5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【逆ギレ】連邦軍がMSなんかを盗むスレ【逆襲】

1 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 06:44:59 ID:???
いつもいつも盗まれてばっかだから
取り敢えず、ルパンとかゾロ(もしくはゾロリ)に
頼んで盗んでもらう・・・みたいな

2 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 06:48:53 ID:???
つまりアレか?
モビルスーツを支給するスレみたいにコテが泥棒で名無しが連邦軍兵士になってリクエストするのか?

3 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 06:59:37 ID:???
>>2
う〜ん・・・多分、そんな感じ
毎回、盗まれてばっかだから
可哀想かな〜〜って思った訳なんでつ

(本当は某スレのなんちゃって話のネタだったんだけど
 ヲチがプラモ屋さんで万引きしちゃった☆てへっ♪
 しか思いつかなかったので、反射的に
 建ててしまったのでつ・・・スマソ)

4 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 07:03:32 ID:???
兄貴スレ(多分そんな感じ)

こちらスネーク、サイド7に侵入したスレ
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1155611878/l50

5 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 07:20:28 ID:???
素材AAサイト(ルパンは見つからなかった)
http://aa.tamanegi.org/anime/

6 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 07:27:42 ID:???
>>2
支給スレなんてあったんだ。
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1153631012/l50
検索かけたら物凄い長寿スレじゃないの!
(こりゃ即死だなこのスレ・・・orz)

7 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 07:34:05 ID:???
素材AAサイト(ルパン見つけた・・・って朝から何やってんだろ)
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/mistletoe/AnimeAA.htm

8 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 11:44:27 ID:???
関連スレ
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1110511862/

9 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 15:13:17 ID:???
>1
そう?
連邦が盗まれたMSはGP02AとG-MkIIぐらいじゃない?
逆にジオンの方が連邦に盗まれまくりだし
ザク→ガンダムへ
○更に使われたMS一覧
強行偵察型ザク
ザクキャノン
ザクタンク
グフフライトタイプ
アクトザク
ザクマリンタイプ
ザクF2
ゲルググM
○他
アプサラスIIIの残骸

10 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 15:25:37 ID:???
MSって誰でもハッチ開けて動力起動できるの?

11 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 15:28:56 ID:???
フランクリンがアストナージ脅してたから鍵は必要なんでしょ。

12 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 17:23:35 ID:???
鍵の代わりに機動ビスケット

13 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/11(水) 19:55:27 ID:???
フェデリコ・ツァリアーノ中佐の部隊はザクUJを6機も盗んだ訳で・・・


14 :セヴン ◆z0Edg7Vtjw :2006/10/11(水) 21:43:29 ID:???
とっつぁんAAはまだ貼られてないのか

15 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/16(月) 00:31:36 ID:???
>>8
そんなスレもあったんですね・・・
へえ。。。過去ログ読んでみます
>>9
戦勝国の旨みってやつですよね
ジオン可哀想(´・ω;)ホロリ
>>10
コソ泥や万引き犯では難しいと思います
>>11
多分そうでしょうね
もう少し根性見せて欲しいものです
>>12
僕はクッキーの方が好きですね
>>13
ひどいなぁ。。。
>>14
ネタを捻るのが意外と難しいのです
すみません

(なんか生協の白石さんぽくなってきた
 その昔、シンマツナガさんでなんちゃって
 白石さんやったけど・・・2週間で落ちたw)


16 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 08:12:34 ID:f5gCDrP/
盗品目録
RX-78GP-02A
RX-79-BD2
RX-178
MSA-099
輸送機
アウドムラ
MSA-003
RGM-89
F-90-2
少なくともガンダム二機作りゃ一機は盗まれるみたいだ。

17 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 08:45:12 ID:hs7qiymh
とりあえず何かを盗むとこから話が始まるガンダム

0080(第一話冒頭、未遂)
0083

ZZ
X(ティファとGコン)

種死


18 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 08:47:02 ID:???
MSじゃないけどマッドアングラーは連邦→ジオンだよな?

19 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 08:54:07 ID:???
>>13
もしかして、イグルーのヒルドルブ編?
あれは酷いよね。ジオンはジムそっくりの機体を作って涙ぐましい努力をしてるというのに。

20 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 08:57:42 ID:???
開戦当初から連邦に捕獲され続けたザクと。ソロモン戦が初の大規模戦になったGMとでは事情が違うけどな

21 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/17(火) 10:58:08 ID:???
>>16
A.O.Ζのガルバルディβを忘れているよ。

22 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/18(水) 03:52:58 ID:???
>>16>>17
『何某の野望』スレ

http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1160841499/l50

でも散々言われていると思うけど
実際、工廠が一杯になっている特別エリアの
情報を得たら、ついついユニットが完成する前に
制圧しないと・・・って感じなのかなぁ・・・ちょっと違うかな?

>>18
キャリフォルニアベースのイベントですか
確かにそうだと思いまする

>>19>>13
実はイグルーは観ていないので
よくわかりませぬ。漫画で読んだから
別にいいかなぁ・・・なんて思ってます。
DVDレンタルもちと、正直恥ずかしい年頃でつ☆

>>20
そうだったゲームでも確かそうだったなぁ・・・

>>21
そんなお話もあるんですか・・・
バンダイも必死なんだなぁ

(ふう・・・結構疲れるなぁ・・・小話書いていた方が
楽だったかも・・・orz)



23 :【これで終了】次元の事件【にさせてクダサイ】:2006/10/18(水) 07:52:43 ID:???
 第一回『日経小説賞』の結果が紙面に載った朝
相変わらず、電波の受信状態が良くないオンボロ車のTVは
上司の『パワハラ』が原因で自殺したと思われる男の
ニュースを流していた。

何度も吸ったシケモクにまた火をつける。

「いい歳ぶっこいて何やってんだか・・・」

思わずこぼれた独り言は自分に言っているのか
自殺した男に言ったのかは良く解からない。
多分、両方だろう。立場が違えばこの俺だって
どうなっているか解からない。いや、よく考えたら
気楽な稼業?の俺たちの方がずっとヤバイだろう。
その証拠に約束の時間はとっくに過ぎて、朝になっているではないか!!
(まぁ、アイツの事だから予想はしていたが・・・)

今日も今日とて待ちぼうけの俺は
何度も読み返してしわくちゃになってしまった新聞に
再び目を落とす。相変わらず腐った世の中だ。
まぁ・・・気楽な稼業のこの俺が偉そうな事を
言えたもんでは無いが。




24 :じげ×2:2006/10/18(水) 08:09:39 ID:???
有り余る時間は俺に試練を科したと言えた。
普段なら絶対読まないような経済欄までも隅から隅まで読み
株価なんかもチエックしたりした。
(うわ・・・SO@Y・・・安ッ!!)

暫く自分にとってあまり意味を成さない数字の羅列を追った。
そして軽い知恵熱を感じながらもちょっぴり賢くなった気がした。

「てへっ☆」

軽くポーズを決め、ルームミラーで確認する。
うう、正直・・・かなり引く光景だ。
こんなお茶目な事が出来るのはこの車内に俺一人だからだ。
他の奴らがいる前ではたとえ死んでも出来ないだろう。
とは言え、急に心配になったきた。硬派な俺のイメージが崩れてしまう。
まさか、誰か見てないだろうな!?俺は山の中だというのを忘れて
ミラーマン教授も顔負けの挙動不審者の如く、辺りを見回した。



25 :じげ×3:2006/10/18(水) 08:25:42 ID:???
・・・!!

(何かいるッ!!)

誰もいない鬱蒼とした山の中で気配を感じた。
それもただならぬ気質だ。残念ながら俺を待たせ続けている
アイツでは無い事は確かだ。
しまった!!よく考えたらここは有名な『樹海』だった!!
この気配は熊なんかじゃない。いやこの場合
『クマー!!』の方が有難いか?

嫌な汗を背に感じながら
俺は車のドアを静かに、慎重に開け
まだ朝靄が立ち込める『樹海』にその身を曝け出した。


26 :じげ×4:2006/10/18(水) 08:44:27 ID:???
トレードマークの目深に被った帽子をちょっぴり跳ね上げ
視界を確保する。所謂、幽霊や妖怪を相手にリボルバーが
どれだけ有効かどうかは解からないけれでも、いつでも
不測の事態に備えて抜ける自信はあるつもりだ。
っていうか、どうか抜かせないでクダサイ・・・
出てこないでクダサイ・・・ガクブル

俺は・・・神様や仏様を含め、宗教ってやつを心から
信じるタイプの人間ではないけれどもこの時ばかりは
ちょっぴりわが身の安全をお願いした。いや、正確には
最大限お願いした。情けない奴?ああ、そうさ笑えばいいぜ?
人間誰しも、訳のわからないものは恐ろしいと感じるものなのだ。
今は亡き、犬@りんさんがエッセイで書いておられる様に

『怖いもの知らずは早死にする。』

悪いが俺はまだァ死にたかぁ無い。


27 :じげ×5:2006/10/18(水) 08:54:23 ID:???
乳白色のフィルターに目が慣れた頃、数十メートル先に
何か動くものがあった。よくよく目を凝らして見てみると
どうやらそれは人の形をしていた。

(・・・人間なのか?)

それにしては随分背が低い。子供なのかもしれない。
まさか、指輪を捨てにきた『ホビット』なーんてのじゃないだろうな?
俺は、ただならぬ気配の正体が思ったよりも小ぶりだったので
ひとまず胸をなでおろした。





28 :じげ×6:2006/10/18(水) 09:14:07 ID:???
前言撤回ッ!!

俺は今、『必死』で目の前の『男』を止めていた。
ただならぬ気配の持ち主である『男』は
指輪を捨てにきた『ホビット』なんかではなく
己の命を捨てにきた『ホビット』みたいな『男』だった。

「もうお仕舞いなんだッ!!ほっといてくれッ!!」

『男』は泣き叫ぶ。

「おいおい!勝手に(ここで)死なれたらマズイんだよッ!!」

俺は今度の計画の邪魔になりうる障害はなんとしても
取り除きたかった。自ずと心にも無い優しい言葉が出る。

「家族が悲しむぞ!?」

我ながらありきたりな説得に苦笑しながらも、未だに首を括ろうとしている
『男』を抱きかかえる。うえっ・・・スーツが台無しだ。
俺についた泥や枯葉がタッパの足りない『男』の努力?
低い枝を探し続けた苦労が偲ばれた。(笑)


29 :じげ×7:2006/10/18(水) 09:36:34 ID:???
泣きじゃくる子供のような『男』の顔・・・
何故だか解からないが見覚えがある。俺に抱きかかえられ
まるで漫画のように空中で足をじたばたし続ける『男』の
愛くるしい醜態?に笑いを堪えながらも記憶を辿る。
そして・・・程なくして俺ははっきりと思い出していた。

ああ、アレだ。あの記事だ。
この『男』は今年一杯で閉鎖が決定した
『戦争博物館』改め『ろぼっと大化学館』の
『館長』じゃないか!!

俺は今この瞬間にも、とんでもない大赤字を出し続けている
テーマパークの『館長』である『男』の自殺を止めようとしていた。


(つづく)

(流石に今度は『シンクロ』しないと思うけど・・・)


30 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/19(木) 20:23:50 ID:???
糞スレage

31 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 09:55:27 ID:???
>>30
あうう・・
金の鯱(しゃちほこ)の鰭(ひれ)が
盗まれてしまいましたねぇ。。。

32 :番外編【直接】ルパンノレーパン【履くんです】:2006/10/26(木) 10:16:22 ID:???
 RCサクセションの歌ではないが
俺の愛車がこの酸性雨の所為でついに壊れてしまった。
アイキャッチにある様なひどい乗り方をした事も
確かにあったけど、まさか今日に限って壊れるなんて!!
これじゃあ・・・アイツとの約束の時間に間に合わない
まーた愚痴×2言われそうだ・・・トホホ。

まぁ。壊れてしまったもんは仕方がない
早くあきらめた方が、健康に良い。山道の真ん中で立ち往生した俺は
欝になりそうな自分を奮い立たせ、トランクに積んであった
折りたたみ自転車で取り敢えず最寄の駅ないしはバス停まで行く事にした。
もちろん、縦じまのトランクスを脱いでレーパンをじかに着用してである。

(今更だけど趣味悠々を見といて良かったなァ・・・)

33 :通常の名無しさんの3倍:2006/10/26(木) 10:20:15 ID:???
為になる?まめ知識

『レーパン』

ttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1417657

34 :レーパン×2:2006/11/01(水) 06:04:19 ID:???
 陽の光が山の稜線に消えようとしている。
夕闇がひたひたと迫り、ただでさえ寂しいこの山道を
モノクロトーンで包み込もうとしていた。
自転車を組終えて、いざ出陣!とペダルを踏もうとした時
ライトを取り付ける事を忘れていた事に気がついた。
うっかりしていた。もしこのまま走ったりしたら
アヲバちゃんに『大ッ嫌いだッ!!』なーんて言われてしまうっぺ
幸い、携帯用のペンライトを持ち合わせていたので
この場はこれで凌ぐ事にした。




35 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/01(水) 06:06:18 ID:???
自転車板 アオバスレ
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/bicycle/1137570619/l50

36 :ぱん×3:2006/11/01(水) 06:31:03 ID:???
>>34
訂正
×ライトを取り付ける事を忘れていた事に気がついた。
○ライトを取り付けるのを忘れていた事に気がついた。

 ギアが軋む音が響き続ける。もうかれこれ30分ぐらいは
ペダルを踏んでいるだろうか?レーパンを履いているとは言うものの
完全装備には程遠い格好で山道を這うように進む。
きっと、この苦行?はものすごーく健康に良いに違いない。
否、良いに決まっている。滴る汗が体に残っていた酒を
全部、搾り出している事からも証明出来る。
しかし・・・しかしである。既に、本当にいい歳ぶっこいてるのに
なんか黄色っぽいチャリンコでしかも黄色っぽい服を着て
お洒落なヨーロッパのとある国ならまだしも、ほぼ自動車産業で
成り立っているとも言えるこの島国で
車しか通らないだろうと思われる険しいR(ルート)を走らなければ
ならない事に、気恥ずかしさを覚えていた。
だが、仕方がない。これが『僕の走る道』なんだ。
(草なぎ君・・・あんたやっぱすげーよ・・・)


37 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/01(水) 06:43:37 ID:???
自転車板 テレビスレ
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/bicycle/1158924297/l50

38 :ぱん×4:2006/11/01(水) 07:25:18 ID:???
 前言撤回ッ!!

これが『僕の走る道』なーんて格好つけたけど
こんな道、走りたくないです・・・orz
車道しか無く、狭く見通しの悪い山道を
自転車で走るなんて事は自殺行為だというのを
改めて思い知らされた。
へっぴり腰で坂道を登る俺のすぐ脇を10トントラックの行列が
地鳴りとも思う程の轟音を響かせ、大量の排気ガスとともに
土埃を巻き上げて抜き去ってゆく。もちろん、大音量のクラクションも
おまけに洩れなくプレゼントで。

 産業廃棄物の処理場か何かがこの山の近くにあるのだろうか?
そう言えば、汚染された土地の埋め戻し材が問題になっているのを
耳にした事がある。まさかコイツ等、それを積んでるんじゃないだろうな?
一抹の不安が胸を過ぎる。悪いがまだ俺は死にたくないし病気にもなりたくない。
そんな俺のささやかな願いも知らずに、無神経なトラックの行列はまだ終わらない。
しかも改造マフラー付のバイクや自動車までもがその列に混じっているではないか!
車好きを自負する俺も流石に嫌になってきた。
貴重な自然が残り、空気がきれいな山道のはずなのに
もう・・・うんざりだ。
俺は何処か獣道でもなんでもいいから、取り敢えず
気楽に走れるルートがないか地図で調べてみる事にした。

39 :ぱん×5:2006/11/03(金) 04:25:18 ID:???
 ガードレールの切れ目?から山林に分け入る。
騒音と汚れた空気からちょっぴり解放され
やれやれと一息つく。
身の安全が取り敢えず確保されたので
自分の周りの景色?を改めて見る事ができた。

「これは・・・酷いな・・・」

思わず呟く。
トラックなんかが爆走し、排気ガスに晒され続けられる
道路側の木々は見事に立ち枯れていた。なんだかなぁ・・・
木が枯れるぐらいなんだから、やっぱり目には見えなくとも
体に良くないんだろうなぁ・・・ああ、恐ろしい。
今は亡き、ねこ@るさんがその作品中で表現している様に

『山の神さまは、工場や工場で働いてる人間が嫌い』

って事がなんだか良く判った気がした。
ふう・・・なんか、疲れたなぁ・・・・


40 :じげ×8:2006/11/03(金) 04:56:41 ID:???
>>29の続き

 取り敢えず、死に急ぐ男を落ち着かせる為にも
閉鎖が決まってしまった『ろぼっと大化学館』について
本当は・・・全く興味がないけれど、館長である男に
聞いてみる事にした。
こういう時は何かをやらせてやった方が良いと聞く。
無論、相手のプライドを傷つけないように細心の注意は必要だが・・・
まぁ、ぶっちゃけ退屈な話には違いないだろうが
曲りなりにも館長を務める男である。
噴飯ものと酷評される展示物についても、何かそのあらましや
由縁とかについて詳しく知っているに違いない。

『で、結局・・・このロボットって何なの?なんで羽根みたいのが
 ごちゃごちゃついてるの?なんで大げさな名前がついてるの?』

俺は、死にに来た筈の男が何故か持っていたパンフレットを
捲りながら・・・思わず、素で質問してしまった。
(プロフエッショナルとしては失格だ。・・・反省。)


41 :【まだまだ】不二子の自負【イケる筈・・・】:2006/11/05(日) 02:14:38 ID:???
 洗面所で化粧を直す。認めたくないが、小皺がまた増えた。
白髪も3本も見つけてしまった。まったく年月というのは残酷だ。
男よりも女の方が華である時間が遥かに短いと感じるのは
私だけだろうか?いかに若作りしようとも体のラインは
緩やかな坂を下るように崩れてゆき、いつの間にか
去年まで、着こなせていた筈の服が入らなくなっていた。

(はぁ・・・疲れた・・・)

あの頃は徹夜なんて全然平気だったのに・・・
疲れが全然取れていない。それは必然的に以下の事を呼び招く。
つまり・・・化粧の乗りが悪くなり、しかも崩れやすくなる。
それも短い時間の間に。





42 :じふ×2:2006/11/05(日) 02:24:24 ID:???
 本当は、あまりはっきりと映らないで欲しい
鏡を何度も見つめ、化粧を直すその度に、思わず愚痴る回数と
苛つきの副産物である溜息の回数も増えていた。
今日は・・・これでもう3回目だ。
最早、コンパクトとは言いがたい量のコンパクトをパチンと閉め
表に出る。あまり待たせては『彼』の機嫌が悪くなる。
イケイケだった全盛期?の私なら、あんな下衆(げす)な男なんて
例えスッピンでも、本当に体調の悪い時でさえも
手玉に取る事なんて簡単だったのに・・・悲しいかな
もはや容姿だけでゴリゴリ勝てる自信が無くなっていた。
私の『中の人』は、もう・・・本当に大変なのだ。
油断すると、地声までも『ババァ』になっている時がある。
気のせいではない。本当の事なのだ。



43 :じふ×3:2006/11/05(日) 03:15:39 ID:???
 私は最新の注意を払いながら『彼』に呼びかける。

「お・ま・た・せ・☆」

私の猫なで声に憎たらしい程、敏感に反応した
『彼』のプニプニした両腕は私を捕らえる。
その脂ぎった顔が絶対領域を侵し、容赦なく近づいてきた・・・

(うう・・・き、きんもー☆)

『彼』は下衆とは言え、お金だけは本当に持っていた。
それも・・・桁外れに。

あの事件以来、彼が経営していた企業の信用は地に落ちた。
『彼』の息がかかったグループ企業の株価は下がり続け
ついに上場廃止に追い込まれた企業さえ出てくる始末だ。
それに被害を被った人々との裁判も、まだまだ続いている。





44 :じふ×4:2006/11/05(日) 03:17:10 ID:???
 だがしかし、『彼』は余裕綽々だった。
その不遜な態度は飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃と全く変わらない。
何処から、そんな自信と余裕がでてくるのか?
仮に、ここで芸能リポーターかブン屋か何かに
一体、何故?とマイクを向けられ、問い詰められたとしても
『彼』の星の数ほどいると思われる愛人の中で
認めたくはないが女の華やかさを当に過ぎた私が・・・
しかも、行きずりの愛人の一人でしかない私にとって
あれだけ世間を騒がせた『彼』の心中など推し量る事なんて
出来る筈もなった。

どんな事が起ころうとも
何があっても本当に強気な『彼』は容姿が衰えてしまって
あの卒塔婆小町(そとばこまち)のように
見栄の反動で、本音は弱気になってしまった私とは
思考パターンが違うのだ。



45 :じふ×5:2006/11/05(日) 03:39:02 ID:???
 ごちゃごちゃと私が頭の中で考えている事など、知ってか知らずか
ハイウエィは何もかも風に変えて、飛ばしてしまう。
流れる景色の洪水に軽い眩暈(めまい)を覚えながらも質問をする。
会話が途切れる事で生じる時間は現在の私にとって
堪えられないものに成りつつあった。それは
『捨てられるかもしれない』という不安が絶えず
私を苛(さいな)ませ続けるのだ。

「見せたいものって何?そんなに面白いものなの?」

自分でも吐きたくなるような猫なで声を投げかけた。
それに対する『彼』の返事は

『想定内の中の想定外のもの』

・・・という何の事かさっぱりなものであった。
私は、額の皺がまた増えた気がした。


46 :【サムライ】五右衛門の誤衣紋【7(セブン)】:2006/11/05(日) 04:15:54 ID:???
 信じられない事だが、一見、乞食と見紛うような
みすぼらしい風体の男が先程まで誰しも杖だと思っていた
『剣』を一閃させると、そこにそれまで山のように
野積みされていた廃車や鉄屑が、まるで膾を斬るが如く両断され
しかも、ご丁寧にパーツ事に、分別されていた。
その神業ともいえる芸当を目の当たりにした男・・・
つい先程まで、そのみすぼらしい風体の男を
雇う事に踏み切れないでいた
いわゆる解体屋というものを経営していた男は後に
驚きのあまり、顎が外れたかと思ったと語ったと云う・・・

「サムライだッ!」
「お侍様だッ!!」
「本当にいたんだ・・・す、すげえ!!」

胡散臭そうに、みすぼらしい風体の男を見ていた
男たちは皆、一様に驚嘆の声をあげる。
そんな喧騒の中、眉ひとつ動かさず剣を2、3塵払い?をし
パチンと鞘に収め終えた男はこう呟いた。

『また・・・つまらぬものを斬ってしまった・・・』






47 :誤衣紋×2:2006/11/13(月) 03:17:02 ID:???
 鈍(なまく)ら刀を鍛え直しても、鋭くならない例でも判るように
半端な焼き直し物は、その原典を超える事は出来ないと聞く。
拙者(せっしゃ)の刀の切れ味を『いんすぱいあ』したと思える
某番組が結局、消化不良のままに、数多くの視聴者の期待を
裏切る形で終了した。(米が喰いてええ!!は酷いと思ったっぺ)
そんな視聴者の一人でもあった拙者は
この時、日頃の鬱憤も併せて『すとれす』を発散させてしまった。
・・・まだまだ修行が足りぬ。(てへっ☆)
だが、幸いな事にこの発散は雇い主に・・・否、わが主(あるじ)に
拙者の腕を認めさせる事が出来た。
つまり、拙者は主の

『護衛者』

ご・え・も・ん になったのだ。(流石に・・・苦しいのぉ)

48 :通常の名無しさんの3倍:2006/11/21(火) 05:04:13 ID:???
テスト

49 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/06(水) 18:24:28 ID:???
>>17
種は連邦じゃねえ

まあ、種世界のセキュリティー意識の低さは異常だが

50 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/08(金) 04:00:36 ID:???
>>49
種の事は正直言って
よくわからんですたい
ネオコンやスターウォーズを
ネタにしていたのは
一視聴者としては面白かったけど・・・

(落ちたと思っていたスレが残っているのは
正直、嬉しい様な悲しい様な・・・
保守?書き込み乙でありまする)


51 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/16(土) 02:47:13 ID:???
中継P
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1154015651/l50

52 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/16(土) 02:48:44 ID:???
中継P その2
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/x3/1153248299/l50

53 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/24(日) 04:41:23 ID:???
避難。。。。

料理番組
捌くカット
グロすぎて

(甲殻類とか)

『いじめ』かな?
経験値稼ぎの
殺戮劇

(仮想空間では『私』凄い事になってますw)

ミスUSA
『キグルミ』着せたい
名前だな

(セカンドチャンスは是非それで!!)


54 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/24(日) 04:46:36 ID:???
世の男たち!
脱いだ時点で
『玄人』なのさ

(わかっているけどそそられる)

ポロニウム
入っていそうな
ケーキだなぁ。。。

(女子の嫉妬は怖い)

包装紙
破く姿に
お里知れ

(いや・・・確かにプレゼントしたけど
もう少しこう・・・あ、いいです
なんでもないです)

55 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/24(日) 04:52:21 ID:???
開き直る
国も負債を
抱えてる

(しかも絶対に返済できない額を)

ライオンズクラブ
『ライアンを探せ』並に
探し出す

(・・・やっぱだめ?)

連帯保証
連邦軍の事だと
思ってみる

(・・・だめだ・・・やっぱ無理っぽい)

56 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/24(日) 05:29:41 ID:???
京介の
額の広さに
寒さを覚え

(冷蔵庫?・・・あ、俺もか・・・)

騙し絵に
騙された感じ
わが生涯

(ゼウクシス パラウシス 雪舟 後、いろいろ)

『トレたま』で
とりあげられた会社の
不祥事 たまげる

(これって・・・あれじゃない?)

57 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 07:39:24 ID:???
>>47の続き

「イシカワさん?それ・・・もう良いから
これを事務所へ持っていって下さいよ。」

拙者より十歳も若い上役が、気だるそうに
大福帳を投げて寄こす。『全く、最近の若者は・・・』と
愚痴りたくなる心持をぐっと堪え、せめて口元だけでも
微笑んでみせる。

『引き受けた・・・あ、いや
りょ、了解しました。主任どの』

一枚の紙切れを胸に押し頂き、持ち場を離れる。
一緒に苦役・・・ではなく、仕事をしていた
同僚から忍び笑いが聞こえてくる。
そんな気配に・・・空気に追い討ちする様に
上役・・・上司の言葉が背中にかけられた。

「あ・・・それとイシカワさん?そんなに急いで
ここに戻ってこなくてもいいからね。」

埃っぽい現場に『ドッと』笑いがおきた。
しかし、哀しいかなその笑いには
多分に嘲(あざけ)りの薬味が入っていた。



58 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 08:09:05 ID:???
「全く、使えねーよなあのオッサン」
「なんでも昔、武術のえっと・・・ケンドー?の先生だったらしいけど」
「なんで、このくそ忙しい時に社長あんなの雇ったのかね?」
「昔の付き合いで断りきれなかったらしいぜ?」

 これでも、同輩達は聞こえぬ様に話しているつもりだろうか?
それとも『たそがれ何某(なにがし)』の様に
拙者を蔑み、『武士のいちぶん』を小ばかにしているのだろうか?
我が愛刀を『かじの☆ろわいやる』で巻き上げられた未熟の身とは言えど
貴殿達・・・余りに過ぎると『隠し剣、オニのつめ』を
披露する事と相成るぞ??


59 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 08:18:34 ID:???
 嗚呼、丸腰のへっぽこ侍と成り果てた今ならば判る。
それも・・・身に凍み過ぎる程に
所詮、禄を食む事しか出来ぬ『北の@年』のサムライの気持ちが。
単純肉体労働を勤め上げるという事が、拙者にも無理だという事を。

こみ上げる感情が拙者を苛ませた。
こんな時に世の若者?達は、今は亡きオザキ@タカ氏の
唄った詩を歌うのだろうか?
拙者も『盗んだバイクで』走り出したくなっていた。


60 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 08:29:53 ID:???
「よーし、今のうちに此処を片付けるぞー!!」
「そこのお地蔵さんを退かしておけ」
「早くしないと間に合わないぞ」
「ショベルカーまだか?」

季節外れの豪雨でぬかるむ堤(ダム)建設現場から
走り出す気持ちを抑え、拙者は事務所に向かって歩き出す。
手に何一つ書かれてはいない一枚の紙切れを携えて。


61 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 08:46:50 ID:???
>>39の続き

 余り当てにならない地図を片手に、抜け道を探しながら走っていた俺は
やはり・・・迷ってしまった様だ。このST(シングルトラック)は
単に獣道なのかもしれない。早く引き返せば良いのに
多分、なんとかなんるだろうと鷹を括って漕ぐ。って言うか最早
どの道を通って来たのかも判らなくなっていた。ヤラセとは言え、
まるで『ぶれあういっち』の状態の俺は、心細さと言い知れぬ不安から
泣きたくなる気持ちを押さえ、必死で漕ぎ続けた。
どれぐらい時間がたっただろうか?既に日はとっぷりと暮れ
プチ遭難・・・止む無しと覚悟を決めた頃、とある峠の朽ち果てた
標識の前に俺は辿り着いた。


62 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 09:01:45 ID:???
 
  ※※⇒これより『鬼が岩』※※

 時代を嫌でも感じさせる標識に、また時代劇めいた
地名がそこに記されていた。その隣には良く、観光地にある
『云われ』が説明されている記念碑的な看板のようなものが
建っていた。余り興味が無かったが、これから進むことになろう
不吉な?部類に入る地名についての云われを知ることは
少なからず、安全についての対策になる筈である。

『やれやれ・・・』

溜息をつきながらバイクから降り、小休憩も兼ねて
俺はその看板に記されてある伝承を読む事にした。
それによると・・・


63 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 09:26:45 ID:???
 その昔この地にて、恐ろしい奇病が蔓延したという。
所々、看板が朽ちていて詳しくは読み取れぬが、大体の所は判ったつもりだ。
その奇病とは・・・ヒトの『血管』の中を
植物の蔦(つた)の様なものがはい進み、やがて心の臓に達して
死を齎(もたら)すという恐ろしいものであった。
医学がまだ未発達だった頃に猛威を振るったその病は
鬼をも殺すと土地の人々を恐れさせたと記されていた。




64 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 09:37:52 ID:???
そして、良くある民話や昔話のように
都から来た何某というエライお坊様が
法力によって病魔を静め、調伏し
さらに、この地から良質の『金』を算出する
いくつかの鉱山を発見したという。

古の支配者が威を示し、大多数の人々を上手く支配するために
捏造された話にしてはかなり稚拙な部類に入るだろうか?

『血管の中を這い進む蔦状のもの・・・』

そんな寄生虫か何かの病気があるものならば
是非、この眼で確かめたいものだ。


65 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/28(木) 10:33:21 ID:???
>>45の続き

「これが・・・監視カメラの映像です。
テロ対策に必要だというのは強ち嘘ではなかったようですな
こんな山奥に本当に必要なのかと思っていましたが・・・
尤も、近頃では送電線を盗みだす輩もいるもので、困ったもんです。
おっと、これは・・・ご婦人には刺激が強すぎましたかな?」

 『彼』との長時間のドライブの後、携帯の電波も届かぬような
辺鄙(へんぴ)な土地につれて来られた私は
先ほどまで地下カジノで大勝ちした気分をすっかり萎えさせていた。
『彼』と懇意にしているゼネコンの社長はモニターに映る
惨劇を楽しそうに解説する。

「どうです?すごいものでしょ?こんなのを見せられたら
我々が地下コロシアムでやっているロボット同士の
格闘戦なんて目じゃありませんな?
あ・・・決してあなた様の色を自由に変えれる『カメレオン・ザク』や
『ジムタンク』が厨房臭いって訳じゃないですよ?」

モニターに飛び散る鮮血をものともせず、ゼネコン社長は手にした
グラスのワインを飲み干した。
ごつい指に嵌められた悪趣味な金の指輪が光る。
このゼネコン社長の前だと、『彼』が幾分、ハンサムに見えるのは
決して私が老眼になりかかっている所為ではない。

66 :通常の名無しさんの3倍:2006/12/30(土) 20:26:10 ID:???
test

67 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 05:58:45 ID:???
>>66
保守テスト有難うございます・・・

X−MEN VS ryスレを建てて
懲りたはずなのに、また新スレを建てたくなった
駄目な自分です(規制に引っかかったけど)

【風林火山】勘助をあの隻眼キャラで!【山本モナ】
名前: 通常の名無しさんの3倍
E-mail: sage
内容:
全裸の紅白よりも
視聴率が取れそうな
気がするのだけど・・・どんなんでしょ?

関連スレとか>>2-8辺り


・・・ふう。。。
(やられメカスレみたく長寿になればいいなぁ。。。)

68 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 06:20:12 ID:???
>>64
訂正
×『金』を算出する
○『金』を産出する


一休み・・・
元ネタその1
『トレマーズ』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA

69 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 06:21:53 ID:???
元ネタその2
『スクワーム』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A0

70 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 08:26:22 ID:???
>>65の続き

「誰だって、生まれた時からあんな肉体労働をしたいとは
思ってはいないでしょうがねぇ・・・まぁ『格差社会』の
申し子?みたいなもんでしょうなぁ・・・彼らは。

最初、私はこの画像を見た時『クスリ』の禁断症状かと
思いましたよ。何せ、5年間で8日間しか働いていない
役所の人間も出入りしていましたからね。このヤマは。
あっ・・・ほらほら・・・やたらと掻き毟っているでしょ?」

 多分、幾人も死人が出てるであろう画面を前にして
人事の様にゼネコン社長は、紫煙とともに吐き出した。
それと同時に歯槽膿漏気味の臭い息も私の鼻の辺りに漂ってくる。
それは正に、皺が増えるのを気にする・・・なんて生易しさが
吹っ飛ぶ程の悪臭であった。私はグロ画像に目を背ける振りをして
新鮮な空気の方に鼻腔を広げた。無論、淑女の嗜(たしな)みとして
上目遣いに抜け目なく・・・辺りを伺うのも忘れずにである。
すると、予想通りと言うべきか
隣にいる『彼』は至って平気な顔をしていた。同類の臭いは気にならないと
いうのだろうか??それとも・・・??
私は・・・この時ばかりは『彼』の鈍さ?が心底、羨ましかった。



71 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 09:27:05 ID:???
 『生存者は?』

 ぽっりと『彼』が呟いた。この私も一応、含めて
一般の人達にとって、法廷画と共に流れるナレーションとは違う
久しぶりに聞く『彼』の生(肉)声である。
このゼネコン社長も何か・・・感じるものがあるのだろうか?
一呼吸おいてから社長は語りだした。

「生きていればサンプルが入手出来たかもしれませんが
残念ながら・・・おりませんなぁ。
あ、でも報告によると、この『事故』が起きる
ほんの少し前に現場を離れた作業員が一人いるそうです。
ほら・・・一連の『官制談合事件』で内部告発者を出した
会社の、用心棒みたいな仕事をしていた男ですよ。」

『イシカワか・・・』

「そうそう!イシカワです!あの男・・・雇われた解体屋の
社長の身代わりになってガジノの借りを返すつもりで
働いていたようですが、すっかり忘れていましたな。
騙されたとも知らずに・・・馬鹿な奴です。」

『身包み剥がしてやったけな・・・今時、奇特な奴だ。なぁ不二子?』

 振り向き様に『彼』は笑いかける。この笑みに何人の株主が騙された事だろうか?
底光りする両眼から発した視線が私を刺す。

「そ、そうね・・・」

思いがけず上ずった声が出てしまい、私は焦ってしまった。
だが、私の『想定内』は甘かったと云うべきだろう。
何故なら、先ほどまでワイングラスを持て遊んでいた
ゼネコン社長が、見覚えのありすぎる『居合い抜き』用に
拵(こしら)えた一振りの刀をいつの間にか手にしていたからである。


72 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 09:35:05 ID:???
>>71

『身包み剥がしてやったけな・・・』

推奨参照(イメージ漫画です)サイト
ttp://gohan-uma.hp.infoseek.co.jp/busin.html

73 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/05(金) 09:44:19 ID:???
>>71
訂正
×底光りする両眼から発した視線が私を刺す。
○底光りする瞳が私を見据える。

74 :【老兵は】銭形の是に方【死なず】:2007/01/05(金) 10:07:47 ID:???
 漸く、新年の無駄に長すぎて疲れる特番が影を潜めて
TVの番組欄が通常通りになった。
ワシの好きな『桃太郎侍』(再々?放送)も去年と変わらずに
同じ時間帯に放送される事となった。万歳!

「ひとつ・・・ひとの世の生き血を啜り・・・
ふたつ・・・不埒な悪行三昧・・・・」

画面の秀樹は相変わらず渋い。決め台詞も
この歳になっても・・・痺れる、憧れる。
数え歌といえば、ほんの数年前まで雲霞の如く
湧いていたデイトレーダーや個人投資家達の間では
この台詞に

『むっつ・・・ヒルズの蛭どもを』

なーんてのを付け加えるのが流行っているそうだが
所謂、『団塊の世代』のワシには関係のない事のようだ。
(近未@通信に投資してしまった同僚には真に気の毒な事ではあるが)



75 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/06(土) 16:15:43 ID:???
http://www.imgup.org/iup311661.jpg.html

76 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 01:41:13 ID:???
アッガイ「深度752着底!圧壊します」


77 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 04:12:52 ID:???
>>75
気になるけど既に見れなくなっています。。。残念
>>76
設定では本当の所??どれぐらいの深度まで
潜れるんだろ。。。
スレを建てるまでもない質問なのだろうか???

まだまだ規制中。。。
建てられないと無性に建てたくなる
談合してでも建設したくなってくる。。。

(石川播@工業のダム談合事件のニュースを聞いたとき
微妙にネタがまたシンクロしたかと思ったっぺ)

風林火山】勘助をあの隻眼キャラで【山本モナ】
名前: 通常の名無しさんの3倍
E-mail: sage
内容:
スレタイの通り山本勘助役を
いろんな隻眼キャラが演じてみると
どうなるか?などという妄想スレです。

(取り敢えず、来週迄持つといいなぁ。。。)

関連眼帯>>2-6枚?


78 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 04:24:30 ID:???
>>71
訂正
×ほら・・・一連の『官制談合事件』で内部告発者を出した
○ほら・・・一連の『官製談合事件』で内部告発者を出した

79 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 04:34:58 ID:???
一休み・・・
元ネタキーワード&気になる検索ワード☆メモ

『手塚治虫』『ブラックジャック』『植物?が原因の病気』
『奇病』『即身仏』『死蝋化』『消費税アゲアゲ↑↑エブリナイト』
『マッスル仕事』『映画スピードとイラク政策』『バツ1のオス皇帝ペンギン』
『たかじんのそこまで言って委員会』『ファンタジー北芝』

80 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 04:43:39 ID:???
元ネタキーワード&気になる検索ワード☆メモ その2

『コウガイビル』『風土病&狂犬病』『ツツガムシ』
『ポイント・オブ・ノーリターン』『京都議定書』『不正請求』
『山中湖村の公共事業』『斬られ役』『日興コーディアル』
『年金運用』『水増し』『監査』。。。。


81 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 05:59:55 ID:???
>>74の続き

 しかし、公務員?であるワシの個人的な所感を述べると
『何某のそこまで言って委員会』という番組のまんま受け売りで
恐縮ではあるが、真夜中に極秘情報を持つ限られた者だけで
コソコソと密談して、いつの間にか実態のないやり取りで
巨額の資金を動かし、世間を散々に騒がせ、悪戯に善良な市民の
射幸心?を煽り立て、あの『エンロン』みたく自分達、首脳部だけが
株を高値で売り抜けるというカラクリに腹を立てていた。

そして更にワシの血圧がアゲアゲ↑↑エブリナイトな事実は
この国の銀行の現役総裁もが、実は『虚業』に手を貸し
その上『濡れ手に粟』状態だったという事に
超、超、超ーーーーー低金利に苦しむ一(いち)庶民として憤りを感じていた。


82 :今更だけど『フィクション』ですよ念のため:2007/01/09(火) 06:07:03 ID:???
 実は・・・以下の事は職務上、不味いのだが・・・
ええぃ!!この際、ぶちまけてしまおう。

あまり大きな声では言えないのだが・・・

数日前にワシの仇敵?の『奴等(やつら)』から
『予告状』が送りつけられた。
所謂、ヒルズの連中のカネが預けられていると噂される
金庫を襲撃するというものらしい。

・・・・正直、ワシは小躍りした。
今回は見逃してやってもいいかな?って思えてしまったのを
告白せねばなるまい。

83 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 06:31:22 ID:???
 こう言っては何だが、あまり・・・士気が上がらないヤマではある。
だが、ワシは腐っても警官である。いたしかない。
あからさまにやる気がない風の部下達の尻を蹴飛ばし
『奴等』犯行グループが襲撃すると予告した金庫のある銀行を
厳重に幾重にも警備した。文字通り蟻の這い出る隙間もない程に。

 だが、しかし・・・幸い?な事に、奴等が予告状で
襲撃するという日時から既に三週間が過ぎようというのに
何事も起きる気配がなかった。既に年が明け、世間では成人式が
執り行われていた。これは・・・奴等の作戦なのか??
それとも本当に肩透かしを食らったのか??
まるで『怪盗アンデス』状態の奴等にワシは
可笑しな事ではあるが
奴等の身の心配をし始めていた。



84 :くどいようですけど『フィクション』です:2007/01/09(火) 07:20:13 ID:???
>>71の続き

 『パチン』と指を鳴らす合図と共に現れた、屈強なボディガード達によって
私は紐でグルグルに縛り上げられ、身動きが取れない状態になってしまった。
ヒロインの宿命である。(歳をいささか取ってはいるけど)

『予定が少々狂ってしまったが、これも想定の内だ。
 不二子・・・そんな眼で睨むな・・・皺が増えるぞ?』

聞き捨てのならない台詞を『彼』はぶっきら棒に言う。
ゼネコン社長は可笑しくてたまらないといった顔をしている。

「一体、どうしてこんな事をするの!?ねえ・・・ホゥッ!?」

状況をなんとか変える為に『彼』の名前を口にしようとした時
後頭部に衝撃が走った。(激痛!!)こっ・・・これも
ヒロインの宿命である。(認知症になったらどうしてくれるのよッ!)

朦朧とする意識の中、全くありがちではあるが
『彼』とゼネコン社長の会話が途切れ途切れに聞こえていた。
それは大まかに言ってしまえばこんな内容だったと思う。

私自身と件の『日本刀』そして『マグナム』を餌に
『あいつ』をおびき寄せ、自分達が新たに
出資する事を条件に、予(かね)てから仕込んでおいた
『ろぼっと化学館』の展示ロボットをわざと盗ませ
密かにかけておいた保険金を手にすると同時に
地下コロシアムで自分達の厨房臭く改造したロボットと
バトルさせ、八百長試合だけど賭博で儲けちゃおう!!

・・・なーんて内容でした。
(なんかはっきりネタばれしてる?本当に意識不明なの?)





85 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/09(火) 09:09:35 ID:???
>>40>>60>>64の続き
 
 漸(ようや)く、霙(みぞれ)交じりの冷たい雨が上がり
いい歳ぶっこいたおっさん3人が大喧嘩し合った夜が明けた。
幸いにも見つけ、雨風を凌ぐ事が出来た狭い洞穴から這い出る。


・・・朝日が俺達の酷い有様を照らす。

3人とも仲良く、顔と体の到る所に痣が出来ていたし
口の中も当然切れていた。つい先ほど俺に良いパンチをくれた
男が差し出したシケモクがやたらと沁みる。
こんなにも紫煙が心と体に沁みるのは一体、何時以来だろうか?

 俺は休憩中にバイク(自転車)を盗まれた。盗んだのは『斬られ役』が
嵌っている風体に成り下がった?『あいつ』だ。
まったく仲間から盗むなんて酷い奴だ。だが、『あいつ』は『あいつ』で
自分の分身といえる『日本刀』を巻き上げられていた。
何でも、武士の一文?(いちぶん)とかいう証文?を書かされたそうだ。
ほんの腰掛のつもりでも一度、主君に仕えたら一命を賭してでも
筋を通すのが『あいつ』の生き方らしい。やれやれ・・・

 もう一人いる・・・そりゃ遅れた俺が悪かったけど
自殺を止めるためってのはさっきも聞いたが
なんで『お前が』・・・銃、盗られているの?
担保??仕事の??でもさ・・・やっぱり・・・その館長の話って怪しくないか?




86 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/11(木) 21:34:25 ID:???
 

87 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 03:55:45 ID:???
>>86
111が並ぶ書き込み保守・・・サンクス♪


元ネタキーワード&気になる検索ワード☆メモ その3

『ファイトクラブ』『ロボコン』『ディアゴスティーニ』
『ロボザック』『プラレス』『サイボーグ』『攻殻』

『小松左京』『スティーブンキング』『荒木飛呂彦』
『日本沈没』『滅びの笛』『オカルト』『霊感商法』

『温暖化』『愛・地球博』『アイスメン』『ナウマンゾウ』
『ペルー・ミイラの少女』『DNA解析』『ミトコンドリア』
『ギャラリー・フェイク』『新薬』『臨床試験』

『悪魔の実』『サイダネ』『テロメライシン』
『人のココロに種をまく・公共広告機構』





88 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 04:38:21 ID:???
>>81
訂正
×この国の銀行の現役総裁もが
○この国の銀行の現役総裁までもが

>>85
訂正
×幸いにも見つけ、雨風を凌ぐ事が出来た狭い洞穴から這い出る。
○喧嘩の途中、偶然にも見つけて、なんとか風雪を
 凌ぐ事が出来た洞穴から這い出た。

89 :【賞味期限切れ】デス・シード【不治の病】:2007/01/12(金) 05:04:13 ID:???
 また・・・とある大企業のとんでもない不祥事が起きた。
暫くチャートと睨めっこしていたが、幸いにも私が密かに所有している
企業の株価には、今のところ影響はないようだ。

『やれやれ・・・』

ほっと一息つくと、既に冷めて不味くなってしまった
コーヒーを飲み干す。そしてデスクの前にある日付と
実はちょっぴり気にしている六曜を確認する。

『・・・仏滅か』

部下から、彼ら『窃盗団?』からの予告状が届いたという
報告を初めて聞いたのも『仏滅』だった事を思い出す。
その日から・・・もう既に2ヶ月が経とうとしていた。




90 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 05:22:56 ID:???
 拘置所で過ごした日々というか、時間の流れという感覚?は
えらく遅いモノに感じられたが、俗に言う所の娑婆では
こんなも早く過ぎ去ってしまうものなのだろうか?

(そう言えばもうXX歳なんだよな・・・俺。)

つけっ放しのTVの大画面に、深々と頭を下げているのに
ちっとも反省しているようには見えない企業の
トップ達の姿が映る。

(俺も・・・あんな風だったのかな?)

一斉にカメラのフラッシュが瞬いて白くなった
画面をぼんやりと見ながら・・・一瞬、自分のしでかした事
やらかした事・・・何もかも全てまっさらに出来たら良いのにと
柄にもなく思ってしまった。

(嗚呼、リライトしてぇ・・・)



91 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 05:37:37 ID:???
 残念ながら・・・過ぎ去った時間と人生はやり直せない。
今度の選挙では必ず議席を減らすであろう政府が声高に
言う所の『再チャレンジ』・・・なんてのは
ゲームの世界のみに通じるものだろう。
尤も、一度クリアした『RPG』を再びやろうという
気など到底なれないが。

(ふう・・・)

ここで愚痴をこぼしても前には進まない。気を取り直して
部下に『奇病』の原因である『植物?』のようなものの
調査報告を早く持って来い!・・・と八つ当たりをした。





92 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 05:53:30 ID:???
 こんな形で拘置所で過ごした日々が早くも
役に立つとは・・・奇妙なめぐり合わせというものに
我ながら驚きを隠せなかった。部下の報告を耳にしながら
私は・・・あの時、差し入れられた大量の書物の山の中で
何気なく手にした本に記された伝承を思い出していた。

『奇病に苦しむ村人を救う為に即身仏となった
 満開上人(まんかいしょうにん)』

部下の報告は・・・まさに私が眉唾ながらも読みふけった
伝承を裏付けるものであった。

93 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 05:56:40 ID:???
>>89
訂正
×とんでもない不祥事が起きた。
○とんでもない不祥事が暴かれた。

94 :あ・・・えーと『フィクション』ですよ:2007/01/12(金) 06:09:54 ID:???
 ここで部下の報告と、私が読んだ伝承を掻い摘んで
紹介(箇条書き)すると・・・凡そこんな感じになる。

その1、その昔『フジヤマ』が噴火した

その2、『フジヤマ』噴火した翌々年(書物によっては数十年後など諸説あり)
    山に住む動物が血を吸われて?死ぬ

その3、薪を取りに入った村人たちが『奇病』にかかる

その4、『奇病』の勢いは凄まじく、とある村ではたった3日で
    全滅とういうのもあるらしい。


95 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 06:45:31 ID:???
その5、『奇病』の正体は件の植物が媒介する未知のウィルス?

その6、『フジヤマ』が噴火した時、万年雪に封じ込められていた
    太古の植物の種、もしくは胞子??が発芽した??

その7、その植物の種を件の坊主は全て飲み干す事で『奇病』を
    封じ込め、そしてそのまま即身仏となったらしい

その8、件の坊主が入滅したお堂?祠(ほこら)は万年雪で
    埋もれていたが、温暖化の影響で雪が溶けていた
    さらに死傷者を出した・・・あのダム工事現場に程近かった。

その9、件の坊主は種を飲んだ影響かどうかは判らないが
    全く信じられない事ではあるが
    断食してから少なくとも3年間は生きていたようだ。


96 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/12(金) 06:59:56 ID:???
 ・・・現在の所、判っているのはこんな感じのようだ。
正直、人が死んでしまう病気の事などどうででも良いと思っていた。
あのVTRを見た時も内心はそう思っていた。
この世界には治療法が無く、そして惨たらしく死ぬ疫病など
ゴマンとあるからだ。(エボラ出血熱とか・・・)

だが、私がこの『奇病』に纏わる報告の中で心、ときめいたのは

『種を飲んだ影響で?断食してから少なくとも3年間は生きていた』

という現象だ。これはひょっとすると、とんでもない額の
ビックビジネスの予感がするのは私だけだろうか?
否、この瞬間にこの世界では3人程度いる筈。
これは・・・他の企業や経営者、投資家達に嗅ぎつけられる前に
なんとかしなければなるまい。でも、どうやって?
現在のところ残念ながら私自身ではあまり派手な動きはとれない。
全く不本意ではあるが暫くの間、あのゼネコン社長と
協調路線でゆくしかないだろう。
監禁状態の不二子の事もあるし、何よりも彼ら『窃盗団』の事もある。
尤も当分の間、彼らは『ろぼっと化学館』の仕事?の方で手一杯だろうが。

97 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/14(日) 04:41:54 ID:???
閉鎖前に・・・独り言・・・

イスラムの人達がしている赤いチェックのターバンは
なんていうのだろう??

オスマン軍楽隊の行進曲?イエニチェリ♪は
なんて歌ってるんだろ・・・


98 :【え・・・?】館長の感傷【閉鎖ですか!?】:2007/01/14(日) 05:08:44 ID:???
 その知らせが届いたのは、雪祭りを間近にひかえた
1月のある日の朝であった。

『な、なんだってーーー!!!!』

私は秘書が入れてくれた熱いコーヒーを
驚きのあまり、ぶちまけてしまった。
みるみるうちに机の書類が
セピア色に染まってゆく・・・
まるで図書館の隅で埃をかぶり
誰も読まなくなった本のようだ
漸く、新たな展示物を本部の博物館から
高い金を(借金してまで!)支払い、財政破綻した
この市の観光の目玉として起死回生のプロジェクトを
立ち上げたのに!!

『なんてこった・・・』

私は、形容しがたい絶望感が津波のように
押し寄せるのを震えながら感じていた。




99 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/14(日) 05:24:01 ID:???
 その日の朝礼は重苦しい空気に支配されていた。
私が、市長からの書類を読み上げ終わった時
ここで働く全職員の息を呑む音が聞こえた気がした。
暫くの間、誰一人言葉を発する事が出来なかった。
まさに『言葉にできない』とういう現象である。
私は、人の人生を左右する決定としてはあまりにも
簡潔すぎる文章を記した紙を仕舞いながらも
どうしても心の中で口ずさまずにはいられなかった。
私の脳裏を、某番組でもとりあげられた事のある
『あの歌』が駆け巡っていたからである。

100 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/14(日) 05:27:17 ID:???
>>99
『言葉にできない』
推奨イメージフラッシュサイト

http://www.youtube.com/watch?v=LIhbap3FlGc

101 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/16(火) 01:37:41 ID:???
元ネタキーワード&気になる検索ワード☆メモ その4

『プラネットアース』『冬虫夏草』『墨攻』
『タリウム』『ポロニウム』『プリンス』
『ナイトミュージアム』『レアメタル』『暴騰』

102 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/16(火) 06:03:26 ID:???
一休み・・・って言うか別ネタ

『スカイ・レーサー』

http://etc5.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1154015651/l50
>>77より



103 :ゼロ少佐 ◆bl6ZE9uvAk :2007/01/17(水) 19:16:00 ID:QrVWhUvF
保守させてもらう!

104 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 04:41:57 ID:???
>>103
嘘でもネタでも、めちゃめちゃ嬉しいです。
『ひとり』スレで鍛えられ、孤独には
慣れていたつもりですが・・・流石に
心細くなっていましたw

なんとかオチをつけたいと思ってます。
本当に少佐・・・ありがとうございます!(敬礼)

105 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 04:49:29 ID:???
>>98
訂正
×押し寄せるのを震えながら感じていた。
○迫りくるのを震えながら感じていた。


106 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 06:34:11 ID:???
>>100の続き
 心の中で歌い終えた次の瞬間、館内は揺れた。
冗談ではなくて本当に私は・・・身の危険を感じた。

『一体、どうして!?』
『私たちになんの罪や責任があるんです!』
『まだローンが!!』
『館長!何やってんの!!』

などと、卑しくとも館長である私にさえ
掴み掛る勢いで詰め寄り、数十分もの間
罵詈雑言を浴びせ続けた。
そんな下克上の機運到来の職員達から、私は命からがら?
なんとか自室に逃げ果せると、厳重に鍵を下ろした。

ん年ぶりに走った私は、なかなか整わぬ呼吸に焦った。
このまま死んでしまうんじゃないか?と思える程に。

だが、死ねなった。って言うか
このまま死んでたまるかと歯を食いしばった。
その理由は・・・息が整ってくるのに従って
この私に『死ぬ思い』をさせた部下である職員達の態度に
ふつふつと怒りが沸いてきたからである。


107 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 06:46:02 ID:???
 一日の始まりを『ビシッ!』と決める
館長の有難い一言なのに、お前らときたら
陰、日なた処構わず

『館長の話は長いから嫌だ』
『古臭い上に、内容が無い』
『社説のパクリとか受け売りばっか』
『噛みそうな難しい言葉を無理して言ってるのがバレバレ』

などと言いたい放題なくせに・・・

しかも、とんでもない事に
うそ臭い貧血の芝居をしてしゃがみ込む
女子職員とかがいる事だ。

・・・ゆ、許せんッ!!

108 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 06:54:49 ID:???
>>106
訂正
×このまま死んでしまうんじゃないか?と思える程に。
○(ひょっとすると、このまま死んでしまうんじゃないか?)
 ・・・などと思ってしまった。

>>107
訂正
×一日の始まりを『ビシッ!』と決める
○いつもならば、一日の業務の始まりを『ビシッ!』と決める
 気を引き締める大切な

109 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 07:27:44 ID:???
 仁王立ちのまま、肩を震わせていると
つい一週間ほど前に私の秘書となった『彼女』が
暖かく、優しい労いの言葉とともにお茶を差し出してきた。

一気に飲み干す。
・・・・冷たい麦茶であった。

まだ喉が渇いていたので、もう一杯お茶を入れてくれと頼む。
程なくして少し温くなったお茶が出てきた。

(・・・こ、これは!?)

私は『彼女』の細やかな心遣いに、甚く感心をした。
3杯目を試すまでも無く、秘書として有能な事は
間違いなかった。尤も、既に私たちは世間一般で言うところの
公序良俗というものに間違いを犯しつつあったのだが。

「フジコ君・・・済まないがもう一杯、頼めるかな?」
『はいコバヤシ館長。少々お待ち下さい。』

凛とした品格から醸し出る、落ち着いた声が
綺麗に掃除された部屋に響く。
報せを受けたとき、私が動揺のあまりあれほど散らかした
部屋であった筈なのだが・・・あの短い時間に?素晴らしい!
私は心から『彼女』が派遣のままの身分に甘んじてるのが
惜しいと思えてきた。そして『彼女』の為にも
(無論、この甘く危険な関係を続ける為にも)
この博物館?の存続が必要不可欠である事が明確になっていた。


110 :通常の名無しさんの3倍:2007/01/22(月) 07:42:09 ID:???
 これまでに飲んだことがないような美味しいお茶を
飲み干すと早速、私は『工作』に取り掛かった。
先ずは、『その道に明るい』古い友人に連絡を取る事にした。
『奴』は聞くところによると振り込め詐欺まがいの行為にも
手を染めていたらしいが・・・この際、綺麗ごとなど言ってられない。
過去に年端も行かぬ少女に淫らな行為を行った癖に
そのまんま『知事』になってしまう事がまかり通る、この御時世なのだ。
生き馬の眼をくり抜いて喰らう程の気概を持たねば
良いように利用されてしまうだけである。
例えば・・・落ち目歌手などの売名行為のように。



111 :ゼロ少佐 ◆bl6ZE9uvAk :2007/01/23(火) 20:03:57 ID:Uupho6uj
流れをぶった切ってすまない。だが時間がない、反省はしない。
私は、このスレタイを見たとき、疑問を感じた。しかし、実際は
>>1のアイデアと、職人のSSが素晴らしく、ROMをしていた。
>>104、紛れもない、私だ!私はここにいる!
時間がないからオチは見れるか分からない、だが、こちらスネークと
同盟を結んでくれた君のスレに、お礼カキコをしにきた!
さあ、時間はないけど、最高の幕切れにしよう!

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)