID:???
>14
 読んでつくづく思ったが、イボルブでクェスの救済もいいが
 俺はシャアの救済が見たかった。
 序でにアムロの救済も同時にやって欲しい。
 アムロはアムロで多分分かってたんだろうな、自分のやっちまった事。
 だからZでシャアを擁護したりしてたし。
 だが隕石落とすといった日にゃ、待てよゴルァ!!つー気持ちだったんだろう。 
 その上でのあのCCAのラストじゃねーかな(心中)。

 このスレでだけでも奴らを救ってやりたいぜ

16 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 21:15:04 ID:???
どっちも頑固だから喧嘩はするだろうけど。
でも、心の光でアクシズを二人(?)で押し返したから、ある程度お互い許し合って
和解してるんじゃないかな?
ダカールの日くらいの雰囲気で仲良くやってんじゃない?根は認め合ってるし、いい大人だし。
連邦の政治政策って何時までも甘いだろうから、情報が流れる度に
シャアが不機嫌になってアムロがあの調子で穏やかに話しかけて落ち着かせるような気が。
隣に爆弾がいるだけアムロも大変だ。


17 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 23:27:13 ID:???
>>14の考察、つい読み耽ってしまった
「シャアって病気持ちだろプゲラ」とかは前から思ってたがこうも分析されると
妙に納得というか可哀想な奴だなって思えてきた

>>15
確かにシャアの救済も見てみたいな
やっぱ救済出来るのはアムロくらいしかいないか
戦争だのから一切離れてしまえば案外上手くいくんじゃない?

18 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/22(土) 23:38:17 ID:???
>>10
アムロが間に入れば。
想像したら吹いたww
それならセイラさんも許してくれるわな。
アムロがセイラさんを訪ねるのは最終手段って感じがするな。
宇宙に上がる前捜査局の目から逃れる時に。

アムロも確かにネオジオン系の奴らが多いコロニーじゃ生き難いかもしれないが、
だからって常に命狙われるって訳じゃねー希ガス。
連邦の元首ならいざ知らず、アムロは英雄であっても所詮一MSパイロット。
やっぱりネオ塩の奴らの狙いはシャアを見つけ出す事だよな。
正体バレる前にdずら。
地球側にとっちゃあシャアは一級戦争犯罪者或いはテロリストにしか写らない。
しかも元総帥。見つかれば即殺。
「私は貴様と違ってパイロットだけやっとく訳にはいかん!」
はい。もうその通りで。

つーことで両者天秤にかければ、コロニーが比較的安全だと思われる。
どっちも駄目なら土星のワッカの上にでもすみゃーいいんじゃねのwww


19 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 00:21:16 ID:???
シャアとアムロの救済に関しては、>>1で紹介されたスレでもうされてるんだよな。
でも同じじゃ面白くないから、違う場所に隠居させれば問題ないかと。
そんなわけでムーン・ムーンなんてコロニーに移すのも手かと。

20 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 00:39:47 ID:???
>>19
火星にブッ飛ばすってのもありじゃないか?

21 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 01:01:53 ID:???
木星行って、第二第三の木星じいさ…いや、なんでもない

22 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 09:12:20 ID:???
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83
%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E9%96%A2%E9%80%A3%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7#.
E9.9D.9E.E8.BB.8D.E4.BA.8B.E6.96.BD.E8.A8.AD.EF.BC.88.E6.B0.91.E9.96.93.EF.BC.89.E3.80.81.
E5.9C.B0.E5.90.8D

これを参考にしてもいいかもだ。
この時点で月では数都市存在していて、月表面だけでなくその地下にも巨大な
町が建設されている、らしい。

んで火星にはモールズモビルという火星独立ジオン軍が存在しているらスぃー。

>>1
そこの話も好きだが、ここのスレの良い点は比較的真面目に語られている
所かもしれん。
つまりここではシャアがかなりマトモ になれそうな予感(藁)。
まともに行けば大統領になれた男なわけだし。

23 :呼んだかな?:2006/04/23(日) 09:23:41 ID:???

               _,,,,,,,,,,,,,_
             ,,r;:r""      ヽ、
          ,r'" "     ,r''"`   ヽ、
         ,r"  /   ,,r ,r"rヾ、`ヽ、 ヽ、
        ,|、_ (_   _ (_,r"'"  ヽ、 `ー、i
         ,|ヾl`'ー`ヽ!`i'"      ゙i、  _,〕
         tヽ|     ゙i、      ヾー[」-!、
         ヾ|     ゙i、,|  _,,,;;;=''"`  ヽノ、 〕
          !i,‐-;;;;;;、,゙i、r'"-,ニlア    |i、゙`イ|
.          `i;-、ニlア i、 "      |、ヾ|l|゙
.           ゙i,    |:|         | ゙i, ノ,
            ゙l、  `!_,,.       | ゙i |
             ゙!、  ,,,,.. -'''    /  | .|
              ゙i、   --    ,r'   ゙i_!-;
               `!、     ,r"_,,,r-'''ニ-‐''゙i
              rヾ、`ーr‐''ニ""-‐'"     ヽ,.........,___
             __λ i,ヾ| i''"       _,,.r-t"_,r'"_:_:_
    ____,......r-i'",r'ヽ | |:| |     _,,--'"   ~ヽ、:::::  !.
  < ̄ j'"ー'''''j;, ̄ ̄  `i | |:| |  _,,r''"        ヽ、:::::  `t、/
    冫>、i :::::,r'"      i i,r ノ_,,r'"           ヽ、:::::.. /
   |,イ'" ::,r"        ト,i",r'"              ヽ、 :::/
   /::::,r'" __     // |     r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ヽ/


24 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 22:43:36 ID:???
木星に行くってのはアリじゃないか?
地球圏に居るよりはバレにくいんじゃないかね

25 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 23:18:57 ID:gnMvAZ6i
木星ってZでもVでも良く出てくるよな。
でも実際どんなところなんだ?
そこは軍事施設とかじゃなくて、民間人いるのかな。


26 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/23(日) 23:22:25 ID:???
なんだか801っぽい内容を想像してしまったが…
と書き込もうとしたが止めようかと思う。

27 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 00:17:45 ID:???
>>26
あんさんもう書いてまんがな

28 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 00:26:55 ID:???
>>25
あり得そうな設定(俺設定とも言うかも)としては…

木星圏に限らず地球圏以外の場所は南極と同様に国家・団体の領有が認められず、
資源自体は全人類(含:それ以外の生物)の共有財産で、
採掘・採取した資源はそれを行った者のものとする。

とすれば、むしろ軍以外の組織しか立ち入れない場所なんじゃないかと思う。
何かの本に書いてあったけど、連邦船籍とジオン船籍のヘリウム輸送船が
同じフレーム内に写ってるという前提のイラストがあった気がする。
MS-ERAかな?

29 :28:2006/04/24(月) 00:31:07 ID:???
補足。
「軍以外の組織しか立ち入れない場所」とは書いたけど、
自衛の目的に限り軍も同行するのではないかと。
ただし敵陣営の船だからといってそれを攻撃・拿捕などを
行ってはならない、って感じで。

30 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 07:55:16 ID:???
>>28-29
ほほう。
かなり的確で分かりやすい説明乙。
とすれば、コロニーなんかより木星や火星辺りがあの二人にとって安全
なのな。
火星は余裕でテラフォーミングされてそうだし、土星は衛星を十個以上持ってる。
そう考えれば宇宙は果てしなく広いな。
なんだかシャアとアムロは上手く連邦の手から逃げ切れる様な気がしてきた。
俺としては、余り地球から離れていたら見守るのも出来んかと思ったが
そうも言ってられんか・・・。何てたって引退な訳だし。 

31 :28:2006/04/24(月) 08:52:57 ID:???
>>30
そうかも知れないね。
ただ、テラフォーミングに関してだけは意見が違うかな。
きっと宇宙開発関係の予算はほぼ全部スペースコロニーと
ヘリウム3採掘に使われているっていう刹那的な状況で、
火星も人間が滞在できる程度には基地があっても
テラフォーミングまではされていない、って思う。
されていればもっと劇中に火星が出てきてもいいはずだし。

32 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 13:45:44 ID:???
シャア「リンス・イン・シャンプーだと?貴様正気か?!」
アムロ「使ってみなくちゃ分からん。メリットは伊達じゃない」
シャア「洗髪液が欲しくて貴様に金を渡したが、これはナンセンスだ!」
アムロ「馬鹿にして。そうやって貴様は永遠にリンスインシャンプーを見下す事しかしないんだ!」

エンドレスだなこいつら。

33 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 13:52:09 ID:???
あー、次元の低い会話が似合うよな、この二人

34 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 14:26:10 ID:???
>>33
この展開だと必然的にプルズが出てきてしまうぞ

35 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 14:29:51 ID:???
被ってしまうぞ(笑)。向こうに申し訳が立たんからな。
ここは現実味が出ている雰囲気がいい気がしていたが。

36 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 14:39:48 ID:???
主婦の立場から現実的な問題を言わせて頂きますが。





生活費はどうするのかしら。
アムロ元大尉がジャンク屋でバイト?
・・・それともシャア元大佐が株で当てる?
まさかNTの勘ってもので競馬で一攫千金万馬券?
そもそも以前の貯金なんて引き出せないだろうから無一文よね。
なにはともあれ、頑張れー。

37 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 16:53:52 ID:???
シャアなら金塊のひとつや二つ、どこからともなく調達してくるよ

38 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 18:43:23 ID:???
νガンダムとサザビー、売るよ!



・・・どう考えてもそこから足がつきます、本当にありが(ry

39 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 19:54:14 ID:???
ニュータイプって競馬や競艇、スロット、宝くじ、麻雀とかつよいのかな?
だとしたらそれってすげー

40 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:12:22 ID:???
今ララァが言った!ニュータイプはギャンブルの道具じゃないって!

41 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:15:24 ID:???
>>39
オリジンではララァがルーレット当ててたな。出来るんじゃね?
しかしあの二人が馬券握り締めて「させー!させー!」言ってたら笑うw

42 :36:2006/04/24(月) 20:19:00 ID:???
>金塊の一つや二つ

なんて便利な旦、もとい相棒・・・。

NTの麻雀でも、メンバーによりますよね。
四人全員がNTだとさぞかし凄まじい戦いが予想されます。
コクシムソウやツーイーソーくらいは当たり前なのでしょうか。

スレ主さん、話をずらしてごめんなさいでした;

43 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:20:04 ID:???
40−41
 爆笑!

44 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:23:59 ID:???
>41
あれはルーレットを読めるというより
ディーラーがルーレットのどこに落すかを読むって感じだったな
だから、ディーラーが下手糞だと落そうと思ってるところに落せないから、外すという

つまりプロの人間相手のギャンブルだったらイケる
宝くじみたいに感情や能力よりも運任せのものは駄目だと思う

45 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:28:21 ID:???
神出鬼没のシャア大佐なら、稼ぎ口には困らなそうですな。
いやほら、密輸とか逃がし屋とか暗殺とか。
アムロは逆に、パイロットを除けば機械いじりくらいしか能はなさそうだから
一攫千金は狙えなさそうですな。

ただ、一般生活でどちらの需要が多いかと言えば…
穀潰しのシャア…

46 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:36:12 ID:???
>>42
アムロ
「なんでまともに働かずに麻雀三昧なんだ!?
貯金が少なくなってここに住めなくなる!アパートを追い出されるぞ!」
シャア
「私、シャア・アズナブルが一発当てようというのだ、アムロ」
アムロ
「エゴだよ、それは」

お約束

47 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:37:06 ID:???
>45
ああ、確かにアムロって金に余り興味、というより縁がなさそう。
>密輸、暗殺。
シャアが大金稼いで来るたびに、「こんな大金一体どこから・・・!」
と詰め寄りそうだ。コワ。

少しシャアが哀れに思えてきた俺。


48 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:39:03 ID:???
>>46
www鬼畜だよそれは!

49 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:39:43 ID:???
シャア「アムロ、居てくれなくては困る。君のような支えがいる…」
アムロ「お前もちょっとは稼げよ」

50 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:42:58 ID:???
雀荘につれてこられたアムロ。

アムロ「ロン!」
シャア「今度は何をやらかしたのだ?」
アムロ「今度は綺麗だぜ?ほら、字ばっかり」
メンバー一同「ツー・・・・ツーイーソー!!!」
シャア「ばかな!いくらNTとは言えあり得ん!」
アムロ「以外と面白いな。じゃんじゃん行こうか」

白い悪魔、再来。

完。

51 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:44:10 ID:???
>>49
ヒモだよそれはwww

52 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:47:42 ID:???
シャア「アムロ、大家が煩いのだよ・・・」
アムロ「シャア・アズナブル。いや・・・ニートでいたいからこそ辛いのか?」


53 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 20:48:52 ID:???
二人一緒に暮らすって条件がなければ、シャアは十分ヒモでやってけそうだな

54 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:09:16 ID:???
アムロ「(待ちが)見える…!」
シャア「今すぐ私に發を授けてみせろ!ポン!」
カミーユ「こんな手はクズだ!あがっちゃいけない存在なんだ!」
ジュドー「配牌のせいじゃないね、俺の実力だね、俺の!」

55 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:13:19 ID:???
なんだかシャアとアムロのギャンブル生活になっとるw

そういやアカギはアムロがナレーターだったな

56 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:15:45 ID:???
>54
凄絶な戦いだ。
そのメンバーに混ざりたくないがww観戦はしたいよ、マジで。


57 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:27:55 ID:???
tu-ka、勝負が終わって麻雀台の上であの四人がジャラジャラ
掻き回してる背中が異様だ…。ブライト修正汁。

58 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:31:24 ID:???
ハマーンさま乱入で大混乱

59 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:50:34 ID:???
ギュネイ「大佐はアムロにハコらせられたから、この戦争を始めたんだぞ!」
クエス「はぁ?」

60 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:52:31 ID:NQ9o/vL7
ハコる?

61 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 21:57:25 ID:???
ハコる=マージャン用語。
持ち点がなくなった時に使う。つまりボロ負け。

62 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 22:32:57 ID:???
さてこのまま賭博破戒伝アムロでも面白そうだけどあえて話を戻そうか

63 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 22:42:28 ID:???
>話を戻す
 的確な指示だ。
 




64 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 22:50:13 ID:???
アムロは一週間同じパンツを穿いてそう
シャアはパンツは使い捨て。毎日新品を開けてそう
二人とも全自動洗濯機の使い方をしらなそう
「なに!全自動洗濯機とは最後の仕上げに畳んではくれぬのか?」
「そんな中途半端な全自動洗濯機など付き合ってられるか」


一人暮らし初めて3週間。いまだコインランドリーの使い方がわからない俺が通りましたよ

65 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 22:55:01 ID:???
64の生活能力が低すぎる点について

66 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 22:57:26 ID:???
パンツは使い捨て?!

家計の問題でアムロその内キレそうだな。


67 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:00:08 ID:???
アーガマとかラー・貝ラムに、コインランドリーくらいあったんじゃねえか?
各隊員が暇な時に洗ってそうだ。
コインランドリーで鉢合わせになると喋りこむ。

と、マジレスしてしまう。

68 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:00:14 ID:???
シャアはパンツじゃなくて紙オ○ツかもしれん<使い捨て

69 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:01:18 ID:???
>68 そりゃマザコンどころじゃすまされんぞ?!(爆笑)

70 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:04:42 ID:???
やっぱり歯磨きは赤と白(青?)がコップに差し込まれてんのかなー。

71 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:06:26 ID:???
ア、アムロ大尉の声でコインランドリーの使い方をご教授して欲しい。

72 :解説:2006/04/24(月) 23:22:03 ID:???
>>71
このコイン・ランドリー・システム愛妻93号は、
旧世紀から連綿と続けられた度重なるバージョンアップによって、
現在では世界シェアナンバー1を誇る、多くの独身者に愛された珠玉の1台である。
シリアル番号10048は、最初期のモデル。48番目に世に出されたものである。
その脱水サウンドは力強く、なおかつ繊細で現在でもファンが多い。

73 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/24(月) 23:27:46 ID:???
それカーグラw

74 :72:2006/04/24(月) 23:48:14 ID:???
>>73
わかってくれる人がいたw

75 :71:2006/04/24(月) 23:55:32 ID:???
>>72
サンクスw
アムロ大尉にコインランドリーのノウハウをご教授願うと
使い方つーより、メカニック方面をご教授しちゃう彼がツボだ。

76 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 00:09:45 ID:???
          ○
          o
         。  .┏━━━┓
       r'⌒⌒^'、 ┃▼∀▼┃<飯はまだか
       ( rνyy'ソ  ┗━━━┛
       ヾ `Д⊂ ・・ネムイ・・・。
       /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
    ( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
    ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃

頭脳面でいうと金銭面調達はシャアが適していて、飯系はアムロだな。
料理は趣味の一つだった、よな確か。
というよりまず、台所に立つシャアがアムロより想像に苦しむ。

77 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 00:14:41 ID:???
シャアはウニとかカニとかキャビアとかトリュフとかフォアグラとか
カラスミとか燕の巣とかイセエビとか松坂牛を使った料理が得意そう

78 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 00:26:17 ID:???
いやむしろシャアは意外と家事全般得意そうだ
独身生活長いしw

79 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 00:28:34 ID:???
家庭料理は出来なくてもレーションなら作れるとか

80 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 01:01:23 ID:???
独身生活も軍生活も長いけど
自分で調理しなきゃいけない機会は士官学校時代くらいしかなさそう
訓練とかで

81 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 01:21:53 ID:???
そういやシャアってマクダニエルがなんだか知らなかったよな(テレビのZ)
ファーストフード店なんか行った事ないんだな

82 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 01:29:37 ID:???
CCA後だからナニだけど、ORIGIN風味で考えると、
シャアは大金稼いで豪遊しつつ
アムロをそそのかして自分の手伝いをそれとは知らせずさせて、
一方アムロはずっと家に引きこもりっぱなしでゴミ屋敷にしてそう。

「アムロ君、今度はこのセキュリティの脆弱性を指摘して欲しい」
「あ、はい、わかりましたシャアさん」
「それにしても風呂ぐらい入りたまえ。臭うぞ」
「わかりました、この仕事終わったら入ります…」

たとえCCA後でも、人間根っこの部分では変わらないもんだよなと

83 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 06:34:56 ID:???
オリジンで考えると、微妙にエロイな・・・。
と考えてしまうのは安さんの所為だ。

84 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 09:17:07 ID:???
「シャア、今朝の天気予報だと今日は雨らしいぞ?」
「そうそう当たるものではない!」


85 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 11:42:52 ID:???
>>82-83
オリジンのシャアがあのまんま成長してたらヒモだろうが暗殺稼業だろうが
躊躇なく出来そうだな
人を騙すのは得意だし

86 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 12:11:43 ID:???
TV版でもガルマ謀殺以前は同じ様なもんじゃないの?
その後虚しくなったと。

87 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 12:22:20 ID:???
>84
「そうそう当るものではない!」
「はぁ?」
アムロからしてみれば、一体何ムキになってんだこいつ。
てな感じですな。

88 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 14:58:42 ID:???
ブライトのレストランにでも転がり込んでみた
アムロ 調理機器やメニュー、その他の開発
シャア 事務、経理、商売敵への妨害工作、その他
ブライト 有名人だと言うことを利用して売る料理の出来ないお飾りのタレントコック

ブライトが開業するのはもっと後?
気にスンナ

89 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 17:20:54 ID:???
気にスルワ

90 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 17:29:21 ID:???
ちゅーかそんなとこいたらすぐ連邦に見つかるがな

91 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 17:37:51 ID:???
>>81 初めてのMc

シャア「どれどれ。庶民の生活というものを生で体験してみるか」
アムロ「・・(ムカ)」
シャア「今日の昼食はマクダニエルか…。して、お勧めはどれだ?アムロ」
アムロ「・・・スマイル、だな」
シャア「ほう。スマイルセットとかいうやつか?」
アムロ「いいかシャア。開口一番にスマイル下さい≠ニ絶対言うんだぞ」
シャア「了解だ」
アムロ「………」(白い悪魔)
  ・
  ・
  ・
  ・
 (まじで言ったらしい)
シャア「完璧な作戦にならんとは!」
アムロ「情けない奴(プゲラ)」

92 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 18:12:16 ID:???
シャア「スマイル、お持ち帰りで」
アムロ「ちょwwwwww」

93 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 18:15:28 ID:???
>>92
シャアの場合、店員が女だとマジでお持ち帰ってしまうかもしれん


94 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 18:19:49 ID:???
シャア「ホテル代が持たん時が来ているのだよ!だからお小遣いをくれと要求した!」
アムロ「エゴだよ、それは!」

95 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 21:39:36 ID:???
シャア「スマイルお持ち帰りで頼む。」
店員「え?」
シャア「来るかい?」
アムロ「いい加減にしろ!」

96 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/25(火) 22:30:09 ID:???
ワロスwwww

97 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 12:02:21 ID:???
今んとこ住む所は決まってない様なので、それ以前の話を書いた。
>>9-11でセイラさんが出て来た所で、なんとなくこんなシーンが
過ぎったので書いてみた。
殺伐とした雰囲気で面目ない。

98 :イノセンス(1/3):2006/04/26(水) 12:04:05 ID:???
 地球落下後、五日目。
 伊、北上の後仏領に入る。ニース経由でハイウェイA-20走行中。
 天候 雨
 時刻 フタマルヒトマル

・・・・・昨日未明、連邦元首はネオ・ジオンの全面投降に伴い、年内におけるE.F.S.Fの独立部隊ロンド=ベル
 解体の意を表明。ついては、地球住民と全コロニー市民に対する―――。

 尚ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの生死は未だ不明

 ヒトは、目に見えるものか理解できる現象にしか意識が行かない。
 手軽に手に入る情報に飼いならされて、自分で空の向こうへ意識を向けようともしない。
 そんな人達の有様がアムロの頭の中で思い描かれて、少なからず一抹の寂しさを覚えた。
 既にアムロはラジオから流れる報道に気を配っていなかった。
 車を走らせながら、今はガラス中に当る雨音とワイパー音を聞いている。
 雨の音は好きだ。虚しさを洗い流すような。
 アムロがカーラジオを無造作に押し消したのと、助手席で仮眠を取っていた男が目覚めた
 のはほぼ同時だった。

「すまんな」
 肋骨を骨折し処置はしてあるが、徐徐な動作でシャアは倒したシートを起こした。
「いい」
「・・・・・」
「フタマルヒトヒト」
 別に訪ねられた訳ではないが、シャアが時間を気にしているだろうと察しているアムロが彼に
 告げた。
「私は別に構わん。聴きたいなら、聴けばいい」
「いや、いい」
 十日前まではお互い命を狙っていたのに、今は暗い車中ギアを挟んでラジオを付けるか付け
 ないかを話してる。
 
 全ては、あの光の所為だ。

99 :イノセンス(2/3):2006/04/26(水) 12:05:36 ID:???
「あと小一時間というところか・・・」シャアは運転中のアムロの横顔から視線を外し、
 雨の跡が斜めに流れる窓の外を眺めた。
 二人が宇宙(そら)から落ちて、まともな場所で睡眠を取った事などない。
 幾つかの過疎地を梯子しながら、目的地までの道のりをひたすら走る。
「この状況で速度オーバーにも程があるぞ、アムロ」
 外灯の灯りは届くものの、降り頻る雨でフロントランプの光線も反射して視界を白く暈し、
 タイヤが水溜まりを蹴散らす音がする。
 そんな中、感情ここに在らずといった冷めた表情で180を出すのはどうか。
「え?――ああ」
 特に気にした風もなく、しかしアムロは素直に速度を50程落とした。
 確かに、幾多の戦争を生き延び隕石に焦がされても死に切れなかったこの男達が、そこらの
 高速で交通事故により命を落とすのは滑稽だ。 
「会わなくて本当に良かったのか」
 暗闇に光が反射するだけの視界の先を見詰めたまま、アムロが言った。
「ああ」
「セイラさんはお前に会いたがってた」
 幾分愁いが含まれているアムロの声色に、シャアは拮抗するように軽く鼻をならして笑った。
「お前から聞いた様子では、そうとは思えんな」
「同じ事だろ?お前だって、分かってるだろうに」
「彼女の兄は、20年前に死んだよ」
「恋しさ余って憎さ百倍なんだよ。今のセイラさんは・・・」
「・・・。お前にそれを言われるとはな」
「何を」
「気にするな。こっちの話だ」
 アムロとの会話で、何処と無く今は自分の方が分が悪いと感じたシャアは、ふとアムロ=レイに関した
 過去の調査資料の内容を思い出した。
「お前の方こそ、地球に親が一人残っているのではなかったか?」
 アムロはチラリと目の端でシャアを見やったが、相手は平然と窓の外を眺めているままで、
 自分も視線を前方に戻した。
「親は親だが、家族じゃない。もっと言えば、どっかで幸せに生きているんだったら尚更どうでもいい」
「恋しさ余って、憎さ百倍か?都合の良い言葉だ」
 アムロは顔には出さなかったが、シャアには一瞬でも彼が行き詰った心境を味わった事が分かって
 、安堵していた。


100 :イノセンス(3/3):2006/04/26(水) 12:06:34 ID:???
 それからアムロが再び口を開くまで大分経っていた。
 突然アムロがそっけなくシャアにこう切り出した。
「違うね」
「ん?」
 特に会話が弾んでいた訳でもないし数十分はお互い無言だったので、流石のシャアもぼんやりと
 聞き返した。
「彼女は俺を憎まず愛してくれてたよ。ただ俺が邪魔だったのさ」
 対向車のライトがアムロの表情を消しながら過ぎ去ってゆく。
「・・・・・・・・・・」
 刹那、シャアは目を瞠ったが、一瞬だ。
 彼もまたアムロ同様フロントガラスの先へ目を向け、対向車のライトが己の顔を照らすのに時を任せた。
「ありそうな話だ」
「そうだな」
 ヴァール≠ニいう地名が記された標識にアムロは目をやると、再びシャアに話し始めた。
「いいか?シャア――。ヴァールのU.N.T.A.F基地は小規模で旧設計、セキュリティーが単純だ。俺が小細工
 している内に機体を頼む」
「レザンの旧型か?」
「そうだ。月まで行って乗り捨てるなら、あれくらいでいい筈だ」
「了解だ。地球圏ではお前に従うとしようか」
「そうしてくれ」
「アムロ」
「ん?」 
「私にアルテイシアの兄を名乗る資格などない。お前が一番分かっている筈だ」
「・・・・・・・・そうやって――い癖に、お前自身がいつまで経ってもそんなだから、結局・・・・・・・けで・・・・らない」
 こちら側と対向車側が車体に叩きつける水音と雨音の所為で、アムロの声をシャアは良く聞き取れなかった。
「なに?」
「だから隕石なんて落とす羽目になる。見てる側はむかむかするんだよ」
 普段は穏やかなのに、偶にこうして己に対して直球を投げつけてくるアムロに、シャアは目を顰めながらも、
 同時にいつにない喜びと怒りを感じた。
「お前の暴言は、私の背筋を凍らせる―――」

101 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 14:16:02 ID:???
>>98-100のせいで急に良スレに

102 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 14:37:26 ID:???
>>98-100
乙!
急にスレが引き締まったなw
続きが気になるので書いてくれないかなーと言ってみる



103 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 14:40:52 ID:???
俺的にCCA後のシャアとアムロなら、ジャンク屋ダイクンの生活が理想。

104 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 14:44:14 ID:???
このスレの方向性がシリアスで決まった感じだね。

105 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 14:47:12 ID:???
アホネタも好きだったんだが…

106 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 16:48:47 ID:???
アホネタも挟んでいけばいいさ
五分五分くらいが丁度いい

107 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 17:20:45 ID:???
>>98-100
長い文はいつも面倒で読まん漏れが、素ですんなり読めてしまった。
>「彼女は俺を憎まず愛してくれてたよ。ただ俺が邪魔だったのさ」
このアムロのセリフに寒気がした。 

ダブル乙!

108 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 19:34:26 ID:???
>>98-100
うまいなあ……ハードボイルド風味で。
こういう文体は好きですね。GJ。

109 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 19:50:54 ID:???
ここもあっちも読んでいると映像も声も完璧に頭に浮かんでくる。
俺らはほんとに幸せだよな。

110 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 20:14:35 ID:???
「ところでアムロ、赤い車はなかったのか?」


111 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 20:21:49 ID:???
「目立つわ」(金の車よりマシだが)

112 :98-100:2006/04/26(水) 20:40:33 ID:???
ああ。皆、言葉をありがとうw
予想外の反応を嬉しく思っています。
長ったらしいのは嫌いで、それゆえ矛盾点が多い話ではあったと思うけど
気にしないで下さい。
ちょっとしたお遊びでやったので。
続きか。(ふふ
ここの雰囲気を壊したくないので、少しづつ書いてもいいなら。
自分もアホネタが大好きだから105−106と同意見!
というか既に上でアホネタ書いた…orz

113 :98-100:2006/04/26(水) 20:42:01 ID:???
そんだけ(ワラ)

114 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 21:28:07 ID:???
アムロ
 (赤い車?!フェラーリか…!)
シャア「私は赤い車しか乗らんよ」
アムロ 
 (ちぃ、シャアめ!)←庶民の生まれ

115 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 21:40:14 ID:???
>>114
アムロは車オタ並みに詳しそう
シャアって車に詳しくなくても、何となく選ぶのはいい車っぽそう

116 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 21:49:17 ID:???
>115
つ「カーグラ」

117 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 23:07:18 ID:???
シャアはチェスとか囲碁は強そうだが、オセロは弱そうだ。
アムロとシャア専用オセロはやはり白と赤なのか?(お約束)
で、チェスはアムロの木彫りの手作りっぽい。
しかも連邦軍とジオン軍とで分ける悪趣味さ。
シャア側 ポーン(歩兵)ザク隊
     キング レウルーラ
     クイーン サザビー
     ナイト  ヤクト・ドーガ

アムロ側 ポーン ジェガン隊
     キング ラーカイラム
     クイーン νガンダム
     ナイト リガズィ
シャア「ちぃ!その才能を下らん事に使いおって!」
アムロ「そうかい!だったらサザビー(クイーン)でガンダムを取る時、無駄に
    喜び過ぎるのを止めろ!」

つーかそんなチェス版は俺が欲しいぜ。

118 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/26(水) 23:20:23 ID:???
シャア「貴様こそ!いちいち『一つ』『二つ』『三つ』・・・
   『九つ』と点呼するな!癪にさわ」
アムロ「あ。レウルーラ撃沈」
シャア「うむ?!!」

てか?

119 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 00:53:03 ID:???
うお。良スレ。

120 :設定:2006/04/27(木) 15:10:54 ID:???
ここいらで一度、決まった設定とか整理して纏めとこうか。
連休前だしな。
取り敢えず今までの流れと、勝手に付け加えた所も数箇所。

<下書き>
・取り敢えず今までの流れだと、シャアとアムロはCCA直後大気圏突入した。
・連邦圏はアムロとシャアにとってヤバイのでまた宇宙に上がる。
・アムロだけセイラさんにあったらしい。
・月に上がってから、火星だの木星だの隠居先を決める?
・生計
 a)シャアが魂に金塊を一つか二つ持ってくる(出所不明)
 b)ジャンク屋ダイクンを開いている。それが基盤っぽい。
c)二人ともギャンブルに強いらしい。
・シャアの女口説きテク健在。モテモテ。偶にそこから情報をゲットしたりする。
 口説き語録:サングラス外して「行くかい?」
 一度マクダニエルの女定員をお持ち帰りしたらしい。
 対してアムロは女子供に懐かれ率健在?
・アムロ部屋着
 モツロン縞パンと白T
 シャア:未設定
・掃除はシャアが上手い。
・基本的に料理はアムロがするが何かに懲りだすと忘れがちな可能性大。
・シャアは家計をしょっちゅう危機に陥れる。のためかアムロに対して紐的
 発言が目立つ。
・多分ハロはアムロがちゃっかり作る筈。
・暇ならアムロお手製チェスで激戦を繰り広げる、らしい。

でいいのかな。
どっか抜けてるところとか、補足して欲しい所があれば遠慮なく言ってくれ。 

121 :設定:2006/04/27(木) 15:16:21 ID:???
そして、何か小話があると設定も出来やすいし話が進むから、
何か思いついた人は遠慮なく投稿して下さい。

(スレ主事務局)

122 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 15:31:27 ID:???
乙。形になってきた。
イボルブラストも考慮にいれていいならちょい役でクエス登場アリか?
NT能力でアムロとシャアを探せる。

「見つけた。大佐!こんな所に隠れてw」
と偶にフラっと遊びにくる。
tu-kaこれじゃギャグになっちまうか。
俺はクエス萌なんだがな。

123 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 15:40:54 ID:???
イボルブクェスはシャーよりアムロ萌えなきもす
後ろから撃つなら撃ってもいいよ
だし

124 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 15:49:22 ID:???
>122
dクス。

自分もクエス萌だ。特に三つ網がなw
クエスは一緒に住んでしまったら、某大御所スレと路線が被りそうなので、
それを避けた『偶に会いに来る』は良いアイディアじゃないかな。
まあここのスレの流れ次第だが。
しかしクエス登場で素でシリアスものだったら、えらいDQNものになりそうだな(藁)
それはそれで好きだが、ギャグ系でもいいんじゃないかな。

クエス「大佐はいつも違う女の人と一緒に居てばっかり〜〜!!」
アムロ「クエス止さないか!」
  ビュンビュンッ…!!(フィン・ファンネル固め)

なんだかクエスの側にはアムロが居ないと纏まりつかなさそうだ。

125 :クエス:2006/04/27(木) 15:51:59 ID:???
私は大佐もアムロもどっちも好きv

126 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 15:57:33 ID:???
>フィン・ファンネル固め

どこのスレに行ってもやっぱりアムロは宇宙最強オカン、ですね!

127 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 15:59:28 ID:???
あんまり設定の統一には拘らず、各々が思い付いたネタを
好きに投下すればいいんじゃネーでしょうか

128 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 16:27:08 ID:???
>127 ご指摘感謝する。

各々が思いついたネタを好きに投稿。

勿論基本はそうだが、方向性がなさ過ぎるとどの道後々詰まる。
あくまで方向付けのため、と思ってくれ。
投稿する方もある程度設定を与えられている方が書きやすいと思うよ。
無くても書けるなら、それはそれでビシっと投稿しちゃってくれて勿論オケ。

129 :128:2006/04/27(木) 16:33:59 ID:???
そうそう。付け足し忘れた。
取り敢えず自分の意見はそうなのだが、
設定は合った方がいいのかいらないのか、それはここのスレの住人
方々に任せるよ。末永く楽しんでくれるのがスレ主の狙いだから。
要らない、拘らない、のだったらしないよ(^^)。

130 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 16:51:07 ID:???
ん?>>1 ここ考察スレだよな。
設定までは行かなくても、結果という形で出しといた方がいいと思うぞ。
じゃなきゃ、いつまでたっても同じ話をして堂々巡り。先に進まん。
>>98のSSがでたから、やっと何となく世界が出来て示しが付いたようなものだからな。

だから設定つか、今までのネタをまとめるってことでどよ?

131 :128:2006/04/27(木) 17:01:18 ID:???
>130
ネタまとめ。
ああそうだな。君良い事言うね。
余りスレ住人各々を縛り付けず、尚且つ方向性が出来そうだ。
そうしよう。かなり腑に落ちた。じゃあ連休明けにネタまとめでも上げとくよ。
>>127,130
スペシャルサンクスだ

132 :▼∀▼:2006/04/27(木) 19:06:29 ID:???
そんな事より諸君>>124のアムロは生身でファンネル飛ばしとるのか?
私はそっちの方が恐ろしいがね。
そんな毎回フィンファンネルで修正されては堪らんよ。
そうだアムロ君、私のも作ってくれないかね。
もちろん赤だw

133 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 19:11:50 ID:???
プルツーは生身で数百メートルはなれたところから操作してたぞ

134 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 19:15:55 ID:???
majide

135 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 19:18:45 ID:???
>132
アムロ「駄目だ」
クェス「そうよ。駄目だったら!」

136 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 22:54:50 ID:???
戦争がなければ、二人はよき友人になれた気がする

137 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:05:16 ID:???
オラもそう思うぞ

138 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:12:20 ID:???
何故そう思う?136よ。

139 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:14:31 ID:???
いや。
ララァの一件がなければ、かもな。
結局、そこなんだろ彼らは。

140 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:15:11 ID:???
戦いがなければ、そもそも出会わない二人だと思うんだ、おれ

141 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:19:40 ID:???
ララァは誰を取ったんだ?
最初は大佐だと思ってたけど、密会読んだらアムロっぽいし。
誰も選ばなかったというより、二人を選んだのか?
逆ギレシャアで、白鳥のララァが二人を翻弄していたが、あれはアムロとシャアの幻覚か?
それともNT同士の意識のふれあいなのだろうか。
どちらにせよ、逆ギレシャアでの彼女は俺にとって微妙。

142 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:21:02 ID:???
>>137
>オラもそう思うぞ
d

>>138
>何故そう思う?136よ。
Zを見るたびに思うんだよね、特に理由はないが

>>139
>いや。
>ララァの一件がなければ、かもな。
>結局、そこなんだろ彼らは。
うはw。言われてみれば、そんな気もしなくはないね

>>140
>戦いがなければ、そもそも出会わない二人だと思うんだ、おれ
・・・・・言うなw

143 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:26:01 ID:???
勉強不足でごめんなさい。
気になる事があるのですが、
CCAでのアムロとシャアの最後の会話で
「ララァを殺したお前にいえた事か?!」
ってシャアはアムロに言ってますよね?
でもその前に、じゃあ戦場に彼女だすなよ!(エルメス乗せんな!)
と思うのですが。
やつはなんですか?悔しさをアムロに当たってるんですか?

144 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:26:25 ID:???
密会は禿色が濃いからなんとも

まあ本質的にはアムロを求めてるんだろうが、シャアを愛してしまってるし、
情もあるしで結局選んだのはシャアだったな。


145 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:29:47 ID:???
ララァは死んだことでシャアの中で特別になった存在だからな
死ぬ前や、あるいはたとえあそこで死ななくても、扱いはナナイとかクエスとかと同じだっただろうよ
逆シャアの頃になると、シャアにとってのララァはアムロに拘るための言い訳みたいなもんになってるな
ララァの愛情を都合よく母性に変換して神格化してるし

146 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:30:17 ID:???
でもアムロに自分を殺させる事でララァは永遠にアムロを手に入れた気もすんけどな

147 :141:2006/04/27(木) 23:30:33 ID:???
>144
だよな、やっぱり。サンキュ。

シャアとララァとアムロの関係は難しい…。
なんだかぱっとした答えがないんだよな。

148 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:41:24 ID:???
>145
 そうなんですね。丁寧にありがとうございました。
 扱いはナナイとクェスと同じだったのはわかりますね。
 現にTV版では結構素っ気無かったから、CCAで突然「母親」とか言い出して
 ええ?!と衝撃を受けたのをまだ覚えてます。

>146
 名言です。

149 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/27(木) 23:43:40 ID:???
>144
そこは先にアムロに出会いたかったってのが心底本音なんじゃないだろうか

先にアムロと出会っていたかったけど、現実に出会ったのはシャアだし
今アムロに会ったからといって、シャアがもういらないかといったら
そういうもんでもないし


>143
ララァを死なせた事についてはお互い様でしょうっていうのは
すでに1stでセイラさんに突っ込まれてるんだよね(映画の方)↓
セイラ「兄さん、やめてください! アムロに恨みがあるわけではないでしょう?」
シャア「ララァを殺された。」
セイラ「それは、お互いさまよ!」
シャア「・・・なら、同志になれ。そうすればララァも喜ぶ。」

アムロ自身にも責められてるけど↓
アムロ 「貴様がララァを戦いに引き込んだ」
シャア 「それが許せんというのなら間違いだな、アムロ君」
アムロ 「な、なに?」
シャア 「戦争がなければ、ララァのニュータイプへの目覚めはなかった」
アムロ 「それは理屈だ」
シャア 「しかし、正しいものの見方だ」

150 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 00:35:56 ID:???
ここには住人さんは菩薩ですね。
そうそう。そんな台詞ありましたね。思い出しました。
「同士になれ。ララァも喜ぶ」はカウンターでした。
益々シャアがわからなくなって来た。

ここから先は私一人の勝手な意見で、しかも無茶苦茶です。
1st後、ガンダム金の生る木みたいなもので、トミノ氏も書きたい事がかけなかったのかも
しれませんが。
Z、ZZ、逆シャアときてますよね。
逆シャアは映画を盛り上げるために、アムロとシャア、とわざわざ敵対させた
んですよね。やっぱりガンダムはシャアとアムロという気がしますし。
シャアはトミノ氏そのものだったのでしょうね。周りに自分の作品を左右される
からこそ、シャアもそうなった。
普通順序的に1st→逆シャア→Z→ZZ
が自然では?
「わかってるよ!だから世界の皆に心の光を見せなきゃならないんだろ!」
このアムロの言葉。嗚呼・・・。
心の光によって新たな道を見出し、迷いを捨てたシャアがZで活躍してもよかろうと。
そしてアムロと一緒にNTの卵達を導いていっても良かった。不憫。
ロンドベル特別NT部隊かなんかでトップ張れたよシャア。
そしてNTMS部隊の隊長かなんかはアムロにさせときゃ世界がまた変わった。

まあ現状のシリーズがああであったからこそ、未だファンの心を捉えている
のであってそれ以上のものはないと思うのですが、なんとなく思った。

長文すみません。

151 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 00:38:20 ID:???

眠いので、文が無茶です。
すまん。

152 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 00:38:31 ID:???
そういう話題なら、ゼロからスレかアムロについて語るスレのが合ってる気がする

153 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 00:47:35 ID:???
わり!
ついつい。

154 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 00:57:20 ID:???
シャアについて考察するスレってないよな
シャアって実は人として最低なんじゃないかも落ちちゃったしな…

155 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 01:04:35 ID:???
アムロについて考察すると大体シャアを語ることになるし。いや、アムロに限らず。
各作品を考察してても、大抵シャアについて語る羽目になるし

ある意味単独スレがいらないのかもしれんね

156 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 01:12:59 ID:???
むしろシャアってキャラは定義出来ないのかもしれん
何か旧シャア常駐しているとそう思えてしまう


悪い、スレ違いだな
↓以下普通にドゾー

157 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 20:10:35 ID:???
普通にと言われましても…


とりあえず>>98-100の続きキボン

158 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 21:48:43 ID:???
アムローふりむくなーアムロー

159 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/28(金) 23:07:13 ID:???
>158

何があったww

160 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/29(土) 01:20:16 ID:???
>157

明日から金週間なのでみっちり遊んでくるつもりだ。
じゃあそれ以降に続き、投下してみるよ。
つらつらーっとな。

161 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/29(土) 20:24:35 ID:???
>>160
気長に待ってるよ

そうか世間様はゴールデンウィークか
客商売には関係無い話だぜ…へっ…


そういやシャアとアムロが旅行にでも行くとしたら行き先決める時点で
喧嘩になってお流れになりそうだなw

162 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/29(土) 21:55:12 ID:???
GWって言っても、月・火は学校があるから実質、水曜日からだからなぁ。

163 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/29(土) 22:59:56 ID:???
「なんでこのプランが気に入らないんだ、シャア!」
「別府など温泉に魂を引かれた人の集まりに行けるか!」

164 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/29(土) 23:33:15 ID:???
>客商売には関係無い話だぜ…へっ…
最後『・・・へっ・・・』に哀愁が漂っているね。不覚にも2chで久々にジーンとしてしまったよ。
GW中、君の店にここの彼らが客として来ない事を祈っているよ。
彼らが客だと、店員は気が抜けないな(藁)。

シャアとアムロが旅行°□。一体奴等はどこ行行きたいんだ?どんなチョイスをするんだ?!
普通に気になる。
世界遺産とかに興味がありそうだがな。小説Zだと二人とも博識だったから。
>162
学生さんかw
自分は有休という姑息な手を使って一週間の楽園を手に入れたのさ。
のくせに旅行先のPCでここを見てる自分は、相当ヤバイと思う。

シャア「・・・アムロ」
アムロ「なんだ」
シャア「ハロは置いていけ」
アムロ「駄目だ」
ハロ 「ソウダ ダメダ!」
シャア「こいつが一緒に居ると、私は気が休まらんのだ!」
ハロ 「ナサケナイ ヤツ!シャー」
アムロ「よせよ。ハロ(本当の事なんだから)」
シャア「妙な所が飼い主に似たな。余り旅行先で煩いとその口を溶接してやるぞ」


165 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 00:27:23 ID:???
俺はプラモ三昧だ。
ニューガンダム、やっと手に入れたぜ。
フィンファン寝るが、なかなか艶かしいラインをしていて実にええ・・・。

166 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 07:39:29 ID:???
>>163
で結局決裂し、仕方なしに近場のビリヤード場にでも行って、そこでまた
揉めるか…。
・…楽しそうだ。なんだか。
本音をぶつけ合える相手がいるというのは
クワトロ「いいなぁ」

167 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 10:45:43 ID:???
シャア「私の勝ちだな!今計算してみたが、Hボールは少し押してやるだけで
    ポケットに落ちる!貴様の散らし過ぎだ!」
アムロ「ちっ……あ!セイラさん!」
シャア「なに!?」
アムロ「ばーかばーか!白まで落としてやんの!はい、次俺ねー」


俺ナインボールしか知らない…

168 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 12:50:13 ID:???
>167
ワラ。
アムロすげー嫌な奴

169 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 13:03:58 ID:???
カラ〜ン。(ボールの落ちた音)

「俺が先勝」
 ういういとボードに『正』の第1画目を書きに行く赤毛の天パ。
「うぬぅ!一勝したくらいで。まだだ。まだ終わらんよ!」
 意気込む金髪。

連邦…。いい加減見つけてやれよこいつらを…。

170 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 13:13:23 ID:???
シャア、初めてのおつかい

「君に地図を書いてもらって良かったと思っている。今のままではすぐに道に迷う」
「迷うことはないはずだ。歩いて5分の距離なのだから」
「すぐそこの自動販売機までの道順も覚えられない男が、か」
「あなたに買い出しの当番が回ってきただけさ。順番を違えたわけじゃない」
「自分に、迷子を演じろと言うことか。私は人身御く(ry」
「いいから早く行って来い!」

171 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 22:17:58 ID:1hdpeUNo
aa....
元首にもなれたはずの男が・・・ 。



172 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 23:04:36 ID:???
おつかいに出たシャアは案の定道に迷ってしまった

「しゃ、シャア、立って!立つんだ!」
「アムロ…。アムロなのか?でも、ここがどこだか分からないのだ。
……ここをまっすぐ?」
「そうだ。そして500m行ったら、左に90度曲がるんだ」
「500m行って…あっ、あったぞ!
フフフ、ハハハハ!私の勝ちだなアムロ!」
「なんだと?」
今計算してみたが、500mではなくて499mだ。貴様の計算違いだ!」
「貴様という男は、なんて器量の小さい!」

173 :通常の名無しさんの3倍:2006/04/30(日) 23:44:25 ID:???
本当楽しそうだなこいつらwww

174 :アムロ:2006/05/01(月) 08:50:17 ID:???
昨日ラーメンを啜りながら、実にどうでもいい妙な事に気付いた。
シャア→シャア専用→赤→赤毛→自分。
「あ、そうなのか」
ラーメンが易々と呑み下されて行く様に、すんなりとそれを受け入れた。

175 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/01(月) 12:41:02 ID:???
受け入れちゃったwww


176 :ブライト:2006/05/01(月) 17:15:29 ID:???
何いってんの?!。
そのらーめんに何か盛られたのか?
気を確かにもて。
ついにガンダム界のライトサイドが崩れてしまうのか。

177 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/01(月) 20:28:48 ID:???
向かいのラーメン屋にケチをつけるレストラン経営者ブライト・ノア

178 :シャア:2006/05/01(月) 20:35:59 ID:???
ブライトやるな。

179 :シャア:2006/05/02(火) 13:20:12 ID:???
>>174
ラーメンを啜るアムロの隣で、キャビア入り冷製パスタを食しながら
実に単純な事実に気がついた。
アムロ→ララァ→NT→OT→重力に魂を引かれた人々→地球のゴミ→
ゴミ処理→燃やす→隕石→アクシズ→心の光→アムロ
「そうか。問題だな」
冷やされたパスタ同様と同じく、冷静に現実を直視した。
程なくしてアムロが箸でラーメンをはさみあげながら「あ。そうなのか」と
独り言を呟いた。

180 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 16:22:01 ID:???
>>179
スマン。どこが問題なのかよくわからないんだが
結局、アムロ→アムロになってるし

181 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 16:22:47 ID:???
いや、待てよ。
アクシズ→忌まわしい記憶→ハマーンで
すなわちアムロ=ハマーンではないだろうか。

「ますます問題だな」

182 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 16:25:35 ID:???
>>180
地球のゴミとかもアムロやNTや心の光につながるものだとすると、
「私、シャア・アズナブルが粛正しようというのだよ!」
とかっこつけることが出来なくなるからじゃね?

183 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 16:51:09 ID:???
深過ぎて分かんねぇよ大佐w
結局アムロに戻るとこが問題なのか?

184 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 17:35:31 ID:???
アムロを好き過ぎる自分自身に困ってんだろ?
シャア大佐?

185 :アムロ:2006/05/02(火) 18:17:49 ID:???
・・・・・・・。

186 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 18:40:51 ID:???
ホモはいやだ

187 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 19:17:25 ID:???
ただの一発ネタだろ、多分。
気にすんなってw
つーかこれホモネタじゃねーだろ。違うの?(どうでもいいが)
そうなら「アムロはシャアの事好きだもの」のトミーノ発言まで
怪しい事になりかねんぞ

188 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 20:44:22 ID:???
アムロ的には
ララァ>>>マチルダ>フラゥ>セイラ>ベルトーチカ=チェーン>性別の壁>シャア
ぐらいではなかろうか

189 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 21:12:27 ID:???
セイラとマチルダは逆じゃないか?

190 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 21:19:05 ID:???
ベルトーチカとチェーンが一緒なのは納得できん

ララァ=シャア>WBクルー>ベルトーチカ>ロンド・ベル隊員(含むチェーン)
くらいじゃないか

191 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 21:42:46 ID:???
ウケタのは188だが、190とは同意見だ。

192 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 21:56:14 ID:???
反対にシャア的にはどうなんだろうね。

ララァ--------(神の域)>アルテイシア=アムロ>>サザビー>>>カミーユ>ナナイ>ブライト・・・・以下、記憶に無い

193 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 21:58:58 ID:???
セイラはアムロより下だと思うよ

CCAの頃になると
アムロ=ララァ>セイラ>その他
ぐらい極端になってる気がする

194 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 22:00:58 ID:???
>>192
ちょwサザビーの位置www

195 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 22:02:38 ID:???
映画だと圧倒的にララァなのに、小説だと二種類ともアルテイシアを拠り所に死んでいくシャアの不思議

196 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 22:33:21 ID:???
>193
アムロに拘る、あるいは追い詰める事によって
ララァに会いたいのかもしれん・・・・
多分アムロを忘れれば、ララァも消える。
だが、アムロは宿敵であり現に生きていて立ちはだかるので、ララァを忘れてもアムロは消えない。
男って家族愛、異性愛、同士愛。それぞれ使い分けているというかなんというか。

197 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/02(火) 23:52:37 ID:???
>アムロに拘る、あるいは追い詰める事によってララァに会いたいのかもしれん・・・・
どっちかってーとアムロに関わるための口実にされてる気がするけどなぁ
シャアがアムロに惚れこんでる自分を受け入れられないのは思想とかじゃなくて
アムロが腐った連邦に所属しているというただ一点
双方とも所属組織から解放されたCCA後ならうまくやっていけるかも

198 :196:2006/05/03(水) 00:43:43 ID:???
>197
シャアがアムロに惚れこんでる自分を受け入れられないのは思想とかじゃなくて
アムロが腐った連邦に所属しているというただ一点

ああ言われてみると、かなり有り得る。つーか、そうだよ。
グッポイン。

199 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/03(水) 01:01:16 ID:???
しかしこの時点のシャアにとっては連邦=悪だったのかね?
閃ハサではマフティーが連邦の改革を求めているけど
Z→Zz→CCAまでの流れだとあくまでも「地球にしがみつくだけの人」がシャアの粛清対象だったような


200 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/03(水) 01:35:17 ID:???
(▼∀▼)「弐百式!」

201 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/03(水) 13:35:10 ID:???


       r'⌒⌒^'、
      ( rνyy'ソ
       ヾ ゚ー゚ノ
   __(つ _ と)___
. ノ \     _○_    \
.<\※\________\
 ヽ \  ※  ※  ※  ※ ヾ
   \ `ー───────--ゝゝ
     ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~

「シャア。あんなにはしゃいで…。だいたい二百式という洒落だって、シャアはどっから」
「連邦政府からでしょ?」とララァがいった。


202 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/03(水) 13:38:56 ID:???

       r'⌒⌒^'、
      ( rνyy'ソ
       ヾ ゚д゚ノ
   __(つ _ と)___
. ノ \   _(;゚;;)へ。。   \
.<\※\__/〃ノ⌒⌒ヘ ..\
 ヽ \  ※ / ノルノノノ^リ)|  ※ ヾ
   \ `──/从||*゚ヮ゚ノ||ヽ─-ゝゝ
     ~ ̄ ̄ ̄  〇旦〇  ̄ ̄ ̄~~
???「平和よね〜」
アムロ「誰」

203 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 02:02:21 ID:???
映画版のZを見て思った
シャア「何をするきだアムロ!」
アムロ「奴にはアウドムラを無傷で手に入れたいという欲がある・・・」

で飛行機でアッシマーに特攻
あそこで死んでおくべきだったんだよアムロは

204 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 02:49:45 ID:???
なんでさーっ!?

205 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 04:14:01 ID:???
やだい! やだーい!

206 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 09:03:57 ID:???
>203-205
落ち着け!


207 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 09:07:38 ID:???
あの時アムロ死んじゃったら、シャアの中でララァ同様神話化しちまうな。
それが狙いか?



208 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 11:55:13 ID:???
204がクェスで、205がシャアか。

209 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 11:59:44 ID:???
劇場版の話はよそうよ。
もうあれは僕らのガンダムじゃないんだからさ・・

210 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 12:10:25 ID:???
>>209
そんなこと言うからおじさんは嫌いなんだ!

211 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 14:15:34 ID:???
>>207
そう!(ぉぃ

212 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 14:27:57 ID:???
「アムロは私の〇〇になるかもしれなかった人だ!そのアムロを△△したおまえに言えた事か?!」

問1
上記の空欄〇と△を埋めよ。

(06年度 東〇大学 理二後期過去問より)

213 :訂正:2006/05/04(木) 14:32:58 ID:???
「アムロは私の〇〇になるかもしれなかった男だ!そのアムロを殺したおまえに言えた事か?!」




214 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 17:25:46 ID:???
すまん。
別にウホが好きな訳ではないが、〇〇は妻しか思い浮かばん。
その前に「おまえ」ってだれ?禿か?
シャア「アムロは私の妻になるかもしれなかった男だ!そのアムロを殺したおまえに言えた事か?! 」
禿「嫁さん?アムロが?・・・うわッ」
スタジオ炎上。







なに書いてんだ、おれ。

215 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 18:24:16 ID:???
>>214
俺もウホな単語しか思いつかんので無駄に悩んだあげくやっぱり無理だった

相方とか相棒とか友人だと軽過ぎて違う気がするんだよな・・
ネタに本気で考えて損した気もするんだが('A`)

216 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 19:18:29 ID:???
つ戦友
ルロイ・ギリアムに対して


くらいしか思い付かん

217 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 22:50:49 ID:???
「相方」だとお笑いコンビみたいだw

218 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/04(木) 23:34:17 ID:???
それは戦友と書いて「とも」と呼ぶタイプのあれだな

219 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/05(金) 02:06:57 ID:VgUQ+Oh9
シャア
「アムロは私の[奴隷]になるかもしれなかった人だ!
そのアムロを[わざと私の敵方に]したおまえにいえたことか?!」
トミノ
「おいこら。誰のおかげでこの世に生まれてこれたと思っているんだ?
そんなネ申である私を“おまえ”扱いですか。フーン…」


〜〜〜一時間後〜〜〜


スタッフ
「お呼びですか?」
トミノ
「来年に向けてまた新作のガンダムを作るぞ。
タイトルは『シャア死す』だ」

220 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/05(金) 05:19:53 ID:???
>>196
恋愛・戦友・同士愛・家族愛・無償の愛など混ぜてみると
アムロの場合
ララァ(=シャア微妙?)>WBクルー(含むブライト、セイラ)>マチルダ>ベルトーチカ>チェーン>ロンドベル隊員>メカ(含むハロ)
シャアの場合
ララァ(神)&自分自身>アムロ>アルテイシア>ジオン>ハマーン>ナナイ>レコア、カミーユ、ロベルト、アポリー、アカハナなど
って感じかな

221 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/05(金) 09:24:53 ID:???
ララァ神)&自分自身>アムロ>アルテイシア>ジオン>〜

ざっつライト。自分自身とジオンの位置がww

222 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/05(金) 09:30:21 ID:???
書き忘れ。
そうとも言えるし、反面シャアは自分自身の事も嫌いだったのかも。だから
「そうやって貴様は永遠に他人を見下すことしかしないんだ!」
ここでいう他人とはシャアも含まれているような気さえする。
シャアは自分を含めてその他大勢を見限っているのかも。
シャアのエゴ、エス?(超自我)のみが一人歩きしてる。

223 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/05(金) 11:57:58 ID:???
シャアに関しては>>193と同意見だ
シャアは常に名前に沿った役を演じてるフシがあるから素を知られてる相手は
ごくごく僅かしかいない=その相手がシャアにとって重要な人

奴は現状の自分が嫌いだからより優れた自分になるように上しか見てない
だから下にいる連中=現状に甘んじている連中を自然と見下ろす形になる
その中でもアムロだけは自分より優れていると認めているだけに
上に行こうとしないから苛立ってるんだと思う


224 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 13:29:48 ID:???
アムロ「GWももう終わるなぁ…結局ビリヤードしかしてない…」
シャア「近所のイベント会場に『わんにゃん王国』が来ているそうだぞ。
    チラシが届いている。」
アムロ「にゃんこ!?にゃんこが来てるのか!?」
シャア「入場料大人800円。犬猫触り放題、記念写真も撮れてアニマルサーカス
    も見れ……こ、これは!」
アムロ「ミ、『ミニブタちゃんも待ってるよ!』…!?」

アムロ&シャア「 ベ イ ブ ! ! ! 」

シャア「アムロ!これは行かねばなるまい!?」
アムロ「あぁ!GW最後の思い出作りだ!アムロ行きまーす!」



ミニブタは俺の趣味だ。行けないのでむしゃくしゃしてやった。
今は反省している。

225 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 15:00:53 ID:???
アムロ「GWももう終わるなぁ…飲みに行けなかったな…」
シャア「会社近くの蕎麦屋でわんこ蕎麦大会が開かれるらしい
    チラシが届いている。」
アムロ「わんこ蕎麦大会!?」
シャア「子供1000円、大人1500円。で食べ放題
    ……こ、これは!」
アムロ「しょ、『賞金3万円!』…!?」

アムロ&シャア「 3 万 円 ! ! ! 」

シャア「アムロ!これは行かねばなるまい!?」
アムロ「あぁ!GW最後の思い出作りだ!シャア!」

俺は蕎麦が大好きだ!
今は反省している

226 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 15:57:23 ID:???
>>225
なんかアムロもシャアもそんなに食えそうに見えないんだよなぁ・・・
二人合わせても肥満児一人に負けそうなイメージ。

アムロ「ぼくは・・・ あの人に、勝ちtくぁwせdrftgyふじこlp;」
シャア「これが若さか・・・げふっ」


227 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 16:00:45 ID:???
>226
デブは噛まずに流し込む。普通の人はそれ見て食欲なくす。

228 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 16:26:52 ID:???
優勝はハヤト

229 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/06(土) 18:29:02 ID:???
準優勝はメッチャー・ムチャ

230 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 17:17:14 ID:???
(▼Д▼)私はこのスレをageるぞアムロォォオ―――

231 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 17:18:50 ID:???
Σ(▼Д▼)えぇぃ完璧なageにならんとは!

232 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 17:33:34 ID:???
【日本に1兆円を請求した中国ピンチ】旧日本軍化学兵器引継書を発見
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/china/1146889463/

> 正論6月号
> http://www.sankei.co.jp/seiron/
> < スクープ >
>  “遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた
>  ――残っていた兵器引継書  ジャーナリスト 水間 政憲
> http://vista.x0.to/img/vi4662896961.png
> http://vista.x0.to/img/vi4662882015.png
> http://vista.x0.to/img/vi4662885120.png
> http://vista.x0.to/img/vi4662888118.png

中国と日本の売国議員を潰すためにも↑を貼りマックてくれ!

233 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 21:20:08 ID:???
>>230-231
おちゃめさんだな大佐w

234 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 21:43:21 ID:???
この金週間、齢〇×にして初めてスパロ簿をやってみたが・…。
クワトロとアムロの会話には毎回茶を噴出してしまう。
何故だろう。あの二人の雰囲気の有り得なさが問題なのだろうか。
しかし、やはりCCA後はあんな感じやも。個人的には少し違うような気もするが。

余談だが
可愛い子には旅をさせろという事で、νに乗ったアムロを敵陣に単独で放り込んだ。


奴は鬼だった。
スレ違い気味ですんまそん。

235 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 22:26:03 ID:???
>234
(▼∀▼)それでこそ私のライバルだ

スパロボシャアってアムロが活躍すると嬉しそうだな

236 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/07(日) 23:25:49 ID:???
>235
アムロ「貴方が嬉しいと、俺も嬉しいよ」(世界が平和で済む・・・)

だからスパロボアムロはきっとあんなに強いw
メビウスの♪〜輪からァー

237 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 17:24:19 ID:???
スパロボのシャアは妙にまともだからなぁ…
アムロに夢抱いてんのは変わらんがw

238 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 21:38:30 ID:???
別スレで言われてた事だけど
・アムロ達と共闘できて
・次世代の若者達は、夢と希望に溢れ、かつ行動力があり
・道化を演じなくても、政治を任せられるカリスマ人材が多数おり
・よって自身はパイロットだけやっていられる

スパロボ世界はクワトロが逆襲する理由がない
それでも逆シャアステージやるのがスパロボだけどw

239 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 22:01:17 ID:???
(▼Α▼)アムロ、私はヌルポをやっている。近くに居るなら私をガッしてみせろ!

240 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 23:06:30 ID:???
イノセンスイイ!
ただセイラさん、アムロを間に挟むという兄者の行為
にキレそな気がする

241 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 23:18:35 ID:???
>>239
ほんとにかまってもらいたがりなおっさんだな

242 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/08(月) 23:54:36 ID:???
(▼Д▼)アムロならば私を感じてみせろぉおおおおおおおお!!

243 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 01:29:54 ID:???
貴様程の男がなんて器量の小さいヌルポだ!!

  r'⌒⌒^'、 ガッ!
 ( r'νyyソ r'⌒⌒^ヽ
  ヾ# ‘д‘ノ(ミ""メ""ミ)
  / ⊂彡☆))∀▼ノ

244 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 01:35:44 ID:???
| ⌒⌒ヾ
| 71ノハ) >>242感じてみましたよ、大佐♪
|∬ ゚=゚ノノ
|つr'⌒U⌒'、
| ( ミ""メ""ミ) ちょ、ナナイは呼んでない……
|○ヾ▼Д▼ノつ

|⌒⌒'
|メ""ミ ) ズリズリ
|Д▼ノつ )))

| オーウオーウ
|
| ズキューン

245 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 02:27:02 ID:???
↑オモロイw

246 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 11:23:41 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=VrVYzwXabAM&search=plaid

このプロモーションビデオの心理テスト。
何のテストかは画像から想像するしかないんだけど、
シャアの性格想像してやってみると面白い。

247 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 23:43:33 ID:???
暇な人だけ読んでくれればいい、駄作だから^^
駄文1/2

セイラ「今更何の用があってここに来たの?」
アムロ「・・・シャアはまだ生きてる・・・会う気はないか?」
セイラ「あれだけの騒ぎを起こしておいて今更・・・こちらもたちの悪い
    マスコミが何やら嗅ぎ回ってるようでおちついてられないのに」
    「それに、「彼」は何で直接ここに来ないで仇のはずのあなたが?」

アムロ「あれだけの騒ぎを起こしたから・・・ヤツも顔を合わせにくいんだ
    ろう」
セイラ「・・・いっそ彼だけでも死んでいてくれたら気が楽になったのに」
しばしの無言の後、アムロがここに来てからセイラは3本目のパーラメント
に火をつける

アムロ「----らしくないな・・・」
セイラ「『医者の不摂生』って古代から言われてるでしょ?で、これから
    どうするの?」
アムロ「さぁ・・・とりあえずは月にでも身を隠して、それから考えるよ」


248 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/09(火) 23:44:18 ID:???
駄文2/2

セイラは徐に立ち上がり、インターホンをとると何やら話し始める

セイラ「あと十分位はいられるんでしょ?せっかく再会できたんだから」
アムロ「・・・あまり時間はないんだが、それ位なら、な」

セイラが6本目のパーラメントに火をつけたとき、ドアがノックされた
入室を許可された詰襟型の白衣を着た、体格のいい男がバートンの
トランクをためらいがちにテーブルにのせる
白衣「これでいいんですか?」
セイラ「ありがとう、さがって」
白衣「はぃ・」
白衣の男はいぶかしげにアムロをチラッと見やり、部屋を出て行った

セイラ「これ、もって行きなさい」
アムロ「トランク・・・一体何なんだ?」
セイラ「発破なんて仕込んでないから大丈夫。心配なら今ここで
    あけてみれば?」

セイラにいわれるまま、トランクをあける。
そこにはいっぱいの金塊がつめられていた

セイラ「薬品や器具を優先的に手に入れるのには「それ」が一番
    なの。二人分でそれだけしか出せなくて申し訳ないけど」
アムロ「・・・いいのか?」
セイラ「私にはスポン・・・パトロンが山ほどいるから、後は何とでも
    なるわ。『よるべない人たちを助ける』のが今の私の仕事だから」

トランクの蓋をしめつつアムロが聞く
「ヤツ・・シャアに本当に会わなくていいのか?」
セイラ「あってどうしろと?」
アムロ「じゃぁ、せめて何か伝言は?」
セイラ「さぁ・・・たった一人の最後の身内との今生の別れのときって
    どんな言葉を吐けばいいのかしら?アムロ?」

「・・・知るもんか・・・」

トランクを持ち上げ、立ち上がりつつ、アムロがつぶやく

「じゃあ・・・ほんとに会わなくていいんですね」
「えぇ・・・」
 
うつむき加減にドアに手をかけるアムロ
セイラ「ゴッド ブレス ユー」

おそらく神なんて信じられないような生活をおくって来たであろう
彼女が、こんなときに吐く「祝福の言葉」にアムロは皮肉以外の何
も感じられないまま、陰鬱な気分で彼女の家を後にした

アムロの帰った気配を察知した詰襟白衣の男が部屋にやってきた
「いいのか・・・本当にあれで・・・」
「仕方ないのよ。あなたも私も過去を捨てなければ生きていけない
んだから・・・」

もとNT研究所職員で、嫌気がさして逃げ出すように彼女の診療所に
転がり込み、精神科のDrをしている「彼」はただ黙って彼女を抱きしめた

・・・全然いけてない駄文で失礼


249 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 00:19:10 ID:???
つづききぼん

250 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 00:21:12 ID:???
セイラさんはタバコ吸わねえええええ


というのは置いておいても、せっかく書いたんだから駄文とか言うなや

251 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 01:50:20 ID:???
新作キター―――!
あえて言おう!GJ!!



252 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 02:52:02 ID:???
>>250
俺はセイラさんの喫煙はアリかなとも思ったり。
ハードボイルドには欠かせないアイテムだしw
駄文と言って欲しくないのは同感。

253 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 11:01:54 ID:???
シリアスネタはハードボイルド一直線だなw
好きだこういう硬派な話
俺も煙草吸うセイラさんはアリだと思う、彼女の
精神状態が分かりやすい

「イノセンス」の外伝的な話なんだよな?

254 :外伝@昼休み:2006/05/10(水) 12:41:47 ID:???
読んでくださった方、ありがとうございますm(_ _)m
>>249
この続きですか?私は「イノセンス」の作者さんとは別人ですので^^
このスレの雰囲気を壊さずなおかつイノセンスの邪魔をしないアイデア
があれば「必ず」とお約束は出来ませんが続きを考えてみます。
>>250,252
これはかなり悩みました。
アニメ〜小説のセイラさんなら無しでしょうね。
でも、私の頭の中のセイラさんが「オリジン」デフォルト
になりつつあるので、そうなると意外とアリかなと・・・
>>251
ありがとうございます^^
>>253
タバコをあえて出したのは精神状態と時間の流れをうまく書く
スキルが他に無いからなんですよね(-_ヾ)
これまでネタ系とか日記系の文しか書いたことないから・・・

「イノセンス」作者さんのご迷惑でなければ外伝と解釈して
頂いて結構です

255 :98:2006/05/10(水) 17:16:58 ID:???
うお!新作GJ!!!
外伝を?!素で嬉しいぞ。
マジで嬉しいぞ。
二人の間に存在する女性は今までララァだったけど、敢えてセイラっていうのも何か燃えるよ。
あ、この場合あの兄妹の間にアムロかw
「ごめんなさいね兄さん。私アムロとよりを戻す事にしたの」
「何?!」
「そういう事だからシャア。悪いが、宇宙には貴方一人で行ってくれ」
「ええいっ、ララァの次は可愛い私の妹までも誑かしよって!優しさがNTの武器
だと勘違いしている甘ちゃんの癖にッ」
その前にアムロなら、シャアを義兄さんと呼ばなければならなくなる状況に
自ら置かないと思うがな(藁)。

SSは書く気のある人が好きなようにどんどん投下してくれたらいいと思うんだよな。
そんな気を使わんでちょんまげ。
自分もそろそろ話を投下したいが、掲示板用にしてはやたら長い。
どう考えてもウザそうだ。てな訳で個人のURLに上げちまおうかと考えた辺りマジでヤヴァイ
よ自分。と思った。

ジーク・ジオン。

256 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/10(水) 17:42:14 ID:???
>>255
ちょwww98氏wwww
小出しでいいから投下してくれよwww
続きを心待ちにしている読者がここにいるんだが

普通にかっこよさそうなシャアは貴重なんだぞw

257 :外伝:2006/05/10(水) 22:41:35 ID:???
>>98さん
ありがとうございます、光栄です。
「外伝」名乗らせていただきます。


「よぉ・・」たそがれ時の自宅を兼ねた診療所にふらっと「その男」は現れた
「あぁカイさん、お待ちしてましたよ」

トビー・グラフィンは住居スペースの応接室に彼を通しつつ「セイラは1時間
ほど前に急患がはいってね。虫垂炎だからそんなに時間はかからないだろうけ
ど・・・待ってる間、なんか飲みますか?」

「そうだな、上モノのエタノールでも貰おうか」
カイは勝手知ったる、といった感じで応接室に入るなりどっかとソファー座り込んだ。
「貧乏医学生だったころはよく「すくねて」飲んだもんだよ・・・冗談抜きで本当に飲んでみるかい?」
トビーはキャビネットからウォッカと冷蔵庫から氷とソーダをだしつつ、慣れた手つきでグラスに
注いでいく。

「悪いね、トビーちゃん」
悪戯っぽい笑いを浮かべてカイが言う

「しかし・・・医者ってのはソンな商売だね、拘束されっぱなしでさ・・・
俺には絶対にむかない仕事だよ」

「俺は「あそこ」から逃げ出してから一年ほどあちこちさまよってたが、男なら
あてのない旅暮らしってのは一度はあこがれるもんだよ」
「ヴァカボンドなんていうと聞こえはいいがな・・・ケツのすわりの悪い非力なジャーナリスト
じゃカッコもつかねぇよ・・・」

ウォッカを舐めながらはき捨てるようにカイはつぶやく
「そういや何かいかがわしげな奴らが回りにはりついてるようだな。
俺の知る限り、悪質週刊誌に通じてるパパラッチが最低3人はいたな」

つまみのピーナッツを放り込みながらトビーは言う
「ここの診療所はあの一年戦争の英雄艦隊WBクルーのセイラが運営
してるうえにニタ研くずれの俺がいる。主に内科をしきってるアンディーは
ハマーン時代のネオ・ジオンの地上部隊の元軍医。たまに応援に来てくれ
る歯医者のジャネットの本業は過激な歌詞で世間を大騒ぎさせてるインディーズの
ロックバンド『Colony bomb』のヴォーカルだ・・・。ヤツらが何かあると嗅ぎ付けに来ても
おかしくは無いさ・・・」

「・・・一体どういう基準で採用してるんだよ、ここは」
「来る物拒まずだよ。何でもいいから兎に角、安月給でも働いてくれるヤツならウェルカム
なんだよ。正直マトモなドクターはもっと効率よく稼げるやり方を選ぶからな・・・」

今回はちょっとライトだね。
以下つづく・・・のか?

258 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 13:21:36 ID:???
「アムロ、何故お前は味噌汁だけならいざ知らず、何故みそ煮込み
にまで白味噌を使うのだ?」

「お前には白味噌の上品な味わいがわからないのか?」

「なにを!今や赤味噌は朝の連ドラでも扱われているほど
高貴なものだというのに!白味噌の味噌煮込みなど重力に魂をひかれた
者の食べるものだ!!!」

どろ試合

259 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 14:12:13 ID:???
合わせ味噌で解決

260 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 16:20:02 ID:???
明日をも知れぬ逃避行の最中
童心に帰ったかのごとく二人磯釣りを楽しんだ後
合わせ味噌で煮込まれた魚貝の珍味に舌鼓を打ちながら
夕暮れ時の凪いだ瀬戸内を見つめつつ杯を交わす
シャアとアムロ

261 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 16:22:54 ID:???
明日をも知れぬ逃避行の最中
童心に帰ったかのごとく二人磯釣りを楽しんだ後
合わせ味噌で煮込まれた魚貝の珍味に舌鼓を打ちつつ
夕暮れ時の凪いだ瀬戸内を背に杯を交わす
シャアとアムロ


>>260
258-259に刺激されて書いてみたけど、語感とかでちょっぴり修正

262 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 16:26:04 ID:???
やっぱ変えなきゃよかったかorz

263 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 17:18:36 ID:???
(単なる無精から)ユニクロのジーンズを絶妙に色落ちさせるアムロ
無神経にもビンテージレプリカを穿くたびにガシガシ洗濯するシャア

「デニムはむやみに洗濯するもんじゃない!」
「デニムを殺したのはお前だ!!」
(あ〜ぁ・・・)

再びどろ試合

264 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 22:01:20 ID:???
「これ、持ち出してきたんだが食うか?」

カプセルから持ち出してきた緊急時用の食料である、真空パックの赤飯を
差し出すシャア。

「こんな非常事態にまで何がめでたくて「赤い飯」なのかよ」

つぶやきながらも分けてもらったそれをモソモソと食べるアムロ



                     
                     トコロデショウジキナハナシ ツヅキイル?イラナイ?



265 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 22:32:53 ID:???
>>264

                    ガイデンノハナシ ショウジナイケンギボン

266 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 23:00:31 ID:???
好きにすればいいんじゃない

267 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/11(木) 23:26:33 ID:???
イノセンスの続きなら是非キボン
でも小ネタも好きだ

268 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/12(金) 21:20:43 ID:???
>>267に同意


269 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/13(土) 22:56:05 ID:???
好きにしてくれ
俺は続きに飢えてるんだ!

270 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/14(日) 13:53:36 ID:???
「まぁ、そうだろうな。わざわざ分の悪い方法を選ぶ物好きなんてそうそ
ういやしないからな」

ポケットから皺くちゃのキャメルを取り出しながら、自嘲をこめたように
カイが答える。

ほどなくしてセイラが部屋に入ってきた
「急患だって?もういいのかい、セイラさん」
「またせてしまったようね。オペは一人では出来ないから応援に
いっただけ。あとは当直のドクターが観てくれるから大丈夫」

そう答えながらカイの向かいのソファーに腰を下ろした。
「もうとっくにコロニーに上がったと思ってたけど、上がれなかったの?」
「上がるはずだったんだがね・・・」
グラスにちょっと口をつけ、カイが続ける。
「ある出版社から俺にコロニーでのネオジオンの動向の取材の依頼が来たっ
て話は前したよな?」

「ええ」

「ところが、だ。担当者と直接会ってシャトルのチケットを受け取とる段階
になって急に『ネオジオンの取材の件はなかったことにしてほしい。その代
わりにもっと割りのいい仕事がとれたからそっちを頼みたい』って言い出
しやがったんだ」

「・・・・・」

「その仕事ってのがまた結構な仕事でね。連邦軍の最新鋭の『潜水艦』の
処女航海に乗り込んで、クルーの様子やその潜水艦の『最先端技術』を密着
取材してレポートを書いてくれってね」

タバコに火をつけながらカイは続ける

「ネオジオンの取材は俺としてもどうしてもやりたい仕事だった。だから
一体どういうことなんだ!って問い詰めてやってもそいつは『上からの命令
だから俺にもわからない』の一点張りだ」

「・・・それで」
相槌をうちつつセイラもタバコに火をつける

「どうにも納得できなくてね。そいつじゃ話にならないから出版社に乗り込ん
で編集長に直接話つけにいったよ。最初はだんまり決め込んでいたが、
チケットを取る際、俺の名前ではチケットがとれなかった、というようなこ
とをを最終的には答えてくれたよ。どうやら俺は政府にとって宇宙(そら)
にあがられるとマズい人物ってことらしい。」


271 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/14(日) 14:02:42 ID:???
>>270
タイトル入れるの忘れた
(旧外伝)orbit 4

272 :小ネタ:2006/05/14(日) 15:29:56 ID:???
 地球落下後、五日目。
 伊、北上の後仏領に入る。ニース経由でハイウェイA-20走行中。
 天候 雨
 時刻 フタマルヒトマル

“・・・・頃の話ですよ。ある連邦軍の少年エースパイロットが、ア・バオア・クーで
 MSが大破しちゃいましてね。
 まぁ、連邦の白い○○、と言えばお分りになられる方も多いでしょうかね。
 でも、脱出したくても、出口が分からない。あーでもねーこーでもねー、と
 彷徨ってると、ふと目の前に、以前自分が落とした、ジオン兵の少女の姿が
 バーン!!と現れたわけですよ。
 「うわーーーーーーーっ!!」
 と、ビックリして、コアファイターのブレーキ踏んだ。すると、目の前の
 ブロックの鉄筋が、ドドーン!!と落ちてきましてね。
 間一髪だったそうですよ。少年は思ったそうですよ。
 「あぁ、ラ○ァが助けてくれた・・・こんなに嬉しいことはない」と。
 しかし、コアファイターが無事脱出出来た瞬間、少年はハッキリと耳元で、
少女の声を聞いたそうです よ。

  死  ね  ば  よ  か  っ ”

 アムロがカーラジオを必死に押し消したのと、助手席で仮眠を取っていた男が目覚めた
 のはほぼ同時だった。

「・・・今、何か稲川○二の声が・・・」
「そ、そう!?空耳じゃないか!?」
「そうか。じゃあ、もう少し寝て・・・」
「ちょっ!待って!寝るな!何か喋って!」
「肩が重い気が・・・」
「ギャーーーー!!」



98氏ごめんなさい。

273 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/14(日) 15:54:16 ID:???
>>272
普通に怖い!ギャグかと思ってだら…アワワ
深夜の一人運転は怖いですね

274 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/15(月) 15:25:46 ID:???
セイラ「これ、もって行きなさい」
アムロ「トランク・・・一体何なんだ?」
セイラ「発破なんて仕込んでないから大丈夫。心配なら今ここで
    あけてみれば?」

セイラにいわれるまま、トランクをあける。
そこにはいっぱいの羊羹がつめられていた

アムロ「・・・これをどうしろと?」
セイラ「さぁ、何となく兄さんが大喜びしそうな気がしたから」
アムロ「うれしそうなのはアンタだろ!」

オリジンネタスマン


275 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/16(火) 02:36:29 ID:???
>>274
思わず笑ってしまったw
今度は二人してどこに入隊するんだろ

276 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/16(火) 22:31:33 ID:???
>>256
要望に迅速に対応できなくてすまんかった。
ゴール田ウィーク遊びまくったツケで出張2連発で今帰ってきた所だ。
今夜中になにか投下してみるよ。
すまんがみんなの命をくれ。(-ゝ-)ゞビシッ!

>>272
ギロガワロス。
因みにおれは怪談モノ大好物だ。

277 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/16(火) 23:44:32 ID:???
>>276
おかえりー
続きは楽しみだがあんまり無理すんなよw

278 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 02:32:52 ID:???
>>277

イノセンスの続きでも良かったけれども、今回は全くの別物で単発もの
を投下してみる。
確か上の方で、クェス萌、とかって呟いてた人居なかったかな。
本命はセイラだが、何を隠そう自分もクェス萌だw。
ジュンコ・テンコも捨てガタイ。
カテジナは自分的に勘弁。
まあ、いい。兎に角クェスを絡めてみたので苦手な人はスルー
して下さい。

279 :赤い弾丸と白い壁(1/5):2006/05/17(水) 02:33:55 ID:???
父は軍人だった。
 シャアとアムロも軍人。
 彼女の近くの大人や男達は皆軍人だった。
 だからか最近、士官学校に入ろうかとクェスは悩み出している。
 夢はMS乗り、らしい。指揮官よりマシだが、どの道クェスの性格からしてタイプじゃないのは明確。
 青い髪の少女が秘密の場所へひょっこり姿を見せるようになって必ずしてる事。
 それは、面倒な上着なんか着ずにインナー姿のまま、四肢を曝け出しテレビ画面の前を陣取ってゲーム
に打ち込む事。
 この場にシャアが居ようがアムロが居ようがお構い無しに、タンクトップ一枚とお世辞にも短パンとは言えない
上とお揃いの薄手のショートパンツでぶらぶらしている。
 
 殺風景だけどどこか温かい雰囲気の家。
 シャアの姿が見えなくなって三日目。
 クェスがテレビゲームをやり通し続けて二日目。
 アムロが遣り掛けの設計図を作業机の上にほっぽり出したまま、姿を消してから一日目。
 この辺からいい加減、クェスは機嫌が悪くなっていた。
――折角わたしが遊びに来たってゆーのにさぁ。大佐が家を空けるなんてしょっちゅうじゃない。
 クェスも詳しくはシャアから聞いては居なかったが、彼独特の仕事があって数日間家に姿を見せない事がある。
 それは堅気の仕事でアムロも内容は知ってる。
――二人でビリヤードくらい連れてってくれてもいいじゃない!
 クェスは無意識に、不必要にコントローラーのAボタンを力強く連打した。
「クェス オコルナ、カワイイ カオ ダイナシ。プヨプヨ モ ヘタッピ」
 クェスの股の間に挟まっているハロが赤く小さな目を点等させながら、悪怯れずに言い放った。
「うるさいっ」
 間の悪い時に勘に障る事をズケズケと言う緑のボール型ロボットにクェスは拳を作りながら怒鳴ると、ハロは
少女の太腿の間から飛び跳ね、床を転がりながら逃げ出した。
 主人に庇って貰おうと、毎度の様にアムロの部屋へハロは一直線に転がって行く。
「待ちなさい!」
 だがアムロは今不在だ。クェスはしめたとばかりにハロの後を追い、アムロの部屋へ大股で押し入る。
「捕まえた」
「シマッタァー・・!」

280 :赤い弾丸と白い壁(2/5):2006/05/17(水) 02:35:21 ID:???
 クェスは容赦無い力でハロを脇に抱え上げると、ハロの憎らしい口を塞いでしまうつもりで丁度目に入った側の
ビニールテープを鷲掴んだ。
「今日という今日は許さないんだから。・・・・・ん?」
 はっとしたクェスは手を止めて、前を見据えた。
 そこにあるのは、窓から射す人工の月光に照らされた作図途中の設計図だった。
「これモビルスーツ?」クェスは、片手を図面に乗せて表面を掌全体でなぞった―――。「綺麗」
 あのアムロが遣り掛けの設計図を放ってどこかに行くなど、おかしい。絶対何かある。
 設計の作業机に向った時のアムロは、幾ら邪魔しようが抱き付こうが全く効果無し。軽くあしらわれて、クェスの
目の前で狂いを知らないアムロの手許が定規を使い、人真似出来ない速さと正確さで線を引くというのに。
「あ〜あ、二人ともどこに行っちゃったのかなぁ・・・」
 今回は、以前修理して裏の作業所に置かれたままのシャアのピアノの音も聞こえないし、甘いウィスキーの匂い
もしない。
 クェスは溜息を吐くと机に備えてある丸椅子に無造作に腰掛けて胡坐を掻き、ハロをその中に乗せる。
「わたしにもいっちょMSの一機くらい作ってくんないかなー。・・・・大佐におねだりしてみようか」
 アムロが設計中の図面は厳密に言えば軍事用のMSではなく、民間用でまた別の代物だ。
 しかしクェスはその図面に魅入りながら、夢を馳せる。
「仕官学校の試験は、学科は大佐に特訓してもらってMSの操縦はアムロの指導があれば、きっとバッチリよね!」
「ソノ マエニ クェス ノ カンシャク ナントカ シテ。ジンルイ ノ キョウイ」
「また!」
 羽をはためかせ、自分の頭の後ろから同じ図面を見詰めているハロにクェスは拳を振り上げた。
 それははハロの脳天に確りとヒットし、ハロは床に直撃して『イテッ』とワンバウンドした。
 そして、とある感覚がクェスの中に迸った瞬間「帰って来た!」クェスは足元のハロを無意識に蹴飛ばしてアムロの
部屋を飛び出して行った。

 帰って来た人物は、クェスのした感覚通り、アムロだった。
「心配したよー」
 クェスは、玄関の戸を閉めるアムロに夢中で駆け寄った。
 何時のアムロならそんな自分に優しい笑顔の一つくらいは見せてくれるのに、硬い表情のまま自分の前を通り過ぎて
自室へと向かうアムロの背中を不思議そうにクェスは眺めた。
「シャアは?」
 しかもアムロの開口一番がこれだ。
「一度も帰ってないよ」
「そうか」
「アムロ アムロ。シャー ドコイッタ ? 」
「どこ行ってたの?アムロ」
 クェスは自室へと消えてしまったアムロに訊ねたが、返事は返ってこなかった。
 クローゼットの開閉音がしたので、彼が着替え中だと察したクェスはアムロに詰め寄りたい衝動を抑えて暫く居間で
待つ事にした。 

281 :赤い弾丸と白い壁(3/5):2006/05/17(水) 02:36:55 ID:???
「らしくないよ、アムロ。大佐なんていつもその内ひょっこり帰って来てたしさぁ」
「ソウダ ソウダ」
 聞こえてる筈なのに、またしてもアムロは一言も返事を返してくれない。
 こんなアムロは初めてだった。
「大方、あのユーリとかいう女の所じゃ、・・・・」
 アムロの部屋を覗き込んだクェスは絶句した。
 アムロが着替え中だと分かってはいたが、それは部屋着とかそういった類のものを想像していたのに、実際に彼が着用
しているのは、パイロット用のノーマルスーツだった。
「アムロ?…」
 そのノーマルスーツのデザインも腕に付けられた腕章も以前見た事があったし、クェスは良く憶えていた。
 以前アムロが着用していたロンド・ベルMS隊のノーマルスーツだ。
 宇宙から落ちて以来、生存の証拠を極力残さないためと万が一のために彼が持ち続けていたもの。
 それにパイロット用のノーマルスーツはべらぼうに高いので正解だと思う。
 普段はクローゼットの奥に仕舞われた、ダンボールの箱の中で眠ってる。
「―――クェス。」
 グローブを確りと指に嵌めているアムロが、何が起こっているのか皆目検討付かずに部屋先で突っ立ているままのクェス
に静かに呼びかけた。
「は、はい」
「早く支度をして、宇宙港が機能しなくなる前にここを離れるんだ」
「はあ?」
 意味が分からない。
「時間が無い。早くするんだ」
「・・・うん」
 説明させたい事は山ほどあったが、取り敢えずアムロの指示に従うべくクェスは踵を返した。
「アムローーー!!」
 が、ハロの甲高い叫びが聞こえて、クェスは即座に振り返った。
 同時に聞き慣れない、しかし明らかに不気味な音がクェスの耳に届いた。
 ノーマルスーツに覆われたアムロの白い手に握られているあれは、―――――拳銃だろうか。
 アムロがハンドガンのグリップ内の弾倉を引き抜き、ざっと残りの装弾数を確かめると直ぐに、補充はせずそのまま弾
倉をグリップ内に押し込んでる。
「な、何」
 いよいよクェスもショックを隠し切れなくなって来た。
 しかもガチャリと耳障りな音を立てて、銃身をスライドさせてアムロは弾を充填させた。
「大佐に何かあったの?―――――いや待てよ。それとも大佐が何かしでかしたの?」
 拳銃を右足のポケットに仕舞い、ヘルメットを脇に抱えて部屋を後にするアムロの背中に、クェスは目を眇めながら問いかけた。
「その両方だ。まったく・・・」
 クェスに振り帰ったアムロは険しい顔で答えた。
 シャアの傍若無人振りはこれが初めてではないだろうが、今回ばかりは自分の守備範囲を大きく外れたシャアにアムロは苛立っているようだった。
「アムロ、シャアの所へ行くの?」
「僕が帰る前に、必ず、ここを離れるんだ。分かったな?」
「私も行く!」
「駄目だ」
「なんでさ!」
「子供の関わる事じゃない」
「だって」
「だってじゃない!」

282 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 07:25:09 ID:???
wktk

283 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 07:39:52 ID:???
↑それがクェスの真髄w
続きはどうなってんだ?

284 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 08:13:09 ID:???
ショクニンサンとアムロがんばれ!邪気に負けるな(ワラ)



285 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 11:08:06 ID:???
何やらかしたんだシャアw
クェス萌えではなかったがこのクェスは(・∀・)イイ

しかしパイロットスーツ着て何する気だアムロ…まさか地下にMSを隠し(ry

286 :脳内妄想:2006/05/17(水) 14:12:52 ID:???
98さん乙です!
うまい!!
やっぱかなわないです^^

「おい!ちょっと!」
五月雨の昼下がり、あるひなびた街をあるいていると
ある男に声をかけられた。

「お前はガイデンの作者か?」
「ガイデンって、隠遁スレのあのガイデンのことです・・・」

私が返事を言い終わるか終わらないかのうちに、金髪にサングラス姿の
その男は私の襟首をつかんで怒りを帯びた口調で言う。

「お前は何故、アルティシアにとって大切なはずの金塊をアムロに
持たせるようなことをしたんだ!あのアルティシアがあんな口の
きき方などするはずもないし第一タバコなど吸う筈が無い!!」

「いゃ・・・お兄さん・・・あの・・・」
言い淀みながらその男をよくみると額に傷がある。
「あ・・あなた・・・し・・・シャア大佐ですか?」
「そんなことはどうでもいい!!兎に角「私の」アルティシアは
お前の書いているような、あんな女じゃない!!」
「は・・はぁ?・・・」

「いいかげんにしろよ、シャア!こんな所でグダグダ言っている
ヒマなんて俺たちにはないんだ。」
止めに入ってくれたのは赤毛の青年・・これが噂のアムロなのか?

「時の流れは人を変える、それ位の事お前にもわかるだろう?
だいいちあのガイデンなんてこの人の脳内妄想にすぎないじゃないか!」

金髪は憮然としながらも、私の襟から手を離した。
「・・・アルティシアはもっと優しい、いい女だ・・・」

「すまなかったな。コイツも色々あって今気がたってる
んだ。じゃあ急ぐから、今回のことは忘れてくれ!」

赤毛はそういい残すと金髪をひっぱるように急ぎ足で街中に
消えていった。

『人の革新』を信じ、それを追い求め、結果としてアクシズ落とし
なんていうとんでもない行為までをも起こした男が、自分自身の妹
に対しては『変わらないこと』を望みつづけている。

彼の中のアルティシアは永遠に彼がサイド3に渡るために彼女と
別れた少女時代のアルティシアでしかないのだろう。

彼女だって彼の知らないところで散々苦労し、辛い目にあいながら
変わり続けているということを何故理解出来ないのだろうか?

何となくやりきれない憂鬱な気分になり、私は彼にひっぱられた
襟元をなおしながら、彼らが消えていったのとは反対方向へ歩いて
いった。

287 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 21:26:42 ID:???
>『人の革新』を信じ、それを追い求め、〜〜『変わらないこと』
 を望みつづけている。

これは男の本質だ、きっと。

途切れたが、残りを投下する。
これは一回こっきりネタであります。
文章の添削など面倒でしていないw見難くて悪かった。

288 :赤い弾丸と白い壁(4/5):2006/05/17(水) 21:28:11 ID:???
赤い弾丸と白い壁(4/5)

 アムロに怒鳴られて流石にクェスは口を噤んだ。
「ほら」 
 アムロは自分の足元に転がって来たハロを抱え上げるとクェスの懐に押し付けた。
「ハロを連れて、行っておいで。もしもの時に役に立ってくれる」
「リョーカイ!」
 ハロが答えると、アムロはクェスの返事など待たずに玄関から出て行った。
「・・・軍人か。普段は拳銃なんか似合わないない人なのに、シャアの事となるとあれだ」 
 外から、アムロが車のサイドドアを閉めた音がする。
 車のエンジン音が遠ざかって行く音を聞きいて気持ち見送ってから、脱ぎ散らかしてあった自分の上着を
クェスは着込み始めた。
 ”行っておいで”―――上着のボタンを留めながら、アムロの科白を反駁していたクェスの沈んでいた表情
が突然輝き出した。
「それって、また帰っておいでって事?アムロはさっきそう言った!」
「 カンチガイ 」
「よし。行こうハロ!」
 着替え終わったクェスは、部屋に荷物を置き去りにしたまま家の外へ駆け出していった。
 ハロが飛び跳ねながら後を追う。
 アムロは態々ノーマルスーツを取りに戻ってきた。それに宇宙港がどうとか。
「大佐は、きっと宇宙港の発着場の近くにいるのよ。アムロはそこに向かったんだわ」
 残念ながらクェスには発着場の真空状態に耐えられるノーマルスーツなど持っていない。
 ならば。
「大佐とアムロなら、MSの一機や二機、αアジールくらい隠してるわよきっと」
「アル ワケ ナイダロ」 
 車庫程の規模でしかない、しがない裏の作業場の扉に辿り着いたクェスは、ハロを扉の施錠部にハロを押し
付けた。
「 アムロ オコル。 クェス ヤメテ〜」
「つべこべ言うな!早く開けろ!」
 予想に反して案外あっさり要求を呑んだハロは、口から器用なアームを出してクェスの言い付け通り作業場
の施錠を解除した。
 少女が機械とコードに埋もれた暗い倉庫の中に足を踏み入れる。
「待ってて。大佐」



 あれはネオ・ジオンのパイロット。黄色いノーマルスーツの男が、宇宙港の第三発着場のコンソールパネルに
食いついている。
 右手に握っているマグナムのグリップの底で殴り倒した作業員は、シャアの背後の入り口付近で気絶している。
 だから、今、己の背後から音も無く忍び寄り、背中に銃口を突き付けている人間はその作業員では無い事は
確かだ。 
 黄色いヘルメットのグレイスクリーンの奥のシャアが、ニヒルな笑いを浮かべる。
「お前は世間に溢れている口煩いカミさん達より性質が悪い・・・」
「俺もあんたの見境無い女性問題にはほとほと愛想が尽きてる」
「ユーリの話か?あの事なら何度お前に濡れ衣だと、・・・なんだ。それでこの所機嫌が悪かったのか」
「いいや、別件でだ。お喋りはいい。何をするつもりなんだ、シャア」
「ここまで辿り着けたという事は、お前はもう察してるようだが?」
「・・・」
 銃口を突き付けているアムロの方に分が有りそうだが、お互い膠着を保ったまま取り留めも無い会話
が続く。


289 :赤い弾丸と白い壁(5/6):2006/05/17(水) 21:33:49 ID:???

「私はお前に借りが出来たとは思ってはいない。そもそも私を生かしたのがお前の間違いだったんだよ、アムロ。
優しさは時に悲劇しか生まんな」
「お前がそれを言うのか!」
 アムロはコンソール上の一つのキーを、空いている手の人差し指で強く押し叩いた。
 電子音と共に、前方のパネルに鮮明な映像が映し出された。
 それは超光化学レンズカメラで映し出された、ここから数十マイルも離れた宇宙空間に浮かぶ連邦軍の戦艦と
それが牽引している巨大レーザー砲。
 シャアの足取りを追っている内にこの極秘情報を掴んで知ってはいたが、実際目撃して愕然としたアムロは
目を見開いて、力なく銃口を下ろすとシャアを退けてパネル画面を食い入る様に見上げた。
「あの戦争以来スペースノイドとアースノイドが歩みよった所で、その裏ではそれを危惧としか捕らえきれん連邦は、
機密費に極秘で全空域に有事の際の抑止力という重圧を配置した。これは全スペースノイドを陵辱している行為だ。
それを実行する連中も、黙認している連中も人類の恥だ・・・!」
 シャアが、パネル画面を拳で叩きつけて、それを見詰めているアムロの横顔に言葉を投げつける。
「分かってるよ。だが、お前一人が足掻いてあれを破壊しようが進入を食い止め様が、どの道次々予備配置される。
恐怖と強欲が存在する限り終わりなどなんだ。だったら、」
「私の様などうしようもない狂者がいるから、世は生まれ変わって行くのだ。私の定めは所詮ダイクン家の鬼子でな」
 シャアという男の哀しい詩は、美しいがいつもアムロを逆上させる。 
「---だから?なんだ」
 アムロはシャアに詰め寄った。
「だから、だと?一人の人間の力が万事に値すると私に諭したのはお前ではなかったか?連邦のマシーンだった
貴様に何が分かる。逆らえよ、アムロ。欲しいものがあるなら求めて見せろ!」
「そうか!結局貴様は――――何、クェス?」
 シャアに何かを言い掛けたアムロだったが、頭の中にクェスの感覚が突き刺す様に流れ込んで来たため、はっと
した。
「何だと?」
 燃える様な瞳で己に突っ掛かって来ていたアムロが急に己自信に興味を無くし、あちらの方に瞳を彷徨わせたた
め、シャアも感覚を尖らせる。すると確かに、遠くの向こう側という漠然とした感覚でクェスの息をシャアは感じ
取った。
「どこからだ?」
 シャアは逸早くコンソールを操作し始めた。シャアの感覚が合っているのなら、クェスは外にいる。
 それを裏付けるように、シャアの迅速な行動に意義を唱えないアムロが直ぐ背後に歩み寄って来た。
「モビルスーツが一機戦艦に接近してるぞ」シャアが言った。「これは・・・お前が設計していたMSじゃないのか?」
「なんだと?」
 シャアのコンソール操作を大人しく見守っていたアムロも、操作に加わってパネル映像の拡大に入った。
 問題のモビルスーツを限界まで拡大し、確認を急ぐ。
 その間にもシャアはコンソール脇の受話器を手に取り無線電話を作動させる。


290 :赤い弾丸と白い壁(6/6):2006/05/17(水) 21:35:48 ID:???

「あれのチャンネルは」
「59番」
 アムロが伝えるチャンネルに合わせると、シャアは無謀な程戦艦に近づいて行くパイロットと通信を取り始めた。
「そこの青いモビルスーツに告ぐ。白旗も上げず戦艦に不用意に近づけば即狙撃されるぞ。ただちに引け」
 ”た、大佐?”
「・・・クェス?そこで何をしている」
 ”大佐!”
「丁度いい。その艦を撃沈してしまえ。君なら出来るさ」
「シャア!妙な電波を飛ばすな」
「冗談だ。クェスそこで何をしている。それ以上その艦には近づくな。命令だぞ」
”あれは・・・・壊さなくっちゃいけないんだろ?!・・・そうなんだろ?!”
 電話口からパイロットの興奮。いや、ニュータイプとしての敏感すぎる感性のために、クェスがかなりの興奮状態
に陥っている事が、否応にもシャアに伝えてきた。
「クェス!」 
「かせ」
 シャアが叫んだ所で、居ても立っても居られなかったアムロがシャアの耳元から無線受話器を取り上げた。
「クェス、馬鹿な事をするんじゃない。そんな詰まらんもの、俺達に任せて早く帰っておいで」
”もう無理だよ!わたし、見ちゃったんだもん。・・・あれは、・・・あれはッ”
 クェスが生来求め続けている大人の優しい言葉をアムロから授かっても、今のクェスには届かなかった。
 クェスの駆る青いMSは引き返す事を知らず、帰る所を知らない兵士の様に戦艦に突き進んで行く。
「それは作業用で戦闘用じゃないんだぞ!」
 アムロが叫んだ。
「なんだと?どういう事だ。」
「そんな事説明してる場合かよ!」
 アムロが手に持っていた受話器をコンソールに投げつけてパネルに踵を返したのを切欠に、シャアも走り出した。
 二人して最下層の格納庫へ向かう。
「ええい!まどろっこしいもんを造りよって!」
「依頼を持ってきたのも、発注書を書いたのもあんただろ!」
「完璧な作戦にならんとはっ」
「またそれか!」
  

 時代は動き続ける。



291 :288-290:2006/05/17(水) 21:39:25 ID:???
うわ・・・長。
マジでスマソ・・・。
自分は総帥になって七井もクェスも浜ーンもセイラもはべらせたい。
堪らんなぁ。
やっぱアムロは必要不可欠。
アムロ抜きのハーレムなど不完全な夢。肉抜きの牛丼じゃ!
そんなもんぶち壊して現実に・・・・・ん?
そうか隕石落しを実行すればいいのか。
月とs1の中間でシャアめ。そんな事を考えとったのか。

ちっ!しかし総帥側だとベルトーチ火とチェーンは入れない?!
くぬぅ。完璧な作戦にならんとは・・・!

292 :(▼Д▼):2006/05/17(水) 22:02:44 ID:???
これはageるべきなのだ!
アムロ、何故これがわからん!

293 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 22:36:59 ID:???
すげー・・・98氏。
頭の中でしっかりガンダムしてたよ。
実はクエス苦手で流し読みだったけど、後半でやられた。
三人ともいい味だしてる。
GJ!

294 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 22:37:46 ID:???
単発ネタと言わずこれの前後も書いて欲しいよ。
期待してます。

295 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 23:21:52 ID:???
すげーよかったGJ!!

でもクェスのお父さんて政府の高官じゃなかったっけ?
あれって軍人にあたるのか?

296 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/17(水) 23:44:43 ID:???
アデナウアーは、連邦宇宙軍参謀次官すよ

297 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 10:44:34 ID:???
やっぱSSは98氏に任せた方がよさそうだな・・・
イノセンスの続き、まってますよ〜ノシ

298 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 11:13:07 ID:???
>>285 
 クェスは(・∀・)イイぞw。
 CCAのワンシーン。ドレイクホテルでは下着姿でリラックス
 していたため、部屋着もそれだとミタネ。
>>292
 ジーク・ジオン。(-ゝ-)ゞビシッ!
>>293
 今回の三人。実は柄にもなく悩んだ。クェスが生きとる時点で…。
 イボルブ路線なのはいいとして、イボルブアムロってどんなよ。なんだか
 別人と言うより神聖入ってて何も思いつかん。なんで例のプロットを元に
 『○○っておいで』を連発させた。これを言えたのが多分イボルブアムロ。
 シャアは可哀想なのだが、彼は隠居したくても何かの切欠で出来なくなる
 人間というイメージがある。純粋なやつめ。
>>294
 dクスw
 しかしこれに続編が出れば大いなる落とし穴が存在しているのだ。
 宇宙圏全空域に極秘にレーザー砲配備されていて、しかもクェスの救済目的
 とはいえ、アムロとシャアがMSかシャトルの類で戦艦に近づくとすればだな、
 全然『隠居生活』にならない;;成り行きで一個中隊くらい出来きちまいそうだ。
 腐った連邦指揮官は置いといて、純粋な下っ端の兵士ならシャアとアムロが現れた時点で、
 皆そっちに付くに決まってる。
 メビウスの輪だよ全く!
 なので無い方がいいと思うw
 

その他にレスくれた人も有難う。

299 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 12:48:29 ID:???
>>297
そんな事を言っちゃいかん
98さんに任せきりになると98さんの負担が大きくなってしまうしこーゆうスレは色んなバリエーションがあった方がおもろいと思う



300 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 13:09:06 ID:???
>>299
もっともだが98さん上手すぎるんで
アプしにくいんだよな〜

301 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 13:27:11 ID:???
Σ(▼Д▼)ええい、三百式がやられただと!

302 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 14:27:18 ID:???
一等兵A:は!残念ながら三百式は大破、であります!

以下個人的意見だ。
>>300
 良識あるレスは大切だと思う。けれども、過度な馴れ合いも要らないとも
 思っていた。だから敢て書かなかったが、↑の方で好きなネタ一杯あったぞ。
 自分はアホネタ大っ好きなのだが、自分が書くとイマイチだ...orz。
 多分余りの詰まらなさにメガ粒子砲並みの破壊力がある筈だ。
 アップしにくい、という気持ちは自分もそうだから分かるな。
 SSは意外と難しいし、実は文章書くの苦手だ。
 でも人それぞれ、一行でも絶対いいものが書けていると思う。
 『脳内妄想』も頷ける所があって良かった。
 300さんに無理強いする訳じゃないが、ネタがあれば暇のある時にでも
 投下して欲しいぞw

>こーゆうスレは色んなバリエーションがあった方がおもろいと思う。
 激しく同意。
 しかもあと700も書き込めるぞww
 アホネタ万歳
 シリアスネタ万歳
 どっちもネタ万歳
 分類不可ネタ万歳


ですぎた事言って済まんかった。

303 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 18:25:12 ID:???
ソーダソーダ
だから300もその他の住人も気楽に行こうぜー

>「お前は世間に溢れている口煩いカミさん達より性質が悪い・・・」
>「俺もあんたの見境無い女性問題にはほとほと愛想が尽きてる」

98氏に不快な思いをさせたい訳では決してない。
だが言わせてもらおう!
このセリフはウホ通り越しているつーのか?二人の日常と関係を想像するにたやすいな。
見事にはまってるよ。見境ない女性問題ってww大佐誰か孕ませたのかwwそれとも隠し子騒動かwww
どちらにしろ、イボルブアムロは面倒見がCCAアムロの三倍増しだからとばっちり食らいそう。



304 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 18:53:48 ID:???
そうかしら。シャアって通常の三倍は避妊能力ありそうよ?バッチリだと思うのだけど。
それよか、一人の女に本気になれないシャア。で業を煮やした子が家に押しかけてくるってパターンじゃない?
しかもその時に限ってシャアは不在でアムロ一人。王道ね。

305 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 19:57:30 ID:???
女の子が家まで押しかけて来たら来たで
イボルブアムロにならそれなりに癒してもらえそうだ
そんでどんどん家に押しかけてくる女の子達

アムロはアフロだからシャアを好きになるような女の子に
アムロが男として好かれることは皆無だと思うが
シャアのせいで女の子達が男性不信に陥りそうになるのは回避してくれそうだ

306 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 21:30:18 ID:???
>イボルブアムロにならそれなりに癒してもらえそうだ

それナイスv
私が癒されたい。

307 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/18(木) 21:42:10 ID:???
>>304はセイラさん

308 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 07:17:43 ID:???
クェス「沢山ゾンビが流れ込んで来る。私、パンクしちゃう」
シャア「この子は戦場の動きを全て感知している…」
(持ち込んだPS2でバイハザプレイ中)
シャア「第一波は引き揚げたようだ」
クェス「ああ怖かった」
ガチャ!!(アムロがテーブルに湯呑を置いた音)
アムロ「そうか。だからお前はクェスをマシーンとして扱って…」
シャア「私はやるのは怖いが観ているほうが楽しい」
アムロ「情けない奴」
シャア「ならばお前も、そこで鑑賞してないでサバイバルナイフのみでクリアしてみせろ!」
アムロ「ただのマニアだよそれは」
(ゾンビ再び出現)
クェス「来る!来る!」
アムロ「……あのプレイヤー、クェスか?」
シャア「ああ。才能があるようだ」

309 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 07:31:49 ID:???
シャア「ならばお前も、そこで鑑賞してないでサバイバルナイフのみでクリアしてみせろ!」
アムロ「貴様がクリアしてからそうさせてもらう!」
クェス「アムロ!ちょっとアンタせこいよ!」
アムロ「クェス!」
シャア「行くかい?」
クェス「え?」
アムロ「………何処へ?」

このシーン外しちゃイカンだろ。


310 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 12:00:39 ID:???
本当に何処へ…だよw
シャアがいうとイヤラシいな

311 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 12:08:49 ID:???
しかし毎度の事ながら本当に楽しそうだこいつらw

312 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 12:27:47 ID:???
BH4までやりつづけたらしい。

クェス「武器商人って撃ったらどうなるのかな?」
シャア「暴力はいかんな」
アムロ「やってみなければ分からん。そこだ!」

『グッ!…パタ』

ク・シ・ア「「「あ。」」」
クェス「やった!やったろ?!どうするのよ!ボス戦の前に緊急スプレー買いたかったのに〜っ」
シャア「アムロ。貴様の頑張り過ぎだ」
アムロ「クェス・パラヤさん?この先は進まない方がいい」
クェス「えー」
シャア「シナリオは既に始まっているのだぞ!」
アムロ「たかがシナリオ一つ。おれがクリアしてやる!」

313 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 12:29:01 ID:???
緊急スプレー×
救急スプレー○

314 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 17:58:47 ID:???
>>305
イボルブアムロを侮ってはいかん。
あのアムロはシャアと互角に、いやそれ以上のエロい魅力がある。

315 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 18:05:52 ID:???
ニュータイプは性欲も強そうだ
シャアとアムロのせいで

316 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 18:08:58 ID:???
まあ、いろいろと敏感だからな

317 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/19(金) 22:01:47 ID:???
『エロ』という単語がでてからものの数分足らずでレスを返した315に乾杯。
316もこれまたしかり。

318 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/20(土) 17:01:35 ID:???
このスレでエロい話はあんまりするなよw荒れて欲しくない

ところで「赤い弾丸 白い壁」で出てきたシャアがやってるカタギらしい仕事
って何だろう?
奴が出来るカタギの仕事なんて思いつかないw

319 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/20(土) 17:25:49 ID:???
我らがアムロ大尉がきっと、シャアに代わって今夜のケータイ大喜利でその素朴な疑問に答えてくれるさ

320 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 00:05:11 ID:???
>ケータイ大喜利
maji de 楽しみだ。
>>318
確かに想像に苦しむな。作者本人も検討つかんというワナだ。
シャアにアブない仕事させたら天性っぽいが、
根が腐ってる相手にアムロもνで戦いながら舌戦挑まねえよな、ほんと。
アクシズの中でだってめっちゃ議論持ちかけてるんだぜ?
めちゃテンパってる状況なのにな。


個人的に以前出ていた>金塊の一つや二つってシャアぽいな。
それで堅気ってどんな仕事だよw


という訳で。


シャアに堅気の仕事を誰か与えてやってくれ(プッ)。
つーかイエローブックとか買ってきてチェックしてたらおもろい。

シャア「さて。私は読書で時間を潰すとしよう」
アムロ「シャア…」
シャア「なんだ。暗い顔をして。このまえ金塊の一つや二つ用意してきただろ?」
アムロ「頼むから人様の迷惑にならない普通の仕事をしろじゃなきゃ連邦に引き渡す」
シャア「句読点を入れて話せ」
アムロ「茶化すなよ」
シャア「お前私をなんだと思ってる」
アムロ「日雇いの普通の仕事であんな大金どっから湧いて出る!」
シャア「ちゃんとイエローブックで募集していたのぞ!」(バシーン!)
アムロ「嘘を言う!」
シャア「そこまでいうのなら自分の目で確かめてみろ!」
   『イエローブック【コロニー地区版】』
アムロ「……(パラパラパラ)」

数秒後。

アムロ「そうかい!!」
シャア「ええい!何が気に入らん!」

この世勃発した第三次ネオ・ジオン抗争はアムロの鉄拳も虚しく、
シャアから受けたバックドロップが効いて終幕した、らしい・・・。

た、楽しそうだなこいつら。
一体どんな募集が載ってたんだ。

321 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 04:03:05 ID:???
いいよね、シャアとアムロ
本当に楽しそうだ
この二人くらいの年代で本気でケンカしたり認め合ったり、毒づいてみたり
笑い合ったり出来る関係って得がたいよなぁ
うらやましい

322 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 07:29:54 ID:???
>>320
ちょwwバックドロップかよ
>仕事
単純にボイラーとか有りじゃねー。
仮面系だしな似合うって。

323 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 07:59:02 ID:???
>321
ttp://www.youtube.com/watch?v=5iAnmjlPVDA&search=SDgundam

アーガマ幼稚園チームのキャスバル君とアムロ君

324 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 09:04:23 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=NXzAdk9v61c&search=CHARS




これ見て泣きそうになった。シャー…。
アムロこいつを何とかしたってくれ。

325 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 13:26:13 ID:???
>>323
めちゃくちゃかわいいなw

326 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 13:51:35 ID:???
やるなブライト

327 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 16:00:34 ID:???
やるなブライト
ブライトやるな

328 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 16:00:43 ID:???
楽しそうなシャアとアムロの二人の様子を見てたら妙に
ナナイが可愛そうに思えてきたのでざざっと書いてみた。

本当はナナイ目線で書きたかったが自分には無理っぽかったので、
第三者目線で書いてみたのだが何だかスレ違い気味で意味不明な
スパゲッティーな文章になってしまった(--;

それに前に書いた文章とも矛盾だらけになってるけど
気の向いた人だけ、深く考えずにさらっと読んでください。

329 :グラフィン・ノート page1:2006/05/21(日) 16:02:53 ID:???
---このメモは特定の誰かに向けて書いたわけではない。
ただ、『書く』という行為は時に精神を安定させる何かしらの
効果があることは確かなようだ。もし、このノートを誰かが目を
通す機会があるとしたら既出の情報も多いから、気の向いた部分だけ
をさらっと見るだけでもかまわない。(もし、このノートを誰かみつ
けたとしたらだが)軽く読み流してくれればそれでいい。このノート
の存在意義はそれだけのものだから---

第二次ネオ・ジオン抗争と俗に言われる騒動の余波でいまだに
何かと世間は騒がしい。

メディアはもっぱらネオ・ジオン総帥のシャア・アズナブルが
生きているのか、死んでしまったのかというのが話題の核であり、
怪しげな評論家とやらがあれこれと憶測ばかりを語り続けているわ
けだが、俺が気になるのはシャアが生きてるのか、死んでしまったかと
いうことよりも彼の身代わりに連邦に連行されて(おそらく)拷問
まがいの尋問を受けているであろうナナイ・ミゲルという女性のこと
のほうが気にかかる。

それは俺が単に(自分で言うのもなんだが)根っからのフェミニスト
だからかも知れないし、報道で見る限り彼女はかなりの美人だからか
もしれない。

俺がとあるティターンズ系のニタ研にいた頃の話を少し書こうと思う。
(これは先にも書いたように、書けば単に少しは気が楽になるような
気がするからなんだが・・・興味なければ読まなけりゃいい)

俺、いや俺以外にもあそこにいる連中は、はっきり言えば「研究バカ」
ばかりだった。ティターンズの息のかかった研究機関で好きな研究に
没頭して食っていけるなんてのは学者・・・いや、研究者といった方が
いいのかな?にとっては楽園だった。

俺の興味は「人間は精神的(或いは肉体的)に何処まで進化できるのか」
ということしか頭に無かった。人間の脳の神秘、これは俺を強く魅了した。
だから投薬だろうが少々荒っぽい心理実験だろうが己の興味心を満たす為
になら何でも出来た。その裏側には「精神的な不安定さは一時的なものでい
ずれ落ち着くだろう」という今としては身勝手な確信を(当時俺は本気で)
信じていた。

だが、ある時俺は俺の抱いていた妄想を打ち砕く真実に遅ればせながら
気が付いた。

強化人間の行く末には「ヘイキ(兵器)かハイキ(ハイキ)」のいずれか
しかしかないという事実に気が付いたからだ。そもそもティターンズの
強化人間は「兵器」であるということは初めから頭では理解していたつもり
だったのだが・・・

手塩にかけたはずの被験体から「失敗作(ヤな表現だが)」を作り上げてし
まい、その被験体の最期がどういうものかを初めて直にこの目で見たとき、
俺の中の何かが変わってしまったようだ。

330 :グラフィン・ノート page2:2006/05/21(日) 16:03:39 ID:???
「知りたい」という学者故の好奇心(探究心)がその感覚を長らく俺の人間的、
倫理的良心を麻痺させていた。だが、それに気が付いてしまったらあの仕事
は続けられない。だから俺はニタ研を辞めた。たいした実績も無い所詮一介
の助手にすぎない俺は意外なほどあっさりそこから抜け出すことが出来た。
それはグリスプ戦役の末期のどさくさと時期が重なったからかもしれない。

ニタ研を辞めてからも、しばらくは同期の数人とたまにコンタクト
をとることが出来た。

彼らからの情報で俺の知る限りによると、グリプス戦役終盤〜戦後、
研究所の連中は何らかのルートでアクシズへ亡命した者とアナハイム・
エレクトロニクスに入ったものとに別れたようだ。

その後、アナハイム・エレクトロニクスに入った元研究者の連中の中の
何人かが、あるコロニー(どのコロニーかということまでは俺は知らない)
にある民間企業に好条件で引き抜かれたという噂までは俺の耳に入ってきた。

俺はなんとなく嫌な予感がした。先にも書いたとおり、ニタ研の連中ども
は「研究バカ」ばかりだ。彼らが重視するのは「イデオロギー」よりも
「テクノロジー」だ。またニュータイプ研究に関わる大きな「何か」が
始まりつつあるあるような気配を俺は感じた。(そもそもアナハイム・
エレクトロニクスという会社も「何か」をしていそうな一癖も二癖もある
会社であることはご存知だとは思うが・・・)

その民間企業とやらと元ニタ研の連中たちの噂話が俺の頭から離れない。
そこでアジア方面で暮らしているというコバヤシさん(ネット通信で拝見
したことがあるが、未亡人にしとくのが惜しいくらい可愛らしいご婦人
だ。ただ、すこし疲れているようだが・・・)とセイラとの橋渡し役を
何かとしてくれているジャーナリストのカイ・シデン氏に一連の話を
してみた。(俺は彼は信頼出来る、数少ないジャーナリストの一人だ
と信じている)

俺の推理と彼の憶測はほぼ一致した。
その民間企業というのはおそらく単なるフロント会社であり、その実態は
ニュータイプ研究所の類であろうということ。そして、その裏ではあの
シャア・アズナブルが絡んでいるのではないだろうかということだ。

ハマーン戦争時代にシャアがアクシズで基盤を固めるというということは
不可能であったろう。しかし、あれだけの組織をそうそう簡単におこせる
訳が無い。どこかのコロニーに潜伏して、秘密裏に着々と準備を進めていた
と考えるのが自然だろう。連邦政府はおそらく虱潰しにすべてのコロニーを
探し回ったことだと思う。

カイ氏曰く、コロニーの連中は地球の連中(特に連邦政府)に対する嫌悪感
が強い為、調査には非急力的であるどころか自分たちの見方になってくれる
相手だと信じてしまった場合、平気で嘘だって隠し立てだってするだろうな、
ということだそうだ。

現にカイ氏はコロニー出身者でありながら地球での暮らしが長い為、
コロニーに関しての取材は非常にやりにくいらしい。

331 :グラフィン・ノート page3:2006/05/21(日) 16:06:19 ID:???
今にして思えばアナハイム・エレクトロニクスが引き抜きに対して
大きな騒ぎとしなかったのは、おそらくシャアが秘密裏に用意していた
であろう兵器の大量受注に対しての交換条件のようなものがあったのか
もしれない。影で「悪魔の企業」と呼ぶ者もいるあのアナハイムだ。
儲かると見れば、それ位のことは平気でやるだろう。

何だか大回りしたが、ナナイという女性の話に戻ろう。
報道によると、彼女はネオ・ジオンでシャアの片腕的存在だったらしい。
もっともゴシップ誌ではシャアのイロだったのではという話題で持ちきりだ。

彼女がティターンズ系の研究所からの人間とは考え難いし、ハマーン時代の
アクシズで研究をしていたと考えるのも何か不自然だ。

わずか3〜4年でニュータイプ研究所の主任というポストを手に入れ、
なおかつ先の戦争では参謀までしていたということから彼女はかなり
の才媛で要領もよく、そして(おそらくシャアという男の為になら)
どんなこと(冷酷なこと)でもする女なのだろう。

それは彼女の計算からなのか、逆に純粋だったからシャアという男の手
の平の上で踊らされていたからなのかどうかは俺には判らない。

ニュースでは彼女が一切のことに関して黙秘を続けている旨を伝えている。
理由は何であれ、彼女のシャアに対する忠誠は相当なものだということは
確かだ。

シャア・アズナブルの生死は未だ不明---だそうだ。

もしも、彼が生きているとしたら・・・
彼は彼女のことを思い出すことはあるのだろうか?
彼の変わりに連邦政府から厳しい扱いを受け、苦痛に耐えながらも彼を
かばう為に黙秘を通し続け・・・そして、いずれは今回の粛清騒ぎの責任者の
一人として死刑に処されるであろう彼女のことを彼は少しでも気に留める
ことはあるのだろうか?

もし、彼が生きていたとしても彼は彼女を平気で見捨てるだろう

シャアという男は己の野心を実現する為に、多くの人々を踏み台にしな
がら生きてきた「研究バカ」と同類の男なのだろうから・・・

332 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 16:52:45 ID:???
ナナイは外せない人間だよ。
だから乙!
思ったがシャア=碇指令 ナナイ=赤木博士 っぽいな。
富野氏好きな奄野氏だし。

>>327
細かいw

333 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 17:59:18 ID:???
ではギュネイ=綾波だな

334 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:30:02 ID:???
じゃあクェスがアスカで

335 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:43:57 ID:???
ギュネイが綾波?!ワロタ
じゃあネオジオンの地下施設はギュネイだらけ?!
戦術部長の葛城一尉はやっぱCCAのアムロの年齢がきいてんのかな。
だとチョッチうれしい。

碇の元奥さん=ララァ



336 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:44:45 ID:???
すまん名前がわからんかった

337 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:47:09 ID:???
碇ユイ だな

338 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:52:05 ID:???
そういや葛城は29歳だったな。
ユイがララァなら、冬月副指令がアムロになりかねんぞw

339 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:58:28 ID:???
冬月はテムに決まってるだろ!
中の人が!

340 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 18:58:28 ID:???
>地下施設はギュネイだらけ

やめいッ!
アムロ「ナナイ大尉!貴方は今何をしてるのか分かっているのか!」
ナナイ「ええ。破壊よ。人じゃないもの。人の形をしたものなの」
ギュネイズ「あははっは。はははははは!」

こんな気色悪い図を思い浮かべちまったじゃねーか…。

341 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 19:10:01 ID:???
>>339
中の人いい仕事してるよなー。

342 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 19:12:23 ID:???
ギュネイだらけ・・・嫌すぎだな。

343 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 19:17:15 ID:???
大佐は敵だらけだ。
ギュネイ1「何時だってクェスを手に入れられる男になれる」
2「やれよ!」
3「おれナ。核ミサイルを一気に狙撃したんだぞ」
4「俺は大佐以上に働けるんだ」
5「あんな男は気すんなって」
6「そこまでだガンダム!」
7「おれは多分七人目」


シャア「四方から電波がくる・・・」

あぼーん。

344 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 19:21:31 ID:???
ギュネイの天敵はダミー。

νガンダムの放出したダミーやシールドに目が行った隙にギュネイズもあぼんぼんぼん。

345 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 19:28:44 ID:???
おまいらw
おもしろすぎだ


346 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 20:46:45 ID:???
>344
じゃあ、νガンダムは使徒かww


話をぶったぎって悪いが、これはキタ━!!!
シャアがええ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=s1NhLWe0IW0&search=Gundam%20sd

347 :グラフィン・ノート page3:2006/05/21(日) 22:25:34 ID:???
youtubeネタ面白いね
あそこ漁れば何ぼでもネタ出てきそうだしね。

漏れの持ってるのは拾い物だけど個人的にはハマって、他スレで貼った
ものの見事にスルーされた「リアルギレン閣下の演説」ってのしかないな。
ttp://www.youtube.com/watch?v=dmT6mdrA8Dw&search=PINK%20FLOYD

金髪にしてもらえばシャアの演説には--ならないか、眉ないしw
スレ違いネタでスマン

348 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 22:26:57 ID:???
名前変えとくの忘れてたorz

349 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 22:39:21 ID:???
omorokata。
リアルしてたよorz
そしてカイ市電好きなんだろw

350 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 22:44:18 ID:???
>>346
モット怖いもんがあるぞ。
それはギュネイの巨大化。
うぎゃ、勘弁してくれ。



ワタクシ的にはアムロの巨大化なら受けて立ってもいい。


後始末どうしよう。

351 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 23:00:11 ID:???
maji de どうするんだよw

352 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 23:02:50 ID:???
>>349
マジで答えるとカイ、好きだ!
だが、ルックス的にはドズルとヘンケンが好きだw

353 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/21(日) 23:10:22 ID:???
自分もカイ好きだぞ。声も良い。
しかしルックス面でドズンとヘンケンをセレクトするとはなかなか通だぞ。
さてはエマ中尉?!

354 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 02:31:17 ID:???
>>352,353
カイもドズルもヘンケンもいいねぇ。

そういえば俺的に気になるキャラとしてステファニー・ルオがいるんだけど、
このひと戦火で亡くなったりしてないよね。
話に関われないかなぁ・・・2人とも面識あるはずだし。

355 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 02:33:48 ID:???
>354
ステファニーさんはしぶとく生き残りそうだね。
表には出ないで黒幕に引っ込むだろうけど。

356 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 11:07:54 ID:???
>>353
ヘンケン必死だったけどエマのほうはさほど気がなじゃった
んじゃなかったっけ?うろ覚えでスマン

カイはキャラも好イイし隠れた名ゼリフ多い所がまたイイ!

357 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 11:13:29 ID:???
「ニュータイプニュータイプ」
「いたんだよぉ・・・いたんだよぉ〜・・・」

358 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 11:47:04 ID:???
>>356
自分で言うのも何だが改めて読み返したら文章めちゃくちゃだなw
昼真っからよっぱらってるワケでもないんだが・・・

359 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 11:49:47 ID:???
「そんな事じゃ、358も死人の力に引っ張られるぞ!」

360 :お願い:2006/05/22(月) 21:11:57 ID:???
>>298
>成り行きで一個中隊くらい出来きちまいそうだ。純粋な下っ端の兵士なら
シャアとアムロが現れた時点で、皆そっちに付くに決まってる。

これには当時(全盛期)の興奮が蘇った。
全てとは言わないので、「赤い弾丸と白い壁」の前後を
上げてくれないだろうか。シャアとアムロに着いて行く兵士達を是非見てみたい。
お願い君ですみません。
それと隠居スレではあるが、これもCCA生存設定後のある一つの可能性とし
て見なしてもいいと思うので。

361 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 22:37:41 ID:???
>>353
352ことエマ・シーン中尉、ただいまより任務につきますw

アホな冗談はおいといて、「通」という言い方はありがたいですね。
内々ではハッキリと「マニアック」的な言われ方してるからw

シャアがカタギの仕事・・・保父さんなら趣味と実益を兼ねてるから
好みそうですね。お得意のホスト顔負けのテクニック使えば、保母さんた
らし込んで金塊までは行かなくても給料以外の臨時収入もありえそうだし

ただ、園児(勿論女児)を手にかけて、速攻クビって可能性も大有りだがw

余談だか今回のW杯、ドイツのカーン様(ハマーンでなくオリバーね)
正ゴールキーパーでなく、控えだそうだorz
あのイカツイ素敵なお顔を拝見できる機会はあるのだろうか・・・



362 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 22:41:19 ID:???
手にかけて=手を出して
手にかけちゃマズすぎだろ・・・

363 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 23:01:38 ID:???
ヘンケン「エマ中尉www」
ブライト「いいな?」
クワトロ「いいなぁ」

364 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 23:05:17 ID:???
>>361
ここでまでロリコンネタはやめてくれ。゚・(ノД`)・゚。
硬派と純アホネタが同居する俺のオアシスなんだ


うげ、俺もカーン好きなのに!ショックだ…

365 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 23:19:56 ID:???
ここでまでってwww
シャア哀れ。

366 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 23:31:18 ID:???
ドイツはキーパーが年食ってもなかなか交代しなかったからどんどん高齢化が進んだ
カーンが今回控えになるのは仕方が無いと思う
(カーンの前のキーパーもなかなか引退しなかったせいでカーンが選ばれたのが遅すぎた)
俺は強いドイツが見たい!
W杯終わってからここ四年間ドイツなかなか勝てねえんだもん
俺は強いドイツが見たいんだ!
カーンは好きだけど、それとカーンがW杯で控えかどうかは別だ
強いドイツが見てえ!

367 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/22(月) 23:46:34 ID:???
スポーツとか政治とか医療とか平和的な分野ではどんどん若い人が
出てきてくれないと困るよね
これらと混同して「三十路のシャアやアムロが出張るのは良くない」って
意見が出ることあるけど、彼らがやってるのは戦争で後世に残しちゃ
いけないもの
何が何でも自分達の代で最後にしてやるって覚悟がちょっと切ない

368 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 01:09:51 ID:???
>>360に便乗してii?






>>366
ドイツにはカールハインツシュナイダーと若林がいるだろww

369 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 01:14:53 ID:???
SGGK

370 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 10:54:52 ID:???
>>367
三十路のシャアやアムロが出張るのは良くない

30代〜40代って一番あぶらの乗った良い時期でないのか?

勿論医療やら政治やらスキルの必要な分野を志すなら10代後半〜20代
の時期に、がんがん勉強してもらうべきだとは思うが。

あと、ここではロリネタ控えるようにか・・・
ちゃんとメモしとくよ(__)φ

371 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 11:00:28 ID:???
>>368
若林は日本代表だぞw

372 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 11:19:16 ID:???
(▼A▼)「スーパーグレートゴールキーパーとは。これはナンセンスだ!」

373 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 12:10:13 ID:???
スーパー がんばり ゴール キーパー

だよ

374 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 12:19:42 ID:???

           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/     r───────
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │   ノ マジで!!
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /    '⌒i      ……
   _`ヽ {    └--‐'  /┐    `ー──────
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7



375 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 16:37:50 ID:???
「アムロ、セスナとカメラを用意するんだ。何やら儲かるらしい」
「シャア!!クワガタの次はセスナか!ヤフオクで情報買うのはもう
やめろ!!!」

376 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 17:42:57 ID:???
働けよシャアwwww

まだ仕事決まってないんだっけ?株とかどうよ?

377 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 17:47:30 ID:???
株絶対似合う!

378 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 18:04:18 ID:???
金魚すくい屋のオヤジも妙に似合うと思うのは俺だけかな・・・

379 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 19:42:30 ID:???
普通に人相悪いからなぁ。
あの額の傷がそれに拍車をかけてる。
通りすがりのガキに妙な一話を立てられたり、馬鹿にされてそうだな。
「おい!オヤジ!」
「やれやれ…」

380 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 19:50:54 ID:???
基本的にステテコ腹巻スタイルが似合うんだよ

381 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 20:08:11 ID:???
シャアの射的屋
クェス「みんな落ちちゃえ〜!」
ギュネイ「一番高い景品だ、当たれぇ!」
ララァ「大佐、邪魔です!どいてください」
アムロ「一つ、二つ、三つ、四つ(ry」

シャア「完璧な計画にならんとは…orz」


382 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 20:56:35 ID:???
ワロスwシャア商売上がったりじゃん!カワイソ。
シャアの渡す景品はみんな赤そうだな…。
>>369
 おれは未だ「萌えろヒーロー」のカセット持ってる。
 ノリノリだぜ♪
>>360
 なんていったらいいのか自分には勿体無い言葉です。
 基本的に、リクエストには答えるつもりだよ。
 ただ登場人物のクェスがな。苦手な人沢山いると思うし、はは。
 しかしまあ折角書くんだったらHi-ν出してぇよぉ。
 量産用のνGだよな。アムロ専用だったけど本人が行方知れずのため破棄
 された幻のνG。CCAの片翼νとは違って両翼というのがポインツ。
 俺にとってアムロには永遠に片翼の方が好きなんだが、アムロとシャアの
 部下で若いパイロットがこの両翼型受け継いでもいいやも。
 シャアねぇ、ハサに出張してもらうか。
 



 くそぅ!この展開ではこう叫ばずには居られまい?!

アムロ「ν最高」 
シャア「ちぃ!・・・」

383 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 20:58:14 ID:???
話ぶったぎって本当にスマンかった!

384 :98:2006/05/23(火) 21:45:07 ID:???
そうそう。
>>329-331
 「グラフィン・ノート」
 外伝の人だよね。GJ!ナナイはイイ女だ。シャアが抱きついた女だもんな。
 ナナイ好きだ。
 ちょっとマジレスすると、ナナイって本当に凄い女だと思うんだよ。
 シャアに似合う女だと思うよ。でもただ、やっぱり彼女はララァを超えられない
 ものをもっている。それは大人の女ってことかな。
 別にロリネタとかそういんじゃないんだ。典型的な現実主義ってこと。
 ララぁも女だったけど、やっぱり少女の純粋さでシャアを求めて死んでいった
 と思う。それなりの棘はあったけどね。
 かなり美化される。
 ナナイの女の棘ってまたちょっと違ってて、シャアを利用できる女でもあったと思う。
 つーかある程度利用してたと思うよ。あれ程のキャリア持てた実力ある女だもん。
 それぐらいの強かさがあったと思う。そこが好きなんだがな大人で。
 20歳は嘘や…。
 ネオ・ジオンは大佐の夢だからつーより彼女の夢でもあったんじゃねーかな。
 シャアはある意味出世欲とか金とかを追い求める人を利用はするが心底
 愛せないような。なんか壁を造りそう。
 トラウマか?

 ベルチルとかハイスト読んだがあまりに昔過ぎて憶えてないんだ。
 自分の勘違いかもしれない。


385 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 21:54:02 ID:???
>>376>>377


株って言えば、確かZの頃のセイラさんは株で生計立ててたんだよね?

あの頃はバブル真っ盛りで株のイメージも結構よかったんだけれど、
今じゃ株で必要以上の大もうけってダーティーなイメージになっちゃ
ったからなぁ〜

だからこそシャアに似合うのかw

「落ちろぉっ!!アナハイム株!!!」
「シャア、お前は何でいつも売り立ちばかりなんだ?」


386 :98:2006/05/23(火) 21:56:37 ID:???
ダーティーでも違法じゃないギリギリな所がいいな。
頭脳戦という感じで。シャアはできそうだ。
市場操作とか裏でやってそうだな、シャア…。

387 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 22:07:01 ID:???
ブライト「今だ!第六波全力売りを叩き込め!」
シャア「カラ売りの中に実弾が混ざっていた…やるなブライト!」


388 :98:2006/05/23(火) 22:12:25 ID:???
実弾が混じってちゃ超ヤバイってwwww
まじでブライトやるな。

「金の洗濯のために数日家をあけるぞ、アムロ」
「馬鹿な事を。死体だけは出さないでくれよ、シャア」

389 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 22:19:29 ID:???
>>384
「ガイデンの人」です。感想ありがとうございます

ナナイは「ただ者」じゃないですよ、やっぱり。
それ故彼女の目線で書くことは自分には不可能でした^^;

彼女はおそらくもともと自分というものがある女性で、私こそシャアという
男ににふさわしい女だ!という自信を持ってたんだろうし、自己実現っていうのか
な?彼女自身が自分自身を確立する為にも(うまい表現できないな・・・)
シャアの部下であり、愛人であり・・・ってポストでいることは大切なこと
だったと私は想像してます。だからシャアを愛していたということは事実だが
、それは自分が自分でいる為にだった可能性も大あり・・・って感じでしょう
かね?(意味不明気味ですいません)

それ故、たかが(彼女から見れば)子供であるクェスに振り回されて
しまったのかもしれませんね。シャアをとられるということは、愛人を
とられるということだけでなく、彼女にとってもっと大切な「これまで
築いてきた自分自身」を揺るがすことになった訳だから、おそらく。

なんかうまい表現できなくてすいません。

390 :98:2006/05/23(火) 22:28:02 ID:???
>それ故彼女の目線で書くことは自分には不可能でした^^;

それは君がチャーミング過ぎるからさ

391 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 22:37:38 ID:???
>>390
相手はエマ中尉だからな

392 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 22:38:18 ID:???
>>390
年聞いたら引きますよ


って、自爆してどうするwwwww

393 :390:2006/05/23(火) 22:57:10 ID:???
ガンダム、第二戦闘区域を離脱する!

394 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/23(火) 23:15:19 ID:???
逃げやがった

395 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 08:13:37 ID:???
俺は続きに飢えている!

396 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 10:43:45 ID:???
何だかんだ言ってもマターリしてるね、このスレ(´ー`)y-
この雰囲気、壊さないでほしいね

397 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 14:04:01 ID:???
性格的にエマにはナナイは理解出来んだろうな、確かに。

398 :1/2:2006/05/24(水) 15:30:03 ID:???
−某レストランにて−

B「チャーハンおそいよ何やってんの」
A「貴様ほどの男がなんて手際の悪い…」
C「ええい!今やっている!!」

A「このままだと客足が遠のいて俺たちのバイト代が出なくなるぞ!!」
C「まだだ、まだ焦がさんよ!!」

  ∧,,∧
 (;■ω■)  。・゚・⌒) 見える!!私にも見えるぞ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

        チィッ!   。・゚・
  ∧,,∧   て     。・゚・。・゚・
 (;■ω■)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡

    ∧,,∧    完全な作戦にならんとわ…
   (■ω■)
  c(,_U_U      ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・
     ━ヽニニフ


399 :2/2:2006/05/24(水) 15:40:23 ID:???
B「二人ともクビ」
A「……」
C「……」

        \
   r'⌒⌒^'、  \    「いくつーもーの罪をくりかーえす♪」
  ( rνyy'ソ  \\
   ヾ ゚ー゚丿   | |
     ]¶[  )    | |
      / /    人
     ヽ/    <  >⌒⌒ヽ ∩
    △/  //(V#"メ"""ミ) /
  ▽   ▽ 彡  ヾ▼Д▼ノ /
  △   △       ¥  /
    ▽

     8
  γ⌒8⌒ヽ
 │ ミ 8   )……
  (▼ソ 8 ミ丿
   ミ∞∞∞j
   ミ∞∞∞j
   ミ∞∞∞j            
   ヽ)ヽ)

400 :蛇足:2006/05/24(水) 15:51:47 ID:???
某日−白の宮殿にて−

ロラン「ディアナ様こ、これも黒歴史の一部なのでしょうか…」
ディアナ「ロラン…よしなにw」

          −完−

なんかすみませんこれで終わりだお

401 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 17:03:56 ID:???
>>388
マネロンまでしてるのか?シャア!
つーか、妹さんの株式投資はまっとうだったんだろうか?
アナハイム株買って、兄貴の暴走で儲けてたとしたら・・・

そんなセイラさん、嫌だ〜
頼むからお医者しててくれ〜

402 :390:2006/05/24(水) 18:02:03 ID:???
>アナハイム株買って、兄貴の暴走で儲けてたとしたら・・・
ちょwwつまり逆シャアの裏で?黒い、黒すぎるよセイラさん?!
純粋に爆笑してしまたよ。

>>398-399
ガンダムAA系ネタ大好なんだ!!
蛇足の落とし方もフェイントだったな。実はシャア大佐の四百式を何気に
待っていたが、見事決めてくれたね。

403 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 19:31:51 ID:???
姉妹スレ
ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1146069917/l50
チョトワラッタ

404 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 21:42:52 ID:???
不用意な自爆によりMk-Uは大破しましたが、エマ・シーン無事帰艦しますた

>>401
以前他のネタ系ガンダムサイトに投稿したのをアレンジして、
夕方の空いた時間に、何げに爆撃してみた小ネタだが・・・

その黒いセイラを書いて見たい気がするが、ギョーカイ用語
が増える上に微妙にヤバい話になってしまいそうなので、
とりあえずは控えますw

405 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 21:56:05 ID:???
>>402
ナナイになるのは難しいが、年を重ねると女性は嫌がうえでも
シーマ的になっていくようですΣ(゚Д゚)

エマはまだ若かったから真っ直ぐ真面目だったんだろうな。
もし、生き延びて年を重ねたら少々の毒っけは出てきたと思う。

ま、すべての女性がという訳でないから夢はなくさないでねw

自分で言うのもなんだが、「優等生」「エリート」という面を除けばw
自分の性格はエマ的だと我ながら思うよ(かいかぶりすぎか!!!)

http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1146731081/l50
衝動的に立てたスレなんだが、20位で落ちると思ってたら
意外と長生きしてる。

いっそ100目指そうと思ってるから、暇な人は何か書いてってね

406 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/24(水) 22:28:29 ID:???
>397
ヘンケンとラブラブにできちゃった上で
レコアの意見に「男ってそうだけど、でも…」と同意できてしまう
しなやかさとしたたかさの増した新訳のエマさんならあるいは

407 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 10:40:09 ID:???
そろそろシリアスネタが読みたいなーと思いつつ


シャア「何を見てるんだ?」
アムロ「クェスが忘れていった雑誌・・・あんた何座?」
シャア「さそり座だが」
アムロ「『今月のさそり座!運勢が急激に落ちてしまいそう。細かい事に拘って
    恋愛・対人関係が上手くいかない相有り。落とし物にも注意して!』
    うわ、最下位だよさそり座!カワイソー!」
シャア「・・・・」
アムロ「なんだよ、たかが占いだろ?気にすんなって。最下位だけどさぁ!」
シャア「・・・いや、確かお前もさそり座じゃなかったか?」
アムロ「Σ(゚д゚)」



クェスの誕生日を調べてたはずなんだが・・・
4月1日って見かけたが本当?

408 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 13:09:16 ID:???
ほら。本人に聞いて来てやったぞw

ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1146839288/l50

409 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 17:01:18 ID:???
おまwスリーサイズは余分だろ

410 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 17:23:58 ID:???
Σ(▼Д▼)おのれ、他板に出張中に四百式までやられるとは!

職人さん乙だが私はまだ諦めんよ!

411 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 17:42:56 ID:???
なんかいいネタないかな〜

412 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 21:54:20 ID:???
何で書き込めない?

413 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 21:56:58 ID:???
あ、やっと出来た。

>>410
待ってたぜ大佐w

ネタか。何か作ってみようかな。

414 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 22:32:18 ID:???
>>413
(▼∀▼)Wktkしながら待ってるぞ

(▼Α▼)私の中の人も何か書きたいらしいが他スレで手一杯だとさ

(▼ω▼)所詮愚民だな

(▼Д▼)δ取り合えず各百式は頂く!アムロ、近くにいるなら私を妨害してみせろ!

415 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 23:10:27 ID:???
流石ですね、大尉♪

    r'⌒⌒^'、/⌒⌒ヽ        貴様をやってからそうさせて貰う!……と。
   ( rνyy'ソ| Wツ^ヾ)
    ヾ ゚ー゚ノ.|リ ‘ー‘ノ
    / ]¶[ \  ]¶[ ノ
   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
 __(__ニつ/ 輪舞鈴 /____
     \/____/

416 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 23:23:50 ID:???
「アムロ、いくら仕事がらみとはいえパソコンばかりいじってるのもどう
かと思うが」

「履歴たどってみたら、株や先物に手を出してるようだな。今の状況で
目立つ動向はやめたほうがいいと思うが」

「私はアルテイシアの売り買いした商品と逆立てしてあいつに楽させてやりた
いだけなんだが。私は色んな手で金塊の1つや2つ調達できるから、アルテイシアの
為ならば、それ位の投資はどうってことない」

「そーいう歪んだ愛情表現やめろよ、シャア・・・いい加減まっとうな
仕事につけよ」

417 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 23:31:59 ID:???

そ、そんな大尉、私はいらない子ですか………?

    r'⌒⌒^'、/⌒⌒ヽ
   ( rνyy'ソ| Wツ^ヾ)      し、しまった。このスレ的には横のチェーンは居ないや!
    ヾ ゚Д゚ノ.|リ ‘Д‘ノ        
    / ]¶[ \  ]¶[ ノ 
   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
 __(__ニつ/ 輪舞鈴 /____
     \/____/

418 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 23:37:28 ID:???
>>916
ワラタwどこから金塊仕入れてるんだシャアw

419 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/25(木) 23:39:40 ID:???
>>916に期待……じゃなくて>>416でしたorz

アクシズ押し返してながら摩擦熱とオーバーロードで自爆してくるノシ

420 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 01:54:05 ID:???
>>360
 まあ、なんだ。
 ぼちぼち書いてはいたのだが、無性にオールスターしたくなって
 しまってな。マジですまんな!無意味なアホネタだ。
 こっぱ恥ずかしいので、urlだ。
 尚数日後には自動消滅する。
 各員の健闘を祈る。では。

 ttp://jedislineage.holy.jp/ca/rondbell/one.htm

421 :GッJJJJ━━!!!:2006/05/26(金) 03:24:39 ID:???
なんですかこの細かく散りばめられた笑いの地雷は。濃い、濃いよ。
アムロ大尉ドS!なのに皆の抑止力になってるwwwwちょっとキュンv

422 :420:2006/05/26(金) 08:06:40 ID:???
おお
>>421が反応してくれとる!
取りあえず、「アドリア海」が書きたかったんだよおれは。
そのためにだらだら駄弁らしちゃったんだよおれは。
そこで笑えなければ多分他のどこでも笑いえんだろうという…。
「ギャグ薄いよ!何やってんの!」


アムロ、出勤しまーす!

423 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 09:17:31 ID:???
おお、起きてみたら何やら華やかに
もうみんなGJだよこんちくしょう!

424 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 09:39:10 ID:???
>>420
セイラさん…。
 再うpキボン(T_T)
>>416
 期待!

425 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 10:59:21 ID:???
>>420
数日後ってもう消えとるやんけ!。゚・(ノД`)・゚。
再うp頼む!

426 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 11:17:23 ID:???
>>416

>>401でネタフリしちゃった手前、出来るだけライトな路線でってことで
作ってみたんですが・・・

私の知ってるその関係の情報はかなり古いものですし・・・

でも、ご要望があるようでしたらがんがってみます、はい

では、失礼しま〜す



427 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 11:18:33 ID:???
>>420
復活ぎぼん

428 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 12:59:36 ID:???
>>423-427
>数日後ってもう消えとるやんけ!

「言ったな!父親にも言われた事ないのにっ!」
あ、本当だな。ついうっかりw。
今日は昼上がりだから帰宅したら再アゲしとくっぽ。
ユ・ル・セ。

429 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 13:00:35 ID:???
>>426
期待してるぜ♪
でも無理はするなよ

430 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 15:00:54 ID:???
426です
空き時間にちょっとお邪魔します(-_ヾ)

>>416関係の話についてなんですが、お好みの路線は
・お笑いショート
・シリアス路線
・無関係。兎に角シャア(あるいはセイラ)と金塊でてくりゃいいw

いずれでしょうか?

アドバイスがあればネタ仕込みやすくなるんですが・・・
(アドバイス頂いても必ず出来るという保障はございませんが^^;;)


431 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 15:20:00 ID:???
・エロ

432 :420:2006/05/26(金) 15:32:27 ID:???
>>430
三番目かな。
430さんらしさが出ていれば何でもオケだと思う。
>>431
 吹いた。

再うpしたぞ。
色分けもしといたから幾分見やすい筈だ。
くれぐれも言っておくが、アドリア海で笑えるか笑えんかが最大のポイントとなる。
「という事は艦隊攻撃しか無いという事だ…」

433 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 15:34:46 ID:???
・ウホ


冗談だ。シリアスがいいな

434 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 18:02:16 ID:???
>>432
再うp乙。
アムロ>>>>>越えられない若者からの信用の壁>>>>>シャア
なパワーバランスがイイ!
しかし・・・的は得るんじゃない、射るんだ。

>>433
「う〜ガンダムガンダム」
 今νガンダムを求めて全力疾走している僕は、連邦軍に所属するごく一般的なNT。
強いて違うところをあげるとすれば、サイコミュの感度に不満があるってことかナ――。
名前はアムロ・レイ。
そんなわけで、アナハイムのフォン・ブラウン工場にやってきたのだ。
ふと見ると、工場の隅に怪しげなT字型の物体が落ちていた。
ウホッ!いいサイコフレーム・・・。
そう思っていると、突然怪しげなオールバックの男が
僕の見ている目の前でこれまた怪しげなサングラスをはずしはじめたのだ!

「一緒に隕石落とし  や ら な い か 」

 / ̄ ̄/_7_7 __/ ̄/_/_7_7__/ ̄/_/_7_7__/ ̄/_/_7_7__/ ̄/_/_7_7__/ ̄/_/_7_7
..  ̄ .フ ./  /__  __  / ./__  __  / ./__  __  /  /__  __  / /__  __  /
 __/  (_ _./  //  /  ._./  //  /  _./  //  /   _./  //  / . _./  //  /
/__.ノゝ_/ |_ノ |_/.    |_ノ |_/  . |_ノ |_/   |_ノ |_/   . |_ノ |_/
             \\\              //
             \ \ \\\  r'⌒⌒ヽ    ///  //
              \ \  (⌒\ ( rνyy'ソ⌒レm)/// フザケンナ!
             \\ (mJ \ ヽヽヾ#゚Д゚ノ/ レm)レm)/
             \\ \\(mJ(mJ∩]¶[ イレm)レm)レm)/
           (´⌒;; \\ (mJ(mJ(mJ| .|/ノハλ) //レm)/;;⌒`)   ;;⌒`)
 (´⌒;;   (´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;(´⌒;;/(mJ(mJ#Д▼||l レm)/;;⌒`);;⌒`) ;;⌒`)  ララアも喜くぁwせdrftgyふじこ
  (´⌒;; (´⌒;; \从从从从从(___へ_ノ ゝ__ノ从从从从从//;;⌒`);;⌒`);;⌒`)


アムロ「・・・ということがあったのさ」
クェス「あたし、みんな知っていたな」

435 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 20:28:32 ID:???
イボルブアムロ「余りシャアを苛めないでやってくれよ。彼も哀れな人なんだ」
シャア「…一体どうした。気でも触れたか?」
イボルブアムロ「シャアがチャーミングすぎるからさ」
シャア「ア、アムロ!」

ガシ!!(親愛の抱擁)


ヨカータねシャア。
有り得なくても、たまには幸せにして上げたくなったのさ。

436 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 20:29:41 ID:???
>しかし・・・的は得るんじゃない、射るんだ。

ぬえい!完璧な文にはならんとは!d

437 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 20:35:03 ID:???
オチ。

ナナイ「大佐!私たちを見捨てるおつもりなんですか?!」
シャア「ナナイ!男同士の間に入るな!」

その後アクシズ、多分進路変更。

めでたしめでたし。

438 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 21:07:52 ID:???
*和む*

439 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 21:57:01 ID:???
>>432
セイラさん有難う!

440 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/26(金) 22:21:47 ID:???
>>420
 これは、分からん奴には分からんネタがストレートに入りすぎとるぞw
 俺はこういうの好きだけどな。
 乙!!
 tukaこれアムロのν愛VSシャアのサザビー愛だろww

441 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/27(土) 01:03:17 ID:???
>>439
セイラ「気にしなくってよ」
>>440
バレてしまったか。
最初は普通に、若造NTがアムロとシャアの家を溜まり場にし取る
つー感じだったが、どうもな…彼らが私服で卓袱台囲ってるシーンが
異様でな。戦艦にしたよ流石に。

442 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/27(土) 12:53:28 ID:???
>>420
再upしてくださいおながいします

443 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/27(土) 22:36:01 ID:???
>>442ドゾ。

444 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/27(土) 23:44:29 ID:???
>>443
まさか聞き届けてもらえるとは!!
ありがとう!!100回保存した!!!!

445 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/27(土) 23:51:55 ID:???
>>444
セイラ「おほほ。よろしくってよ。そして貴方、何気にぞろ目よw」

446 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 01:31:26 ID:???
CCA これはすげー格好いい編集。
http://www.youtube.com/watch?v=uH4RFdvFJ7E&search=Gundam%20char

シャアが来る…懐かしいというか笑える
http://www.youtube.com/watch?v=gTsXDNB5kxU&search=Gundam%20char

その中でも最強がこれだと思う。
http://www.youtube.com/watch?v=Efp-v2KB4No&search=Gundam%20char

447 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 03:22:16 ID:???
これは良いものだ



最強最高w

448 :仲良くいこう:2006/05/28(日) 14:05:17 ID:???

  シャア、コレイイカモ     r'⌒⌒⌒'、
         r'⌒⌒^、(ミ"""メ""ミ)
        ( rνyy'ソ,ヽ▼∀▼ノ  アア。モチキン スベテタタキコメ。
          ヾ ゚∀゚ノ E. ¥ ⌒ヨ
          / ]¶[ \/  ┃ | |
         /    / ̄ ̄ ̄ ̄/. |
_______(__ニつ /アムロ専用/_| |____
          \/____/ (u ⊃

449 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 15:43:23 ID:???
>最強映像

あれ素人がつくってんのかな。
すげーー。

450 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 17:23:00 ID:???
416です
相場ネタで書いてみたんですが、正直マニアックな内容ですw
経済ネタ苦手な方、数字の苦手な方はスルーしたほうがいいかもしれません。

逆に相場を専門にやっている方にとってはアラだらけでしょうが
ほんのお遊びのSSですので多めに見てやってくださいw

451 :キツネと彗星 1:2006/05/28(日) 17:24:09 ID:???
ある月面都市の郊外にあるコンクリート打ちっぱなしの
半地下室にシャアとアムロの二人は潜んでいた。

身を寄せているのは、人のよい昔かたぎの親父が一人で切り盛りしている
シャンク屋の倉庫の一部屋で、そこからかき集めた部品でアムロが自作した
パソコンにそのジャンク屋の好意で借りた回線でネットが出来る状況にな
っている。

隠遁生活という身の上故、今自分たちがどのような状況に
あるかを探る為にはネットは必要な道具だった。
それに、アムロはジャンク屋の手伝いをする傍ら何やらネット
経由で設計補助関係の内職を見つけて男二人が食う為の資金を
工面してくれている。

「アムロ!いないのか?」

自分の身の上を隠して出来るまともな仕事を今日も見つけられずに、
湿っぽい匂いのする半地下室に帰ってきたシャアは、立ち上げっぱなしの
コンピューターの前に座ると、特に何を見るというわけでなくネット
サーフィンを始めた。エンタメ、スポーツ・・・自分に関するニュース
にも少々うんざりし始めていたシャアは、一連の抗争のことばかりに
時間を割き、それ故俗世間の世事に疎くなっていた為、隠遁生活に入り、
長い休養が続く中でそんな俗な話題を追ってみたくなっていた。

452 :キツネと彗星 2:2006/05/28(日) 17:24:58 ID:???
芸能やスポーツはやはり彼にとっては退屈な話題のようだ。さらっと目を
通すだけに終始した。だが経済ニュースは今食う為の金が必要な為か、何と
なく興味が向いた。

大手ポータルサイトから巡り巡ってさまざまなサイトを追っていくうちに
ある経済アナリストのサイトが彼の目を釘付けにした。


○月×日
「Evil spirit SilverFox」が金の現物(インゴット)と先物の買い
を着々と進めているようだ。また軍需関係株、医療関係の株式を多く
買い始めている。

過去のグリスプ戦役の際には誰よりも早く軍需産業株と今回と同じく金の
買占めを誰よりも早く始めたキツネのこの動向は見逃せるものではない。
キツネの嗅覚は人並みはずれて敏感だ。

○月×日
ネオ・ジオンが地球環境の為という名目で、粛清を与えるという旨の演説
がコロニー圏で放送された。

キツネは一体どこでこの情報を嗅ぎ付けたのだろう?
やはり只者ではない。ただ、今回の演説を受けて、多くの投資家が
食物関係と暖房用燃料関連の相場の買い行為を初めたのに対し、銀狐は
動かない。

軍需産業と医療関係、そしてインゴットの収集と、金の買い注文が増え
たことに反発してか、今度は売り立ちを始めたようだ。
キツネは今回の騒動では地球圏の環境変化が起こらないと読んでいるの
だろうか?

○月×日
ネオ・ジオンによる地球寒冷化計画は失敗に終わったようだ。
多くの投資家があてを外したなか、またしてもキツネの読みは見事
に当たった。Evil spirit SilverFox 恐るべし。

経済アナリストである私がいくら資料をかき集め、展望をしてみた所で
キツネの嗅覚にはとうてい適わない。やはりこれは「天賦の才」のなせる
技なのだろうか?

シャアはEvil spirit SilverFox-悪魔の銀狐-の異名を持つ投資家に
隠遁生活の中で忘れかけていた何かを刺激された。

453 :キツネと彗星 3:2006/05/28(日) 17:28:10 ID:???
「かつて『赤い彗星』と恐れられた私としては、是非この『悪魔の銀狐』と
やらと勝負したいものだな・・・だが、身を隠している立場ゆえ、実際に市場
に参加するのは無理があるか・・・」

そんな彼の目に他よりも一段と派手なバナー広告が目に入った

-バーチャルトレード参加無料!!上位入賞者には豪華商品プレゼント!!-

「これだ!」
シャアは偽名と偽住所というお得意の裏工作でフリーのメールアドレスを
取得すると、さっそくその経済アナリスト氏にメールを送った。

『ホームページ拝見した。私は現在投資市場について勉強中の者だ。
貴方のページのEvil spirit SilverFoxについての記事を読み、
勉強のためにそのキツネ氏と直接対決をしてみたくなった。是非仲介役
になってくれないだろうか?』

「名前、名前、赤い・・・はマズイな、赤くて強そうなの・・イデ・・
それは私のプライドが許さん!そうだ!フェラーリ!!あれは赤が多くて
カッコイイ!!だがフェラーリではあまりにもそのまんまだな・・・
フェラーリの・・そうだ!テスタロッサ(赤い頭)!!これなら名前自体が赤い
し響きも悪くない!」シャアは『テスタロッサより』と恥ずかしげも無く署名
を入れ、メールを送信した。

この高圧的かつ奇妙なメールに対し、奇特なことにアナリスト氏は返事を
よこしてくれた。

『メール拝見しました。Evil spirit Silver Foxは一部投資家の仲間うちの
隠語であるうえに、私はキツネ氏とは相性が良くなく、直接連絡は取りたくな
い。だが、メールアドレスはかろうじて知っているので直接あなたからコンタ
クトをとってください。しかし、あなたにどれだけの投資のスキルがあるか存
じませんが、勉強の為とはいえ直接対決など無謀なことはおやめになったほう
が身のためだと思います』

そう言われるとますます勝負したくなるのがこの男だ。
シャアはさっそくキツネ宛にメールを送った
『私は現在投資市場について勉強中の者だ。ある所で貴方の噂を耳にした
のだが、是非一度α社のバーチャルトレードを利用して勝負して頂きたい。
取引する商品は金で如何だろうか?そして一つ提案だが、タダでは面白く
ないだろうから金貨10枚で賭けをしないか?良い返事を期待している
---テスタロッサ』

誰かも判らぬ相手に相変わらず一方的で高圧的なメールを送信する。

アムロから就職準備金に貰った金で密かに闇ポーカーに通い、コツコツと
貯めたヘソクリがシャアにはあった。なんとか金貨の10枚位は用意でき
そうだし、ニュータイプである私が地球の重力に魂を引かれ、戦争を利用して
まで暴利を貪る様な俗物に負けるわけが無い!!という、わが身を省みない
妙な自信がシャアにはあった。

454 :キツネと彗星 4:2006/05/28(日) 17:29:42 ID:???
ほどなくキツネからメールが届く
『テスタロッサ様。メール拝見しました。面白いお話ですね、その賭けのお
話お受けしましょう。ただ、先物は長期戦になる可能性がある上にシステム
が複雑なのは当然ご存知ですよね?そこで提案なのですが、もっとシンプル
なルールのゲームにしませんか?
本日から3日後の午前10時をスタートとしてそこから7日以内に10枚だけの
建玉(たちぎょく=大雑把に言えば先物で商品を売ったり買ったりすること
【但し決済の為の注文は除く】枚は玉を数える単位。ここに限ってはゲーム
の駒のようなものだと考えてもらえばいいです)及び10枚すべてを決済して、
証拠金の残高が多かった方が勝ちということにしませんか?金の証拠金は10枚
ですと現在600,000。その残高が多い方が勝ちというルールです。
これなら勝負は1週間でつきますし、シンプルゆえ勉強中のあなたにも勝ち目
が出てくるので面白いと思うのですが。そちらがテスタロッサでしたらこちら
は『ブルーメルセデス』というIDを使わせて頂きます。』
※証拠金=これも大雑把な解説ですが先物では玉一枚あたり何円という所定
の金額を収めて参加するというルールになっています。金額はそのときの
相場の幅で変わりますが、現在の金の証拠金は1枚あたり60,000だそうです
ので、それを応用させて頂きます。

3日か・・・3日あれば相場の基礎位はなんとか覚えられるだろう。
それに私はかつて「先読みのシャア」とよばれた男だ。この勝負に
私の勝ち目は十分あるだろう。

その条件を飲むゆえのメールを返信すると早速シャアは先物関係のホーム
ページをかたっぱしから読み漁りはじめた。

そこへアムロがやってきた。
「バーチャルトレーディング?そんなことやってる暇があったらもっと真面目
に仕事探しでもしたらどうなんだ?それに設計図の納期がせまっている。いい
加減パソコンを貸してくれないか?」
「悪いがアムロ。10日ほどジャンク屋の親父のパソコンを借りて仕事をしてく
れないか?これは私にとって大切な勝負なんだ」
「勝負だと?貴様、また何をたくらんでいるんだ?目立つ動向は命取りだと
判っているんだろうな?」
「それなら心配するな。私はそんなミスはしない。ほんのゲームにすぎんよ」
「(はぁ・・・)どうせ何を言ってもお前は聞く耳もたないんだろう。
くれぐれも目立つ行為だけはつつしんでくれよ・・・」
アムロは愛想をつかした様子でそう言い残すと、設計データの入ったチップを
もって、ジャンク屋の親父の事務所へと出て行った。

455 :キツネと彗星 5:2006/05/28(日) 17:31:32 ID:???
約束の日がやってきた。コーヒーをすすりつつ、チャートを睨むシャア。
「7日か・・・7日でも相場というものは結構動くものなのだな。
見た所、今の金価格は底値に近いものだろう。思い切って10枚買って
おくとするか・・・」

3日後---「予想通り上がってきたな、今の値上がり幅は15・・・5枚ほど
仕切ってもう5枚はしばらく様子を見るとするか・・・しかし、キツネの
動きが読めんというのはもどかしいものだな・・・」

5日後---「よし!また上がってくれたか。残り5枚の値上がり幅は20、
相場の世界では『まだはもうなり』とかいう言葉かあるらしい・・・
あまり深追いせずここで思い切ってすべて決算するか。」

「そうすると、私の利益は最初の5枚の値上がり幅が15,15×1000倍×5
で、最初の粗利益は75,000。今回の値上がり幅は20,20×1000倍×5で
粗利益は10,000だから合計で175,000か。
手数料が片道59,000、往復で11,800×10だから118,000を引かなくては
ならないな・・・175,000-118,000=57,000。証拠金と合計すると657,000
ということになるな・・・。さて、キツネはどう出てくるのだろうか?」

シャアは自分の取引結果にまんざらでもない様子だった。

そして7日が過ぎ、双方の取引結果をメールで送信する。

「来たな・・・キツネは・・・6日目に10枚立ててその日のうちに10枚
仕切ったのだな。値上がり幅は・・・15!!」
勝った!!シャアは一瞬そう思ったが、最終証拠金を見て青ざめた。

「691,000、何故私より少ない上げ幅で仕切っているのに証拠金残高が
多いんだ!?」

モニターにかじりつく様に最終決算表を睨み続ける。

「・・・キツネは手数料が・・・半額?どういうことだ?」
α社のホームページをの手数料の項目を開く。
『金の手数料-片道59,000(往復118,000)但し日計りは半額』

こんどは用語集のページを開く
『日計り---1日のうちに新規に建玉したものを手仕舞う売買のこと』
要するに、その日のうちに立てた商品をそう日のうちに決済すれば
手数料は半額ですむということなのだ。

シャアは力が抜け切ったように椅子の背もたれに倒れこんだ
「この私が・・・キツネに・・・つままれた・・・のか?」
そこへメールが届く。

『テスタロッサ様、結果拝見しました。この賭けはわたしの勝ちですね。
最初に15上がった所ですべて仕切らず、5枚残して様子を見るあたり、貴方
は相場に関するセンスはあるようですが、それにともなうだけのテクニック
がまだおありにならないようですね。しばらくは相場は趣味程度にしてまと
もなお仕事をされた方が賢明かと存じます。あと、金貨ですがおそらく『なけ
なし』の財産なのでしょう?送金は結構ですので、5枚だけ私名義で慈善事業団
体に寄付しておいてください。あと、おそらく一緒にいらっしゃるであろう
「もう一人のテスタロッサ(赤い頭)」氏に迷惑をかけないことを願います
ブルーメルセデス---セイラ・マス』

「あ・・・アルテイシアに私はやられたのか・・・はは・・・」

シャアはうれしい様な、悔しいような複雑な心境でモニターを呆然と
眺め続けていた

456 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 17:32:28 ID:???
えらく長ったらしくなってしまった
スマン

457 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 18:02:59 ID:???
こういういわゆる実際の戦争とかが出てこないネタもいいね。

またお願い。

458 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 18:28:41 ID:???
セイラさんスゲー!
正直経済についてはサッパリだが面白かった
妹に何か教わるってのはシャアは初めてだろうから嬉しいのもあるだろうな

ともかくGJ!

459 :98:2006/05/28(日) 19:04:50 ID:???
エマ中尉グッジョブ!!
面白かった。それになんかほのぼのした。
シャアは幸せそうで何より良かったよ。
アムロはなんだか頼りがいある親父か兄肌だ。


おつかれ〜。

460 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 21:44:07 ID:???
エマ・シーン中尉、Mk-Uの修理依頼に参りましたw

読んで頂いた方、ありがとうございます。
経済さっぱりの方にも楽しんでいただけたというのはうれしいですね。
戦争ネタはもっとうまい方いらっしゃるので私は「外堀ネタ担当」に
徹しさせて頂きます

改めて読み直すと案の定、手数料の所バグってますねw

キツネと彗星 5
手数料が片道59,000、往復で11,800×10だから118,000を引かなくては
ならないな・・・175,000-118,000=57,000。
→片道5,900が正解

『金の手数料-片道59,000(往復118,000)但し日計りは半額』
→『金の手数料-片道5,900(往復11,800)但し日計りは半額』
が正解ですm(_ _)m

アムロが兄貴肌なのかシャアがふがいないのか・・・^^;

また何かアイデア浮かんだら懲りずに爆撃に来ますw




461 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 21:45:46 ID:???
セイラさんカコイイ!
にしても、いまだに戦闘的な兄貴を見て彼女は何を思ったのかw
こういう直接ではないやり取りっていいなあ。

462 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 21:45:54 ID:???
>>98さん
際UP、堪能させて頂きました。
ボチボチでいいのでまた何か書いてくださいね〜。
楽しみにしてます

463 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/28(日) 22:00:38 ID:???
ヘンケン「エマ中尉!俺は上げるぞ!」

464 :ジゴロとオタク1:2006/05/29(月) 01:47:26 ID:???
 それはシャアとアムロが「コート・ダ・ジュール」というコロニーに潜伏して
いたときのことだった。

「シャア、ここのところ毎晩どこへ行っているんだ?」

 アムロは朝も明るくなってから帰宅するかつての好敵手、シャア・アズナブル
に問いかけた。シャアはサングラスを外すと一つあくびをし、ネクタイを緩めな
がらソファに腰掛けた。

「ああ、ちょっと小金を稼ぎにカジノへな」
「真っ当どころか商売ですらないな、そろそろ真っ当な商売をしたらどうなん
だ」
「何を言う。商売というものは真っ当ではないほど利率がいいものなのだよ」
「よく言うよ。いいか、俺たちは今やお尋ね者なんだ、目立つ行動は控えてくれ
よ」
「言われるまでもないさ、ほどほどにしている」
「わかったものじゃないな、まったく」

 口にくわえたラッキーストライクへおっくうそうに火をつけているシャアに向
かって、アムロは冷蔵庫からとってきたエビアンを放り投げた。

 アムロは行く先々の潜伏先で、いろいろな機械の設計・組み立て・修理など、
比較的真っ当な商売をして糊口をしのいでいた。商売は真っ当でもその生活は
真っ当とは言いがたく、いつもアムロは自分の仕事を進めては力つきてその場で
眠り、起きるとまた仕事を進め、食事も仕事をしながら、という有様である。一
週間シャワーひとつ浴びないことも珍しくはない。
 対して、シャアは時にギャンブル、時に株や相場、時に密輸の請負など、お世
辞にも真っ当とは言えないヤクザな真似をしていた。それでいてコンスタントに
プラス収支にもっていくので、結果アムロと同等の稼ぎをたたき出していた。も
ちろん普段の仕事が真っ当ではない以上生活も真っ当ではないあたりはアムロと
同じだ。しかし性格なのか商売上なのか、シャアは身なりや部屋を清潔に保って
いたのが若干のアドバンテージか。

 まさにジゴロとオタク。連邦とジオン双方のトップエースは、一皮むけばそん
な人間だった。

465 :ジゴロとオタク2:2006/05/29(月) 01:48:33 ID:???
 アムロが外出するのは、大抵食料の買い出しかジャンク屋巡りだった。今日の
外出は後者で、しかも一仕事終わって開放的であったのが災いしたのかもしれな
い。

「これは………」

 アムロはジャンク屋の親父が小屋の横に置いていたものに興味を持ち、頼み込
んでかぶせていたブルーシートをめくらせてもらった。そこには流麗なボディラ
インを持った車があった。

「旧世紀のトヨタじゃないか、どうしたんだこれ」
「ん?いやぁ、ずいぶん前にここに持ち込まれたもんなんだけどな、動かないん
だけどとんでもなく古いものだから、ひょっとしたら価値があるかもって思っ
て、潰さずにとっておいたんだよ。いい代物なのかい?」
「……トヨタ・スポーツ800。通称ヨタハチの名前で親しまれたこの車は、
1965年に量産が開始されたトヨタ黎明期を代表する2シーター・ライトウェイ
トカーである。そのスタイルは伝説のトヨタ2000GTの流麗さを受け継ぎ、空気
力学的にも非常に優れていて、なおかつ580kgという軽量さからレースにも大活
躍した……」
「詳しいね兄ちゃん。どうだい、安くしておくよ……」

「アムロ、これはどういうことだ!」
「すまないシャア、衝動買いしてしまった。シャアの手を煩わせるつもりはな
い」
「当たり前だ。しかしナンセンスだ、こんなポンコツをどうするつもりだ」
「ポンコツなんてひどいな、こいつは旧世紀を代表するスポーツカーだぞ。
007っていう映画の主人公が乗るボンド・カーにも使われたことがあるんだ」
「わかったわかった。レストアするあてはあるんだろうな」
「エンジンが動かないからエレカー仕様にして、ハロの人工知能を移植して制御
する」
「色は赤だぞ。それだけは覚えておくんだな」
「いや白だ。それだけは譲れない」
「ええい、聞き分けのない。それならどうだ、白いボディに赤いラインで手を打
て」
「くそっ、しょうがないな」

 そして数週間後、レストアは完了した。

「すまないシャア、調子に乗ってしまった」
「どう調子に乗ってしまったのだ?」
「ホバーエレカをベースに左ハンドル仕様にして、モーターを覇王ゴールドにし
た。最高回転数20000rpmはかたい。さらに電気推進システムと気密コクピッ
トを組み込んだ。理論上月まで行ける。他にもいろいろ……」
「………」
「シャア、ゲンキナイ、シャア、ノウハレベルテイカ」
「ヨタハチ、今日も元気だね」
「ええい、戯れ言はやめろ!」

466 :ジゴロとオタク3:2006/05/29(月) 01:50:07 ID:???
 数日後のことだった。その日もシャアはカジノへ行く様子で、シャワーを浴び
たこざっぱりとした格好で髪を整えていた。リビングでコーヒーを飲んでいたア
ムロへ、開け放したドア越しに話しかける。

「アムロ、ヨタハチを貸してくれ」
「ああ、かまわないよ。でもまだナラシ期間中だから回転数を8000rpmより上
げないでくれ」
「了解だ」

 薄いブラウンのダブルのスーツを小粋に着こなしたシャアは、その可愛らしい
ボディサイズの改造エレカに颯爽と乗り込んで出かけていった。改造モーターを
積んでいるおかげでヨタハチはなかなかにトルクフルなフィーリングを見せてい
た。流麗でノスタルジックなボディラインは、スーパーホワイト地にマルーン
レッドのストロボラインもあいまって、街を行く人々の目を引いた。

「やるな、アムロ。相変わらずいい仕事をしてくれる」

 ポンコツと蔑んでいた以前の自分を忘れ、徐々にこの車を気に入ってきている
自分に気がつくシャアであった。

「あなた、可愛い車に乗ってきているのね」

 カジノに併設しているバーでノンアルコールのカクテルを傾けていたシャア
に、胸を大きく開いたワンピースを着こなすレディーが近寄ってきた。

「年甲斐もなくお恥ずかしい車ですよ」
「あら、私は好きだわ、近頃にないカタチですもの。よかったら隣に乗せてくだ
さらない?」
「おやおや、よほどあの車が気に入ったようですな」
「うふふ、気に入ったのは車だけじゃなくてよ」
「それではちょっと遠くだが、いい夜景を楽しめるホテルがある。そこまでドラ
イブして飲み直すというのはいかがかな」
「あら、それはお誘い?」

 その日のシャアは、徹夜明けの朝帰りとは思えないさっぱり顔で帰宅し、アム
ロを怪訝な顔にさせた。しかしこの日ばかりは収支マイナスであったことは言う
までもない。

467 :ジゴロとオタク:2006/05/29(月) 01:51:12 ID:???
すいません、趣味だけで書きました。スルー推奨。
つづきのネタもちょっとあるけど、評判次第でまた今度。

468 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 07:37:52 ID:???
個人的には凄い好きだ、こういうの…
カッコいいシャアがたまらん。

GJ、そして続きを頼む!

469 :98:2006/05/29(月) 07:43:00 ID:???
エビアン、コート・ダ・ジュール
おフランスですな!!
朝からいいもの拝読した。乙乙。
私服もアムロはジーパン系で、シャアがスーツっていうのも合ってていい。
CCAのCD表面にあるイラスト、だな。

続きモツノロンで希望だw

470 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 09:42:02 ID:???
朝っぱらからエマですw

うぉ!新作!!
やはりシャアにマトモな仕事は似合わないねw

ホストとかの水商売系もめちゃ似合いそうだな


471 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 11:52:39 ID:???
ここも腕のいい職人さんに見込まれたものだなぁ。
これもシャアとアムロの魅力だよな。
現在でSS職人さんは三人?になるのかな。
小ネタ職人もいい味出してるし。

気が早いかもしれんが、次スレ立てる際にはログサイトが欲しいよな。
だって勿体ねーじゃん。読めなくなっちまうなんて。
小ネタ、SS、全てそこにぶちこむと。

472 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 11:57:52 ID:???
アムロに関連したスレをまとめてるサイトがあるから、そこの管理人氏に頼めばいいかもしれない

473 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 12:01:52 ID:???
そこの愛用者なんだが、最近は忙しい模様で更新が止まっている
んだよな。
普通に考えて大変だとおもうよ、現行スレやらなんやら追い続けるのも。

474 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 13:23:51 ID:???
或いは月光蝶氏にでも頼んでみるとか

ルパン車も真っ青なギミック搭載だな…
で、そんな目立つ車に乗る地球規模の指名手配犯。

あ、作品を貶してる訳じゃないですよ、素直に面白いです。

475 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 14:37:11 ID:???
ボンド・カーになったのは2000GTじゃなかったっけ?ヨタハチだっけ?
俺も詳しいわけじゃないから分からんが

007とかルパンのパロディを見てみたくなったw

476 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 15:07:02 ID:???
ルパン=シャア
銭形=アムロ

といった所か・・・。

477 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 15:09:56 ID:???
アムロならマツダのRX-・・(ry

478 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 17:16:59 ID:???
>>476
むしろアムロは不二子ちゃんでwwww

479 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 17:35:51 ID:???
不二子は29アムロ大尉

クラリスは?(おい)

シャア「アムロ何を怒っているのだ?」
アムロ「貴様はまた、とんでもないものを盗んで来て…」
シャア「失敬な。私は可哀想な籠の中の鳥を助けただけだぞ?」
アムロ「娘さんの心だ!ぶわか!!」

って結局銭形かよ(笑)



480 :98:2006/05/29(月) 17:58:51 ID:???
チミ達のバイタリティー溢れる話題には毎度の事ながら感嘆するw
不二子がアムロという流れなら007はボンドガールがアムロかw
あれだ。囮役でアムロが必ずエレベータで倒れていて、警備のヤクザが近寄る隙に
後ろからシャア後頭部殴って悪い輩を気絶させるというパターンだな。
想像したら吹いたよ。腹痛い。

自分的にはオーシャンズ11のパロが嵌りそうだ。
CCA後出所したシャアが、連邦に未だ属してるアムロを掻っ攫いに行くため
ジャブロー基地内金庫破りを働く訳よ。何故金庫なのかは知らんがな。

ぷっ!
やべ。想像するだけで笑いがとまらん。片腹痛いわ!

481 :98:2006/05/29(月) 18:02:06 ID:???
エレベーター
シャアが後頭部を殴って・・・
近寄った隙に、だな。

すまんな。

482 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 18:16:28 ID:???
毎回エレベーターで倒れてるアムロ想像したら吹いたwww

483 :ジゴロとオタク:2006/05/29(月) 18:25:53 ID:???
みなさんありがとうございます。なんだか好評をいただいたようで嬉しいです。
んで、よせばいいのに仕事中ずっと続きを書いていてしまいました(笑)

ちなみに>>475の指摘ですが、わざと間違えてます。
アムロの時代には正確な情報なんか伝わってないでしょうし。

んで続きなんですが、4から10まで書きました。
投棄していいっすか?

484 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 18:47:54 ID:???
投棄せず投下してくれ

485 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 18:48:58 ID:???
うぷしる

486 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 18:51:31 ID:???
ここの職人さん全体に言えることだが、投下するのをいちいち断らなくていいよ

487 :ジゴロとオタク4:2006/05/29(月) 18:56:08 ID:???
 やけにさっぱりした顔つきでシャアが帰ってきた日から、幾日か経過した夕
方。シャアは再びカジノへと向かおうとしていた。

「アムロ、今日もヨタハチを借りるぞ」
「待ってくれ、今日は俺も行っていいかな」
「まあそれはかまわんが、ノーネクタイでは入場できないぞ」
「そうやって人を馬鹿にして……スーツくらい持っているよ」

 身支度を終えたアムロの運転で、二人はカジノへ到着した。アムロには縁遠い
ところではあるが、このコロニー「コート・ダ・ジュール」は旧世紀に存在した
モナコ公国とその周辺をモデルにしただけあって、大小あわせて30軒以上のカ
ジノが林立していた。アムロはカジノのボーイに車のキーを預け、二人揃ってロ
ビーに入っていった。
 中は典型的なカジノの光景が見られた。ルーレットに興じる恰幅のいい紳士、
スロットで一攫千金を夢見る中年男性、それらを見物しては「今の手は…」「い
や俺なら…」と無責任な論評に興じるさまざまな男女、そして遊び疲れた男女が
集うバー。葉巻と香水の香りと人いきれが印象的な、そんな場だった。
 カジノで遊ぶ前にバーで乾杯をしようと二人が向かうと、先客の一人の女性が
こちらを向いて艶やかな笑みを投げかけた。どうやらシャアとは顔見知りらし
い。

「ハイ。今日も来てたのね、貴方」
「ああ、今日は私の友人も連れてきているんだ」
「こんばんわ、綺麗なお嬢さん」
「よしてよ、そんなに歳は変わらないじゃない」

 三人は揃って杯を傾けた。

488 :ジゴロとオタク5:2006/05/29(月) 18:57:09 ID:???
 三人はカジノで大いに遊んだ。初心者のアムロは当然勝てなかったが、その分
を補填する程度にシャアは稼いでいた。そして遊び疲れた頃、三人は再びバーで
出会った。

「あの車って誰が作ったの?」
「俺さ。レストアついでにエレカ仕様にした」

 アムロとシャアは、女性を挟んで両側に立っていた。もちろんスタンディング
バーなので女性も立っている。アムロはバーボンをストレートでちびちびと舐
め、シャアは3杯目のマティーニを口に持っていったところだった。女性はシャ
アに勧められたスクリュードライバーを飲んでいた。

「こいつは手先が器用でな、機械関係ならこの男に任せておけば間違いない」
「ふーん……ねえ、あの可愛い車あたしに譲ってくださらない?」
「え、そりゃ駄目さ、結構金もかかってるんだ」
「あら、その分は払うわ」
「それでもあの車は思い入れが強くてね。ちょっと譲れないな」
「私も結構気に入ってきているのでな。他を当たってくれたまえ」
「それじゃこうしましょう、あたしの車と勝負して、勝ったら譲ってよ」
「ほほう、面白い」
「お、おい、ヨタハチは俺の車だぞ」
「それなら我々が勝ったら、何を譲ってくれるのかな?」
「そのときはすんなり諦めるわ」
「それじゃ賭けにならないじゃないか」
「これならどう?貴方が勝ったら一晩あたしを好きにしていいわ。アムロ・レイ
中佐殿」

 その名前が出た途端、三人のいたその場の空気がピンと張りつめた。

489 :ジゴロとオタク6:2006/05/29(月) 18:58:07 ID:???
「……あんた、何者だ?」
「あら、カマをかけたら本当だったのね」
「茶化すな」
「冷たいのね、昔はずいぶん優しくしてくれたじゃない」
「おい、アムロ」
「わかってる。すまないが俺にはあんたに覚えはない。事と次第によっては口を
塞がせてもらう」
「やだ恐い。わかったわ、貴方達が勝ったら絶対に口外しない。もし当局にばれ
たなら、あたしを疑ってくれていいわ。でもあたしが勝ったら、あの車をちょう
だい。ついでにお二人さんともあたしの家に来てもらうわ」
「なんだと」
「あたし気に入ったものは何でも手に入れる主義なの。車もオトコも、ね」

 ひどくいたずらな目で笑うその女性に、アムロは毒気を抜かれた表情で微笑ん
だ。

「……ふう、とんだじゃじゃ馬だったようだな、オーケー、要は俺たちが勝てば
いいんだ」
「あら見くびらないで。あたしの車も結構すごいわよ」
「おいアムロ、なぜ勝手に賭けに乗る」
「彼女が俺のヨタハチに勝てるなんて思ってるからさ。俺が一番ヨタハチを上手
く扱えるんだ……」
「馬鹿なことを。私は隣には乗らんぞ」
「ああ、構わないさ。それじゃ車をとってこよう。あんたも車を持って来なよ」

 アムロはそう言うと、プイとバーを出て行った。あとにはシャアと女性が残っ
たが、女性もまたスクリュードライバーを一気に煽ると出て行った。そして人知
れずほくそ笑むシャア。カジノに賭けレースの情報が伝わるのに、それほど時間
は必要なかった。

490 :ジゴロとオタク7:2006/05/29(月) 18:59:08 ID:???
「なんだよこれは。いつの間にわいたんだ」

 一人ヨタハチのコクピットに収まって彼女の車を待っていたアムロだったが、
時間を追うごとにポツリポツリとギャラリーが集まってきた。ここはカジノの前
にある駐車場。平日の深夜のためかそれほど車の見当たらない駐車場のはずれ
は、格好のコースとなった。スーツの上着をシャアに渡し、Yシャツの袖をまく
り上げながら、アムロはそうぼやいた。シャアはそれにいけしゃあしゃあと返答
する。

「まあ、みんなありきたりのギャンブルに飢えていたのではないかな」
「人ごとのように言うな、シャア。これでは俺たちは目立ち過ぎだ」
「おまたせ!」

 ギャラリーの人ごみがモーゼの十戒のように割れたかと思うと、そこから例の
彼女の声が聞こえてきた。水銀灯に照らされるその車体は深紅に照り映え、プ
レーンかつグラマラスなボディラインを見せつけていた。そして……ガソリンエ
ンジン独特の咆哮もおまけにつけて。

「な……ランチアラリー037!」
「知っているのか、アムロ。いい色の車だが」
「ラリー037。その名前は開発していたアバルト内でのコードネームに由来す
る。旧世紀1982年、それまでの主力マシンだったランチア・ストラトスのノウ
ハウを受け継いで誕生したその車は、翌年のWRCではメイクス・チャンピオン
に輝いている。当時のホモロゲーションであるグループBマシンの規約により
200台あまりが量産されたが、そのほとんどは過酷なレース活動に使われ、現存
する数はとても少ない」
「どお?あたしの車もなかなかいけるでしょ」
「あ、ああ、確かにね。だが中身は別物の最新鋭車と旧世紀の車では、パワーは
ともかく足回りに差があるさ」
「だと思って中身のチューブラーフレームはガンダリウム合金製なのよ。足回り
だってバッチリ」
「ふつう博物館行きの超プレミア車を改造するか!」

 常軌を逸した行いに、頭痛を抑えきれないアムロであった。

491 :ジゴロとオタク8:2006/05/29(月) 19:00:13 ID:???
「アムロ、勝てそうなのか?」
「だんだん自信がなくなってきたよ、シャア」
「情けないことを言うな。貴様の負けは私の負けでもあるのだぞ」
「ああ、頑張ってみるさ」
「それでこそ私のライバルだ」
「今それは関係ないと思う……」

 二台はカジノのボーイの誘導によってスタートラインに立った。ナラシの終
わったヨタハチ搭載の覇王ゴールドモーターは、電流計と回転計が直結したかの
ようなレスポンスを見せ、甲高いモーター音とブラシの焦げる匂いがやる気をそ
そった。しかし隣に並んでいるガソリン車からはただならぬオーラを感じた。恐
らくノーマルエンジンではないだろう、空ぶかしするたびにブースト圧の抜ける
音がした。

「それではいきますよ、レディ、セット」

 アムロは乾いてひり付いた口の中を感じながら、カジノのボーイが持つ白いナ
プキンを凝視した。

「ゴー!」

 ボーイの号令とともに二台の車はタイヤのスキール音を轟かせながら発進し
た。
 アムロはスタート前にすでにオートマチックシフトモードへ切り替えていた。
しかしアクセル開度とタイヤの滑り具合のバランスばかりは人間の感性の方が機
械よりも優れている。タイヤがグリップを失う寸前のぎりぎりのアクセル開度を
維持しながら、アムロはヨタハチを前へ進めた。しかし隣のラリー037も負けて
はおらず、タイヤの太さの差でグリップが優れている分、鼻差でリードしてい
た。

 しかしマニュアルシフトのラリー037を、ヨタハチはシフトチェンジのたびに
追いつめていた。300mを過ぎる頃にはほとんど並んでいたが、20cmほど届か
なかった。そして400mのゴール。二台の車のノーズはまったくの同時にゴール
ラインを通過していた。その様子を動画撮影していた奇特な御仁の写真判定を待
つしかなかった。

492 :ジゴロとオタク9:2006/05/29(月) 19:01:11 ID:???
 だが、アムロのヨタハチと女性のラリー037はもっか別の深刻な問題に直面し
ていた。コロニー外壁の相対速度は標準的なコロニー(半径3km、0.545rpm)
の場合616.6km/h(秒速171.27m)にもおよび、その遠心力によって1Gの重
力を発生している。しかし物体がその回転方向とは逆に高速移動すれば、当然遠
心力の影響が小さくなり重力が小さくなる。そのためタイヤの接地圧も小さくな
り、グリップが失われる。二台は駐車場の端、コロニーの川の部分へまっしぐら
に走っていった。

「これではやられる!ええい、このボタンだ!」

 アムロはとっさに黄色と黒の縁取りがしてあるボタンを押した。ヨタハチのサ
イドステップの部分がめくれ、そこからミサイルが2発飛び出した。
 轟音。あっけにとられるギャラリーを尻目に、二台の車は宙に舞っていた。そ
して落ちてこない。
 コロニー内では、たとえ一瞬でもコロニーの回転速度と同調すれば、遠心力に
よる擬似重力は消える。そこに上方向へのベクトルがかかれば、地上から見て宙
に浮くというわけだ。アムロはその条件をミサイルの爆風で作り出した。その後
普通はコロニー外壁と一緒に動いている猛烈な風圧に押し戻されて、すぐに地上
へと叩き付けられるのだが、ヨタハチを操るアムロは絶妙なスラスター噴射でラ
リ−037と共に浮いていた。二台はカジノの裏手にある山(つまりコロニーの
端)へと移動し、Gの少ない部分で接地した。

「負けたわ。レースの結果は微妙かもしれないけど、あたしの負けで結構よ」
「そりゃどうも。だけどなぜ俺の名前を知っていたんだい」
「忘れたの、嫌ね。ヒントは0084年、北米シャイアン、女学生のガソリン車旅
行」
「え、まさか……あの時の一人なのか?」
「ふふ、私は昨日の事のように覚えているわ。あの後あたしはすぐに家庭に入っ
たから、それ以上の想い出なんて作れなかったもの。あのあと調べたわ。一年戦
争のニュータイプ、カラバのZ部隊隊長、そしてロンド・ベルのエースで地球を
救った英雄。まさかこんなに冴えない男とは思わなかったけど、今の貴方は最高
にいかしてるわ」

 夜が明けてミラーの角度が微妙に変わり、眩しい太陽光がコロニー中に広がっ
た。二人の口づけは朝日を浴び、コロニーの山に長い影を落としていた。

493 :ジゴロとオタク10:2006/05/29(月) 19:02:11 ID:???
 アムロが潜伏先の部屋に戻ったのは昼も過ぎての事だった。一睡もしていな
かったのか目の下にはくっきりと隈があったが、やけに晴れ晴れとした顔つき
だった。部屋に入った物音でベッドから起きたらしいシャアは、拳銃の安全装置
をかけ直すとアムロによく冷えたエビアンを放って投げる。

「で、結局勝負はどっちが勝ったんだ」
「ああ、アムロ、君の勝ちだ。10cmほどのリードだったらしい」
「そうか。でもお互いの車がひどく傷ついてしまったな」
「まあそう落ち込むな。修理代はちゃんと稼いである」
「ん?なぜ稼げるんだ?」
「オッズは1:4.5だったぞ。まああの見てくれではヨタハチが負けるように見
えるのも当然だ」
「なんてことを……貴様、俺を賭けの対象にしたな」
「いいではないか、アムロは勝っていいひとときを満喫したし、私は大金を手に
した。ミサイルの爆発も隠蔽してきたし、コロニー自治軍にもどうやらバレてい
ないらしい。まあ彼女にとって良かったかどうかは知らんがな」
「ちぇ、お前と穴兄弟なんて……」
「私は気にしていないぞ。だが少々目立ち過ぎたな。このコロニーから離れるの
も丁度いい頃合いだ」
「そうだな、それじゃ荷物をヨタハチに積み込むか。シャア、手伝えよ」
「ああ、もちろんだ」

 そして彼らはこのコロニーを去った。今彼らがどこにいるのか、それを知るも
のはいない。

494 :ジゴロとオタク:2006/05/29(月) 19:03:30 ID:???
てなわけでお目汚し。
自分好みのネタのちりばめ方なので、見る人によってはウザいかも。

495 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 19:29:16 ID:???
アムロスゲー!本当にボンド・カーみたいになってるw
レース燃えるなぁ…ちょっと溝落としを期待してたんだがw

496 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 20:19:16 ID:???
ネタ元わからなくても楽しめたGJ!

497 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:10:01 ID:???
>ええい、このボタンだ!
岡崎版アムロに吹いた。
しかし、まさかアムロ、その場でしたんじゃなかろうな・・・

498 :絵馬:2006/05/29(月) 21:24:33 ID:???
モビルスーツじゃなくて車ってのもいいアイデアですねGJ!!!!

しかし、女性にスクリュードライバー飲ませるとは・・・
プロだな、シャアw

なんかマジでホストなシャア書いてみたくなってきたが、そんな
豪勢な(w)遊びしたこと無いんでしばらく考えて見ます^^;

499 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:26:25 ID:???
wktkしながら待ってます!

500 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:28:50 ID:???
Σ(▼Д▼)今だ、五百式出るッ!

501 :絵馬:2006/05/29(月) 21:30:32 ID:???
tu-ka、Zうろ覚えてというか、ほとんど記憶消えかかってるから
アレなんだけど,彼女と一緒に旅行してたのって・・・w

502 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:35:26 ID:???
アムロと彼女は車中泊だったのだろうか?

503 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:38:11 ID:???
>>401

    _, ,_ アノタコアニキ マダコンナコトシテンノカヨ  
  /ゝ‘д‘)ゝ y-~~~
    

504 :503:2006/05/29(月) 21:39:32 ID:???
アンカーかけ違えた
>>461
だったorz


505 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 21:52:59 ID:???
>>500
大佐GJ!!!

506 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/29(月) 22:15:54 ID:???
やっと間にあったか大佐w

507 :98:2006/05/29(月) 23:07:18 ID:???
大佐、ぼかぁ嬉しいよ。
大佐のAA見ると、シャア版に居るんだなーと実感出来る。
五百式出撃乙カレー様でございました!(‐ゝ‐)ゞ

508 :464:2006/05/29(月) 23:42:54 ID:???
皆さん感想どうもです。
書き上げてアップして夕飯食べたらとたんに眠くなって、起きたらこんな時間です。
これから二度寝しますw

エマさんに関しても記述はあったんですが、
1アーティクルに文章が収まりきらないかもしれないと思って
カットしてたんです。

ネタ元は15年ほど前に刊行されていた
サイバーコミックスかガンダムジェネレーション掲載の
そうま竜也氏の作品です。題名は忘れました。
やっぱり同じようにランチアラリー037が出てくる話です。
思い出せなくて気持ち悪いので誰か教えてください…

でも本当のネタは「コロニー内を車で走るとどんな物理現象が起きるか」
って一人で考えてたからです。
妄想って本当に楽しいものですね。
ヨタハチはお好きにお使いください。

509 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/30(火) 07:11:07 ID:???
車の解説がカーグラっぽくてワロタ

510 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/30(火) 11:20:32 ID:???
ホストなシャアの件。

一日だけホストしたことあるって人に話し聞いたら
「とにかくテンションアゲまくらなくちゃならないんですよぉ〜」
とか言ってたの思い出した。

シャアがドンペリのボトル持って
「はい!こちらのお客様ドンぺリ1本はいりまぁ〜す!!それ!
♪ドンペリドンペリドンドンドン!!!」
ってハイテンションでやってる姿って・・・想像に苦しむ(--;;

まぁ、そんな店ばっかじゃなくホストクラブにも、もっと落ち着いた
雰囲気の店ってのもあるのかもしれませんが・・・・

511 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/30(火) 15:10:46 ID:???
 日頃の忙しさにかまけていると気付かないが、ポッカリと仕事の捌けたこんな
午後は、つい考えてしまう事がある。

「今ここにこうして生きている俺の存在意義とはなんだろう?」

 シャア率いるネオジオンによる、地球圏への質量爆弾……つまり衛星落としと
いう暴挙を阻止して数ヶ月。あそこで死んでいても悔いはなかった。いやむしろ
自分は死んでいるべき人間だったはずだ。しかしこうして生きている以上、日々
生きていくための糧を得るため、目的もないままに日銭を得ている。

「兄さんの敵はザビ家ではなかったの?」
「ザビ家打倒なぞもうついでの事なのだ、アルテイシア。ジオン無きあとは
ニュータイプの時代だ。アムロ君がこの私の言うことがわかるのなら、私の同志
になれ、ララァも喜ぶ」

 頭の中で、あの頃のシャアの台詞がリフレインする。結局ニュータイプの時代
とやらは来なかったし、グリプス戦役のとき同志になってみたところでララァが
喜んだ事もなかった。
 俺とシャアの間柄は、友達なんて甘いものじゃない。しかし赤の他人ではすで
にない。ましてウホな関係では断じてない。敵と断定するには近すぎる。そもそ
も奴と出会ってからの時期は、すでに俺の人生の半分を占めている。しかしこう
して一緒に行動した事が今までにあったかと言うと、実はほとんどない。アウド
ムラとニューホンコンでの数日間だけだ。
 それならシャアにとって俺はなんだ?俺にとってシャアはなんだ?

 アクシズの戦闘が終わって奇跡的に生き残った後、シャアはやれギャンブル
だ、やれ株や相場だとあぶく銭を稼いでは飲んでしまう。その行為はあまりに刹
那的だ。

「ララァが死んだ時のあの苦しみ、存分に思い出せ」
「情けない奴」
「何が!貴様こそ、その力を無駄に消耗していると、なんで気がつかん?」

 以前シャアに俺が才能を浪費していることを指摘された事があるが、俺に言わ
せれば今のシャアがまさにそれだ。情けない奴。
 だがそれは自分にも言える。神様とやらが俺の命をこの世に留め置いた理由と
は、なんだ?そしてシャアの理由とは、なんだ?

 俺とシャアという二人の抜け殻に、神様は何をやらせたいんだ?
 いずれシャアがやるべき事を見いだしたものが間違っている場合には、俺は抑
止力とならなければいけない。そのためにシャアは監視下に置かなければいけな
い。
 しかしそれだけなら連邦のマハにでも引き渡して、俺は原隊に復帰すれば話は
早い。
 なぜ俺はそれをしない? ああララァ、教えてくれ。


パチッ、チカチカ、パッ。

(▼Д▼) ……アムロ、暗い部屋で白目を剥いて体育座りするのはやめてくれ。気味が悪いぞ。


512 :98:2006/05/30(火) 16:23:39 ID:???
話も上手いし興味深く読ませてもらったが、
最後おのオチが堪らんな。
ジークジオン!!!!

つか、各員の連日のGJぶりはすげえ。
「諸君らの働きを見て、感動している」
再びジーク・ジオンだ511氏

513 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/31(水) 00:06:56 ID:???
>>511
アムロってこういう問題でクヨクヨ悩んでたりするのが似合うよね。
しかし本当に「行きがかり上仕方なく」っていう理由以外、
二人が一緒に行動している理由ってなんだろうね?
いや、ネタスレでのいじられキャラだから一緒に行動してるんだが。

514 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/31(水) 00:26:44 ID:???
アムロはシャアが好きだから
アムロは何があっても現状に適応して生きていけそうだが
シャアは生きる目的失ったら野垂れ死にしそう
アムロはシャアより先には死ねないな

515 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/31(水) 02:10:21 ID:???
ランニングに縞パンで爪噛みながら体育座りしているのが容易に想像がつく…
まさに「三つ子の魂百まで」だな、
おっと「百」なんて言うとグラサンが飛んできそうだ。

516 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/31(水) 02:17:50 ID:???

|⌒⌒'
|メ""ミ )
|∀▼ノ 呼んだかね?
|

517 :通常の名無しさんの3倍:2006/05/31(水) 03:45:58 ID:???
>>511
1stでのシャアなんて、変なお面を被ると毎回白目になっているじゃないの

518 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 11:59:12 ID:???
>>517
あれ白目だったのかw


最近単発アホネタ来ないなぁ、好きなのにw
シリアスも大歓迎だが

519 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 12:25:02 ID:???
>>518
それならもっと単発アホネタの援護カキコ汁

520 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 12:52:54 ID:???
激くだらなくてもいいなら一つ

「なぁ、アムロ。ララアの乗っていたエルメスは訴えられてガンプラでは
『ララア専用モビルアーマー』になったんだよな?」
「ああ、そうだが何か?」
「なら何故サザビーリーグ社はイギリスのサザビーズ社に訴えられて社名変更
までさせられたのに私のサザビーはスルーだったんだろうな?」
「さぁ、単に相手にされなかったんだろ・・・」
「私のサザビーはララア以下なのか・・・(刻の涙)」

521 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 13:12:43 ID:???
>>520
アムロ「今ララァが言った!SAZABYのYをIにしてSAZABIにしたから大丈夫だった
    のよって!」
シャア「ララァ…!」

522 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 14:05:21 ID:???
というより「サザビー」でググってたらヒットした
「サザビー村のセールスマン」
という推理小説が気になってしょうがない。なんだこのタイトルのインパクトは

で、思ったんだがシャアって営業に向いてね?
「シャアだ!赤い彗星(営業車)のシャアだ!」
「ルゥムでは奴一人に5棟のマンションの主婦達が落とされた…」
シャア「見せてもらおうか…連邦の主婦のヘソクリとやらを!」

523 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 14:10:04 ID:???
「ならばエルメスもHERMESからスペルをかえてやれば私の母になってくれたかも」
「心配しなくてもそれは絶対無いから・・・」
「電車男のエルメスはスルーだったな。やはりララアが不憫だ」
「あれは商品名でなくニックネームだから」

524 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 20:54:32 ID:???
            _
             _//
        _,///
   ヽ[:;]|/、////
  _(゚∀゚ El ロロ_
  lヽ.〈=El≡l〆/l
 . 'G l_l:;:/_〉l`-'l
   〈 /l l^l.l.〆l
   /=/ l = `l-l
    ̄ . ̄

νガンダム
可愛かったので空気を読まずに転載してみた
いまでも反省はしていない
後ろからの赤いプレッシャ-なんて感じない

525 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 21:02:56 ID:???

|⌒⌒'
|メ""ミ )
|∀▼ノ

あかいすいせいが自分の乗機が欲しそうにこちらをみている
なかまにしますか?

 はい
→いいえ

526 :98:2006/06/01(木) 21:28:40 ID:???
ν最高!
モチカエッテモ イイ?
モチカエリマス。

527 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 22:13:44 ID:???
>>517=アムロ

528 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/01(木) 22:15:08 ID:???
>>517=アムロ

529 :江馬・シーン中尉:2006/06/01(木) 23:23:35 ID:???
ただいま順調に煮詰まり中。
資料探す為にググったハズが、youtubueで知る人ぞ知るアルヤンビック
先生にとっつかまったりしている・゚・(つД`)・゚・

バイク大好きなのに事故が原因で暗黙の「バイク禁止令」が発令さている
私には大佐の辛さがなんとなく判るよ。

もう10年ほど前に買ったナン・カイの赤いナイロンライダースジャケット
を未練たらたらで未だに処分できないでいる自分とアムロのいけずで自分
の愛機が貰えないシャア・・・嫌だけどささやかな共通点♪

530 :江馬・シーン中尉:2006/06/01(木) 23:24:30 ID:???
アルヤンビック=アルヤンコビック

531 :98:2006/06/01(木) 23:51:38 ID:???
ナン・カイの赤いナイロンライダーじゃけっつーー?!
江馬中尉渋すぎだな。
それでヘンケンと毎週ツーリングか。
いいなあ。事故か。体に気ぃつけてなあ。

映像といえば、これが衝撃だった。シャアめ。やつはマジだったんか?
http://www.youtube.com/watch?v=3JHdYBet_4Q

532 :464:2006/06/02(金) 00:29:37 ID:???
「バイクなぁ。私は乗ったことがないが、気持ちのいいものなのか?」
「実は俺も乗ったことがないんだ。でもここにヨタハチに使えなかった、最高
24,000rpmのブラック狼モーターがある。これでバイクを作ってみるか」
「ああ、もうすぐ夏だしな。きっと風を切って失踪するのは楽しいに違いない」
「疾走だろ」

トンテンカン

「やはりバイク乗りたるもの、形から入らなければな。Agipのヘルメットと
Yellowconesのジャケットを買ってきたぞ」
「お帰りシャア。ちょうどよかった、いま出来上がったところだ」
「どれど……うっ」
「ジャンク屋で買い叩いてきたバイクに乗せてみたんだけど、ちょっとバランス
が悪いかな」
「これは……チョイノリと書いてあるが……」
「まあ試運転にでもいってきなよ。リアショックがないから衝撃が大きいと思う
から、気をつけてな」
「……無理難題をおっしゃる……」

ウィンウィン……ガギャギャギャ…………

「楽しそうだな、よし、俺の分のアプリリアもタミヤのトルクチューンを組んで
仕上げるか」


533 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 08:12:22 ID:???
>>531
そりゃアムロもガンダムで押し返そうとするわなこりゃ。
反面何となくシャアの心理も少し分かった気する。
同意している訳じゃないが。

534 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 09:46:04 ID:???
>420もう見れない

535 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 14:39:09 ID:???
「シャア、いくぞ」「あぁ」
トテトテトテ
「アムロ君50ccで法定速度守って楽しいかね?」
「よく聞こえない、次は2段階右折だぞ」「了解した」

536 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 18:24:53 ID:???
アムロスレまとめサイトにこのスレが追加されてる(゚∀゚)!

537 :98:2006/06/02(金) 21:17:52 ID:/UUoO7nA
マジで?!
つか確認してきた!!!
管理人さん有難う!!!!
そしてお疲れwww

538 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 21:21:42 ID:???
>>536
それ何処にあるサイト?
メーワクでなかったら教えて!
おしえて君でごめん!!

539 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 21:24:52 ID:???
>>538
つ「ぐぐれ」

540 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 21:38:23 ID:???
>>539
見つけたよ

541 :98:2006/06/02(金) 21:40:59 ID:???
ttp://aaasym.hp.infoseek.co.jp/

542 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 22:15:01 ID:???
>>98
dクス!

543 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 22:58:57 ID:rC9KAhzq
とてつもない駄ネタを一つ

ある日の朝食のこと・・・

シャア「アムロ、なぜ目玉焼きにソースをかけている!」
アムロ「別に人の勝手だろ。それより、お前こそ、目玉焼きにケチャップをかけているじゃないか。
そんなに赤が好きか?」
シャア「その馬鹿にした態度、気に入らんな。ソースより、ケチャップのほうが
健康にいいと、分からないのか!?」
アムロ「考えが吹っ飛ぶにもほどがあるぞ!」
シャア「ソースなんか使っているから、ゴップみたいなデブを生み出してきたと、
分からんのか!?」
アムロ「人の考えを認めないのは悪い癖だな、シャア!」
シャア「貴様こそ、自分が不利になると、いつもララァの事を持ち出して・・・」
アムロ「貴様だって、人のことは言えないだろ!」

いつも些細なことで、地球の将来とか、ララァのことで喧嘩になりそうだな。


544 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 23:55:56 ID:???
    _, ,_ 
  /ゝ‘д‘)ゝ y-~~~
 >>543 塩に決まっててよ

545 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/02(金) 23:57:32 ID:???
∀スレにて
777:通常の名無しさんの3倍 :2006/06/02(金) 23:51:03 ID:??? [sage]
(▼∀▼)


なにやってんですか大佐w

546 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 00:05:06 ID:???
>>543確かにその二人風呂の温度くらいでもそんな事言ってそうだなw

>>545
アクシズ吹いたwwww

547 :464:2006/06/03(土) 04:06:48 ID:???
みなさんおはようございます。俺は徹夜です。なんだか頭がぼーっとします。

>>98さんの >>480の書き込み
> あれだ。囮役でアムロが必ずエレベータで倒れていて、警備のヤクザが近寄る隙に
> 後ろからシャア後頭部殴って悪い輩を気絶させるというパターンだな。

ってのに触発されて一気に書きました。校正してませんが、許してください。
オーシャンズ11は見たことないのでかなり違うと思いますが、許してください。
あと、描写がくどいのは自分でも自覚してるんですけど、許してください。
つーか、ちっとも話がガンダムしてないあたり、許してください。

548 :ジオンの亡霊 1:2006/06/03(土) 04:07:48 ID:???
 コロニー「フランチェスカ」。サイド6に存在するこのコロニーは、上質のホ
スピタリティを提供する特上級のリゾートコロニーとして昔から有名だ。特徴
は、採光窓をまるまる一つ海とした3km×30km×5mの遠浅のビーチ。そして
旧世紀から続く老舗ホテルチェーンや小さいが趣味のいいリゾートホテルが林立
するビーチブロック。そして、採光窓を一つ海にしたおかげでろくに日の光を得
られない、トワイライト・ブロックの存在。リゾート目当ての観光客と、観光客
目当ての華やかで後ろ暗い商売、そして成金にこき使われる貧乏人の姿が、この
コロニーの全てだった。ああ、麗しのフランチェスカ、哀愁のフランチェスカ。

「というわけで、ヨタハチを借りるぞ」
「またか、シャア。いいかげんにギャンブル狂いはよせと言ったはずだ」
「そうカリカリしていると、禿げるぞ」

 シャアは相変わらずギャンブル三昧、そしてアムロはトワイライト・ブロック
にある汚いアパートで引きこもり三昧だった。いや引きこもりというのは一面で
正しくもある一面で正しくない。彼は端末からネット経由で情報を呼び出して、
この地域の連邦政府捜査当局の動きを追っていたのだ。情報によるとこのフラン
チェスカには現在捜査官が集中しつつある。自分たち二人を追ってきているわけ
ではなさそうだが用心は必要だな、とアムロは思った。
 ここフランチェスカは南欧、特にニース周辺をモデルにしているようだが、そ
れそのものではなく、いわばラテン・ヨーロッパ全体のイメージで形作られてい
た。それは本来無機質なドッキング・ベイ周辺さえもヨットハーバー風のインテ
リアで揃えるなど、終始徹底していた。
 そんなこだわりようだから、もちろんこのコロニーを走っている車もどれもク
ラシックな佇まいのエレカばかりで、だからこそヨタハチのどこかノスタルジッ
クなボディは、この街に非常に馴染み溶け込んでいた。
 このコロニーに限らずほとんどのコロニーは地球の北半球と季節をあわせてい
るため、この時期は初夏である。半分だけ開けた三角窓から感じる空気は、すで
に心躍る夏の香りだ。潮風と夕凪に映える日の光の中を、シャアはゆっくりと味
わうようにヨタハチを運転していた。

549 :ジオンの亡霊 2:2006/06/03(土) 04:08:48 ID:???
 シャアはどんなギャンブルでも人間相手のものならそこそこ強かったが、最も
強かったのはポーカーだった。引きの強さは人並みではあるが、相手の手が透け
て見えているのではないかと言われるほどの読みと生来のポーカーフェイス、そ
して駆け引きの上手さが武器だった。今日もシャアは大勝ちしすぎない程度に
チップを獲得し、男好きそうなマダムとはぐらかしあうような会話を楽しみ、女
性バーテンダーをからかい、チップを換金して潜伏先へ戻った。しかし……

「おいシャア、これって……」
「ああ、私としたことが、やられたよ」
「まさかこの札束全部が偽札とはな……」
「ええい、人を小馬鹿にするにも程がある。私を敵に回すとどういうことになる
か、身をもって教えてやらねばいかんな」
「ちょっと待て、騒ぎを起こすのはまずいぞ。お尋ね者という自覚を持たないと
いけない」
「ならば泣き寝入りをしろというのか、アムロ!」
「そうじゃない、これを見ろ」

 アムロは端末のモニターをシャアに向けた。そのモニターには昼間アムロが調
べた、警察の捜査官が続々と集まっていることを示す証拠が写っていた。その数
ゆうに20人はかたい。

「むう……」
「見ろ、この数の捜査官がいるのでは、カジノに意趣返しをするどころか外出さ
え危険だ」
「……いや、チャンスかもしれないな」
「え?」

 ニヤリ。シャアは口の端をつり上げて不敵に笑った。若くして大佐まで登り詰
めた当世一代の戦略家の目が輝いたのを、アムロは見逃さなかった。

550 :ジオンの亡霊 3:2006/06/03(土) 04:09:48 ID:???
「ふふ、軍人でさえなくなってから、特殊工作員の真似事をするはめになるとは
な」

 次の日からシャアはぱったりとカジノ通いをやめ、地道に張り込んでカジノに
出入りする車をチェックした。もっとも捜査官が増員中という状況では、能天気
にカジノに遊びに行っていられる身分ではないという理由もあったのだが。
 シャアが張り込んで三日ほど経ったある日、彼はついに気がついた。現金輸送
車のトラックには必ず小銃で武装したSAが同乗している一方、カジノから出て
くる時とカジノへ入る時ではサスペンションの前後の沈み方が微妙に違っていた
のだ。輸送車に積む荷物の位置関係で、前後のサスペンションの具合が違ってい
るらしい。恐らく出て行く札束は一度でも使用したものばかりでも、入っていく
時は全てピン札、ことによるとロール紙の可能性もあった。裏方の作業員を尾行
して、飲み屋でひそかに後の席に座った時も、かすかに漂っていたインクの香り
を感じていた。

「やれやれ、俺も奴の悪事の片棒を担ぐとは……」

 一方アムロはその間、シャアほど目立たない容姿であることを利用して、ネッ
トや街の図書館や近隣の住民相手に調査を重ねていた。そしてシャアが前記のこ
とを発見する頃には、独力でコロニー全体の詳細なマップを作り上げていた。そ
れによると例のカジノの敷地内にはコロニーのメンテナンス・ハッチが8つあ
り、そのメンテナンス・ハッチから通じる1ブロックの情報がどうしても得られ
なかったのである。つまり誰かが意図的に隠蔽している、ということだ。
 総合すると、カジノの地下、コロニー隔壁部にはニセ札工場が存在するかもし
れないという結果を得た。
 次の日シャアは、そのカジノとライバル関係にあるカジノに匿名でファックス
し、マスコミにもタレコんでいた。どれか一つでも動けばもうけもののつもりら
しい。

551 :ジオンの亡霊 4:2006/06/03(土) 04:10:48 ID:???
「旧ジオン軍M73-mkIIレプリカのモスグリーン2着と揃いのヘルメット、イン
ナースーツ、各種装備品ね。毎度あり」

 シャアとアムロは、ガード下にある軍払い下げグッズ専門店にいた。そこは現
行モデルこそないが、昔の軍用装備品が一通り揃うような店だった。この時代、
軍服マニアには一年戦争の頃のコスチュームが人気で、それ以外の軍服、特に
ティターンズの流出品制服などは人気がなく、一時期の東ドイツ軍服のように安
値で叩き売られていた。閑話休題。
 外で買い物をするにあたって、シャアもアムロも素性を隠すことに念を入れる
ため、いつもとはファッションを変えていた。
 シャアはこのようないでたちだった。

●野球帽
●口の中に入れた含み綿
●ブルース・ブラザーズ・レプリカのサングラス(お揃い)
●ブラック地に半裸の少女のイラストをあしらったスカジャン
●モスグリーンのカーゴパンツ

 一方アムロはこのような格好である。

●水性ポマードをふんだんに使ったリーゼント
●シルバーの派手なピアス(穴はあけてないのでイミテーション)
●ブルース・ブラザーズ・レプリカのサングラス(お揃い)
●このコロニーに着いてから剃っていない無精ひげ
●ファンキーなアフロメンのバックプリントがされたダークブラウンのライダー
 スジャケット
●いつものビンテージジーンズ

 ちょいワルオヤジどころではない、明らかにカタギに見えない格好だ。
 必要な道具・機材などを買い込み終わったヨタハチの車内で、やっと準備が終
わったというような安堵の顔を見せながらアムロはシャアに話しかける。

「さて、どうするシャア?おそらくメンテナンス・ハッチには見張りがいるぞ」
「どうもこうもないさ、行ってみなければわからん」

 そういって助手席のシャアはシートを倒して腕を組んだ。

552 :ジオンの亡霊 5:2006/06/03(土) 04:15:48 ID:???
 さて、ここはカジノとは全く関係のなさそうな別の場所。強いて言えば海岸通
りを真っすぐ来れば着くかな、程度にしか関連のない場所。そこはビーチリゾー
トというよりはウインドサーフィンやヨットなどで楽しむエリアだった。夜も更
けて、良い子は寝る時間だった。

「調査によるとこの店はつい先日潰れたばかりだ。金目のものはすでに盗まれた
後だが、建物自体にガタはきていない」

 その外観はオーナーの趣味なのか、旧世紀の80年代に流行したサーファーズ
ショップのような、赤い屋根と白いペンキ壁、不必要なまでにポップな立て看板
と打ち捨てられたオンボロトラック、そして壊れたサーフィン・ボードが印象的
な場所だった。

「しかし、これはずいぶんだな」
「ああ、シャイアンで暇つぶしに眺めた、エイジン・スズキの画集に出てきそう
な店だ」
「そうか?古いハリウッド映画に出てもきた気がする」

 中は白いペンキ塗りのフローリングと、ミントグリーンの壁、採光窓から入る
星の光に照らされたパームツリーのざわついた影だけが往時の面影を残している
が、確かに金目のものは綺麗サッパリない。

「ここの厨房の床下にコロニーのメンテナンス・ハッチがあるのだな、アムロ」
「ああ、そうだ。このコロニーを作ったって自慢してた爺さんに聞いた話だけど
な。だけどあまりに古い時代のものらしいから、今のメンテナンス通路に繋がっ
ている確証はないぞ」
「まあ、ここが駄目でも他があるさ。どれ、ライトとレーザートーチを貸してく
れ」

 6時間に及ぶこじ開け作業によって、メンテナンス・ハッチだったものはなん
とか開いた。二人はそこから通路に降りて、探索の末コロニーの外に出るエア・
ロックを発見し、ひとまずその日の作業を終えた。すでに年寄りが起き出す時間
になっていた。

553 :ジオンの亡霊 6:2006/06/03(土) 04:18:48 ID:???
「さて準備もできた。行くぞアムロ」
「了解」

 早朝の探索から戻って仮眠を取った後、再び良い子の寝る時間。二人はガード
下で買ったノーマルスーツに着替え、あらかじめセンサーを壊しておいたエア
ロックから宇宙に出た。凝視していたら酔いそうなほどに、星がものすごいス
ピードで回っていた。
 コロニーと一緒に回っている以上、宇宙空間でも遠心力は健在だ。だからコロ
ニー外殻には各エアロックへ通じるレールが必ず存在していて、コロニーメンテ
ナンス要員はそこにモーター滑車付きのアタッチメントを取り付けてブランコに
し、それに乗って移動する。二人も同じものを用意していた。
 1時間ほどすると目的地の真下から少し外れたエアロックに着いた。もちろん
アムロの手によって調査済みだ。エントリーキーのセンサーをごまかし、中に
入っていった。

「うむ、やはり見張りがいるな」
「どうするんだ、シャア」
「いい質問だ。まずノーマルスーツを脱ぐのだな」
「え? あ、ああ……」
「そして、こうするッ!」

 いいざまアムロの顔面にシャアの右フックが決まる。続いて左アッパー、打ち
降ろしのチョッピングライト。そして倒れ込んだアムロの腹にトゥキックが4〜
5発入る。

「ぶ、ぶったね……」
「うむ、これで立派なやられキャラだ。右の通路から見張りに近寄るのだ。私は
天井を伝って行って、見張りを背後から倒す。ほれ、さっさと行くんだな。今の
物音で見張りが来るぞ」
「こいつのやり口は……恐い……」

 シャアに言われた通り、アムロはよたよたと見張りの前に出た。そしてそれを
見た見張りが、シャアの読み通り駆けつけてきた。1.2m幅程度の暗い通路だか
らこそできる天井伝いで、シャアはまんまと見張り2人の背後に回り、後頭部へ
の手刀1発ずつで昏倒させていた。実に鮮やかな手際だ。

「ふん、サイド7もジャブローもグリプスさえも、潜入し脱出したのだ。このよ
うなことは造作もない」

 その後見張りが出現するたびに、シャアは同じ手で片付けていった。その度ご
とにノーマルスーツを脱がされて殴られるアムロは、7回目から先は覚えていな
い。ただ刻の涙が見えるばかりだった。

554 :ジオンの亡霊 7:2006/06/03(土) 04:20:48 ID:???
「ぬう、やはり。ニセ札工場………」
「早く帰りたい……」

 二人の目の前には、印刷機がずらりと並んでいた。印刷機の近くのヤレ籠に
は、明らかにニセ札を印刷して出たと思われるミスプリントの紙が無造作に捨て
てあった。
 二人は印刷機のそばにあった紙、アルコール、洗浄油を手早く床にぶちまけ、
ライターで火をつけていった。

「天誅ー!ほれアムロ、叫べ!」
「あ、ああ、ジークジオン!」
「ジオン公国に栄光あれー!」
「やけくそだコンチクショー」

 非常ベルが鳴り、スプリンクラーが動き、拳銃を手に駆けつけた男達は炎の勢
いに押されてひるんでいた。消火器を片手に炎に突っ込むものもいたが、引火し
た有機溶剤はそう簡単には鎮火しない。しかも紙という可燃物がそこらじゅうに
あるのだ。印刷機の並ぶ部屋は、あっというまに黒煙と猛火と怒号と悲鳴のるつ
ぼとなった。
 シャアとアムロは充分に自分たちの姿を男達に見せつけると、隠れざま急いで
ノーマルスーツを脱いで火にくべ、壁際の炎の薄いところから出口へと向かっ
た。シャアはわざとらしくも、負傷したアムロに肩を貸していた。

「おい、賊は!?」
「あっち側の通路から逃げようとしているのは見た。ちくしょう、死ぬなよ!」

 シャアは普段とは口調さえも変えていた。ああ、わざとらしい。しかしそれに
気付く冷静な人間は、ここにはいなかった。

555 :ジオンの亡霊 8:2006/06/03(土) 04:21:48 ID:???
 裏方の混乱は、徐々にカジノの表舞台にも伝染して行った。最初は用心棒が血
相を変えていなくなり、続いて総支配人がうろたえた様子で裏に引っ込んだ。そ
れと同時にマネージャークラスとおぼしき連中が続いて行き、カジノのフロアは
アルバイトの給仕や流れのディーラーばかりが残ることとなった。

「……何の騒ぎですかな、これは」
「ん、こげくさいザマスわね……」
「あれ見て!窓の外!」
「ひ、火だ!か火事だー!」
「わああ、逃げろー!」

 カジノは大混乱に陥った。私服で潜入していた捜査官が拳銃とIDカードで群
衆を抑えようとしたが、はっきり言って無駄な努力だった。カジノの客は我先に
逃げ出そうとし、そんな中バーのレジに入っている現金を奪おうとする不届きも
のがいたり、壁にかかっている高級そうな絵画をガメようとする者がいたり、そ
れを押さえようと警官隊が踏み込んだり。お祭り騒ぎもかくやの大混乱であっ
た。それは一例を挙げれば、シャアとアムロがカジノの裏のトイレで、ちょいワ
ルオヤジルックの下に着込んでいたYシャツとスラックス姿に着替えたことに気
付いた客や従業員は誰一人いなかったくらいだ。アムロの水性ポマードもスプリ
ンクラーの水で溶けて、ただの濡れ髪になっていた。火はカジノにも回り始め、
混乱に拍車をかけていた。
 カジノの車寄せにはヨタハチが止まっていた。ハロの人工知能を使って制御し
ているヨタハチは、ドライバーがいなくても自律運転でどこにでも行けるのだ。
アムロはあらかじめこの時間にこの場所に来るようにヨタハチに言い聞かせてい
た。そしてアムロを助手席に押し込めて急発進するシャア。火事で大騒ぎのカジ
ノは、リアウインドウの向こうにどんどん小さくなって行った。途中消防車やパ
トカーとすれ違ったが、とがめられることなく通過できた。

「ああ、ララァ……なんてバーチャル……こんなに嬉しいことはない……いつで
も遊べるから……」

 顔を通常の三倍に腫れ上がらせながらうわごとのようにつぶやくアムロを、
シャアはただ放置していた。口の端に悪魔の笑みを見せながら。

556 :ジオンの亡霊 9:2006/06/03(土) 04:22:48 ID:???
 次の日の新聞の一面には、「ジオンの亡霊再び!カジノ直営のニセ札工場に放
火、逃走!」とデカデカと掲載されていた。ここは先日コロニーのメンテナン
ス・ハッチを見つけるために潜入した、渚のカフェの廃屋。あれからアムロは三
日三晩うなされてようやく目覚めた。その間シャアの手当もあったのだが、目覚
めたアムロには何も言わなかった。現在シャアは呑気にも白いシャツと白いス
ラックスで白いビーチチェアに腰掛け、朝食の目玉焼きを食べながら新聞を読ん
でいた。

「……死者・行方不明者は犯行の二人、けが人63名、カジノ運営者緊急逮捕…
…ふん、私をたばかるからこうなるのだ。それはそうとアムロ。まだ作業は終わ
らないのか」
「無茶を言う!そんなに簡単に物事が運ぶか!」

 アムロはヨタハチをパーツ単位でバラして、エアロックで組み立て直してい
た。カジノが一軒丸焼けになり、ニセ札造りが表沙汰になって街はいまだに混乱
を来していた。犯行の二人組も発見できていない現状では、警察当局もマスコミ
も血眼になって犯人の行方を追っており、当然コロニーの外への渡航には非常に
厳しい検問が張られていた。
 そんな中を脱出するには宇宙の航行も可能なヨタハチで行くしかないのだが、
いかんせんメンテナンス・ハッチはおとな一人がようやく出入りできる大きさで
しかなかった。アムロがヨタハチをバラしてエアロックで組み立て直している事
情は、そんなことが理由だった。

「ふむ、今度は月がいいかな、それともまたどこかの観光コロニーに行くかな」
「もう勘弁してくれ!」

 そして彼らはこのコロニーを去った。今彼らがどこにいるのか、それを知るも
のはいない。

557 :464:2006/06/03(土) 04:28:47 ID:gJ8BGQeu
連投規制にひっかかっちゃいました。ウザいねこれ。
お目汚しです。

558 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 06:28:55 ID:???
>>548-556
お疲れさん
シャアは恨みを晴らす以外の役得を大量に手に入れてるなw
ニヤニヤしっぱなしで読みましたぉ

559 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 10:39:09 ID:???
464殿乙!
オーシャンズというより仕置き人みたいになってるなw

しかしシャアヒドス…DV男みたいだよ、アムロ別れた方がいいよw

560 :江馬・シーン:2006/06/03(土) 11:19:38 ID:???
464さん乙です
新作GJ!!

なんか私が書きかけた観光コロニーネタと微妙に被ってる所があるので
また何か新しいアイデア考えねば・・・


561 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 11:51:28 ID:???

             ,r‐―‐-、
           /      \
          /   ,ィ       ヽ
         i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
         iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )     |  エマ中尉
          ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\   |  申し訳ないが私には
           )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l <.   君の心変わりが信じられない
           ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i !.   |  2チャーンズといえば
           l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ  .|  酷いインターネットだからな
           liブ ,i i !└┘!__//_   \____________
        _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー、_
      _/ /   i' i' i'        /  \ ヽ
     / ト-'"   ,i' i' i'       /    ヽ. )
     i'  l!     !  ! !       j ,il   ,.r'~ヽ
    ,ト、 l     !  ! ,!       / i  / i  ノ
    ! ヽ,!     ! ! ゙i      ,i  レ'   ヽ ヽ
   ( j  '!     ! !  !       j   ,「  ,.:='',T゙イ
     エー-i、    j ,!  i!     l  /∧,/  ヽ. !
    .i!    \   ! !  !      ! ,i i ヽ   \!
    .i     k'   ! !  i.     j j i'  !    ヽ.
    !    ,ネ、  j 十==)j   ,ノ ! j   \    )
    ノj __, ,八  く__」_,.='子‐-ァ、」 //     ゙v'__!
   //   ,!  ] ̄く  く ̄ ̄~「「>'^Y      / ____)
  _凡、_  _ノ j_,.-‐'t‐‐'ナーt‐‐「j  l      レ'"    i
 l/~`ーニニj /   ,!ー十'"`T"~~^TT゙i     l     l




562 :98:2006/06/03(土) 12:00:52 ID:???
面白かった!乙乙乙!
科白がいいな。二人とも楽しげにやっとるじゃないか。
アムロにジーク・ジオンと言わせるとはすげえよ、シャア!見直したぜ元総帥

>右フックが決まる。続いて左アッパー、打ち
>降ろしのチョッピングライト。そして倒れ込んだアムロの腹にトゥキックが4〜
>5発入る。
こんなに食らっといて「ぶ、ぶったね」としか洩らさないアムロは丈夫だ。ワロタ


563 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 14:54:49 ID:EkHtT9Qa ?
ジュドーの所に逃げればいいじゃん

564 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 16:43:13 ID:???
アムロ「実家に帰らせて頂きます」

565 :464:2006/06/03(土) 18:43:35 ID:???
さきほど起きて色々仕事した後ここを見たら、
感想がいくつか上がっているのを知りました。
みなさん感想をありがとうございます。

前作のジゴロとオタクではアムロに活躍させたので、
今回はシャアに活躍させました。
でもどちらかというと俺自信アムロ寄りの傾向(オタ好み)を持っているので、
感情移入できないぶんシャアの描写はちと極端に過ぎたかもしれません。
>>560 ネタ奪ってすいません^^;

補足。
>>556 シャアの食べている目玉焼きはケチャップまみれ。単純に書き忘れ。


566 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 21:26:32 ID:???
  ( ゚д゚)  
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

クワトロ大尉、私は2チャーンズの酷さを忘れていました。
たとえMk-Uが大破しましても逝ける所まで逝ってきます


567 :98:2006/06/03(土) 22:02:21 ID:???
>>564
アムロ実家にって、テムんちにでも戻るのか?単純に疑問w
そりゃ父ちゃんびっくりすっぜ。
アムロ大尉 対 テム もみモノだな。
シャア、頭下げてちゃんと迎えに行ってやれよ。
シャア 対 テムもまたカオスだ。

568 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 22:06:12 ID:???
>シャア 対 テム

会話成り立んか?
かたや電波級テロリストでかたや酸素欠乏症

569 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/03(土) 22:17:24 ID:???
カオス過ぎて、うっかり邂逅しないようにな>対テム戦

実家は実家でもシャアの実家(つまりセイラさんとこ)に向かったアムロ
こちらだと対セイラさん戦R

570 :98:2006/06/03(土) 22:51:14 ID:???
>>569
あ、いいなそれ。
しかし対セイラさん戦は、こりゃキツイ。
セイラさんはアムロをシャアに簡単には渡さなさそうだ。あの手この手で兄を恐怖の淵へ落そうとするだろう。
おっとアムロの意思を尊重するのを忘れていたな。
どうすんだよアムロ。ダイクンの血統にモテモテだな。

571 :江馬・シーン :2006/06/03(土) 23:02:56 ID:???
暴れまわるセイラって創作意欲かきたてられるなw
ただ、外伝のタバコもそうだったけど必要以上にイメージ壊すと
バッシングが怖いからな((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

572 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 02:35:16 ID:???
実家に帰りました〜テム宅編〜

アムロ「あの野郎、散々殴り倒しやがってもう頭にきた…って父さん聞いてる!?」
テム「アムロ、飯はまだかい?」
アムロ「ついさっき食っただろ!…つーかさ、何で俺があのギャンブル狂いに
    振り回されて…」
テム「アムロ、この回路をガンダムに付けろ!通常の3倍きれいにモザイクが消える!」
アムロ「はいはい、すごいねー。いいからそれはビデオデッキに繋げとこうね…
    でさ、聞いてる?人の話」
テム「連邦ばんざーい!見ろ!さすが私の息子だ!もうあんなに上手くガンダム
    を操っている!」
アムロ「すごいなぁ。俺いつからボウ○ンジャーになったんだろ。あぁ、そうだ父さん。
    なんか赤いの来たら追い出してね」
テム「チーフが来るのか?」
アムロ「いや、チーフじゃないよ」
シャア「アムロ!私が悪かった!帰ってきてくれ!」
アムロ「遅いんだよ謝るのがよ!つーかもううんざりだ!二度と帰るか!」
テム「愚息のアムロがお世話になっておりますチーフ殿」
シャア「チーフ…?いや、まぁ、ご丁寧にどうも…」
アムロ「チーフじゃない!というか馴染むな!世話してやってんのはこっちだ馬鹿!」
テム「あぁ!親に向かってそんな口のきき方…なんて情けない子だろぉー!」
シャア「そうだぞアムロ!さぁ、涙を拭いて、お父さん…」
アムロ「俺が悪いのか!?」


573 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 04:37:46 ID:EMj++lwS
とある小さな山村。
そこにある診療所には、近隣の人々もやってくるため、普段は足の踏み場もないくらいだった。
しかし、しばらく降り続く雨の影響か、ここ数日は、人の行き交いは少ない。
いつもより早めに診療を終え、医師は自分の机に寄りかかり、すっかり暗くなった空を見上げていた。
雨は相変わらず降り続いていたが、月だけがぽっかりと顔を出している不思議な夜だった。
かつて、共に戦った男が落とそうとした隕石は見る影もなく、降り注ぐ雨は彼に対する宇宙の涙のようにも見えた。
グリプス戦役のあの時、自分にもっと力があれば、あの人は隕石落としなどしなかったかもしれない。
あの人が今回の事件を引き起こした原因は自分かもしれない…。
そんな考えばかりが浮かび、カミーユは眉をひそめた。
事実、シャア=アズナブルはグリプス戦役後姿を消し、
第二次ネオジオン戦争を引き起こすキッカケとなった一つが、カミーユ=ビタンであったのは間違いなかった。
彼はカミーユに希望を、人類の夢を重ねていた。あの日、シロッコにより精神崩壊したカミーユを見て、地球に住む人々の粛正を決意させる一つの帰路になったのである。

574 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 04:56:31 ID:EMj++lwS
カミーユがもの思いにふけっていると、辺りはすっかり暗くなっていた。
そのとき、酷く懐かしい感覚がカミーユの思考を止めた。
(この感覚、大尉なのか?)
診療所の前に山村には似合わないエキゾーストを上げながらとまる車
振り返ったカミーユの目に飛び込んだのは、ずぶ濡れの二人連れの男たちだった。身なりはみすぼらしく、帽子を深く被っていたが、彼らが誰なのかは、すぐにわかった。
「お久しぶりです…大尉、生きてらっしゃったんですね」
その言葉に男たちは帽子とカツラを取り、かつての英雄の姿が現れた。
「久しぶりだな、カミーユ…」
相変わらずの態度のシャアにカミーユは少し皮肉を込めていった。
「お尋ねものの亡霊が、ここに何のようなんです?」
あの頃と同じように自分に突っかかるカミーユにシャアは少し笑みを見せた。
「宇宙にあがる、力を貸してくれないか?カミーユ」
「!?」」
アムロの言葉にカミーユは少し驚いて見せた。

575 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:08:49 ID:EMj++lwS
今更、また宇宙にあがる等となにを考えているのだろうか?
特にシャアは第一級戦犯者で、見つかればどう考えても銃殺刑である。
「なにを考えているんですか!二人とも!見つかれば只じゃすまない!それに俺に手伝えだなんて!」
余りに無謀な話を持ちかけてくる二人にカミーユは怒りを露わにした。
二人が生きていたことは嬉しい限りだが、この行動はナンセンスだ。
辺りはまだ混乱しているとはいえ、連邦もネオジオンも血眼で二人を探しているのだ。以前カミーユの所にも連邦軍が訪ねてきていた。
それなのに、一番検問の厳しい宇宙ステーションに忍び込むというのだ。
「俺たちには、時間がない、早く宇宙に上がらなくてはならないんだ。」

576 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:20:48 ID:EMj++lwS
そういうと、アムロはどこからか取り出した一枚の図面を机に広げた。
「こ…これは!?」
カミーユは目を大きく見開き、息を飲んだ。
「我々はコイツを破壊しなければならんのだ」
そこにあったのは、連邦軍が極秘で進めていた小型コロニーレーザーの設計図であった。
ネオジオン戦争後、コロニーの反抗に恐れを感じた連邦軍は、凍結されていた計画を実行にうつしたのだった。
「天使の揺りかご」と名付けられた衛星軌道上に作られた移動要塞。
小型化されたコロニーレーザーにより、点在するコロニーを全て有効射程圏に収めた、最悪の兵器である。

577 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:32:56 ID:EMj++lwS
「なんてものを!?…こんな事許されるわけがない!」
カミーユは怒りを露わにしていた。自分たちの保身の為に、こんな事を平然と行う連邦には、吐き気すら伴うほどの嫌悪感を抱いた。
「しかし…、こんなものを二人でどうするつもりなんです!?いくらあなた達でも!」
いきり立つカミーユにシャアはポンと肩を叩き
「だからこそ、我々二人が行くのだよ。亡霊である我々がね」
確かに、二人は社会的には死亡したとされてはいる。
この二人が仮に移動要塞を破壊しても、コロニー側に飛び火は起こらないかもしれない。
「…どうすればいいんです?」
カミーユにはこう答えるしか選択肢は無かった。

578 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:44:02 ID:EMj++lwS
「この金を使ってある人物と連絡をとって欲しい。」
そういうとアムロはセイラから譲り受けていた金を取り出した。
「鈴をならせと言えば解るはずだ。」
二人はそういい残すと診療所を出ていった。
辺りはうっすらと白み始めていた。雨もいつの間にか止み、幾日かぶりの太陽が顔をのぞかせていた。
グッスリ眠っているファと子供たちを見つめながら、カミーユは一時目を閉じた。

579 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:46:32 ID:EMj++lwS
駄文、長文すみませんです。
ここのスレおもしろかったので、つい自分も…と書き込んでしまいました。
いやー、皆さんみたいにはいかないですね

580 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 05:53:04 ID:EMj++lwS
[sage]

581 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 07:41:55 ID:jyO3wcHN
長編の予感

582 :98:2006/06/04(日) 08:59:51 ID:???
>>572
和む!!願いを聞き届けてくれた気がして嬉しいよぼかあ。
テム最高。自分用にメモ張にコピペまでした!!!いつでも読めるw
>>573-578
おお〜いいな。ハードヴォイルドアドヴェンチャーだ。
そしてちょこちょこっと、今までのSSで出てきた設定を使ってくれているんだね?
続きが気になるな。
GJ!!


583 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 11:22:08 ID:EMj++lwS
[sage]
レスありです。駄文ですが、ちょこちょこ書いてみます。

グリプス戦役後、カミーユはブライト大佐の用意してくれた診療所で開業医をしながら暮らしていた。
お世辞にも立派とはいえないが、ここには戦場のような殺伐とした空気はなく、ゆったりとした時間が流れている。
カミーユにとってそれは救いであった。
連邦軍の目は多少なりと気にはなるが、かつてアムロが体験した幽閉のようなものではなかったし、なおかつここにはファと子供たちがいる。
物資なども、ブライト大佐の妻のミライさんやフラウさんの手助けで特に困ることはなかった。
だが、ただ一度だけその平穏とした日々を覆す事件があった。
シャアが5thルナ落としを行うひと月ほど前のことだった。
深夜遅くに突然診療所のドアをノックする音が聞こえた。
急患かとドアを急いで開けたファはカミーユの方を振り返って黙り込んでいた。
月夜に照らされた20才位の黒髪の青年が立っていた。
切れ長の目をした青年は軍服を着ており、自分がシャアの使いであることを告げた。
突然の来訪者にファは不安げ表情をしていた。
その使者の目的はカミーユにネオジオンとして、戦争に参加を求めるものだった。


584 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 11:36:33 ID:???
駄文と言うな
あと他の人がどこにsageを書いてるかよく見ること

585 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 11:52:28 ID:EMj++lwS
[sage]
カミーユは、手紙の指示にあった人物とあうためにバイクにまたがりながら、そんなことを考えていた。
だが、今更言った所で仕方がないことでもあるし、
守るべきものが出来た自分はどの道を進んだとしても、参加はしなかっただろう。
過去を思い返す自分に対して、自分も大人になったものだと少し苦笑しながら、カミーユはバイクのアクセルを思い切り吹かした。


586 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 12:01:47 ID:???
自ら「駄文ですが〜」等と前置きする人は厨認定されかねんからやめておきなされ
あとsageはメール欄にな

587 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 12:02:40 ID:???
期待age

588 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 12:06:47 ID:???
解りました。皆さんのお気遣いありがとうございます。
586さん、教えていただきありがとうございます。
これでsageれてるかな?

589 :アムロ大尉:2006/06/04(日) 12:17:22 ID:???
ばっちりサジれてるぞ。
>>588氏が折角書いてくれた大事な文章じゃないか。駄文なんていわず堂々としとけという事さ。
皆が言いたかったのは。
お互いまったり行こうな。

590 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 12:36:04 ID:???
バイクで合流の予定地へ向かう道のりで、あのネオジオンの使者としてきた青年の言っていた言葉が頭の中をグルグル回っていた。

青年からは、あの時救えなかった少女達と同じようなものを感じていた。
ネオジオンの信念を熱く語りながら自分を説得していた青年。
黒髪で切れ長の凛とした瞳の彼は今どうしているのだろう。
NTの力を戦争に使う事を否定した自分に少し寂しげに笑みを浮かべ青年は
「総帥もあなたならそういって断るだろうとおっしゃっていました。
最後に穏やかな表情で"後のことは頼む"とも」
青年はハイザックに乗り込みながら最後にこう伝え、去っていった。

あの一言が、今自分が今回の事を引き受けた理由の一つでもあったからだ。

間もなく、予定地にたどり着く。おそらくはもう感じることのない彼の魂を探すようにカミーユは宇宙を見上げた。

591 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 13:43:58 ID:???
589氏、ありがとうございます。のんびり楽しんでもらえるよう頑張ります。

592 :464:2006/06/04(日) 15:33:13 ID:???
>>573
なかなかいい雰囲気出してますね。グッジョブです。
天使の揺りかごかあ、これのうち一基が残ってカイラス・ギリーにでもなるのかな。
頑張って続き書いてね。

593 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 16:03:20 ID:???
いやもう眼福、眼福w
GJ!

594 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 17:19:27 ID:???
丘陵地帯の一角に、第一次ネオジオン戦争のおりに捨てられた廃墟とかした街がある。
多くの建物がビームによる熱で融解したり、砲弾によって瓦礫の山となっていた。
比較的マトモな状態の建物(といってもいつ崩れるか解ったものではないが)も中にはあるが、
それでも不気味に静まり返ったこの街を訪れるものはまずいなかった。
そんな街中に一つだけ物音のする建物があった。
街の真ん中に旧世紀時代の宗教を信仰する教会がある。奇跡的に原型は留めていたが、一度燃やされたのだろう、アチコチにススや燃えカスが散らばっている。
そこには十字架に貼り付けられた男の像がまつられているが、熱によって金属が溶けてまるで泣いているかのようだった。
その像の下の暗闇で何か作業をする男の姿があった。
時折、ペンライトで自らの手元を照らしながら、ガチャガチャと機械的な音をさせていた。
苛立つ気持ちを抑えつけるように作業を進めていたが、上手く進まない。
「クソっ!!」
男のイライラはピークに達し、愚痴をこぼした。
それと同時にくわえていたペンライトを落としてしまった。
頭を書きながらペンライトの転がった先を見つめると、そこには一枚の封筒がペンライトによって照らされていた。


595 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 17:43:12 ID:???
セイラから渡されたカバンに入っていたこの封筒が事の発端であった。
中には一通の手紙とマイクロチップが入っていた。
「おたく等が死ぬとは到底思えないし、生きていたらまずセイラさんの所にくるだろうからコイツを残すことにした。
まぁ、詳しい事はマイクロチップを観れば大体解るだろうから、ここには書かないが、とりあえずマズい事になった。
総帥さんが観たら、また戦争でもおこしかねん代物だが、すでに"亡霊"のおたく等なら何とかできると思ってな。
俺もヤバい状態だが、出来る限りのバックアップはしてみる。

頼む。」
相変わらずなカイが残した手紙を見つめながらアムロはアクシズでシャアが言っていた言葉を思い出していた。

あの時、アクシズを押し戻した光の力は何の意味も持たなかったのだろうか?
あの光の中でアムロは人が変わっていけるものだと確信していたことは、所詮幻だったのだろうか?



その時、聞き覚えのある車の停車音が聞こえた。


596 :江馬・シーン:2006/06/04(日) 17:47:53 ID:???
なんかどんどんいいネタが増えてますね
みなさんGJ!!
私もセイラさんネタですが、セイラさんのきわどい部分を1.5〜3ゲインほど
増強してあるのでセイラさんに夢のある方はスルー願います^^

597 :ダイクンの血 1:2006/06/04(日) 17:49:10 ID:???
アムロは小高い丘の上に建った物置風の小屋に潜んでいた。
隕石騒動後、アムロは自分自身とシャアの身の保身の相談の為にセイラに
会いに来たはずだったのだが、何を思ったのかセイラは自宅兼診療所の裏山に
アムロを連れ込んだのだ。そして、アムロにしばらく待つように伝えて小屋を
出て行ってからもう30分ほど経っていた。
「セイラさん、俺をこんな小屋に連れ込んでおいて何処へ言ったんだ?」

そこへ迷彩服にカーゴパンツ。タクティカルブーツという旧世紀
の海兵隊のようなスタイルに何故かドロだらけのセイラが帰ってきた。
「!?セイラさん、その格好は一体何なんだ?」
「身の保身の相談をしてきたのはアムロ、あなたでなくて?」
「確かに身の保身の相談には来たが、俺一人ではなくシャアも居ると
言っただろう?ヤツは診療所の近くに止めた車の中で一人隠れて待ってい
るんだ!!」セイラは無表情で答える。
「大丈夫、必ず兄さんはここへやってくるから・・・」
そう答えて物置の棚の上に掛けられていたズタ袋のような布を取り去ると
そこには5台ほどの監視モニターが隠されていた。

シャアは車の中でじっと息を潜めて待っていた。
「アムロがアルテイシアの所へ出かけてからもう1時間以上か・・・
少し時間がかかり過ぎているような気がする。まさか、アムロのやつ
抜け駆けしたのではないだろうな・・・」

「本当はアルテイシアとは顔をあわせたく無かったのだが・・・」
しびれを切らしたシャアは辺りを窺いながら車から降り、そっと診療所
に近づき、部屋の窓から中を覗き込む。
「・・・留守のようだな。アムロのやつ、自分だけ逃げたのか?」

598 :ダイクンの血 2:2006/06/04(日) 17:50:52 ID:???
シャアが裏口の方に回ったとき、丘の上の小屋とそこへつづく獣道
を見つける。
「おそらくあそこに身を隠しているのだな・・・しかしアムロのやつ、
アルテイシアに話をつけてやるからと自分からここに私を連れて
来ておいて・・・まさか裏切られたとは思いたくないが・・・」
もし、本当に裏切られたのならシャアは自分ひとりで車で何処かへ逃げた方
が良いのかも・・・とも思った。ここがコロニー圏であれば自分一人の力だけ
でもなんとでもなるろう。しかし、地球圏にいる限りは誰かの協力を得なけれ
ば逃げることすらままならないというのが実情だった。

「一か八か、あの小屋へ行ってみるか・・・もし、アムロが私を裏切ったの
であればその理由を知りたいものだし、ただの空き小屋であれば、しばら
く身を隠して時間稼ぎが出来る」
シャアは小屋へと続く獣道へと足を踏み入れる。

小屋の中のモニターの一台が小屋へと続く獣道へと歩き出したシャアを
映し出す。
「・・・シャアがこちらへ向かって来ているのか?」
「だから言ったでしょ、兄さんは必ずここに来るって・・・」
丘への入り口から獣道伝いに小屋までは歩いて10分ほどの距離だ。
月明かりを頼りにシャアが歩き始めてから3分ほど、「!?」
シャアは何かに躓く、と同時に木の陰から石が飛んできた。
反射的に身をかわしてそれを避けるシャア。
「ブービートラップ!?なんでこんなものが掛けられているんだ?
まさかアムロが・・・いや、やつはMS戦術に長けてはいるが、こんな
白兵のトラップの知識を持ち合わせているとは思えん・・・」
シャアは立ち止まり、用心深く辺りを見渡す。人の気配は無いようだ。
(まだトラップが有るかもしれないな。しかし、誰が何のために掛けた
トラップなんだ?)
ポケットから緊急用のナイフを取り出し、一歩一歩、あたりを窺いながら
慎重に歩き出す。そこには数メートル感覚でピアノ線を利用したトラップが
掛けられていた。その一つ一つを慎重に解除しながらシャアは小屋へと
向かう。小屋のモニターにはその様子が映し出されている。
「トラップ?さっき俺たちが上がってきたときはあんな物はなかったのに・・・
まさか、セイラさん・・・?」
無言でモニターを見つめながらセイラはポケットからスイッチ状のボックスを
取り出し、カチッとスイッチを入れる。
丘の中腹まで来ていたシャアは無数のトラップ攻勢に少々疲れ気味のようだ。
(これはアムロの仕業ではない。もっと白兵戦に長けたプロの仕業だ!
だが、一体こんな辺鄙な所に何のためにこんなトラップが掛けられて
いるんだ?まさか私がこの土地のこんな山奥に来るなどと予想出来る人間
など居るはずが無い・・・)
一瞬の気の緩みが災いしたようだ。足元低くに仕掛けられたピアノ線を
不覚にも踏んでしまったシャアの右横で爆発が起きる。
火薬の量が少なかったことと、咄嗟に左側にシャアが身をかわしたことで
大事には至らなかった。

599 :ダイクンの血 3:2006/06/04(日) 17:53:22 ID:???
「セイラさん!あんたシャアを殺すつもりなのか?」
「・・・」
「やめろ!セイラさんがシャアと戦おうなんて幾らなんでも無茶すぎる!」
「・・・私は父さんの考えを歪めて人類に粛清なんて馬鹿げたことをした
兄さんに、父さんの変わりに少し罰をあたえたいだけ・・・ただそれだけ。
たとえ兄妹でもダイクンの名を汚すものを私は許せないだけなの」
「だからってたった2人の兄妹が殺しあう理由になんかならないじゃないか!!
それこそあんたたちの父さんが悲しむんじゃないのか!?」
「・・・」
シャアはもう小屋の入り口付近まで来ている。銃を取り出して小屋の方を
警戒しながら近づいてきている。セイラはライフルを構える。
「やめろ!セイラさん!奴を殺すな!」
シャアがドアの方へ近づくタイミングを計ってライフルで足元に威嚇射撃
をする。それを読みきったように身をかわしながら小屋に発砲するシャア。
ドスッ!!
「え!?」
入り口の脇に掘られていた深さ5メートルほどの落とし穴にシャアは
はまっていた。

「あの状況で発砲されたらあそこに身を交わすしかないから・・・」
「少し罰をあたえるって・・・」
「これで少しは気が済んだから・・・。ここの地質は柔らかいから
きっとたいした怪我はしていないはずよ。あとアムロ、これ持っていきなさい」
アムロは渡されたカバンを空ける。
中身は縄梯子と金貨の入った財布。そして一通の手紙。
「その手紙を連邦議員のロバート・ヘトソンの所に持っていきなさい。
彼は私に大きな『貸し』があるからあなたた2人を何とか逃がす手立てを
とってくれるでしょう」
「信用できる相手なのか?」
「もし裏切るような真似をすれば彼自身の命があぶないから、少々無茶な
注文でも確実に聞いてくれる相手よ。心配しないで」
それだけを言い残すと、シャアの落ちた穴をのぞくことも無く、丘を降りて
いった。

「シャア!大丈夫か?」
「大丈夫か?じゃない!!アムロ!!一体これはどいういことなんだ!」
「説明すると長くなる。とりあえずこれで上がってこい!」
そういいながらアムロは縄梯子をシャアの所へ下ろした。

その頃セイラはやはり旧世紀の海兵隊スタイルの体格のよい日系人と一緒に居た。
「トラップを掛け終わるまでの時間。狙撃射撃のタイミングと発砲場所。
どちらも申し分無かったな。半年間のテロに対する護身術及び対策レクチ
ャーの卒業試験は合格だ」
「教官。ご無理を言って申し訳ありませんでした」
「ただ、本当にあの男を逃がして大丈夫なんですか?ダイクンさん。
おそらくあの男のデータは連邦軍部やインターポールに登録されて
いることでしょう。いくら兄妹とはいえ、もし逃がしたことがバレたら
あんたも捕まる可能性があるんですよ?」
「おそらく『もう1人の男』が一緒に行動していてくれる間は
大丈夫だと思うんです。もしも何かあったらその時はその時。
今回のあなたのレクチャーが役に立つと思います。」
「あんまり乗り気のしない仕事だったが・・・あんたは優秀な生徒
だったよ。領収書はあとから回すからレクチャー料金はネオCMAへ
振り込んでおいてくれ」

それだけ言い残すとその日系人は小さな山間の町を出て行った。


600 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 17:54:14 ID:???
ララァが生きてたら、やはり3Pでしょうか。

601 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 17:54:43 ID:???
以上です。
問題はこのオチがわかる方が、このスレに何人いるかってこと
でしょうか・・・

602 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 18:22:12 ID:???
GJ!
ちょっと危険な女なセイラさんイイ!!!
あの人はジェド・豪士?

603 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 18:23:14 ID:???
ジェド・豪士キターーーww

アムロはCCAで白兵戦のトラップ使ってたけどな

604 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 18:26:40 ID:???
みなさん良作乙です

なんだか急にパイナップルが食べたくなりましたw

605 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 18:43:08 ID:???
(▼Д▼)し、しまった。六百式が…orz

606 :464:2006/06/04(日) 19:53:03 ID:???
>>596
GJ、お疲れさんです。
いいっすねいいっすね、こういうの。
面白いのもそうですが、
3アーティクルで話を収める技、俺も見習わないと。

607 :クェス:2006/06/04(日) 20:02:39 ID:???
七百式に期待してるよ大佐☆

608 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 20:21:53 ID:???
■参考資料集
Touka's file / 機動戦士ガンダム、逆襲のシャア 全台詞集
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Ink/2087/index.html
しげログ mk-II / 機動戦士Ζガンダム 全台詞集
ttp://scixx.blog27.fc2.com/blog-category-58.html
Infinity-G / 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 全台詞集
ttp://homepage3.nifty.com/infinity-G/0080/0080s.html
機動戦士ガンダム 名場面集
ttp://kor-kobo.web.infoseek.co.jp/URA_UHEEI/GUNDAM/GUN_00.html
昔は世界一詳しかったガンダムFAQ
ttp://akanemoe.bashi.org/gundam/faq.htm
にくちゃんねる 過去ログ墓場 # ネタ雑談
ttp://makimo.to/2ch/bbs19.html
アムロ関係スレまとめサイト / 2ch過去ログ保存庫
ttp://aaasym.hp.infoseek.co.jp/
3X歳にもなって結婚してないシャアはダメ男
ttp://axis2000.hp.infoseek.co.jp/log/dame/dame.html
やる気のないログペ
ttp://mp3union.hp.infoseek.co.jp/rogp/rogp.htm


609 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 20:53:14 ID:???
>608
おまえ神!マジ神!!

610 :98:2006/06/04(日) 20:56:27 ID:???
>>607
クェスーーーーー!!
会いたかったぞーーー!

最初のうちはひっそりとこつこつスレが動いていたが、まじで最近は
プロ級の職人に恵まれて、ネタも尽きないようだ。
良かった。

クェス、僕だけは君を忘れないからねーーーー!

611 :464:2006/06/04(日) 21:15:16 ID:???
>>610
たぶん、その前半のネタ集めが功を奏したのかと。
前半は俺設定満載のSSを書ける雰囲気じゃなかったし

612 :464:2006/06/04(日) 21:18:00 ID:???
>>608
こりゃ助かります。俺的にはここも好き。使えるネタ少ないけど。
http://www.geocities.jp/project_x_gundam/

613 :江馬・シーン :2006/06/04(日) 21:25:39 ID:???
感想ありがとうございます
日系人はおそらくジェド・豪士8世位だと思うわれですw
>>603
逆シャアちょっと見てないんで細かい辺りはすっぽり記憶ぬけてますねw
家のどこかに伸びきったテープがまだあるかもしれないので
暇があったら発掘してみたいと思います。
>>604
是非パイナップル食べてくださいw

614 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 21:36:26 ID:???
ss増えてきて、どの話がどの話なのかごっちゃになりやすく
なってるような気がしてるのは漏れだけ?
タイトルは無理でも名前欄に番号入れるとかした方が
どのssがどのssの続きか判りやすくなるように思うのですが・・・

注文スマソ

615 :98 ◆kCDJ2IHO/c :2006/06/04(日) 22:11:41 ID:???
>>614
つまりこういう事かい?
って違うか。兎に角ぱっと見でなんのシリーズなのか分かる様に明記しとけ
という事だね。
いい提案だ。了解した。

616 :江馬・シーン ◆qtYPAH0k/Y :2006/06/04(日) 22:42:11 ID:???
確かにSS増えてきて複雑化してますね
>>615
トラップまで掛ける必要あるかどうかは疑問ですけど・・・

とりあえず、どの話がどの話の続きかをわかりやすくするっていうのは
新しいお客さんが来てもわかり易いだろうし、いいことだとは
思います。

617 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/04(日) 23:33:27 ID:???
>>573-578
>>583
>>585
>>590
>>594-595
こんな感じで大丈夫ですか?


618 :ピンクのマザコン:2006/06/05(月) 00:45:33 ID:???
(▼∀▼) 私も異名を付けて出演するか「赤の総帥」とか

?(▼ω▼) 何だか妙なプレッシャーを感じるな

Σ(▼Д▼)だ、誰だ私の名前をピンクのマザコンなぞにしたのは!

!(▼Α▼)さてはアムロか、流石は私のライバルだ!

(#▼д▼)しかし今日と言う今日こそ決着をつけてやるぞアムゥゥゥロぉぉぉ


やかましい、仕事中だ!
  r'⌒⌒^'、 パーン!
 ( r'νyyソ r'⌒⌒^ヽ
  ヾ# ゜д゜)(ミ""メ""ミ)
  / ⊂彡☆))∀▼ノ アウチ!



619 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 00:51:25 ID:???
?(▼д▼)結局誰なんだ犯人は?

    _, ,_ 
  /ゝ‘д‘)ゝ y-~~~ ←


((▼д▼))き、きっとギュネイがやったんだな。後で強化しておかねばな



お目汚しすみません、つい電波が…orz

620 :サンライズ・グラフより抜粋 1:2006/06/05(月) 01:24:48 ID:???
特集!ネオジオンの今後 〜 編集部による動乱から半年の経過レポート

 ネオジオンを名乗るテロ組織グループが、5thルナに続いて資源衛星アクシズ
を地球圏へ落下させようとして失敗した「第二次ネオジオン動乱」からもはや半
年。世間の話題はすでに「次期地球連邦政府大統領選挙」へと移っている。しか
しネオジオンやジオン公国を名乗るテロリストグループが未だにあちこちで活動
しているのもまた事実だ。ここでは編集部が総力を挙げて取材した「シャア・ア
ズナブル」なる者の真実について特集しよう。

■ネオジオンはその後どうなったのか
 まずシャア・アズナブルが所属していたネオジオンについて語ろう。今月に
入ってからも、オセアニア自治区オーストラリア合衆国アデレードで1件、コロ
ニー「フランチェスカ」で1件のネオジオン系テロリスト・グループによる破壊
活動が報道された。細かいものを入れると「第二次ネオジオン動乱」以降すでに
30件にも及ぶテロ行為が発生しているが、これらは果たして本当にネオジオン
によるものなのか。我々編集部が独自に入手した情報によると、このうち半数は
いわゆる模倣犯、もしくはネオジオンのネームバリューを利用しただけの犯行と
している。
 なぜネオジオンは地球連邦政府に向かってこのようにテロ行為を繰り返すの
か、そしてネオジオンに所属していないにも拘らずネオジオンの活動を支援する
かのような人間がなぜ出てくるのか。「それは『体制に反抗するアンチ・ヒー
ロー』という虚像に民衆がカタルシスを覚えているからに他ならない」とオーガ
スタ大学社会情勢学教授のサンマロ助教授は語る。民衆にとってネオジオンと
は、ある意味で判官源義経の軍勢であり、アドルフ・ヒットラー率いるナチスで
あり、共産主義者の過激派である。ことの善悪はともかく体制に反抗するという
姿勢が民衆、特に若者に魅力的に映るのである。特にネオジオンのテロリストは
詩的であり自己抑制的であり、しかも戦えば強い。彼らは憧れるべきサムライと
して捉えられてしまうほどに魅力的なのも、無理からぬことなのである。
 しかしネオジオンという組織自体は、すでに解散している。ネオジオン総帥
シャア・アズナブルが行方不明であったので、ホルスト・ハーネス、カイザス・
バイヤーなどのA級戦犯が尋問の上裁判所で裁かれすでに銃殺刑になっているう
え、B級までの戦犯も拘束されている状態なので、指揮系統を維持できるはずも
ない。なので現在ネオジオンを名乗っている団体は、シャア・アズナブルが指揮
していたものとは違うものとなりつつあると思われる。

621 :サンライズ・グラフより抜粋 2:2006/06/05(月) 01:25:48 ID:???
■シャア・アズナブルの行方
 それではネオジオン総帥シャア・アズナブルはどうなったのか。彼は0087年
に連邦制府議会に乱入し、議場ジャックを行った上で自らの出自を「ジオン・ズ
ム・ダイクンの子キャスバル・レム・ダイクン」であると全世界へ向けて語って
いる。もちろんその証明は取れていないが、その説を信じている人が多いことも
また事実である。
 彼は公式には今回の動乱で行方不明となっているが、ジャーナリストで軍事ア
ナリストのミケル・ニノリッチ氏はこう語る。
「大気圏突入寸前のアクシズ宙域で地球連邦軍のガンダムタイプ・モビルスーツ
(RX-93 νガンダム)とゲルググタイプ・モビルスーツ(MSN-04 サザビー)
の交戦が確認されている。シャア・アズナブルはその後のネオジオン旗艦レウ
ルーラ乗組員の証言によって、自らモビルスーツで出撃しており帰還した記録は
ないと語られている。つまりアクシズ後部と共に大気圏突入をして摩擦熱のため
に燃え尽きたか、そこから逃げられたとしてもアクシズ後部の中に逃げ込み、隠
れるくらいしか出来ることはないと断定できる」
 ガンダムタイプもゲルググタイプも機体の破片や救難信号の受信は見つかって
おらず、撃破・死亡の確認が取れていないだけで実際には死亡したと判断されて
いる。現にガンダムタイプ・モビルスーツのパイロットであるアムロ・レイ大尉
(一年戦争時の伝説的ニュータイプの彼である)は戦後死亡とされ、殉職による
二階級特進で中佐となっている。
 しかしネオジオン残党やネオジオンに同情的な市民の中には今でもシャア・ア
ズナブル生存説が根強く、我々編集部による電話アンケートの結果でも「シャ
ア・アズナブルは生きていて、いつの日かまた再起するだろう」という意見が
30%を超えている。
 電話での取材には、連邦政府警察は「特別の捜索は行っていない」という回答
をしたが、現場の捜査官レベルでは未だに「シャア・アズナブルを見た」という
通報に頭を悩ませており、すでに都市伝説のようなものとなっている。しかし現
在までにシャア・アズナブルと容姿が酷似した男性が別件逮捕で拘束された例は
24件にのぼっていて、連邦政府警察の「特別の捜索は行っていない」とする回
答は果たして本当なのか疑惑を持たざるを得ない状況となっている。

622 :サンライズ・グラフより抜粋 3:2006/06/05(月) 01:26:49 ID:???
■資源衛星アクシズの行方
 さて、動乱時の地球への衛星落としを阻止するため地球連邦軍所属のロンド・
ベル隊の破壊活動によって前部と後部に分断されたアクシズであるが、後部が破
壊活動の爆発によってブレーキをかけられ、地球の落下軌道へ移ったが、その後
怪しい光がアクシズを覆って落下軌道から脱出軌道へアクシズを変針させた話
は、かなり大々的に報道されたので覚えている方も多いことだろう。
 これは当時ガンダムタイプ・モビルスーツに搭載されたサイコミュ機器の作動
によってアクシズ周辺のミノフスキー粒子に反応して、大気圏突入時の熱エネル
ギーとの相乗効果で一時的なミノフスキー・クラフト効果が発揮されたものだと
する論評が各紙に掲載された。
 その後の各地天文台の追跡観測により、アクシズ前部と後部は太陽の重力に
引っ張られて行く軌道をとることが確認された。しかし観測に誤差があったの
か、今月になってアクシズ後部は太陽をスイング・バイする軌道をとっているこ
とが判明し、太陽の重力を利用することで地球圏を超えて最高到達点でちょうど
木星とランデブーを行う軌道をとっていることが判明した。
 この報道を受けて、先日モスクワ科学アカデミーによってアクシズ観測機の提
案がされたのは記憶に新しい。前項のシャア・アズナブル生存説と重ねあわせる
と、いかにも不気味な想像がわくことを禁じ得ないが、ちょうど今頃はアクシズ
後部は水星軌道の内側を通っているはずで、太陽のコロナ部に近づいているころ
である。温度調整が効いていなければ内部は4,000度の高温になると考えられて
おり、たとえ生存者がいたとしても太陽との最接近状況下では生存はほぼ絶望的
と考えられている。

■結論:ネオジオンはどうなるのか
 ここまで述べたように、ネオジオンという団体にとって現状は壊滅的である。
大きなカリスマ、シャア・アズナブルを無くし、ブレインである参謀や高官を戦
後の軍事裁判で処刑されており、以後は小規模なテロ組織として散発的な抵抗を
見せることが関の山であろうと思われる。
 しかしコロニーを中心に今だ根強いネオジオンのシンパが潜伏していることも
あり、連邦政府は新たに警察機構に新たな部局を設置することを発表している。
地球連邦軍内部の組織として同様の任務を負っていたティターンズの名が記憶に
新しいが、連邦政府スポークスマンは、この組織が独走した結果内部抗争を起こ
してしまった教訓をふまえた人事にすると発表している。
 ほぼ壊滅的なネオジオンを母体としたテロ組織にとって、衝撃的な事態である
ことは想像に難くない。
(了)

623 :464:2006/06/05(月) 01:27:47 ID:???
今回は「サンライズ・グラフより抜粋」という題名で、
週刊の情報誌に掲載された記事を想定して書いてみました。
ところどころ連邦政府による偏向報道がされているように書いたつもりですが、
どんなもんでしょ。こういうのって難しいです。

624 :訂正:2006/06/05(月) 01:38:56 ID:???
>>620
○ 社会情勢学教授のサンマロ助教授
× 社会情勢学所属のサンマロ助教授
>>621
○ 連邦制府議会
× 連邦政府議会

しかも「次期地球連邦政府大統領選挙」の関連での人気取り法案っていう
伏線を張っていたのに書き忘れるなんて……orz


625 :464:2006/06/05(月) 01:43:12 ID:???
>>624
しかも○と×を間違えてるし……
吊ってきます

626 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 02:17:56 ID:???
フフ、いいですねぇ
個人的にはこういったモジュール的なコンテンツ、大好きですw

バンダイも商品化毎の設定改修に勤しむくらいなら
こういった世界構築に力を入れて欲しいんだけど……
でもそのおかげで自由な世界が広がるのなら、それも良いかな


627 :98:2006/06/05(月) 07:47:46 ID:???
>>617氏も>>464氏も本当に乙。
>>620-622これ大変だったろう。
よって二階級特進だ!

628 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 10:20:38 ID:???
アクシズの片割れには別世界のシャアとアムロ達が乗っているわけだな

629 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 12:12:35 ID:???
最近はこのスレと「アムロがマーク2テストパイロット」スレが
漏れ内の2大読み物スレとして楽しく読ませてもらってる
職人さんたち応援してます!

630 :464:2006/06/05(月) 20:03:08 ID:???
感想どうもです。
>>626
俺も、こういうモジュール的なの結構好きですw
というか、どの話も特に時系列が繋がっているわけではないので
全てがモジュール的であるとも言えるんだけど。
だからこそこういった世界観を確立するような話もあっていいかなと思ってます。
でも皆さんの想像力を制限するつもりで書いたんじゃないので、適度にスルーヨロ。
>>627
二階級特進で兵長、拝命します。
>>628
あっちのスレにあげても遜色ないものを心掛けて書いてみました。

631 :江馬・シーン :2006/06/05(月) 23:04:14 ID:???
サンライズ・グラフより抜粋からインスピレーションを受けた
文章が出来ましたので晒しておきます。

今回はシャアとアムロは直接登場しませんが、たまにはこんな
目線も面白いかなと思って書いたものです。

シャアとアムロのどたばた希望の方はスルー推奨です

632 :塀の中からの手紙 1:2006/06/05(月) 23:05:54 ID:???
Dear ジェニー

僕は今、連邦軍の収容所からこの手紙を書いています。
僕はあなたにとても辛いことを伝えなければなりません。
あなたのフィアンセであり、僕の親友であったブライアン
が行方不明になったまま、見つからないということです。

シャア総帥の革命は、、旧世のHipHopミュージックのギャング
スター達がリリックとして語り続けていたような、危険なスラム街のごと
くなおかつ貧しい、ゴミ溜めのようなコロニー郡にに生まれ育った僕達にとっ
て、きっとあの方はいつか、コロニー郡にスペースノイドの為のシオン(ザイ
オン)を築いてくれると信じ、彼の活動に参加することを決心したという話を
ブライアンはあなたに話したことがあるでしょうか?

僕達は命がけでこの宇宙(そら)に溢れかえる、たくさんのコロニー
の中で貧困と差別に苦しめつづけられている人々を助けるべく、危険を
省みずに旧世の十字軍のような意思をもってネオ・ジオンに参加したのです。

僕とブライアンはシャア総帥に心酔し、自ら今回の作戦の最前線である、モビ
ルスーツ部隊に志願し、今回の作戦に参加しました。
僕とブライアンは下っ端だから、むつかしいミッションに参加させては
頂けませんでしたが、縁の下の露払い的なささやかなミッションを引き受け
、少しでも総帥の作戦の手伝いをしたいと必死でした。

アクシズがどんどんと地球に向かって落ち始めたとき、ブライアンは僕が
考えもしなかった行動をとったのです。
彼は本来のミッションを破り、他の重要任務につく兵士や、仕官たちの乗っている
ものより低スペックで大した装甲もついていない一般兵用の量産型のギラ・
ドーガというモビルスーツでアクシズの墜落の阻止をするべく大気圏すれすれ
まで落ちかかったアクシズの壁面に取り付いて、数人の同士たちと共に墜落の
阻止を始めたのです。

僕は無線でブライアンに問いかけました。
「この作戦が成功すれば忌まわしい連邦政府の弱体化が可能になる。
それに総帥の夢である唯一の美しき星、地球に寒冷化をおこす事によって、
ただ金と地位があるということだけで地球に張り付き、この先この星が
どうなるかも考えることなく環境の汚染し続ける愚かな愚民どもに制裁を
与え、総帥と共にコロニー圏に「楽園」を作り上げることが僕達の
夢であり、目標であったんじゃないのか?」と。

ブライアンは摩擦熱で装甲が危なくなりかけているギラ・ドーガから僕に
『遺言』を残してくれました。

633 :塀の中からの手紙 2:2006/06/05(月) 23:06:44 ID:???
「確かに俺たちの夢は地球圏でコロニー住民から税金を巻き上げ、スラム
にまで落としめられたコロニーに住む連中のためのユートピアを総帥と作り
上げることが夢だったよ。だが、宇宙(そら)から見る地球ってのは実に
青くて美しくてね。あの青い星の中に(ノイズ)たちと同じように生活を
営む様々なニン(ノイズ)いるのかと思うとなんだか『壊しちゃならない
ような』俺らしくも無い一種の宗教(ノイズ)うなものに取り付かれちま
ったようなんだ。あの青い星を見てるとさ、なんか(ノイズ)間は本当に
どうしようもなくなるまでこの星をほうっておくほど馬鹿じゃないような気が
・・(以下、ノイズで聞き取り不能)」

以上のように、ノイズが多くて彼の『遺言』のすべては正確には聞き取れませ
んでした。無念です。

あの日以来、僕は何か大きな十字架を背負わされたような気がしてならないの
です。僕ははたして今のように総帥に忠義をつくすことが正しいことなのか、
それとも、あの星に住む多くの人間を救うべく為、ブライアンと共に最後まで
アクシズにしがみ付き、共に蒸発した方が結果的に人道的に正しいことだった
のだろうか?誰か僕に教え、導いてくれる者はいないのだろうか?

僕は上級の戦犯ではなく、ただの下級兵士なので、もう暫く辛抱すれば保護観
察付きで釈放されるのではないかと看守が教えてくれました。

ただ、この手紙については間違いなく検閲が入るでしょうから本当に
あなたの元に届くかどうかは判りません。

ブライアンの最期の行動と遺言を見届けてしまった今、僕はもうネオ・ジオン
として行動する気持ちにはなれそうもありません。

コロニーがユートピアになる日・・・それは地球圏に住む者と。僕達コロニー
に住むものがバイオロジー的に同じ人間だということに気づいたとき・・・
その日が来たとき初めて真の和解が出来るのではないかと今は信じています。

地球に住む者たちが僕達コロニーと住むものと同じように子供たちを愛し、
その将来の為にお互い歩みよえる日が来ることを切に願います。

ゴードン・サムナー

634 :塀の中からの手紙:2006/06/05(月) 23:08:41 ID:???
私の作品の殆どにはマニアックなアーティスト名の一部が
仕込まれているのですが、ゴードン・サムナー はある大物シンガー
の本名ですのでわかった方はかなりの洋楽通ですw

635 :464:2006/06/05(月) 23:50:06 ID:???
>>631
俺のアーティクルにインスピレーションを感じていただいたとは光栄です。
内容もなんだかいい感じ。GJっす。
なんかこう、英文を翻訳したような文体がかえってホロリとさせますね。
でも俺に洋楽の知識がないのが残念っす。

俺も書こうかな、投獄されたシャアのそっくりさんの悲劇でも。

636 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 23:54:45 ID:???
>>634
乙です
楽しめました

>ゴードン・サムナー
ヤザンのモデルといわれてるお人かな

アクシズ落しを世界がどう観てたのか
というのに触れられるというのも
ここの皆さんの話を読んでて楽しい事の一つです

637 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 23:57:08 ID:???
>>259

638 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 23:59:29 ID:???
あ、世界というか、主要キャラ以外の目線ということですね
カーラジオの中継もイノセンスで好きだったシーンの一つでした

639 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 00:11:27 ID:???
>>632-633
実際のところ、スウィートウォーターは最貧コロニーなんだよな。
スペースノイドの大部分が自分達より遥かに良い暮らししてることを
この話の主人公が知ったらショックだろうなとちょっと切なくなった。

640 :573:2006/06/06(火) 00:51:49 ID:???
>>617

「準備は整ったのだろうな、アムロ?」
「・・・もう少しだ。まさか、こんなものを作る羽目になるとわな。」
あの手紙を見て以来、シャアは同じ過ちを繰りかえそうとする連邦に苛立ちを
募らせるばかりであった。
あの時アムロと見た光の輝きは錯覚だったのではないのか?、結局人の業など
無くなるわけなど無かったのか?、疑問符のみが彼を襲い続ける。「貴様ほど
人類に絶 望しちゃいない!」そう自分に言ったアムロ、奴は今何を考えてい
るのだろうか?
シャアはアムロの上にたたずむ像を見上げ、あたかもこの螺旋を嘆くように涙
を流す像を見つめていた。





「・・・それで、カミーユから連絡はあったのか?」
どれくらいの沈黙があっただろうか、数分?それとも数時間?作業を終えたア
ムロができたばかりの2つの回路を片手にシャアに問いかけた。
「・・・いや、まだだ。・・・それが例のあれか?」
「ああ、昔親父が作っていたものと同じものだ」
アムロが手にしていたものは、以前酸素欠乏症にかかった父がRX-78用に作っ
た回路であった。RX-78にすべての情熱を向けていた父が最後に残した回路、
あの頃意味を成さなかったこの回路が、人類を救うかも知れない。そこにア
ムロは皮肉な運命を感じていた。
「こいつを”揺りかご”の第一管制室にあるマザーユニットと差し替えれば、
機能衝突を起こしてシステムダウンを起こすはずだ。システムが復旧するま
で数十秒だろうが、その瞬間にこのプログラムで”揺りかご”の周回軌道を
ずらせるはずだ。うまくいけば8基すべてのコロニーレーザーは地球の重力
に弾かれる。後は、この二つの管制基地から信号を送り続ければいい」
「・・・拠点制圧と管制操作を同時にか、骨が折れるな」
「表上はただの難民用コロニーの開発用になっているんだ。派手なことはでき
ない 。仕方ないだろう。」
「・・・うまくいっても地球圏外への二人旅ということか」
コロニーレーザーには万が一基地からの信号が途絶えたときのため自動的に
軌道修正を行うプログラムがある。その効力を打ち消すには信号を送り続け
るしかない。人の力の及ばないところまで運ぶにはこれしか方法が無かった。
MSによってすべてのコロニーレーザーを破壊する方法も考えたが、物理的に
もすべてを同時に破壊するのは不可能であったし、また、人でも足りない。
それが原因でコロニー側と地球側で緊張が高まっては意味が無い。この件は
静かに闇に葬るのが一番だった。



641 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 00:58:03 ID:???
で離れていったアクシズで奴らと遭遇するのは別の話

642 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 10:07:37 ID:???
江馬です
感想ありがとうございました

>>639
近藤ガンダム漫画だったかな?(0079ではないです)コロニーに
移住してるのはいわゆる中流階級層〜上流階級層で、地球に住み続けてい
るのは、地球に執着のあるお偉い方と、コロニーに上がる金さえも工面でき
ない無い激貧乏人の両極端だって設定があったのは?

塀の中〜を書いている時は、このことについてスッポリ忘れていて、
スウィートウォーターのような貧しいコロニーのことしか頭になかった
んですよね。わりあい裕福なコロニーで暮らす人たちの中でシャア
を支持する人たちは当然、彼らとはまた違う意味合になるのでしょうね。

643 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 14:51:09 ID:???
ちょうどコロニーの話題があったのでVスレから転載

656 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 01:01:48 ID:???
基本的にコロニーには強制移民のかたちがとられている
地球に居住可能なのは本来地球連邦政府が許可した人のみでむしろ貧しい人の方が
宇宙にむりやりあげられた、ってのが逆シャア辺りまで
F91〜V辺りは宇宙が経済的にも独立しはじめ、コロニー側が地球環境に対して危機感が無くなってきた
って感じだった筈
間違ってたらスマソ


657 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 01:21:57 ID:???
強制的に移民させられて費用は自分で莫大なローンを背負う訳です


658 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 01:40:15 ID:???
そんな設定あったっけ?


659 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 01:41:17 ID:???
ローンの額は、小説「密会」によると三世代にも渡るくらいだそうで・・・。
こりゃ地球に居座る特権階級の人間が憎くもなります。あとは不法居住者になるしか・・・。


644 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 15:00:48 ID:???
661 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 11:07:10 ID:???
しかも空気と電気代は税金以上に持っていかれます


669 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 19:23:57 ID:???
ちなみにVの時代の地球連邦の高官の殆どは、月やコロニーに移住してると、昔のガンダムAに書いてありました。


672 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/05(月) 19:35:28 ID:???
>>669
っていうか、地球連邦本部自体が月に移動してる
そして人類の大多数が強制的にスペースコロニーに移住済
もちろん、その中にはかつてアースノイドと呼ばれていた者達が多数含まれる
地球に残ってるのは特別に居住許可を得た極一部の人間と不法居住者だけ
で、居住許可を得ている連中も昔のティターンズ高官みたいな特権階級というわけじゃなく一般人がメイン
よって地球に近ければ近いほど権力層に近いという不文律は存在せず、アースノイドという言葉が失われたのも当然の流れ
ザンスカールを始めコロニー国家の多くが目の仇にしてるのはアースノイドではなく腐敗した地球連邦政府
もはや1st〜CCA時代のようなスペースノイド対アースノイドという“常識”は通用しないのだ


こうして見ると宇宙移民自体は間違って無くても地球連邦のやり方には疑問が残りますね
特権階級については閃ハサやF91(小説版)でも語られていますが



645 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 15:02:17 ID:???
>>643
乙!&ウヘァ('A`)
そりゃアクシズ落としたくもなるわな…

646 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 16:46:05 ID:???
>>643
コロニー移民に関する設定って結構複雑なんですね。

特権階級=地球
一般人=コロニー

ってイメージが強いのは1stの1話辺りでハヤトが「軍事関係」という特例的
な意味合いでコロニーに住んでいるアムロに対してよく思ってないという
描写や、海岸で休養中のシーンでカイが、母親に会いに行ったアムロに対し
て言った皮肉(奴もエリート云々)などのガンダムを見た初期に焼き付けら
れたイメージが強いからかな?

647 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 18:23:55 ID:???
1stのコロニー住人て総中流って感じで
戦争難民はいても、殊更に貧乏してる人らはいないもんね
強制移民させられた不満とか、搾取されるなら独立したいってのはよくわかるけど
搾取された上の貧乏人が出てくるのは、なにげにZZからだよね

648 :シャア:2006/06/06(火) 18:53:00 ID:???
アクシズを落としはむしゃくしゃしてやった。反省はしてない。

649 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 21:29:44 ID:???
>>647
サイド7・1バンチの連中はコロニー技術者なんかが大半だし(まあ後付け設定
だけどw)、サイド6では戦争特需で羽振りの良い(?)ベルガミノみたいなのしか
出てこなかったからなあ。

そういやコロニー税なんて税金もあったんだっけか。所得の5%も引かれるとか。

650 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:10:43 ID:???
バーチャルな世界にちょっと現実的な要素を入れて妄想すると・・・

住民は税金、空気代、電気代、上下水道代、住居のローン、食費etc・・・
諸々の資金を払うための収入が必要なわけですから、各コロニーには住民が
働くべく何かしらの企業が入ってないと生活出来ないってことになりますよね?
移住した住民すべてがコロニー管理関係の仕事につけるとは思えないし、
食料生産、販売業、サービス業、ジャンク屋にも限界があるでしょうし。

社宅じゃないけど企業単位でコロニーに移転するとか、そんな感じなんでし
ょうか?

スレ違い気味の話題でスマン

>>636
遅ればせながら、ビンゴです


>>648

    _, ,_  ばぁーん☆
   /ゝ‘д‘)ゝy=ー((▼д▼))・∵




651 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:22:50 ID:???
他に適当なスレ無いから小説繋がりでss系のこのスレに聞きに来たんですけど
アニメ雑誌「アニメディア」1985年11月号の付録「Zガンダムパーフェ
クトガイド」に掲載された短編小説「白い夜」に関する情報持ってる人いますか?





652 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:28:12 ID:???
逆シャアでハサウェイが「コロニー公社に入れば、コロニーの修理でくいッぱぐれない」と言ってるから
メンテその他コロニー生活を維持していくための労働(とそれに伴う雇用)は
延々と発生してるんじゃないかな
一年戦争で人口半減+働き盛り徴兵でアボンがあるのもミソ

あと「ジオン訛り」みたいな地域性が発生してるから、
人種だか地域だか、ある程度の文化単位で移住してるんじゃないかねえ?

653 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:29:46 ID:???
>>651
スレ立てるまでもない質問スレで聞いてくれば?

654 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:33:56 ID:???
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=5073
アニメ雑誌「アニメディア」1985年11月号の付録「Zガンダムパーフェクトガイド」に掲載された短編小説。
「機動戦士ガンダム」のサイドストーリーで、セイラ・マスの後日談ストーリーである。
これに掲載された作品は「序章」となっており、文章量的には少ないので、
できれば続きも加筆して頂いて読みたいです。
同じ作者で別冊アニメディア「機動戦士ガンダムZZ」に掲載されたセイラとリィナの話である
『Sensitive Eyes of Sisters 優しすぎた妹たち』も一緒に掲載してもらえると嬉しいです。

655 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:36:31 ID:???
>>650
その通り
だからコロニーに移住できるのは税金を払うだけの収入があるか
しっかりした身元保証人がいる人だけ
金もコネも無い貧乏人が流れ着く先がスウィートウォーターで
そこからまともなコロニーに移住するのはほぼ不可能
ハイストのアリョーナは極めて幸運な例です

656 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:40:00 ID:???
誰かアリョーナたんとアムロの再会書いて

657 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 22:47:58 ID:???
>>653
そっち逝って来ます

>>654
その情報は知ってるんですが・・・
ありがとうございます

658 :ザ・フェイク 1:2006/06/06(火) 23:00:42 ID:???
「なんなんだ、私が一体何をやったって言うんだ……」

 男が一人、鉄格子の中で独り言を言っていた。この時代の拘置所内はそれほど
暗くなく、むしろ明るさに囲まれていた。中は角と言う角が全て取れた机、椅
子、ベッド、便器である。当然全て据え付けで、ご丁寧に部屋の角も丸くなって
いるので掃除がとても楽なように作ってある。ただし全体の印象はむしろコンク
リート打ちっぱなしの牢屋よりも無機質で冷たい印象を覚えた。さながら重度の
精神病患者が入れられる隔離病棟のように。このような企画の拘置所を提案した
人権派の連邦政府職員は、きっとより非人間的になってしまった自分の案を見て
愕然とするだろう。
 さて、ここで大事なのは拘置所の描写ではなく拘置されている男の描写であ
る。その男はおよそこのような冷たい場所には似つかわしくない美丈夫だった。
プラチナブロンドの髪、ほんの少し日に焼けた健康的な白い肌、すらっと伸びた
肢体。果たしてこれは俳優かモデルか男妾か、といったところだ。

「168番、出ろ」

 看守の声に話題の美男子が顔を上げた。目は悲嘆にくれているが、整った顔は
むしろより美しく見えた。強いて残念な点を上げれば、その眉間には古い大きな
傷があったというくらいだ。

「また取り調べですか…?」
「私語は慎め」

 看守の態度は尊大だが、よく見れば目が泳いでいた。その制帽を脱がせれば、
うっすらと額ににじむ汗さえも見ることが出来るだろう。

 美男子が連れて行かれたのは、普通の取調室では無かった。他の拘置されてい
る人間からは決して物音が聞こえないほど場所の離れた取調室だった。部屋は拘
置室と同じように角の丸い備品に囲まれた、正面の壁が全面鏡張りの部屋だっ
た。壁に埋め込まれたスピーカーから取調官の声が聞こえてきた。

659 :ザ・フェイク 2:2006/06/06(火) 23:01:48 ID:???
 その男は、3ヶ月ほど前にこのコロニーへ来たばかりだった。いわゆる流れ者
だった。住所はもちろん不定、当然無職。ついでに身分証明書のたぐいは一切
持っていなかった。何か特別な理由があるか、どこかで盗まれたかのどちらかな
のだろう。歳の頃は30代前半なのだろうが、その美しく整った顔は20代中盤と
言っても通用するほどだった。
 外見しか取り柄の無い男は、もちろん水商売くらいしかできなかった。幸運に
も住み込みで働けるホスト・クラブを見つけて、生きて行くためにひたすら女性
へ奉仕した。源氏名は「シャア」。すでに有名人だったシャア・アズナブルによ
く似ていた彼には、その名前はとてもよく似合った。
 彼はがむしゃらに頑張った。もともと俳優のような素質があったのだろうか、
店のオーナーに指導された接客態度と噂に聞くシャア・アズナブルの言動をミッ
クスさせた立ち居振る舞いが、受けに受けた。
 女性客の好みはほぼまっぷたつに割れていた。「あんな客を客とも見ていない
ような尊大なホストは御免」派と「あのニヒルさがたまらない」派だ。しかしそ
の店にホストは何人もいるので、好みの違いは大きな障害にはならない。またた
く間にその店のナンバー・ワンの座を射止めたのである。同伴出勤もほぼ毎日
で、店が終わると女性客に連れられて飲みに行っていた。勤めて2ヶ月で店の住
み込みをやめ、女性客に貢がれた瀟洒なマンションと深紅のスポーツカーを手に
していた。そしてその店は急激に売り上げを伸ばし、ついにはそのコロニーで1
位2位を争う人気店となった。
 しかしそこで店のオーナーが色気を出したのが、「シャア」の不運だろう。深
夜枠のテレビ・コマーシャルで大々的に「シャアのいる店」として売り出してし
まったのだ。それを見てどっと押し寄せる女性客。その中に連邦政府の女性捜査
員が紛れ込んでいたとしても、諜報の知識が無ければわからなくても無理はな
かった。

「いらっしゃいませ」

 地面に片膝をついて来店をねぎらうシャア。ワインのマナーやカクテルの造詣
に深いシャア。身につけるものにワンポイントの赤を多用するシャア。暗い店内
でも滅多にサングラスを外さないシャア。単純にクールなのではなく、自分の中
の熱いものをどこか抑えたクールさが漂うシャア。いいものはいい、悪いものは
悪いとズバリと言うくせに、その言葉の端々に限りない包容力を匂わせるシャ
ア。そして自分の過去は一切話さないシャア。優しいシャア。
 その日のシャアはいつもの接客態度と全く同じものであったが、女性捜査員が
睨むのに充分なほどの疑惑を与えてしまったこともまた事実なのであった。もち
ろん捜査員だって女性、しかもこういったホスト遊びなどしたことのない実務の
女性であったので、慣れない男遊びに溺れたい欲求に抗うのに必死であった。

660 :ザ・フェイク 3:2006/06/06(火) 23:02:49 ID:???
 その日から週に1度は、シャアの出勤の同伴は女性捜査員の彼女だった。そし
て彼女は必ずシャアが見える席を希望し、時おりシャアの接待を受けた。そして
閉店までいるのだが、そのような女性客は彼女の他にも5人いた。つまり捜査官
の彼女は「追っかけ」の一員として見られていた。シャアの捜査をする上でこれ
以上無い隠れ蓑を、彼女は手に入れた。しかしシャアの魅力に引き込まれて行く
自分をも自覚していた。

 そんなある日のことだった。その日も女性捜査官はホスト・クラブに遊びに
行っていた。ちなみに当然ではあるがそのホストクラブの飲み代は、領収書を受
け取って調査費として計上していた。個人で払っていたならとっくに破産宣告
だ。そう、この店は値段も一流だった。
 いつものように隣に座るシャア。女性捜査官はさらなる証拠を得ようとして、
シャアのあがった後に二人っきりで飲みに行こうと誘った。難しいかと思えば
あっさりオーケーが出て、拍子抜けしたほどだ。
 閉店後、シャアの馴染みのバーでカクテルを乾杯する二人。酔った振りをして
シャアに誘いをかける女性。そしてまんざらでもないシャア。かくして二人はホ
テルをとってベッド・イン。

 しかしホテルを出る段になって、シャアは見た。彼女のバッグからこぼれ落ち
た、連邦政府警察のロゴの入ったIDカードと拳銃、そして手錠を。シャアは不
法滞在者だった。この女は不法滞在者の取り締まり官だ。とっさに思ったシャア
は、逃げた。そして捕まった。

「なぜ逃げたのよ、逃げなければ証拠不十分だったのに……」

 女性取締官は、すでにシャアに惹かれていた自分に、その時初めて気がつい
た。
(Fin.)

661 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 23:03:49 ID:???
何かこのスレも人が増えて、初期のマターリ感が薄れてきたような気がするな。
それだけ職人さんが増えたのはうれしいことだけど初期のアホネタ系やらで
ぼちぼち盛り上がって、マターリやってた頃が少し懐かしいよ'`,、('∀`)'`,、

662 :464:2006/06/06(火) 23:04:48 ID:???
今回は>>635で言っていたシャアのそっくりさんの悲劇と、
>>655までの「貧乏人はスイートウォーター程度どまり」とそこからの脱出、
そして>>470, >>498のネタを取り合わせてみました。
でも俺だってホストなんて知らないから、なんとなくあり得そうな感じで捏造。

しかしどーでもいいけど、このスレが楽しくて
そのせいで他のことに手が回らん(笑)

663 :464:2006/06/06(火) 23:06:57 ID:???
>>661
まあ確かに。でもここの住人はこの先少々過疎っても、
順調にネタを生み出してくれる気がするなあ。

664 :江馬・シーン :2006/06/06(火) 23:09:17 ID:???
>>658
乙です、相変わらずGJですね
シャアに似た男、しかも源氏名にシャアを使うとは・・・
哀れですな・・・

665 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 23:11:10 ID:???
コロニーの設定はF91の小説が詳しいのかな?
ブッホコンツェルンがジャンク屋から成り上がって廃棄コロニーを買い取ったり
海本父がコロニー関係の仕事についたり
しかし、廃棄コロニーが出るくらいに建設ラッシュって……
地球連邦がいくら出費したか想像もつかんな


666 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/06(火) 23:16:41 ID:???
ギャー、小説あさってたら464氏の新作が!
スルーして下さいorz
そして464氏GJ!


667 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 00:56:37 ID:???
ハイストリーマーの1巻も、アムロが延々とコロニーの実態と政治とその改革について考えてるので
色々わかると思う


668 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 19:11:02 ID:???
シャア「雨だな」
アムロ「雨だ」
シャア「暇だな」
アムロ「ああ」
シャア「・・・・・・」
アムロ「・・・・・・」
シャア「んーー 2!」
アムロ「( ゚д゚)oδ 」
シャア「  δo(▼Д▼) 」
アムロ「ちっ・・・」
シャア「ふっ・・・」

669 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 19:51:53 ID:???
何その言い感じのグダグダっぷりw

670 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 20:15:07 ID:???
なつかしい!!

671 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 21:31:10 ID:???
個室スレっぽいw

672 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 21:41:02 ID:???
アムロ「メビウスの輪から抜け出せないんだけど」
シャア「うむ」
アムロ「このままずっと宇宙漂流するはめになるのか?」
シャア「二人っきりということか…」
アムロ「…」
シャア「こういう場合、釣り橋効果で我々の間に愛が芽生えたりするのかな?」
アムロ「……」
シャア「なあなあアムロ君」
アムロ「しゃべるな!」

シャア「…ぐすん。アムロ君が冷たい」
アムロ「ララァ」
シャア「ララァ」

673 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 21:49:52 ID:???
シャア、寂しがり屋さんめ

674 :江馬・シーン :2006/06/07(水) 21:53:04 ID:???
アムロ「俺はハウンドドッグの大友康平について許せないことがあるんだ」
シャア「何故だ?」
アムロ「奴は当時TMのヴォーカルだった宇都宮が自分のラジオ番組に
ゲストに出たとき、『今度ガンダムの映画の主題歌歌うんですよ』って
話題になったときに『ガンダムの主題歌って♪ゆけ〜ガンダム〜ロケット
パ〜ンチって歌?』とか言いやがったんだ」
シャア「ロケットパンチか・・・確かに私のサザビーのことも同じように言
われたらそれは辛いな・・・・」
アムロ「大友康平は悪い奴じゃないし、フォルテシモは名曲だと思うが、
ロケットパンチはちょっとな・・・」
アムロ・シャア「ララァ・・・」

675 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 23:23:29 ID:???
ララァ「いや、「ララァ…」って言われてもw」

676 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 23:35:20 ID:???
そこは「人は分かりあえるからさっさと寝れ」じゃなきゃ!

677 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 23:38:22 ID:???
ネタモノのオチでしくじるとは・・・orz
も一回勉強しなおしてきます

678 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 23:41:48 ID:???
>>676
「寝れ」言われると他の意味に取ってしまいそうだ
ウホッ

679 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/07(水) 23:52:01 ID:???
>>677
いやいや、すまん
個室スレでのララァの台詞が好きだったから書いただけなんだ
気にしないでくれ

680 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 00:21:20 ID:???
あ、そのララァの台詞俺も好きだった
なにげに真理な上に単純で良い

681 :エンタリーインターフェイス・前(1/3):2006/06/08(木) 05:57:46 ID:???
大気圏突入開始時間(EI:Entry Interface)。
これは、宇宙船の高度が400,000フィート(121.9km)を切る地点で、大気圏突入のプロセスの基点となる(単位はセカンド)。

 二年近い捜索の末、UC00950312を持ってアムロ・レイの殉職が決まった。
 そしてアムロの亡骸も納められていない容だけの墓が、カナダケベックの軍墓地に設けられた。
 今ブライトが立っている軍墓地敷地内の芝生には他に、アムロと同じく引き取り手の無い、
身寄りの無かった数多の兵士の墓が列を成して造られていた。 
 ブライトはただ漠然と、英雄にしては酷く質素な、他の名も無き兵士達の墓となんら変わらない
アムロの墓を妻とともに見詰めていた。
 遠くから見詰める事しか出来なかったと言う方が正しい。
 アムロの墓を見舞う人間は、ブライトは自分と妻ミライと娘のチェーミン、過去のホワイトベースの
クルー数人くらいだと思っていた。
 しかし当日来て見ればどうだ。
 連邦宇宙軍に属している軍人、一平卒から仕官までが列をなし、アムロ・レイの墓に花を沿え、敬礼
して去って行く。
 戦争が終結し、アムロ・レイの捜索に連邦が全力を尽くして挑んでくれたのはいいが、それは『化け物』か
  武力としてのNTを確保したいというのが内情で、アクシズで魅せたアムロ・レイの奇跡は隠蔽され、
 あの不思議な現象については融通の利く科学的な論述を無理やり当て嵌めらた。
 結果、歴史上の英雄はアムロ・レイではなく、当時地球に引き篭もっていた地球連邦軍参謀の一人の名が残された。
 時期大統領有力候補の一人だ。
 しかし、事実を歪曲した所で、現場の兵士達の目は欺けなかった訳だ。
 彼らはアムロ・レイに敬意を払うべく、殉職が決まったその日から、E.F.S.Fに所属するMSパイロットの
 軍服はアムロ・レイの着用していたロンド・ベルの軍服の色に倣って全て青に統一したのだ。
 ブライトの視界は、連邦宇宙軍の軍服で青一色に染まっていた。
 アムロの墓を墓参し終わった兵士達は、離れた場所でこの光景を見守っている人物はあの歴戦の艦長
 ブライト・ノアと知って、ここを去る間際に再度敬礼した。
 ブライトは一人一人に同じく敬礼を返して、ある時帽子を深く被り直した。
 目頭が、熱かった。

 一年戦争時代の部下にして戦友、今やジャーナリストのカイ・シデンがブライトの前に姿を見せたのは、
 それから一時間程経ってからだった。
「来ると思ってたよ」
 墓参の青い列は、その時もまだ続いていた。

682 :エントリーインターフェイス前(2/3):2006/06/08(木) 05:59:08 ID:???
地球連邦軍情報局捜査部、所属課 (空欄)
 ファイルナンバーPNTA2−00256
 調査員(空欄) 作成者 (空欄)
 
 この記録はUC0093・0312、カナダケベック州ケベックシティ市内のラ・ヴィ・エ・ベールカフェにて
 盗聴に成功した内容である。
 以下の記録は捜査部 (空欄)課マルセル・エルフェール課長以外の観覧を禁る。
 
 1123 カイ・シデン(※1)、ブライト・ノア(※2)に接触 のち カナダ・ケベック軍墓地を離れる。
 1132 シデンの借りたレンタカーで、ノア共に市内へ戻る
 1145 カフェ、ラ・ヴィ・エ・ベールに到着。コウ・ウラキ(※3)ニナ・ウラキ(※4)と合流す。

‐‐レコーダーによる盗聴内容‐‐1154より録音開始

カイ「二人を紹介しますよ、大佐。ウラキ夫妻です」
コウ「お会いできて光栄です。自分は四年前、北米オークリー基地赴任を最後に連邦軍を退役しました、
   コウ・ウラキであります」
ブライト「ご苦労だった」
ニナ「妻のニナ・ウラキです。私は三年程前に退社しましたアナハイム・エレクトロ二クスにてMS開発チーム
    の一人を務めていたものです。ブライト・ノア艦長のご噂は一年戦争の時から予予お聞きしておりました」
ブライト「それは、光栄です」
カイ「これはオフレコですが、こいつRX-78GP01のパイロットだったんですよ」
ブライト「RX?」
カイ「ガンダムですよ、ブライト大佐。連邦軍のお偉いさんに揉み消されちゃいましたけどね、いろいろと」
ブライト「パイロットなのか?」
コウ「あ、いえ。その…自分は・・・」
ニナ「この人にとってアムロ・レイは特別なんですよ」
ブライト「一端のパイロットならみんなそうでしょうが、同じガンダムのパイロットとして尚更でしょう」
カイ「早速ですけど、本題に入りますよ。どうぞ大佐、腰掛けて」
ブライト「ああ」
カイ「マスター、コーヒーセット三つね」
マスター「エスプレッソと本日のケーキ、ニンジンのシフォンケーキでよろしゅうございますね」
コウ「ニンジンはいらないよ」
マスター「では特別にティラミスで」
ニナ「いえお構いなく」
マスター「畏まりました」
  音1(ドサ!:書類ファイルをテーブル置いた音)
ブライト「…これは?」
カイ「俺たちの命の結晶ですよ」
ブライト「…なんの」
  音2(パラパラ、クシャクシャ:用紙らしきものを捲る音)
カイ「まずはこれを見てください」
  ‐‐‐三十秒間誰も発言せず‐‐‐   
ブライト「00930313…1417・・・」
コウ「93年三月十三日。日本の小笠原諸島観測場現地時間で午後二時一十七分。宇宙艦隊時間で
   三月十二日、ヒトフタヒトナナ。上空では当時、アクシズの針路変更が確認された時刻で、北緯13度
   50分、西経85度27分の高度380,000フィート上空を撮影した写真です」
ニナ「大佐。右隅に、赤く囲ってある豆粒程の明るい光が見えますでしょ?」
ブライト「ああ」
ニナ「その中を良く観察しまして?何か見えますでしょう?」
ブライト「ヒト?・・・・いや、モビルスーツか」
カイ「次のページ写真を捲って下さいよ」

683 :訂正:2006/06/08(木) 06:00:18 ID:???
カイ「次の写真を捲って下さいよ」

684 :エンタリーインターフェイス・前(3/3):2006/06/08(木) 06:02:31 ID:???
ニナ「三分後に再び同じ箇所を撮影した拡大写真です」
ブライト「こ、これは」
コウ「νガンダムです」
ブライト「何?!」
ニナ「当時、この写真を分析したアナハイムの技術者が、このMSは99パーセント、外郭新興部隊でありました
   ロンド・ベルの要請よりアナハイムエレクトロニクスが製造した、アムロ・レイ大尉専用に設計されたNT専用
   搭乗機、RX-93 ν GUNDAMであると断定しています。これは正しく、公式の証拠として効力を持つだろう
   EI直後のνガンダムの写真です」
ブライト「公式ですと?」
カイ「とは言っても隠蔽されたものの一枚にすぎませんが」
ブライト「貴方達、こんなものどっから…」
カイ「ニナさんには、アナハイムの研究所にコネが利く話の分かるいい友人が居るんです。思えばこの写真を
   一年四ヶ月前に横流ししてもらった時から俺の希望と夢、地獄が始まったんですよ。片っ端から証拠を掻き集めて、
   最終的な結論導き出し貴方の元へ持ってくるまでに、六人いた俺の仲間の内一人は死んであと一人は行方不明…」
ブライト「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんの『証拠』だってんだ」
ニナ「ブライト大佐。この写真の検知から、アクシズの進路変更の反動により地球へ弾き飛ばされたνガンダムは
   ‐EI+210時、肉眼では流星となってインド大陸を突っ切ります。その後、モルディヴ島近海380.000フィート上空を
    突入速度秒速11.2km、突入角度−12度という厳しい条件下で大気圏に本格突入しています」
ブライト「マイナス12度?!まるで槍じゃないか…」
ニナ「ええ。その通りですわ。写真から伺えますように、νガンダムを包むプラズマの色から機体の表面温度は
    この時既にセ氏3000度近く。しかもガンダムの不自然な姿勢から、この時パイロットは気絶若しくは
   瀕死を負うような外傷を前の戦闘で負っていてそれが原因で死亡。でなければ、機体自体が制御不能
   に陥っている可能性が浮かび上がります。」
ブライト「いずれにしろ、アムロは、燃え尽きると仰りたいのですか…」
カイ「それが公式の発表、見解だもんな」
ニナ「いいえ、その反対ですわ、ブライト大佐。燃え尽きるなど有り得ないのです」
ブライト「といいますと?」
ニナ「ガンダリウム合金で造られたガンダムシリーズ。いつの時代の話ですの?最新技術を投入したνガンダムですよ!」
  音3(ガタン!:女、テーブルを叩いた音)
ニナ「装甲のみで考えれば最高セ氏5000度までは持ちます!しかもコクピット周辺とMS内部の配線官に塗装された
   特殊塗料が、3500度以上の高温下でも内部を60度以下に抑える事が可能なのです!まあ時間の制約はありますが」
ブライト「それは、具体的に」
コウ「セ氏3500度で十三分くらいでしょうか。装甲のダメージより内部への熱伝導が限界を向かえ、パイロットが焼け死にます」
カイ「つまりですね。秒速11.2kmの−12度くらいならパイロットが殺られても、ガンダムの機体か残骸は残っちまうって
   事なんですよ。しかし連邦の発表では、破片一つも見つかってない事から大気圏突入時にガンダム諸共蒸発とか
   抜かしやがでしょう?一握りですが当時の最新鋭の技術を知る者だったら、それは嘘っぱちだと分かりますよ。まあ
   この写真を見なければ皆一致して、ガンダムは大気圏に弾かれたか、あまりの高速で一度地球大気圏内に突入したが
   そのまま反対側の空に付き抜けちまったかで行方不明には変わりないんでしょうがね」
ブライト「だが、この角度では、明らかに地表真っ逆様だじゃないか」
  ---店員によりコーヒーとケーキが運ばれる‐‐‐
  音4(十数秒、各方面から液体を啜る音)
ニナ「この突入速度と角度ならば、リミットは‐EI+300時。それまでに機体を立て直して角度修正ずれば、なんとか」
ブライト「貴方さっき、パイロットは意識不明、若しくは機体の制御不能と仰っていましたね」
ニナ「いかにも」
コウ「パイロットの本当の地獄はここからです…」

685 :98:2006/06/08(木) 06:05:08 ID:???
個人的にCCA後で、大気圏突入編は外せない燃えだ。
そして長いので行間文は省き、会話形式にした。
後編は明日の早朝に投下させて下さい。

686 :98:2006/06/08(木) 06:06:40 ID:???
うおっと、題名はインタリーじゃなくて、『エントリー』です...orz

687 :464:2006/06/08(木) 06:17:03 ID:???
>>685
おおう、この時間で98さんが起きてるとはw
しかも新作を一番で見れるとは!
GJ、続き楽しみにしてるよ。

688 :98:2006/06/08(木) 06:37:56 ID:???
>>687
仕事行きたくないよ…ララァ…。

そういう464氏も起きておられるとはw
皆の連日の健闘ぶりに、PCの前で涙を流して喜んでいたよ。
もうな、既に自分の頭の中ではいっちょ前にガンダムの連載を
テレビで見ている気分なんだよ、ここのスレを読む時は!!
それくらい楽しい。
そしてやはりアホネタは外せんなwジーク・ジオン!

では逝ってくる(‐ゝ‐)ゞ

689 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 09:05:29 ID:???
ニナ・パープルトン、コウ・ウラキ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

690 : ◆WORLDCUPp2 :2006/06/08(木) 09:30:13 ID:???
お気に入りに登録

691 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 11:07:32 ID:???
>>98氏乙!&ガンガレ!
続き楽しみにしてるよ



(イノセンスの続きも俺は諦めちゃいないぜ…)ボソッ

692 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 18:22:41 ID:???
>>681-684
乙!
本当にCCAその後に作られた話みたいだ!!GJ

693 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 19:10:24 ID:???
>>681
ここは涙をさそうな。
アムロ…。
GJ&乙

694 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 20:28:05 ID:???
>>681-684
うおお!残った人達による真実の解明ってのは燃え狂うー!
つ、続き、続きを是非に!

695 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 20:49:04 ID:???
そろそろ七百式待ちの大佐が出てくるな

696 :98 :2006/06/08(木) 21:04:19 ID:???
>>689
ニナとウラキ少尉ですよ旦那。
コウとアムロって同い年なんだよな。CCAで29歳。
メカマニアで同い年でパイロット、ただOTとNTで違うけど会ってたら気が合いそうだ。
>>691
dw
(イノセンスまで話を繋げてみせます…)ボソッ
上の話が終わったら、リアルでアムロとシャアの大気圏突入編を書きたいんだ。
イノセンスの続きを待ってくれているようで嬉しいぞw
実はイノセンスの続きを書くのにも、この大気圏突入編に挑まなければ、
自分の中のCCA後は始まらない気がしてね。なかなか先を書けなかったのさ。
>>692
おおお。実は、自分としてもCCA後つー世界にリアリティを求めて、
今回の新作を書いてみたんだ。だからそう言ってもらえると本望だ!
>>693
本当は行間文つけて、ブライトの心境をネチネチと書きまくってやろう
と思ったが余りに長くなるから消去したんだ。残念だけど…。
>>649
ありがd!
自分も書きながら燃え狂ってたよ…。
大気圏突入編はアムロの操縦テクニックとνが如何に最高かという事を
永遠と妄想できて最高だぞ。
そこにサザビーのサイコフレームとシャアが絡んで失神しそうだ。

皆、乙乙乙乙です。
励みになっております。なんとか朝までに上げてみるよ、
そして住人達の語りには勉強になる事が多くて自分は贅沢者さ。

697 :98 :2006/06/08(木) 21:07:30 ID:???
アンカーかけ間違い。
>649じゃなくて>>694でした。面目ない

698 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 21:15:23 ID:???
しまった。投下前のネタがかぶった…。
こうなったら、ほとぼりが冷めた頃にひっそりこっそり。(マテ

699 :98:2006/06/08(木) 21:22:02 ID:???
>>698
おおう!そうなのか。
それはすまん事をしたな…。
自分的には待たずに投下して欲しいぞ。
大気圏萌えの同士よ。(´_`)人(´_`)ナカーマ

燃え上がれ〜
燃え上がれ〜
ガンダム〜♪

700 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 21:27:32 ID:???
七百式は頂く!

    r'⌒⌒^'、/⌒⌒ヽ        流石ですね♪
   ( rνyy'ソ| Wツ^ヾ)
    ヾ ゚ー゚ノ.|リ ‘ー‘ノ
    / ]¶[ \  ]¶[ ノ
   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
 __(__ニつ/ 輪舞鈴 /____
     \/____/

701 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 21:28:49 ID:???
(▼∀▼)よし七百式は貰っていくぞ

702 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 21:33:56 ID:???
Σ(((▼Д▼)))ま、まさに外道!

(▼Д⊂)おのれアムロ覚えてろよ!


703 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 21:40:11 ID:???
すげー・・。
AAでアムロとシャアのリアルな戦いを見れるとは

704 :464:2006/06/08(木) 22:07:55 ID:???
>>699
実は俺も大気圏突入ネタをひっそりこっそり暖めてたりするw
ま、MSでじゃないから、まずかぶらないだろうけど。

705 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 22:10:58 ID:???
あんまり書き手が馴れ合ってると新規の人が入りにくいんじゃねーでしょうか
ま、ほどほどにな

706 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 22:26:25 ID:???
>>705
何様‥!?

707 :98 :2006/06/08(木) 22:26:35 ID:???
>>705
そうかなー。
最初の内は馴れ合いのなさの所為で、余計に新規のヒトが入りく
そうな雰囲気だったような気もするが…。
気をつけよう。
つかね、実際問題、いろいろとお互いに意見交換したり刺激し合わないと完成しないネタ
ってないか?
書き手同士が馴れ合いを怖がって、ワンマンプレーなSSを書き続けるより
良い気はしていたのだがな。
まあそういう自分も馴れ合いって苦手ではあるんだけどね、ある所で。

708 :698:2006/06/08(木) 22:38:49 ID:???
>>699
 おわ、何だかわざわざすみません。そちらも、気にせずに投下してくだされ。
 ワクドキしながら読まさせていただいていますので。
 こっちはもうちょっとネタを暖めて…いや、萌やしてきますww
 どっちらかというと、コウネタの方重視ですが。

>>707
 禿同させていただきます。特に後半部分に。

709 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 22:43:46 ID:???
まぁテキトーで良いんじゃないか?
>>705の言いたい事も分からんでは無いが
この位なら良いような気がする


710 :江馬・シーン :2006/06/08(木) 22:43:49 ID:???
98さん
Goooodjooob!!
カイが出てきたのも個人的に萌えですなw
>>705
いや、むしろここは馴れ合い故、ご新規さんでも投稿しやすいと
思うんですが・・・私も最初は抵抗ありましたが、ここの住人さんは
モラルある方が多いんで暖かく受け入れてくれると思いますよ。
何かいいネタあったら投稿してください。で、お互い刺激というか
アイデアにインスピレーションを感じながら色々なパターンのSSが
出てくれば多くの人が楽しめるスレになるでしょうしね。
偉そうなこと言ってスイマセンm(_ _)m

ちょっと98氏の話をぶったぎる形になっちゃいますが、新作晒します。
98氏の続きUPまでの場つなぎ話と軽く読み流してくださいまし。

711 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 22:46:00 ID:???
もうちょい板の空気読んでくれればいいな、とは思うな

712 :バーチャルと現実 1:2006/06/08(木) 22:46:33 ID:???
第二次ネオジオン動乱後、ネットワーク界では奇妙なゲームが
流行していた。その名も「$$$An axis crash!!!$$$」

そのゲームは第二次ネオジオン動乱後まもなくフリーゲームとして
どこからか配布され、ダウンロード後、アクシズ落としを成功させれ
ばクリアとなる「ネオジオンモード」とアクシズ落としを阻止できれば
クリアとなる「連邦モード」の両方が存在する、実にマニアックで凝った
システムのゲームであった。

このゲームの登場後、初めはゲームマニア内のブログや掲示板
で話題になっていたのだが、話題が話題を呼びどんどんネット
ワーク界に広まり、ニュースでは連日このゲームについての話題が
取り上げられるほど一種のの社会現象とも呼べるほどの状況になっていた。

ゲームの内容が不謹慎且つ反政治的という為、このゲームを見つけ次第、
サーバー管理会社は速攻に削除をしているのだがP2Pなどの媒体を通して
ネット上に急速に広がっていた。

「アクシズ落しをゲーム等という遊びにするとは、全く許し難いことだ!!」
シャアは持っていたコーヒーカップをドン!と力強くテーブルに
叩き付けるように置きながらTVニュースに怒りをぶつける。
「確かに不謹慎だがバーチャルな世界の話だろ?それを3次元の世界
で現実にやろうとしたのは何処の誰なんだ?」
キッチンで今夜の夕食の支度をしながらそっけなくアムロは返事を返す。
「飯出来たからテーブルを片付けてくれ。こんなゲーム、麻疹みたいな
もんだよ。少しすればみんなすぐ飽きて忘れてしまうだろう。」

「私がアクシズを地球へ落とそうとしたのは地球に対しての贖罪と
宇宙(そら)に出た人類の革新を思う故の行為だった。その私の
意思を歪めてゲームなどという、ただ点数を稼ぐこととクリアすることの
みを目指すだけのお遊びにされてはたまらんというのだ」
「お前がどんな崇高な意思を持って行った行動だといくら言っても、また、
どんな崇高な理想論を並べ立てて演説したとしても、ある種の貴様とは
違う意味で歪んだ連中から見れば、残念ながら格好の『面白おかしいネタの種』
でしかないんだよ。諦めろ。」

713 :バーチャルと現実 2:2006/06/08(木) 22:49:14 ID:???
貴様はこんな馬鹿げたものを作り、それで遊んで喜んでいる人間を見ても
人類に絶望してないなどと言い切れるのか?」
「それを作ったのお前が憎み、粛清しようとしたアースノイドとは限らない
んだぞ?貴様は何かと言うと全て地球に居続ける人々のせいにするが、コロニ
ー圏や月面都市にだって個々に見ていけば危うい奴は山ほどいるんだ。
現にこのゲームはコロニーや月面都市の若い連中の間でもかなりはやってる
らしいじゃないか。貴様が気に食わないのはこのゲームに『ネオジオンモード』
だけでなく、『連邦モード』があることなんじゃないのか?案外このゲーム
を作ったのは貴様のシンパかもしれないぞ。」
「私はスィートウォーターや他の多くの貧しい宇宙移民難民たちの未来の
為であり、彼らを救う為にしたことだ。私を真に慕ってくれた者ならこの
ような下品なゲームを作るなど考えられんし信じられん。」
「さっきも言ったがその『下品なこと』を3次元でやろうとした貴様に
このゲームのことをとやかく言う資格は無いんじゃないのか?」
「くっ・・出来ることならこのゲームを作った奴をとっ捕まえて
小1時間ほど問い詰めてやりたい所だが・・・」

「しょせん逃亡中の俺たちにどう出来ることでもないんだ。さっさと食っち
まおうぜ、メシがさめちまう。。イカレた奴が作ったバーチャルゲームの事
にこだわってるよりもメシを食ったり食う為の仕事をさがしたり、身を隠す
場所を探したり・・・お尋ね者の貴様には、そういう現実的な事を心配する
ほうが大切なんじゃないのか?」

その頃、月面都市にあるB社という玩具メーカーの企画室では会議が
開かれていた。
「例のゲーム。テストパターンとしてネット上にβ版を放流してみたの
ですが、食いつきの方はかなりいいようですね」
「P2Pにもわざと放流しておいたのだがかなりの検索件数がある。
よし、『起動戦士νガンダム-アクシズ攻防戦-』本格開発にゴーサイン
を出す。もっとコマンドやイベントを増やし設定を細かくすればかなり
売れるだろう」

どこへ逃亡しても、シャアとアムロはB社の魔の手からは逃れることが
出来ないようだ。

714 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 22:50:29 ID:???
>>711
私のことでしょうか?
だとしたらすいません、以後気をつけます

715 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:04:23 ID:???
>>710
GJ!つーかB社こええええーーー!

716 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:09:29 ID:???
じゃあ
>>705>>711さんは
どんな板の雰囲気や、ルールをお望みなの?
ごめんね、これは喧嘩売ってるんじゃないんだよ。ただ気になるだけ。
各スレ一つ一つ、必ずって言うほどそう言う人がいるから。
なんだかはっきりしない一文だけ書いて消えるなんて、ここの職人さん達が
気を使うだけだし、そこまで言うならもっとはっきり言った方が。
職人さんだって、きっと文章書くだけで精神力使うのに、そんな事まで
気にさせたら可哀想だと思うよ。

と、いち読者の疑問。

江馬さんGJ!!
アムロ、完全にシャアを捕らえてますね。

717 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:13:13 ID:???
職人さんって言っても好きで書いてるんじゃないか?
なんでもいいけど、無駄にスレ荒れさせるなよ。

718 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:21:30 ID:???
>職人さんって言っても好きで書いてるんじゃないか?

これはいっちゃいかん言葉だ。
職人を侮辱しかねん。
皆陰で苦労してるんだよ。仕事じゃねーんだから。
このスレは職人のCCA後好きだパワーで支えられてるんだぞ。
お前が無駄にスレを荒らさせる。
何も職人ばかりを擁護するわけじゃないが、言っていいことと悪いことがある

719 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:24:09 ID:???
いや、自分も書き手なんだが…
好きでやってることの苦労を分かってもらおうとは思わないし

720 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:26:53 ID:???
このスレただのネタスレだろう。
そんなにまじになってカリカリしなくてもいいじゃないか。

721 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:43:10 ID:???
▼A▼ < 私が七百式を取れなかったばっかりに…スレを荒れさせてしまった
ララァ、私はいいからスレを導いてくれ

722 :98:2006/06/08(木) 23:45:17 ID:???
スレの回転が速いと思ったら
>>710
江馬中尉ベリーGJ!いいね。
シャアは渋々であるにはあるが、なんだか
かぁーいいな。一緒に晩酌して慰めてあげたくなるジャナイカ。
>>721
大佐は最高です

723 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:53:01 ID:???

だが俺は謝らん!貴様程百式にこだわりもしなければ
この流れに絶望もしちゃいない!
    r'⌒⌒^'、/⌒⌒ヽ
   ( rνyy'ソ| Wツ^ヾ)      さ、流石すぎですよ大尉!
    ヾ ゚Д゚ノ.|リ ‘Д‘ノ        
    / ]¶[ \  ]¶[ ノ 
   /    / ̄ ̄ ̄ ̄/
 __(__ニつ/ 輪舞鈴 /____
     \/____/

724 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:54:33 ID:???
みなさんの作品、またまた楽しませてもらいました。
職人同士で交流できるスレって羨ましいくらいです。
また楽しみにしてます。

725 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/08(木) 23:59:38 ID:???
ここの職人さんの作品は短編だから、新規参入したければ
一つの作品が一区切りした時にちょっと断り入れればOKでしょ
難しく考えることはないと思うよ

726 :464:2006/06/09(金) 02:06:57 ID:???
びっくりしたよ、未読が30以上あるんだもんw

皆さん擁護してくれてるけど(俺のためじゃないにしろ)、
荒れかけさせるほどの言葉じゃないよ。みんなもちつけ。
2ちゃんねるにいるんだから・・・あとは言わなくてもわかるよね。

727 :464:2006/06/09(金) 02:10:07 ID:???
>>710
江馬さんグッジョブっすよ。
確かに他人から見て違わないことでも、
本人にとっては大事な部分ってあるよね、大佐。
問題はどっちにしろ「危ない奴」なことだw

728 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 02:34:06 ID:???
2ちゃんねるってのは、もっと殺伐としてるべきなんだよ
煽られるか釣られるか、その空気がいいんじゃねえか
女子供は、すっこんでろ


ってやつですか

729 :無題:2006/06/09(金) 03:22:06 ID:???
 アムロ・レイ大尉の捜索が先日打ち切られたっていう噂だ。これで奴さんもよ
うやくニュータイプという言葉の呪縛から逃れられることだろう。まあ馴れ馴れ
しく言ってはいるが、俺と面識は全く無いんだがな。
 だけど俺の「目標」の捜索は、一向に打ち切られる気配がない。こうも見つか
らないと愚痴の一つも言いたくなるが、このおかげでメシが食えているのも事実
だ。いっそ見つからないでずっと探せていれた方が食いっぱぐれはないのだが
ね。おっと失言。
 ネオジオンの残党とおぼしきクライアント(としか思いようがないじゃない
か)の依頼で、俺と同じく「目標」を探している連中は結構いる。少なくとも俺
が出会った中で今まで2人いた。俺たちみたいな商売はゴキブリと一緒で、一匹
見つけたら100匹いると思えなんて言われる業種だ。2人と会ったんだから200
人は確実に動いてる。噂では連邦がらみの機関から依頼されてる連中もいるらし
いから、その倍だ。はは、「圧倒的ではないか、我が軍は」ってか。
 それでもこの2年、誰も足取りさえ掴めてない。いや、正確には足取りは掴め
ているんだろうが、あまりにもガセネタが多すぎて絞りきれない。これをわざと
やっているなら奴は逃げ足の天才だな。もっとも目標の特徴が「ブロンドヘアー
で額に傷の男性、性格は横柄」だから、ガセネタが続々出るのもうなずける。そ
んなのどこにだっているじゃないか。アムロ・レイと連れ立って街を歩いてたっ
て噂もあるくらいさ。まあそもそもテレビ局のバラエティー番組が率先してそん
なことをしてるんだから、たまらんよ。
 それにネオジオン残党の連中があちこちで騒ぎを起こすもんだから、情報に余
計なノイズが入るんだ。まったく、自分たちで足を引っ張っているんじゃない
か。こういうのは、猟師や潜水艦乗りと一緒なんだよな。じっと耳を澄ませて
入ってくる情報を様々なフィルターにかけて洗い出す。そしてその情報を蓄積し
てアタリをつける。それで初めて獲物の位置がわかるんだ。それをなんだい、
「ジークジオン! ドカーン!」。はは、やってらんねえよ。下手くそなCGで
演説を捏造してネットにばらまいても、合成で作りましたってアラが見え見えで
すよ、っての。今や連邦だって相手にしちゃいないさ。
 だから一週間に一度の経過報告書提出には、俺は正直にこう書くのさ。「目撃
情報などはかなり多いものの、同時刻に別の場所での目撃情報が重なっているな
ど信用に足らない噂ばかりが先行していて、かつ彼らを援護しているとおぼしき
団体による陽動の破壊活動などによって、情報は錯綜している」ってね。もう
ちょっとおとなしくなってくれないのかな、あの連中は。
 さてと、捜索ついでに飲みに行くか。今日はアミーとキャシーって新入りの
入ったゲイバーにでも行くかな。


730 :464:2006/06/09(金) 03:24:22 ID:???
と、ちょいと書いてみた。
>>728
まあ、そこまでは言わないけどさ。
俺が言いたいのは落ちついてジェントルに行こうぜみんな、ってこと。

731 :464:2006/06/09(金) 03:27:56 ID:???
なんか今日の俺の発言は誤解を呼びそうだな…
ちと自粛します。疲れてるのかな。

732 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 05:14:16 ID:???
>>728は吉野屋コピペの改変だと思う

733 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 05:51:21 ID:???
確かに余裕無くなってる感じはあるなあ。
きっかけになった>>705にだって「貴様ほどの男が、なんて器量の小さい!」とでも言って流せば良かっただろうに。
ネタ雑談カテゴリの旧シャア板でネタをやる余裕を失ったらお終いですぜ。

734 :98:2006/06/09(金) 07:41:04 ID:???
おいおい、みんな朝からお盛んだな。
そのエネルギーを無駄に浪費してると何故分からん?!

735 :98:2006/06/09(金) 07:45:09 ID:???
アルテイシア…!!私は昨日酒の飲みすぎで上書き保存せずに、話の半分を
オジャンにしてしまった…!!
くッ…この苦しみどうしてくれようか
腹いせにアクシズを落してくれるわ。

アムロ!近くに居るのなら今直ぐ話の続きを住人どもに授けて見せろォーー。

736 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 11:36:51 ID:???
江馬です
感想ありがとうございます。

みなさんマターリ逝きましょう

494さん、新作乙です。これ位の短編っていうのもさくっと読めて
いいですね、GJです。

98さん
私もフロッピーでデータ持ち出して、出先のPCで作業したら、
何故かフロッピーまっさらになって30分ほどの作業がパーに
なったことあります'`,、('∀`)'`,、

737 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 11:38:26 ID:???
494=464
間違えてました、激すいませんm(_ _)m

738 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 11:38:41 ID:???
>アクシズ落し
マジやめといた方がいいらしいぞwww
アムロ大尉にアクシズ表面に押し付けられるという折檻をくらうらしいと、
このシャア版ではもっぱらの噂だかんなw

739 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 11:39:51 ID:???
×版(ばん)
〇板(いた)

740 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 11:40:45 ID:???
>>739
スーパー秘書ナナイかおまいw

741 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 16:20:11 ID:???
このスレももうそろそろ800を迎えるのか・・・。
感慨深いもんがある。

742 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 18:01:41 ID:h/eub6zi
誰かアミーとキャシーにつっこんでやれw

743 :sage:2006/06/09(金) 18:02:45 ID:h/eub6zi
ぎゃあ、sage忘れ

744 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 18:04:00 ID:???
こっちだよ…

745 :クェス:2006/06/09(金) 18:59:43 ID:???
>>701大佐ってもう八百式もとれないんじゃない?

746 :464:2006/06/09(金) 19:16:35 ID:???
前半をうpしますー。
連続投稿規制にひっかかるから、後半はまたあとで。

747 :ウェーブ・ライダーズ 1:2006/06/09(金) 19:18:32 ID:???
 コロニーは密閉された閉鎖空間ではあるがほぼ地球上と同じ環境が提供され
る。コロニーでは遠心力によって1Gの重力を作り出しているが、中の大気もま
た遠心力で地表付近に集中するため、地球上と同じく高度が上がれば気圧も気温
も下がるのである。このような構造から、コロニー内には雲もできるし雨も降
る。
 それでは地球の空とコロニーの空ではどう環境が違うかと言えば、それは重力
と遠心力の違いである。コロニー内環境では回転軸付近はほぼ無重力であり、コ
ロニーの回転と同調した回転の場合高度によって重力が変わり、徐々に増えなが
ら地表で1Gとなる。しかし地表のごく近くの空中であろうとも、コロニーの回
転方向と逆方向にコロニーの回転速度と同じ速度の616.6km/h(半径
3,000m、1分50秒に1回転の場合)で移動すると、遠心力は相殺されてほぼ無
重力となる。このように場所や環境によって重力が変化する点が違うといえる。
 例えば、中心軸近くから地表に落下する物体は、風に煽られて徐々にコロニー
回転速度と同調していき、風から受ける加速度に応じた遠心力で地表へ落下する
であろう。空気抵抗の非常に少ない形状であれば、地表のごく近くまでは風から
受ける加速度も大きくないので遠心力も小さいまま到達できるかもしれない。た
だしどちらの場合も、616.6km/hで回転する地表との激突は、例えば人間なら
軽く死に至るエネルギーとなる。
 このような事故を防ぐため、コロニー中心軸の空中は立ち入り禁止区域であ
る。

 だがしかし、世の中には必ず天の邪鬼がいるものである。このような危険な場
所に敢えて立ち入り、それを趣味としている人たちがいた。彼らはエア・ボード
と呼ばれる5m×70cmほどの板を使って空気に乗る、ウェーブ・ライダーと呼
ばれていた。
 対地速度が高く遠心力が小さい状態では、わずかな風圧によってでも浮力を得
て落下を食い止めることができる。対地速度が低く遠心力が大きい状態では、よ
り風圧の強い高度まで下がれば浮力を得ることができる。いかに地表近くまで降
りれるかというのは、ウェーブ・ライダー仲間での勇気の証明だった。もちろん
勇気が過ぎて地面に激突し、死亡する例も年間何例かは確実にあった。本人に
とっても周りにとっても極めて危険なこのスポーツは、どのコロニーでも禁止さ
れていた。

748 :ウェーブ・ライダーズ 2:2006/06/09(金) 19:20:01 ID:???
「なあシャア、あれはなんだ?」

 高い高いコロニーの空を見上げながら、アムロは傍らの男にそう尋ねた。二人
は愛車ヨタハチのキャンバス・トップを開け放ってルーフに座りながら、4〜5
人のゴマ粒のような人影が空中に遊ぶのを見ていた。アムロはお気に入りのマグ
カップに入ったコーヒーをすすりながらも、その様子に目が離せないでいるよう
だ。シャアもまた右手に挟んだラッキーストライクから時たま紫煙を吸い込みな
がら、その様子を懐かしそうな顔で見ていた。

「ああ、あれはウェーブ・ライドだ。コロニーの低重力を利用して空気に乗る遊
びだ」
「そんな遊びがあるのか、知らなかった」
「そうか、アムロは地球育ちだったな。子供の頃に友人の半分は経験していた
ぞ」
「サーフィンみたいなもんだな」
「ああ、元はサーフィンだ。風を波に見立てた『波乗り』だからな」
「見るだけでハラハラする……風に乗れる理屈はわかるが、好き好んでやろうと
は思わないな」
「意外と面白いものなのだぞ?」

 その台詞の部分だけアムロに向き直って真顔になるシャア。しかしアムロは
ふっと微笑を浮かべ目を伏せる。

「空は……あの感覚は恐い」
「ふん、よくよく『ソラ』にいい思いがないらしいな」
「ああ。お前のせいでな」
「なに、私の?」
「そうさ。あんなのを見ると、頼りない揚力に命をかけざるを得なかったあの時
の記憶が蘇るのさ。一年 戦争の頃、お前は大気圏突入時のホワイトベースをザ
クで襲ったよな。俺はお前の部隊のザクに足止めされて地球に落ちた。ガンダム
のシールドの揚力なんてものを当てにしながら、ゆっくりゆっくりと摩擦熱であ
ぶり焼きになる恐怖がわかるか。あんな思いをすれば、誰だってもうあんな真似
は二度と御免だろうさ」
「ははん、あの時のことか。よくあんな些細なことをいちいち覚えているものだ
な。感心したよ」
「こいつ……」

749 :ウェーブ・ライダーズ 3:2006/06/09(金) 19:20:59 ID:???
「だがあのウェーブ・ライド愛好者の究極の目標は、地球で波に乗ることなの
さ」
「……?地球で波に乗る?サーフィンならいくらでもできるだろう」
「そうじゃない。波というのは大気のことさ。自分の身体とボードと冷却ガスを
たよりに、人工衛星軌道に乗って大気上層でエアブレーキと揚力をコントロー
ル、ジャイロも航法コンピューターもなしに、三半規管と自分の脳みそと運動神
経だけで大気圏突入をやらかそうってことさ」
「馬鹿な!そんなことができるはずがない!」
「だが旧世紀、飛ぶはずがないと言われた人力飛行機は技術を積み重ねて何十キ
ロも飛行ができるほどになったぞ。要は失敗した先人の教訓を生かして問題点を
潰して行けば、理論上はできるのだ」
「なんてことだ……完全にクレイジーだな」
「ああ、私もそう思う。余談だがZガンダムの開発者はそのウェーブ・ライド愛
好者だったらしいぞ」
「それでウェーブ・ライダー形態なんて言っていたのか」
「そうだ。しかし生身の大気圏突入なんて真似をしようとする奴は、ここ数年い
ない。私に言わせれば、コロニー内で遊んでいる程度が一番楽しい」
「そうだな、それにくらべればあの連中は可愛く見えるよ」

 シャアとアムロが見上げていると、その遊んでいたゴマ粒のうち1つが、2つ
に別れた。

「ん、なんか取れた」
「いかんな」

 そのうちの1つの影は急に軌道を変えて高高度の山の上に降り立って行った。
しかしもう1つの影はひらひらと舞いながらコロニーの空を回り出した。その回
転が徐々に地表の回転と同期し、遠心力によって地表へと落ちてきた。

 ドカン!

 それはウェーブ・ライドのボードだった。ヨタハチからさほど離れていない草
むらに落ちて、地面を1mえぐってバウンドし、ヨタハチを飛び越えて転がっ
た。あわててヨタハチから離れて地面に伏せたアムロは、ボードが飛び散らせた
土をかぶっていた。一方シャアはあわてず騒がずヨタハチのキャンバストップを
閉めて、車内でゆうゆうとしていた。

「うろうろ逃げるより当たらんものだ。私が保証する」
「やっぱり可愛くない。このスポーツは危険だ……」

750 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 19:21:43 ID:???
野暮な突っ込みかもしれんが、ホモアビスは無しなのか?
あのカミーユが優勝したかなんかしたやつ。

751 :ウェーブ・ライダーズ 4:2006/06/09(金) 19:21:59 ID:???
「アムロ、シャア、ケイホウ。アムロ、シャア、ケイホウ」

 ヨタハチは二人に警報を発した。突然の警報に二人は急いで車内に乗り込む
と、助手席のグローブボックスを開けてモニターの表示を一瞥した。そこには以
前見かけて骨格と顔をデータベースに入力しておいた、捜査エージェントが二人
表示されていた。どうやらヨタハチのルーフに仕込んである全方位カメラがその
人影を捕らえたらしい。改造によってハロの人工知能を仕込まれたヨタハチに
は、七つの隠し機能があった。そのうちの一つがこの全方位スキャン警報システ
ムである。目標の距離は40秒前の時点で約1km。今逃げれば気付かれる前に振
り切れるだろう。

「しかし何年たっても、しつこいことだ。アムロ、出してくれ」
「あっちも商売だからな。さて、まくるぞ」

 改造モーター特有の金属音を後に残して、ヨタハチはその場から走り去った。
15分後、ヨタハチの車内モニターに表示された二人がこの場所をおとずれ、あ
たりを探索し始めた。ウェーブ・ライディング・ボードを取りにきた少年がその
二人を見たのは、それから30分後のことだった。

「君、このあたりにこのような人物がいなかったかね」
「俺、ずっと空にいたからわかんないよ。ボードを落としちゃったから取りにき
ただけなんだ」
「ウェーブ・ライドか。確かに上空からでは人の顔まではわからんな」
「でも、ここにいた車がボードが落ちた後逃げて行ったのは見たよ」
「ほう、詳しく聞かせてもらえないか。実は我々は連邦政府直轄組織の捜査員で
ね……」

「シャア、さっき話していた地球での波乗りについてもうちょっと教えてくれな
いか」
「ん?ああ、それは構わないが、どうした風の吹き回しだ」
「いざって時のために用心として、ね」
「ふん、いざという時にでも、生身で大気圏突入など御免だぞ。まあいいか。ま
ず……」

 アムロがどこからかロング・ボードを仕入れてきたのは三日後の事だった。

752 :464:2006/06/09(金) 19:24:16 ID:???
>>750
ホモアビスは安全な遊びで、こっちは危険な遊びってことで。

753 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 19:26:07 ID:???
>>752
詳しく知らんのだけど、安全なんだ。
カミーユは男らしさを求めてあれやってたから、てっきりそれなりに危険なものかと
思ってたw

754 :464:2006/06/09(金) 19:36:59 ID:???
>>753
カツが地球で使えるくらいだから安全じゃなかろうかと。
ていうのは建前で、エウレカセブン見てて思いついたのは秘密だw。

ところで間にレスしてくれたおかげで連続投稿にならずに済むみたいなので、
後半もあげます。

755 :星になる者 1:2006/06/09(金) 19:38:01 ID:???
「ちいい、このような場所にいる時に!」
「どうするんだシャア。このままではいずれ捕まるぞ」

 ここは地球の衛星軌道上であった。二人はヨタハチで移動中であったが、地球
連邦衛星軌道管理局のサラミス級巡視船(軍払い下げ品)に発見されてしまった
のだ。運の悪いことに、ちょうどその時の軌道は大気圏に落ちるコースであっ
た。この距離とこのタイミングでは逃げ切れない。とっさにそう判断した二人
は、救難信号の発信と同時に、機体故障のため軌道修正ができないとうそを並べ
ていた。サラミスからの光学望遠ではただの点にしか見えない距離であったの
が、せめてもの不幸中の幸いであった。

「ええい、八方ふさがりか」
「こんなこともあろうかと、ウェーブ・ライディング・ボードを用意していた」
「なに、一体どこに積んでいたというのだ」
「車体の下さ。ずいぶん前にお前にウェーブ・ライドのことを聞いたことがあっ
たろう?あの後に用意しておいたんだ。整流板代わりになって燃費も向上してい
たんだけど、非常時だから仕方がない」
「またお前は私に黙ってヨタハチをいじったのか、アムロ!……しかしこれで、
わずかだが生き残る目が出てきたな」
「そういうことだ。一応ウェーブ・ライドの知識は頭に叩き込んであるけど、マ
ニューバは頼んだぞ」
「言っておくが、私はウェーブ・ライドは20年ぶりだ。しかもロングボードで
タンデムするなど初めてだ。余裕はないからそのつもりでいるのだな」
「やったことのない俺よりはマシさ」

 ウェーブ・ライディングによる大気圏突入のメリットは、なによりもその察知
のし辛さである。かつて軍事技術研究所でもウェーブ・ライディングによる地球
周回軌道からの降下作戦が研究されたことがあったが、よほどの集団で降下しな
い限りその察知は不可能であると結論づけられた。人間程度の大きさのデブリが
大気圏に突入するなどということは、日常茶飯事であったからだ。全てを監視す
ることなど誰にも出来はしない。
 そしてデメリットは、当たり前だがその危険性に尽きた。成功率はノウハウが
確立した後でも10%よりも良くなることはなく、誰でも訓練次第で利用可能な
技術であるとは言えなかった。そもそも、生身で大気圏に突入するなど正気の沙
汰ではない。そしてこの技術は軍事技術からは外され、アンダーグラウンドな
ルートで若者に伝わって行ったのが歴史である。

 二人はノーマルスーツを着込んで宇宙空間に出ると、ヨタハチのボディの下か
らウェーブ・ライドのボードを降ろした。すでにブースターやビンディングなど
は調整済みで、ノーマルスーツの足に装着してリーシュコードをセットすれば準
備は完了だ。心の準備を除けば。

756 :星になる者 2:2006/06/09(金) 19:39:00 ID:???
 ヨタハチの車外温度計がどんどん上昇して行った。当然ノーマルスーツの温度
も上昇して行くので、徐々に焦げ臭いような匂いが鼻についてきた。例えれば、
そう、雪の日に外で遊んでびしょびしょにしてしまった靴下を、学校のストーブ
で乾かしている時に感じるような、あの形容しがたい匂いだ。ノーマルスーツは
保つのかな、敢えて口に出さなかった心配事を、二人は同時に考えていた。

「改めて見ると、恐いものだな」
「ふふふ、20年ぶりのライドがアース・ライドとはな。よくよく私は星回りが
悪いらしい。それアムロ、覚悟はいいか」
「ああ、行くぞ」
「グッドラック」
「グッドラック」

 ロングボードには、一般的に加速用の固体燃料ブースターが一基取り付けてあ
る。これはアース・ライドを行ってタッチダウン(コロニー環境とは違いテイク
オフとは言わない)を失敗した場合のため、地球周回速度を増速して軌道高度を
上げるためのものである。
 ヨタハチにはこのまま一切の軌道修正をさせず、大気圏に突入するように電源
を切ってある。乗員が事故死したという偽装のためだった。データや貴重品はす
でにハロの口の中に移し、衛星軌道を延々と回るような速度で射出している。
 ヨタハチのまわりの大気が暗い赤色に染まり、キャンバストップとシートの布
地がまず燃え落ちた。これほど近距離にいると危険だが、かといってブースター
を使って離脱すれば、追っ手に乗員が逃亡したという疑惑を与える事になる。ヨ
タハチの部品が乱れ飛ぶ場所で、とにかく我慢するしかなかった。

「ヨタハチ、もったいないが成物(じょうぶつ)してくれよ……」
「アムロ、余計な事を考えるな!集中しろ!」

 地球に近づくにつれ、ボード全体がオレンジ色に発光してきた。現在のボード
表面の温度はおそらく約2,000度。ノーマルスーツの足を固定しているビンディ
ングは30cmほどの下駄になっていて、その間に冷却ガス供給装置がついてい
た。それは0070年代に開発された軍事技術の民生転用だった。アムロにとって
このガスのお世話になるのは、これで二度目である。しかし冷却ガスの力を持っ
てしても、熱いものは熱い。特に足や腕の末端部分は焼けるようだ。実際火傷を
負っているのだが、そんなことに構っていられる状況ではなかった。

757 :星になる者 3:2006/06/09(金) 19:40:00 ID:???
「月の位置はあそこだから、タッチダウンポイントはまずハイタイド(満潮)、
1周目はだいたい4分ごとにローとハイが入れ替わる。2周目からは何分ごとかま
ではわからん。ロータイドとハイタイドでは同じ高度でも大気密度が違う。空気
抵抗によって減速ショックもあるし、揚力によって高度も変わるぞ」
「わかってる。ヨタハチの中でのネットサーフィンは伊達じゃない。貴様こそ不
用意に手を広げてチューブ(衝撃波の壁)に触るんじゃないぞ」
「ふん、結構だ。それ、タッチダウンだ。構えろ!」

 ドカン!それは決して空気の壁による衝撃ではない。気圧の上昇に伴う衝撃
だ。つまりそれに対して衝撃波を発する程度に気圧が高い高度まで、音速を超え
た物体が降りたことを意味する。
 二人はその衝撃波に翻弄されるボードを、ぴったりと一致した荷重移動で制し
ていた。それはまるでワルツでも踊っているかのような、息のあった動きだっ
た。ちなみに二人は、この時点で会話などしていない。会話などできようはずも
ない。
 その衝撃は2分ほどでおさまり、8分後にまた衝撃が来た。ボードは大気上層
にできる潮汐力による谷をジャンプしていたのだ。昼と夜とが目まぐるしく過ぎ
て行った。これを何度か繰り返し、やがて衝撃波が間断なく襲ってくるように
なった。
 ボードは空気との激突によって衝撃波を発しつつもその速度を徐々に落とし、
滑走するというよりは落ちるという形容が似合う角度で地球へ向かっていた。こ
の状況になってしまえば、はっきりいって運を天に任せる以外に手の打ちようは
ない。ボードは強く加熱され白く輝き、プラズマが尾をひいていた。襲ってくる
衝撃波に対しての荷重移動は、すでに無意識で行われていた。

「ララァ」
「ララァ」

 どちらがどちらのものともとれない思念が飛ぶ。ちっぽけな二つの有機体に
とって、母なる地球の暴力的な洗礼は厳しすぎたのか、彼らには今や視覚も、聴
覚も、味覚も嗅覚も触覚もなく、ただ第六感だけが研ぎすまされていた。あるい
は彼らは夢を見ていたのかもしれない。あたたかな母の胸に抱かれる夢を。ある
いは彼らは、この瞬間だけ真のニュータイプ体験をしていたのかもしれない。だ
が事の真相は、本人達にさえわからなかった。そう、ウェーブ・ライダーにとっ
てこの瞬間は「サトリ・タイム」と呼ばれる神聖な時間であった。

758 :星になる者 4:2006/06/09(金) 19:41:00 ID:???
 速度が音速以下に収まると、耳にうるさいほどの風切り音が聞こえてきている
にも関わらず、急に静かになった気がするのは不思議なものだ。熱でろくに動か
ない指で苦労しながら、焼けただれたヘルメット・バイザーのシールドを破り捨
てると、空は青く、雲ははるか足下にたなびいていた。夕日が雲の向こうに沈も
うとしていた。

「やはり地球は美しいな」
「ああ、俺たちの惑星だ」

 ヘルメット同士をくっつけあわせて話す二人の目は、極度の疲労と安堵とやす
らぎが混在していた。

「ここはどのへんだ?」
「厚い雲で見えないが、渦巻きがいくつも見えるな。ときどき見える海と島の様
子から……太平洋のどこかだろう」
「赤道近くか。この後どうするんだ?」
「そうだな、せめて落ちる先が海であることを祈ってくれ。陸地に落ちると助か
らんからな」

 彼らは、なんとか小さな島の近海に降り立った。火傷の影響でパラシュートを
作動させることも怪しい状態ではあったが、彼らは高度1,000mほどでパラ
シュートを開く事ができた。そのまま着水寸前にパラシュートを捨て、軌道離脱
用の固体燃料ブースターを点火した。発見の危険性はあったが、これは仕方のな
い行動だった。
 水平方向のベクトルを得たボードは速度によって浮力を得る事ができ、見えて
いた手近な島に多少でも近づくことができた。二人はもうもうと湯気をあげる
ボードを操って波に乗り、満天の星空に照らされたビーチへ流れ着いた。波打ち
際にグリプス戦争時の試作モビルスーツ、ギャプランが擱座している場所だっ
た。
 その後の彼らの物語は、また別の機会となるであろう。

759 :464:2006/06/09(金) 19:44:30 ID:???
物語がもっと進んでから、再び地球に降り立った二人を書いてみました。
こんな話があってもいいかな、と。

760 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 19:50:48 ID:???
リアルタイムで見た乙だぜ!!

761 : ◆WORLDCUPp2 :2006/06/09(金) 20:18:23 ID:???
マニアックでありますな

762 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 20:26:03 ID:???
>「ララァ」
>「ララァ」
インドカレー吹いた

二人とも燃え尽きないで良かったな!
ひと時の壮大な波乗り体験を体感出来た。乙です!

763 :464:2006/06/09(金) 21:52:36 ID:???
>>761
>マニアックでありますな

やっぱそう思う?
あげなきゃよかったかなぁ。荒唐無稽にすぎる気もするし

764 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 21:56:16 ID:???
同じく吹いたw
生身で大気圏突破という一つ間違えれば破綻する可能性大なネタを
こうまで破天候かつ精緻に描ききった職人様にGJ

765 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/09(金) 21:59:49 ID:???
あと「サトリ・タイム」はマジ秀逸

766 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/10(土) 01:00:46 ID:???
荒唐無稽でもGJ!
他の誰でもなくこの二人だからこその
奇跡の可能性。スピード感に酔わせていただきました。

767 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/10(土) 01:56:51 ID:???
個室スレが悟りかよw

768 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/10(土) 11:57:25 ID:???
>>735
ワクテカしてたのに…_| ̄|○

769 :98:2006/06/10(土) 13:41:22 ID:???
>>768
認めたくないものだな。自分の酒癖の悪さからくる過ちとは…。
すまん事をした。
私もショックだ。腹いせに隕石落しを決行したが、まんまと
アクシズ表面に押し付けられてしまってね。
なかなかゴツゴツしてて痛かったが、なにに恐怖は感じなかった。
寧ろ温かくて。

つまりだ。


まだだ!まだ終わらんよ!!!

770 :98:2006/06/10(土) 13:42:25 ID:???
なにに×
なのに◎

771 :スレッガー:2006/06/10(土) 16:13:29 ID:???
悲しいけど、続き、消えちゃったのよねぇ?
いつまでも待ってるよ、98ちゃんw

772 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/10(土) 22:11:10 ID:???
>>691-684の続きが>>755-758かと思ってかなりびっくりした
でも両方ともGJ!
その後を楽しみにしてます

773 :江馬・シーン :2006/06/10(土) 22:48:09 ID:???
464さんGJ!
創作のアイデアがどんどん湧き出してくるようでうらやましいス。

大気圏突入ですか、よく緻密に計算できますね。98さんもそうなんですが、
んな緻密に計算する根気の無い私としてはマジで尊敬します。(一応時代考証
とかの裏調べ位はしますが。それでもちゃっかり間違るんですよね・・・)

只今こちらは順調にネタづまりの煮詰まり中。

何か面白いアイデアはないもんかなぁとオリジン読み返したり、
古い設定集数やらを引きずりだしてみたりしてます。

個人的にはダイクン兄妹ネタ(特にZZ以降が謎な妹さん)ってのが突っ込み
どころや妄想のしどころ満載で書きやすいし、カイもZ以降が謎だから何でも
アリって感じで妄想しやすいんだけど、微妙にスレ違いになっちゃうんで、
どうCCA後のアムロとシャアを絡めていくかってのがむつかしいんですよね・゚・(つД`)・゚・

ヘンケン艦長(ドズル、スレッガーでもこの際可)、私に知恵を・・・

774 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/10(土) 23:53:32 ID:???
>>773
そんな貴女に >>608

ついでにこんなのをプレゼント

ZAKU PAGE/宇宙世紀史学
ttp://members.jcom.home.ne.jp/zakupage/nenpyo/index.html

775 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 10:34:00 ID:???
ありがとう!!!

776 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 13:09:41 ID:???
あらためて >>14 で紹介されている論文を読んでみた。
そしてスレがここまで進んで職人さんの作品を見ていて、思ったことがある。

シャアという男が(まあこのスレの中だけでだが)
アムロと行動を共にしているというのは一見和解したようにも見えるが、
シャアにとっては、アムロにアクシズで完敗したという意識があり、
それによって「ザビ家の否定」という自分の中の命題に決着を付け、
さらに >>98 のSSによって命を助けられたことによって、
シャアの中でそれは「負い目」として変わったのではなかろうか、と。
自分の生き様を自分自身で全否定してしまったのではとも思った。

とにかく>>14の論文で言う「少年の心」を捨てたことに気がついたときは、
シャア自身結構へこんだんだろうな、と思った。
リストカットしかねないくらいに。

777 :98:2006/06/11(日) 15:23:01 ID:???
こういう話自分は好きだな。
>>776の言いたい事は分かる気がしている。
自分も同じ風に考えた事があった。シャアやアムロの心理は考えれば考える程
面白いつーか泥沼に嵌るよな。
そこが長年に渡ってファンを弾き付けているんだろうけど。
ベルチルではちょっと違うと思うんだが、サイコフレームが活躍するハイスト
特に劇場版の話だと、
アクシズを軌道に押し戻せた奇跡って、チェーンのT字とアムロのとった行動が切欠なって
皆の意識が団結してすげーパワーを生んだんだよな。
なんだけど、

最終的に

アクシズをマジのモロホンで軌道を変えちまったのは

シャアだったような…。DVDから見るとそう思えなくも、ない。
って違うの?これは自分の深読みか原作を分かっていないからだな。
ここら辺は偉い人のみぞ知るだ。
もう生き延びちまった時点でな、お互い自分自身を全否定するしか無い気もする。
シャアだけじゃなくってアムロもね。

これいったら世話ないが、原作で二人は死ぬが、自分的にあれはベストだった。

778 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 15:37:08 ID:???
CCA後のアムロは二度とMSに乗らない希ガス

779 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 15:47:26 ID:???
言えてるね。パイロットは引退してMSの教官でもやるか
退役してエンジニアになるかのどっちかだと思うな

780 :98:2006/06/11(日) 16:02:04 ID:Kngj3vPr
>二度とMSに乗らない
同意。

エンジニアの知識生かして絶叫マシーンとか案外作ってるかもな。
アムロの作る絶叫マシーンは生温いか過激かで分かれそうだ。
シャア乗せてテスト。
全く指標にならない。

781 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 16:31:56 ID:???
アムロもシャアも神掛かってるからな。
思い切って牧師とかどうだ?

普通に退役したなら、年金で悠々自適な生活なんだろうけど。

782 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 16:37:09 ID:???
>>781
喧嘩しそうだな

シャア「ええい!キリスト教よりイスラム教のほうがいいとなんで気がつかん!!」
アムロ「エゴだよ!それは!!」

783 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 16:40:58 ID:???
>>777
>アクシズをマジのモロホンで軌道を変えちまったのはシャアだったような…。

残念ながらシャアがあの場面で自分の過ちを認めてアクシズ押し返すような
度量のある男なら「情けない奴」とは言われなかったでしょう。
少なくともサイコフレームが発した光は明らかにアムロの意志に呼応してます。
例えるならシャアが自軍ゴール前からクリアのつもりで蹴リ出したボールが
敵(アムロ)へのアシストになってしまったようなものかと。

784 :98 :2006/06/11(日) 17:06:53 ID:???
>例えるならシャアが自軍ゴール前からクリアのつもりで蹴リ出したボールが
敵(アムロ)へのアシストになってしまったようなものかと。

ああなるほど。かなり分かりやすくイイ表現だ。
dd。


785 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 17:07:08 ID:???
俺はシャアの意志もプラスしてた派
ハイストの話ではあるけどシャアはアクシズ落としに罪悪感を感じてた
それで「アムロに賭けるような真似をした」って台詞がある事から見るに、
総帥の立場では作戦を完遂しなければならず、シャア個人としてはずっと迷ってたんだと思う。
どっちを取るか最後まで悩んでて、あのサイフレが光った瞬間にフラフラしてた
メーターの針が振り切ったって印象。

786 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 21:03:03 ID:???
あの場面でシャアの意思も入ってるのを否定する人はあまりいないだろうが
シャアの振り切る瞬間があったのかは謎なんだよなあ。
メーターがぐんぐん上がってるのは映すのに瞬間一歩手前で
一気にカメラがロングに退いた感じ。
映像を繰り返し見てると、作り手の意図が無いシーンは無いってぐらい
構図や効果なんか一つ一つアムロ・シャアと呼応して描いてるわりに
そこの瞬間だけカメラが退く。わざとなんだろうが視聴者泣かせだ。

俺ずっと逆シャアはアムロとシャアの死そのものだと思っていたが
最近は別に生きててもいいんだとも思う。
禿に30代の映画と言わせたCCAは、視る年齢によって変わるんだろうが
ラストでシャアのメータが振り切ったのかも視る側によるんだろうな。

787 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 21:24:23 ID:???
本音は生きてて欲しいっつーか続編が見たいw
あれで終わった事は頭で理解していてもやはりもう一度帰ってきて欲しい
と思ってしまうのは仕方がない。俺にとってのガンダムはやっぱアムロとシャアあってなんだ

だからこのスレ好きだw職人さん、俺に夢を見させてくれてありがとう

788 :通常の名無しさんの3倍::2006/06/11(日) 22:32:13 ID:???
Z,ZZには正直何か抵抗があってスルー気味(内容などは小説斜め読みや
資料集、各ホムペやゲームで大体理解してるが)だったが、CCAはシャアと
アムロの話ってことで見た。

どっちかって言うとファースト厨な自分にとってはなんだかなぁという
所が無かったわけでもなかったが、シャアとアムロの話ってのはやっぱ
いいよね。

正直、ファーストが富野メモ通りになってたら、こんなややこしい世界観
はおそらく生まれなかったワケで・・・それがいいことなのか悪いことなのかは
自分には判らないが生死不明っていう中途半端さは確かに消化不良なエンディ
ングですよね。

あとゼータク言えばミライさん以外のWB生存キャラ(カイ、セイラ、フラウ
など)の描写が欲しかった(小説版ラストではシャアはセイラの写真の入った
ロケット見て云々かんぬんってのがあったけど)

あと、余談だがイラストレーション集の北爪氏のイラストにCCAのシャア、
アムロ&クリスの描写が1つ2つあったように思うが、あれは何か意図が
あって書いたんでしょうかね?νガンの開発にクリスがかかわってるとも
思えないし・・・北爪氏のただの趣味かな?





789 :98:2006/06/11(日) 22:43:50 ID:???
マターリ語れていいなあ。
自分もね、アムロとシャアは特別だな。もの心ついた時から彼らが夢だったし。
自分の魂を未だに燃やさせるよ。もう五年も昔になるが、
同僚とたまたま逆シャアの話になって、ぽろっと
「アムロとシャアって最後死んだよね」ってマジで例のスレタイのまま聞いちまったの。
当時自分も一応二人は没したと思っていたからな。
したら、そいつは別にガノタって訳じゃないんだが、マジな顔して
「アムロとシャアは生きてるよ!だってアムロとシャアだよ!死ぬ訳ないじゃん!」
って言ってたよ。かなり本気だったよやつは。
もうね、やつの目見ちまったら最後。その目の中にはアムロとシャアがマジで生きてるんだよな。
素直に、ああ確かにあの二人なら生き延びられるかもなと思えた事に吃驚したというより何より
三十路前の男にそこまで言わせたシャアとアムロはやっぱりすげえと感動した。
まあ、世代にもよるんだけどな。
自分がこのスレの住人になれたのもやつの御蔭だ。
と余談すまん。
>>788
ZZは自分も小説の方しか知らないな。ただ、富野氏が、ジュドーは
シャアの別の可能性だったと語った時はかなり衝撃を受けた。

790 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 22:46:11 ID:???
>>788
趣味もそうだけどサービスじゃない?ほぼ同時期の作品だし。

描写に関しては、放っておいてくれたからこそ現在好きに遊べる、と
好意的に解釈しちゃいましょう。

791 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/11(日) 22:50:30 ID:???
ところで今度こそ八百式狙いの大佐が ワクテカ してますな

792 :通常の名無しさんの3倍::2006/06/12(月) 09:31:12 ID:???
>>788
北爪じゃなかった美樹本だったorz

793 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 10:31:53 ID:???
それクリスじゃなくてベルトーチカだと思う
ベルチルの挿絵は美樹本氏

794 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 11:42:39 ID:???
閃ハサもそうだな

795 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 12:33:58 ID:???
ベルトーチカ・・・あんな顔だったっけか?
今出先で資料見れないからアレだけど、あの顔は
クリスだったような気が・・・
帰宅したら、も一度確認するよ

796 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 12:50:33 ID:???
ところで573タン、>>640の続きマダー?

797 :通常の名無しさんの3倍::2006/06/12(月) 16:36:18 ID:???
>>795
確認しました。
赤毛のロン毛、間違いなくクリスです。
やっぱりファンサービスってことでしょうかね。

798 :クェス:2006/06/12(月) 17:43:54 ID:???
期待してるよ大佐☆

799 :ララァ:2006/06/12(月) 18:04:52 ID:???
ああ、瞬間がみえる!

800 :アムロ:2006/06/12(月) 18:16:12 ID:???
見える!!

801 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 19:30:33 ID:???
!     , ‐'´ヽ、.__..>---┴---‐┴-<..._`ヽ.  i.      /
 ヽ   ,.ヘ  _,.‐'´.イ'´ト、\、..____,,.. -─-、ヽ, ヽ_!__./ _
.  `‐、 :  `,イ r(( 、ヽ ` ‐-ゝ _,.. -── _){__│|   ||
     :` ー-{ { 、ゝ、.._ ヽ、 ヾー''ニ=-‐rッー;'' `ゝ{ │|   ||
      :    `rゝィ-ーfォ!  '"´   ̄ ̄ ``:  }.!_ |│   ||
     :     .| イ}  ̄ノ            : ( 「´│|   ||
.     :    │{│ ノ''           :  ル{.._│|   ||
     :     | ノ}l └-            :  ´.{   | |   ||
      :     .|.  l.  ヾニ二'>      :  _,L.__ | |   ||_
       :    |   i    __     _;.r‐´ z-‐''"´    .| r‐
      ,: ‐''"~´ ̄ ̄ ̄~``ヽ._.∠ニ-‐''"´        | ゝ:'
.      |   r-──┐    :|:::              -‐7 ̄
      |    ̄ ̄ ̄     |::

ええい、アムロ何をしている!そこをどけっ!

802 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 21:34:55 ID:???
また取れなかったのか大佐…w

803 :アムロ:2006/06/12(月) 21:37:45 ID:???
>>801
情けないやつ!

804 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 22:14:41 ID:???
(▼Д▼)い、いやこれはアムロのヤツに800式を譲ってやったのだ
情けないアムロと闘って勝つ意味は無いからな

805 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 22:20:56 ID:???
m9(▼Д▼)しかし次は本気を出す!もはや迷いなぞ無い!!!
Σ(▼Д▼)パワーダウンだと!?

806 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 22:22:13 ID:???
>>804
なかなか上手い事言うじゃないか大佐
>>798
大佐なんか気にすんなって。
おれは大佐以上に働けるんだ

807 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/12(月) 22:29:54 ID:???
>>806
ギュネイ乙

808 :573:2006/06/12(月) 23:42:29 ID:???
>>630

あの戦争が嘘のように活気付いた街。アクシズの落下予定ポイントであったこの街は
終戦後、その恐怖からの開放のためか、人々の顔は明るく、また夜が来て朝が来る喜
びに浸っていた。あのアクシズの接近の影響のためか、大雨が降り続く中、それでも
人々の笑い声は絶えなかった。
そんな街を少し離れた街道沿いに、小さなBARが寂しげにネオンを輝かせていた。街の店は
大勢の客が笑い声を上げているのとは対照的に、その店にいるのはだるそうに煙草を
吹かす50代の女店主とその愛猫、そして、誰を待っているのか一人の青年がすっかり
氷の溶けたバーボンのグラスを片手に外を眺めているだけだった。
「お兄さん、待ち人きたらずさねー、・・・女かい?」
ふー・・っと煙草の煙を吐きながら女店主は青年に話しかけた。青年はふっと笑顔を
見せ、バーボンを少し流し込んだ。
「・・・だったらいいんですけどね。」

5日前、予定地についたカミーユを待っていたのは、ブルーの髪が印象的な
女の子だった。女の子は初対面の自分に一通りの挨拶をして、すぐアムロと
シャアに対する質問攻めをしてきた。
「アムロと大佐はどこにいんのさ?何で一緒に来なかったの?今、二人は何を
してんのさ?etc、etc」
そんな女の子に軽くめまいを感じながらカミーユは女の子を軽くたしなめ話を
進めた。
「・・・だから若い男は嫌いなんだ!・・・この地図の場所に行けば、”Song'
s Of Libatly”てBARがあるからそこで待ってなよ。そこにつれてくるから
さ!」
ムッとした表情を浮かべながら少女はカミーユに地図を手渡した。
「そんときは、二人を連れてきなよね!」
そういって車で走り出す少女を見送りながら、無茶を言う少女に軽く手を振
った。
「・・・”自由の詩”か」

少女と別れ、この街について3日、少女からの連絡を待ったが、一向にやって
くる気配はない。そういえば、手紙の主も危険が迫っているといっていた、も
しかしたら現れないかもしれない。あの少女にも何かあったのか?不安がカミ
ーユの頭をよぎる。時計が深夜2時を回り、店主が片づけをはじめていた。

”今日も待ち人着たらずか・・・。”
カミーユが席を立とうとした瞬間、鈴がなった・・・

・・・カラン、コロン・・・


809 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 00:11:31 ID:???
>>808 お、続きだね。ご苦労サン
ところでこのスレで完結するの?

810 :573:2006/06/13(火) 00:40:24 ID:???
>>808

「・・・もう店じまいの時間なんだけどねぇ・・・」
いぶかしげに女主人が入ってきた男に話しかけた。
「すまんね、おかみさん、ロックもらえるかい?」
少し線の細く、眼光の鋭い男が女店主に文句を言われながら自分の前にやっ
てきた。
「あんたが、カミーユ君かい?」
”カイ”と名乗るその男は今まで自分を待たせたことを謝罪し、煙草に火を
つけた。
「すぐにこれなくて悪かったね、あんたに尾行がついていないか2,3日調
べさせてもらったんだが、大丈夫みたいだな。まぁ、俺も尾行をまくのに時
間がかかっちまったんだが。」
「・・・いえ、いいですよ。それより、あの子は無事なんですか?」
カミーユの質問にカイは頭を掻きながら、ため息をついて
「お姫さんなら、あいつらがいないことに腹立てて車で寝てるよ。そんなこ
とより本題なんだが・・・」
カイのその態度から、あの少女が相当癇癪を起こしたのが目に浮かんだ。カ
イとその少女は、あの二人の行方を追っているときに偶然出会ったらしい。
それ以降、あの少女が一方的にカイについてきたようだ。カイも彼女の持つ
NTの感性が役に立つと考えていたらしい。捜査の傍らで難民用コロニーの取
材をしていた時に、彼女が違和感をカイに伝えたのがことの始まりだった。
「奴さん達も今回の事件がかなりショックだったらしい。まさか、こんなも
のを作るとわな。」
「こんなものはこの世にあってはいけないんです。」
怒りの感情を込めた言葉にカイは少し間をおいて話を続けた。
「・・・で、カムランさんに協力してもらってブライトさんに連絡は取れた。
後は、宇宙にあの二人を上げるだけなんだが・・・。問題はそこだ」
カイはゆっくりと煙草を深く吸い込み、ゆっくりと吐くと言葉を続けた。
「・・・あの二人は表上は死亡扱いされているが、連邦内では危険人物として
捜査は続いている。特にあのド派手な総帥さんは目立ちすぎるからな。正攻法
はまず利かないだろう。・・・そこでこれを使う」
カイの出した提案にカミーユは目を丸くして驚いた。
「な・・・何を考えてるんですか!?あなたは!」



811 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 00:42:24 ID:???
それは次スレをどうするかってことか?
それとも>>808氏のSSが、という事?

>>808乙!!!
クェスが堪らん…ww
自分は嬉しいぞ

812 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 00:55:39 ID:???
キャシー&アミーか

813 :573:2006/06/13(火) 01:07:39 ID:???
>>809さん
どもです。一応自分の中では話はまとまってるんで、一応あとちょっとですね。
というか、シャアとアムロというよりカミーユのその後になってますね・・・orz
実際もう少し短くできると思ったんですけど、98さんたちみたいにうまくまとめれず
長くなっちゃいました。しかし、皆さんの書いたSSすごく面白くまとまっててすごい
なって、いつも感心してます。

このスレの皆さんの語りは見ててすごい楽しいです。皆さん本当にアムロとシャアが
好きなんだなと思います。自分はまだ、ベルチルやハイストは読んだことがないので
(とゆうか、ハイストがあるの知りませんでした;;)今度の休暇にでも本屋さんで
買ってこようと思います。(まだ売ってるのかな?)仕事の関係でほとんど休みが無
いんですけど、ゆっくり読んでみたいなとおもいます。

九百式はがんばって下さいね、大佐。応援してます。

814 :98:2006/06/13(火) 01:29:42 ID:???
>>813
これは自分のに言えることだが、まとめ過ぎようとして、肝心な
箇所の描写を等閑にしちゃってるんだなこれが。
まあネタだからいいけど。
本当のSS職人さんからしたら、自分のはぼろ糞に批判されるね確実に。
だから長いから、完成度が落ちるなんて事ないぞw
面白かった!御蔭で気分がハイだ。なんたってクェスに会えたからな
>>798
大佐とギュネイなんか気すんなって。
オレは大佐とギュネイ以上に働けるんだ


エンドレスだな

815 :809:2006/06/13(火) 01:29:54 ID:???
>>811 そそ、SSの話。
いや、だいぶ長くなりそうな予感がしたんで、
大丈夫かなーと余計な心配してみたり。

>>813 いんじゃない?
シャアとアムロをストレートに書かないアプローチは楽しいよ。乙。

816 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 02:01:28 ID:???
>>798
大佐とギュネイも98も気にすんなって。
俺は大佐とギュネイと98以上に働けるんだ
>>808
乙!

817 :464:2006/06/13(火) 02:22:24 ID:???
>>814
>自分のはぼろ糞に批判されるね確実に。

そんな事言わないでよ、誰もここで書けなくなるよ。俺含めて。
98さんのSS第一号がこのスレの方向性を決めた自信を持ってよ。
俺のSSなんて、情景描写がくどい、人物像の掘り下げも足りない、
読者を裏切るギミックの煮詰めも足りないってもんだから、
いつ誰に叩かれるかヒヤヒヤしてる。
でも>>486>>589みたいなみんなの一言のおかげで書けてる。
批評はあっても批判はないと思うよ。
だからみんな自信を持って自分の作品を堂々と投稿すべき。
と自分にも言い聞かせる。
長文&チラシの裏スマ


[用法]批評・批判――「映画の批評(批判)をする」のように、事物の価値を判
断し論じることでは、両語とも用いられる。◇「批評」は良い点も悪い点も同じ
ように指摘し、客観的に論じること。「習作を友人に批評してもらう」「文芸批
評」「批評眼」◇「批判」は本来、検討してよしあしを判定することで「識者の
批判を仰ぎたい」のように用いるが、現在では、よくないと思う点をとりあげて
否定的な評価をする際に使われることが多い。「徹底的に批判し、追及する」
「批判の的となる」「自己批判」
───Yahoo辞書 大辞林より抜粋
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=15630200&dname=0na&stype=1&dtype=0&ref=1

818 :464:2006/06/13(火) 04:16:47 ID:???
このスレ冒頭で>>103の書いた一言を元に妄想。
初めてモビルスーツ・アクションを書いてみた。
活劇ありきの作品なので、考証としてはスルー推奨。
0098年の話を想定しているので、
中年のシャアは認めない向きもスルー推奨。
それ以外の心の広い方だけご覧ください。

819 :安息の終焉 1:2006/06/13(火) 04:19:47 ID:???
 漆黒の宇宙を、音もなく移動する物体があった。それは人のようにも見えた
が、大きさは人の10倍もあろうかというものだった。
 モビルスーツ。もはや珍しくも何ともない兵器ではあるが、その攻撃力と威圧
感は従来の兵器とは一線を画している。モビルスーツが動いているというだけで
人は戦乱の匂いを感じ、恐れおののくものなのだ。そんな兵器が、3機の編隊を
組んでその月面都市のエアロックを不法に開扉し、内部に侵入した。通常このよ
うな事件が起きればけたたましい警報が鳴るはずなのだが、波風は全く立たな
かった。どうやら内部に協力者がいるらしいことは、その光景を見ていた人間に
は理解できたことだろう。しかし運の悪いことに、その光景を目撃した人間は誰
一人としていなかった。何故なら、その光景を目撃するはずだった人間はもっと
運の悪い目にあっていたからだ。

 ジャンク・アンド・カスタムショップ・ダイクン。その店はその月面都市の最
下層に、ひっそりと存在していた。この時代ダイクンの名前を聞いても「ああ、
名前にあやかったんだね」程度にしか人は思わないだろうが、その実この店を経
営しているのは本物のダイクンである、ジオン・ズム・ダイクンの遺児、キャス
バル・レム・ダイクンであった。もっとも偽名を使っているのでそうそうばれは
しない。
 その店のもう一人の経営者である工場長のアムロ・レイは、相棒の取締役兼営
業部長のことをシャア・アズナブルと呼んでいた。そう、赤い彗星のシャアその
人である。シャアもようやく不惑を迎え、やっと老成した人物像に実年齢が追い
ついていた。いまや長く伸ばした髪の毛にストレートパーマ処理をし、口ひげと
あごひげを生やしサングラスをかけたその姿に、貴公子然たる以前の面影はな
い。
 その日も営業担当のシャアが仕事を見つけてきたらしい。事務所で昼食のイン
スタント・ヌードルをすすっているアムロに、茶封筒を片手に歩み寄っていた。
アムロ・レイもまた三十路の半ばを過ぎ、職人肌の男ぶりが上がっていた。こち
らはそれほど外見に違いはない。ただ笑うと目尻に深いしわが現れるようになっ
たのは、経年劣化として仕方のないことだろう。

「おいアムロ、仕事が入ったぞ」
「今度はなんだいシャア」
「プチモビのSDガンダム化改造とSDザク化改造が1件ずつだ」
「この前も似たような仕事が入ってきたよな。流行ってるのかな」
「確かに流行っているとも言えるな。コロニー技術者やジャンク回収業者たちの
職場は、今やずいぶん華やかだ。連中の宇宙船など、旧世紀に東洋で流行したト
ラック野郎のようだからな」
「それは景気のいい話だな」
「おいアムロ、今度の仕事は魔改造をしないでくれよ」
「俺は自分の納得のいく仕事をしているだけさ」
「ええい、わからんのか。客からクレームが来ているのだ。パワーを上げ過ぎ
だ」
「それをなんとか説明するのが営業のお前の仕事だろう」
「ちい、ああ言えばこう言う……まあいい、頼んだぞ」

820 :安息の終焉 2:2006/06/13(火) 04:20:47 ID:???
「そういえばあと三ヶ月だな」

 机に腰掛けたシャアが、アムロに話しかけた。スーツの上着も脱いで、ネクタ
イも緩めている。右手にはラッキーストライクが挟まれていて、ゆっくりと吐き
出される紫煙は事務所のある一定の高度にたゆたって、まるで雲のようだった。
新聞の地方欄を見ていたアムロが、目は新聞に固定したまま呑気な口調で答え
る。

「なにがだ?」
「9月14日」
「その日に何かあるのか?」
「ああ、きっと事件がな」
「?」

 アムロはシャアに初めて視線を向けた。シャアは哀しげな目をして続けた。

「ジオンの建国40周年さ。きっとジオンの過激派は、何かをやらかす。良くも
悪くも節目だからな、私にはわかる」
「そうか、また戦争まがいの混乱があるのか」
「まあ、誰にだってその日に何かあることは予測できている。30周年の年にも
ハマーンとグレミーのネオジオンが戦争を起こした。20周年の年にはご存知の
一年戦争だ。ギレン・ザビは本当は0078年に戦争を始めたかったらしいが、ず
れこんで年が変わってしまったがな。10周年には……私の父の暗殺事件があっ
た」
「……」
「だから今回も何かあると、誰でも思うのだな。ジオン過激派の連中も40周年
だという理由で、例え警戒が厳しくても敢えてやらざるを得ないのさ」
「お前が表舞台に出てやめろと号令すれば、過激派の連中もなにもしなくなる
ぞ」
「ふん、そんなことはわかっている。だがそうできない事情もあるのだ」
「そうだな、それができればこんなに何年も隠居のような真似をしているはずが
ないものな。……昼休みが終わったな、工場に行ってる」
「ああ」

 事務所の外は人工照明で照らされたジャンクの山がそびえていた。それを見な
がら、シャアは考えを敢えて口に出してみた。

「今の私はシャア・アズナブルでもないしキャスバル・レム・ダイクンでもな
い。ジャンク屋のオヤジ。それ以上でも以下でもない」

 シャアは口に出して言ってみた後、言ったことそのものに後悔し、一人ため息
をついた。

821 :安息の終焉 3:2006/06/13(火) 04:22:47 ID:???
 そんなのどかな午後の就業時間は、突然の来訪者によって打ち砕かれた。どこ
から入ってきたものかモビルスーツが計九機、この月面都市の最下層に出現して
いた。機種は一方は地球連邦軍駐留部隊のジェガンが六機。そしてもう一方がい
ずれも赤く塗装されたゲルググタイプが三機だが、どれもノーマルのゲルググと
は少し違っていた。うち二機は赤い塗装がされた量産型サザビー、そしてもう一
機は赤いリゲルグだった。誰がどう見ても、ネオジオン残党であることは間違い
ようがなかった。
 普通に考えれば数の多い方が有利なはずだし、ネオジオン側の三機ともかすり
傷ではあるがすでに被弾していた。しかしそのモビルスーツらが戦う前から、
シャアもアムロも、赤い塗装のネオジオン側が圧勝することが瞬間のうちに確信
できた。

「よせ!」

 ジェガン部隊が動き出した時、工場から出て庭でその対峙を見ていたアムロが
我知らず叫んでいた。ジェガン部隊の動きはロンド・ベル隊のジェガンと較べて
あまりにも悪く、一方でネオジオン側は無駄がなくスピーディだ。中でも旧型と
思って侮りがちな赤いリゲルグが一番強い。アムロはそう感じた。

「アムロ、ここは危険だ」
「わかってる。くそっ、しょうがねえな!」
「一旦ここは地下に引くぞ」

 地下に移動した二人だったが、たかが民間企業が持てる地下室など、モビル
スーツ戦の流れ弾が飛んできたらひとたまりもない。二人は隠してあった地下の
モビルスーツ倉庫に避難していた。外の状況を知るため、モビルスーツをアイド
リング状態にまで起動しておくのも忘れなかった。コクピットに座ったシャアが
アムロにもモニターを見せる。
 案の定ジェガン部隊は翻弄されていたが、それ以上にジェガン部隊は練度が低
く、最下層とはいえ月面都市のドーム内でビームライフルを発砲していた。かた
やネオジオン側は心得たもので、基本的にサーベルとバルカンと組み伏せだけで
ジェガンを片付けていった。だからこそ残ったジェガンはパニックを起こし施設
内でビームを閃かせた。撤退するという選択肢が頭から抜け落ちるほど恐慌を来
していることは、軍の通信を傍受せずとも充分わかった。
 各地にあるクズ山はビームの着弾による高温で水蒸気爆発をし、メガ粒子と溶
けた鉄を周囲に振りまいた。逃げ惑う同業他社の従業員で、ジェガンに踏みつぶ
された者もおそらく二〜三名ではきくまい。

「ええい、連邦のモビルスーツはアホどもか!」
「なんでこんなところで発砲する?これでは、クズ山が崩れて商売ができなくな
る。おまんま食い上げだぞ!」
「それにしても、相手のモビルスーツ、サザビーとはな。それにあのリゲルグ
は、確か……」

822 :安息の終焉 4:2006/06/13(火) 04:23:47 ID:???
 連邦のジェガン部隊が全滅する寸前、それまで静観していたシャアはついに口
を開いた。

「もう耐えられん。アムロ、出るぞ」
「よせ、こらえるんだ。俺たちが出れば戦闘は必至だ。また流れ者の生活になる
ぞ」
「天井が持たん時が来ているのだ」
「え?」

 地下のモビルスーツ倉庫には、天井に観音開きのドアが付いていたが、その上
は駐車場になっており、先ほどからモビルスーツに踏まれ、銃撃に晒され、ロッ
クにかなりの負担がかかっていた。これが弾け飛ぶのも時間の問題であろう。ぱ
らぱらと何かの破片が落ちてきていた。

「なんてことだ……しかたない、内部電源は五分だけだぞ」
「充分だ。貴様は後部座席に移れ」
「了解」

 金属疲労のため破断点を突破したロックが弾け飛び、1/6Gしかない重力に
よってゆっくりと開いていく天井のドアが全部開ききらないうちに、シャアのモ
ビルスーツは地面を蹴り表に出ていた。
リゲルグと量産型サザビーが向き直ると、そこには彼らにとって非常に見覚えの
ある機体が目に入った。

「MS-06ザクII。ジオニック社によって作られたこのモビルスーツは、一年戦争
当時で最も生産台数が多く、その後のいかなるMSの生産台数も、このザクに及
ぶものはない。万人に扱いやすいその性能はトルクフルで、流体パルスモーター
駆動の関節駆動は独特の味わいを持つ、現在でも多くのファンを持つ傑作機であ
る。
 現在では補修部品の入手はとても困難なため、中身のほとんどはAMS-119 ギ
ラ・ドーガの部品で構成されているが、エクステリアは一年戦争当時のフォルム
を可能な限り再現している。しかもサウンド・チューニングによって、稼働音は
一年戦争当時に活躍したザクIIそのものとなっている。職人のこだわりが形と
なった逸品といえよう」
「ええい、耳元で妙な解説をするな!いったい誰に語っているのだ」
「よし、相手の無線通話のチャンネルを取得した」
「いつのまに……まあいい。ネオジオン相手では私の声だと素性が知れる。会話
はアムロ、貴様がやれ」
「了解」

 ネオジオン側のチャンネルは盗聴のためだけに開いておき、アムロは外部ス
ピーカー用のマイクを手に三機のモビルスーツに語りかけた。

823 :安息の終焉 5:2006/06/13(火) 04:48:51 ID:???
『お前たち、職場を荒らすんじゃない!どこの所属か』

 量産型サザビーのうちの一機がそれに答えた。

『我々はネオジオン。貴様はこのジャンク屋のオヤジか』
『そうだ。商売の邪魔になるから他所でやってくれ』
『そうはいかん。スペースノイドの風上にもおけぬ、連邦に与し害悪ばかりを垂
れ流す軍需企業アナハイムのある、このフォン・ブラウンを爆破するにはこの場
所が必要なのだ』
『馬鹿な、30万人からの一般市民を犠牲にするつもりか!』
『我らの総帥シャア・アズナブルがご存命であったなら、こんなもので済むはず
がない。諦めて爆弾設置を見ているのだな』

「今の声はブラウン大尉か……馬鹿なことを。私の思想は兵たちを間違った方向
に導いたのか……」

『そんなことを許すわけにはいかない。止めさせてもらう』
『丸腰のザクIIごときで勝てると思うな』

 いいざま、三機のネオジオンMSは散開する。

「ふん」

 シャアはザクのスロットルを吹かすと、角なしサザビーとリゲルグの2機編隊
の方に向かった。

「モビルスーツの差が」

 リゲルグがビームナギナタを横にふるうが、ザクはナギナタの下をかいくぐ
り、振り抜いたリゲルグの右腕を強引に後ろに押して角なしサザビーの右腕を切
断した。リゲルグは機体を回転させられて姿勢が崩れたが、それを利用して左腕
の速射砲を向けて打った。しかしその時にはザクの姿はなく、角なしサザビーに
着弾していた。

「何っ、1機のこちらに来ると思っていたのに!」
「戦力の決定的差でないことを」

 ジャンプで速射砲をかわしたザクは、そのまま角なしサザビーの頭を蹴り飛ば
し、その反動を利用して角ありサザビーの方へ一直線に向かう。サザビーがビー
ムサーベルを構える間もなく、スパイクアーマーがメインカメラに突き刺さっ
た。後では体制を整えたリゲルグが速射砲を構える。

「くっ、まだまだ!」
「教えてやる」

 ザクは衝突の反動を利用して着地した後、即座に足払いをかけた。バランスを
崩す角ありサザビー。同時にザクはサザビーの後に隠れ、リゲルグの速射砲を角
ありサザビーのボディで受け止めた。

「ちい……強い……!」
「このシャア・アズナブル、そう簡単にやらせはせんよ」

 白煙を上げ、スパークを散らせる角ありサザビーの陰に隠れたザクと、左腕の
速射砲を構えたリゲルグの間に、緊張が走った。

824 :安息の終焉 6:2006/06/13(火) 04:49:47 ID:???
『どうする、まだやるのか』

 スピーカーからのアムロの声に、リゲルグは動きが止まった。今や無傷なのは
リゲルグのみで、二機のサザビーはリゲルグの速射砲の餌食となっていた。もっ
とも速射砲程度で機能停止するほどサザビーはヤワではないが、二機は戦意を喪
失していたようだった。リゲルグもまた外部スピーカーで話しかけてきた。女性
の声だ。

『何故ザク程度がそんなに速く動けるのだ』
『それほど特別なことはしちゃいないさ、一番重たいパーツを外しただけでね』
『核融合炉……か』
『で、どうするんだい?諦めて帰ってくれると嬉しいんだがね』
『どこの誰だか知らんが、そんな腕前のパイロットは、いつ我々の大義に立ちは
だかるか知れない。生かしておくわけにはいかない』

 そう言ってリゲルグは手持ちのビームライフルを角ありサザビーの裏のザクに
向けた。僚機もろとも狙撃する気か!?

『ええい、このスイッチだ!』
『なッ!?』

 刹那、轟音とともにリゲルグの足下にあったクズ山が崩れ、リゲルグは胸まで
瓦礫に挟まれて動けなくなった。アムロはリモコンスイッチで、クズ山の下の地
下倉庫への扉を開いていたのだ。

『ざまあみろ!』

 その瞬間、遠くの方から地盤を通して爆発の衝撃がかすかに伝わってきた。ど
うやら別働隊がいたらしい。つまり同時に爆破ができなかった以上、彼らの作戦
は失敗に終わったことになる。

「くそっ、ブラウン、リダ、撤退だ」
「……了解、パゾム中佐」

 サザビ−2機に引っ張られてようやくクズ山から脱出したリゲルグは、鮮やか
に身を翻して去っていった。

「おいシャア、ネオジオンの連中が逃げるぞ」
「いや、あれでいいんだ」
「シャア……」
「仮にも以前私の部下だったものだ。私のせいで間違った方向に導いてしまった
が、殺すには忍びない」
「そうか。そう思っているならいいが、ジェガン部隊の救出部隊が来るぞ。職務
質問と事情聴取が待っているな」
「ぬぅ……いっそ一緒に逃げた方が良かったかな」

 五年の沈黙を破り、ついにネオジオンは再び動き出した。彼らは再び地球圏を
戦乱の渦に巻き込むのか。暗澹たる思いでモビルスーツの逃げていった方向を見
つめるシャアとアムロであった。
(Fin)

825 :464:2006/06/13(火) 04:52:17 ID:???
以上、「安息の終焉」でした。
物語の第一話っぽい作りなのはわざとですが、続きはありませんw

また連続投稿規制に引っかかって、ブラウザ替えたりルータ再起動したりしてみた。
結局駄目で、違うスレに書き込んでみたら投稿できた。
SS作者泣かせだね、この規制。

826 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 05:11:06 ID:???
>>825
乙&GJ!

本当に偶然なんだが、>>103を書いたのは俺だw
リアルタイムで遭遇した上に自分のレスから話を膨らませたSSが見れるとは思わなんだ。
ところどころに入る小ネタも効いてて面白かったぞ!
続きはないと言われても読みたくなるなw


ちなみにジャンク屋ダイクンは↓のスレ

ttp://aaasym.hp.infoseek.co.jp/k/gyakusini.html

>>134、156、214、226、227あたりが元ネタ。
物悲しくもあり妙に幸せそうでもあるシャアとアムロが印象に残ってたみたいだ。

827 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 12:49:25 ID:???
not found ・・・と、飛べなかったよ・・・orz

828 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 12:50:33 ID:???
あっと

みなさんGJです。
感謝。

829 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 13:03:04 ID:???
すまんこっちだ
ttp://aaasym.hp.infoseek.co.jp/log/k/gyakusini.html

830 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/13(火) 23:20:11 ID:???
何だこのちりばめられた冒険王ぶりw

831 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 02:42:55 ID:???
日本は逆転負けで韓国は逆転勝ち‥orz

832 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 02:59:40 ID:???
つttp://vista.xii.jp/img/vi4976897741.jpg 
気のせいだ

833 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 03:07:37 ID:???
えらいスレ違いなレスだな
誤爆?

834 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 23:42:35 ID:???
来週のトリビアにシャアが出演します。

835 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 23:48:49 ID:???
おう!サンクスw今週も出てたよな?

836 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/14(水) 23:56:12 ID:???
副音声の出るTV持ってる人、羨ましい・・・。

837 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 02:01:12 ID:???
とたんにさびれたな

838 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 02:08:54 ID:???
誰のせいだと言うんだ

839 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 08:23:22 ID:???
さびれたと言うより初期の状態に近い気がする。
職人だって休憩が必要なのさ、きっと。
ここは職人だけのスレじゃないだろ?
その分語ればいい。

840 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 08:27:13 ID:???
>>838
お前何言ってんだ?
続きをせがむために雰囲気悪くなる事言うの止めようぜ

841 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 09:38:30 ID:???
煽ったのは>>837ですよ!

842 :840:2006/06/15(木) 09:58:26 ID:???
>>841
すまんw勘違いだったww

843 :少女と黒猫 1/4:2006/06/15(木) 13:55:56 ID:???
 その日、クライアントとの打ち合せから帰宅したアムロは、自宅のドアを開けた途端に耳に
飛び込んできた声に眉をしかめた。
 泣き声にも聞こえるヒステリックな大声は、クェスだ。時折低く返すシャアの困りきった声音
からするに、彼女がまた何やら厄介事を持ち込んだらしいのは直ぐに予想出来た。
 一つ、溜め息をついてからリビングに繋がるドアを開ける。そっと隙間から覗けば、成程、
腕を組んで仁王立ちするシャアの背中と、一生懸命身振り手振りを交えて何かを言い募っている
クェスの姿が見えた。
 「…ハロだけでも煩いというのに」
 「だって可哀想じゃない!…ねぇ、お願い大佐!ね?ね?」
 ついには顔の前で両手を合わせ、頭を下げるクェス。「また何かねだっているのか」と見当を
つけ、アムロは助け舟を出してやるつもりでリビングに入っていった。
 「何してるんだ?」
 「アムロ!」
 案の定、クェスは味方が来たとばかりにぱっと表情を明るくする。ぱたぱたと小走りに近寄って
きて、アムロの腕を取り無理矢理引っ張ってシャアの前まで連れていった。
 「アムロも何か言ってよ!大佐ったら冷たくってさ!」
 「今度は何だ?言っておくが、MSなんて駄目だぞ」
 「違うったら!」
 ぶぅ、と頬を膨らませるクェスと、不機嫌そうに眉間に皺を寄せたシャアが同時に指を差す。
 フローリングの上。二人が指差したそこには、よれよれのダンボール箱があった。
 中に蠢く黒い塊。
 「なーぅ」
 たっぷり十秒は固まっただろうアムロがぎこちなくクェスを振り向く。
 「…………猫?」
 「他の何に見える?」
 クェスはやはり、ぶすっとしたままぶっきらぼうにそう答えた。


844 :少女と黒猫 2/4:2006/06/15(木) 13:57:24 ID:???
 買い物帰りにクェスが拾ってきたという黒猫は、ダンボール箱の中で小さな体を丸めて眠っている。
 そしてリビングの真ん中では、大人二人を前にクェスが小さくなっていた。
 「実際、世話をする羽目になるのは俺達なんだぞ?」
 「だからお願いしてるんじゃない…」
 時たま遊びにやってきて、一週間程したら帰っていくクェスに猫の世話が出来るかといえば、
どだい無理な話だ。必然的に彼女が居ない間の世話はアムロ達の仕事となる。拾ってきた張本人
であるクェスよりも遥かに長時間だ。
 「拾ってきたはいいが世話はほとんど他人任せっていうのは、少しムシが良過ぎないか?」
 「う……」
 「俺もシャアも仕事がある。そうそう気を使ってはやれない」
 服に毛が付くのは困るしな、とシャアが呟く。ますます肩を竦めて縮こまるクェスは恨みがま
しく大人達をねめつけた。
 「だって……雨が降っててね、可哀想だったのよ。放っておけないじゃない」
 「気持ちは分かるが…」
 短くアムロが溜め息をつく。本日四度目、クェスと対峙してからは三度目だ。
 「生きものを飼うって事は、その命を任されるって事なんだ。守ってやる責任があるんだよ。
  この子の親になってやらなきゃいけないんだ」
 「…分かってるよ」
 「いや、分かってない」
 「なんでさ!」
 「クェスは自分の子供の世話を、他人に任せるのか?」
 「あ…」
 言われて、クェスは声を詰まらせた。
 「たかが猫、じゃないぞ。あの子はちゃんと、生きてるんだから」
 ソファに座るクェスからも、丸くなった子猫の腹が緩く上下しているのが見えた。
 息をして、生きている小さな命。誰かが守ってやらなければ直ぐにでも消えてしまうかもしれない、
それ程子猫は小さかった。
 しかし、クェスにはずっと傍に居てやる事は出来ない。
 「じゃあ、拾ってこなければよかったっていうの?それこそ可哀想じゃない!」
 自分に子猫を育てる覚悟も時間も無かったのだという事は、遅蒔きながらクェスにも理解出来た。
その責任をアムロ達に押しつけようとしている事も。だがこうして連れて帰ってきてしまった以上、
放り出すわけにはいかない。そこまで無責任にはなれないし、非情にもなれない。意地でも、
情に訴えてでもここに置いて貰うしかないのだ。
 立ち上がり、再び大声でがなり出したクェスを今度はアムロが見上げる。
 「そうは言ってない」
 「そういう事よ!あたしに世話をする力が無いから、見殺しにしろって、そういう…!」
 「違う、クェス」
 「違わないよ!アムロは違うって思ってたのに!他の大人とは違うって!」
 雨の中、くたびれた店先の軒下でか細く鳴いていた小さな猫。まるで何も見えていないかのように、
あるいはちらりと見下ろしだけでそのまま通り過ぎていく人の群れ。
 クェスはずっと見ていた。あんなに鳴いているのに、あんなに助けを求めているのに誰も見て
くれない。大人達は無関心に通り過ぎていくだけだ。「よくある事だ」と「またか」と、
うんざりした表情で。
 昔の自分を見ているようで辛くて痛くて、見捨てられなかった。
 「アムロはあたしを助けてくれたわ!大佐だってあたしに優しくしてくれたじゃない!
  どうしてこの子は駄目なのよ!」
 馬鹿な子供じみた事を言っているな、とクェスは自覚していたがもう止まらなかった。アムロは
困ってしまって、しかし何とかクェスを宥めようと口を開いた、その時だった。
 「おい」
 全く予想外の所から声が上がった。シャアだ。何時の間にかソファから離れ、ダンボール箱の
中身を覗き込んでいる。思わずクェスもアムロも、口論を中断してそちらに見入った。
 「様子がおかしい」


845 :少女と黒猫 3/4:2006/06/15(木) 14:00:57 ID:???
 シャアが箱から取り出した子猫は、ぷるぷると小刻みに震え、心無しかぐったりしているように
見える。ぱっと駆け寄ったクェスがその顔を覗き込むと、拾い上げた直後よりもずっと呼吸が
弱々しく、閉じた目蓋が苦しそうにぴくぴくと痙攣していた。
 「どうしよう!病気!?」
 「困ったな…この近くに動物病院なんて無いぞ」
 「アムロ!どうしよう!」
 「機械なら直せるけど、こればっかりは…」
 小さな子猫を前にして今にも泣き出しそうなクェスと、首を捻るアムロ。猫はおろか生きものすら
飼った事の無い二人にはどうにも勝手が分からないのだ。
 真っ先に行動を起こしたのは、意外にもシャアだった。子猫を腕に抱え、部屋の隅にあった洗濯籠
を持って戻ってくると、ソファにあったクッションを籠の底に詰める。
 「アムロ。物置にヒーターがあったな?」
 「え?あぁ…」
 唖然としてシャアの動きを見送っていたアムロは、突然問われたそれに生返事をして、一瞬
置いてから意味を解したのか「持ってくる!」と慌ててリビングを飛び出した。
 「クェスはタオルを何枚か持ってきなさい。膝掛けのようなものがあれば、それも」
 「は、はい!」
 今度はクェスが飛んで行った。ばたばたと騒がしい二人分の足音が遠ざかる中、シャアは一人、
早くも毛だらけになった自分のシャツを目にして溜め息をついた。

 「大佐、この子、大丈夫かな?」
 クッションとタオルでふかふかになった洗濯籠にぴったりと寄り添い、クェスが不安気に
シャアを見上げる。
 アムロが持ってきたヒーターは少し離れた場所で赤々と光り、緩やかな熱を送っていた。
 ただでさえ体力の無い幼い子猫が長い間雨に濡れていたというのだから、風邪をひいたとし
てもおかしくはない。しかし急激に暖めるのも危険だ。
「ゆっくり暖めてやるしかない。一晩ついて居てやらなければな。出来るか?」
 もし吐いたらその嘔吐物を掻き出してやる必要もある。喉に詰まって呼吸が出来なくなる
からだ。水も定期的に与えてやらないと脱水症状を起こしかねない。
 淡々と説明するシャアの低い声が「私は一切、手を貸さない」とでも言いたげで、クェスの
胸をちくりと刺す。しかし、諦めるわけにはいかない。
 あたしがこの子を助けるんだ。
 「うん。出来る。あたしが見てる」
 クェスははっきりと頷いた。
 重ねたタオルの布団から顔だけ出して、だがまだ寒そうに震える子猫をタオルの上からそっと
撫でてやる。
 「あたしの責任、なんだもんね」

 夜中の二時を回った頃、アムロが起き出してきた。うつらうつらと舟を漕ぐクェスの肩から
落ちた毛布を掛け直してやる。
 はっとクェスが顔を上げた。
 「クェス、俺が代わるよ」
 「ううん。あたしが見てる。拾ってきたの、あたしだもん」
 それくらいはしないとね、と目を擦りながらもクェスは笑った。
 子猫の震えは大分治まったように見えるが、幼い分いつ何時容体が急変するか分からない。
まだ楽観視は出来ないだろう。
 意地でもここを動かないつもりだろうクェスにアムロは諦めて引き下がる事にした。
 「何かあったら、直ぐ呼ぶんだぞ?」
 「うん。アムロ、明日も仕事でしょ?早く寝なよ」
 「分かったよ」
 両手を上げた降参のポーズでアムロはリビングを出ていった。


846 :少女と黒猫 4/4:2006/06/15(木) 14:02:48 ID:???
 廊下を歩きながら欠伸を噛み殺す。クェスの言うように明日も引き続きクライアントとの
打ち合せがあった。朝も早い。
 ふと顔を上げたアムロは廊下の壁にもたれて立つ男に気付き、ふんと鼻を鳴らした。
 「あんたも追い出されたクチかい?」
 「…いや。今目が覚めたところだ。もう寝るよ」
 言うなりシャアはくるりと背を向けて、そのまま自分の部屋に戻っていった。アムロが
「やれやれ」と肩を竦める。
 「素直じゃないねぇ…」
 一度振り返り、リビングのドアから漏れ出る明かりを見遣ってから、アムロは今度こそ立ち
止まる事無く部屋に帰った。


 「アムロ!この子、元気になったよ!」
 「にゃー」
 朝、リビングに入ったアムロを出迎えたのは黒猫のドアップだった。思わず一歩後ずさる。
 嬉しそうに、少し誇らしげに子猫を掲げ持つクェスの目の下にはクマが出来ていたが、それは
見ない振りをしてアムロはその水色の頭を撫でてやった。ぷらぷらと黒い尻尾を揺らす子猫は昨晩
とは打って変わってしきりに顔を洗ったり、かりかりクェスの手を引っ掻いている。本当に
元気になったようだ。
 「よく頑張ったな、クェス」
 「うん!」
 子猫を抱き締めて鼻歌混じりにソファに座ったクェスの向かいには、無言で新聞を読み耽る
シャアの姿があった。仕事の無い日は割りと遅く起きてくるくせに、本当に素直じゃない男だ。
 「名前、決めないとな」
 すでに落ちきっていたコーヒーをマグカップに移しながら、背後のクェスに聞こえるよう
に独りごちる。ぽん、と花が咲くように彼女の意識が明るくなるのを感じた。
 「それって…この子、飼っていいってこと!?」
 「クェスが出来る限り世話をするならね。それなら、きみが留守の間は俺達が面倒見るよ」
 「やった!ありがとうアムロ!」
 シャアから反論は出ないので、了承したと解釈する事にする。
 クェスはソファの上であぐらをかいて、子猫を揺すりながらあれやこれやと名前を考えていた。
 「何がいいかな…ジジとか?アムロは何か思い付かない?」
 「うーん…アルテミ…いや、なんでもない」
 「何それ?」
 「ルシファ」
 「え?」と二人同時に振り返る。新聞に視線を落としたまま、シャアはこちらを見向きも
しないが、確かに聞こえた。おそらくは子猫の名前候補だろう。クェスとアムロは顔を見合わせ
て小さく笑い合った。
 「ルシファ…ルシファ。うん、いい名前。決めた!おまえの名前はルシファ!」
 「なーぅ」
 再び高い高いをするように子猫――改めルシファを持ち上げる。相変わらずじたばたと
落ち着きの無い子猫は「なーなー」と可愛らしい鳴き声を上げてクェスの手を引っ掻いたが、
クェスは満足気に何度も頷いて終始上機嫌だった。


 後で判明したのだが、「ルシファ」というのは昔ダイクン家で飼われていた猫の名前だった
らしい。それを教えてくれたセイラ女史は「同じ黒猫だから、それしか思い付かなかったんで
しょうね」と可笑しそうに笑っていた。

 結局、昔取った杵柄なのか猫の扱いが思いの外巧いシャアにルシファは一番懐き、クェスを
やきもきさせる事になるのだが、それはもう少し先の事だ。

847 ::2006/06/15(木) 14:05:00 ID:???
職人さん達が忙しそうなので今の内に投下。
クェスが書きたかったのでクェス萌えじゃない人にはつまらんだろうが、
軽く流してくれるとありがたい。

フルハウスみたいなノリを目指してたんだが何か違う…アルェー?


848 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 14:06:03 ID:???
リアル GJ!

849 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 14:08:00 ID:???
ルシファ・・・黒い天使ww


クエスもヌコもカワユス

850 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 14:22:22 ID:???
>>834
アムロ、座を奪われたな

851 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 14:49:50 ID:???
ルシファ、キタ〜
GJです!!

しかし、猫にルシファと名付けちゃうあたりにダイクン家の歪みってのが
うかがえますな・・・。

852 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 19:07:40 ID:???
アルテミスに突っ込みたい(w
乙です

853 :98 :2006/06/15(木) 20:00:23 ID:???
仕事から疲れて帰ってきた自分を待っていたのは
ガリガリくんと、クェス(゚∀゚)!!!
癒された。GJ&乙!おねだりクェスかーえー。
猫の名前もセンスイイ。自分は読んでる途中、ジジかネコ目の黒繋がりで『ギュネイ』
しか思いつかなかったよ…。

854 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 20:14:46 ID:???
GJ! 面白かったよ

855 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 21:16:23 ID:???
ルナ

856 :847:2006/06/15(木) 21:46:06 ID:???
黒猫はアルテミスじゃなくてルナだったな…申し訳ない…_| ̄|○
あと、ルシファの元ネタはオリジンですよ念の為。

GJ貰えて光栄です。ありがとう。
それでは職人さん達の帰還を祈りつつ名無しに戻ります。ノシ

857 :98 :2006/06/15(木) 22:38:09 ID:???
オリジンか。
1stの劇場版三部作を未だVHSのみで通している自分にとって
安彦さん大ッ好きだが、オリジンには未だ手を出せてない。
イメージが崩れるのがなんか怖くって。チキンな自分。
やはり読むべきなのか?!
シャアが結構渋いらしいね。
ワルさも三割り増しだとか

858 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 22:51:15 ID:???
好きにすればいい
まあオリジンはオリジンだ、としか言い様がないな
安彦ガンダムだな

859 :通常の名無しさんの3倍::2006/06/15(木) 23:16:43 ID:???
オリジン。個人的には好きだな。
ただ、テレビ版や劇場版に思い入れが強い人には向かないかも
しれない。

860 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/15(木) 23:38:37 ID:???
>>858-859
d!!

861 :573:2006/06/16(金) 02:32:59 ID:???
>>810

夜が開け、雲間の切れ間に何日ぶりかの太陽が顔を覗かしていた。朝焼けの中一台の
オープンカーが湾岸を疾走していた。運転席と助手席には男が二人、後部座席には不
機嫌そうな顔をした少女が乗っていた。車はゆっくりと軍の施設がある港に入ってい
った。
「通行許可証を」
連邦の若い兵士が声をかける。カイはハイハイと覇気の無い返事をして許可証を渡す。
「そちらの二人は?」
「ん?ああ・・・俺の助手と姪だよ。つれてけってうるさくてね」
うんざりとしたような表情で兵士の相手をするカイ。背中に冷や汗を感じながらあくま
でもクールに装う。いくら変装しているとはいえカミーユと自分が一緒にいることがば
れれば怪しまれる。そうなれば今回の計画は無に帰すかもしれない。それだけでなく、
すでに潜入しているだろうあの二人を危険にさらす可能性がたかい。
「どこかで見た気が・・・」
じろじろ3人を凝視する兵士にカイとカミーユは背中が少しこわばった。
「そりゃそうよ、カイおじさんは元WBクルーなんだから♪早くブライト大佐に会いに行こうよ♪」
少女の明るい声に連邦兵士は曇らせた顔がふっと明るくなり、
「ああ、あなたがあの伝説の・・・どうぞ、おとうり下さい」
そういってあっさり信用した兵士を尻目にゲートを通り過ぎた車で二人はホっと胸をなでおろした。
「助かったぜ、クエス」
「フン!」
そういうと少女はまた不機嫌そうな顔をして後部座席に横になった。
「・・・ぶぅ」
今回こそはあの二人に会える・・・そう確信していたクエスは見事に裏切られた
思いだった。カイからあの二人が生きていることを知らされたときは天にも昇る
思いだった。あの二人に会いたくてあんな田舎まで一人で行ったし、カイを押し
倒す勢いで無理やりついてきた。なのにあの時も、BARに現れたのはカミーユと
いう男だけだった。しかも、今回の作戦中にあの二人に直接会わないと先ほど
カイに告げられたからだ。
「・・・NTなら誰でも良いってわけじゃない。」
後部座席で自分に向けられる視線を感じながらもカミーユは窓の外に一列に
整列する戦艦を眺めていた。グリプス戦役以後、軍施設に近づかないように
していた。意識はしていなかったが、そこに近づくことを避けていた。あの
人の魂が消える時に自分を通り過ぎる感覚はもう感じたくは無かった。
「おい、大丈夫か!?」
「・・・え?ええ、大丈夫です」
軍艦に近づくにつれ表情の優れなくなるカミーユを気遣うようにカイが声をかけた。
この青年も戦争で自分と同じように大きな傷を負ったのかもしれない、俺は自分の
エゴでこの青年の心の傷をナイフでえぐり返しているのかもしれない。少し自己嫌
悪に陥りながらアクセルを踏む足に力を入れた。
「ちょっとー、急にアクセ・・・!?」
急にスピードを上げたカイに文句の一つでも言ってやろうと席を立ち上がろうとした
瞬間、クエスは懐かしい感覚に襲われた。
「大佐!?アムロも!?」
思わず大声を上げて車から体を乗り出したクエスにカイとカミーユはギョッとして後ろを振り返った。
「あっ・・・」
しまった・・・そう思ったときには後の祭りであった。ここは連邦軍の軍事施設で
その二人の名前は連邦軍の連中が血眼になって探している人間の名前。その声を
聞いた連邦兵士たちの視線が集中した。


862 :江馬・シーン:2006/06/16(金) 14:55:43 ID:???
お久しぶりです。
連日の皆さんのGJには関心しております。

このスレもだいぶ伸びてきまして・・・
>>247-248
の外伝が尻きれ状態になっているのが気がかりだったんで、
その後の257・270は勝手ながら無かったことにして、こちらを
とりあえず「外伝」の今の所のまとめとさせて頂きます。

863 :光と闇 1:2006/06/16(金) 14:58:38 ID:???
宇宙に上がるのはリィナを兄であるジュドーに引き合わせる為に
上がって以来だった。

「ねぇ、セイラ。あの下の方に見えるのが月面都市ってやつ?それに
あっちの方に見えるのがコロニー郡だね。ネットやTVなんかで見た事ある
けど実物って迫力あるっていうのか、あんなものが宇宙空間に浮かんでる
なんて神秘的で迫力が全然違うね!」
「今回の目的はあくまで公用です、グラフィン秘書官。公私混同を
なさらないように」
初めての宇宙(そら)への旅に、まるで子供のように窓際に張り付いてはし
ゃぐグラフィンにピシャリとセイラは言い放つ。
「そ・・・そうでしたね理事長。」
(公私混同するなって・・・だったら学者畑の俺よりも経理事務長の
コートニーでも連れてくりゃよかったのに・・・)
グラフィンはバツが悪そうに咳払いを1つすると窓にうつる姿を鏡代わりに
ネクタイを締めなおし、ワイシャツのポケットからコームを取り出し髪型を
整えなおし、コームと入れ替えにスーツの内ポケットから端末を取り出す。

「セント・ジョセフへ到着後のスケジュールの件ですが到着後、まずネット
で予約しておいたリサイクル・ショップへ立ち寄って、それから・・・セント
・ジョセフ市議のデクスター・アキヤマ氏と打ち合わせ。その後エアーズ市へ
移動してオールド・ロック・カフェで打ち合わせ・・・相手の名前は入ってま
せんね。打ち合わせ終了後深夜便のシャトルでまた地球へトンボ帰り・・・ハード
スケジュールですね。これで間違いないでしょうか?理事長殿」
「問題ありません、グラフィン秘書官」
なかばうわの空で答えながらセイラはシャトルの前面に流れる電子ニュース
に見入っていた。
【第2次ネオジオン紛争において、戦闘中に行方不明となった連邦軍の英雄、
アムロ・レイ大尉の捜索打ち切り。なお、シャア・アズナブルの消息について
は今後も継続との連邦国防総省の発表】

864 :光と闇 2:2006/06/16(金) 15:01:00 ID:???
「ネットでオーダーされた商品はすべて揃っております。例の品のメンテナン
スも完璧に行っておきましたので問題なく使用できます。お約束どおり各月面
都市での携帯許可証と地球圏への持ち出し許可証も付けておきましたのでご安心
ください」
セント・ジョセフへ到着した2人は予定通り裏通りにあるあやしげな”自称”
リサイクルショップへ立ちより、小型スーツケースに詰められた荷物を受け取る。
「理事長に骨董の趣味があるなんて知りませんでしたが、一体中身は何なんです?
北宋の壷とかですか?」
無言でスーツケースを開けるセイラ。中身はS&W M36LS(Lady Smith)及びホル
スター一点。防弾チョッキ一点。特殊警防一点。全身〜特に両腕部分に鋲
(トゲトゲ)がびっちり打ち込まれたライダースジャケット、旧世紀のクラッシ
ュビンテージジーンズ、超薄型ヘッドギアおよびニットキャップ。POLICEのサ
ングラス、ドクターマーチンのエンジニアブーツ各一点。以上である。

「骨董品って大事な打ち合わせ前にこんなワケのわからないものばかりを集め
てどうするんですか?理事長」
ジャケットを脱ぎ、ホルスターを掛け、M36LSをそこへ収めながら
「グラフィン秘書官。あなたは先にエアーズ市へ入って。夕食を取ってか
らどこか適当な場所でこれに着替えて。あとベイで返却可能なレンタカーをと
っておいて」

セイラはオールド・ロック・カフェの店内と近郊の地図をとりだす。
「店の場所はスラム寄りの裏通り。レンタカーはそこから1本向こうの
表通りの前払い制のパーキングに止めておいて。それから約束の時間の
21時にはあなたは店内入り口付近の窓際のカウンター席に座っておいて。
飲酒運転はまずいから打ち合わせ中はそれ以外なんでも好きなものでも
飲んで時間つぶしをしていて」
「はぁ、では自分はアキヤマ氏との打ち合わせには同席しなくても良いと・・」
「アキヤマ氏は信頼のおける人物ですから一人で大丈夫です。それよりも
エアーズ市での”打ち合わせ”の方が厄介なことになりそうですから、よろしく
頼みます。グラフィン秘書官」

(鋲ジャンにクラッシュジーンズって・・・いくら俺のご先祖にパンクロッカ
ーがいたからって学者でありドクターである俺にこれは無いだろ。しかも防弾
チョッキと特殊警防付きって・・"また"なにかやらかす気だな)
彼女の言い出したら聞かない性格を嫌というほど知っているグラフィンは、
半ば諦め気味にスーツケースを抱えて一人エアーズ市へとむかっていった。

865 :光と闇 3:2006/06/16(金) 15:04:04 ID:???
一方セイラはデクスター・アキヤマ氏の事務所の応接室にいた。
「アキヤマ・コンッエルンは貴方がたが今地球で行っている難民
救済及びNPO医療事業に貢献出来ることを名誉に思っております」
「こちらこそ。いつも膨大な援助をして頂いて、感謝の言葉もありません」
「まぁ、お時間の都合もあるでしょうし前置きは短めにして本題に入り
ますが、Ms.マス女史。あなたこのセント・ジョセフで市会議員になる
お気持ちはありませんか?」
「市会議員?また何故そのようなお考えをお持ちになられたのです?」
「私の父はかつてのダイクン派のラル家との繋がりのある家系でした」
「・・・」
「誠にお恥ずかしい話なのですが、あなたがたを救う為に忠義を尽くし
たラル家とは違い、わたしの父は嫌な意味で生きるのがうまい男でした。
ダイクン様の訃報を聞くや否や身の保身の為、当時カレッジに上がったば
かりの私を即中退させ、ザビ家のキシリア機関に入隊させ、自分自身も当
時のサイド6のランク政権とのパイプを利用し、ジオン寄りの密約を交わす
ことへ尽力することでザビ家への恭順の意をしめしたのです。」
「それはもう10年以上も前の話です。そのことと今回私が市議になることと、
どのようなご関係がおありなんでしょうか?」

866 :光と闇 4:2006/06/16(金) 15:07:01 ID:???
ポケットからパーラメントを取り出し、火をつけながら訊く。
「あなたがたが地球に渡り、マス家の養子になったという話までは父が
弁護士に託した遺書の中に書かれていました。私は若い頃から父のやり方
が大嫌いでしが、あの男なりにダイクン家に忠義を欠いたことに何かしらの
負い目があったのでしょう。私は終戦後、3年間の連邦軍収容所生活を経てフォ
ン・ブラウンにわたり、父の遺産を元に死に物狂いで働いて中立都市である
セント・ジョセフへ移住し、今の地位を得ることが出来ました。貴方の兄上で
あるシャア・・・キャスバル閣下の革命は私にとっては残念ながら加担する気
にはなれませんでした。何故なら今世の中の多くが望んでいるのは『過激な革
命』ではなく『中間』だからだと私自身が信じているからなのです。」
「中間?」
「はい。すべての中間に立てる人間こそ、これからますますきびしくなる世の
中に必要だと思うのです。あなたは現在の連邦政府のやり方に納得なさって
いるわけでない。かといってお兄様の革命のような過激な進化論にも同意でき
ない。今地球で行なっている貧困層の救済および医療援助という形で多くの良
識ある上流層企業との橋渡しを行なっている。要するに、あらゆることの中間
にあなたは立っていらっしゃる。そういう方こそこれから必要になると思うの
です。」
「要するにあなたはご自身の意思のために私を担ぎ上げようとなさってる
、と解釈してよろしいのかしら?」
「担ぎ上げる?あなたは担ぎ上げられるような器では無いでしょう。
もし、担ぎ上げるのならもっと軽い神輿を選びますよ。たとえば行方不明
になったミネバ・ラオ・ザビでも探し出しますとかね。それに私はあなたに
ダイクンを名乗れなどと言う気は毛頭ございません。」
「残念ながら兄と違い、私は政治には関心はありませんから」
「あなたに市会議員になることを私がおすすめするのは何より今、
あなたが行なっている慈善事業を無にしない為でもあるんですよ。

今後連邦政府は今以上に不法滞在者の取締りを強化させていくでしょう。
そうなると、今あなたが地球で行なっている貧困層の救済事業を個人事業と
して行なうことに限界が出てきます。もうあなたは十分地球圏にNPO事業
の種を撒いてきました。あなた自身がいなくても、団体は十分活動していけ
るでしょう。あなたはこのセント・ジョセフに移り住み、まず市会議員
になって、そこからゆくゆくは連邦議会の議員を目指し、政治的な立場から
貧困層の救済を行なう必要性が必ず出てくると私は思うのです」
「確かに連邦政府は今後ますます不法滞在を余儀なくされている貧困層
に厳しくなっていくでしょう。しかし、私が政治的な立場に立ったとしても、
その様な方々の救済が行なえるとも思えないのです。」
「セント・ジョセフ市議会に関しては私は強いパイプを持っています。
あなたさえその気になって頂けるのなら全面的にバックアップさせて
頂く用意はすぐ出来ます」
「ではあなた自身が市議になられれば良いのでは無いでしょうか?」
「残念ながら。私はあなたほど『中間』に立てる器ではありませんから」
セイラは灰皿でタバコを消しながら答える。
「申し訳ありませんが今回のお話は保留とさせていただけませんか?」
「今の事業を進めていく間にきっと私の今回のお話の真意が判って
いただける時が来ると信じております。何年でもお待ちしますよ」

867 :光と闇 5:2006/06/16(金) 15:09:57 ID:???
21時5分前、エアーズ市オールド・ロック・カフェ---

ジンジャーエールとハンバーガーをオーダーすると約束どおり、入り口付近の
席にグラフィンは陣取った。するとそこへダークなダブル・スーツに身を包んだ
、店の雰囲気に不似合いな男が入店する。グラフィンはその胸元のバッチを
見て飲みかけていたジンジャーエールでむせかえる。
(げほっ・・・あのバッチ、暗殺を含むマンハンティング上等の武闘派
マフィア、キュリオ一家のじゃねーか)窓から外を窺うと、同じバッジを
つけた輩が3人ほどいる。そこへセイラが来店。嫌な予感は的中し、マフィア
と同じテーブルに着く。(俺、ワケわからないまんま死ぬのヤだよ・・・)

「セイラ・マス女史。慈善事業で有名なあなたがこのようなにぎやかな場所
で、私のようなヤクザものとご対談をご希望とは、余程の御用なんでしょうな」
「ええ。お忙しい中お呼び立てして申し訳ありません。」
答えながらセイラは懐からM36LSをコーヒーカップの右横に置く。
「ほぅ、骨董銃ですな。スミス&ウエッソンM36レディ・スミス。
旧世紀のご婦人の護身用銃として名高い名品ですな」
「古いものでも弾はちゃんと出ます。実に貴重な骨董品ですわ」
「・・・何のはったりか存じませんが。ご用件はなんでしょう?」

オールド・ロック・カフェには相当数の客がいたが、皆他の客には
無関心な輩ばかりで3D映像のライブ画像に釘付けだったり、仲間内
で騒ぎまくっていたり・・・誰もこの店に不釣合いな2人の客に目を
向けるものはいない。

868 :光と闇 6:2006/06/16(金) 15:11:51 ID:???
「シャア・アズナブルの首に対し、連邦政府は一体あなた方にいくら出すと
言っているのです?」
「シャア・アズナブル?ああ、あの革命のシャアですか。あれは連邦軍部
のお尋ね者でしょう。何を根拠に連邦政府が我々マフィアに依頼をしたと
お察しになるのですか?それに何故あなたがシャアの身柄を気にするのです?」
「確かに連邦軍部はシャアの捜索に必死です。しかし、連邦政府の一部には
もし、彼が見つかってしまった場合、裁判の末銃殺刑に処すればコロニー移民
の叛意が高まると考え、今回のアクシズ騒動で死亡、もしくは完全な行方不明
ということにして、もしシャアが生きていた場合、秘密裏に消してしまったほ
うが民衆を刺激せずに済むと裏工作をしている可能性も無いとはいえないと思
いましてね。シャアの身柄については『個人的な事情』とだけ申しておきます」
「面白い憶測ですな、証拠は何かおありで?」
「いえ、この件の証拠はございませんがあなたがたと、とある連邦議員
との間での武器の裏取引の証拠書類でしたらご用意出来てますが」
セイラはマイクロチップを取り出す。
「これがあなたがたと連邦議員とのつながりを示す証拠になりえると
お思いになりません?」
「・・・あんたはウチの組織が何を得意としているかご存知の上でお話
ですか?」
「暗殺・・でしょう?」
「シャア・アズナブルの首へかけられた賞金はコロニー圏で税金未払い
の連中からの取りたて業務の委託と今後、大規模に行なわれる地球圏での
不法滞在者取り締まりに関する委託。1人頭幾らってやつです。もし、
シャアの首を取れば我々の組織は安定した"仕事"が政府から頂けて安泰と
いうことですよ。あなたにそれ以上の報酬が払えるんですか?」

869 :光と闇 7:2006/06/16(金) 15:14:04 ID:???
セイラは先のアキヤマ氏との対談をふと思い出した。
不法滞在者取り締まり強化が進むことは前もって判ってはいた。
が、しかし政府がもうそこまで根回し--しかも兄であるシャアの首を利用して--
まで進めているということは全くの予想外であった。

「あんたの慈善事業とやらもあと少しで終わりですな。もし、我々がシャア
を見つけられなくても他の議員が他の組織を使っていずれ不法滞在者取り締
まり事業を始めるでしょう。あと、帰り道には十分お気をつけください。
セイラ・マス女史」
マフィアはテーブルにコーヒー2杯分のコインを置くと無言で店を後にした。

セイラは入り口付近に陣取るグラフィンの所へ近づき
「店を出ます。外には数人彼の使いがいるようだから、何とか振り切って
レンタカーまで!」
「ふ、振り切るって・・・」
「ここは裏通りだから少々のトラブルは日常茶飯事。誰も気に留めない
でしょうから強攻策を取ります!」
店を出ると案の定、先のマフィアの用心棒が銃を構えてセイラ達を狙う。
セイラはM36LSを彼らに向けて発砲し入り口に陣取っていた2人を片付ける。
そして表踊りのパーキングへと向かい走り出した所、影からもう3人ほど
マフィアが出てきた。
「トビー!あなた大学でラグビー部だったんでしょ!前の2人を突き
飛ばして!!」
グラフィンはサングラスの奥半泣きで発砲する前方のマフィアの顔面をラリア
ートのごとくトゲつきの鋲ジャンで突き飛ばす。
横から出てきた1人はセイラが銃で応戦し、なんとかその場を切り抜け、
レンタカーまでたどり着き、ベイへ向かって車を急発進させた。

「とりあえず追っ手はもういないようですが、キュリオファミリー敵に
まわしちゃったらタダじゃすまないんじゃないんですか?」
「地球へ帰ったら今度はこのマイクロチップで連邦議員のヘトソンに
圧力をかけるから・・・何とかなるでしょう」
「火に油を注ぐ結果にならなきゃいいんですが・・・」
「いざとなったら名前を変えてセント・ジョセフのアキヤマ氏の好意に
あずかることにしましょう・・・」

その後のセイラの生死、動向についてはとりあえず不明である

870 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/16(金) 15:15:02 ID:???
長文スイマセン

871 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/16(金) 15:19:35 ID:???
>>780
面白かったからOK
セイラさんカッコいいねぇ

872 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/16(金) 15:51:16 ID:???
バグだし
光と闇 4
呉「ではあなた自身が市議になられれば良いのでは無いでしょうか?」
正「ではあなた自身が連邦議員になられれば良いのでは無いでしょうか?」


873 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/16(金) 20:35:01 ID:???
セイラさん男前だなぁ(褒めてます)カコイイ!

874 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/17(土) 17:04:00 ID:???
(▼∀▼)ここでageてみる。アムロ私を止めてみせろ!

875 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/17(土) 18:06:09 ID:???
⌒⌒^'、
rνyy'ソ
 ゚д゚)<断る!

876 :464:2006/06/17(土) 22:43:33 ID:???
>>862
今回も面白かったっす。乙です。
すっかりセイラさん使いっすね。またお願いします。
俺の方はネタ切れ+多忙で書けません……

877 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/18(日) 12:12:26 ID:???
江馬です

>>871
感想ありがとうございます
>>873
男前っていえばオリジンセイラはかなりの男前ですからねw

>>876
>すっかりセイラさん使いっすね
ホントはミライさんとかフラウの話も書きたい所なんですが、
フラウは義理の息子とダンナの件があるし、ミライさんの場合は
閃ハサまで出てきますので実にいじりにくいんですよね^^

464さんもお時間がまた出来ましたら新作期待してます

878 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 13:07:29 ID:???
このスレも過疎ってきたな・・・
一時の盛り上がりは何だったんだ

879 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 15:44:24 ID:???
そう言うなよ…職人さん達にだって生活がある
俺はwktkして待ってるが、あまり続き続きと急かすのも悪いと思って自粛中

小ネタの一つでも投下して援護出来ればいいんだけどな
ネタがある奴は遠慮せずバンバン投下して欲しいよ

880 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 17:28:18 ID:???
職人のSSはここの目玉に変わりないが、住人のだべりがあったからこそ
ここまで遣って来たともいえる。
一部の妙なヤシが煩いせいで、職人と住人が完璧に区別されてしまった感
があるな。
立場関係なくワイワイやってた頃が懐かしい。
>>870のおもしろかったからOKってのもその表れだよな。
ここは職人のSSをぶち込むだけの場所かよ

881 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 17:33:12 ID:???
今はリアルにやばい事になってるんだ。
人権擁護法案、ホットラインセンター、北朝鮮人権法案、外国人参政権(四国中央市)・・
暫く来れなくなるがスレが残っていたら、安心してネタ投下できる日本が残っていたら帰って来るよ。

882 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 18:05:00 ID:???
>>880
一理ある、と思うよ。

それじゃだべってみるか、本当にあの二人が完全に隠居出来るのかどうか。

俺は残念ながら無理じゃないかなと思う。
CCA後、連邦の態勢が変わるとは思えないし、アムロはともかくシャアは
黙って見てられるかなと。

年表見るとコロニーに対する税金値上げだの経済制裁だのやってるみたいだし
普通に隠居生活してても連邦の相変わらずなやり方って分かると思うんだよ。
その責任の一端が自分にあるってのはシャアも分かってるだろうし。
また暴走するとは思いたくないが、何らかのリアクションはするんじゃないかな。

と、初心に帰って考察してみる。

883 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 18:13:02 ID:???
「成長しないオールドタイプ」だからな

884 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 18:48:28 ID:???
>>882
>>288にあったような展開はあるかもな(職人さん乙)
シャアが煮詰まって、アムロが止めに行くパターン。

885 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 18:57:45 ID:???
気が早いかもしれないが、次スレ立てる時にスレタイ変えて
【シャア】CCA後生存【アムロ】か、単純に【続・CCA】ってやってもいい鴨。
スレタイ変えずにテンプレに加えてもいい。ネタに幅が広がる。
実際今のスレタイ気に入ってるんだけどな。隠居スレって言い易いし

886 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 19:02:20 ID:???
一部のうるさいやつって誰だ?
別に誰が悪いわけでもなく自然な流れじゃないかと思うんだが。

このスレで語る内容は他の逆シャア関係のスレとかぶってる部分もあるし、
そうそう無限にネタや話題は出てこないだろう。
落ちない程度に過疎でも、のんびりやっていけばいいんじゃね?
需要がある限りは続くだろうし、仮に落ちてもまた立て直せばいいんだしな。

887 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 19:30:27 ID:???
ここ、そんなに今過疎ってるかなー。
丁度いいペースだと思うんだけど。
今ワールドカップやってるし、そこに流れてるんだろ。
他のスレも最近回転遅いよ。
>>837>>878なんかは、ただ『続き早く読みたいな〜ww』て
素直に言えないだけなのさ。
それに住人の間でも最近はもっぱら受け手だよね。昔はバンバンアホネタ
やその他の発言を自由にしてた。
>>886の言いたい事ももっともだと思うけど、職人さんが折角スレ埋めてくれても
『GJ!はい次ー』ていう雰囲気で悲しくない?っていう>>880
言いたい事も分かる。きりないないもんな。もう少し余韻にひたっても  って思う。

とにかく、俺はここがお気に入りだからそう簡単に落とさせやしないさ。
俺は気の利いたネタ投下できないが、のんびりでいいんで職人さん達のお仕事また読みたいっす。

888 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 20:06:59 ID:???
ネタ多めだった初期の流れをSS職人さんが否定してたから、ここはSS投下とそれに対しての雑談所になってるんだと思ってた。

889 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 20:10:06 ID:???
文句ばかり言っててもどうもならんぞ
話題のひとつも振ってみろ

890 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:00:04 ID:???
充分賑わってると思うけどなあ。
SSが三日と開けずにあげられてたのが本来スゴすぎだっただけで。

>>882,884
確かに。
でもシャアの衛星落しが、本当に連邦への打撃のみが目的だったかを疑ってかかると、
その目的がなんなのか複数出てくるんだよな。
1. アムロとの対決がしたいがための理由(大義名分)付け
2. トラウマ持ちのおっさんの突発的かんしゃく
3. 自己顕示欲の強いテロリスト集団にノセられた
4. 大規模テロ行為を引き起こすことによってジオン残党の自滅を狙う
こんなあたりかなぁ……たぶん他スレでさんざん議論されたことだと思うけど。
責任の一端が自分にあるって思い悩む姿勢は同じだとも思うけどね。
ただ、>>776,777で言ってることもわかる気がするんだよな。
結局このスレではどうあるべきなんだ?

891 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:04:37 ID:???
>>882
自分は逆の意見
映像が第一という考えに乗っ取るなら経済制裁だの税金値上げだの言ったって
F91でのコロニー住民の生活は貧困とは程遠い
クロスボーンバンガードの侵攻に対する連邦軍の怠慢は責められるべきだが
この一件がコロニーの自主独立を促すことになったのだから結果OK
他のスレで何度か話題になったが、シャアがVの時代まで生きのびてたら
宇宙戦国時代をどう見たか、そっちの方が気にかかる

892 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:23:39 ID:???
>>878
実は自分はアホネタもSSも投稿してた方なんだが・・・
SSもいいけど前みたいなSSとアホネタと議論が共存してた頃が
ふとなつかしくなって、つい過疎ったなんてよからぬ表現を
しちゃっただけたよ、スマン。

職人の大変さ(もちろん職人は好き好んでやってる訳だから苦労も
趣味のうちなんだが・・・)は判ってるつもりだから、催促なんてする
気は毛頭ないが、もちっとアホネタやSS、そのネタに対する議論が
どんどん書き込まれてもいいよな希ガス。

もちろん職人がSSぶち込むだけのスレになったら面白みはなくなると
思うし、どんどん意見交換やアホネタ爆撃もしたほうがいいスレになると
思うよ。

893 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:38:17 ID:???
>>890
>結局このスレではどうあるべきなんだ?
どうでもあっていいんじゃないかな。シャアとアムロが生き延びた時点で
無限の可能性が開けちまった訳だし。>>890>>891それぞれのシャアがあって
いいと思うし、あると思う。周りの人間やシャアが辿り着いた場所によって
変わって行く気がする。アムロとの関係によっても左右されそうだし。
>>891
>シャアがVの時代まで生きのびてたら宇宙戦国時代をどう見たか、そっちの方が気にかかる
いいなこれ。ネタで一度でいいからカテジナをアムロとシャアに会わせたいよ。

>>892
禿同。

>>888
そうしたつもりは無いのだが、もしや自分(98)の所為、かな。
だとしたらすまん。ネタ大好きなんだ!
自分はここの住人達のナイスなネタを自分が頂戴して来た。
d。

894 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:47:52 ID:???
ネタスレだし無理に設定まとめる必要も無いのでは?
お題(スレタイ)に沿ったネタを投下するというお約束さえ守れば良いと思う

895 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 22:55:15 ID:???
>>891
でもGセイバーの時代とか見ると、結局コロニーの自主独立は成されてないよね。
結局連邦が、連邦寄りのコロニーを取り込んでセツルメントなんて勢力を立ち上げ、
コロニー独立に対して武力弾圧やってるくらいだったし(ガイアの光事件なんて、
まさしくそこを描いてた訳で)。

896 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 23:07:03 ID:???
自由にのんびりまったりでいいと思う
俺もなんかネタ思いついたら遊ばせてもらうし

897 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 23:19:00 ID:lMRDN3LJ
このスレは皆に愛されているのだな…。
今でも良スレだと思うが、これからもずっとそうあり続けることだろう

898 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/19(月) 23:58:45 ID:???
Gセイバーやガイア・ギアは時代が離れ過ぎてるから短絡的に結びつけるのはどうかな。
古代や中世じゃあるまいし同じ政治体制が100年以上も続くとは考えにくい。
地方分権が行き詰まって再び中央集権に戻った可能性だってあるぞ。

899 :464:2006/06/20(火) 00:09:50 ID:???
さくらんぼの収穫時期で多忙な464です。

>>891
シャアがVの時代って……
確か0153年ってことはいくつ?94歳?だいぶ長命だなぁ。
高学歴のボケ老人はタチが悪いぞw

0093年のシャアの反乱時でオイ・ニュング伯爵が10歳ってのを利用して
シャアもアムロも出ない、ローティーンの少年の目から見たCCAってSSを
いっぺん書いてみたいなと思ったことはあったな。
ミドル・ティーンのモニカ・アノーってのも考えたw
他力本願だけど誰かやってみない?

900 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 00:16:13 ID:???
>>899
そういう時は

 や ら な い か 。

と書くのが2ちゃんの慣わしw
AAもあるとなお良し。

901 :ララァ:2006/06/20(火) 00:50:13 ID:???
大佐・・・あなたの来るのが遅すぎたのよ・・・

902 :戸田○子:2006/06/20(火) 01:09:57 ID:???
レスが伸びたと人は言う この温もりが確かなら 確かなら 見つかるよ
千式 それは千式 千式

  , -v-、
 ( _ノヾ )☆.。.:*・゜    ☆.。.:*・゜
 O ・_ ・ノ)
 /^ ¥ ^\           ∧_∧ 
 7    ヽ~~  ☆.。.:*・゜(▼Д▼ )
  '〜〜〜'          ⊂  ⊂ ) ☆.。.:*・゜
   U U            (_(_つ        
☆.。.:*・゜      ☆.。.:*・゜          



903 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 01:17:57 ID:???
(▼Д▼)<な…泣いてなんかないぞ!私は九百式をくれてやったのだ!

904 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 01:19:41 ID:???
クェス「大佐は>>903って言ってるけど、ホントかな?」
アムロ「だろうね。見せかけの強がりだよ」

905 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 01:24:07 ID:59VyhIlT
ギュネイ「1000さえ手にいれたら、俺は何時だってクェスを手に入れられる男になれる!」

906 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 10:40:51 ID:???
>905
おまえもこりない男とだな!

907 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 19:03:00 ID:???
hage

908 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 20:31:54 ID:???
ここでイボルブではギュネイも生きている説を唱える!

909 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 20:37:53 ID:???
ギュかわいいよギュ

910 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:11:37 ID:???
>>908
アムロ、シャア←クェス←ハサウェイ。
          ↑ギュネイ。


騒々しい人間関係だ

クェス「アムロ〜大佐〜ww」
ギュネイ「だから!そんなオヤジども気にすんなって!」
クェス「あたしは若い男嫌いなんだ!」
ハサ「罵り合ってるだけじゃいけないよ!それじ駄目だよ!」
ギュネイ「アムロっていうんだろ?大佐を連邦に引き渡したくなければ、おとなしくクェスを渡せ!」
アムロ「何故理解しようとしない?何故素直になれないんだギュネイ。止さないか」









シャア「お前ら他所でやれ」

911 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:21:02 ID:???
ギュネイ「俺は大佐以上に働けるんだ!」
クェス「ギュネイ、お茶」
ギュネイ「はい」
アムロ「メシ」
ギュネイ「はい」


ギュネイ「俺は大佐以上に(ry」
クェス「はいはい、掃除」
シャア「よく働く家政婦だな」

912 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:24:46 ID:???
素直なギュネイ萌えw

913 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:33:08 ID:???
>>911
家政婦×
家政夫◎

914 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:45:08 ID:???
>>911
炊事=アムロを覆すキャラがギュネイとは・・・
しかしアムロ、シャア、クェス、ギュネイの大所帯じゃ
どこへ転がり込めばいいやらだなw

アムロ「俺とあわせて4人ほど身の保身をしてほしいのだが・・・」
セイラ・ブライト夫妻・カイ「悪いけど他逝ってくれないかな・・・」


915 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:53:13 ID:???
ギュネイ「クェス…、大佐がアムロと一緒にいる訳を知らないのか?」
クェス「もう二人は仲直りしたって!」
ギュネイ「大佐は一年戦争の英雄のアムロが作ったぶり大根の味に取り付かれてるんだ。
けど、大佐は格好つけるために一応仕事に出かけたフリをして…ヒモじゃないかって!
近所の奥様方は、みんな知ってんだぜ!」
クェス「はあ?」

916 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 21:55:21 ID:???
>>915
微笑ましいな。
アムロのぶり大根がララァお手製インドカレーに勝ったか

917 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 22:28:08 ID:???
シャアはやっぱりアムロのヒモですかい
しかもギュネイ&クェス(ハサも?)のオマケ付き。
みんなまともな仕事について働かなさそうな連中ばっかなんで
アムロ何ぼ稼いでも賄いきれないんじゃないのか?

シャア「おや、アムロは何処へいったんだ?」
クェス「さぁ。さっきまで机に向かってなにかしてたんだけどどっか
いっちゃったみたい。あたしもアムロ探してたんだ、大佐♪」
ギュネイ「アムロみたいな親父のことなんてどうでもいいじゃないか」

シャアがアムロの作業用机を見ると一通の置手紙
「おさんどんに俺だけ仕事。もうこんな生活嫌になりました。
実家に帰らせて頂きます-アムロ」

シャア「あいつの実家って・・・あるのか?」

918 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 22:37:49 ID:???
実家では酸素欠乏症の父の介護生活が待っています

919 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 22:43:20 ID:???
つーかギュネイは近所の奥様方の井戸端会議に参加してんのかw
なに話してるんだろうな

920 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 22:54:11 ID:???
奥様方との井戸端会議はアムロの方が得意そうだな。
シャアは「お持ち帰り」しかねないので参加させないほうがいい。

でも、ギュネイがネギとか入ったスーパーの袋かかえて奥様方と
談笑してる姿ってのもまた・・・ナナイが強化しすぎた結果の賜物か

921 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 22:57:14 ID:???
>>919
奥様A「あら?あの子、アムロとシャアさんちに居候してる家政夫じゃない?」
ギュネイ「俺はニュータイプだ!」


922 :連邦政府捜査官:2006/06/20(火) 23:01:45 ID:???
ねえ奥さん、その話もうちょっと詳しく聞かせてくれません?
ああ、あたしゃ警察の方からきたもんでね、聞き込みしてるんです。
協力おねがいしますよ、奥さん。洗剤三ヶ月ぶん、どうすか?

923 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:03:37 ID:???
ギュネイが追いかけて来たって事は

その内ナナイも辿り着けそうだな…。
シャア、アムロ、クェス、ハサ、ギュネイでワイワイ近所の空き地で草野球
してる時に、ナナイ木の物陰から登場。


ナナイ「やっとみつけましたわ・・・シャア・アズナブル」

924 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:08:26 ID:???
ハサがいるならブライトにも筒抜けだよな
全然隠れてねぇじゃん

925 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:08:47 ID:???
(▼Д▼)<ナ、ナナイ!こ、これはッ

926 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:13:57 ID:???
>>924
その一 ブライトなら口がかたそうだからきっと内密にしてくれるさ
その二、ハサはクェスを探しに家出した。→行き当たった→実家に連絡入れずに居座ってる



可能


927 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:16:06 ID:???
>926
>二

アムロ「もしもしミライさん、ハサウェイが居座って困ってるんだけど」

928 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:24:41 ID:???
ミライ「ハサウェイ、あなたは男の子よ。ヒモ生活を体験するのは遅いくらい」

929 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:30:28 ID:???
セイラ「5人分の身の保身は、何とかしましょう。但しタコ兄貴だけは
こちらへよこして頂戴。精神的にも肉体的にも存分に修正させていただ
きたますから。大丈夫、医者と言う仕事柄、責め道具は存分に用意して
あるから」

930 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:38:29 ID:???

今夏ロードショー決定!!

CCA・・・・


あれはほんの始まりに過ぎなかった――――。


機動戦士ガンダム




アムロと四人のヒモ達

931 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:46:05 ID:???
>930
アムロ「なんて夢のない話なんだ!どうせ4人なら全員女でハーレム気分とか」」

932 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:52:18 ID:???
>>930
つかすでにガンダム関係ないってのがワロス

いやまてよ。実はνガンダム自体がアムロのヒモ?!
毎日アムロに整備してもらってピッカピかν!

アムロと五人のヒモ

933 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/20(火) 23:54:29 ID:???
その五人のヒモの中で確実にνがアムロの本命だったりして

>>928
ワロた

934 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:11:37 ID:???
午後四時二十分。夕飯のおかずを買って帰ってきたギュネイは、居間に転がる
ハロのバラバラ死体を発見した―――


容疑者A・シャア=アズナブル(34)
 第一発見者。日頃から被害者を「うるさい黙れ」と煙たがっていた。
 現在通常の三倍のスピードでヒモ街道を爆進中の為、犯行時間は十分にある
 と思われる。

容疑者B・クェス=パラヤ(13)
 被害者と遊んでいる姿がよく目撃されている。接触時間が一番長いのも事実。
 彼女の意外な暴力性は98氏のSSで証明済みであり、癇癪を起こして被害者を
 葬った可能性は十分考えられる。

容疑者C・アムロ=レイ(29)
 自身がメカオタであり、被害者の製作者である事から彼の犯行だとは考えにくいが、
 連日のおさんどん生活と仕事疲れでストレスがいつ爆発してもおかしくない程
 溜まっているだろう事は想像に難しくない。


事件の鍵は被害者が残したダイイングメッセージ―――「Z」


果たしてギュネイ少年はこの難解な事件を解決する事が出来るのか!
猫のルシファは買い物カゴの中の鰯を狙っている!



次週「家政夫は見た!〜ギュネイ=ガス少年の事件簿〜」をお楽しみに!

935 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:13:54 ID:???
>>918
まともな母さんにいこともできるじゃないか。

936 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:24:06 ID:???
ジャンク屋ダイクンの奇妙な生活

 赤いジャージを来た男がトリコロールのジャージを来た男の周りを、いかにもヒマそうにぐるぐると回っている。
 「なあ、アムロ。何か手伝うことはないか?」
 「ない」
 アムロは無碍に断った。
 シャアがそういうことを言い出したときは決まってろくなことがないからだ。
 「お前に触らせるとろくなことにならないからな」
 「なにを、これでも私は“赤い彗星”と呼ばれたことがある男だぞ。なんだ、この程度の修理など・・・」
 アムロは、そんなシャアの戯言にあきれたように首を振った。
 「・・・また、“赤い彗星”か。
  たまたま名前が同じだけで、よくもまあそんなずうずうしい事が言える!
  あっちは歴戦の勇士、こっちはしがないジャンク屋のオヤジのくせに。」
 「ふん、貴様だってちょっと勘働きがよいくらいで自分の事を“ニュータイプ”などと言うくせに。
  そんなものがいるなど、私は信じられんな。それこそ、夢想家の戯言だろうに。」
 「信じようと、信じまいと勝手だろ。それより、そこのペンチを取ってくれ」
 言いながら、棚の上のペンチを指差した。
 シャアは渋い顔をしたが、放り投げて渡してやった。
 「まあしかし、二人ともがあの有名人と同じ名前なんてすごい偶然だとは思わんかね。
  案外、私たちは記憶をなくした行方不明のアムロとシャアだったりしてな。」
 「まあ、ありえない話だけどな。」

 「「はっはっはっは!」」

 ジャンク屋ダイクンには今日もかわらぬ笑い声がこだましていた。



937 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:31:40 ID:???
ジャンク屋ダイクンの奇妙な生活 第2話

 赤いジャージを来た男がトリコロールのジャージを来た男に近づき話し掛けた。

シャア 「こいつをそのモビルスーツの記録回路に取り付けろ。かつてのジオンのモビルスーツの回路を参考に開発した。サイコフレームというものだ。」
アムロ 「こ、こんなスゴい物を。シャア、どこでこれを!?」
シャア 「すごいぞ、こいつの戦闘力は数倍に跳ね上がる。持って行け、そしてすぐ取り付けて私と勝負するんだ」
アムロ 「しかしいいのか?お前の商品よりいい物ができてしまうぞ?今月の儲けはオレの総取りになる。」
シャア 「金が惜しかったら、貴様にサイコフレームの情報など与えるものか」
アムロ 「なんだと?」
シャア 「情けないモビルスーツを売って勝つ意味があるのか?」
アムロ 「馬鹿にして。そうやって貴様は、永遠に他人を見下すことしかしないんだ!
    いや、ちょっと待て、私たちは記憶をなくした行方不明のアムロとシャアじゃないってこの前言ったばかりだろう。」
シャア 「そうだったな。」
アムロ 「お前は最近拾ってきたGUNDAM OFFICIALSの読みすぎだ。まったく。」
シャア 「それはお前も同じだよ。アムロ。」

 「「はっはっはっは!」」

 ジャンク屋ダイクンには今日もかわらぬ笑い声がこだましていた。



938 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:35:08 ID:???
ジャンク屋ダイクンの奇妙な一日


シャア(以下シ)「インドォォォォォォーーーーーーーー!!」
 赤ジャージの突然の奇声に、三色ジャージは顔をしかめた。
アムロ(以下ア)「どうした、シャア。急に奇声を発したりして」
シ「・・・いや、どうやら私の気のせいだったようだ。それより、何か用でもあるのかね?」
ア「何か用も何も、この間お前が持ってきたサイコフレームをMS組み込んでみた」
シ「ほほう、流石アムロ。仕事が速いのだな。どれ、早速見せてもらおうか」
 言うが早いが、シャアは部屋を飛び出し格納庫へと走っていった。
ア「そんなに急がなくてもMSは逃げないだろうに」と呆れながらも、アムロもその後を追う。
ア「それとも、逃げられた経験でもあるのか?」
 どちらにしろ、付き合いの浅い(と思い込んでいる)アムロには判断のしようがなかった。

 格納庫というには粗末な掘っ立て小屋の中に、MSが鎮座していた。
 青いシーツをかぶせられているせいでどのような機体かはわからなかったから、
シャアはそれがとりはらわれるのを弾んだ気持ちで待っていた。
シ「おそいぞ、アムロ!早く見せてくれ」
ア「そう焦るなよ。すぐに見せてやるさ」
 手元にあったロープを引くと、かぶさっていた青いシーツがするすると天井へ巻き上げられていく。
 青い幕が取り払われるにしたがってだんだんとその全貌が見えてきた。
 赤く光るボディ、ジャンクの回収作業に特化したマニピュレーター、外付けのコックピット、そして特徴的な三角頭・・・
シ「おい、アムロ。まさかこれは・・・」
ア「ゲゼだよ」
 
 シャアは絶句した。

シ「ゲゼはカスタムメイドなんだからこんなところにあるはずがなかろう!
  ええい、サザビーをだせ!サザビーを!!」
      r'⌒⌒⌒'、
   〃∩""_,メ_'"ミ) 
  ⊂⌒( ▼Д▼ノ
   `ヽ._つ⊂ノ
ア「まったく、駄々をこねるなよ。せっかく赤く塗ってやったんだから」



939 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:36:37 ID:???
>>829からのコピペか
俺それ好きなんだよな…
最後はほろりと来たぞ

940 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 00:51:56 ID:???
アムロとシャアってお互い歳とっても変わらない関係が続きそう。

941 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 07:43:24 ID:???
>>934
次週の火サスか。
分かった!テレビ欄チャックしとくぜ!

942 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 07:44:33 ID:???
ダイイングメッセージがZだとすると、
犯人はカミーユ?ファ?

943 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 07:53:32 ID:???
Z版ハロが現れたのかもしれん。

次スレ、どうする?
テンプレとか。
何か案があったらくれ

944 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 10:37:40 ID:???
シャア「今まで通りで良かろう」

945 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 11:06:19 ID:???
そうか。分かった。
じゃ、上の方で誰か親切な人が張ってくれた各種HPのアドレス一覧と
逆シャア関係の他スレアドレスとかを>>2で貼っとくよ。

宜しいですね、大佐

946 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 13:03:35 ID:???
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2ザザビー

947 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 13:47:09 ID:???
アムロ「サザビーはいらないだろ、シャア。どさくさまぎれに
何してるんだ」

【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】Hi-ν2


948 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 13:58:46 ID:???
>>935
お母様には愛人がいらっしゃるとか、いないとか・・・

949 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 14:06:32 ID:???
シャア「ええい!貴様だってドサクサ紛れにν入れているだろうに‥!
てかなにがHivだ。エイズじゃあるまいし」

950 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 15:24:21 ID:???
無難に

【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】二ヶ月目

っとのは?
それとも

【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】ヒモ二人目

951 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 17:14:36 ID:???
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2畳半

952 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 17:30:29 ID:???
>>951
神田川ちっくだな。

あなたは もう 忘れたかしら
アクシズ 押し返した 時のこと
赤いポッド 手に 持って〜

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただ あなたの しつこさが こわかあった〜

953 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 19:16:52 ID:???
>>952
神田川wwwww


あなたは もう 忘れたかしら〜
赤い軍服 仮面も付けて〜
二人で行った ア・バオア・クー
あなたは 私の肩をブッ刺して
「同士になれ」って言ったのよ

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただあなたのしつこさが怖かった

954 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 21:51:10 ID:???
2畳半がこんなにウケるとは・・・

神田川2番

あなたは もう捨てたのかしら〜
真っ赤なザクに、ゲルググ、サザビー
あなたが乗った真っ赤なモビルスーツ
「しっかり乗りこなしてね」って 言ったのに
いつも アムロにやられるの
宇宙(そら)の上には アクシズ〜
1人がやっとの真っ赤なポッド〜
あなたは 私のポッドを押し付け〜
「伊達じゃない!!」って言ったのよ〜

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただあなたのしつこさが怖かった


955 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 21:57:53 ID:???
赤ちょうちん

あのころ2人のアクシズは
サイコの光がまぶしくて
押し返そうとすると揺れた
2人に似合いの死場所でした
覚えてますか ア・バオア・クー
赤いノーマルスーツに 誘われて
フェンシングをする羽目に なりーましたー

アルテイシアが現れて
結局うやむやに なりました

四畳半シリーズ。うーん・・・イマイチ

956 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 22:24:24 ID:???
>>948
愛人はもういないだろう。
難民キャンプでの出会いの時からその影らしきものもなかったし

957 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 22:39:52 ID:???
>>956
いや、アムロに合うため。ホワイトベースの所まで
つれてきた後ろの方の車の運転手が間男だって説が
ありますぜ

958 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 22:51:35 ID:???
>>954

ズゴック〜はど〜した〜♪

959 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 22:57:51 ID:???
>>958
ゴロが〜悪くて入れ忘れたよ〜♪

960 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/21(水) 23:01:02 ID:???
そらそろ次スレ?
このスレのまとめ作るとかいう話あったけど、結局どうなったんだっけ?

961 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 00:13:24 ID:???
つ【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2サザビー

962 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 04:30:16 ID:???
ギュネイとクェスの新婚生活
ケーラとアストナージのサラダ生活

963 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 10:36:56 ID:???
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2LDK

964 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 11:01:13 ID:???
>>963
ぼみょうに生活観が出てていい感じだなLDK

965 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 12:03:05 ID:???
2LDKいいな
昨日の神田川ネタにワロタから2畳半も捨てがたいがw

966 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 12:44:03 ID:???
実は投稿人いっしょだから自分としてはどっち採用されてもうれすいw

もっと面白いのあればボツでもいいけどね

967 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 12:54:38 ID:???
2LDKは贅沢だ。

968 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 12:58:23 ID:???
(▼A▼)<2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー2サザビー

969 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 12:58:36 ID:???
じゃ2DK位?

970 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 16:21:16 ID:???
>>968
大佐wwww呪うなwwwwwww

971 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 17:00:02 ID:???
>>968
アムロ「シャア・・・貴様本当に目立ちたがりだな・・・」
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】ハロ2

972 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 17:40:20 ID:???
>>971
ふざけるな!ハロがなんだってんだっ。

【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2ヤクト・ドーガ

このギュネイ・ガスの警告をっ無視したからァ!


973 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 17:49:56 ID:???
神田川の替え歌で、ただあなたのしつこさが 怖かった
の部分は、後に続く誰もがそれで通したのにワロタ

974 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 17:52:53 ID:???
>>972

ナナイ「気にしなくて良い。仕度を急げ」
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2レウルーラ

975 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 18:02:55 ID:???
そういやスレタイって文字数制限あったっけ?

976 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 20:08:59 ID:???
推薦してみる

【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2畳半
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2DK
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2ヶ月目
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活【ここだけの話】2年目

977 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 20:17:30 ID:???
>>976
2DKが一番サイズ小さいので押し

978 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 21:34:55 ID:???
>>976
投稿人としては一番の自信作は2畳半なんだけど、2DKも
コンパクトかつスレのイメージ壊し過ぎなくていいかな?

979 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 21:35:36 ID:???
>>976

二年目は在り来たりだから、それより二ヶ月目が押し。
2DKって存在するのか?
2LDKは分かるけど…。
ダイニングキッチンが二つあるの???

ググってくる


980 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 21:38:54 ID:???
二畳半になったら、テンプレに例の神田川の替え歌を国家ならずスレ歌として
くわえとこうぜ

981 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:00:30 ID:???
2DKは5スレ以降から言い方が難しくならないか?
5DKって聞いたことないぞ。


まぁ、そこまでスレッドが続くかどうかも難しいが

982 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:11:48 ID:???
>>981
もし、そこまでこのスレッドが続いたら1階級特進でLDK
にすりゃいいんじゃないのか?

つーか、やっぱり2畳半+神田川の魅力は隠居という言葉に
似合ってて捨てがたい

983 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:13:53 ID:???
>>979
もうぐぐったのかな?
ttp://www.moozak.co.jp/next04.html
2DK〜3DK物件の家賃早見表。
存在はするらしいよ。

984 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:18:16 ID:???
スレタイ議論であまりスレ消費するのもどうかと思うが…
>>980が決めればいいのでは?

985 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:20:33 ID:???
2畳半ってのは畳が二枚と半分しかないってことだ。

986 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:29:09 ID:???
首都圏じゃ2DKなんてざらに存在するよな。

987 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:32:36 ID:???
じゃ、中立を置いて2サザビーでどうよ?

988 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 22:34:35 ID:???
>>980がもういないなら>>990が決める
そんでそのままスレ立てよろ

989 :980:2006/06/22(木) 22:56:05 ID:???
呼んだ?
じゃ、立ててくるぜ

990 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:24:01 ID:???
【CCA後】シャアとアムロの隠居生活2畳半

スレ歌だ
1.
あなたは もう 忘れたかしら
アクシズ 押し返した 時のこと
赤いポッド 握り締めて
あなたは ポッドの中 一人で泣いて
「寧ろ温かい」って言ったのよ

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただ あなたの しつこさが こわかあった〜

2.
あなたは もう 忘れたかしら〜
赤い軍服 仮面も付けて〜
二人で行った ア・バオア・クー
あなたは 私の肩をブッ刺して
「同士になれ」って言ったのよ

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただあなたのしつこさが怖かった

3.
あなたは もう捨てたのかしら〜
真っ赤なザクに、ゲルググ、サザビー
あなたが乗った真っ赤なモビルスーツ
「しっかり乗りこなしてね」って 言ったのに
いつも アムロにやられるの
宇宙(そら)の上には アクシズ〜
1人がやっとの真っ赤なポッド〜
あなたは 私のポッドを押し付け〜
「伊達じゃない!!」って言ったのよ〜

若かったあの頃 何も怖くなかった
ただあなたのしつこさが怖かった

その他詳細>>2

2の内容

噛み合っていないのかいるのか、凡人にはよう分からんこの二人が、
生き残って共同生活を営んだらどうなるか。
想定される日常生活模様、連邦捜索局からの逃亡劇、喧嘩、その他もろもろを
またーり考察してみよう。なスレ。

アホネタ・雑談・議論・SSなんでもコイだ。

・前スレ
【CCA後・ここだけの話】シャアとアムロの隠居生活
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1145637685/
・アムロ関係スレまとめサイト / 2ch過去ログ保存庫
ttp://aaasym.hp.infoseek.co.jp/


こんなもんでいいか?


991 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:29:13 ID:???
スレの説明を先に持ってきた方がよくないか?
歌は>2ぐらいに置くとか
悪魔で個人の意見だが

992 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:32:05 ID:???
【ここだけの話】が抜けとるぞい

993 :980:2006/06/22(木) 23:34:55 ID:???
>>991
そうだな!説明が先で、スレ歌が後だ。

大変悪いが、どうも串の問題でスレ立てようとするとどうしてもエラーがでる。
なんで、誰か!!!
代わりに頼む!!!




申し訳ない!


994 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:36:24 ID:???
>>992

ここだけの話部分は、スレタイが長いようで入らんかったのだ。
だから抜かした。
他のもだめぽ。

995 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:44:41 ID:???
自分も規制かかってて今、スレタテ不能。
1000式が迫りつつあるから誰かお願いしますm(_ _)m

996 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/22(木) 23:49:25 ID:???
これでよかったのかな?

http://anime.2ch.net/x3/index.html#2

997 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/23(金) 00:03:03 ID:???
ギュネイ「>>996乙!俺はこれから1000を狙う!大佐を超えて正真正銘の男になってやる!待ってろクェス」

998 :クェス:2006/06/23(金) 00:12:59 ID:???
大佐の所へは行かせないよ!

999 :通常の名無しさんの3倍:2006/06/23(金) 00:18:03 ID:???
ギュネイ「クェス!…ん?!なんだ!この左上のプレッシャーは!」

1000 :禿です:2006/06/23(金) 00:22:33 ID:???

    ::::i      | 人 .:.:.:' :; : ' :; : ' :; :゙i  .l;;;:     |      ! !    |        | | |::::::| .:.:.:.::.:::::;;;
    ::::|      | Y゙ .:.:.:.:.:' :; : ' :; : ' :; ゙i  l;;:.      |     | |   |       | | | ̄  Oj.:.:.:::.;;;
    ::::|      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:,..:.. 人.,.:,l  l;;;     |      | |   |      | | |"'- 、/ ト、.:.::;;;;
    ::::|      | .:.:.:.:.:.:.:.:.,.:,..:.;;;;;};;;;>゙i  l;;:.    |    | |   |.        | |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;
   .::::::|!      |  .:.:.:.:.:. :.: .: ::;;;:;;;;; :;;;;゙i   l;:..    |     | |   |         !_二二二二二二:;;;
    .::::l|        |   .: .: .:. :.: .:..:;; ;; ; .:.: !  l;;::.:. .  |::.:. .. .::| |   |         .:. :.: .: .:::::::::::::;;;;;i
    :::||.      |       . :.: .: .: .. : .::l  l;;;;:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:| |    !           .:.: .: .:: .:.:..:;;;;|
    :::||:      |          . :. :.: .:゙、 `i;;;;;;;;;::;i:.|.:::.::.:::| |   ,!             .:.:.:.:.:.:.:.:.:;;|
    .::::l|:.      .|            .: .: .:゙、  \;:;::;ij;;:;;:;;:;::| |  /                 .:.:.:.|
   l|::::::||:::     |                 ゙、  \;;:;:;:;:;:;::;|;:! /                      |
   ||::::::||:::     |                ゙、   ヾ;;;:;;:;:;|;| /
   ||::::::||:::     |                Λ  ゙、   トト、;;;:|;|,j
   ||::::::||:::     |              」:::L   ヽ  j 」|| |;|:.:.:. .:. :,r'⌒^⌒ヽ
   ||::::::||:::     |───-、         |:::::::::|   ト、/rrn |:|:.:.:.:.:.:.:}      \ ,r─- 、_
   ||::::::||:::     !:::::::::::::.:.:.:.|.       |::::::::::ヽ  リ / //n !!:.:::::::::_」     .::::,イ⌒ヽ   `¨`ー
   !|::::::||:::!     |:::::::::::::::::::::|人人.    |:::::::::::::|  j/ ' ' j ,! |:::::::::_」 `ヽ   .:.:::ノレ⌒ヽ
  .||::::::||:::|:     |:::::::::::::::::::::|::::::::::|    |:::::::::::::|.  Vー- /::::::::::::,! `''' ::ト、.:.::::,ィ´ ̄`ヽ   .:::.:::::;
  :||::::::||:::|:..    |二二二二二二 二二二二 二二 /⌒Y:::::::::::::/  .:::ソ::::::ノ⌒ヽ     .:.:.::::::::;;;
 .:.::||::::::||:::|:;.: .   |三三 三三三三 三三三三 三 ,/   |::::::::::/´  ,' /ノ⌒ヽ.     \.:.:.:.::::::::::::;;;;;;
.:.::.::;l|::::::||:::|;:;;:.:. .  |                 /  _ノー-、:`ヾイ:::,イ    \ .. ::.: .:. :::::::;;:;;;;;;;;;
::::;:;;;||::::::||:::|:;:;:;:.: :. . .|. . . .: .: . .. .: .: :. .: . .: .:. .: .: . :ノイ<´     \ノ !V |     .: .:.: .:.::.:..:.:;;;::;;;;;;;;;;;
:::;;:;;;||::::::||:::|::;;;:;:;;:::.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,r-‐'´^i  \_ _,   |_」/ l   . .: .:.: .:.:.:::::::::;;;::;:;;:;;;;;;;;;;
::;;;;;;;||::::::||:::|;:;:;;;:;:;::::::::!.::::::::::::::::::,rー-、;;:;::._,ノ    |         | ヽ   .: .:.:.:. :.:.:.:::::::;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;j!|::::::||:::|:;;;;;;;;::.:::::::|ゝー--‐'´/  y'′      |         | . . . .: .:.::.:.:.:.:.:.:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

1001 :1001:Over 1000 Thread
あなたの来るのが遅すぎたのよ・・・
このスレッドはもう1000を超えたわ・・・
  , -v-、
 ( _ノヾ )☆.。.:*・゜    ☆.。.:*・゜
 O ・_ ・ノ)
 /^ ¥ ^\           ∧_∧ 新スレを立てればいいじゃないか
 7    ヽ~~  ☆.。.:*・゜(・∀・ )
  '〜〜〜'          ⊂  ⊂ ) ☆.。.:*・゜
   U U            (_(_つ        シャア専用classic@2ch掲示板
☆.。.:*・゜      ☆.。.:*・゜          http://anime.2ch.net/x3/

454 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★